記事ID132812のサムネイル画像

【熱加工に最適!】おすすめのヒートガンの人気ランキング10選

高温度の熱風を出すことができるヒートガンは、本格的なDIYには欠かせません。使い方は難しくありませんが、使い方を間違えると火傷やケガなどに繋がるため、慎重に選びたいところです。今回はそんなヒートガンの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します!

ヒートガンとは

ヒートガンとは、ドライヤーのような形状をした熱風を発生させて熱収縮チューブの加工などに使用する道具のことです。 ダイヤルで温度調節できるものもあり、作業効率の向上のため、加熱後はすぐに冷却できる送風機能がついているものなど様々なタイプがあります。

 

当然ですが温度や火力などがドライヤーとは全くの別物なので、ヒートガンをヘアードライヤーとして使用するのは危険なので絶対にやめましょう。

 

DIY(Do It Yourselfの略で専門業者でない人が何かを自分で作ったり修繕したりすること)で大活躍してくれるので、一般のご家庭で使用する方も増えてきています。熱収縮チューブの加工の他にも、はんだづけや、塗装を乾かしたりすることにも適しているので幅広い用途に使用できます。

 

今回はそんな魅力溢れるヒートガンを定番の製品から、あまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ヒートガンの選び方

素材や用途に合わせて最高温度を確認しよう

ヒートガンはドライヤーのように温度が強いもの、弱いものがあります。強パワーのものほど良いということもないので自分の用途に合ったものを選びましょう。

軽作業には300℃あれば十分

ヒートガンは種類によって設定された最高温度が異なります。高ければ高いほど良いということもなく、重要なのは自分が使いたいシーンで最も適切な温度が保てるかということです。安価なものでもハイパワーな製品はありますが、その分故障し易かったりするので注意です。

 

そして温度設定が細かくできたり、最高温度が高くなるほど価格が高額になっていく傾向があるので、無駄にお金をかけないためにも自分の使用する素材や用途を確認し、適切なものを選びましょう。

 

例えば状況により多少異なりますが、熱収縮チューブの加工は100℃前後あれば十分ですし、低温はんだは140℃前後、アクリル曲げには160℃、塩ビの溶接にも260~280℃あれば十分です。これらは基本的に最高温度が低い方である300℃までのヒートガンがおすすめです。

 

 

様々な用途に使用したい方は最高温度が高めな製品を

様々な用途に使いたいと考えているのであればなるべく温度の調節範囲が広いものを選ぶと良いす。例えば、普通のはんだ加工には350°C前後必要で、溶接材料を柔らかくするための加工や、錆びたボルトを外すための熱加工には、およそ500°C前後必要です。

 

ちなみに温度はノズルや距離を変えることでも調節できるので、細かい温度調整機能がついてない場合はそれらで調節することもおすすめです。しかし、あまり高温で近づけすぎると素材が痛んだりしやすいので注意が必要です。

 

より本格的な作業頻繁にヒートガンを使用し、様々な素材や用途を検討されている方には、最高温度が高い製品がおすすめです。

 

搭載されている機能で選ぶ

搭載されている機能も製品によって様々です。ヒートガンは使い方を間違えると火傷をする危険があるので、安全性の高いものが望ましいです。

風量切替機能があると快適に作業ができます

作業をより快適にするために欠かせないのが風量切替機能です。風が強すぎると扱う素材によっては飛ばされて安定した作業ができませんし、逆に風が弱すぎると作業に時間がかかりすぎてしまいます。

 

基本的に強・弱の2モードの製品が圧倒的に多いですが、基本的には2モードでも十分です。中には風量切替が搭載されていないものもあるので用途によっては注意が必要です。風量切替がさらに細かくできる製品は用途を選ばず活躍するので大変便利です。

 

温度と同じで、なるべく細かい段階で調節できると幅広い作業に対応できるので、用途が様々な方にはそちらがおすすめです。

安全性を考えると冷却機能搭載がおすすめ

ヒートガンには冷却機能が付いているものがあります。それにより、高温での熱処理作業をした後にも自然に冷却するために長い時間放置せずにすみ、効率よく冷やすことができるようになります。

 

作業後の取り扱いを誤ると、作業部分が変形するなどの心配があり、火傷をしてしまう危険性もあるので作業後はしばらくの間放置し、絶対にすぐに触ってはいけません。冷却機能はそんな放置時間を格段に短くしてくれます。

 

最近のヒートガンは冷却機能がついているものが増えてきていますが、冷却機能がついていないものもあるので注意が必要です。対象物を冷ますことにも使え、安全性、ヒートガンの寿命を延ばすことなどを考えると、やはり冷却機能が付いているものがおすすめです。

定格使用時間もチェック

どのくらいの時間使い続けることができるかのかがわかる定格使用時間も確認しておきましょう。記載されている時間よりも連続して長く使うと、故障の原因や発火などの恐れがあります。再度使用する場合は十分に休ませてから使用しましょう。

 

製品によって定格使用時間は違いますが、基本的に20分の製品が多いので、それを基準に考えて選びましょう。塗装剥離など、長時間になりやすい作業には定格使用時間が長い製品がおすすめです。

 

製品の中にはパッと見て定格使用時間が記載されていないものもありますが、ヒートガンを安全に、故障などから守るためにも不安な方は定格使用時間はチェックしておくことをおすすめします。

ノズルなどの付属品で選ぶ

ヒートガンの付属品も重要なので確認しておきましょう。特にノズルはとても重要で、製品によって付属しているノズルの種類や数も様々です。作業に適したノズルを使い分ける事で、作業がさらに快適になります。

 

例えば、広い面積の塗装面を乾かすためには口の広いノズルを使えば一気に熱風で乾かしやすくなり、逆に狭い範囲や一か所に集中して使用したい場合は口の狭いノズルが適しています。

 

そして付属されてないものも多いですが、スクイーパーもあれば便利です。スクイーパーは、ノズルの入りにく場所の掻き出し作業や、塗装、ステッカーなどの接着物の剥離に大変便利なので、必要と感じた方はスクイーパーが付属している製品がおすすめです。

 

また、安価な製品には付属されていないことが多いですが、専用のケースがついているものだと収納に困りません。

ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選

第10位

JLKJ

DigHealth ヒートガン ホットガン 超強力1800Wホットエアガン 熱処理風量2モード アタッチメント付 4種類ノズル 1本三角スクレーパー

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながら専用ノズルが5種類も!

非常に低価格で板金作業や樹脂製品の加工など様々な用途に使えるヒートガンです。専用ノズルが5種類と多めなところが特徴です。

 

かなり低価格なため耐久性には少し難がありますが、最低限の必要な性能は搭載されていて、この価格で最高温度が600°Cとかなり高めに設定されています。温度は2段階切り替えが可能で低い方は300°Cとなっています。

 

使用頻度の高い人向けではありませんが、素人作業には十分です。低価格なので高機能を求めず、初心者の方やとりあえずヒートガンが欲しいという方におすすめです。

サイズ250×70×190mm最高温度600°C
消費電力最大1800W定格使用時間
第9位

GOOMAND

GOOMAND ヒートガン 300W ミニ 小型 軽量 ホットエアガン エン ボスヒーター 熱銃電動 DIY 修理 補修 熱風機

価格:1,560円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレート形状が特徴的なヒートガン

ヒートガンはドライヤーのような形状が一般的ですが、こちらの製品のようにストレート形状のものも存在します。この形状により、グリップ部分が引っかからず収納が楽で細かく動かすことができます。

 

最大消費電力が300Wとかなり低めなので最高温度も300°Cと低く、温度を調整できないので汎用性はあまり高くありませんが、かなり低価格であることや、軽作業であれば十分な活躍が期待できますし、高すぎる温度が出ないことで安心感もあります。

 

掴む部分には滑り止め加工がされていて扱いやすく、グリップ部分が無い事を上手く補っています。定格使用時間が8分と短いですが、ヒートガンを頻繁に使用せず軽作業に持っておきたい方におすすめです。

サイズ225×47mm最高温度300°C
消費電力最大300W定格使用時間8分
第8位

エムティーケー(Mtk)

MTK【 ヒートガン (HT1800) 】4種類ノズル付 1800W 2段階 風量切替機能付き ホットガン 110V 50Hz-60HzDIY 修理 補修 日曜大工 乾燥 剥離 加工 HT1800

価格:1,926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソフトグリップで持ちやすいオーソドックスな製品

最大消費電力1800W最高温度600°Cハイパワーのヒートガンです。2段階風量切替機能付きで、手元のスイッチで簡単に強弱を調整できます。付属品も豊富で、ノズルが4種類付いてきて、スクレーパーも付いています。

 

握りやすいソフトグリップ加工スタンドフックで立たせることにより、両手が使えて快適に作業ができます。しかし、耐久性があまりないところと、最高温度は高いですが冷却機能がないので、使用後は火傷などに注意が必要です。

 

とにかく安価で必要最低限の機能が揃った高温度が出せるヒートガンをお探しの方におすすめです。

サイズ250×70×195mm最高温度600°C
消費電力最大1800W定格使用時間20分
第7位

ウェイモール(WEIMALL)

ヒートガン 1800W 強弱2段階切り替え可能 アタッチメント付き

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価でお手軽なハイパワーヒートガンならこれ!

驚きの1000円台と低価格ながら、かなりバランスのとれた製品です。特徴的なのはその火力で、口コミにおいても、物凄く熱くかなりのパワー出せると高評価を受けています。温度も強・弱の2段階切り替えが可能で付属品も充実しています。

 

こちらも立てて使えるフック付なので両手が使えて作業がしやすくなります。低価格の製品には日本語の説明書がついていない場合もありますが、この製品にはちゃんと日本語の説明書がついているので安心です。

 

付属ケースなどはありませんが、値段以上の働きをしてくれてバランスがとれているので、低価格のヒートガンの中でも特におすすめの製品です。

サイズ260×70×200mm最高温度600°C
消費電力最大1800W定格使用時間20分
第6位

石崎電機製作所

SURE 熱風加工機 プラジェット標準タイプ

価格:8,033円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈で安心感のある日本製のヒートガン

こちらはノズル部分の形状が特徴的な日本製のヒートガンです。付属品のノズルは無く、別売りで細いタイプで熱風集中型のノズル「AT-21」や、広い面積用の平形タイプ「AT-31」があります。平形の方が少し高いですが、どちらも2000円前後です。

 

これまで紹介したプラスチック製の製品とは違い、非常に頑丈で長持ちします。そのため、こちらのヒートガンはさまざまな産業で使われていて、高い信頼性があり、工業用として使われています。

 

熱風・送風の2段切り替えも特徴的で、送風機能は対象物を冷ますことにも使用できます。付属品は少ないですが、頑丈で信頼性の高い製品を検討している方におすすめです。

サイズ213×70×191mm最高温度450°C
消費電力最大1000W定格使用時間
第5位

マキタ(Makita)

マキタ(Makita) ヒートガン(ホットガン) HG6031VK

価格:8,545円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納ケース付きで汎用性の高い優等生

作業に合わせた細かな温度設定が可能な信頼性の高いマキタのヒートガンです。なんと温度調整は驚きの9段階で、ダイヤルで調整できます。さらに2段階のスライドスイッチにより、更なる温度調整も可能です。

 

急速冷却機能付きで、高温のノズルと部材を急速冷却させる事ができます。そして、付属品も大変豊富でノズルが4種類、スクレーパー2種類、更に収納ケースまでついてきます。ノズルやスクレーパーは別売りを購入することで更に増やすことも可能です。

 

様々な機能がついており、付属品も豊富なので非常に汎用性が高いので様々な方におすすめの製品です。

サイズ257×85×206mm最高温度550°C
消費電力最大1200W定格使用時間
第4位

パオック

Power sonic(パワーソニック) ヒートガンセット HG-10S

価格:5,969円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LED温度インジケータで温度表示が一目瞭然!

こちらの製品も非常に多くの付属品と収納ケースが付いてきます。やはりヒートガンは置き場所にも困りやすいので、専用のケースが付いてくるのは嬉しいですね。

 

この製品の最大の特徴はLED温度インジケータが付いていることにより、温度表示が一目瞭然で分かり易いところです。温度表示見ながら作業ができるので、他の製品ではあまり見られないとても便利な機能です。

 

もう一つの特徴として定格使用時間が30分なので、比較的長い時間の作業にも適しています。収納ケース付きでこの性能、そしてこの価格はかなりコスパが高いと言えます。

サイズ245×80×205mm最高温度590°C
消費電力最大1200W定格使用時間30分
第3位

白光(HAKKO)

白光(HAKKO) 工業用ドライヤー ヒーティングガン 温度風量可変タイプ FV310-81

価格:8,162円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段階コントロールで操作性抜群!

モノトーンのカラーリングと上品なデザインが目を引く、こちらも収納ケース付きのヒートガンです。ノズルなどの付属品はありませんが、別売りのものを購入することで増やすことができます。

 

こちらは温度、風量を無段階コントロールが可能で操作性が非常に高いのが特徴です。また、背面ラバー付きで自立作業時も転倒しにくく、オプションのスタンドを使用することでさらに安定させることも可能です。

 

冷却送風機能付きで、効率よく加熱できるセラミック碍子を採用しており、ヒーターは蓄熱性に優れています。扱いやすさ、操作性を重視されている方に特におすすめの製品です。

サイズ240×70×190mm最高温度530°C
消費電力最大1000W定格使用時間
第2位

イチネンMTM ツール事業部

イチネン ミツトモ 『リリーフ ヒートガン 1500W RHG-1500 87050』

価格:4,646円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多くの場面で活躍できる値段もお手頃なヒートガン

プラスチック製なので非常に安価ですが他のプラスチック製の製品より少し高額でワンランク上の製品です。とても人気のあるヒートガンで、その魅力は低価格にもかかわらず非常に多機能であり、付属品も豊富なところにあります。

 

5000円以下ですが、温度・風量が切替可能で、加熱後の冷却の為の送風機能付きです。更に、専用ケースにすべて収納できるのもとても便利です。この価格帯で、非常にバランスが良く使いやすいヒートガンと言えます。

 

多機能で値段以上の働きをしてくれるので、3000円前後のプラスチック製のヒートガンよりもワンランク上のものが欲しい方におすすめです。

サイズ275×80×190mm最高温度550°C
消費電力最大1500W定格使用時間20分
第1位

(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート

(STRAIGHT/ストレート) ホットエアーガン 400℃ 17-491

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で操作性も抜群な値段以上の性能を持ったヒートガン!

さて、今回最もおすすめしたい製品がこちらです!こちらも非常に安価でありながら多機能であり、操作性も高いと口コミで高評価を受けています。安価な製品には送風が付いていないものが多いのですが、こちらは熱風の弱・強、そして送風の3段階のスイッチ切り替えが可能です。

 

付属品もノズルが4種類と十分です。また、最高温度は400℃と比較的低めではありますが、必要十分であり、その分定格使用時間が30分と長いので塗装剥離などの時間がかかる作業に最適と言えます。

 

安全に素早く冷ますのに必須の送風モード付きで定格使用時間も長めの価格以上の能力なので、様々な方におすすめできる製品です!

サイズ270×190×75mm最高温度400°C
消費電力最大1500W定格使用時間30分

ヒートガンを○○に活用?裏技とは?

人気情報番組「ヒルナンデス!」で意外なあることをする際にヒートガンが活用できると話題になっていました。

最後にヒートガンを使った裏技方法をご紹介します!

料理にヒートガンを活用!

料理にヒートガンを使うなんて…と思われた方もいるのではないでしょうか。本来は工具として使うものですが、ヒルナンデス!の番組内でカリスマフードコーディネーターの方が裏技として料理で使えることを紹介していました。

 

魚の焦げ目がつかない程度に焼いた後に、ヒートガンで焦げ目を付けることで、中はふっくらとしていて、皮はパリパリと香ばしく美味しい焼き魚が完成します。

 

ガスバーナーだと火加減がわからず焦げ過ぎてしまうことがあるので、ヒートガンが丁度良いと言われています。ヒートガン利用者の上級者は一度試してみてはいかがでしょうか?

ヒートガンに関するその他の記事はこちら

まとめ

ここまでヒートガンのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、もっとたくさんの種類のヒートガンがあります。塗装や溶接、はんだづけなどのDIYが今よりもっと快適になるように自分にぴったりのヒートガンに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ