【安心安全!】人気のノートパソコンケースおすすめランキング10選

ノートパソコンのような機器を外に持ち出す時は、ケースが無いと不安ですよね。ノートパソコンケースも豊富にあって、なにがおすすめか選べない方も多いのではないでしょうか。今回はノートパソコンケースの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

安全に持ち運びするためのノートパソコンケース

ノートパソコンを持ち運ぶ時にそのままの状態ではバッグの中や何かにぶつかった時に傷がついたり、衝撃をそのままノートパソコンが受けてしまいます。そういったことから守ってくれるのがノートパソコンケースです。

 

ケースが必要とわかっていても、インナーケースやそのままノートパソコンを入れて使うようなケースなど種類が多すぎて迷ってしまいますよね。ノートパソコンの持ち運び方や使うシチュエーションでも、その選び方はかわって来るんです。自分のスタイルにあったノートパソコンケースを選ぶことで、ただ運ぶためのものから仕事や勉強、生活に役立つアイテムとしてノートパソコンケースが活躍してくれます。

 

今回はノートパソコンケース選びに悩んでいる方に、おすすめのノートパソコンケースをそのレビューと共に紹介していきます。気に入ったものがあれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ノートパソコンケースの選び方

ノートパソコンケースは機能やデザイン、形状に至るまでこれまで様々な種類が出ています。その中から自分に合ったスタイルのケースを手にするために、選ぶポイントを紹介していきます。

サイズを確認する

ノートパソコンケースは様々なサイズがあります。ノートパソコンのサイズがそれぞれ違うのと同じように、ノートパソコンケースも使いやすさや汎用性など、メーカー毎の設定があるためです。

ノートパソコンケースの内寸と外寸を確認する

ノートパソコンケースを選ぶ際には、内寸がどのくらいかをまず確認しましょう。実寸である縦幅と横幅、厚みが持っているノートパソコンのサイズと合うかどうかが、なによりも重要です。もし、ネットで購入する際に気に入ったノートパソコンケースの内寸が表記されていない場合は、メーカーのホームページで確認するようにして下さい。

 

それから、インナーケースなどバッグにケースを入れて持ち運ぶ場合や、旅行などでキャリーケースなどに入れる場合のことを考えて、ノートパソコンケースの外寸もチェックしておきます。内寸はぴったりでも、持ち運ぶ際にバッグに入らないようでは、ケースとして機能しないので注意が必要です。

ノートパソコンのインチ数で選ばない

ノートパソコンのインチ表記やA4やB5などの用紙サイズの表記をもとにノートパソコンケースを選んでしまうと、ノートパソコンが入らなかったり、余計なスペースが出来てしまったりする可能性があります。それから、ノートパソコンの機種名を対応機種として表示しているノートパソコンケースもありますが、ノートパソコンの年代によってもサイズが変わっている可能性があるので、そちらも注意が必要です。

 

ノートパソコンケースの大まかなサイズ表記をそのまま信頼して買うのではなく、サイズを測ることで失敗することを防ぐことが出来ます。また、実寸サイズに指が2本程度入るスペースを確保出来るくらいが、使いやすいサイズです。

衝撃吸収力で選ぶ

ノートパソコンケースは衝撃をやわらげたり、吸収する機能があります。使用する環境やスタイルによってどの程度の衝撃吸収性が必要なのかも考えることが大切です。

クッションが衝撃を和らげてくれる

ノートパソコンケースは衝撃をやわらげるために、クッション性のある素材を使用しています。クッションがどのくらい衝撃を吸収してくれるかは、その素材ごとに変わってきます。ノートパソコンを持ち運ぶ際にハードに扱っているのか、それともノートパソコンに傷が付かない程度でいいのかなど、求めている程度によって選ぶ必要があります。

 

ノートパソコンケースのクッションの素材は、フェルトや革などの薄いものから、3D構造のウレタンフォームなどノートパソコンを守るクッションの種類は豊富にあります。薄い素材は、衝撃吸収力が分厚いウレタンフォームなどに比べると低いですが、持ち運びの際のコンパクトさには優位があります。

頑丈でちょっとやそっとじゃ微動だにしない

ノートパソコンケースには外側からの衝撃を固い素材で保護してくれるセミハードのタイプもあります。アタッシュケースなどのような厚みは無いですが、他のソフトケースのものよりは固い素材の分厚みは増しています。外側は固い素材ですが、内側にはノートパソコンを傷から守る工夫もされています。

 

ノートパソコンを持ち運びする時に他に荷物が多くある場合や、固いものを一緒に入れる場合など、圧力がかかった時にそのままノートパソコンに力がかかってダメージを与えてしまう可能性もあります。セミハードタイプの場合、力を点では無く面で受けるので、そういった際のダメージが気になる方にはおすすめです。

持ち運び方で選ぶ

ノートパソコンケースを選ぶ上で大切なのが、ノートパソコンをどうやって持ち運ぶかという点です。バッグに入れて持ち運ぶタイプとノートパソコンケース自体がバッグになっているタイプがあります。

カバンに納まりが良いインナーケース

ノートパソコンをカバンに入れて持ち歩くために、コンパクトに作られているのがインナーケースです。人気のあるインナーケースには、種類が豊富にあり、デザインも多く選択肢がたくさんあります。素材も薄手のものからセミハードのものまであるので、自分のバッグの中身に収まるものを選ぶことが出来ます。

 

ノートパソコンケースの中でもシンプルに作られてるものが多く、ただ包み込むものフタをするものマグネットで開閉が出来るもの、ジッパーで開閉するものなどの種類があります。安全性を考えればしっかりと閉じられるタイプのものがおすすめですが、取り出しやすさを重要視するのであれば、常に開いているタイプも選択肢にあげられます。

それだけでも使えるバッグタイプ

ノートパソコンケースとしてだけでなく、単体としてバッグとしても使えるタイプもあります。ノートパソコンを入れるだけのケースではないので、大きさも普通のバッグと変わりませんが、衝撃を受けた際の安全面での工夫は普通のバッグよりも優れています。ブリーフケースタイプやリュックタイプがあるので、用途によって形状を選ぶことも出来ます。

 

ノートパソコンケースの中では最大容量なので、周辺機器なども余裕を持っていれることが出来、他に持ち運ぶものも一緒に入れられるので便利に使えます。そして、バッグにインナーケースを入れている場合と違い、そのままノートパソコンを入れることが出来るので、取り出しもスムーズに行えます。

使いやすさで選ぶ

ノートパソコンケースは安全に持ち運ぶケースというだけでなく、移動先でノートパソコンを快適に使うためのギアとしての役割もあります。

一手間減らせるマグネットタイプ

快適にノートパソコンを使うためにも、ノートパソコンケースから取り出す時やしまう時には、手間取ること無くスムーズに行いたいものです。マグネットでケースを開け閉め出来るタイプであれば、ジッパーを閉める手間もなく、さらに開いたままにはならないので安全面からしても安心です。

 

インナーケースに限らず、バッグタイプのものにもマグネットで開閉が出来るタイプがあります。バッグタイプの場合は他のものを取り出す際にも、マグネットの開閉式であれば手間取ることもありません。ノートパソコンを持ち運ぶ際に、どうやってノートパソコンケースから取り出すかでも、マグネットタイプが有効かを考えてみる必要はあります。

小物が入れられるかどうかもチェック

ノートパソコンを使う時に必要な周辺機器は、まとめて持ち運ぶことで突発的に起こることにも対応が出来ます。ノートパソコンケースに小物を入れておくことが出来ればそういった際にすぐに対応出来ますし、ノートパソコンと小物を一緒に収納することで、忘れ物などを防ぐことも出来ます。

 

電源などのコード類やUSBメモリ、マウスなどをノートパソコンを使う際に必要なものをリストにあげて、それらが収納出来るポケットがついているかどうかを確かめます。全てを入れておくポケットよりも、小分け出来る小さいポケットが付いていたほうが、使い勝手が良いです。

その他に必要な機能が欲しい時は要チェック

ノートパソコンケースには、機能的な仕様が付いているものもあります。雨や飲み物をこぼしてついた際に、防水や撥水加工がしてあれば、ケースの中にあるノートパソコンにダメージが加わることはありません。やはりパソコンですから水分から守らないと故障の原因になってしまいます。

 

そして、ノートパソコンケースは洗ったりせずにそのまま使うものですから、汚れや他の荷物からの匂いが付くこともあるので、消臭や抗菌などの機能があれば、そういったことからも防ぐことが出来ます。他にも、放熱や通気性を良くしたメッシュタイプのものや、インナーケースでそのまま持ち運びが出来るように取手の付いたものなど、メーカー毎に機能的にする工夫が施されたものが出ています。

ノートパソコンケースの人気ランキング10選

ここでは、ノートパソコンケースの人気ランキング10選をご紹介します。仕様やデザインなど、きっと気に入ったノートパソコンケースが見つかります。

10位 サンワサプライ『IN-MACPR13BK』

出し入れがスムーズに出来るスリップインタイプ

サンワサプライのIN-MACPR13BKは、ジッパーやフタの無いスリップインタイプのケースです。素材はウェットスーツなどに使われる素材で、耐久性や保護力に優れています。伸縮性がある素材なので、ノートパソコンをホールドしますが、ジッパーが付いていないのでノートパソコンが落ちないよう注意も必要です。

 

レビューを参考にすると、ジッパーが付いてない分出し入れがスムーズに出来ることについての評価が多くありました。ジッパーが付いてない分、ジッパーで傷つかないようにと気をつけることもなく出し入れが出来ます。スリップインタイプのインナーケースは出し入れがしやすい分、バッグの中に入れて使う方法に限定されます。バッグの中に入れてしか持ち歩かないという方におすすめです。

サイズ(内寸) 30.5 x 21.5 x 1.5 cm サイズ(外寸) 33 x 23.5 x 0.7 cm
重さ(発送重量) 191g 素材 合成ゴム、ポリエステル

9位 KUSOOFA 『スリーブケース』

スマートに持てて出し入れ簡単

KUSOOFAのスリーブケースは、シンプルにノートパソコンのみを収納することが出来るインナーケースです。外側は撥水加工がされたPUレザー、内部には柔らかい綿フランネルを使用しているので雨などからノートパソコンを守るだけでなく、傷からも守ってくれます。マグネットで開閉を行うタイプなので、スムーズな出し入れが可能です。

 

レビューを見てみると、内側の綿フランネル素材が出し入れをするたびにノートパソコンをきれいにしてくれるという評価がありました。フィットするサイズなので、少しの汚れなどは内側の素材が拭き取ってくれます。また、マグネットの開閉が安定しているとの意見もあります。バッグの中でノートパソコンにあまり場所を取りたくない方におすすめです。

サイズ(内寸) 34.7 x 26 x 1.7 cm サイズ(外寸) -
重さ(発送重量) 249g 素材 撥水PUレザー

8位 Willing 『Backpack 40L』

大容量の万能タイプ

Willingのバックパック40Lは大容量のバックパックにノートパソコンケースとしての機能を盛りこんだバッグです。12個の収納ポケットがあるので、ノートパソコンを使う時に必要な小物を整理して入れておくことが出来ます。そして、バッグ本体が撥水機能を持っていますが、さらに強い雨などの水から守るためにレインカバーが付属しています。

 

レビューを参考にすると、ストラップ部分にしっかりと厚みがあって持ちやすいという評価が多く見られます。ノートパソコンや周辺機器を入れると重くなるバッグですが、バックパックの特性上かかる力が分散されるので、持ち運びが楽になります。荷物が日頃多い方や荷物の重さが気になる方にはおすすめです。

サイズ(内寸) 45×30×4cm サイズ(外寸) 50×37×22cm
重さ(発送重量) 1100g 素材 撥水素材

7位 MOOSE 『ノートパソコンケース』

おしゃれに持ち歩きたいデザインケース

MOOSEのノートパソコンケースは、刺繍やジッパーなどデザインにこだわったケースです。外側には通気性のいいポリアミド繊維素材に防傷加工がしてあり、内部は防震と防圧クッションと手触りの良いフワフワとした素材が、衝撃やキズから保護しています。背面にあるポケットには小物を入れることが出来、ジッパーで閉められるので落ちることはありません。

 

レビューを見てみると、おしゃれなデザイン縫製も丁寧に出来ているという評価が多く見られます。シックなデザインの多いノートパソコンケースですが、外に持ち運ぶものとしてデザインの良い物を選ぶということも大切です。人とは違うデザイン性の良い物を選びたい方にはおすすめです。

サイズ(内寸) 33×24×1.5cm サイズ(外寸) 34×25×2cm
重さ(発送重量) 322g 素材 防傷ポリアミド繊維

6位 WIWU 『PCバッグ』

小分けの収納と取手が便利

WIWUのノートパソコンケースは、防水と防塵、そして耐摩擦に対応した4層構造になっています。内部は起毛素材を使用しているので、擦り傷などが付きづらくなっています。3つのフロントポケットと内部が2つの仕切りで分かれているので、小物や書類を一緒に入れることが出来ます。さらに取手が付いているので、持ち運ぶ際に便利です。

 

レビューを見てみると、収納ポケットに関しての高い評価があります。ケースに余裕があるのでスマートフォンや電源ケーブル、マウスなどポケットに入れていてもかさ張らずに収納出来ます。インナーケースだけでなく、そのまま持ち運びたいという方におすすめです。

サイズ(内寸) 33×23×2cm サイズ(外寸) 36×26×2.5cm
重さ(発送重量) 322g 素材 撥水ナイロン

5位 エレコム 『ZEROSHOCK キャリングバッグ』

ビジネスバッグとしても使える高い収納力

エレコムの低反発ウレタンを内部に使用したZEROSHOCK キャリングバッグは、耐衝撃性に優れています。バッグタイプなので小物の収納スペースも多く、ノートパソコンを持ち運ぶ際にも、書類を持って行く時にも便利なケースです。ショルダーベルトが付属しているので、ショルダーバックにも出来る2way仕様で、荷物が重くなった時にも対応出来ます。

 

レビューを参考にすると、小物や余ったスペースに物を入れられるなど、収納スペースに関して高い評価を得ています。ノートパソコンの充電切れやマウスを使ったほうが効率的な場合といった急な対応を迫られた時に、小物入れのあるノートパソコンケースに入れておけば安心です。ノートパソコンだけでなく、普段他にも荷物が多くある方におすすめです。

サイズ(内寸) 38.5×30×4.5cm サイズ(外寸) 41×31×7cm
重さ(発送重量) 658g 素材 ポリエステル

 

4位 tomtoc 『バーサタイル』

あらゆる方向からの衝撃に対応

ノートパソコンケースで大事な衝撃吸収性を高めているtomotocのバーサタイルは、丸いクッションを内部にいくつも付けることで、全方向からの衝撃を吸収します。さらに角に取り付けられたゴムのバンパーは斜めからの衝撃を緩和します。また、フロントポケットには大きめのポケットがついているので、小物を収納することが出来ます。

 

レビューを参考にすると、衝撃吸収に関しての高い評価を得ています。その反面、ケースの厚みに関しても意見がありましたが、耐衝撃に関して必要なものとして厚みに関しては捉えることが出来ます。ノートパソコンケースでしっかりとノートパソコンの保護をしたいという方におすすめのケースです。

サイズ(内寸) 30.5x21.5x2.2cm サイズ(外寸) 32x23x2.8cm
重さ(発送重量) 249g 素材 撥水合成繊維

 

3位 エレコム 『ZEROSHOCK スリム』

衝撃と水からノートパソコンを守る

エレコムのインナーケースZEROSHOCK スリムは、低反発のポリウレタンと内部のウレタンフォームによって衝撃からノートパソコンを守ります。撥水加工もしてあるので、水に濡れ手もすぐ拭き取ることが出来るので、万が一のことがあっても安心です。前面のポケットは広くとられていて、小物などを収納することが出来ます。

 

レビューを見てみると、衝撃吸収に関しての意見が多く見られました。低反発とウレタンフォームによる衝撃に対しての備えに安心感を持ちつつ使っていくことが出来ます。サイズに関してピッタリサイズで作ってあるので、フィットしているという面ときついと感じるという意見もあります。余裕を持ったサイズで選ぶことで対応出来ます。ノートパソコンケースに衝撃吸収の機能を第一に考えている方におすすめです。

サイズ(内寸) 33×23×2.5cm サイズ(外寸) 35.6×25.8×2.8cm
重さ(発送重量) 286g 素材 撥水低反発ポリウレタン

 

2位 inateck 『LC1303』

コンパクトさとシンプルなデザイン

Inateckの超薄シリーズのLC1303は、外側が撥水加工されたポリエステル素材なので、雨など水がつく環境にいる場合でも、ノートパソコンを守ってくれます。内側にはフランネル素材を使用しているので擦り傷などが付きにくくしています。そして、マグネットで開閉するノートパソコンケースなので、スムーズにノートパソコンを取り出すことが出来ます。小物や雑誌を入れる小分けされたポケットマウス用バッグが付いているので、すぐに作業に移ることを可能にしています。

 

レビューを見てみると、ノートパソコンケースとしての薄さに高評価を得ています。コンパクトにバッグに納められることでかさ張らないという利点があります。衝撃に対しても内側のフランネルがあるので、安心出来るという意見もあります。コンパクトなインナーケースを選ぼうと考えている方におすすめの商品です。

サイズ(内寸) 33x22.5x1cm サイズ(外寸) 34x23x1.5cm
重さ(発送重量) 308g 素材 撥水ポリエステル

 

1位 Inateck 『SP1003』

デザインと機能ともに満足のノートパソコンケース

InateckノートパソコンケースのSP1003は、フェルト素材が外側に使われ、内側はフランネルが使われているのでとても柔らかく、衝撃からも守ってくれます。内部には雑誌を入れられるスペースと、小物を分けて入れられる小さいポケットが2つ、さらにペンを収納出来るポケットもついているので、スムーズに取り出すことが出来ます。マウス用の小さいフェルトバッグも付属するので、ノートパソコンを使用する時に手間取らない環境を提供してくれます。

 

レビューを参考にすると、フェルト素材の手触りの心地よさに高い評価を得ています。普段触れるものですから、手触りの良さもノートパソコンケースを選ぶひとつの基準になります。そして、収納ポケットも使いやすいという意見が多く見られます。ノートパソコンと一緒に使うものや、あれば安心なものを納めておくことが出来るので便利に使えます。様々なシチュエーションで使う方におすすめのケースです。

サイズ(内寸) 33x23.5cm サイズ(外寸) -
重さ(発送重量) 195g 素材 フェルト

まとめ

ここまでノートパソコンケースの選び方と人気のおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ノートパソコンは、ケースでしっかりと保護することで守ることが出来、機能的に使うことでスムーズに作業をすることが出来ます。そして、ノートパソコンケースは見た目も選べるので、日頃使い分けをして気分転換をしてみるのはいかがでしょうか。ファッションと同じように会話が盛り上がるひとつのポイントになってくれます。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

AV・情報家電
【機能的】人気の10.1インチタブレットケースおすすめランキング10選

【機能的】人気の10.1インチタブレットケースおすすめランキング10選

AV・情報家電
大容量USBメモリの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

大容量USBメモリの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

AV・情報家電
【薄型で耐衝撃!】人気のXperia XZ1ケースのおすすめランキング10選

【薄型で耐衝撃!】人気のXperia XZ1ケースのおすすめランキング10選

AV・情報家電
【旅行を快適に】おすすめトラベルポーチの選び方・人気ランキング10選

【旅行を快適に】おすすめトラベルポーチの選び方・人気ランキング10選

ファッション小物・バッグ
【人気機種多数】おすすめの安いノートパソコンランキング10選

【人気機種多数】おすすめの安いノートパソコンランキング10選

AV・情報家電