記事ID132815のサムネイル画像

【釣竿選びに迷っている方】おすすめ!人気釣竿ランキング10選

釣りをするための必須アイテムと言えば「釣竿」。安価な物から高価な物までいろいろな種類があります。用途によっても使う釣竿が変わってくるため、特に初心者の方は何がいいのか悩んでしまいがち。そこで今回はおすすめの人気釣竿をランキング形式で紹介していきます。

釣りをするための必須アイテム「釣竿」

釣りをするには「釣竿」が必要なことは、皆さん当たり前のように分かっていると思います。しかし一口に釣竿と言ってもその種類は豊富で、場所や釣り方、釣りたい魚の種類によって使う釣竿も変わってくるのです。

 

魚は様々な道具とシチュエーションに合わせ、組み合わせて使うことで初めて釣ることができます。そのためどんなに高くて最新の釣竿を使ったとしても、自分に合わなかったら意味がないのです。思ったように釣れず、残念な結果なってしまったらもったいないですよね。

 

そのためせっかく買うなら自分にあったものが欲しいですよね。そこで今回は釣竿選びに悩んでいる方におすすめの選び方や商品をランキングにして紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

釣竿の選び方

釣竿の種類で選ぶ

海釣り用の竿について詳しく紹介していきます。海釣り用の竿にはいろいろ種類があり、使い方もそれぞれ特徴があります。

万能竿(初心者におすすめ)

「万能竿」と聞いたらどんな釣りにも使える万能な竿だと思いがちではないですか?ですが文字通り「万能」でははく、「汎用性が広い」という意味なのです。釣竿と一口に言っても餌釣り用の投げ竿、磯竿、船竿、延べ竿。疑似餌を使うルアーロッド、フライロッドなど様々あります。

 

それぞれ目的別に設計されたパワー、調子、長さ、重さなどの要求される仕様は異なり、そのバランスは動かしようがありません。そのためそれを一本で済ませるような万能の竿などないのです。ですが用途によって何本も釣竿を買うのはもったいないですよね。

 

そこでニーズとして生まれたのが「万能竿」という竿なんです。しかしこういった名前の商品があるわけではなく、ある用途の竿に汎用性があって、別用途にも使いまわしがきくというものを万能竿と呼びます。

磯竿(磯や岩場で使用するのにおすすめ)

磯竿とは名前の通り、磯や岩場で使用する竿のことを指します。堤防釣り全般に使える万能釣竿なので、釣り場や対象魚が決まっていない入門者には人気の釣竿です。磯竿の特徴としては、胴部分のしなりがしっかり計算されていて、釣竿全体で魚の引きを上手く吸収できることが挙げられます。

 

タメが効くので、大物がかかっても釣竿がのされることなく魚を疲れさせ、タモ網で受けるなどの対応がしやすいです。また穂先は繊細で軽い仕掛けを扱えるようにしてあるので、号数によって対応できる範囲が違います。

投げ竿(砂浜の投げ釣りにおすすめ)

最も多くの人が楽しむのが砂浜(サーフ)からの投げ釣りです。投げ竿とは、この投げ釣りの時に用いる釣竿のことを言います。普段は三脚に掛けて使うので、特に重量の軽いものは必要ありません。そのため価格が安く普及品が出回っているのが特徴です。

 

砂浜からの投げ釣りでは、大遠投して遠くを狙って釣るのがポイントとなっています。堤防や海釣り公園でのちょい投げ用途であれば2~3m程の短めの投げ竿。砂浜から遠投するような本格的な投げ釣りの場合は、4mの長さを使うのがおすすめです。

 

アタリは穂先の動きでとります。重たい重りを遠くまで投げられるようガイドが少なく、硬く丈夫に作られています。

延べ竿(子供におすすめ)

釣竿の先にそのまま糸を結んで使う釣竿のことです。リールを取り付ける部分や糸を通すガイド(糸を通す金具)がないのが特徴となっています。基本的に延べ竿は川釣りで使用するものが主流です。

 

長さは短いものは120㎝程。長いものは10mを超えるものまであります。釣り場や狙う魚種によって適した長さを使うと良いです。また延べ竿の中でも種類は豊富にあり、「渓流竿」「本流竿」「ヘラ竿」「鮎竿」「テンカラ竿」などがあります。

 

釣竿が軽くて柔らかいので、魚の引きがダイレクトに手元に伝わってくるのが延べ竿の魅力。小さい子供にも使いやすく、山キャンプなどでの渓流釣りや海釣りでも重宝します。

船竿(船釣りにおすすめ)

文字通り「船で釣りをするための専用竿」です。対象魚や釣り方、狙う水深によってさまざまな種類のものがあります。発売されている船竿の多くはある程度の魚種を絞り、魚の大きさや仕掛けを使う際に性能を最大限発揮できるよう設計されています。そのため自分がどんな魚を釣りたいか決めてから船竿を購入するのがおすすめです。

 

船竿の長さは3m前後のものを選ぶと良いです。船上での扱いやすさや手持ち、置き竿の両方に対応しているので、1本でさまざまな状況に対応できるのが嬉しい特徴です。一般的には短い竿は手持ち用、長い竿は置き竿用として分けられていますが、船釣りによっては長さの指定があるので、事前に確認するようにしましょう。

 

ルアーロッド(ルアーを使う釣りにおすすめ)

ルアーを使う釣り向けに開発されているモデルを総称して「ルアーロッド」と言います。対象魚によって各メーカーは釣竿開発を行っていますので、自分がどの魚を釣りたいかで選ぶのが重要となってきます。

 

またルアーロッドを大きく分類すると「スピニングキャスティングロッド」と「ベイトキャスティングロッド」の2種類に分けることができます。スピニングキャスティングロッドはスピニングリールをセットして使う釣竿で、最も一般的なロッド(釣竿)となっています。取り扱いが簡単でトラブルが少なく、軽いルアーをキャストするのに適しています。

 

ベイトキャスティングロッドは両軸リール(ベイトリール)をセットして使うロッドで、ロッドリールシート部にトリガーが付いているものが一般的です。スピニングリールに比べ、ラインがよれずパワーが強いリールなので、大物対応に採用されることが多い釣竿です。キャストするのに技術を要するので初心者向けではないでしょう。

メインターゲットで釣竿を選ぶ

釣具店に行くと、膨大な種類の釣竿が販売されています。そのため自分が狙いたい魚や釣り方、仕掛けなどに合わせた製品を選ぶことが釣竿選びで重要となっています。

磯竿におすすめの魚は?

陸と繋がった地磯や渡船で渡る沖磯で使うのにおすすめの釣竿です。フカセ釣りやぶっこみ釣りカゴ釣りの際に用いられます。磯釣りでのターゲットはグレ(メジナ)・イシダイ・チヌ(クロダイ)が人気です。

 

グレ(メジナ)は磯釣り師から最も愛される魚です。強い引きと取り込みの難しさから高いゲーム性があり、多くの方を夢中にさせます。イシダイはグレに次ぐ人気のターゲットです。強い引きと高いゲーム性はもちろんのことながら、専門性が強くこだわりの釣りを行う方が多いです。チヌ(クロダイ)は寿司屋や高級魚として提供される魚です。貪欲な食性からさまざまな釣り方で狙うことができます。

投げ竿におすすめの魚は?

投げ釣りの際に用いる釣竿です。投げ釣りは釣竿を複数並べてアタリを待ちます。そうすることでより魚と遭遇する確率があがるのです。底オンリーで攻めるため対象魚は限られてきます。

 

キス、カレイ、アブラメ、カサゴ、イシモチ、アナゴなど海底を徘徊する魚がメインとなります。同時にゴカイやスナモグリなど海底の底生生物を食するマダイ、チヌ、スズキ、コロダイなども狙える釣りです。磯の石鯛釣りなども投げ釣りが変化したバージョンと考えて良いでしょう。

 

また投げ釣り以外にもぶっこみ釣りにも使えます。隣人と仕掛けが絡み合うというトラブルも少ないという利点があり、手軽かつ確率の高い釣りです。一見魚種が少ないように感じますが、釣れる魚はいずれも美味しく釣りがいがあります。

延べ竿におすすめの魚は?

延べ竿は川や海で使うことができます。上記の「種類」で紹介したように、延べ竿にも種類があり、場所によって使い分けることが大切です。海で使う場合は足元で釣れる魚メバル、イワシ、アジ、メジナ、サヨリ、クロダイなど波止での釣りがメインとなります。扱いやすい超硬調の渓流竿や万能竿、メバル専用竿などがおすすめです。

 

川や池での小物(小型魚)での延べ竿は、先調子で4.5m前後がおすすめです。ウグイやタナゴなど場所によりさまざまな小魚が狙えます。コイやフナの延べ竿は胴調子で4.5m前後がおすすめです。万能竿やコイ・フナ竿があり、コイのすっしりした重い引きに耐える必要があります。

 

渓流での延べ竿は先調子で5m前後の渓流竿がおすすめです。イワナやヤマメが主な狙いとなります。イワナやヤマメの機敏な動きに対応することができます。

船竿におすすめの魚は?

船釣りでは仕掛けを操作しやすくするため、物理的に真下に落としてタナを探る釣りがメインとなります。釣れる魚は多く小型のアジから大型の青物、マグロまで船から狙える魚をいろいろ狙うことができます。

 

「先調子」の釣竿は先端部分が曲がりやすく設計されており、アタリが分かり難い魚向きです。アジやカワハギ、ヒラメ、チヌ、グレなどにおすすめです。「胴調子」の釣竿は中央部分から曲がる設計が施されており、鯛や青物におすすめです。「7:3調子」は狙う魚や釣り方に特化した専用竿に多く使われており、特定の魚種を狙う場合におすすめです。

ルアーロッドにおすすめの魚は?

海釣りで最も人気なのはシーバスです。年間通して狙えることや、大きなものは1mをこえることから人気が高いようです。それ以外にはアジ、ヒラメ、マゴチ、クロダイ、キチヌ、メバル、カサゴ、青物など種類豊富な魚を釣ることができます。

 

また海以外にも川や湖などの淡水でも釣ることができます。人気が高いブラックバスを始め、ナマズ、ライギョ、トラウトなど釣ることができます。本流では川幅が広いので長いロッド(釣竿)、渓流では長いものは必要なく5フィート~6フィートのロッド(釣竿)がおすすめです。使う場所によってロッド(釣竿)の長さを変えるようにしましょう。

 

 

釣竿の人気ランキング10選

10位 ダイワ(DAIWA) 『エギングロッド スピニング リバティクラブ エギング 』

価格:6496円(税込)

アオリイカやスミイカに最適

快適な使い心地と使い勝手、そして細部にまでこだわったデザイン品質と基本機能を兼ね備えた釣竿です。「どう楽しもうか」と想像力と好奇心を掻き立たせてくれます。またこの商品はアオリイカやスミイカを堤防、護岸からエギを使って手軽に楽しむことを念頭に専用設計されています。

 

飛距離、そしてパワーに優れたアウトガイド(外ガイド)仕様です。レビューを参考にすると値段の割にすごくしっかりした作りになっているようです。入門用のロッドとしては良い評価を得ています。

寸法2.60m対象魚アオリイカ
種類エギングロッド/スピニング特徴アオリイカ専用

9位 Major Craft(メジャークラフト) 『メバリングロッド スピニング ソルパラ SPS-S792M 7.9フィート 釣り竿 』

価格:4163円(税込)

軽量で扱いやすいメバリングロッド

良型メバルとの力強いファイトにも安心のバットパワーが頼もしい釣竿です。コストパフォーマンスも良く、さらに扱いやすいです。アタリが手元までダイレクトにきますし、ディップもとれます。気軽にライトゲームを楽しむ際にピッタリの商品となっています。

 

レビューを参考にすると軽くて使いやすいとのこと。竿の性能(軽さ、感度、しっかりとしたバット)と値段からみておすすめの商品です。

寸法7.9フィート対象魚メバル
種類スピニング特徴メバリングロッド

8位 シマノ(SHIMANO) 『スピニングロッド ルアーマチック 7.6フィート』

価格:4972円(税込)

メバル・アジ狙いの軽量ルアー

メバル・アジ狙いの軽量ルアーの釣りに最適な釣竿です。低価格でも高級感を感じさせるデザインとなっており、タグの色で対象釣種が一目で分かります。レビューを参考にするととても使いやすく、コスパも最高と高評価を得ています。

 

この価格帯でここまで使いやすい釣竿は珍しいようで、調子はやや柔らかく、小型の魚のアタリも敏感に合わせることができるようです。釣竿自体の重さも軽いので女性や子供におすすめです。

寸法7フィート対象魚アジ・メバル・ブラックバス・トラウト
種類汎用特徴軽量ルアー

7位 Major Craft(メジャークラフト) 『 アジングロッド スピニング ソルパラ アジング7.0フィート 釣り竿 』

価格:5226円(税込)

入門者に最適な「ソルパラ」シリーズ・アジング専用モデル

ゲーム性が高く、狙える魚は食べても美味しいということから人気上場中のルアーフィッシング。入門者に優しいロッドの開発が不可欠でしたが、こちらの商品はルアーゲームで狙うことができるあらゆる対象魚をカバーし、手ごろな価格と入門~中級者まで必要最低限の機能を凝縮してあります。

 

またブランクは粘りがあり扱いやすい「中弾性カーボン」を採用。ガイドは信頼できるFUJI製。ルアーをしっかりとアクションさせ、魚を掛けて釣るまでをスムーズに行うことができます。

寸法7.0フィート対象魚アジ
種類アジング専用ロッド特徴ショートキャストからロングキャストまで柔軟に対応できる

6位 PRO MARINE(プロマリン) 『テトラ大物EX 』

価格:3118円(税込)

穴釣りや際釣りの大物狙いに最適

穴釣りや際釣りの大物狙いに最適な専用設計の釣竿です。ロッド(釣竿)が短く、ピンポイントで狙った箇所へ落とし込めるメリットがあります。レビューを参考にするとロッドのパワーが強いので、30㎝のアイナメならぶっこ抜けるようです。同じサイズのドンコも楽々、潜らせないそうですよ。

 

長さがちょうど良いので足元やテトラの穴を攻めやすいとありました。釣竿の硬さもテトラの釣りでは硬すぎず柔らかすぎず扱いやすいようです。ただ他の穴釣りロッドより少し重いようなので、店頭で実際にもって確認してみた方が安心でしょう。

寸法120㎝対象魚テトラに潜む大物根魚
種類穴釣り・際釣り特徴バットジョイント式グラスリソッドモデル

5位 プロマリン(PRO MARINE)  『PG バスレンジャー 』

価格:955円(税込)

コストパフォーマンス最強モデル

手軽にバスフィッシングを楽しめるコストパフォーマンスモデルです。釣竿の硬さはミディアムライトのみでそこそこ柔らかいものとなっています。本体は適度に質感もあり、リールもしっかり挟んでくれます。

 

釣竿の色は少し光沢のあるワインレッドなので安っぽさが感じられないのが嬉しいですね。レビューを参考にするととても頑丈とのこと。70㎝のスズキをタモなしであげたそうなので、安価で優秀のようです。初心者の方にちょうど良いかもしれません。

 

寸法1.8m対象魚バス
種類ルアーロッド特徴コスパ最強のバスロッド

4位  ツリング モンキー(turingmonkey) 『鱒レンジャー改 』

価格:1182円(税込)

安くて評判の良い釣竿

トラウト用のロッドで、管理釣り場の釣りなどでよく使われる釣竿です。主な特徴はグラスリソッドという構造であるということです。よくある先端だけのリソッド構造ではなく、穂先から根本までしっかり素材が詰まったオールリソッド構造です。

 

グラスのロッドはカーボンロッドとは違い、軽さや感度はないですが、柔らかくて粘り強いので、異常に曲がることができます。そのため魚がルアーを口に入れても違和感を感じにくいという利点があります。テクニックがなくても簡単に魚が釣れやすいので、初心者の方におすすめです。

寸法1.2m対象魚トラウト・マス
種類トラウト用特徴グラスリゾット構造

3位 WCKJT 『3.6m/4.5m/5.4m/6.3m スーパーハード 釣り竿 炭素伸縮釣竿 海釣り フィッシングロッド 携帯型 』

価格:2299円(税込)

伸縮式の携帯型釣竿

強く、耐久性ハイブリッド炭素繊維から作られた釣竿です。超硬質であると同時に弾性に優れていて、荷重力が良いのが特徴です。また伸縮性の携帯釣竿なため、どこでも持ち歩くことができ便利です。公共交通機関を使って気軽に釣りにいくことができてしまいますね。

 

さらに釣竿の重さは200~400gと軽量で、女性や子供にも使いやすくなっています。気軽に釣りを始めたい方にピッタリの商品です。

寸法3.6m、4.5m、5.4m、6.3m対象魚情報なし
種類携帯型特徴伸縮式の携帯型釣竿

2位 シマノ(SHIMANO) 『スピニングロッド ルアーマチック 』

価格:6197円(税込)

高級感あふれるゴールド色のメタリング

高級感と高品質感が伝わるシックなデザインと入門者でも選びやすい色分けされたタグが使用されています。メバル、アジといったショアからのライトルアーゲームからシーバス、アオリイカ、はては淡水でのトラウトゲームまで、幅広いルアーターゲットに対応。

 

自社工場生産によるシノマ基準の高品質、万全のアフター体制など、普及モデルを思わせない安心感があり、デザイン面でもゴールド色のメタルリングを2個配置し、シックな高級感を演出しています。

寸法133.3㎝対象魚ブラックバス・トラウト・クロダイ
種類汎用特徴長さ8.6フィート

1位 シマノ(SHIMANO) 『振出 ロッド フリーゲーム』

価格:6274円(税込)

幅広く対応できるロッド

フリースタイルでコンパクトな本格マルチロッドです。ルアーはもちろん他釣種でも活躍します。これまでの普及価格帯振出竿にありがちなだるさや不自然な曲がりを克服し、シノマ振出竿の技術を応用することで2ピースロッドと遜色ないスムーズで美しい曲がりを実現しています。

 

バスやトラウトなどの淡水ルアーゲームから、アジ、メバル、シーバス、タチウオ、アオリイカといったソルトショアゲーム、ちょい投げやサビキ釣り、船の小物釣りまで幅広く対応しています。どんなところでも使える便利アイテムとなっています。

寸法58.5~82.2㎝対象魚アジ・メバル・シーバス
種類フリースタイル特徴携帯に便利な振り出しモデル

まとめ

場所や釣り方、釣りたい魚によってとてもたくさんの種類がある釣竿。まずは自分が釣りたい魚を絞ることが大切になってきます。ぜひ自分に合った一品を選んで、楽しい釣りライフを送りましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ