記事ID132841のサムネイル画像

【2019年最新版】カーボンシート人気おすすめランキング10選

我々の車のボンネットに張り付けるカーボンシート。実はカーボンシートにも様々な種類・効果・特徴等があり購入に悩まれている方も多いようです。そこで今回はそんなカーボンシートの選び方や人気商品のおすすめランキング10選を紹介します!

カーボンシートとは?

カーボンシートの選び方の詳細やおすすめランキングを紹介する前に、カーボンシートとは何かを説明します。カーボンシートとは車のボンネット部分に張り付ける汚れや傷などから守る働きをしてくれるだけでなく、デザイン性のある商品も販売されているのです

 

そんな自身の運転する大切な車に、カーボンシートを貼りつけたくて購入する際に悩まれる方も沢山いらっしゃいます。そこで今回はカーボンシートの選び方の詳細や人気商品を「おすすめランキング10選」と題して、ランキング形式で紹介します。この記事を最後まで読めば、あなたに合うおすすめのカーボンシートの商品が見つかりますよ!

カーボンシートの選び方

カーボンシートを購入する際に注意したいのは選び方です。カーボンシートには種類があり、我々の使用用途で使うカーボンシートも変わってくるので知識を知ったうえで購入するようにしましょう!

艶で選ぶ

カーボンシートには我々のより好みに合わせた艶に細分化されています。自身の好みの艶の種類を知ったうえで購入しましょう!

3Dを選ぶ

まず最初に紹介するカーボンシートの艶の種類は3Dです。3Dは表面保護シートと呼ばれる汚れをカーボンシート本体から守ってくれる素材が付いていない艶なしマットタイプで、艶が無いことでカーボンの柄が均等に見えるのが特徴となっています。

 

さらに3Dのカーボンシートは施工時についてしまう切り傷や汚れなどにも強く、経験者だけでなく初心者にも安心して貼りつけることが出来るおすすめの艶のタイプなのです。表面保護シートが付いていない分、耐久性に欠けるデメリットもあります。

4Dを選ぶ

次に紹介するカーボンシートの艶の種類は4Dです。4Dは3Dのカーボンシートと同様に表面保護シートが付いていないため汚れをカーボンシート本体から守ってくれませんが、艶がありカーボンの柄が滑らかに見えるのが特徴となっています。

 

ですが4Dのカーボンシートは3Dのカーボンシートとは違い、表面保護シートが無い分施工中に擦り傷が付いてしまうというデメリットが存在するので上級者向けの艶のタイプです。購入の際には注意しましょう!

5Dを選ぶ

最後に紹介するカーボンシートの艶の種類は5Dです。5Dは4Dのカーボンシートよりもさらに艶を出し、表面保護シートを搭載したことで汚れにも強く施工時の傷にも強いことが特徴となっていることから多くの方におすすめしたい艶のタイプとなっています。

 

ですが5Dのカーボンシートには艶が増し多分と表面保護シートが備わってある分とで厚みが増しているため、施工時の表面保護シートをはがす際に手間がかかってしまうデメリットが存在するので購入の際には注意が必要です。

素材で選ぶ

カーボンシートにはカーボンに含まれる素材にも種類があり、我々の車に施工した際に効果が生まれる種類が違ってきます。素材の種類を知ったうえで自分に合うカーボンシートを選びましょう!

ドライを選ぶ

まず最初に紹介するカーボンシートの素材の種類はドライです。ドライは手作業で規定の型にカーボンクロスをいくつもの層で貼っている作りで、高熱で作られていることから耐熱性に優れているのが特徴となっています。

 

ですがドライの素材で作られたカーボンシートは高性能であることからレース車・飛行機内のシートなどの製造設備や材料費などの手間がかかる分野での採用が多く、生産コストが非常に高いというデメリットが存在するため一般的にはあまり出回っていません。

ウェットを選ぶ

次に紹介するカーボンシートの素材の種類はウェットです。ウェットは我々が目にする車用のカーボンシートの殆どで採用されている素材の種類となっていて、ドライ素材のカーボンシートとは違って生産コストが低く抑えられることで非常に安価に販売できるのが特徴となっています。

 

さらに近年ではウェット素材を使用したカーボンシートがドライ素材に引きを取らないデザイン性のものも多いことから、多くの方に愛用され始めている素材なのです。

 

ですがウェット素材のカーボンシートはドライ素材のカーボンシートよりも重量が重く、強度に劣る部分があります。

カーボンシートに使う道具を選ぶ

カーボンシートを施工する際に重要な一つとして、カーボンシート以外のその他の道具もおすすめしたいものがいくつかあります。よりしっかりとしたカーボンシートを製作するためにも下記の道具を用意することをおすすめします!

スリムカッターナイフ

まず最初に紹介するカーボンシートの施工時におすすめしたい道具はスリムカッターナイフです。カーボンシートを車に貼りつける際に最も重要な道具はカッターナイフで、各家庭に必ず一つはある事から誰にでも用意することは可能となっています。

 

また多くの家庭にあるカッターナイフはL型と呼ばれる太いサイズで刃の角度が45度のものが多いですが、カーボンシートの施工時に用意していただきたいカッターは、A型の細いものを。そして刃の角度は刃先が30度のものを準備するのが理想です。

フェルト付スキージー

次に紹介するカーボンシートの施工時におすすめしたい道具はフェルト付スキージーです。フェルト付スキージーとは車のカーボンシートを貼る際に使うヘラのようなもので、シートと車の間の空気を逃がす重要な役割も持っています。

 

フェルト付スキージーは市販に売られているものでは様々な形がありますが、スキージーの片面にフェルトと呼ばれる接触部分が傷つかないように保護してくれるものの購入をおすすめします。また、本体はプラスチック製品がおすすめです。

カーラッピング手袋

次に紹介するカーボンシートの施工時におすすめしたい道具はカーラッピング手袋です。カーボンシートの施工は素手で行う事も可能ですが、カーラッピング手袋をつけることで車とカーボンシートとの間に発生する静電気を防止してくれる働きを持っています。

 

さらに手垢が付かないことはもちろん、カーラッピング手袋は手袋の繊維も付着することなくカーボンシートの施工が行えるのです。そしてカーボンシートの施工の際にはヒートガンの熱もあり、フィルムが高温になってしまうため素手では火傷の危険性があるのでカーラッピング手袋を着用しての作業をおすすめします。

ヒートガン

最後に紹介するカーボンシートの施工時におすすめしたい道具はヒートガンです。カーボンシートの施工の際に、そのままでは貼りにくい部分がある場合があります。その際に必須になる道具として、先ほど少し紹介したヒートガンが必要になってくるのです。

 

ヒートガンは、カーボンシートでそのまま貼りにくい湾曲した部分をカーボンシートの「熱が加わることで伸びる性質」を利用して貼りつけていくのです。このことから、カーボンシートを加熱する役割として必須であるのがヒートガンとなっています。

貼る場所で選ぶ

カーボンシートは貼る場所によってもおすすめしたい種類が違ってきます。自身がどこに貼りたいのかを把握し、その箇所に合うカーボンシートを選ぶように心がけましょう!

外側に貼る

まず最初に紹介する貼り方は外側に貼るタイプです。外側に貼るタイプには「ダイノックシート」と呼ばれる装飾シートがおすすめであり、自然配色やアニメキャラクターなどの印刷シートが使われているのが特徴となっています。

 

また車のシートとして起用されている「ダイノックシート」は車の装飾だけでなくキッチン壁や家の壁紙などにも使用されているほど使い勝手が良く、簡単に自身の好みの装飾にしてくれるメリットがあるのです。

内側に貼る

次に紹介する貼り方は車の車内の内側に貼るタイプです。車内の内側に貼るシートには「スコッチカルシート」と呼ばれる「ダイノックシート」よりも薄いシートが採用される場合が多く、主に車の装飾以外でも建築用資材などでの水平のみの貼り付けを前提としたシートであるのが特徴となっています。

 

さらに「スコッチカルシート」は車のインパネ周りにも貼られることが多く、「ダイノックシート」よりも比較的安価な予算で購入することが出来るメリットをもっているのです!

【傷などに強い!】カーボンシートおすすめ人気ランキング10選

第10位

DragonOne

5DCARBORN3060

価格:2,199円(税込)

amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて貼りやすくデザイン性が高いおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは有害な光をろ過させ、車の塗料へのUVダメージや光沢と耐久性を保護できる商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは口コミで、ドライヤーなどの熱を加えなくてもカーボンシートが伸縮することが便利な点や艶のあるデザインの表面が気に入っていて薄くて貼りやすかった点などで多くの高評価を得ています。薄くて貼りやすいことから、初心者の方にもおすすめしたい商品となっています!

タイプ5D素材ウェット
重量499gブラック
サイズ60cm x 200cm
第9位

ホークスアイ(HAWK's EYE)

HE0204

価格:679円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなカーボン調の貼りやすいおすすめカーボンシート

このカーボンシートはより本物に近い光沢感や貼りやすさなどを追及し、耐久性のある3Dカーボンファイバー柄の商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは購入者から口コミで、電気ヒーターなどで温めて貼り付けを行う際も両手で簡単に貼り付けすることが出来たことやカーボン調の質感が非常に良くて伸びやすい点等の高い評価をえているのです。デザイン性もとてもおしゃれで光沢があるので、黒い車にカーボンシートを貼りたい方にはかなりおすすめの商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量122gブラック
サイズ152×30cm
第8位

ホークスアイ(HAWK's EYE)

HE0170

価格:990円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から経験者まで貼りやすさに高評価を得ているカーボンシート

このカーボンシートは9位のカーボンシートのサイズ違いで、同じようにより本物に近い光沢感や貼りやすさなどを追及し、耐久性のある3Dカーボンファイバー柄の商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは口コミで、とても貼りやすく伸びがいい点や部分的なカットをする際もとても切りやすくて貼りやすい点等で高く評価されているのです。初心者からカットして貼る上級者の方まで幅広くおすすめできる商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量168gブラック
サイズ 152×40cm
第7位

Qiilu

QL04391

価格:1,099円(税込)

amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

貼りやすくて高級感のあるデザインがおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは車の扉部分の敷居を汚れや傷から守ることが出来る炭酸繊維で作られている商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは口コミでも、貼り付けた際の見た目もカーボン調であることでとても高級感がある点や手軽な値段で簡単に貼り付けが可能である点等高く評価されているのです。初心者でも簡単に貼り付けが可能となっていますので、車の扉部分に貼りたい方にはおすすめとなっています!

タイプ3D素材ウェット
重量81.6gdefault
サイズ60 ×6.8cm
第6位

株式会社タロウワークス

04-B73W-146N

価格:680円(税込)

amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能抜群の貼りやすいおすすめカーボンシート

このカーボンシートは貼り付けた際の粘着力や耐久性などメーカー独自に編み出した製造法で高品質を実現し、通気性抜群でとても貼りやすい商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは口コミでも、粘着力もしっかりとしていて貼り付け後の模様の質感が良く見える点やドライヤーで温めた後に貼ることでさらに伸縮しやすく綺麗に晴れる点などが高く評価されているのです。高品質であることから、性能を求めて貼り付けたい方にはかなりおすすめの商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量150gシルバー
サイズ152cm×30cm
第5位

株式会社タロウワークス

B00GRZKLSI

価格:680円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用用途が自由に選べるおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは6位のカーボンシートの色違いであり、同様に貼り付けた際の粘着力や耐久性などメーカー独自に編み出した製造法で高品質を実現し、通気性抜群でとても貼りやすい商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは口コミで、低価格でありながら張り直しも簡単にできる点や車だけでなくパソコンの天板に貼りつけている方もいて指紋や傷防止として使用しているといった意見がありました。様々な場面で活躍できることから、傷や汚れが気になる方はこの商品を購入することをおすすめします!

タイプ3D素材ウェット
重量136gレッド
サイズ152cm×30cm
第4位

Smilemall

Slm120138-bk

価格:369円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用用途が自由に選べるおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは自動車以外にも使用できるメーカーが徹底したリアルに製造されている3Dカーボンファイバーで、伸縮性などの品質にも優れている商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは購入者から、雨や雪などでも耐えれるグレードが一般のカーボンシートよりも上がっている点やカーブしている面でも綺麗に貼れて伸縮性も抜群である点で高評価を得ているのです。耐性も強いことから、寒冷地にお住まいの方などにもおすすめの商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量130gブラック
サイズ152cm × 30cm
第3位

DragonOne

5DCARBORN3060

価格:2,199円(税込)

amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者も確実に貼れるおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは10位のカーボンシートのサイズが違う仕様で、有害な光をろ過させ、車の塗料へのUVダメージや光沢と耐久性を保護できる商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは購入者から、車の表面のクリア部分も剥がれることなく素人でも簡単に貼れる点や伸びが良いのでドライヤーで温めなくてもしっかり局面に貼れる点等で高い評価を得ているのです。この事から、初心者の方にも安心しておすすめできる商品であることは間違いありません!

タイプ5D素材ウェット
重量249gブラック
サイズ30cm x 200cm
第2位

株式会社タロウワークス

KZ-6O1W-IAON

価格:680円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な色がある貼りやすいおすすめのカーボンシート

このカーボンシートは6位のカーボンシートと4位のカーボンシートのサイズと長さが違うタイプで、同様に貼り付けた際の粘着力や耐久性などメーカー独自に編み出した製造法で高品質を実現し、通気性抜群でとても貼りやすい商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは購入者から、貼りつけ後に高級感がある仕上がりになる点や張り付けやすい素材で出来ていることで素人でも簡単に貼れる点などで高い評価を得ているのです。品質も高くカラーバリエーションも豊富であることから、カーボンシートの購入で悩まれている方には是非ともおすすめしたい商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量159gブラック
サイズ152cm×30cm
第1位

ホークスアイ(HAWK's EYE)

HE-0020

価格:598円(税込)

amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱・防水・柔軟・耐久の4つに優れた最強のおすすめカーボンシート

このカーボンシートは業務用としてメーカーから販売されており、耐熱性・防水性などに優れた商品となっています。

 

さらにこのカーボンシートは購入者から、設置後に時間が経過しても雨風で剥げることもなく熱で溶けることもない点や価格も安くてコストパフォーマンス以上の性能を持っているにが満足である点等最も多くの方から高評価を得ているのです。耐熱・防水・柔軟・耐久の4つの耐性を持っていることから、長年使用し続けたい方や貼り替えが面倒であるという方にはおすすめの商品となっています!

タイプ3D素材ウェット
重量118gブラック
サイズ152cm×30cm

【車を守れる!】おすすめのカーボンシート

ここまでカーボンシートの選び方やおすすめランキング10選の紹介をしてきましたが購入の参考になられたでしょうか?カーボンシートはただのカーボン調でできたシートではなく、素材などによって我々の走行にも様々な効果を与えてくれるのです

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ