カーバッテリーの人気おすすめランキング15選【バッテリーはどこのメーカーがいい?】

カーバッテリーは種類が多く、バッテリーはどこのメーカーがいいか難しいですよね。性能ランクを知っていると自分に最適なカーバッテリーを選びやすいです。そこで今回は、カーバッテリーの役割や交換の目安、選び方・おすすめ商品をランキング形式で紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

バッテリーとは?役割や交換時期の目安

ガソリンなどの燃料には気を配っていても、バッテリーを気にしている人は多くありません。車にはさまざまな電子部品が搭載されています。そのひとつひとつに電力を供給しているのがバッテリーです。このバッテリーがないとエンジンの始動すらできません

 

バッテリーは消耗品なので、バッテリー液を補充していれば大丈夫という考えは誤りです。一般的には2~3年が交換の目安とされています。カーバッテリーの性能ランクを把握していれば、バッテリーはどこのメーカーがいいかの目安にもなります。

 

そこで今回はカーバッテリーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。この記事の最後にはバッテリーの交換方法も紹介しています。こちらも確認して、効果的に使えるようにしましょう。

バッテリーの選び方

たまにしか交換しないバッテリーの選び方は意外と知られていません。ここではバッテリーの選び方を詳しく解説します。是非バッテリー選びの参考にしてみてください。

バッテリーの規格を確認する

バッテリーを選ぶときにまず確認しなければならないのは価格や性能などではありません。それは自家用車のバッテリー本体に記載されている規格です。

はじめに「規格の種類」をしっかりと確認する

規格は実のところ1種類では収まりません。その理由はバッテリーをはじめ車は日本車、日本製品のみでないからです。例えば日本工業規格のJISが管理している日本製のバッテリーの上面のラベルには短側面のサイズ、長側面のサイズ、端子の位置や性能ランクに至ることが分かります。

 

しかし輸入車に対応する海外製品のバッテリーは少し様子が異なります。例を挙げるとDIS。ドイツ工業規格に管理されているバッテリーのラベルに記載されている規格は、バッテリーの種類、20時間率容量、シリアルナンバーを把握できるという風に記載情報が異なることが分かると思います。

選ぶポイントは、「サイズ」・「容量」・「端子の向き」そして「性能ランク」

日本工業規格によって定められている規格は英字と数字を合わせて6桁あります。まずは左端の2桁から説明していきます。左端の2桁は性能ランクを表していて50以下は2つ刻みでさがり50以上は5つ刻みで上昇していきます。

 

その横のバッテリーサイズを表す記号を表していて全3段階です。A,B,Cの3段階でCが最も大きく、Aが最も小さい並びです。その横の数字2桁はバッテリーの長さを表しています。最後の英字は、端子が右(R)、左(L)のどちらかに存在するのかを表しています。

 

バッテリーを選ぶときは基本的に左端の英字とその横の数字2桁が同じ製品を選ぶことで自家用車の車に適するバッテリーを見つけられると思います

車両に適したバッテリーを選ぶ

最近の車は省エネ性能が向上しました。ハイブリッド車や、アイドリングストップ車、充電制御システム車など、車の機能によってバッテリーの使い方も様々に変化してきています。

「ハイブリッド車」には専用バッテリーが必要

ハイブリッド車には2つのバッテリーがついています。一つは高電圧で車を駆動させるための「メインバッテリー」。もう一つは、ハイブリッドシステムを起動させるための「補機用バッテリー」です。

 

このバッテリーが上がってしまうとエンジンはおろか、パーキングブレーキの解除もできなくなってしまいます。また、補機用バッテリーは、エンジンルームではなく室内に設置されるためバッテリーから発生するガスを車外に排出する構造が必要となります

 

このためハイブリッド車は、ほかのバッテリーで代用はできません。ブリッド車専用のバッテリーであることが必須条件となります。ハイブリッド車専用のバッテリーを選んでください。

「アイドリングストップ車」にも専用バッテリーが必要

アイドリングストップ車は、始動とストップを頻繁に繰り返すため、何度もエンジン始動のために大きな力でセルモーターを回さねばならず、大電流の放電を繰り返し、バッテリーにとっては非常に過酷な使用条件を強いられます。

 

したがって、放電の後、速やかに充電できるような性能が求められます。普通のバッテリーとは全く違った内部構造となっているので、区別するため、電池工業会規格(SBA)で新たな型式表示が規定されました。

 

これがアイドリングストップ車用専用の型式表示です。この型式表示がされていれば、アイドリングストップ車用であることが一目でわかります。ぜひ専用のバッテリーを使いましょう。

最近よく見かける「充電制御車」にも専用バッテリーを

最近発売される車のほとんどは、「エコカー」になりました。リアウインドウなどにこのようなステッカーが貼ってあるのをよく見かけます。車検証を見た時に、「車両形式」が「DBA」や「CBA]で始まっていれば充電制御車である可能性が高いです。

 

これら充電制御車は、燃費節約のために、バッテリーが十分に充電されているときは、オルタネーターを回すのをやめるという機能が備わっています。充電する必要のないとき、発電機を回すためのエンジン稼働は燃料のムダなのでしない、という考え方です。

 

ところが、この機能がついている車のバッテリーは、発電機のON・OFFが繰り返されるために、普通のバッテリーでは、いつもの普通の運転だけでは十分に充電ができない可能性があります。充電制御車には専用バッテリー選んでください。

「価格」で選ぶ際は使用する環境に合った性能のカーバッテリーを

バッテリーを購入する際に気になるのはやはり価格ですね。でも、バッテリーが上がってしまったときや交換時期が差し迫った状況になると、あせって近くのガソリンスタンドなどで高価格でバッテリーを購入してしまうことがあります。

 

バッテリーは価格が上がれば上がるほど使用年数が長くなったりする良い面があると思われている方々もいますが、実のところ使用年数は低価格のものでも高価格のものであってもそこまで差がないということが明らかになっています。

 

雪国や気温差が激しい地域など、使用年数以外の細かい性能の部分にこだわる必要がある場合は、エンジン始動のサポートのために高価格のものを買うことをおすすめしますが、そうでないなら低価格のものを複数個購入しストックしておく方が賢明です

「保障年数」は自分にとって使いやすい期間を

バッテリーの保証期間は、大きく分けると2年保証と3年保証があります。使い方にもよりますが高性能のバッテリー、いわゆる高価格のバッテリーを買えば3~4年また5年持つこともありますが、そのくらい使えばあとどのくらい持つのか不透明になります。

 

おすすめとしては3年保証の商品を購入するのがおすすめです。2年だと1年ちょっとで交換ということもありますし、それなら3年交換のものを購入して車検ごとに交換することがベストです。

カーバッテリーに不安を覚えたら「原産国」もチェック

基本的に原産国を確認せずともさきほど紹介した規格の確認をしていただければ自家用車に対応するバッテリーを見つけることは可能です。しかしこの規格の確認に不安があるという方にとっては本当にバッテリーが対応しているのか不安になると思います。

 

そういう時は原産国や国産車対応などをパッケージに書かれている補助的な表記から確認することが大事です。不安がある方はこちらを確認してください。

信頼できるメーカーから選ぶ

カーバッテリーの購入にあたっては、信頼できるメーカーのものを選ぶのがおすすめです。ネットで購入する際などは、ぜひ参考にしてみてください。

国内最強とも名高い人気の「GS ユアサ」

自動車・二輪車用の鉛蓄電池で国内のシェアはトップ、世界でも第2位のシェアを占める、バッテリーの老舗ブランドです。性能や品質は折り紙付きです。自動車用でも自家用のみならず、業務用車両や建機・農機用のバッテリーも取り扱っている、国内最強と呼び声高い人気のメーカーです。

コスパを求めるなら「アトラス」

世界110カ国の信頼を持つ韓国電池が製造している、バッテリー専門メーカーです。コストパフォーマンスがよく、口コミも高評価です。元はバッテリー心臓部である「極板」を修理販売会社だったので、極板の性能に非常にこだわりを持ったメーカーです。

売れ筋ランキング上位なら「パナソニック」

パナソニックのブルーバッテリーは、自動車SNSみんカラの「パーツ・オブ・ザ・イヤー2015 上半期」で口コミ評価数第1位に選出されました。価格ドットコムの売れ筋ランキングでも上位を独占する人気商品です。

耐久性を求めるなら「BOSCH」

「ボッシュ」は、厳しい条件のヨーロッパで採用されているほど、徹底的に「長持ち」「耐久性」にこだわったバッテリーメーカーです。メンテナンスフリー、3年走行距離無制限などの長期補償がつく商品です。日本で販売されているバッテリーの製造国は韓国です。

世界で使われているブランドを求めるなら「AC デルコ」

世界中で使われているアメリカの自動車部品ブランドです。とくに、世界に先駆けてメンテナンスフリーのバッテリーを開発し、常に一歩進んだテクノロジーを投入し続けているそうです。トヨタ車やスバル車の純正バッテリーとして採用されています。

日産車の純正バッテリーなら「HITACHI」

HITACHIは日立製作所のグループ会社である昭和電工マテリアルズ(旧:日立化成)のメーカーです。国産メーカー内では比較的低価格のバッテリーを取り扱っています。日産車の純正バッテリーとして採用されていますので、低価格でも品質は安心です。

バッテリーは「どこのメーカー」がいいのか

上記でも様々なメーカーを紹介してきましたが、バッテリーはどこのメーカーがいいか難しい問題です。メーカーも大切ですが、まずは上記でも紹介しているように自分が乗っている車の規格に合うバッテリーから選ぶことが大切です。

 

その上で、自分が気に入ったメーカーの商品を選ぶようにしましょう。どうしても悩んでしまうといった方は、プロの方に聞いてみるのもおすすめです。

カーバッテリーの人気おすすめランキング15選

1位

パナソニック(Panasonic)

国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-100D23L/C7

独自技術により軽量化に成功した国内最強のバッテリー

おすすめのバッテリーランキングの第4位は大手メーカーのパナソニックより発売されているバッテリーのN-100D23Lです。こちらのバッテリーも新パワフルペーストを採用していて負極坂に使用されている添加剤比率を最適化しています。

 

またバッテリーにはMFシルバー合金を採用しており長寿命を実現化しています。軽量化の最高水準もパナソニック独自の軽量化技術によるグリッドの薄型化にも成功がそれを可能にしています。

 

それだけではなくなんとカーオーディオの音質が変化するという機能も備わっています。なぜならこのバッテリーから流れる繊細な電流がクリアな音質を可能にしておりさらに安定した電圧を再現しています。メーカーによる製品保証は3年間となっています。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

とてもオススメだと思いますよ良い商品だと思います。ヴェルファイアに装着。ディーラーと同じ品物であちらと比べ半額以下でした。工賃を追加されても損は無いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-60B19L/C7

あらゆる面で最高性能にして低価格

パナソニックの独自技術で高速充電性能を大幅に向上させ、さらに、多くの電気を蓄えられるようになり、大容量化が実現されています。そして画期的な内部構造設計で、大容量化を実現しています。

 

おどろくべきは、カーオーディオの音質が変わることです。繊細な電流供給で「クリアな音質」、安定した電圧を維持することで「安定した音質」が再現されます。液減りも従来品に比べて少なくなりました。

 

さらに、グリッドの薄型化に成功し、無駄な鉛を使用せず、軽量化に成功し、「MFシルバー合金」を採用で、長寿命まで実現しています。距離条件なしの製品保証 3年保証付き。ほぼ完ぺきといえるバッテリーです。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

2年半前に買ったカオス60B19Lをもう一度取り付けたところ、なんの問題もなくエンジンがスタートし、バッテリーはほぼ劣化していないかのように使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ボッシュ(BOSCH)

国産車 充電制御車バッテリー PSR-55B24L

安全性も飛躍的に向上した人気の液栓タイプのバッテリー

こちらのバッテリーも基本スペックを継承しつつメンテナンス性を向上させたカルシウムバッテリー、液栓付タイプです。

 

液栓タイプなのでメンテナンスフリーです。さらに耐久性や電極性に優れている圧延エキスパンドカルシウム鉛合金を採用しています。これにより安定した充電受入可能です。また防爆フィルターもしっかり内蔵していて安全性も抜群です。

 

このバッテリーの製品保証は2年または5万キロメートルほどになっていて、このあたりが交換タイミングとなっています。

充電 可能 原産国 韓国

口コミを紹介

マツダデミオに使用、ぴったりです。純正品と同サイズで取り付けは簡単、先ずは安心しました。純正品には無いインジケータがありますのでこれもgoodです

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

パナソニック(Panasonic)

国産車バッテリー [ SBシリーズ ] N-40B19L

長持ちするバッテリーとして不動の人気を誇っている

こちらはパナソニックより発売されているバッテリーの40B19L-SBです。パナソニックという国内の電器機器産業の柱を担ってきた会社の商品というだけあってさまざま工夫が凝らされています。

 

まず1つ目がバッテリーの寿命を判定できるライフウィンクというユニットと接続することであとどのくらいバッテリーが持続するのかということが判別できます。3つの高性能判定のもと持続時間を判定できるのでとても信頼できる結果を期待できます。

 

バッテリーは耐腐食合金を採用し、腐食が抑制され火花が立たないよう工夫されていて、爆発事故が起こる可能性を排除する機能があります。また、カルシウム合金の採用で安定していますので、長く使っていただけると思います。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

初期充電は大切ですよデジカメ買ったらおうち帰ってからまずバッテリー充電しませんか?それと同じだと思うんだけどなぁ。充電器もそんなに高くないし、一つ持っておけば便利ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

GSユアサ(ジーエスユアサ)

国産車バッテリー [ ECO.R Revolution ] アイドリングストップ車対応 ER-M-42R/55B20R

耐久性が高く性能のバランスのとれたバッテリー

カーバッテリーおすすめランキング第5位にランクインしたのはユアサより発売中の55B20Rです。こちらのバッテリーもアイドリング車に対応しています。では細かい性能を今から説明していきます。

 

このバッテリーは素早いチャージを可能にしており、放電気味での使用を行っても大丈夫なように耐久性が向上しています。この機能がアイドリングストップによるバッテリー劣化を防いでくれます。

 

アイドリング車よりも負担の軽い通常車にバッテリーを乗せると過放電になるという現象にも対応しているので、通常車に搭載すれば圧倒的な長寿命を提供できるとメーカーも太鼓判を押す商品です。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

これは買うべし!すでに500キロ以上乗っていますが燃費が大幅に良くなりました。いい買い物が出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パナソニック(Panasonic)

国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-125D26L/C7

高速充電性能が大幅に上がっている間違いなく高性能のバッテリー

おすすめのバッテリーランキングの第6位にランクインしたのはこちらもパナソニックから発売されているバッテリーでN-125D26Lです。こちらのバッテリーはもちろん充電可能ですが、新パワフルペーストという機能を追加しています。

 

こちらの機能により負極坂に採用されている添加剤比率を最適化していることで高速充電性能が大幅に向上しています。さらにこちらの負極版は反応表面積の大きい低抵抗カーボンを採用して大容量化しています。

 

またパナソニックにより開発された独自の軽量化技術を採用しておりグリッドの薄型化を実現させていて無駄な鉛をしていません。製品保証は3年間に設定されていて距離条件は付いていませんが、心配ありません。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

セルモーターが元気に回ります。前回の取替えから約4年4か月、使用の限界ではありませんが、容量のアップを目的に、90D26L→125D26Lにしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ボッシュ(BOSCH)

PSバッテリー 国産車 充電制御車バッテリー PSR-40B19L

性能ランクも高い基本スペック以外も向上したバッテリー

こちらの商品は比較的ほかの商品と比べて低価格になっていますが、今までのラインナップから基本スペックを受け継ぎ、さらにメンテナンス性も大幅に向上しているカルシウムバッテリーです。

 

防爆フィルターにより外部のスパーク現象による引火爆発の徹底排除、さらに充電制御車にも対応しています。さらにプレミアムランクの極板格子を採用すること高い耐久性を維持しています。

 

この価格でこのくらいの機能が付けば充分ですが、メーカー保証も充実しています。2年間、もしくは5万kmです。2年間は標準的と言えますが、5万kmはあまり見ることないと思います。

充電 可能 原産国 韓国

口コミを紹介

お値段以上。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

8位

パナソニック(Panasonic)

国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3

アイドリングストップ車にも対応したバッテリー

自動車の排気ガス汚染が深刻化したことによって、アイドリングストップ機能が車に求めるようになりました。そのためバッテリーも頻繁に電源のオンオフを繰り返すことによる負荷に耐えられるアイドリングストップ機能が求められるようになりました。

 

こちらの商品は、アイドリングストップ機能をハイクオリティで実現させている商品です。極板の材料を改良することでアイドリングストップ車に求められる性能を保ちながら標準車に搭載することも可能にすることを実現し、高いシェアを誇っています。

 

標準車に搭載すると過充電が発生してバッテリーの劣化を早めてしまう可能性があります。メーカー保証の2年間もしくはオプション購入で約3年間保証されますが、アイドリングストップ車において使用されることを目安にしています。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

問題なく使えています。ネットでは もっと安価なバッテリーもありますが、有名メーカー品のこれを選びました。問題なく稼動しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ACDelco(エーシーデルコ)

マリン用ディープサイクルバッテリー 国産車 [ Voyager ] M27MF

大型車にも対応しているので様々な車種で使える

こちらのバッテリーは、主にマリンエンジンや大型バスボート用の電源だけでなく、バスフィッシング用のエレクトリックモーターにも採用されていますが、カーバッテリーの分野ではキャンピングカーなどの大型車に対して使われています

 

メンテナンスフリーの設計によって、長く使っていただけるディープサイクルのバッテリーとなっています。どちらかといえば自家用車向きのものではなく深い充放電を繰り返す用途に特化している商品なので対象の方は絞られると思います。

 

他の機能としては耐久性に優れた極板の採用、寒冷の地でも素早く動作する始動性などの豊富な機能が取り揃えられています。世界中での圧倒的な実績と信頼を持たれているメーカーの商品なので大型車などを所持している方にはおすすめです。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

性能に関して文句はない。確かに重い!でも設置してしまえはほぼ据え置きで動かすことがないので問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ボッシュ(BOSCH)

国産車 充電制御車/標準車 バッテリー HTP-60B19L

欧州車が採用するEFBテクノロジー

BOSCH(ボッシュ)は1886年ドイツに始まった車両用電装品のメーカー。自動車の普及の歴史と共に発展してきたその製品は、世界中の多くの人から信頼、愛用されています。こちらは、そのボッシュがアイドリングストップを繰り返す最近の低燃費車用に開発しました。

 

ヨーロッパで採用されてきているEFB (Enhanced Flooded Battery) テクノロジーのカーバッテリーです。ボッシュはスパークプラグでも有名であり、このバッテリーにしてから点火効率が良くなって燃費が向上した、という口コミもあるほどです。

 

上面に液栓がないトップフラット特殊電解液還元構造でメンテナンスフリー、 製品保証は6カ月・走行距離無制限 (何れかの早期到達保証)という至れり尽くせりの高級バッテリーでありながら価格は普通です。

充電 可能 原産国 韓国

口コミを紹介

相性や走り方もあるので、メーカー説明など読んで納得してから購入を。5年6万kmのNWGNですが、バッテリーをこのBOSCH製にしたところ加速率などあがり燃費が向上しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

GSユアサ(ジーエスユアサ)

トヨタ系ハイブリット乗用車専用 補機用バッテリー(国産車バッテリー) [ ECO.R HV] EHJ-S46B24L

電装品が多いならこちらのタイプがおすすめ

こちらは、少し容量が大きいハイブリッド車補機用バッテリーです。サイズはほぼ同じでプリウスのW20系、W30系に装着できます。ただし、アクア・カローラハイブリッドには適合しません。

 

5時間率容量が36Ahということなので8Aの電流を放出し続けて4時間持つ計算になりますので、ドライブレコーダーやその他電装品が増えて使用電流が増えたら、こういう大きい容量のバッテリーに付け替えることをお勧めします。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

助かりました実はアウトランダーphevに使っています。問題無く使えます。純正は6万以上するから助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

日立(HITACHI)

国産車バッテリー [ Tuflong SUPER ] JS 40B19L

圧倒的にコスパが良く基本的な性能はしっかり持っている

日立より発売されている40B19Lはコストパフォーマンスに優れているカルシウムバッテリーです。独自に開発された添加剤を配合することで負極活物質を微細化しており一定時間に充電できる電力量を大幅にupしています。

 

よってISS車や充電制御車などの特殊車でも素早く充電回復を可能にしているためバッテリーの劣化現象が少なくなるような工夫がされています。この素早く充電可能という点は発電機を動かす時間を減らし燃費を向上させてくれます。

 

こちらのバッテリーは基本的な性能を携えているスタンダードタイプですが、価格以上に高容量、高出力、そして耐久性維持を実現してくれます。メーカー保証は2年もしくは4万kmとなっています。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

いつもは、ホームセンターの安いバッテリーを購入してますが、こちらの方が安いし、ガソリン使って買いに行かなくて済む。かなりお財布に優しくて助かります。他の車用にもリピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

GSユアサ(ジーエスユアサ)

トヨタ系ハイブリット乗用車専用 補機用バッテリー(国産車バッテリー) [ ECO.R HV] EHJ-S34B20R

トヨタ系ハイブリット乗用車専用

こちらのバッテリーは、トヨタのプリウスやアクアなど、普及型普通乗用ハイブリッド車用です。補機用という言い方をするのは、ハイブリッド車には高電圧で動く駆動系動力用のバッテリーがもう一つついているためです。

 

ハイブリッド車用のバッテリーは、エンジンルームではなく車室内に搭載されることが多いためバッテリーから発生するガスを車外に排出する仕組みがあります。ですので、電圧、サイズが同じでも普通のバッテリーで代用することはできません。

 

この補機用バッテリーも3~5年で寿命を迎えるので定期的に交換が必要です。ハイブリッド車のバッテリーが上がってしまうと、ハイブリッドシステムそのものが起動しなくなり、前を持ち上げてのレッカー移動になります。バッテリー寿命には気を付けましょう。

充電 可能 原産国 日本

口コミを紹介

自分で交換すれば、ディーラーの半額で同等品と交換できます。ショートに万全の注意を払えば、そう難しい作業ではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

アトラスビーエックス(Atlasbx)

国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 60B24L

韓国の上級バッテリーで安全性も高いから安心して使用できる

世界130ヵ国のシェアを誇る韓国製バッテリーでアトラス社より発売中の60B24L。こちらのバッテリーは低価格ですが、さまざまな工夫が施されています。

 

まずは新構造のカルシウム、スズの合金グリッドの採用によりバッテリーの腐食を克服しています。この新グリッドにより液減りやガスの発生、そして自己放電を最小限に抑えることも可能となりバッテリーの効果を最大限発揮することができるようになりました。

 

セパレーターには低抵抗のものを採用しているため始動時に負担がかかりにくくなっており極板間におけるショートの発生を抑えてくれています。このことで高い安全性を保つことを実現しています。製品保証は24か月もしくは4万kmごとになっています。

充電 可能 原産国 韓国

口コミを紹介

問題なく使ってます。価格は安いのに国産のグレードの高いバッテリーに付いているようなインジケーターや交換時に役に立つ取っ手が付いていたりで重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

アトラスビーエックス(Atlasbx)

国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 75D23L

ワンボックスなどのファミリーカー用で人気が高い

こちらの商品は、韓国のバッテリーメーカー「アトラス」のバッテリーです。トヨタのノアなどのファミリーユースのワンボックスカーに適合したサイズのバッテリーです。家族をのせてのドライブには十分な備えがしたい方には、うってつけの逸品です。

 

トヨタのノアでいいますと、純正が55D23Lですので、交換時に容量アップを図ろうと思っている方には超おすすめです。ドンネルの中で渋滞、ギアを「D」に入れたままエアコンをつけカーステレオをつけておくだけで、バッテリーの充電はマイナスになっていきます。

充電 可能 原産国 韓国

口コミを紹介

国産品を長く使うよりいいかもウインダム3000ccに使ってます。国産品もこれまでにたくさん使ってきましたが、何の遜色もありません。2年ごとに交換していますが、もっと持ちそうな気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

カーバッテリーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 充電 原産国
1
アイテムID:5841727の画像
国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-100D23L/C7 11,550円

詳細を見る

独自技術により軽量化に成功した国内最強のバッテリー

可能 日本
2
アイテムID:5841721の画像
国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-60B19L/C7 4,680円

詳細を見る

あらゆる面で最高性能にして低価格

可能 日本
3
アイテムID:5841730の画像
国産車 充電制御車バッテリー PSR-55B24L 7,980円

詳細を見る

安全性も飛躍的に向上した人気の液栓タイプのバッテリー

可能 韓国
4
アイテムID:5841724の画像
国産車バッテリー [ SBシリーズ ] N-40B19L 3,220円

詳細を見る

長持ちするバッテリーとして不動の人気を誇っている

可能 日本
5
アイテムID:5841733の画像
国産車バッテリー [ ECO.R Revolution ] アイドリングストップ車対応 ER-M-42R/55B20R 7,096円

詳細を見る

耐久性が高く性能のバランスのとれたバッテリー

可能 日本
6
アイテムID:5841736の画像
国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-125D26L/C7 13,612円

詳細を見る

高速充電性能が大幅に上がっている間違いなく高性能のバッテリー

可能 日本
7
アイテムID:5841739の画像
PSバッテリー 国産車 充電制御車バッテリー PSR-40B19L 3,782円

詳細を見る

性能ランクも高い基本スペック以外も向上したバッテリー

可能 韓国
8
アイテムID:5841742の画像
国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3 15,970円

詳細を見る

アイドリングストップ車にも対応したバッテリー

可能 日本
9
アイテムID:5841745の画像
マリン用ディープサイクルバッテリー 国産車 [ Voyager ] M27MF 12,864円

詳細を見る

大型車にも対応しているので様々な車種で使える

可能 日本
10
アイテムID:5841749の画像
国産車 充電制御車/標準車 バッテリー HTP-60B19L 4,580円

詳細を見る

欧州車が採用するEFBテクノロジー

可能 韓国
11
アイテムID:5841752の画像
トヨタ系ハイブリット乗用車専用 補機用バッテリー(国産車バッテリー) [ ECO.R HV] EHJ-S46B24L 22,109円

詳細を見る

電装品が多いならこちらのタイプがおすすめ

可能 日本
12
アイテムID:5841755の画像
国産車バッテリー [ Tuflong SUPER ] JS 40B19L 3,160円

詳細を見る

圧倒的にコスパが良く基本的な性能はしっかり持っている

可能 日本
13
アイテムID:5841758の画像
トヨタ系ハイブリット乗用車専用 補機用バッテリー(国産車バッテリー) [ ECO.R HV] EHJ-S34B20R 13,137円

詳細を見る

トヨタ系ハイブリット乗用車専用

可能 日本
14
アイテムID:5841761の画像
国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 60B24L 6,460円

詳細を見る

韓国の上級バッテリーで安全性も高いから安心して使用できる

可能 韓国
15
アイテムID:5841764の画像
国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 75D23L 7,900円

詳細を見る

ワンボックスなどのファミリーカー用で人気が高い

可能 韓国

バッテリー交換方法

カーバッテリーを交換する場合はゴム手袋、スパナ、保護眼鏡、錆止めグリース、ワイヤーブラシなどが必要です。古いバッテリーは、(-)ケーブルを外してから、(+)ケーブルを外します。

 

また、新しいバッテリーは金具でしっかりと固定し、(+)ケーブルを取り付け、(-)ケーブルを取り付けましょう。順番を誤るとショートする恐れがあるため注意が必要です。

ショップに依頼した場合交換費用の目安

ショップでのバッテリー交換費用は、車の種類によって異なります。ガソリン車の交換費用はおよそ1,000円前後ですが、ハイブリッド車(HV車)の場合は3,000円前後、電気自動車(EV車)の場合は1,500円前後です。

 

ちなみに、HV、EV車には駆動用のバッテリーも搭載されていますが、こちらはメーカー保証で無償交換が適用される場合が多く、そもそも交換が必要になること自体が稀です。

カーバッテリーを長持ちさせるのに勘違いされていること

カーバッテリーを長持ちさせるのに多く勘違いされていることがあります。それは、短距離を定期的に走っているから大丈夫。という点です。しかし、実際はバッテリーの充電は短距離を走ったぐらいでは充電されていることが少ないです。

 

そのため、1週間に1度は30~1時間程度のドライブを行うのがおすすめです。5~10分程度のドライブだけではバッテリーの寿命を逆に縮めている場合もあるので注意が必要です。

その他の人気の車・バイク用品を紹介

人気のバイクバッテリー10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

人気のミニバンタイヤ15選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

まとめ

今回はカーバッテリーを交換する際の選び方やポイントを解説しながら、バッテリーのおすすめランキング15選を紹介してきました。人気メーカーの長く支持されている製品から海外の有力製品に至るまで、幅広くランキングを作成しました。是非参考にしてみてください。

 

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

快適カーライフ!カーバッテリー人気メーカーおすすめランキング15選

快適カーライフ!カーバッテリー人気メーカーおすすめランキング15選

カー用品
【フラッシュライトや充電器にもおすすめ!】18650電池の人気ランキング10選

【フラッシュライトや充電器にもおすすめ!】18650電池の人気ランキング10選

調理・生活家電
デイライトの選び方の詳細や人気商品のおすすめランキング10選を紹介します!

デイライトの選び方の詳細や人気商品のおすすめランキング10選を紹介します!

カー用品
【2021最新版】ライトニングケーブルのおすすめ人気ランキング10選

【2021最新版】ライトニングケーブルのおすすめ人気ランキング10選

AV・情報家電
【2021年最新版】ヴェポライザーの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

【2021年最新版】ヴェポライザーの人気おすすめランキング20選【最強はどれ?】

その他趣味
ブロワーの人気おすすめランキング10選【洗車時に便利!デメリットについても解説】

ブロワーの人気おすすめランキング10選【洗車時に便利!デメリットについても解説】

電動工具