記事ID132764のサムネイル画像

【スキーの必需品!】大人気スキーグローブおすすめランキング10選!

スキー、スノボーには必需品のスキーグローブ。久しぶりに行きたいけど、どんなものがおすすめかわからないという方もいるのではないでしょうか。今回はそんなお悩みを解決するために、スキーグローブの選び方や、人気おすすめ商品をランキング形式でまとめました。冬のウィンタースポーツに検討してみては?

スキーグローブとは?

冬の季節の祭典でもあるスキーやスノボー。美しい景色と爽快感のあるスピードが魅力のスキーやスノボーですが、寒い季節でのウィンタースポーツなので、ウェアの他に寒さの対策として身を守ることが必要になります。

 

特にゴーグル、スキーグローブ、帽子は必ず用意したい必須アイテムです。その中でも今回ご紹介するのは、スキーグローブです。スキーグローブには様々な素材や構造、機能が備え付けられており、ウィンタースポーツには欠かせないアイテムです。

 

今回は、スキーやスノボーが好きな方におすすめのスキーグローブをランキング形式でご紹介していきたいと思います。ぜひウィンタースポーツを楽しんでください!

スキーグローブの選び方

安全な素材で選ぶ

スキーやスノボーを快適に楽しむには、安全面の確保も重要な要素になります。スキーグローブには、それぞれの素材の特性を生かして作られているので、しっかりとどんな素材が使用されているかチェックしよう!

保温力には本革

本革のスキーグローブには主に2つの特性があります。1つ目は、本革ならではの保温力です。寒い雪山で行われるスキーやスノボーはとにかく寒いです。手をしっかり防寒できていないと、凍傷などの怪我につながる可能性もあるので本革のスキーグローブでしっかりと保温しましょう。

 

2つ目は、衝撃に対する耐久性です。スキーやスノボーは激しいウィンタースポーツで転ぶことが頻繁に起こるので、スキーグローブの耐久性は重要な要素です。また、本革ならではの柔らかさがあるので、すぐに手に馴染んでくれます。

 

 

防水性&透湿性にはゴアテックス素材

防水性と透湿性に優れているゴアテックス素材。グローブ内部の水の侵入を防いでくれ、急激な体温の低下を軽減してくれます。また、値段の方も本革より少しリーズナブルになっておりお手頃な価格で購入できます。

 

雪遊びをするお子さんなど、雪に触れることが多い場合の方には特におすすめです!

 

スキーグローブの構造を細かく見る

スキー、スノボーのグローブを選ぶには、まずスキーグローブの構造を知っておく必要があります。雪山用のグローブは、一番外側のシェル、フィルム、インナーの3つの構造に分けることができます。

シェル

一番外側のシェルは、主に革を用いるのが基本で、革には保温力があります。強度の方も強く、安全性が高く、シェルの布類や合皮を使っているグローブもありますが、安全性を考えるなら革素材の方がいいでしょう。

 

また、スキー専用のグローブには、握る部分にスティックから手が離れにくいように「アテ」が備え付けられています。

フィルム

フィルムはシェルとインナーの間に挟まれているもので、防風と防水の役割を担ってます。フィルムがないとシェルの縫い目から、冷たい冷気が入ってきて、体温の低下を招きます。

 

防水機能はどのフイルムでも有してますが、おすすめなのがゴアテックスなどの透湿素材を使用すると、風や水を通さないのに水蒸気は通し、手を蒸れにくくしてくれます。

 

高いグローブは防水・透湿フイルムを使い、普通のグローブには、防水フィルムを使い、安いグローブにはフィルムそのものがなかったりするので注意して選びましょう。

インナー(ライナー)

インナー(ライナー)は、グローブの内側にある素材のことで、手の皮膚と直接触れ合部分になります。インナーはポリエステルなどの化繊が主流で、起毛になっていたり、フリース状になっていることもあります。

 

起毛部分がよりふわふわになると、付け地は快適になりますが、指は曲げにくくなります。そのため、指先部分だけ曲げやすい素材を使っているものもあります。また、起毛やフリース部分に空気が貯められ断熱効果を持っているのも特徴です。

レイヤータイプ

洗いやすいようにインナーが取り外せるタイプがあり、使い勝手の良いのが「レイヤータイプ」です。また、そもそもインナー部分が付いていないグローブもあるので確認しましょう。

 

インナーのないグローブは、別途で「インナーグローブ」を購入して使うこともできるので安心して購入できます。インナーが別に鳴ってると、洗いやすいというメリットもあります。

用途別・形状別で選ぶ

スキーグローブには、「スキー用」「スノボー用」の2種類のグローブがあります。スノボー用のグローブはスキー用のグローブと併用できますが、「スキー用」のグローブは専用のグローブを使用した方が快適にスキーを楽しめます。

3本指スキーグローブ

防寒対策として5本指グローブよりも3本指グローブの方が断然、防寒に適しています。3本指の場合、指と指が密接な位置にあるので保温効果が見込めます。

 

また、3本指グローブは主にスノボード向きのグローブであり、スキーだとスティックが持ちにくいのであまりお勧めしません。スノボード専用のグローブといってもいいです。

スキーの場合5本指

スキーはストックを持つことが前提ですので、ストックが持ちやすく、持つ部分の手が傷みにくくなるようにしっかりと手のひらの部分が補強されているか確認しないといけません。

 

主に、「5本指タイプ」のグローブがスキーに適したグローブで、指を自由に動かせてしっかりと握るれてフィットすることができます。

スノボーの場合ミトンタイプ

スノボーではスティックを持ちませんので、スキー用のグローブのように手の補強部分は必要ありません。また、スノボグローブでは5本指のタイプでも併用することも可能です。

 

しかし、スノボーには、「ミントタイプ」の専用グローブがあり親指と残り4本の指が2つに分かれたグローブがあるのでなるべく専用のスキーグローブを使用しましょう。

人気なブランドで選ぶ

スキー、スノボには多くの人気ブランドがあります。グローブの場合、ノーブランド品を買う人も多くいますが、品質など機能性に優れているのはブランドがある商品ですので、しっかりとチェックしておきましょう。

mont-bell(モンベル)

mont-bell(モンベル)は3人の日本人登山家が興した登山用品メーカーで、Function is Beauty(機能美)とLight & Fast(軽量と迅速)を開発コンセプトにしているブランドです。登山やスキーだけではなく、釣り、キャンプ、カヤック、農業に至るまで幅広く商品を提供しています。

 

その中でも「パウダーグローブ」モデルは、ドライテックという防水透湿性素材を表地に、ポリエステル製の中綿をインナーに使用して、防水性と保温性を高めています。指のカーブに沿った立体的な裁断と、手のひら部分に使われているモンベル独自の素材が、グリップ力も高めています。

 

様々なアウトドア用品として使われているので安心感がありおすすめなブランドです。

reusch(ロイシュ)

reusch(ロイシュ)は1934年に誕生した、ドイツのスポーツグローブメーカーです。アマチュアはもちろん、プロフェッショナルのために卓越したグローブを提供し続けています。スキーだけではなく、サッカーのゴールキーパー用のグローブでも有名です。

 

ロイシュの中でも「ロブスター」というモデルは、ユーザーから人気のモデルで主に、革製を採用しており、外気を遮断し、保温力の高いグローブになっています。レディース用もあるので注目のブランドです。

HESTRA(ヘストラ)

HESTRA(ヘストラ)は1936年、北欧のスウェーデンで誕生したブランドです。この国で盛んであった林業を支えるために、作業用のグローブの製造からスタートしました。そして、当時、流行の兆しのあったスキー用に、グローブの製造を始めたのがきっかけです。

 

ヘストラの中でも「OMNI GTX FULL TEATHER」モデルのグローブは、革、ゴアテックスを使用しており、撥水性・透湿性・保温性に優れているグローブです。さらに、インナーには温度調機能を持った素材を採用しています。

 

ウェアとのコーディネートがしやすいのが特徴で、豊富なカラーバリエーションで男女共に大人気のブランドになっています

スキーグローブ人気おすすめランキング10選

10位 MIZUNO(ミズノ)『スキーグローブ』

価格:4,913円(税込み)

スキーヤーに特化したグローブ!

10位に選ばれたのは、MIZUNO(ミズノ)『スキートレーニングファブリックグローブ』!スキーヤー向けに作られたミズノの『スキートレーニングファブリックグローブは、吸湿発熱素材のブレスサーモを採用氏、人体から発熱する水分を吸収して発刊効果をもたらす新しい保温メカニズムを実現しました。

 

リフレクションギアという特殊加工技術により、生地の片面にアルミニウム薄膜を形成することで、体内からの熱を反射して保温する機能を持っています。

 

使用する際の注意点として、漂白剤・蛍光漂白剤は使用禁止、タンブル乾燥の禁止があるので、洗濯・乾燥の際には十分気を付けて行いましょう!

重量約181gサイズL
レッド&ホワイト対象メンズ

9位 TerraHiker 『スキーグローブ』

価格:1,480円(税込み)

保温力抜群のスキーグローブ!

9位に選ばれたのは、TerraHiker 『スキーグローブ』

素材には、ハイテク320D全ポリエステル二重縫製タスラン布地を使用しているので、耐久性や耐摩耗性に優れている商品です。さらに、独自の耐水加工による撥水効果があり、寒い冬の日でも手をドライに暖かく保ちます。

 

人間工学に基づく設計を採用されており、手のひらにぴったりフィットするように考慮してカッティングされています。また、しなやかな動きやすさを実現し、長めの手首部分には高品質のPUレザーが使用されているので快適に楽しむことができます。

 

素材をこだわりたい方におすすめな商品です!

重量約160gサイズL
10種類対象ユニセックス

8位 MIZUNO(ミズノ)『スキーグローブ』

価格:3,679円(税込み)

スキーに適した5本指タイプ!

8位に選ばれたのは、MIZUNO(ミズノ)『スキーグローブ』

表地素材に、ポリエステル100%、掌部に合成皮革、甲部内側にプレスサーモを使用し、耐久性・防寒性・防水性に優れたアイテムです。

 

発熱+快適=プレスサーモを掲げ、優れた発熱力に、従来のアンダーウェアを超えた快適性能をプラス。このバランスが、他では得られない満足感を生み出してくれます。他にも、プレスサーモウェアの機能として、脱臭効果・PHコントロール機能などが付いています。

 

デザイン性・ブランド性による安心感・満足感はミズノのスキーグローブでしか味わえない商品になっています!

重量約159gサイズM・L・XL・LL
4種類対象メンズ

7位 iikuru 『スキーグローブ』

価格:2,000円(税込み)

豊富なカラーバリエーション!

7位に選ばれたのは、iikuru 『スキーグローブ』

女性用のスキーグローブとして大人気の「iikuru」は、高品質な中綿を使用し、極細ファイバーが熱を逃さず、内側には肌触りの良い記事を採用し、抜群の保温性を保ちます

 

防水コーティングが施され、蒸れにくく、濡れにくい素材を使用し、ウィンタースポーツに最適なアイテムになっています。また、指先部分までの滑り止め加工で安定したグリップ力で女性を支えます。

 

カラーバリエーションも女性をメインとして考えているので、子供から大人までの女性が利用できるよう可愛いらしいデザインを採用しています!

重量122gサイズone size
4種類対象レディース

6位 AYORI 『スキーグローブ』

価格:1,299円(税込み)

シンプルで着心地抜群!

6位に選ばれたのは、AYORI 『スキーグローブ』

着心地抜群・快適さを追求したAYORIのスキーグローブは、裏地に柔らかいフリース素材を使用し、暖かくて肌触りの良く、保温効果が高いスキーグローブです。

 

外側に防水材料を採用し、水は手袋の内部を浸透できない構造になっています。万が一、水が手袋の中に入っても、速乾性能も付いているので安心して利用することができます。また、外側の素材には耐久性の高い材料を持ち入れられてるので損傷する可能性は極めて低いです。

 

AYORIスキーグローブは一年間の保証付きなので、、万が一不具合や破損があれば、返金・再送などのケアもあるので安心してご購入いただけます!

 

重量約141gサイズone size
2種類対象ユニセックス

5位 Andake 『レディース スキーグローブ』

価格:1,499円(税込み)

女性に大人気な商品!

5位に選ばれたのは、Andake 『レディース スキーグローブ』

素材にはポリエステルを使用し、中綿には「薄くて、暖かい」を実現した、3M社の衣料用断熱素材、シンサレートを採用し、空気をがっちり閉じ込めて、保温力をキープしてくれます。

 

中綿の透湿防水膜で防水及び風防性能を向上させ、雨の侵入を防ぎつつ、体から出る汗や水蒸気を外に逃がす透湿機能も併せもつ高機能防水透湿膜を装備しています。また、ゴーグル等のレンズの曇りを素早く拭き取れるように親指の付け根部分に合成皮革を配置しています。

 

購入時の注意点として、この手袋はバイクの乗車に適していないので、確認してから購入しましょう!

 

 

重量約222gサイズS・M
6種類対象レディース

4位 FengNiao 『スキーグローブ』

価格:1,580円(税込み)

強力な滑り止めで安全性抜群!

4位に選ばれたのは、FengNiao 『スキーグローブ』

高品質な素材として、ナイロン・綿・228Tタスラン布地を外側に使用し、独自の防風・撥水素材加工で撥水保持効果を確実にし、手を乾いたまま保温してくれます。

 

エルゴミック設計で手のひらにぴつたりとフィットし、あらかじめカーブした指の部分でよりしなやかな動きを実現してくれます。腕部分にはベルト付きで、装着・脱着の容易さとサイズ調整が簡単にでき、風の侵入を防いでくれます。

 

スキー以外にも、登山・オートバイ・ハイキング・キャンプなど幅広いアウトドア作業に対応しているので、冬の季節以外でも大活躍してくれるおすすめな商品です!

重量約118gサイズLarge
7種類対象ユニセックス

3位 Motomo 『スキーグローブ』

価格:1,190円(税込み)

使い勝手のいい男女兼用!

3位に選ばれたのは、Motomo 『スキーグローブ』

素材には、ナイロン・吸湿発熱加工を施した裏地・起毛しているボアとフリース素材などを採用し、保温力が抜群です。高品質の中綿を使用し、極細ファイバーが熱を逃しません。

 

手のひら部分には滑りにくいアンチスリップ加工がしており、安全性が高いです。袖口をしっかりガードする絞り付きで、表地にナイロンを使用しているので防水性の面でも高機能なアイテムです。

 

注意点として、男性用と女性用と別々に分かれているので、ご購入の際はしっかりと商品詳細部分を確認してから購入しましょう!

重量約109gサイズone size
2種類対象ユニセックス

2位 X.A 『スキーグローブ』

価格:1,480円(税込み)

フィット感抜群!

2位に選ばれたのは、X.A 『スキーグローブ』

表地:ナイロン、裏地:綿を採用し、手のひらの滑り止め加工を施し、腕部分まで覆えるロングカフ付きのアイテムです。また、高い防水性を誇るナイロンを使用しているので、雨や雪の水分を侵入させない効果があります。

 

手のひら部分には、PUラバー加工によりジップ引き手など細かい部分もつかみやすくグリップ力の強度が抜群です。また、ストラップアジャスターを調整することでよりフィット感が増し、自由自在に動かすことができます。

 

豊富なカラーバリエーションが整っているので、男女共に安心して購入できます。スキーだけではなく登山などでも利用できるので、アウトドア好きにおすすめな商品です!

 

重量約136gサイズS・M・L・XL
7種類対象ユニセックス

1位 Grebarley 『スキーグローブ』

価格:2,799円(税込み)

タッチパネル対応の高機能!

1位に選ばれたのは、Grebarley 『スキーグローブ』

素材にTPU防水シート・3M シンサレート高機能断熱素材・フリース素材・ナイロンを使用し、防水性や保温力に優れたスキーグローブを実現しました。

 

グリップの形状に合わせた「立体裁断・立体縫製」をされに進化させることでグリップ力・ホールド感が大幅にアップしました。また、スキー場でよくある「片手の手袋を紛失する」といったことを防ぐためにジョイント機能を備えた連結フック付きの構造になっています。

 

タッチパネル対応のスキーグローブなのでわざわざ寒い中グローブを外さなくてもスマートフォンを操作できるので快適に利用できます。オールマイティーなおすすめ商品です!

重量約181gサイズS・M・L
5種類対象ユニセックス

まとめ

ここまでスキーグローブのおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。スキーグローブには様々なデザイン・機能性・素材が使われており、利用シーンに合った選び方があります。今年の冬を楽しむために自分に合ったスキーグローブを選んではいかがでしょうか。ウィンタースポーツを存分に楽しみましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ