記事ID132928のサムネイル画像

健康・ダイエット効果あり!人気ドライフルーツおすすめランキング10選

ドライフルーツは近年、その栄養価の高さから健康目的やダイエット目的として注目されている食品です。最近ではスーパーやコンビニでも気軽に購入することができます。ここではおすすめの選び方や、ドライフルーツを自分で作る方法などと併せて、おすすめのドライフルーツをランキング形式で紹介していきます。

ドライフルーツとは

ドライフルーツとは、その名の通りフルーツを乾燥させたもののことを指します。風味や栄養価を凝縮することができ、栄養価はもちろん保存性も高くなります。近年は、健康や美容面でドライフルーツが注目されており、さまざまなドライフルーツが人気を得ていますね。単純に味がおいしい商品が多数あるので、お菓子変わりのおやつとしても人気があります。

ドライフルーツはさまざまな種類のものが販売されています。1種類のドライフルーツだけ楽しめる商品が多いですが、数種類のドライフルーツを1袋で楽しめる商品も存在しています。現在ではネット通販でも、ドライフルーツは多くの選択肢が揃っているので、選ぶのも楽しいですね。

ドライフルーツの選び方

ドライフルーツの選び方はたくさんあります。お気に入りのフルーツを選ぶことはもちろん、栄養素や添加物で選ぶ方法もあります。ここではそんなドライフルーツの選び方をご説明します。

含まれる栄養素で選ぶ

ドライフルーツに含まれる栄養素は、当然ですがフルーツによって違いがあります。どのような栄養素を摂取したいかによって、選ぶフルーツは変わってくるでしょう。ここでは、鉄分、カロテン、食物繊維についてのドライフルーツを簡単に紹介します。

鉄分摂取はプルーンやレーズン

ミネラルの一種である鉄分は、プルーンやレーズンから摂取することができます。鉄分は、不足してしまうと貧血の原因となってしまうことでも知られている栄養素です。しかし鉄分の過剰な摂取は、便秘や胃腸障害を引き起こす可能性があります。鉄分に限らず、何でも適度なバランスが重要ですよね。

鉄分はサプリメント等からの摂取よりも、食事から摂取する方が良いとされています。これはサプリメントでの摂取では、鉄分を過剰に摂取してしまう可能性があるために、食事からの摂取がおすすめになってきます。どうしても不足しがちになってしまう鉄分は、ドライフルーツで摂取してみてはいかがでしょうか。

バナナやマンゴー、プルーンでカロテン摂取

バナナやマンゴー、プルーンで摂取できるカロテンは、体内で必要な量だけがビタミンAに変わり、残りは体内の活性酸素を除去し免疫力を高めてくれる効果があります。その他にも、皮膚や粘膜の健康状態の維持する力だったり、シミの予備軍を減らす効果を発揮してくれます。

健康面でも美容面でも力を発揮するカロテンは、バナナやマンゴー、プルーンのドライフルーツで摂取することが可能ですので、興味がある人はぜひドライフルーツでカロテンを摂取してみてください。

あんずやイチジク、デーツで食物繊維を摂取

あんずやイチジク、デーツのドライフルーツで食物繊維を摂取することができます。食物繊維が不足してしまうと、腸内環境が悪化してしまい便秘になりやすくなってしまいます。その他にも、大腸癌のリスクが高くなってしまったり糖尿病などの生活習慣病になるリスクも上がる可能性があるのです。

成人に必要な食物繊維の摂取量を、現在の成人の平均摂取量が下回ってしまっているのが現実で、食物繊維は現代人が積極的に摂取すべき栄養素となっています。あんずやイチジク、デーツのドライフルーツでおいしく食物繊維を取り込んでいきましょう。

健康面に気をつかって選ぶ

健康面や美容面に気をつかっている人にも、ドライフルーツはおすすめの食べ物になります。フルーツによって含まれる栄養素はそれぞれですが、オーガニックのものや無添加のドライフルーツを選ぶことで、さらに健康面に考慮することができます。

身体に優しい無添加やオーガニックのものを選ぶ

同じドライフルーツを選ぶなら、無添加のものやオーガニックの商品を選ぶほうが、そうでないものと比較して健康的な商品であることは間違いないでしょう。無添加やオーガニックの商品は、そうでないものと比べて手間がかかる分、基本的に販売価格は高くなってしまいます。

しかし販売価格が高いとはいえ、自分の体に摂取するものはできるだけ健康的な食品のほうがうれしいですよね。ドライフルーツにも、無添加やオーガニックの商品が多数販売されているので、健康面に気をつかいたい人はぜひ「無添加」「オーガニック」の項目をチェックしてみてください。

天日干しで栄養価アップ

ドライフルーツの乾燥させる方法として、天日干しという方法があります。天日干しとはその名の通り、太陽の光に直接当てて干すことを指します。この天日干しという方法を施すことによって栄養価が増すドライフルーツも存在するのです。

市販のドライフルーツを選ぶ際に、天日干しかどうかチェックしてみるのもいいですし、自作でドライフルーツを作ろうと考えている人は、ぜひ一度天日干しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

注目の果物を選ぶ

ドライフルーツの中でも、日本ではまだあまり馴染みがないような果物の商品もいくつか販売されています。その中でも栄養価も豊富で、注目されているドライフルーツを簡単に紹介していきます。現在の知名度はなくとも、健康面でも美容面においても優秀な果物はたくさん存在しています。

日本でも注目される果物「デーツ」

「デーツ」という果物を聞いたことがあるでしょうか?デーツとは、ナツメヤシの木の実のことを指し、ドライフルーツとして食べられる機会が多い果物になります。日本ではまだ広くは知られていないかもしれませんが、アラブ諸国では栄養価が豊富で重要な果物として親しまれています。

砂漠を旅するキャラバンは、ラクダの乳とデーツだけで何日もの間旅が出来たと言われるほどの食材なのです。デーツには、鉄分やカルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などなど、豊富な栄養価が魅力で、ドライフルーツとして食べることが適している果物でしょう。

ドライデーツは、市販でもさまざまな種類の商品が販売されていますので、デーツが気になる人はチェックしてみてください。 

ダイエット効果も期待できる「ホワイトマルベリー」

日本ではまだそれほど浸透してはいないですが、キャラメルのような濃厚な甘みと独特の食感で人気のホワイトマルベリーのドライフルーツもおすすめです。ホワイトマルベリーとは白い桑の実のことで、イランで生まれた果実になります。ダイエット効果やアンチエイジング効果も期待できる果物ということでも注目されています。

ドライフルーツになったものを、そのままおやつ感覚で食べてもおいしいですが、シリアルやヨーグルトに混ぜると食感の良さが活きてくることでしょう。これからダイエットを始めたいと考えている人は、ホワイトマルベリーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

産地で選ぶ

食品の選び方として、産地をチェックする人も多いのではないでしょうか?ドライフルーツに関しても、産地をチェックして購入するのも一つの手ですね。

国産のドライフルーツを選ぶ

やはり国産の果物を使ったドライフルーツは、魅力的で安心感がありますよね。外国産のフルーツと比べると、一般的に価格が少し高いのが難点ではありますが、多少値が張っても国産の商品を求める人は多いです。

果物それぞれの名産地で選ぶ

果物にはそれぞれ名産地と呼ばれる場所が存在します。例えば、ドライフルーツの中でも食べる機会が多いレーズンは、世界の生産量の約40%がアメリカのカリフォルニア州で作られているのです。そういった場所が産地であれば、他のものと比べて味や健康面への安心感が違ってくるでしょう。

ドライフルーツの人気ランキング10選

第10位

株式会社みの屋

オーガニックレーズン1kg

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機レーズンを使用したシンプルな味わい

アメリカ産の有機レーズンを使用した、神戸のおまめさんみの屋の「オーガニックレーズン」になります。神戸のおまめさんのみ屋は、神戸で創業したナッツ製菓材料まで幅広く取り扱っている専門店です。有機農法で育てられた、安心とおいしさを両立しているレーズンになります。

 

オイルコーティングもされていないので、レーズンそのものの自然な甘みを感じることができますね。そのままで食べても当然おいしいですが、パンやお菓子作りにも使えるので、いろいろな食べ方で楽しむことができます。1袋500gで分けられているので、使いやすく気軽に購入することができるでしょう。

原産国アメリカ原材料有機レーズン
商品重量1kg
第9位

黒田屋

ドライりんご 1kg

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リンゴの甘みを感じられる一品

半生仕立てで食感の良さが際立っており、黒田屋の「ドライリンゴ」になります。リンゴといえば、栄養価が高いフルーツとしてもよく知られていますよね。砂糖は使用されていますが、リンゴそのものの甘さが活かされた商品になっています。ドライリンゴには、食物繊維ビタミンC等の栄養素を摂取できるため、美容と健康にもうれしい食べ物となっています。

 

一つ一つが大きめにカットされているので、そのままでも食べ応えのある商品ですね。シリアルや手作りお菓子、ヨーグルト等にも合わせやすく、1袋あれば色々な食べ方を楽しむことができるでしょう。単純にリンゴが好きな人も、ぜひチェックしてみてください。

原産国中国原材料リンゴ(中国産)、砂糖、クエン酸、漂白剤(次亜硫酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)
商品重量1kg
第8位

ohtsuya

バナナチップ1kg

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほどよい甘みで食が進むバナナチップス

フィリピン産のバナナを使用した大津屋の「バナナチップス」になります。ほどよい甘みでサクサクした食感が人気の商品になります。バナナはたんぱく質やマグネシウム、カロテンを補給できるので、栄養素的にも人気のフルーツですね。

 

一袋に入っている量が多いので、そのままで食べるのも良いですが、ヨーグルトやシリアル等に混ぜるなどさまざまな食べ方を楽しむことができるでしょう。濃厚すぎない味なので、飽きずにどんどん食べる手が進んでしまう一品でしょう。バナナチップを探していた方は、一度チェックしてみてください。

原産国フィリピン産原材料バナナ、砂糖、ココナッツ油、ココナッツフレーバー
商品重量1kg
第7位

株式会社 みの屋

ドライパイナップル 1kg

価格:2,790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パイナップル本来の甘みを感じられる一品

砂糖や保存料を使用せずコスタリカ産のパイナップルのみで作られた、神戸のおまめさんみの屋の「ドライパイナップル」になります。神戸のおまめさんのみ屋は、神戸で創業したナッツ製菓材料まで幅広く取り扱っている専門店になります。

 

無添加砂糖不使用で作られており、パイナップルの持つ本来の甘さを凝縮した濃厚な味わいが感じられる一品で、多くの人から高い支持を受けている商品です。無添加で砂糖不使用とは思えないほどの、濃厚な甘みを感じることができるドライフルーツに仕上がっています。

 

カルシウム、ビタミンC、B1、ミネラルなどを含むドライパイナップルは、健康や美容目的としても人気が高いですね。パイナップル好きの人や、ドライパイナップルを探していた人には、強くおすすめしたい商品になります。

原産国コスタリカ産原材料パイナップル
商品重量1kg
第6位

正栄食品工業

SUNRISE  カリフォルニアプルーン種つき 1kg

価格:1,628円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養価の高いカリフォルニア産の種付きプルーン

カリフォルニア産のプルーンをソフトに仕上げたSUNRISEの「カリフォルニアプルーン種付き」になります。プルーンは栄養価の高いフルーツとして知られており、ドライフルーツの中でも男女問わず人気の高いフルーツになります。保存料や添加物を一切使用していないのも、健康を気にする者からするとうれしいポイントですよね。

 

そのままで食べても当然おいしくいただけるのですが、ヨーグルトやお菓子等に混ぜても相性の良い商品になりますね。種付きのプルーンではありますが、簡単に種は取れるのでトッピングとしてそれほど気をつかうことなく使用できると思います。なにかと使いやすく食べやすい、栄養価も高い人気のドライフルーツですね。

原産国日本原材料プルーン(アメリカ産)
商品重量1kg
第5位

新鮮市場 藤本商店

セブ島 ドライ マンゴー 1袋

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セブ島産の人気ドライマンゴー

滑らかな食感と程よい酸味で人気の高い「セブ島産のマンゴー」を、ドライマンゴーとして楽しむことができる一品になります。世界屈指のリゾート地として知られていフィリピンのセブ島は、マンゴーやパイナップルなどの栽培が盛んな場所としても有名なのです。

 

このドライマンゴーは、マンゴーの種のまわりを使用していることで、形が不揃いになっています。メリットとしては、種のまわりの実を使っているので味は濃厚で、形が不揃いなため価格はリーズナブルな値段で購入することができます。形を気にせずドライマンゴーを楽しみたい人には、ぜひチェックしてもらいたい商品になります。

原産国フィリピン原材料マンゴー、砂糖、酸化防止剤
内容量500g
第4位

アルフォア

デーツクラウン デーツ

価格:1,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性を中心に人気の高いドライデーツ

非常に高い栄養価で、美に気を遣う女性を中心に注目されているドライフルーツである「ドライデーツ」になります。デーツとは、ナツメヤシの木の実のことを指し、ドライフルーツとして食べられることの多い食材です。フルーツの中でも特に高い栄養価を誇り、健康食品としても優秀な一面を持っていますね。

 

アラブ王室御用達のUAE産の高品質デーツである「Khenaizi種」が使用されています。Khalas種は、深いコクと強い甘みが特徴で食べやすいことから多くの人から人気を得ているデーツです。ノンオイルで無添加、砂糖も不使用なので安心して食べることができるドライフルーツです

原産国アラブ首長国連邦原材料デーツ
重量500g
第3位

MANGOS

オーガニックひだまりドライいちじく 120g

価格:1,459円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ひだまりでじっくり乾燥させたオーガニックいちじく

食物繊維鉄分がぎゅっと凝縮されたMANGOSの「オーガニックひだまりドライいちじく」です。トルコでは「聖なる果実」と呼ばれています。アンチエイジング効果もあるいちじくは、女性から近年注目される人気フルーツの一つとなっています。

 

生で食べるいちじくもとろりとした食感で美味ですが、このドライいちじくはひだまりの中でじっくり乾燥させており、うまみをギュッと凝縮させてとろりとした食感の一品に仕上がっています。濃厚なオーガニックドライいちじくは、多くの人から高評価を得ているドライフルーツで人気商品となっています。

原産国トルコ原材料いちじく(トルコ産)
商品重量120g
第2位

株式会社みの屋

トロピカルフルーツミックス 1kg

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6種類のドライフルーツが楽しめる

パイン、パパイヤ、マンゴー、クランベリー、レーズン、グリーンレーズンの6種類のドライフルーツがミックスされた、神戸のおまめさんみの屋の「トロピカルフルーツミックス」です。神戸のおまめさんみの屋は、神戸で創業したナッツ製菓材料まで幅広く取り扱っている専門店です。

 

この商品が1つあることで、6種類のドライフルーツが楽しめるというお得な商品ですね。見た目にもカラフルなので、ヨーグルトのトッピング等で使っても色合いが良くておすすめですね。色々なドライフルーツを楽しみたい人は、ぜひチェックしてみて下さい。

原産国日本 原材料レーズン グリーンレーズン     マンゴー パイン パパイヤ  クランベリー 砂糖
商品重量1kg
第1位

正栄食品工業

SUNRISE カリフォルニアレーズン1kg

価格:994円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カリフォルニアで収穫された料理にも使いやすいレーズン

カリフォルニアで収穫されたレーズンをたっぷり大容量で楽しめる、SUNRISEの「カリフォルニアレーズン1kg」になります。レーズンには豊富な栄養素が含まれており、さらにアンチエイジング効果も期待できることで注目される果物になります。もちろんそのままでもおいしくいただけますが、さまざまな料理やお菓子にトッピングしたりと、なにかと使いやすい商品です。

 

油や添加物を全く使用していないので、安心して食べることができますね。肝心の味はというと、油や添加物を全く使用していないので、非常にシンプルな味わいに仕上がっています。1袋購入しておくと、なにかと使いやすく便利なドライフルーツですね。レーズン好きの人や、料理やお菓子を手作りしていてレーズンをよく使用する人にはおすすめの商品になります。

原産国日本原材料ほしぶどう(アメリカ産)
商品重量1kg

人気ドライフルーツおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5195899の画像

    正栄食品工業

  • 2
    アイテムID:5195895の画像

    株式会社みの屋

  • 3
    アイテムID:5195887の画像

    MANGOS

  • 4
    アイテムID:5195877の画像

    アルフォア

  • 5
    アイテムID:5195862の画像

    新鮮市場 藤本商店

  • 6
    アイテムID:5195856の画像

    正栄食品工業

  • 7
    アイテムID:5195849の画像

    株式会社 みの屋

  • 8
    アイテムID:5195835の画像

    ohtsuya

  • 9
    アイテムID:5195825の画像

    黒田屋

  • 10
    アイテムID:5195815の画像

    株式会社みの屋

  • 商品名
  • SUNRISE カリフォルニアレーズン1kg
  • トロピカルフルーツミックス 1kg
  • オーガニックひだまりドライいちじく 120g
  • デーツクラウン デーツ
  • セブ島 ドライ マンゴー 1袋
  • SUNRISE  カリフォルニアプルーン種つき 1kg
  • ドライパイナップル 1kg
  • バナナチップ1kg
  • ドライりんご 1kg
  • オーガニックレーズン1kg
  • 特徴
  • カリフォルニアで収穫された料理にも使いやすいレーズン
  • 6種類のドライフルーツが楽しめる
  • ひだまりでじっくり乾燥させたオーガニックいちじく
  • 女性を中心に人気の高いドライデーツ
  • セブ島産の人気ドライマンゴー
  • 栄養価の高いカリフォルニア産の種付きプルーン
  • パイナップル本来の甘みを感じられる一品
  • ほどよい甘みで食が進むバナナチップス
  • リンゴの甘みを感じられる一品
  • 有機レーズンを使用したシンプルな味わい
  • 価格
  • 994円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 1459円(税込)
  • 1150円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1628円(税込)
  • 2790円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 原産国
  • 日本
  • 日本
  • トルコ
  • アラブ首長国連邦
  • フィリピン
  • 日本
  • コスタリカ産
  • フィリピン産
  • 中国
  • アメリカ
  • 原材料
  • ほしぶどう(アメリカ産)
  • レーズン グリーンレーズン     マンゴー パイン パパイヤ  クランベリー 砂糖
  • いちじく(トルコ産)
  • デーツ
  • マンゴー、砂糖、酸化防止剤
  • プルーン(アメリカ産)
  • パイナップル
  • バナナ、砂糖、ココナッツ油、ココナッツフレーバー
  • リンゴ(中国産)、砂糖、クエン酸、漂白剤(次亜硫酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)
  • 有機レーズン
  • 商品重量
  • 1kg
  • 1kg
  • 120g
  • 1kg
  • 1kg
  • 1kg
  • 1kg
  • 1kg

ドライフルーツのメリット・デメリット

体に良いとされているドライフルーツですが、摂り方を間違えると逆効果となる可能性もあります。ここではそんなドライフルーツのメリット・デメリットを注意点とともに解説していきます。

ドライフルーツのメリット

メリットが非常に多いドライフルーツですが、ここでは3つに分けてドライフルーツのメリットを解説します。上手に摂取して健康美人になりましょう。

保存がしやすい

フルーツは非常に傷みやすく、美味しく食べることのできる期間はとても短いですよね。これには生のフルーツの水分量に原因があります。生のフルーツの水分量は80%前後と非常に多いので、カビや腐敗菌などの微生物が活動しやすく長期間の保存が難しいのです。

 

一方でドライフルーツは水分量が非常に少ないので、カビや腐敗菌が活動できなくなり長期保存が可能になっています。さらに水分量が少ないことでフルーツに含まれる糖の濃度が高くなり、甘くて濃厚な味も楽しむことができます。

高い栄養価

ドライフルーツは栄養価がとても高い食べ物です。フルーツの皮には栄養がたくさん含まれています。ですが生のフルーツだと皮が食べられないということが多いですよね。ドライフルーツではそんなフルーツの皮まで美味しく食べることができます。またドライフルーツは水分を蒸発させることにより、栄養が凝縮されています。こういったことから、生のフルーツよりも多くの栄養を摂取することができます。

ダイエット効果

ドライフルーツはダイエットにも向いていると言えます。理由は3つあります。1つ目の理由は噛み応えがあるという点です。何度も噛むことで満腹感を得やすくなり、無駄な完食をせずにすみます。

 

2つ目は血糖値の上がり方が緩やかである点です。血糖値が緩やかに上昇することにより、空腹を感じるまでの時間が長くなります。このことにより、脂肪蓄積に関わるインスリンの過剰分泌も抑えることができます

 

3つ目は食物繊維を多く含む点です。ドライフルーツは食物繊維を多く含むので、便秘改善や腸内環境の改善を促してくれます。こういった点でドライフルーツはダイエットに効果的ということが言えます。

ドライフルーツのデメリット

ドライフルーツにはメリットがたくさんある一方で、食べ方によってはデメリットが生じることもあります。デメリットを把握して、体に良い食べ方を心がけましょう。

摂りすぎによるカロリー過多

フルーツ1つ分とドライフルーツ1つ分のカロリーは、ほとんど同じと言えます。手軽に摂取できるからといって、たくさん食べてしまうとカロリー過多になってしまう可能性があります。無糖のヨーグルトと一緒に食べるなどして、カロリーを抑えつつ満足感を得る工夫をすると、食べ過ぎを防ぐことができるかもしれません。

砂糖使用のドライフルーツによる糖質の摂りすぎ

ドライフルーツの中には、砂糖を使用したものもあります。砂糖を使用しているドライフルーツは、通常のドライフルーツよりも甘くてついつい手が伸びてしまいますが、要注意です。ドライフルーツでダイエットを考えている方は砂糖不使用のものを選んだり、食べる量に注意して糖質を摂り過ぎないようにする工夫が必要です。

自分で作るドライフルーツの作り方

ドライフルーツはお家で簡単に作ることができるってご存知でしたか?ここでは天日干しの方法と電子レンジを使った方法をご紹介します。

ドライフルーツの作り方【天日干し編】

材料

 

・天日干し用のザル

・バナナ

・レモン汁

 

作り方

 

1バナナの皮を剥いて、スジを取り省きます。

2バナナを5mmほどの暑さにスライスします。

3ザルの上に重ならないようにバナナを並べます。

4表面にレモン汁を塗り、変色を防ぎます。

5ベランダや日の当たる場所に天日干しをしましょう。

6表面が乾燥してきたら裏返します。

7何度か裏表を繰り返し、水分がなくなったら完成です。

ドライフルーツの作り方【電子レンジ編】

材料

 

・好きなフルーツ

 

作り方

 

1オレンジのようにワックスがかかっているフルーツは、沸騰したお湯の中で2分程度洗い、冷水で冷ましてから使いましょう。

2フルーツをお好きな厚さにスライスします。キッチンペーパーで上から押さえて水分を摂りましょう。

3耐熱皿にクッキングペーパーを敷き、フルーツを並べ2分ほど加熱します。

4クッキングペーパーを交換し、再度2分ほど加熱しましょう。

53-43回ほど繰り返し、水分が抜けたら完成です。

ドライフルーツを使ったアレンジレシピ

ドライフルーツはスイーツにも使うことができます。ここではホットケーキミックスを使った簡単なマフィンのレシピをご紹介します。ぜひお試しください。

簡単!ドライフルーツマフィン

材料(5個分)

 

レーズンやイチジクなどのドライフルーツ 80g程度

ホットケーキミックス 200g

ブランデー(製菓用) 小さじ1

卵 1

バター 50g

砂糖 大さじ3

牛乳 30ml

 

 

 

 

作り方

 

準備:オーブンを180度に予熱しておきます。バターは600Wのレンジで30秒ほど加熱し溶かしておき、卵は常温に戻しておきましょう。

 

1ボウルに卵と砂糖、バターを入れよく混ぜます。

2混ぜたところに、ホットケーキミックスを振るいながら入れ、ブランデーとドライフルーツ、牛乳も入れてさらに混ぜます。

3混ぜ終わった生地をカップに入れて、180度のオーブンで25分程度焼いたら完成です。

デーツやマキベリーのおすすめ商品もご紹介

ダイエット中の方にはナッツもおすすめ

ドライフルーツで健康美人になろう

いかがでしたでしょうか?ここではドライフルーツのおすすめの選び方や、おすすめのドライフルーツをランキング形式で紹介してきました。栄養価が高く、味も良いドライフルーツは、健康食品や美容食品としても多くの人に愛用されています。ドライフルーツの購入を考えている人は、お気に入りとなるような一品を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ