記事ID132882のサムネイル画像

大注目される日本発の腕時計!人気アストロンおすすめランキング10選

2012年に誕生したセイコーの「アストロン」は、セイコーの中では高価格帯の上位ラインで、現在まで多くのモデルがリリースされてきました。ここでは、アストロンのおすすめの選び方や、おすすめのアストロンをランキング形式で紹介していきます。

アストロンとは?

アストロンとは、2012年に世界初のGPSソーラーウォッチとして日本の時計ブランドである「セイコー」が発表した高機能な腕時計の名称になります。この「アストロン」という名前の由来は、1969年にクォーツショックを巻き起こした「クオーツ アストロン」から名付けられており、「第2の革命的シリーズになるように」という期待が込められて名付けられました。

GPS衛星のシグナルを受信して、世界中のどんな場所に居ようと正確な時刻を刻むことができるのがアストロンの最大の特徴でしょう。セイコーの中でも機能性の高さはもちろん、多彩なデザインのものが多くリリースされており、国内外問わず注目を集めている腕時計になります。

アストロンの選び方

アストロンと一言でいっても、数多くのモデルが存在しています。ここでは、そんな多くの選択肢からアストロンを選ぶポイントを紹介していきます。

最新モデルから選ぶ

セイコーのアストロンシリーズは、進化するニューモデルがどんどんとリリースされています。アストロンシリーズは、どのモデルについても機能性は比較的充実していますが、時代の最先端を行く機能性を体感するなら最新モデルを選ぶに限るでしょう。

新ラインナップとなる「5Xシリーズ」

現在セイコーで最高性能を誇る「5Xシリーズ」は、従来モデルからの5つの進化が特徴になっています。5つの進化とは、「高速タイムゾーン修正機能」、「タイムトランスファー機能」、「ケースサイズの小型化」、「自動時刻修正機能」、「新開発のアジャスター」の5つの項目が進化したポイントになっています。

2018年11月には「5Xシリーズ」から5型のニューモデルが発売されています。高機能な腕時計を探している人は、現在セイコーが誇る最新シリーズ「5X」から、お気に入りの一本を探してみてはいかがでしょうか。

最新の「5Xシリーズ」には待望のレディースモデルも!

最新の「5Xシリーズ」では待望のアストロンレディースタイプが発表されました。5Xシリーズではケースサイズの小型化に成功したことで、レディースモデルのアストロンが誕生することとなりました。またデザインは、これまでのアストロンにはなかった、抜群の存在感を示しているモデルです。

ラグジュアリーなカラーリングや、さりげなく輝くダイヤモンドは、身に着ける女性の品格をワンランク上げてくれることでしょう。この雰囲気のカラーリングは好みが分かれるところでしょうが、好みにドンピシャな女性はぜひチェックしてみてください。

どんなシーンで付ける腕時計を探しているのか

どんなシーンで付ける腕時計を探しているのかというのは重要になってきます。仕事中にだけ付ける腕時計を探しているのか、それともプライベートのカジュアルな服装にも合わせられる腕時計を探しているのかで、選ぶべき腕時計は変わってきます。

ビジネスシーンを想定して選ぶ

ビジネスシーンでのみ使うことを想定するのであれば、できる限りフォーマルでシンプルなデザインのアストロンを選ぶと使いやすいでしょう。アストロンには、シンプルで飽きの来ないようなデザインのモデルが多いので選びやすいと思います。

ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えるものを選ぶ

ビジネスシーンだけでなく、カジュアルな服装にも合わせたいのであれば、どんな服装なのかを想定しながら選んだ方が良いでしょう。アストロンで選ぶのであれば、基本的には幅広いシーンに対応できるようなデザインのモデルが多いのでそこまで難しくはないでしょう。

幅広いシーンや服装に使うアストロンであれば、ラバー素材のバンドのモデルなんかもおすすめになってきますね。カジュアルとフォーマルのバランスを楽しみながら、アストロンシリーズを選んでみてください

バンドを交換して気分を変える

アストロンには、交換できるタイプのバンドが使われているモデルも多数存在しています。場所によって、季節によって交換できるバンドがあると何かと便利でしょう。探してみれば、クロコダイルのものや、スウェード素材のものなどさまざまな変えバンドが販売されています。

新しい腕時計を買わずとも、気分を変えることが可能な変えバンドは、非常にコスパの高い買い物といえるのではないでしょうか。

定価よりも安く購入できるものを選ぶ

アストロンはセイコーの上位ラインであり、セイコーの中でも高価な腕時計になります。腕時計というのは、価格帯はさまざまですが基本的には簡単に購入できるような金額ではない場合が多いですよね。アストロンの購入を検討しているけど、定価以下でなんとか購入したいと考える人も多いのではないでしょうか。

セール商品を見つける

「セイコーのアストロンを購入してみたいけど、定価だと予算オーバーでなかなか購入できない」という人には、セール価格になったアストロンの購入がおすすめです。特にバーゲンシーズンになれば、セールにかかる可能性は高まります。値引き率はモデルや取扱い店によって違ってくるでしょうが、定価が高いのでセールになるまでじっと待つのは一つの手ではあるでしょう。

人気モデルであればセール価格に期待するのは少し難しいですが、自分の好みのものが全然売り切れる雰囲気がないのであれば、急がず待つことです。セール商品に関しては実店舗で探すのも良いですが、狙うものがもう決まっているのならネット通販の方がより安く購入できる可能性が高いのでおすすめです。

中古品の購入には注意が必要

アストロンを定価よりも安く買う方法として、中古品を探してみるのも良い方法ですね。中古品を探すのであれば、実店舗で購入するか、ネット通販で購入するのかは重要になってきます。出来れば実店舗での購入の方が、実物を見て触ることができるので安心でしょう。ネット通販だと、どのくらいの状態の中古品なのかを見極めるのが難しいですね。

また近年流行りのフリマサイトでは、購入の際はさらに注意が必要です。フリマサイトでは相場よりも安く商品を見つけることも可能ですが、中古品の状態の確認に加えて、販売元が信頼できるかどうか見極める必要があります。いずれにせよアストロンを中古品で探す際は、細心の注意を払って購入した方が失敗する可能性は低くなります。

アストロンの人気ランキング10選

10位 セイコー 『アストロンSBXC004』

価格:324000円(税込)

2018年のゴージャスなレディースモデル

2018年に新たにリリースされたレディースモデルである「アストロンSBXC004」になります。パッと明るいホワイトカラーにピンクゴールドのパーツがゴージャスな雰囲気を作り出します。アストロンシリーズの中でも、ひときわ目を引く印象的なデザインに仕上がっていますね。

 

レディースモデルとなるので、ゴージャスな腕時計を探していた女性はもちろんのこと、男性から大切な女性へのプレゼントにもおすすめします。しかし、かなり個性の光るデザインなので、好みがくっきり分かれるビジュアルだと思います。プレゼントで選ぶ際は、女性の好みのデザインであるかどうか確認しておいた方が良いでしょう。

 

好みの女性にとってみれば、品があってたまらないデザインに仕上がっている一本でしょう。

バンド素材 レザー バンドカラー ホワイト
ケース素材 チタン ケース厚   12.2mm

9位 セイコー 『アストロンSBXB161』

価格:162000円(税込)

アストロンシリーズの中でもシンプルな機能性のモデル

アストロンシリーズの中でも、定番的なデザインとシンプルな機能性が人気のモデル「アストロンSBXB161」になります。スポーティー過ぎないバランスの良いデザインは、カジュアルシーンからビジネスシーンまで幅広い場面で活躍してくれる腕時計になります。ビジネスマンだけでなく、学生にもおすすめできそうな一本ですね。

 

24時間表示や曜日表示機能は搭載してないのですが、その機能が省かれているぶん、スッキリとしたビジュアルに仕上がっているのが大きな特徴ですね。セイコーのアストロンシリーズの中では、比較的リーズナブルな価格で購入することができるモデルになりますので、そういった点も購入する際の大きなポイントになってくるでしょう。

バンド素材 ステンレス バンドカラー シルバー
ケース素材 ステンレス ケース厚   12.4mm

8位 セイコー 『アストロンSBXB055』

価格:183600円(税込)

ブラックとピンクゴールドの上品な組み合わせ

ブラックとピンクゴールドの絶妙な配色で上品さ漂う「アストロンSBXB055」になります。全体的に高級感のあるラグジュアリーな雰囲気を感じさせつつ、スポーティーな部分が要所に見受けられ、バランスの良いデザインですね。ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広い場面で使える一本でしょう。

 

ラバーのバンドはそれはそれでもちろんかっこいいのですが、好みや使うシーン、季節に合わせて革系のバンド等と交換してみると、ラバーとはまた違った大人っぽい表情を見せてくれるでしょう。

バンド素材 ウレタン・ラバー系 バンドカラー ブラック
ケース素材 ステンレス ケース厚   13.2mm

7位 セイコー 『アストロンSBXB167』

価格:275400円(税込)

「EXECTIVE SPORTS LINE」から落ち着いたカラーリングの一本

セイコーアストロンのワンランク上位モデル「EXECTIVE SPORTS LINE」から、「アストロンSBXB167」になります。落ち着いたカラーリングと、上品で高級感のある雰囲気が特徴でありながらも、20気圧防水のスポーティーなモデルとなっています。ラバー系のブレスレットが採用されている点も、スポーティーとラグジュアリー感の絶妙なバランスを保っています。

 

スポーティー要素がありながらも、カラーリングはブラックとブルーがメインの落ち着いたカラーリングなので、幅広いシーンやコーディネートにマッチする一本に仕上がっていますね。ラグジュアリー過ぎない、少しスポーティーな腕時計を探していた人はぜひチェックしてみてください。

バンド素材 ウレタン・ラバー系 バンドカラー ブラック
ケース素材 チタン ケース厚   14.5mm

6位 セイコー 『アストロンSBXB119』

価格:162000円(税込)

メジャーリーガー大谷翔平選手モデル

メジャーリーグで規格外の二刀流で大活躍中のプロ野球選手、大谷翔平選手の特別モデルである「アストロンSBXB119」になります。大谷翔平選手は、2018年のメジャー1年目で「ア・リーグ」の新人王を受賞したことでも注目されましたね。

 

「アストロンSBXB119」は、セイコーのロゴ部分と、インジケーターは高級感のあるゴールドの配色になっており、その他は基本的にシルバーとブラックでシンプルにまとまっています。2時の位置に配置されているプッシュボタンだけ、上品なブルーが配色されているのもポイントになっています。

 

裏蓋部分には、大谷翔平選手のサインとシリアルナンバーが刻印されており、かなりスペシャル感を感じさせてくれる一本に仕上がっていますね。

 

バンド素材 ステンレス バンドカラー シルバー
ケース素材 ステンレス ケース厚   12.4mm

5位 セイコー 『アストロンSBXC006』

価格:248400円(税込)

5Xシリーズから、ブラックとピンクゴールドの上品なモデル

「高速タイムゾーン修正」や「タイムトランスファー機能」が搭載され、セイコーアストロン史上最高性能に仕上げられた5Xシリーズのモデル「アストロンSBXC006」になります。5Xシリーズは、アストロンのルーツでもある「絶え間ない進化」を垣間見ることのできる機能性の高さとデザインです。

 

全体的に品のあるブラックが基調になった配色で、随所のパーツのピンクゴールドが上品でゴージャスな雰囲気を作り出しています。いつものコーディネートを、大人っぽくワンランク格上げしてくれるような2018年のニューモデルです。定番色の腕時計に飽きてしまった人にもぜひチェックしてもらいたい一本ですね。

バンド素材 シリコン バンドカラー ブラック
ケース素材 純チタンケースとセラミックス ケース厚   12.2mm

4位 セイコー 『アストロンSBXB123 』

価格:270000円(税込)

アストロンの「EXECTIVE LINE」モデル

セイコーアストロンシリーズのワンランク上位モデルEXECTIVE LINEの「アストロンSBXB123」になります。基本はベーシックでシンプルな見た目でありながら、どこかメカニカルな雰囲気が漂っており男心をくすぐるデザインですね。インダイヤル部分のレッドカラーは程よいワンポイントのアクセントになってくれています。どんなコーディネートにでもなじみやすく、使いやすそうな印象のアストロンですね。

 

ベゼルにはサファイアガラスが採用されているため、透明感がありながら高級感漂う一本に仕上がっています。ビジネスシーン、カジュアルシーン問わず、さまざまなタイプの人に愛用していただけるアストロンモデルでしょう。

 

 

バンド素材 チタン バンドカラー シルバー
ケース素材 チタン ケース厚   14.3mm

3位 セイコー 『アストロンSBXC001』

価格:248400円(税込)

注目される5Xシリーズのシンプルモデル

「高速タイムゾーン修正」や「タイムトランスファー機能」が搭載され、セイコーアストロン史上最高性能に仕上がった5Xシリーズのモデル「アストロンSBXC001」になります。セイコーアストロンの止まらぬ進化を感じられるモデルとなっていますね。世界で活躍するようなビジネスマンには特におすすめのモデルと言えるでしょう。

 

ビジュアルはかなりベーシックで落ち着いており、鮮やかなブルーが印象的です。機能性は高くとも、非常にシンプルなデザインなので、幅広いシーンで着用できる一本ではないでしょうか。セイコーアストロンシリーズの、今後の更なる進化を期待させるような、2018年のニューモデルに仕上がっています。

 

バンド素材 チタン バンドカラー シルバー
ケース素材 チタン ケース厚   12.2mm

2位 セイコー 『アストロンSBXB003』

価格:259200円(税込)

シンプルで飽きの来ないデザイン

セイコーアストロンシリーズの第二世代に位置するモデル「アストロンSBXB003」になります。シルバーのブレスレットにブラックのな配色というシンプルでオーソドックスなデザインに仕上がっています。流行りや気分に左右されない普遍的で飽きないデザインになっており、長い期間愛用できる腕時計となるでしょう。

 

ビジネスマンの相棒としてはもちろんのこと、カジュアルシーンにおいてもシンプルで合わせやすいデザインがマッチしてくれることでしょう。一本の腕時計と長い付き合いを求めている人は、ぜひこのモデルをチェックしてみてください。

 

バンド素材 チタン バンドカラー シルバー

ケース素材 チタン セラミックス

      ダイヤシールド

ケース厚   13.3mm

1位 セイコー 『アストロンSBXC007』

価格:270000円(税込)

2000本限定のシリーズ最高性能モデル

セイコーアストロンシリーズで最高性能を誇る「5Xシリーズ」の発売を記念して発売された、2000本の数量限定の2018年モデル「アストロンSBXC007」になります。基本はベーシックでシンプルなビジュアルですが、ピンクゴールドのパーツが組み合わされて上品なデザインになっています。

 

裏蓋には「Limited Edition」という文字とシリアルナンバーが入っており、スペシャル感を感じさせくれるモデルとなっています。これまでのセイコーアストロンシリーズと比べても、全体的に機能性は向上しており、これからのアストロンシリーズの更なる進化を期待できるようなモデルに仕上がっています。ニューモデルへの期待も込めて第1位となっております。

バンド素材 チタン(ダイヤシールド)

      +セラミックス

バンドカラー シルバー

ケース素材 縁部セラミックス+チタン

      胴部チタン

ケース厚   12.2mm

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここでは、セイコーアストロンシリーズの選び方や、おすすめモデルをランキング形式で紹介してきました。2012年に誕生したアストロンシリーズですが、現在ではさまざまなデザインのものが多数発表されています。新しい腕時計を探している人は、高機能な腕時計「アストロン」を一度チェックしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ