記事ID132843のサムネイル画像

【車載用】カーインバーターのおすすめ人気ランキング10選

車中泊やキャンプ、または日常的な車の運転に活躍してくれるのがカーインバーター。どこでもスマホの充電ができますし、ケトルや炊飯器など家電を使用したいときも大活躍です。今回は、カーインバーターのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。

カーインバーターとは

カーインバーターとは、シガーソケットを通して、車内では使えないような家電等を使用可能にする道具です。中には、車のバッテリーに直接つないで使うタイプもあります。車のバッテリーに流れる電流はDC(直流)12Vの電源を使用しており、AC(交流)100V用の家電を使う際は、直流を交流に変換させる必要があります。

 

カーインバーターの種類によっても定格出力がさまざまです。スマホの充電には100Wなどの定格出力が小さいもので足りますが、炊飯器やケトルなどに使用すると2000W以上のそれなりの定格出力の大きさが必要です。詳しくは選び方と共に説明しますが、この定格出力の大きなカーインバーターを使うことで、車中泊やキャンプなどのアウトドアも快適に過ごすことができるのです。

 

出力端子の形もさまざまで、スマホの充電用にUSBタイプとコンセントタイプが併設されているものもあります。中には、コンセントが多くついているタイプもあったりと、利用する機器の数や用途によっても選ぶべきカーインバーターは変わってきます。基本的に定格出力が大きいものは高価なものが多く、小さいものは低価格なものとなっています。価格と比較検討しながら、自身の用途に合わせて選ぶようにしましょう。

カーインバーターの選び方

カーインバーターを選ぶ際に何を基準に選ぶべきでしょうか。それは、あなた自身が何に使うかが大いに関係してきます。ここでは、それぞれの用途に合わせた選び方を中心に紹介していきます。

定格出力の大小で選ぶ

まず、カーインバーターを選ぶ上で非常に重要なのが、定格出力の大きさです。これが大きければ、大きいほど使用できる機器の種類も増えてきますが、価格も跳ね上がります。こちらについて、まずは説明していきます。

スマホの充電なら定格出力は小さくてもいける

まず、定格出力とは「使用する機器の消費電力がこの大きさまでなら使えますよ」という指標となっています。例えば、定格出力100Wなら、消費電力100Wまでなら安全に使用できる、ということになります。

 

スマホや車内で使うちょっとした小物類ならば、消費電力はせいぜい消費電力15W前後といったところでしょう。スマホを何人か分接続したとしても100Wは超えませんし、音楽機器などを追加で接続しても使用可能でしょう。つまり、スマホなどの消費電力の小さなもののみを使うなら、定格出力は100Wで十分となります。また、ノートパソコンなども機種によっては使える出力となっています。

ノートパソコンを使うなら少し大きく

ノートパソコンの消費電力はだいたい50W以下となりますが、使用する機種によってはそれ以上の場合もあります。これらを使いながら、スマホの充電や小型の空気清浄機などを複数つないでいると、100Wでは足りない可能性があります。その場合は100W以上の機種を選ぶようにしましょう。

 

150W、200W、300W、400Wなどさまざまな定格出力を持つカーインバーターが存在します。自分が使いたい家電の消費電力と家電の数をしっかりと把握しておくことで、定格出力を超えないように選ぶことをおすすめします。ただ、電気ケトルなどを使用する際は1000Wを超えることもあり、これらのカーインバーターではキャンプやアウトドアには少し物足りない定格出力ですね。

車中泊やアウトドアなら定格出力は大きいほうが良い

もしも、アウトドアや車中泊に使いたいなら、1000W以上の機種を選びましょう。中には、2000Wや3000Wなどの機種もあるため、大量に電力を消費する場合は、こちらを選ぶようにしましょう。例えば電気ケトルの消費電力は1200W前後となっており、1000Wでは足りません。アウトドアやキャンプで大量の家電製品を使用する方はなるべく大きめのカーインバーターがおすすめです。

 

定格出力が大きなものになってくると、シガーソケットではなく、車のバッテリーに直接繋ぐタイプとなってきます。また、価格もその分跳ね上がります。20000円~40000円は考えておく必要があり、使用目的と価格を比較しつつ、注意して選ぶようにしてみてください。

使用する目的で選ぶ

カーインバーターを使う場合、もちろん車で使うことが前提となっています。ただ、その使用目的はさまざまです。せっかくならば、それぞれの目的に適したカーインバーターを選ぶようにしたいところですよね。

消費電力が大きいものを使う場合は最大出力に配慮する

上でも書いたように電気ケトルの消費電力は意外と大きいです。さらに電気ケトルは電源オンと同時に急速に省電力が上昇していきます。そのため、最大出力に余裕が無いと保護回路が作動し、電気が遮断されてしまいます。

 

最大出力とは、定格出力と似てはいますが、少し違います。定格出力が連続して使用できる電力を表すならば、最大出力は瞬間的に出せる限界の出力となります。最大瞬間出力とも良い、急激に上昇した電力がこれ以上になってしまうと、上記のように保護回路が作動するのです。

車内で寝る場合は静音性に配慮する

カーインバーターには、熱を冷却するためのファンが付いています。製品の数や消費電力が大きくなればなるほど、このファンは熱を冷却しようと動作します。中には、かなりうるさくなるカーインバーターもありますので、注意が必要です。

 

例えば車中泊をする場合、車の中でカーインバーターを作動させてしまうと、この音で眠れないということにもなりかねません。カーインバーターの中には静音性に配慮された製品、ファンレスの無音タイプなどもあるので、車中泊をする方にはそちらがおすすめです。レビューなども参考にしつつ注意して選んでみましょう。

出力端子やサイズで選ぶ

カーインバーターにはさまざまな形状のものがあります。中でも気になるのは出力端子の形状やカーインバーター自体のサイズでしょう。これらについて詳しく書いていきます。

使いたい機器の数や種類で出力端子を選ぼう

まず、コンセントの数はいくつ必要でしょうか。あなた自身が使用する際にどの製品をコンセントにつなげるかをしっかりと計画した上で、コンセントの数を決めることをおすすめします。例えば、アウトドアやキャンプで使うなら、コンセントの数は多めのほうが安心です。電気ケトルを使いながら、炊飯器を使ったり、使用方法に幅が出てきます。

 

同時にスマホを充電したい場合なら、出力端子がUSBタイプになっているカーインバーターがおすすめです。この端子がいくつか付いているタイプのカーインバーターなら、スマホを同時に何台か繋ぐことができまし、コンセントも空くのでその他の家電も使用可能となります。定格出力の大きなカーインバーターなら、コンセントを多めに取ってあるため、家電製品を複数使う際に重宝します。

車内で使うならサイズも考慮しよう

カーインバーターは大きいものから小さいものまで、その機種のパフォーマンスによって大きさはさまざまです。車内が狭い車なら、シガーソケットに挿したまま固定するタイプのカーインバーターがおすすめです。もちろん、このタイプだと定格出力も小さくなりますが、置くスペースは十分に確保できます。

 

もしもご自身の車が内装広めの車ならば、定格出力も大きく、端子の数も豊富な大きなサイズのものを選ぶのがおすすめです。もちろん、狭い車でも工夫しておくことができますので、最終的には自身の使用目的で選ぶといいでしょう。

カーインバーターのおすすめ人気ランキング7選

第7位

LST

200Wカーインバーター(ブラック)

価格:2,686円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセントとUSB同時使用が可能!シガーソケットに固定するタイプ

こちらは、定格出力200Wに対応しており、コンセントとUSBポートが同時に使えるカーインバーターとなっています。コンセントの差し口は2口、USBの指し口は4口。コンパクトな設計となっており、シガーソケットに固定したまま使えるタイプです。冷却ファンも付いているため、安全に使えます。

 

200Wは少し小さいようにも感じますが、これだけでスマホは何台か接続できるでしょう。冷却ファンの音は少し気になりますが、熱を排出するためには仕方のないこととして割り切ることができます。サイズが小さいため、どんな車でも使えますよ。

定格出力200W入力電圧DC12V
瞬間最大出力250W本体サイズ15 x 7.8cm
コンセント口数2口USB口数4口
第6位

セルスター(CELLSTAR)

パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12V

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

待機電力の消費が少ない!150Wのカーインバーター

こちらは、定格出力150Wのカーインバーターです。100Wのよりも定格出力が多少大きいことで、余裕を持って消費電力の大きな製品を使うことができます。最大出力を超えたり、温度が75度以上になると、強制的に電源を切る仕様となっており、安全性にも配慮されています。

 

あまりにも消費電力が大きいと使えないものもありますが、待機電力の消費も少ない製品となっており、電力消費を抑えたい人にもおすすめです。作りも頑丈なため、とても扱いやすい製品となっています。

定格出力150W入力電圧12V
瞬間最大出力300W本体サイズ12.2 x 7.9 x 4.1 cm
コンセント口数1口USB口数
第5位

Foval

カーインバーター

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数製品を同時使用!定格出力も200Wで幅広く使える

このカーインバーターは200Wという定格出力となっており、使える製品の幅もぐんと広がります。USBポートは4つ、コンセントは2つと同時使用の幅もかなり広く、スマホや音楽プレイヤーなどを自動時に充電したい方にもおすすめです。

 

耐久性や静音性も高く、コンパクトな設計のため場所を取りません。また、内臓ヒューズの保護装置により安全に使用が可能となっています。ただ、安全のために、合計の消費電力は180Wは超えないように使っていきたいところです。

定格出力200W入力電圧12V
瞬間最大出力本体サイズ12 x 8 x 3.6 cm
コンセント口数2口USB口数4口
第4位

ベステック(Bestek)

純正弦波 カーインバーター MRZ3010HU

価格:5,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車載冷蔵庫も使える!安心の300W

コンセント2口、USBポート2口がついており、300Wの定格出力を持つカーインバーターです。これさえあれば、長期の旅行でも十分です。車載冷蔵庫の使用も可能となっており、夏の旅行にも大活躍の製品です。

 

大抵の製品であれば、消費電力を気にすることなく使えますので、車内で電気をよく使う人におすすめです。旅行や車中泊、毎日の出勤でもとても役立ってくれるカーインバーターとなっています。

定格出力300W入力電圧12V
瞬間最大出力380W本体サイズ16×9.8×5.7 cm
コンセント口数2口USB口数2口
第3位

バル(BAL)

3WAY正弦波インバーター 400W No1787

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正弦波によりあらゆる製品に使えるカーインバーター

こちらは、定格出力400Wということもあり、かなり幅広い製品に対して使用できるカーインバーターとなっています。ただし、400Wという定格出力はキャンプなどのアウトドアには少し足りないかと思われます。電気ケトルなどを使うなら、上でも紹介したような2000W以上のカーインバーターを使うようにしましょう。

 

ただし、このカーインバーターは正弦波を使用しており、精密な波形を必要とする製品に安心して使うことができます。品質のとても良いカーインバーターです。

定格出力400W入力電圧12V
瞬間最大出力800W本体サイズ18 x 14.2 x 5 cm
コンセント口数2口USB口数2口
第2位

ArjanDio

カーインバーター ARD-401

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト設計で狭い場所でも!複数同時充電可能

日本メーカーの正規販売店で販売しているカーインバーターです。こちらは定格出力150W の製品となっており、デバイスを自動で検知してくれるAUTO USBシステムを搭載しているため、接続すれば常にフルスピードで充電が可能です。コンセントは1口とUSBポートが2口付いているため、同時使用も十分に可能となっており、車中泊などをする方におすすめです。

 

冷却ファンが付いており、しっかりと熱をとってくれますし、コンパクトな設計のため、小さな車にも簡単に置けます。ノートPC、スマホ、音楽プレイヤーを同時に充電したい方にもおすすめなカーインバーターとなっています。

定格出力150W入力電圧12V
瞬間最大出力300W本体サイズ8.5×6.5×4 cm
コンセント口数1口USB口数2口
第1位

ベステック(Bestek)

カーインバーター 300W MRI3010BU

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な評価で大人気なカーインバーター!

こちらは、Amazonで圧倒的な評価を誇っているカーインバーターです。500件以上の評価を獲得しており、購入者の多さが伺えます。スペックとしては、定格出力300Wとなっており、あらゆる製品に安心して使えます。

 

コンセント2口とUSBポート2口という点も魅力的な製品です。スマホの充電を車内で頻繁にする方にもおすすめですし、コンセントに家電をは仕込みたい方にもおすすめとなっています。デザインも洗練されており、価格も安定しているので、ぜひ手にとっていただきたいカーインバーターとなっています。

定格出力300W入力電圧12V
瞬間最大出力- 本体サイズ12 x 7.8 x 4.6 cm
コンセント口数2口USB口数2口

カーインバーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167683の画像

    ベステック(Bestek)

  • 2
    アイテムID:5167677の画像

    ArjanDio

  • 3
    アイテムID:5167681の画像

    バル(BAL)

  • 4
    アイテムID:5167680の画像

    ベステック(Bestek)

  • 5
    アイテムID:5167676の画像

    Foval

  • 6
    アイテムID:5167675の画像

    セルスター(CELLSTAR)

  • 7
    アイテムID:5167673の画像

    LST

  • 商品名
  • カーインバーター 300W MRI3010BU
  • カーインバーター ARD-401
  • 3WAY正弦波インバーター 400W No1787
  • 純正弦波 カーインバーター MRZ3010HU
  • カーインバーター
  • パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12V
  • 200Wカーインバーター(ブラック)
  • 特徴
  • 圧倒的な評価で大人気なカーインバーター!
  • コンパクト設計で狭い場所でも!複数同時充電可能
  • 正弦波によりあらゆる製品に使えるカーインバーター
  • 車載冷蔵庫も使える!安心の300W
  • 複数製品を同時使用!定格出力も200Wで幅広く使える
  • 待機電力の消費が少ない!150Wのカーインバーター
  • コンセントとUSB同時使用が可能!シガーソケットに固定するタイプ
  • 価格
  • 3280円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 5680円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 2686円(税込)
  • 定格出力
  • 300W
  • 150W
  • 400W
  • 300W
  • 200W
  • 150W
  • 200W
  • 入力電圧
  • 12V
  • 12V
  • 12V
  • 12V
  • 12V
  • 12V
  • DC12V
  • 瞬間最大出力
  • -
  • 300W
  • 800W
  • 380W
  • 300W
  • 250W
  • 本体サイズ
  • 12 x 7.8 x 4.6 cm
  • 8.5×6.5×4 cm
  • 18 x 14.2 x 5 cm
  • 16×9.8×5.7 cm
  • 12 x 8 x 3.6 cm
  • 12.2 x 7.9 x 4.1 cm
  • 15 x 7.8cm
  • コンセント口数
  • 2口
  • 1口
  • 2口
  • 2口
  • 2口
  • 1口
  • 2口
  • USB口数
  • 2口
  • 2口
  • 2口
  • 2口
  • 4口
  • 4口

〈1000W・2000W・3000W〉のカーインバーターおすすめ3選

第3位

バル(BAL)

DC/ACインバーター

価格:33,858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアで大活躍の3000Wカーインバーター!

定格出力が3000Wとなっており、カーインバーターの中でもかなり大きな物となっています。価格もそれなりに高価なため、使用目的に沿って購入を検討してみてください。例えば、アウトドアで多数の家電製品を同時に使用するなら、この製品は大活躍すること間違いなしです。

 

コンセント4口、USBポート2口となっており、かなり多くの製品を同時使用可能となっています。ただ、こちらを使用する場合、それなりに消費電力の大きな家電製品を使うと思いますので、合計の消費電力には十分計算した上で使うようにしてみてください。車に接続する際もバッテリーに直接接続するタイプということもご留意ください。

定格出力3000W入力電圧12V
瞬間最大出力本体サイズ
コンセント口数4口USB口数2口
第2位

ベステック(Bestek)

インバーター 1000W MRI10010-JP

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定格出力1000Wで長期の旅行や車中泊に最適!

定格出力が1000Wとなっているため、長期間のドライブでの旅行におすすめです。1000Wまでのドライヤーも使えるため、車中泊をする際にも便利です。その他、アウトドア、釣り、キャンプ、災害時など、あらゆる場面で活躍してくれます。

 

本体はアルミ製の素材を使用しており、耐久性も高く、見た目からも品質の良さが伝わってきます。保護回路も6つの機能を有しており、安全性にも配慮された製品となっています。自動車のバッテリーから直接電源を持ってくるため、大容量の電源を確保することができます。

定格出力1000W入力電圧12V
瞬間最大出力- コンセント口数2口
USB口数- 本体サイズ24×12×7cm
第1位

IpowerBingo

インバーター 正弦波

価格:26,998円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2000Wで安心!アウトドアや車中泊におすすめ

上で上げた3000Wよりもやや小さめの2000Wのカーインバーターです。価格も少し低くなっており、この出力で事足りる方はこちらがおすすめです。正弦波のため、精密な機器にも使うことができ、電気ケトルを使用したい場合も2000Wあれば十分使用可能です。車中泊やアウトドアの際にもしっかりと活躍してくれます。

 

2000Wでこの価格、さらに品質も大変良いため、定格出力の大きなカーインバーターの購入を考えている方はこちらの購入がおすすめとなっています。

定格出力2000W入力電圧12V
瞬間最大出力4000W本体サイズ
コンセント口数3口USB口数

〈1000W・2000W・3000W〉のカーインバーターおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167679の画像

    IpowerBingo

  • 2
    アイテムID:5167682の画像

    ベステック(Bestek)

  • 3
    アイテムID:5167678の画像

    バル(BAL)

  • 商品名
  • インバーター 正弦波
  • インバーター 1000W MRI10010-JP
  • DC/ACインバーター
  • 特徴
  • 2000Wで安心!アウトドアや車中泊におすすめ
  • 定格出力1000Wで長期の旅行や車中泊に最適!
  • アウトドアで大活躍の3000Wカーインバーター!
  • 価格
  • 26998円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 33858円(税込)
  • 定格出力
  • 2000W
  • 1000W
  • 3000W
  • 入力電圧
  • 12V
  • 12V
  • 12V
  • 瞬間最大出力
  • 4000W
  • -
  • 本体サイズ
  • 24×12×7cm
  • コンセント口数
  • 3口
  • 2口
  • 4口
  • USB口数
  • -
  • 2口

カーインバーターの注意点

カーインバーターで注意すべきポイントは「正弦波」「矩形波」という2つの波形です。家庭用交流電源は規則的な波形の正弦波です。そのため矩形波のカーインバーターだと一部の製品に使用できないことがあります。

 

ゲーム機やスマートフォンなどの充電は矩形波でもできますが、炊飯器やテレビ、精密機器などの家電製品を使用したい場合は商品に対応した波形をチェックしておきましょう。

 

おすすめのカーインバーターで車内をもっと快適に過ごそう!

今回は、おすすめのカーインバーター人気ランキング10選を紹介していきました。定格出力をまずは一番に見て選ぶようにしてみてください。ご自身の使用目的と使用する製品の消費電力をよく確認して、満足できる1台を見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ