記事ID132770のサムネイル画像

ほっこりかわいい!人気いっぱいのキッズスニーカーおすすめランキング10選

注目度バツグンのおしゃれでかわいい、人気のキッズスニーカーをご紹介します。軟骨でできている子供の足は変形しやすいので、正しいキッズスニーカーを選ぶことがとても重要です。子供の足の健やかな成長を妨げない正しい選び方にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

見ているだけで顔がゆるんじゃう!おしゃれなキッズスニーカー

おしゃれなキッズスニーカーは、カラフルでデザインも豊富です。可愛らしいキッズスニーカーに思わず顔もほころんでしまい、あれもこれもとたくさん買いたくなってしまいます。しかし、子供の成長は早いのですぐにサイズアウトしてしまうのが悩みのタネです。

 

「毎回大きめのサイズを買ってるから経済的にも優しい」という方もいますが、ちょっと待ってください!子供の足の骨というのは、実はまだ軟骨なので変形しやすいのです。骨の成長を阻害するようなキッズスニーカーでは、正常な骨の形状を歪めてしまいます。

 

間違ったキッズスニーカー選びをしていませんか?子供の足の健やかな成長のためには、正しいキッズスニーカーを選ぶ事がとても重要なのです。キッズスニーカーの選び方に触れながら、人気のキッズスニーカーをランキング形式でご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

かわいいだけではダメ!キッズスニーカーの選び方

子供の足の骨はまだ完全に骨化していなく、軟骨の状態です。成長と共に完全に骨化しますが、完全に骨化するのは14歳から18歳と意外と遅いのです。特に男子の方が遅い傾向にあります。足に合わないキッズスニーカーを使用すると、健全な発育を阻害してしまいます。

 

健やかな成長のために、正しいキッズスニーカーの選び方を参考にしてください。

 

おしゃれ!かわいい!キッズスニーカーの種類と特徴

キッズスニーカーの種類によって特徴が大きく異なります。それぞれのメリットとデメリットとはどのようなものでしょうか。それをご紹介します。

【紐で結ぶタイプ】は安定性バツグン

発育途中の子供の足にとって、最も理想的なのが紐で結んで固定するタイプです。足の甲全体をしっかりとサポートするので、靴の中で足が前後に遊ぶ事がなく健全な発育を妨げません。子供の足の発育にとってメリットは大きいですが、その反面デメリットもあります。

 

靴を履くたびに紐を結び直さないとメリットを得る事ができません。毎回結び直す手間がかかるというのがデメリットです。子供がまだ上手に紐を結ぶことができない場合、大人の方が結んであげる必要があります。

 

紐を結ぶのが不慣れな子供が自分で結んだ場合、途中で解けて転んでしまうリスクも考えなくてはいけません。子供の足の健全な発育に最も適してはいますが、デメリットのことも考慮しましょう。

【マジックテープ式】は安定性があり履きやすくて脱ぎやすい

マジックテープ式のキッズスニーカーは、紐で結ぶタイプより簡単に履いたり脱いだりできるのが長所です。マジックテープの仕様によりますが、紐靴と同じように靴の中での足の遊びを押さえる効果も得られます。

 

幼稚園や学校に通うようになると、毎回大人の方が紐を結んであげるという事もできなくなります。子供がまだ上手に紐を結ぶ事ができない場合は、マジックテープ式のキッズスニーカーがいいでしょう

 

マジックテープ式にはマジックテープを引っ張って貼り付けるタイプと、一度金具に通してから折り曲げて貼り付けるタイプがあります。折り曲げて貼り付けるタイプが紐靴に最も近い効果を得られ、足の発育に適しています

【ファスナー式】は扱いが容易

ファスナー式にもファスナーだけのタイプと、紐靴の横にファスナーが付いているタイプがあります。子供の足の発育を考えるなら、紐靴の横にファスナーが付いているタイプがいいでしょう。紐靴のメリットを得ながら、履いたり脱いだりするのが容易になります

 

しかし、その場合でも学校や幼稚園へ行く前に、大人の方がサポートが必要です。しっかりと紐を結んであげたり手伝ってあげた後は、学校や幼稚園でファスナーを開閉するだけなので、子供だけで脱いだり履いたりすることができます

 

ファスナーだけのタイプは足をしっかりサポートするというより、履いたり脱いだりすることを容易にするのが目的です。ファスナータイプを選ぶ場合、子供の足の発育のために紐靴タイプのファスナー付きをおすすめします。

【スリッポン】は履きやすさと脱ぎやすさを追求したモデル

スリッポンタイプというのは、履きやすさと脱ぎやすさを追求したものです。子供でも簡単に履いたり脱いだりできるので人気もあります。靴を履くときに手がかからないというメリットはありますが、デメリットもしっかりと認識する必要があります。

 

履きやすさと脱ぎやすさを追求しているので、足にピッタリとフィットしないスリッポンタイプのキッズスニーカーも多くあります。そのようなキッズスニーカーは、足の骨の成長に悪影響を及ぼす危険性があります。マジックテープなどで調整できるスリッポンがいいでしょう。

 

そのために、キッズスニーカーの各部位の作りをしっかりと確かめる必要があります。どのようなタイプのキッズスニーカーでも、作りを確かめるのはとても大切です。そのポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

サイズの選びのポイント

すぐにサイズアウトしてしまうキッズスニーカーですが、子供の足の大きさに合わせることが最も大切です。サイズ選びのために押さえておきたいポイントは数点ありますが、そのポイントをご紹介するのでぜひチェックしてください。

トップライン(つま先)の余裕を確かめる

キッズスニーカーを履いてみて最初に確認したいことがトップラインの余裕です。子供は足の指で地面を掴むようにして歩きます。足の指が自由に動くように、つま先部分には5~10mm程度の余裕は必要です。トップラインが窮屈では足の指の成長を阻害し、骨が変形しかねません。

 

また、足の指やふくらはぎの筋肉の成長が不十分になります。その結果、転びやすい体になってしまうので十分な確認が必要です。試し履きをした時に「痛い所は無いか」「指は自由に動くか」という事を子供に確認し、手で触ってトップラインの余裕を確かめましょう。

 

トップラインの確認はとても大切なポイントです。指先を伸ばせないほど窮屈なキッズスニーカーなど論外です。子供の成長は早く年に10mmほど足が大きくなるので、4~5ヶ月に一度はつま先の余裕を確認してあげましょう

 

 

 

 

かかとがしっかりしているか確認

人の体はかかとから足を下ろして歩くようになっていますが、子供はかかとの骨がまだしっかりと完成されていないので安定しません。子供はかかとの不安定さを足の指先でフォローしています。そのため、かかとの作りが粗悪なキッズスニーカーは、歩く時に安定しないのです。

 

不安定なあるき方を続けていると歩き方に変な癖がついたり扁平足やO脚、X脚のように悪影響が出る可能性もあります。かかとの作りはしっかりとチェックしましょう。かかとの作りが合っていないと足の指先に大きな負担がかかり、健全な成長を妨げてしまいます。

 

足の指先とかかと、そして土踏まずは安定した歩行に必要です。それを形成する段階で成長を妨げるようでは弊害が出てきます。子供のかかととキッズスニーカーのかかとの形状が合っているかを確認しましょう。

 

 

 

足の甲をサポートしているか確認

足の甲の確認も忘れてはいけないポイントです。トップラインに隙間を持たせるという事は、靴の中で足が前後に遊ぶという事になります。しかし、靴の中で足が遊ぶという状況は好ましくありません。そのためキッズスニーカーの足の甲の作りはとても大切です。

 

キッズスニーカーの足の甲の作りは、靴の中で足が遊ぶのを抑える役割をします。足の甲をしっかりと押さえることで、靴の中で足が前にずれようとするのを防ぐので安定感が増すのです。せっかくトップラインに気を配って選んでも、足がつま先側に動いては意味がありません。

 

足をしっかりとホールドするために、足の甲の作りを確認しましょう。足のずれを抑制することで、トップラインの余裕が活かされます

靴底はしっかりしていて柔軟性はあるか確認

靴底の確認も大切なポイントです。屈曲ポイントが足に合っているかを確認しましょう。靴の指の付け根に当たる部分で、曲がるポイントを屈曲ポイントといいます。この屈曲ポイントが合わないと、足の指の動きを制限してしまいます。

 

つま先が少し反り上がっているのが靴底の好ましい形状です。幼い子供は蹴り出しが苦手なので、つまづきやすいペタペタ歩きをします。それをフォローするのがつま先の反り返りです。蹴り出しはとても大切で、これをフォローしないと歩き方に変な癖が付いてしまいます。

 

反り返りがあると重心が前に乗るので、上手な蹴り出しを自然に覚えることができます。キッズスニーカーを選ぶときは、靴底の反り返りもチェックしましょう。厚すぎる靴底も発育によくありません。靴底が厚すぎず薄すぎない物で、衝撃を吸収するタイプを選ぶといいでしょう。

その他のチェックポイント【履きやすい・通気性・靴の履き方】

適切なキッズスニーカーを選ぶと子供の足の成長を妨げません。そのために大切なポイントをご紹介してきましたが、それ以外に気をつけておくと快適になるというポイントがあります。

履きやすくするループ

履きやすさのポイントですが、マジックテープ式やファスナー式、スリッポンなどご紹介してきました。これで履きやすさの恩恵は受けられますが、もう一つ便利な機能を押さえると更に快適になります。靴を履きやすくする機能とは、かかとに付いているループです。

 

指が一本入るくらいの小さなループですが、このループを使うと指をかかとに差し込まなくても靴が履きやすくなります。ループを使うことで、靴を上手に履くコツを早くつかめるでしょう。細やかなことですが、一人で靴を履くというのは自立心の向上にもなります。

通気性の確保

靴を選ぶ時に気をつけたいポイントに通気性良さがあります。靴は蒸れやすいので通気性にも気を配ってあげましょう。素材にメッシュを使用しているものや、足の甲の部分に空間があるものなどを選ぶといいでしょう

 

幼い子供は自分から靴が蒸れるとは言えませんから、もし靴を嫌がるようなら通気性を確認してみて下さい。蒸れる靴を履くのは不快ですから、通気性の良い素材を使用しているか、工夫はされているかをチェックしましょう。

正しい靴の履き方

「靴の選び方に履き方が関係あるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。正しい靴の履き方をしていなければ、ポイントを押さえて靴を選んでもその恩恵を十分に受けられません。正しい履き方をしてサイズを合わせることが大切です。

 

靴を履く時につま先を地面にトントンと軽く当てることはないでしょうか。靴を履いたあとは、かかとを地面にトントンと軽く当てる方がいいのです。そうすることで靴のかかとのラインに、自分のかかとがしっかりと収まって安定します。

 

そのあと紐の場合はつま先側から絞っていき、マジックテープの場合は上から留めていきます。これでかかとも安定し、足が靴の中で遊ぶこともなくなります。このように靴を正しく履いた状態で、ポイントを確かめながらサイズを見つけることが大切なのです。

人気のキッズスニーカーおすすめランキング10選

選び方のポイントを押さえたら、いよいよキッズスニーカー選びです。さまざまなタイプのなかから特におすすめのキッズスニーカーを厳選したので、ぜひチェックして下さい。

10位 UBELLA『スニーカー 女の子 フラット キッズシューズ カジュアル 可愛い耳 マジックテープ 履きやすい』

価格:¥ 2180~2480円(税込)

うさ耳とリボンがかわいく、個性的なデザインで注目度バツグン

リボンとウサギの耳が印象的なデザインで、とてもかわいらしいです。キッズスニーカーの側面にも小さなウサギがプリントされていますが、大きすぎず小さすぎずでバランスよく配置されています。とても女の子らしいキッズスニーカーで、他の子と被るようなことは無く個性的です。

 

クッション性がよく軽量ですが硬めなので、外で運動をするときは控えたほうがいいでしょう。普段履きからちょっとしたお出かけ用と、幅広く使いやすいデザインなので経済的でもあります。かわいいもの好きな女の子の心をくすぐるデザインで、注目度もバツグンです。

ブランドUBELLAサイズ(cm)16~22
素材アッパー:マイクロファイバーカラー2色

9位  アシックス『スニーカー Amphibian Baby SR 2 ベビー』

価格:2387~4644円(税込)

通気性の良さに定評があるラッセルメッシュと温度変化に強いグリップラバー採用

マジックテープ式で履きやすく、涼しさを求めたデザインが特徴的です。涼しさはデザインによるものばかりではなく、ラッセルメッシュによる恩恵もあります。ラッセルメッシュはマラソンシューズにも使われるほど通気性に優れているので、お子様も快適に過ごせるでしょう。

 

靴底には低硬度グリップラバーを使用しているので、温度の変化に影響されることなく柔らかさとグリップ力を維持できるのも嬉しいポイントです。マジックテープを外すと甲の部分が大きく開くので履きやすく、足を入れたあとはマジックテープでしっかりと甲をサポートします。

 

幼児でも自分で履けるようなデザインも人気の理由の一つで、自立心の向上にも役立つでしょう。履きやすくて涼しく、暑い夏にピッタリのキッズスニーカーです。

ブランドアシックスサイズ(cm)13
素材

メイン素材: 合成繊維

表地: 合成繊維/人工皮革

ソール素材または裏地: 合成底

ストラップの種類: 甲ストラップ

素材:合成繊維/人工皮革

アウトソール:ゴム底

カラー4色

8位 ニューバランス『キッズシューズ スニーカー スリッポン』

価格:1990~5649円(税込)

蒸れにくいメッシュ生地とグリップ力が高いソリットラバー採用

かかとを踏んでサンダルのように履くこともできる2WAYタイプのキッズスニーカーです。メッシュ仕立てで通気性もよく、グリップ性に優れたソリッドラバーを大面積で搭載しているので動き回る活発な子供に適しています。

 

甲高の子供の靴選びはサイズ合わせが大変ですが、甲高で幅広の足にも履きやすいデザインです。甲高の子供がいる方はチェックしてみて下さい。

ブランドニューバランスサイズ(cm)14~20
素材

メイン素材: 人工皮革

ソール素材または裏地: ラバーソール

カラー8色

7位 HACOO『スニーカー スリッポン レディース 男の子 女の子 軽量 通気 防滑 ランニング スポーツ キッズシューズ 通学 八色 19.5cm-24.5cm』

価格:2000~2599円(税込)

軽くて柔らかい!紐付きタイプなら甲高の足でも合わせやすい

シンプルなデザインなので服に合わせやすく使いやすいデザインが魅力です。紐付きタイプと紐なしタイプの2種類があるので、お好みで選ぶといいでしょう。フィット感を追求したデザインでクッション性も十分です。

 

紐付きタイプはきつさを調整できるので、甲高の子供の足にもフィットします。薄手で通気性の良いニット系の生地で柔らかく、履き心地に定評があります。洗っても乾くのが早いのでお手入れも楽になりますが、雨の日には使用を控えたほうがいいでしょう。

 

柔らかくて軽いので室内履きとしても使いやすく、シンプルですがかわいらしいデザインが人気です。

ブランドHACOO(ハコ)サイズ(cm)19.5~22.5
素材

表地: 合繊

メイン素材:合成繊維のメッシュアッパー

MDソール

カラー10色

6位 コンバース『ベビーシューズ ベビー オールスター 』

価格:3042~4644円(税込)

しなやかなラバーでかかと部分にはボードを内蔵。屈曲ポイントもしっかり曲がる

紐タイプのキッズスニーカーなので安定性があり、脱ぎ履きはファスナーの開閉でできるので楽です。かかとに付いている幅広のループも履きやすさに一役買っています。しなやかなラバーを採用していますが、かかと部分はボードを内蔵した作りです。

 

屈曲ポイントもしっかり曲がる設計なので、子供の足の成長を妨げません。縫い付け仕様のゴアシューレースで解けにくく、活発な子供の動きに対応するので安心です。コンバースらしいデザインはカジュアルな感覚で使いやすく、おしゃれとカッコよさを両立しています。

ブランドCONVERSE(コンバース)サイズ(cm)12~15
素材

メイン素材: キャンバス

表地: キャンバス

ソール素材または裏地: ラバーソール

カラー4色

5位  PARK AVENUE『全13色 キッズ ジュニア ハイカット スニーカー 軽量 ダンスシューズ』

価格:2679~2680円(税込)

ダンスシューズとしても使いやすい!履きぐちが柔らかいハイカット仕様

ゴム製の靴紐とマジックテープで脱ぎ履きが楽です。カップインタイプのインソールは洗うときに便利なのでお手入れも楽になります。インソールは低反発のダブルクッション採用で履き心地もいいです。

 

ハイカット仕様ですがマジックテープを外すと履き口が大きく開くので、子供でも履きやすいでしょう。ダンスレッスンをしている子供にも使いやすいと人気があります。ハイカットは足首の当たり具合が気になりますが、柔らかくできているので安心です。

ブランドパークアベニュー

サイズ(cm)

 

23
素材

メイン素材: 合成皮革

表地: エナメル

カラー11色

4位 ニューバランス『キッズシューズ ベビー サンダル KA208 12cm~24cm』

価格:1500~5510円(税込)

夏場の遊びにピッタリ!指が露出しないデザインも安心。蒸れないメッシュタイプで速乾性も抜群

サマーシューズですが、つま先までしっかりと反り返りがあるので歩行をサポートします。メッシュで水遊びにも最適で、キャンプなど夏場の遊びで活躍するシーンも多いでしょう。つま先のラバーには穴あけ加工が施されているので速乾性もバツグンです。

 

マジックテープを外すと履き口が大きくオープンするので、履きやすさも申し分ありません。サンダルのように指が露出しないのも安心できます。ウェーブタイプの中敷きなので、子供が痛がったり気にする場合は、中敷きを変えるといいでしょう。

ブランドニューバランスサイズ(cm)12~24
素材

メイン素材: メッシュ

ソール素材または裏地: ラバーソール

カラー7色

3位 キャロット『運動靴 通学履き 靴 4大機能 マジック 幅広 3E キッズ CR C2146』

価格:2910円(税込)

子どもの柔らかくゆがみやすい足を、箱型構造でしっかりと支えるカウンターボックス採用

子供の足に適した機能と、成長を妨げない設計で安心のキッズスニーカーです。トップラインはゆったりとした余裕のあるデザインで、指の動きを押さえつけません。足の構造に合わせた屈曲部はスムーズな歩行をサポートします。

 

しっかりと踏み返しができることで足裏が刺激され、アーチ状の理想的な土踏まずの形成に貢献します。かかとの捻れを防ぐ設計なので、安定性の高さも評価ポイントです。3E設計なので、足幅の広い子供におすすめです。

 

指のびのび、かかとしっかり、正しく曲がるという設計は、柔らかく変形しやすい子供の足に優しくて安心です。

ブランドCarrot(キャロット)サイズ(cm)14~21
素材

メイン素材: 合成繊維

ソール素材または裏地: 合成底

カラー7色

2位 ニューバランス『スニーカー FS313 12cm~16.5cm ベビー』

価格:2450~5560円(税込)

甲高幅広の足に合わせやすいニューバランス。吸汗性と発汗性も高く快適な履き心地

甲高で幅広の足を持つ子供の靴選びで、合うサイズがなかなか見つからないと困っている方も多いでしょう。そのような方におすすめのメーカーがニューバランスです。ニューバランスのデザインは甲高幅広の足の方に履きやすいと定評があります

 

吸汗性と速乾性が優れていて、汗を素早く吸収拡散し、外部へ発散するので快適性も高いです。軽量でクッション性や屈曲性も良く、子供の足に優しいのが評価を上げています。マジックテープ式で着脱性がいいのもおすすめのポイントです。

 

甲高幅広の足で靴選びにお悩みの方は、ニューバランスをチェックしてみて下さい。窮屈な靴でも我慢していた方は、心地よい履き心地を得ることができるでしょう。

ブランドニューバランスサイズ(cm)12~15
素材

メイン素材: 人工皮革

ソール素材または裏地: 合成底

カラー6色

1位 ニューバランス 『スニーカー FS996 (現行モデル) ベビー』

価格:2896~5,778円(税込)

吸汗性が良く、拡散して外部へ発散。歩行をサポートする構造で活発な子供の運動にしっかり対応

履き口が大きく開くので、子供が自分で履きやすいのがおすすめのポイントです。耐久性とグリップ性に優れたアウトソールは、活発な子供の動きをしっかりとサポートします。通気性の良い素材を仕様していることで蒸れにくく、快適な履き心地を味わえます。

 

つま先も緩やかな反り返りがあるので、蹴り出しもしやすく正しい歩行をサポートします。豊富な19色のラインナップの中から、お気に入りのカラーを見つけることができるでしょう。汚れにも強くお手入れが楽になるのも嬉しいポイントです。

ブランドニューバランスサイズ(cm)12~16.5
素材

メイン素材: ナイロン

表地: スウェード

ソール素材または裏地: 合成底

カラー19色

まとめ

いかがでしたでしょうか。子供の靴や服はすぐにサイズアウトしてしまうので、少し大きめの靴で長く履けるようにするという方もいます。しかし、柔らかい子供の足は外部の圧力で変形しやすいので、正しいサイズや形状のキッズスニーカーを選ぶことがとても重要です。正しい歩行をサポートする形状のキッズスニーカーを選ばないと、蹴り出しが上手にできなくなったり土踏まずの形成にも悪影響を与えます。間違った靴選びをすると歩き方に変な癖が付いたり、転びやすい歩き方になってしまうこともあります。子供の健やかな足の成長のために、キッズスニーカーの選び方を参考に正しいキッズスニーカーを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ