記事ID132744のサムネイル画像

【賢く保護】人気のGalaxy S7 edgeケースおすすめランキング10選

両端ががカーブしている大きな画面が独特の形が人気のGalaxy S7 edgeですが、独特な形なので、手を滑らせてうっかり落としてしまう人もいると思います。特有の機能を機能を使うのに便利なGalaxy S7 edgeケースを見つけてみましょう。

Galaxy S7 edgeの特徴や使い方で選ぼう

Galaxy S7 edgeは、3Dガラスの採用により、ディスプレイの両端がカーブしたデュアルエッジスクリーンが特徴です。エッジパネルAlways On Displayワイヤレス充電などの便利な機能を使う場合はそれを活かすことのできるケースを選べば、より快適に使うことが出来ます。

 

また、持ち歩くときにズボンのポケットに入れたり、カバンの収納スペースががピッタリしている場合は薄く出来ているものがおすすめですし、ホコリが多いところや水回りでで使用することが多い場合は、防塵・防水機能を重視したものを選ぶといいでしょう。

Galaxy S7 edgeケースの選び方

Galaxy S7 edgeケースの選び方には、(手帳型・ケース型・バンパー型)から選ぶ方法、機能(ワイヤレス充電・Always On Display・動画視聴)を活かせるものを選ぶ方法があります。

形から選ぼう

Galaxy S7 edgeケースは大きく分けて、手帳型ケース型バンパー型に分かれますが、手帳型の中には、フラップに窓が付いているものや、カードや紙幣を入れることが出来るポケット付きのもの、動画の視聴に便利なスタンド機能付きのものなどがあります。

 

ケース型やバンパー型のものは、フラップを開く手間がないので、すぐに電話に出たりカメラを使ったりすることが出来ます。収納スペースがないものがほとんどですが、ケースに厚みがなく、すっきりしていることが特徴です。

手帳型の特徴

手帳型のGalaxy S7 edgeケースは、Galaxy S7 edge本体を手帳のように包み込むタイプのケースです。画面と背面の両方を守ることが出来るので、人気があります。Galaxy S7 edgeは、画面の両端が湾曲しているため、画面保護フィルムとケースが干渉してしまうことがあるので、画面を守ることが出来る手帳型ケースはおすすめです。

 

フラップ部分には、ICカードや紙幣などが入れられるポケットが付いていたり、動画を視聴する際に、ケースをスマホスタンド代わりに使用することが出来るスタンド機能が付いているものもあります。

 

デメリットとしては、撮影機能を使う際に、フリップ部分がカメラにかかってしまうことがある、自撮り棒をカバーを着けたまま使用しにくい、厚みが出るので、ズボンのポケットなど、狭い・薄いスペースに出し入れしにくい、といったことが挙げられます。

ケース型の特徴

ケース型では、背面と側面を保護することが出来ます。衝撃に強く、軽いほか、デザインや材質の選択肢も多くなっているので、柔らかく滑りにくい材質のものや、硬い材質のものなど、お好みの手触りで選ぶことも出来ます。

 

画面が保護できないので、手帳型に比べると保護能力は劣りますが、操作するときにフラップを開く手間がないので、電源ボタンや音量ボタンなどが押しやすくカメラの起動もスムーズなので、撮りたいときにすぐに撮影が行なえます。

 

カメラ機能をよく使う場合は、手帳型のケースと違い、フラップが邪魔になって持ちにくかったり、レンズにかかったりすることがないのでおすすめです。また、自撮り棒をそのまま取り付けることが出来るものも多くなっています。

バンパー型の特徴

バンパー型のGalaxy S7 edgeケースは側面のみを保護します。Galaxy S7 edgeの端末そのものの色を楽しみたい方にはおすすめです。

 

本来は、フレームのみのものでしたが、最近では背面にクリアカバーが付いていて、フレーム部分はアルミ、というものが増えているようです。

 

背面を覆っていない場合は、熱がこもらないので、ゲームや動画の視聴など、長時間使用する方におすすめです。

 

フレーム部分に使用するものなので、デザインのバリーションが少ない、金属製の場合は高価になること・冬場は素手で触ると冷たい、といったデメリットがあります。

機能を活かせるものを選ぼう

Galaxy S7 edgeの機能で特徴的なものはAlways On Displayや、ワイヤレス充電ではないでしょうか。それぞれの機能を活かしたケースをご紹介します。

Always On Displayを活かそう

Always On Displayは、Galaxyシリーズおすすめの機能です。Always On Displayを設定すると、画面の状態がOFFでも、時刻や通知、バッテリー残量などの情報を表示させることが出来ます。腕時計を持たずに、スマートフォンの時計を利用している方には、その都度画面をONにする必要がないので、おすすめの機能です。

 

ケース型やバンパー型の場合は画面が覆われていないので、Always On Displayを有効的に使うことが出来ます。Galaxy S7 edgeの手帳型ケースの中には、Always On Displayの表示が見えるように窓が付いているものがあるので、手帳型のケースで画面を守りたいけれど、Always  On Displayの表示も確認したい、という方は検討してみてはいかがでしょうか。

ワイヤレス充電を活かそう

Galaxy S7 edgeはワイヤレス充電をすることが出来ます。ケーブルを差し込まずに、充電器の上に置くだけで充電出来るので、とても使い勝手がよく、おすすめの機能です。

 

せっかくワイヤレス充電器を持っているなら使わない手はありませんが、厚みのあるケースや、背面に凹凸があるケース、アルミ素材のケースだと、装着したまま充電出来ない場合があるので、注意が必要です。

 

ワイヤレスではなく、ケーブルで充電する際は、ケースを着けたまま充電出来るものがほとんどですが、充電の度にケースを取り外すのはかなりの手間になるので、念の為に忘れずに確認しておきましょう。

Galaxy S7 edgeケースのおすすめランキング

10位 GTO『手帳型PUレザーケース』

価格:1,599円(税込)

収納たっぷり

オリジナルのハンドストラップネックストラップが1本ずつ付属している、PUレザー製の手帳型ケースです。長さの違うストラップを場面によって変えることができ、ストラップホールも上下に開いているので、使いやすい方にお好みで装着できます。

 

カードポケットは透明ポケットや予備ポケットも含めて5ヶ所あり、クレジットカードの厚さなら3枚まで収納可能です。予備ポケットには、レシートなどの薄いものが入れられます。その他に、お札入れがあるので、ちょっとしたお財布代わりにもなります。

 

画面に当たる面はソフトカバーを使用しているので、画面を傷つけません。開閉はマグネット式で、閉じたままでも通話ができます。電源ボタン、音量ボタンの操作もケースを着けたままで行なえます。

 

スタンド調整は自由自在で、最適な角度で動画の視聴ができるので、おすすめです。

素材 外側:PUレザー、内側:TPU
重さ 99.8g(発送重量)
レッド

9位 Spingen『タフ・アーマー』

価格:2,190円(税込)

エアクッションで衝撃吸収

TPU製のインナーケースとポリカーボネートパネルを組み合わせたデュアルレイヤー構造のケースで、米軍軍事規格を取得しています。

 

内側のTPU素材の各コーナー部分には、落下時の衝撃を軽減するエアクッションテクノロジーが使用されています。落下によって伝わる衝撃をエアクッションで吸収するので、ダメージを最小化することが出来ます。

 

ケースは画面を覆っていませんが、前面も背面もベゼルが高く設計されているので、液晶画面とカメラを傷から守ります。

 

ケースの内側には、クモの巣状の衝撃吸収パターン加工が入っていて、より効果的に衝撃を吸収することができます。また、背面パネルにはキックスタンドが付いているので、動画鑑賞をするときに便利になっています。

素材 TPU/ポリカーボネート
重さ 68g(発送重量)
ガンメタル、シャンパン・ゴールド

8位 ANGE『スマート手帳型ケース スタンド式』

価格:2,800円(税込)

スタイリッシュでスマートなケース

外側と内側の色が違い、開くと雰囲気がガラッと変わる、スタイリッシュでスマート(賢い・スリム)なスタンド機能付きの手帳型ケースです。手触りがよく、滑りにくく、握りやすいと好評です。

 

カード収納ポケットは3ヶ所ストラップホールは上下についています。マグネットが縁に内蔵されていて、留め具がないので、開閉しやすく、フラップが反対側にひっくり返しても着くようになっているので、使用時に片手で持ちやすくなっています。

 

カメラホールにはコーティングが施してあり、ケースの劣化や傷みを防ぎます。

素材 外部:PUレザー、内部:TPU
重量 99.8g(発送重量)
カラー クールブラック、ディープネイビー、ガーデングリーン、プラムパープル、ポピーレッド、サンオレンジ、ライムグリーン、エレガントブロンズ、カナリーイエロー

 

7位 ノーブランド品『トレンディー手帳型ケース』

価格:2,780円(税込)

ベルト無しで開閉しやすい

シンプルで大人の雰囲気をイメージした、手帳型ケースです。表面はバイカラーになっていて、落ち着いた、モダンな印象になっています。

 

ベルトがなく、側面にマグネットが入っているので、開閉しやすくなっていて、ポケットやカバンなどから出し入れする際に引っかかることがありません。フラップ部分にはカードポケットが3ヶ所ついているほか、ストラップホールが上下に付いていて、お好みのストラップをつけることが出来、シンプルながら機能的な作りになっています。

 

カメラホールには、コーティングが施してあり、劣化を防いでいます。内側のTPU素材が柔らかく、落としても割れにくいと好評です。

素材 外部:PUレザー、内部:黒TPUケース
重量 99.8g(発送重量)
カラー スマートネイビー、アズールブルー、ダンディグレー、ダブルレッド、モダンボルドー、クロコダイルブラック、チェリーピンク、スカイブルー、ダブルブラック、パイソンホワイト

6位 Trendy Yamagishi『京のれん手帳型ケース』

価格:2,680円(税込)

落ち着いた大人のイメージ

上品で、どこか懐かしさを感じる質感で、京の町家ののれんをイメージした色合いの、手帳型ケースです。内側にも同じ生地を使っていて、手触りも抜群です。

 

開閉はマグネット付きのベルトで、スマホをしっかりと守ってくれます。上品な生地に白いステッチで縁取りがしてあり、落ち着いた大人のイメージのデザインです。色の名前も和色を使っていて、和の雰囲気がお好みの方に特に人気があります。

 

フラップ部にはカード収納ポケットが3ヶ所ついているほか、ストラップホールが付いていて、内側のケースにはしなやかな弾力性と硬質プラスチックのような硬さを持つTPUを使用しています。

 

カメラホールには1つずつ丁寧にカラー剤を塗り、コーティングを施していて、傷みや劣化を防いでいます。

 

 

素材 外部:記載なし、内部:黒TPUケース
重量 68g(発送重量)
カラー 抹茶、桔梗、椿、浅葱、清流、漆黒、紅梅、紫陽花、翡翠、胡桃、藍染、蜜柑、鶯

5位 Breeze『Galaxy S7 edge 手帳ケース』

価格:2,070円(税込)

収納や機能が優れている

フラップの内側に吸盤が付いていて、液晶画面とピッタリつく、手帳型ケースです。マグネット式とは違って、磁気が気にならず、フラップがパカパカしない点が好評です。

 

フラップはウイングタイプになっていて、開閉式になってすることが出来るので、公共の場で使う際には閉じていればカードが丸見えにならず、プライバシーを守ることが出来ます。

 

また、カードが沢山入るようになっていますが、画面に直接触れないようになっているので、カードが画面を傷つけることがありません。

 

また、スタンド機能も付いているので、動画の視聴にも適している他、ストラップホールも付いているので、お好みのストラップを着けて使用することが出来ます。

素材 外部:PUレザー、内部:ポリカーボネート
重量 109g(発送重量)
カラー レッド、ホットピンク、ピンク、オレンジ、ミント、ブラック、ブラウン、ネイビー

4位 steady advance『最高級  本革スマホケース手帳型』

価格:3,680円(税込)

本革製で手に馴染む

シリーズ累計10万個を突破している、本革製の手帳型ケースです。安心の日本品質で、職人が1つ1つ丁寧に作り込んだ、高品質の牛革ハンドメイドオリジナルケースです。質感。縫製にも細部までこだわった、高級感の漂うフォルムです。

 

マグネット式でベルトがないシンプルなデザインで飽きが来ない上、合皮とは違って、使えば使うほど味が出る本革製なので、経年劣化も楽しむことが出来るので、長く使うことが出来ます。

 

フラップ部にはICカードや紙幣が収納できるポケットが付いている他、スタンド機能も付いているので、好きな角度で動画視聴が出来ます。また、ケースを装着したまま、電源ボタン、音量ボタン、コネクター等の機能を使用することが出来ます。

素材 牛革
重量 181g(発送重量)
カラー

オフブラック、アンティークピンク、カメオベージュ、キャラメル、コーラルピンク、スマルトブルー、メープルブラウン

3位 HANATORA『PUレザー手帳型ケース』

価格:1,580円(税込)

便利な機能が満載

見た目も触り心地も優れている、PUレザー製手帳型ケースです。カードや紙幣を収納するポケットが3ヶ所付いています。スタンド機能も付いているので、動画視聴が快適です。

 

ケースを装着したまま、電源ボタン、音量ボタン、コネクター等の機能を使用することが出来る他、スピーカーホールが開いているので、フラップを閉じた状態でも通話が可能になっています。

 

本体と同色の落下防止・コードホルダーにも使える多機ストラップが同梱されています。ストラップは指を一本を通すだけでしっかりとスマホを持つことが出来るだけでなく、下に付いているので、カメラを使うときに邪魔にならないと好評です。イヤホンなどのコードをまとめられるので、絡まらない点もおすすめです。

素材 外部:レザー(合皮)、内部:PCクリアケース
重量 122g(発送重量)
カラー ブラック、ブルー、ゴールド、ピンク、レッド

2位 レイ・アウト『Galaxy S7 edge TPUソフトケース キラキラ』

価格:973円(税込)

しなやかな素材で滑りにくい

ダイヤモンドカットとラメ入りの素材でキラキラ光る、TPUソフトケースです。

 

柔らかく、しなやかなTPU素材で、衝撃を吸収します。滑りにくいので、落としてしまう心配が減ったと、好評です。仮に落としたとしても、衝撃を吸収してくれるので、ケースが割れることはありません。カバーが柔らかいので、硬い素材のものに比べると、外れにくい点も好評です。

 

価格もお手頃なのでリピーターが多くなっています。

 

カメラホールや充電口は端末に合わせてあり、ストラップホールもついているので、ストラップを着けて、より安全に使用したい方にはおすすめです。

素材 熱可塑性ポリウレタン樹脂
重量 68g
カラー クリア、ピンク

1位 Spigen『Galaxy S7 edgeケース ネオ・ハイブリッド』

価格:2,310円(税込)

衝撃に強くしっかり保護

米軍軍事規格を取得している、spingenのケースです。保護力の高いソフトTPU製ケースとポリカーボネート製のハードフレームを合わせた二重構造になっていて、衝撃吸収に優れています。

 

角の部分はより深く設計されていて、衝撃吸収と耐久性能を向上させています。

 

TPU製ケースの内側にはクモの巣状の衝撃吸収パターン加工が入っていて、より効果的に衝撃を吸収できるようになっています。

 

フレーム部はデバイスよりも高く設計されているので、伏せて置いてもスクリーンが擦れないようになっています。

 

画面は覆われていませんが、 四隅に重みがあるため、画面から落ちることがなく、数回コンクリートに落としても大丈夫だったとの口コミもあります。

素材 TPU/ポリカーボネート
重さ 90.7g(発送重量)
ガンメタル、シャンパン・ゴールド、サテン・シルバー

まとめ

Galaxy S7 edgeケースをご紹介してきましたが、いかがでしたか?色々な特徴をもったケースがあるので、お好みのものを探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ