記事ID132816のサムネイル画像

【フォースと共にあらんことを】大人気のライトセーバーのランキング10選【子供から大人までおすすめ!】

世界的大ヒットを続ける映画スター・ウォーズで使用されている武器「ライトセーバー」に憧れた人は多いでしょう。現在でも様々なライトセーバーが販売されており、子供のプレゼントからコレクション用まで種類が豊富です。今回は販売されているライトセーバーについて紹介します。

誰もが憧れたことがある映画の武器で人気のライトセーバー

映画やアニメの必殺技や武器などに憧れて真似をして遊んだ経験がある人は多いです。その中でも好きな武器として1位にも輝いたことがある映画スター・ウォーズの中で使用される「ライトセーバー」は特に人気の武器の1つです。

 

キレイに発光し、特徴的な音を鳴らして戦う姿は子供から大人まで人気で、現在でも人気の高い武器です。そんな「ライトセーバー」は安価な子供用の玩具から大人向けの高価なコレクション用まで多くの種類が販売されています。

 

中にはプレミアの付いたレプリカなどもあり、コアなファンでも納得してしまうほどに本物と見分けがつかないような精巧な製品もあります。そのため小さな子供から大人まで楽しめる製品が多く、今でも人気の高い玩具として世界的に販売されています。

ライトセーバーの選び方

ライトセーバーは安価なものから高価なものまで幅広い種類の製品が販売されています。そのため、どういったライトセーバーを購入するべきか悩むことも多いです。ここではライトセーバーを購入する際に重要なポイントを紹介します。

用途に合わせて選ぶ

ライトセーバーを購入する際に、自分がどんな用途に必要なのか事前に把握しておく必要があります。用途がハッキリしているだけで購入するライトセーバーの種類を的確に絞ることができるため、事前にハッキリさせておきましょう。

チャンバラに向いているものから選ぶ

「ライトセーバー」はあくまで武器であるため小さな子供としては「ライトセーバー」を使って戦いたいと思うのが本能です。そのため小さな子供やチャンバラに向いている「ライトセーバー」も販売されています。

 

本物とソックリとはいかないまでも、しっかりと音が鳴り発光する製品まであり、スター・ウォーズのキャラクターになりきりながらチャンバラが出来るとあって子供だけでなく大人にも人気があります。

 

少しぐらいなら激しく「ライトセーバー」同士がぶつかっても壊れることがないので親子でチャンバラしたり兄弟でするのにもおすすめとされています。どんなライトセーバーがチャンバラに向いているかは後述で説明します。

コレクションに向いているものから選ぶ

まるで本物と同じように精巧に作られた「ライトセーバー」も販売されています。台座とセットで売られている事も多く、チャンバラに向いている「ライトセーバー」よりも金属を多く使用されていることが特徴の1つです。

 

そのため激しくぶつけると割れてしまうこともあり、チャンバラには向いていないとされています。もちろん映画で使用されている「ライトセーバー」と同じようにギミックに対応している製品が多く、起動音や衝撃音も同じで発光の仕方まで本物と同じ製品もあります。

 

こういった「ライトセーバー」は値段が非常に高くなっているのも特徴です。またレプリカなども販売されていることもあり、どうしても本物と同じ製品が欲しい方は勇気を出して購入するのもおすすめです。

機能などから選ぶ

ライトセーバーはギミックの多い玩具でもあり、様々な種類が販売されていることから機能面で選ぶのも重要なポイントとなります。

光や音があるものから選ぶ

「ライトセーバー」の特徴と言えば発光と魅力的な効果音でしょう。そのため販売されている多くの「ライトセーバー」は発光し効果音が出る製品がほとんどですが、中には発光も効果音もしない製品もあります。

 

小さな子供向けのプレゼントやチャンバラ用としても人気があります。値段が非常に安価なこともあり、もし壊れてしまってもすぐに新しいものを購入できるというメリットもあるため、一気に複数本を購入される人もいるようです。

収納できるものから選ぶ

本物さながらのレプリカや高価な「ライトセーバー」はグリップ部分とブレード部分が取り外し可能なものもありますが、一般的には繋がったままの製品が多いです。そのため収納する際に保管場所に困ることが多くあります。

 

持ち運ぶ際も釣り竿用の袋やケースが必要になることもある「ライトセーバー」ですが、中にはグリップ部分にブレードが収納できてしまう製品も販売されています。多くはブレード部分が段差のようになっており、安価な「ライトセーバー」に多い機能ですが、片付ける際には邪魔になることもないので人気があります。

お気に入りのテーマキャラから選ぶ

機能とは少し違うかもしれませんが、映画スター・ウォーズには魅力的なキャラクターが非常にたくさん出演します。そのため「ライトセーバー」もテーマキャラクターを設定して販売されていることが多いです。

 

また「ライトセーバー」は発光しますが、キャラクターや勢力によって発光する色が違うことでも有名な武器です。そのため好きなキャラクターの「ライトセーバー」が欲しいと感じる人が多いのも事実です。

 

特に人気のダース・ベイダーやヨーダなどのキャラクターをテーマにした「ライトセーバー」は特に人気が高いです。

ライトセーバーのレベルや種類から選ぶ

玩具としてのライトセーバーは国内ではタカラトミーのみが販売しています。そしてライトセーバーはレベルや種類などで分けられていることもあり、複雑でよく分からないことも多くあります。ここでは、その種類の違いなどを説明しながら紹介します。

レベル1から選ぶ

レベル1のライトセーバーはアメリカにあるハズブロ社では「エクステンドシリーズ」として販売されており、国内ではタカラトミー社から「ベーシックシリーズ」という名称で販売されています。

 

特徴としてはブレード部分が段差状のようになっており、グリップ部分に全て収納できるということです。そのため持ち運ぶ際や片付ける際に便利で「ライトセーバー」を振ると収納していたブレードが出てくるギミックになっています。

 

全体的に頑丈な作りになっており、チャンバラをしても壊れにくいのが特徴です。値段も安価なこともあり、小さな子供のプレゼントや親子などでチャンバラをする際に複数の色を購入して楽しむという使い方をする人が多いです。

レベル2から選ぶ

レベル2は「エレクトロニックシリーズ」と呼ばれており、ブレードは段差状になっていることから、まだまだ玩具感が否めない製品となっています。ただしレベル1の「ライトセーバー」とは違い、しっかりと発光し、起動音や衝撃音も出ることが特徴と言えます。

 

またチャンバラをする際にも非常に人気の種類であり、ブレード部分はグリップ部分に収納が可能ですがレベル1のように全部が収納できるわけでなく1番下の部分に収納されるようになっています。そして1番下の部分はグリップ部分に収納できない形状になっています。

 

また国内で販売されているタカラトミー社の「エレクトロニックシリーズ」は「ライトセーバー」を合体させることが出来る「ブレードビルダー」に対応しているため、連結用の付属品が付いていることが特徴です。

レベル3または3.5から選ぶ

レベル3の「ライトセーバー」になってからチャンバラをすると壊れる可能性が出てくるのでプレゼントする際には注意が必要で、それに伴い値段も高価になってきていることも特徴の1つと言えます。

 

ブレードの段差がなくなり本物に近い「ライトセーバー」としてコレクションする方も多い種類です。LEDで発光し、手元から剣先にかけて発行していく様は本物そのものと評価が高く、もちろん起動音や衝撃音も出る人気の「ライトセーバー」です。

 

またレベル3.5として、ブレードが赤と青に発光する製品もあります。こちらはダース・ベイダーの赤と、アナキンの青という設定になっており、スター・ウォーズのファンにはたまらない1本となっています。

レベル4から選ぶ

レベル4は「シグネチャーフォースFXシリーズ」としてアメリカのハズブロ社製のみで、レベル3の「ライトセーバー」よりも金属を多用しているため、より高級感や本物感が溢れる製品となっています。そのためチャンバラなどをするのには全く向かない製品です。

 

この「シグネチャーフォースFXシリーズ」の特徴はグリップ部分とブレード部分が取り外し可能になっており、付属の先端パーツを付けることで映画のようにグリップ部分だけを腰からぶら下げることができます。

 

またグリップ部分だけで起動させようとすると壊れたような音が出るのもファンには嬉しいポイントですが値段が高いのがデメリットでもあります。

ブラックシリーズから選ぶ

ハズブロ社製でタカラトミーが販売しているハイクオリティラインの「ブラックシリーズ」はその値段の高さから最初は不安感を持たれることが多いシリーズですが、ファンなら納得してしまうほどに再現度が高い「ライトセーバー」です。

 

ディスプレイスタンド付きで、まさにコレクション用として人気があります。もちろんLEDでしっかりと発光もし、本物さながらの効果音も出ます。現在では6種類が販売されています。

 

テーマキャラクターも人気のダース・ベイダーからヨーダまで販売されており、ファンなら全て欲しくなるほどに高品質な「ライトセーバー」です。

ライトセーバーの人気ランキング10選

ここからは人気のライトセーバーをランキング形式でお伝えします。特定の映画で使用されたライトセーバーなどもあり、ファンなら思わず欲しくなってしまう製品も数多くあるので要チェックです。

10位 タカラトミー 『スター・ウォーズ エレクトロニックライトセーバー ダース・ベイダー』

価格:1480円(税込)

人気キャラであるダース・ベイダーになりきれるチャンバラ向きのライトセーバー

こちらの製品は種類でいうとレベル2のエレクトリニックシリーズです。スターウォーズの中でも屈指の人気キャラであるダース・ベイダーをテーマキャラクターとしていることから色は赤色で、チャンバラするのにも向いているライトセーバーです。

 

お値段も手頃なので2本用意して友達同士や兄弟や親子でチャンバラごっこが出来るのもおすすめのポイントです。電池を使用すればしっかりと発光し、起動音から停止音、さらには衝撃音まで出るので子供にも大人気です。

 

ライトセーバーを振った時の音も再現されているのでキャラクターになりきりながらチャンバラができるおすすめのライトセーバーです。刃部分が全部収納できるわけではありませんが、一番下の段以外は収納可能で片付けにも便利です。

対象年齢:4歳以上 使用電池:単4形アルカリ乾電池3本使用
種類:レベル2/エレクトロニックシリーズ

9位 タカラトミー 『スター・ウォーズ フォース・マスター ライトセーバー』

価格:2586円(税込)

1本で4種類の色に発光する子供に人気のライトセーバー

こちらはエレクトロニックライトセイバーシリーズの1種であり、テーマキャラクターが1人じゃないのが特徴です。この製品は1本で4種類の色に変化させることが出来るのが大きな特徴で、ボタンを押すことでしっかりと発光し、効果音も出ます。

 

対応しているキャラは4キャラで、赤(ダース・ベイダー)、青(オビ=ワン・ケノービ)、緑(ヨーダ)、紫(メイス・ウィンドゥ)となっており、ボタンを押すことで対応しているキャラのセリフもランダムで流れます。

 

またセリフが邪魔に感じた時はセリフが流れないようにも出来る親切設計なのもおすすめのポイントです。レベル2と同じ種類ということでチャンバラにも向いているのも人気の理由ですが、ボイスは全て英語だそうなので注意が必要です。

対象年齢:4歳以上 使用電池:テスト用電池付 (単3形アルカリ乾電池3本) ※電池はアルカリ乾電池をご使用ください。
種類:レベル2/エレクロトニックシリーズ

8位 Hasbro 『スター・ウォーズ レベル3/アルティメットFX ヨーダ ライトセーバー コスチューム用小物』

価格:6000円(税込)

コレクションとしても人気のシリーズから緑色に発光するライトセーバー

コレクションとしても人気が高いアルティメットFXシリーズの1本です。テーマキャラクターはスターウォーズの中でも非常に人気のあるヨーダになっているため緑色に発光します。緑色はライトセーバーの中でも特に人気のある色です。

 

全体的にプラスチック感はありますが、ブレード部分に段差がなく見た目は本物のライトセーバーのようで人気が高いです。ただしチャンバラが出来ないことはないですが、レベル1やレベル2の製品のように向いているとは言えないので注意が必要です。

 

LEDでしっかりと発光し効果音なども出るので雰囲気を味わうには十分な製品です。コストパフォーマンスにも優れているとレビューでも人気が高いです。

対象年齢:ー 使用電池:ー
種類:レベル3/アルティメットFXシリーズ

7位 タカラトミー 『スター・ウォーズ ブラックシリーズ フォースFXライトセーバー ダース・ベイダー』

価格:24999円(税込)

コアなファンでも納得できるブラックシリーズのライトセーバー

コレクションとしても非常に人気も値段も高いブラックシリーズのフォースFXライトセーバーです。映画で使用している小道具と同じギミック質感やギミックに対応しているだけあってコアなファンでも納得できる製品です。

 

しっかりとLEDで発光し効果音や衝撃音も本物さながらです。使用している素材が金属が多いためチャンバラをすると壊れる可能性が高いのであくまでもコレクションや1人で振り回したり、なりきるためのライトセーバーとして使用するべきです。

 

テーマキャラクターはダース・ベイダーでありキャラクターとしての人気も高いため、この製品の人気も自然と高いようです。レビューでも購入前は値段が高いと感じたものの購入して納得したと感じる人が多く、まさに損をしない高品質なライトセーバーと言えます。

対象年齢:15歳以上 使用電池:単三型電池
種類:ブラックシリーズ

6位 タカラトミー 『スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニックライトセーバー オビ=ワン・ケノービ』

価格:2445円(税込)

ブレードビルダーに対応しているので楽しみ方が色々あるライトセーバー

子供用のプレゼントとして非常に人気のあるエレクトロニックシリーズのライトセーバーです。しっかりと発光し効果音などの音もしっかりと楽しめるので子供だけでなく大人も楽しめる1本です。

 

スターウォーズの中でも人気のオビ=ワン・ケノービをテーマキャラクターとしているだけあり、ライトセーバーの色も青色にキレイに光ります。「ブレードビルダー」にも対応しているので、子供がオリジナリティ溢れるライトセーバーに変形させる楽しみもあります。

対象年齢:4歳以上 使用電池:単4形アルカリ電池3本
種類:レベル2/エレクトロニックシリーズ

5位 タカラトミー 『スター・ウォーズ ミニライトセーバー レイ (スターキラー・ベース)』

価格:1000円(税込)

こちらの製品はミニライトセーバーシリーズとして最近になって発売された新しいライトセーバーです。全長は約15cmとなっており、鞄などに付けるのにピッタリなサイズでもあります。

 

電池を使用しますがしっかりと発光し、音は残念ながら出ません。ボールチェーンも付いているので何かに付ける場合には非常に便利で、スターウォーズのファンのいつでもライトセーバーと一緒にいたいという願望を見事に叶えた製品です。

 

もちろんチャンバラなどは出来ませんが、小さいながらもしっかりとライトセーバー感はあるのでスターウォーズが好きならおすすめできるライトセーバーです。

対象年齢:3歳以上 使用電池:単4形アルカリ乾電池1本使用(電池は別売です。)
種類:ミニライトセーバーシリーズ

4位 ハズブロ(HASBRO) 『ライトセーバー 「レベル3.5/アルティメットFXスイッチ」 アナキンダース・ベイダー』

価格:6500円(税込)

ダース・ベイダーとアナキン・スカイウォーカーを表現したライトセーバー

こちらの製品はレベルでいうとレベル3.5となり、ほとんどはレベル3のアルティメットFXシリーズと大差はありません。ただし1つ大きな違いがあり、それは赤色と青色に色を変更できるという部分です。

 

ただしレベル3のアルティメットFXシリーズのようにブレードの下部から徐々に光っていくわけではなく、全体的にパッと光ってしまうのはファンからすると残念な部分かもしれません。しかし段差がなくコレクションとしても人気のアルティメットFXシリーズで2色を変更可能なのは非常に嬉しい製品です。

 

色も人気のダース・ベイダーの赤色とアナキンの青色という本物さながらであることからもファンから人気の高いライトセーバーです。もちろん本物さながらのギミックである効果音やダース・ベイダーの呼吸音まで再現されています。

対象年齢:6歳以上 使用電池:単3電池3本使用
種類:レベル3.5/アルティメットFXシリーズ スイッチ

3位 タカラトミー 『スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニック ライトセーバー ヨーダ』

価格:1280円(税込)

大人気のヨーダをテーマキャラクターとしたライトセーバー

しっかりと発光もし、効果音や衝撃音まで出るエレクトロニックシリーズのライトセーバーです。スターウォーズでも大人気のヨーダをテーマキャラクターとしたモデルで、色としても人気の高い緑色に発光します。

 

対象年齢が4歳以上と低いので小さい子供へのプレゼントとしてもおすすめです。チャンバラをしても壊れにくいので一緒に遊ぶのに適しています。ブレード部分が段差になっているのでおもちゃ感はどうしてもありますが、収納もできるので小さな子供には十分なおもちゃになります。

対象年齢:4歳以上 使用電池:単4形アルカリ乾電池3本使用(電池は別売です。)
種類:レベル2/エレクトロニックシリーズ

2位 タカラトミー 『スター・ウォーズ ブラックシリーズ フォース FX ライトセーバー ルーク・スカイウォーカー (ジェダイの帰還)』

価格:24999円(税込)

人気の緑色に発光するブラックシリーズのライトセーバー

コアなファンでも納得するほど再現度が高いライトセーバーであるブラックシリーズの1本で、映画『スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還』でルーク・スカイウォーカーが使用した緑色のライトセーバーです。

 

映画『スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還』はスターウォーズファンの中でも人気のある映画であり、その中で使用されたモデルとあって非常に人気があります。コレクション用に台座も付属しており、まさに眺めるのにピッタリな1本です。

 

 

対象年齢:15歳以上 使用電池:ー
種類:ブラックシリーズ

1位 タカラトミー 『スター・ウォーズ ベーシックライトセーバー レイ (ジェダイ トレーニング)』

価格:1000円(税込)

安価なため複数の種類を集めたくなるベーシックシリーズのライトセーバー

こちらの製品は種類でいうとレベル1のライトセーバーであるベーシックシリーズの1本です。レベルが最も低いだけあり、おもちゃ感は否めませんが小さな子供には十分な製品です。テーマキャラクターにレイを採用したモデルです。

 

他のライトセーバーシリーズと違って発光したり音が出るわけではありませんが、持ち手の中にブレードが全て隠れ、振り下ろすとブレード部分が出てくるギミックになっています。電池を使用しないので軽く、値段も安価なためチャンバラして遊ぶのにはピッタリなライトセーバーです。

対象年齢:4歳以上 使用電池:無し
種類:レベル1/ベーシックシリーズ

まとめ

人気のライトセーバーを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。コレクション用の再現度が高い製品から、チャンバラするのに最適な製品まで幅広く販売されているライトセーバーは子供と遊ぶのにも適していることから、年齢関係なく人気があります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ