記事ID132806のサムネイル画像

おすすめのプレイマット!人気ランキング10選【可愛くて使える】

赤ちゃんができると、様々なものをそろえなくてはならないですよね。プレイマットは、フローリングの床が増えてきている現代では、赤ちゃんが安全に遊ぶには必需品ですよね。そんなプレイマットのおすすめや、人気なものをランキング形式に紹介します。

プレイマットの魅力

赤ちゃんが寝る場所や、遊ぶ時のスペースの確保にプレイマットは便利です。赤ちゃんは座ってたかと思ってたらコロンと転がり、頭や体をぶつけることはしょっちゅうです。そんな時にプレイマットがあれば、衝撃が吸収されるので安心です。

プレイマットには、だいたいクッション性のものが多いので、転倒した時のけが予防にもなります。また、赤ちゃんは、おもちゃをなげたり、床にたたきつけたり、引きずったりして遊びます。その為、音や傷予防にもなります。賃貸やマンションの場合は、プレイマットは敷いておく方がいいですね。

 

プレイマットは、洗える素材の物もあるので、食事やオムツ交換で汚れた時も手入れがしやすいので、おすすめです。プレイマットには、子供が喜ぶようなイラストやパズルのように組み合わせれる物もあり、おもちゃにもなりますよ。

プレイマットの選び方

さっそく、どんなプレイマットがおすすめなのか、人気のものを見ていきましょう。リビングにプレイマットを置く時は、インテリアになじむのかということも考えましょう。

どんな目的で使いたいのかで選ぶ

プレイマットを敷く時に、下の階に迷惑にならないように、防音対策として、使用する。など、どういった目的で、プレイマットを使いたいのかによって、選ぶものも変わっていきます。赤ちゃんとの生活を想像して選びましょう。

汚れが気になる方には

赤ちゃんは、すぐによだれを床に垂らしたり、食べ物をこぼしたり、オムツで汚れたりと、しょっちゅう拭き掃除をしなくてはなりません。そんな時に、こういったタイプのジョイントマットを使えば、汚れてしまった部分だけ取り外して洗う事ができます。

 

コルクマットや、絨毯のように見えるものもありますので、インテリアに合うものが見つかると思います。一番使いやすいのは、ポリエチレンなどできた水洗いができるものですね。

転倒などの怪我が心配な方は

赤ちゃんは、しょっちゅうゴロゴロしたり、突然転ぶので床に頭をぶつけると、心配ですよね。この位の厚みがあると、赤ちゃんが転んでも安心ですね。赤ちゃんが遊ぶお部屋の床が畳ならそこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、フローリングの場合は、こういった対策をしておきましょう。

 

購入する際は、洗えるものなのかどうか、洗えるものならお家の洗濯機に入るのかも確認したいですね。サッとふき取れる素材のものなら手入れもラクですね。

子供のおもちゃになる物

子供が喜ぶような動物のプレイマットで、手遊びができるような小さなマスコットなんかもついています。こういったタイプでは、ただ単にプレイマットとしての機能だけではなく、子供が寝ながら遊べるような工夫もされているので、寝ている赤ちゃんにとっては、楽しいおもちゃですね。

 

選ぶ際には、洗濯できる物や、持ち運びができるものですと、なおさら便利ですね。ちょっと実家で休む時などの為に、車に一つ積んでおくのも安心ですね。

プレイマットだけど、おもちゃの収納袋にもなる

これは、赤ちゃんが遊べるプレイマットにもなりますが、好きなおもちゃを中にいれて、袋のようにして持ち運ぶことができるものです。子供は、おもちゃで遊ぶと片づけをするようになるのは、3歳位にならないと、難しいです。

 

そんな時に、こういったタイプの収納袋にもなるプレイマットですと、散らかりがちなおもちゃもサッと片づける事が出来て、ママにとってもラクです。レゴブロックなどの細かいものは特に片づけるのが面倒ですので、こういったものがあると、サッと片づけられるので、おすすめです。出かける時も、持ち運べるし、お昼寝スペースにもなるので、いいですね。

インテリアになじむプレイマット

赤ちゃんが使うものは、どうしてもキャラクターものや、色味ががちゃがちゃしたものが多いと思います。そんな時に、プレイマットも子供が喜ぶような色にするか、インテリアになじむものにするか、悩むのではないでしょうか。

 

ジョイントマットにも、カラフルなものだけではなく、木目調などの、インテリアになじむオシャレなものがあるので、自分のお家の床の色に合わせる事ができます。ジョイントマットでしたら、汚れた所を取り外して、清潔にできるので、おすすめです。

 

木目調だけではなく、無地のものなど、色合いなども様々あるので、興味がある方は一度調べてみましょう。

使う時だけ出していたい方

赤ちゃんがちょっと遊ぶ時だけ、など、使う時だけサッと敷きたいのであれば、こういったタイプのコンパクトに畳めるものがおすすめです。これは布なので、洗濯もできて便利です。他にも、折り畳みしきのクッション性のあるお布団みたいなものもありますので、どういったものがいいか探してみましょう。

汚れた所だけを取り外せるジョイントマットを選ぶなら

ジョイントマットはプレイマットの中でも人気のあるものです。高いクッション性があるので、転倒しても安心ですし、様々な大きさのものがあるので、選びやすいです。丸洗いできたり、サッと拭くだけで汚れが落ちるものもあるのでおすすめです。色々な種類があるので、見てみましょう。

コルクマット

コルクマットは、かびにくいのと、ダニがつきにくいのが、魅力的です。見た目も高級感があるので、床に敷いてもおしゃれです。

 

注意点は、洗えるコルクマットか確認することと、洗ったあとには、しっかりと乾燥させる必要があります。乾燥していないと、カビの原因にもなるので、注意しましょう。また、安いものですと、ボロボロとコルクがはがれてくる場合もありますので、気を付けて下さい。

キャラクターや数字のジョイントマット

ジョイントマットには、数字や可愛いキャラクターがイラストされたものもありますので、そういったマットを選ぶのもいいですね。子供が、そこで寝ころびながら数字を覚えていったり、パズルのように自分で外して、床に敷くこともできるのでおすすめです。

組み合わせが自由

色合いを同じものにするのではなく、2種類混ぜて配置を変えたりして、自由に楽しめるものもあります。インテリアになじむ色合いに変える事もできますし、木目調なんかのデザインもあります。そういった自由にデザインを選べる、種類の豊富な所がジョイントマットの魅力な部分ですね。

サイズや厚みで選ぶ

プレイマットには分厚いものもあれば、薄手のものもありますので、いくつかみてみましょう。

厚手のプレイマット

価格:23800円(税込)

厚手のプレイマットのメリットは、衝撃をしっかり吸収してくれるところです。赤ちゃんはしょっちゅう頭をぶつけてしまうので、遊ぶ所や、寝る所にこういった厚手のプレイマットが敷いてあると、万が一赤ちゃんが転んでも、ママも安心ですよね。

 

デメリットは、重たいことや、収納しずらい事ですが、そういったことをカバーするような、軽量のものや、4つ折りに畳めるもの、ジョイントマットなど、そういったプレイマットもありますので、参考にしてみましょう。

薄手のプレイマット

価格:2499円(税込)

薄手のプレイマットの良い所は、どこでも持ち運べるような軽いものや、簡単に自宅で洗濯できることや、子供のおもちゃのような仕掛けがついているものなどがあることです。子供が、外出先で遊ぶ時などに、こういうプレイマットがあれば、赤ちゃんがよだれなどで、汚してしまうことも気にしなくてすみますね。

 

デメリットは、薄いので、そこまで衝撃を吸収できない事です。なので、硬い床に直接敷くような場合は、赤ちゃんが転倒しないように気をつけなければなりません。また、オムツ交換の時やお昼寝の時だけと、使い分けるのもありですね。

おすすめのプレイマット!人気ランキング10選

10位 Andiran『折り畳み式ベビープレイマット』

価格:5589円(価格)

コンパクトで分厚い

コンパクトに畳めるプレイマットです。衝撃を吸収してくれて両面滑り止め加工がされていて、柔らかいです。赤ちゃんが転んでも安心です。高密度で環境にやさしいXPE材料で作られ、地面の冷たい空気を遮断することができます。分厚いので、赤ちゃんがお昼寝する時にも利用できます。

 

また、ピクニックに行くときに、マットとして使用することもできます。浜辺にもおすすめです。サイズは200×150×1cmです。レビューを参考にさせていただきますと、匂いもしなく、安全に使用できているようです。

 

サイズ200×150×1cm
重さ1.34kg

9位 マテル『あんよでキック!』

価格:4481円(税込)

遊べるプレイマット

アーチ、ピアノ、おもちゃは取り外しができて、成長に合わせて長く遊べる嬉しい4WAYです。 足でも手でもピアノ演奏が楽しめ、5つのおもちゃが成長に合わせて遊べます。短い音楽が流れるモードと、約15分間音楽が流れるモードの2つのモードから選べます。

 

使い方は、1.おねんねでジム、アーチを立てるとたいそうジム 2.はらばいで指遊び、アーチをたおすと指遊びマット 3.おすわりでピアノ演奏、大きくなったらピアノに変形 4.おでかけにも使えます。ピアノは外せて、好きな場所で楽しめます。

 

レビューを参考にさせていただきますと、最初の頃はめちゃくちゃ喜んで思い切り蹴っていたようです。ピアノだけでも喜ぶし、吊るしてあったおもちゃも取り外して手に持って遊んでいるようです。どんなに強く噛んだり引っ張ったりしててもほつれてこないようです。サイズは45.5×68.5×7.5cmです。重さは1.9kgです。

サイズ45.5×68.5×7.5cm
重さ1.9kg

8位 プッパプーポ『お花型のかわいいプレイマット』

価格:4980円(税込)

可愛いお花型で、赤ちゃんにも優しい


赤ちゃんの寝相アートの定番商品、お花型のベビーマットです。おむつ替えや遊び場としても使えて、ベビーからキッズまで長く使えます。汚れても家庭で洗濯できます。中綿が2層式なのでふんわりなのにしっかりしていて、裏面はすべり止め付きなのでフローリングでも快適で、ママが寝ても気持ちいいです。

 

ギフトにも喜ばれますね。サイズは、約122cm(直径)×厚み3cmです。レビューを参考にさせていただきますと、ギフトにプレゼントしたら喜ばれたと言われる方が多数です。可愛いお花の形は、赤ちゃんもママもお気に入りのようです。

サイズ約122cm(直径)×厚み3cm
重さ780g

7位 Lexitek『プレイマット収納袋』

価格:1099円(税込)

おもちゃも収納できる便利なプレイマット

これは、プレイマットとしても使えるおもちゃの収納袋です。細かいおもちゃなども、このマットの上であそんで、片づける時はそのまま包み込めるので、片づけがとてもラクです。ヒモでひっぱるだけなので、シンプルで早く片づけられます。

 

家庭、屋外ピクニック、ビーチ、車、子供の誕生日パーティーや保育園でも活躍できます。素材は、ナイロン・不織布です。直径は、約150センチメートルです。 色はブルーです。重さは299gです。

 

レビューを参考にさせていただきますと、小さいおもちゃを片づける時など、大変だったが、このおかげで時短になり、助かるなど、高評価が多いです。手ごろな値段なのも、魅力の一つですね。

サイズ直径:150cm
重さ299g

6位 Ikea『プレイマットブルー』

価格:5800円(税込)

遊ばせながら、五感も刺激するプレイマット

0歳から使えるしかけ付きプレイマットです。さまざまな色や形、音、素材のしかけが五感を刺激して、遊びながら運動能力の発達を促してくれます。お家の洗濯機でも洗えます。布地は、綿100%です。裏側は、ポリエステル100%です。 付属品は、綿 80%, ポリエステル20% です。

 

サイズは、118cmです。重さは、0.8 kgです。レビューを参考にさせていただきますと、カーペットの上に購入したプレイマットを敷き、遊ばせていて、ほどよくふかふかしているようです。可愛くて気に入ったという声が多いです。

サイズ118cm
重さ0.8kg

5位 タカラトミー『てあそびいっぱいボックスにへんしんジム』

価格:7630円(税込)

プーさんが可愛い!長く使えるプレイマット

可愛いプーさんが目印のプレイマットです。布製なのでやわらかく、赤ちゃんにもやさしく安心して遊べます。誕生から2歳頃まで、長く使えてとてもおすすめです。プーさんと仲間達がデザインされたかわいいマットで、おむつ替えマットとしても使えます。

 

0ヶ月頃では、ジムとして遊ばせることができ、ガラガラやパリパリと、さまざまな音を出しれ赤ちゃんの興味をそそります。鏡等をバーに取り付けることができます。好奇心を刺激して、発育を促してくれます。 6か月頃の赤ちゃんはお座りができてくるので、プレイマットで遊ばせてみて下さい。

 

8か月頃からは、おすわりが安定して、ものがつかめる様になってきます。ジムから手遊びボックスに変えて、遊んでみましょう。 10か月からは、穴からピグレットを取り出せるかやってみたり、音や音楽が楽しい タッチタッチモードや、子守唄モード、くまのプーさん童謡モードなど、楽しみ方も様々です。

 

レビューを参考にさせていただきますと、プレイマット付きだし外してマットだけを使えて、洗えるので便利なようです。子供も長期間、遊んでいるようでお得なようです。本体サイズは、幅75.00cm×高さ43.00cm×奥行75.00cmです。重さは1.8kgです。

サイズ幅75.00cm×高さ43.00cm×奥行75.00cm
重さ1.8kg

4位 Yartar『組み合わせプレイマット』

価格:3599円(税込)

簡単に組み立てられて、可愛いプレイマット

可愛い柄のジョイントマットです。軽くてどんな場所にも手軽に簡単に、短時間で設置ができます。やわらかいEVA素材で、汚れにも強い安心のクッションマットです。赤ちゃんやお子様の転倒時の安全対策におすすめの商品です。防音やキズ防止にもピッタリです。

 

フローリングに敷くだけで、キズ予防だけではなく、防音や保温効果もあります。寒い冬は足元が冷えますが、これを敷くだけで、寒さをカットできます。汚れてもサッと拭くだけで綺麗になります。 全25枚で約0.9畳分です。厚みは1cmです。重さは1.8kgです。

サイズ0.9畳
重さ1.8kg

3位 GGUMBI『折り畳みプレイマット』

価格:31933円(税込)

値段の価値はあるプレイマット

折り畳み式で使わない時もすっきり収納できるプレイマットです。嬉しい4通りで、サークル、プレイマット、ソファー、ベットとしても使えます。軽量だから移動も簡単です。程よいクッション性で安全に使えて安心です。

 

厚さ4cmで優れた防音性がありますので、マンションなどで音が気になる時にも便利です。生活防水で掃除も簡単です。マジックテープと紐固定で組み立ても簡単です。セット内容は、4段マット1枚/200cm×140cm×4cm、ガード2枚/44cm×88cm×4cm、固定用紐/12本です。

 

素材は、外がPUで、中がPEです。重さは、4段マットが5kg、ガードが1.6kgですレビューを参考にさせていただきますと、とても分厚く商品もしっかりした作りで、これから先長く使えるようです。

サイズ4段マット1枚/200cm×140cm×4cm、ガード2枚/44cm×88cm×4cm
重さ4段マットが5kg、ガードが1.6kg

2位 白井産業『パステルZOOプレイマット』

価格:4298円(税込)

使いやすい厚みのプレイマット

安心の日本製のプレイマットです。厚み1.5ミリ固綿を使用しています。裏面滑り止め加工で安心です。かわいいクッションが2個ついています。お昼寝にも使えておすすめです。滑り止めが施している為、床暖房などの高温では使わないでください。

 

レビューを参考にさせていただきますと、小さなクッションもハイハイの良い強化道具になったり、枕になっているようです。ソファーに寄りかかって座っても滑り止めが効いていてズレないようです。インテリアにも馴染んでいるようです。

 

サイズは (マット)約110c×110cm(クッション)約35×35cmです。素材は、(マット)表側地:綿100%裏側地&中身:ポリエステル100%(クッション)側地:綿100%中身:ポリエステル100%です。重さは1.4kgです

サイズ約110c×110cm
重さ1.4kg

1位 西川リビング『トミカ01グリーンプレイマット』

価格:4360円(税込)

安心の日本製!西川リビングのプレイマット

大好きな乗り物といっしょに眠ったり、遊んだりできます。遊び心いっぱいの「トミカ」シリーズです。ふっくらとした肌触りで赤ちゃんに優しいです。生地が綿100%なので、ふっくらとした肌触りで赤ちゃんに優しいです。軽いので使う時だけ出して、使用後は畳んでしまえます

 

プレイマットの裏面には滑り止め加工を施しているので、床にしっかりと固定されて、安全に使えます。安心の日本製です。レビューを参考にさせていただきますと、生後5か月になる子供に使用していて、充分な大きさのようです。少し厚みがあるので、そのまま赤ちゃんをおいても大丈夫なようです。

 

ネットに入れて洗濯機で洗いましたが、型崩れもせず、すぐに乾いたようです。しっかりした作りのようで、柄も可愛く、子供が好きな乗り物のイラストで、高評価が多いです。サイズは、60x 50x 20cmです。重さは、1.2kgです。

サイズ60x 50x 20cm
重さ1.2kg

 

まとめ

赤ちゃんが生まれると、様々な物が必用になりますが、プレイマットは、赤ちゃんが安全に遊んだり寝たりするのは、必需品です。様々なタイプのものを紹介しましたが、お気に入りのものはみつかりましたか?赤ちゃんが好きなキャラクターものもいいですが、長く使えるインテリアに馴染むものもいいですよね。また、洗濯や、掃除がラクなものがおすすめです。価格も様々なので、予算に応じて自分のお気に入りのプレイマットを探しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ