記事ID132684のサムネイル画像

クリップボードの選び方や人気のおすすめランキング10選を紹介!

我々の身近な文房具として長年愛され続けているクリップボード。購入の参考に、どんなクリップボードが使いやすいのかを知りたいと思われている方も少なくありません。そこで今回はそんなクリップボードの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介します!

クリップボードとは?

クリップボードの選び方やおすすめランキングを紹介する前に、クリップボードとは何なのかを紹介します。クリップボードとは端にバネが内蔵されたクリップが備わっている文房具のことを指していて、主にクリップ部分に紙を挟んで下敷きの代用として使用されているのです。

 

またクリップボードはクリップ部分位挟んだ紙などに書き込む際に歩きながらでも安定して書くことができ、各以外にも回覧板などの情報を読む際の紙止めとしての役割も果たしています。今回はそんなクリップボードの選び方の詳細や、人気商品のおすすめをランキング形式で紹介します!

クリップボードの選び方

クリップボードを購入する際に、注意しておきたいのは選び方についてです。クリップボードにも様々な種類があるので、購入の際には自身の使用用途に合わせた商品の購入を考えましょう!

「素材」から選ぶ

クリップボードには様々な素材で作られているものが多く存在し、我々の書き込み用紙への記入をよりスムーズに行えるようになります。まずはクリップボードの素材を知ったうえで、自身の使用用途に合う商品を購入しましょう!

「防水素材」から選ぶ

まず最初に紹介したいクリップボードの素材は「防水素材」です。「防水素材」は従来のクリップボードであれば、外出時に使用する際に雨などで濡れてしまうと使い物にならなくなってしまうデメリットを抑えることが出来ます。

 

さらに「防水素材」のクリップボードは従来のクリップボードの形状や折り畳みの形状の二つのタイプに採用されており、購入者が使用したいタイプから選ぶことが可能となっているのです。

 

ですが「防水素材」のクリップボードは一般的なクリップボードと比べると、お値段が少し高くなってしまうので室内で使用される方には一般的なクリップボードの購入をおすすめします。

「耐衝撃素材」から選ぶ

次に紹介したいクリップボードの素材は「耐衝撃素材」です。「耐衝撃素材」はクリップボードが落下した際に破損してしまうのを防止する素材で作られており、こちらも同様に一般的なクリップボードと二つ折りのクリップボードの二種類が存在します。

 

さらに「耐衝撃素材」で作られているクリップボードの中には強度に特化したものも存在し、警官が使う防護盾などにも使用できるほど強度が非常に高いものもあるのです。

 

クリップボードを落としてしまいやすい方や、沢山の書き込み紙を挟みながら記入される頻度が多い方などにはおすすめの素材となっています。

「皮素材」から選ぶ

最後に紹介したいクリップボードの素材は「皮素材」です。「皮素材」は文字通り皮で作られているクリップボードでデザイン性も高級質な物が多く、事務用・会議用などの室内での採用が多いのが特徴です。

 

さらに「皮素材」のクリップボードには、「PU皮素材」という従来の皮素材のデメリットである温度などの変色や変形などにも耐性があるものも存在しているのです。

 

シンプルなものからシック調で高級感のあるもののラインナップも多いことやマグネット使用で開け閉めの際にしっかりと外から書き込み紙守ってくれることから、おしゃれなクリップボードの購入を考えている方にはおすすめの素材となっています!

機能性があるものもある!

「皮素材」や「防水素材」などの様々な素材で作られているクリップボードですが、中には素材に+で名刺が複数入れられるものなどの機能性のあるものが搭載されているものもあります。

 

さらに近年では鉛筆・シャーペンなどの細身のもの以外にも、マジックペンなどのペン先やペン本体が太いものも取り付けられる便利なペンホルダーが搭載されたものもあるのです。

 

この事からビジネスシーンでの使用や事務や屋外でのアンケートなどの様々な場面で機能性の付いているものの活躍も多いので、購入の際には機能性のチェックもしておきましょう!

「その他の要素」から選ぶ

クリップボードには他にも購入する際に知っておきたい要素がいくつかあります。購入の前に、どんな要素から選べばいいのかを知っておきましょう!

「サイズ・とじ枚数・とじ具」から選ぶ

まず最初に紹介したいクリップボードの要素は「サイズ・とじ枚数・とじ具」です。クリップボードには使う用紙と同様のサイズを選ぶのが一般的ですが、各メーカーから指定されている用紙の枚数も決められています。

 

基準としては35枚・40枚・50枚・120枚などがあり、よく使う用紙のサイズや使用したい枚数にあった商品を選ぶことがおすすめです。

 

また、用紙の枚数が少ない場合などには持ち上げて挟むシンプルなクリップをおススメします。

 

そして用紙の枚数が多くなる場合にはしっかりとはさめるレバー式のとじ具がおすすめで、かさばらないものを選ぶようにしましょう!

「書きやすさ」から選ぶ

次に紹介したいクリップボードの要素は「書きやすさ」のいいクリップボードを選ぶことです。クリップボードは鉛筆やシャーペンを使う際に皮素材やエンボス加工がと呼ばれる模様が浮いているクリップボードを使用する際には、上に下敷きを敷いてから書き込まないといけません。

 

そのことからクリップボードの書き込み用紙面に使われている素材には皮素材やエンボス加工などではなく、表面部分が柔らかいものを購入することをおすすめします。

 

ですがレターパットなどの台紙が付いている用紙などを使う場合には比較的書きにくい素材や加工をしているものを使用しても構わないので、自分の使用用途に合わせて書き込み用紙面の素材を見てから購入を考えるようにしましょう!

「軽いもの」を選ぶ

最後に紹介したいクリップボードの要素は「軽いもの」を選ぶことです。クリップボード自体が硬い紙を4~5枚使用して挟んだ状態で作られています。

 

さらにクリップボードのベースに使用されているのは紙だけでなく、紙抑えのクリップ部分には金属パーツを採用させたものが割と多いです。

 

この製造過程の中から、我々がストレスなくクリップボードを使用できる軽さが200g前後であることが明らかになっています。

 

ですので頻繁にクリップボードを使用されている方は、購入するクリップボードの目安を200g以下で抑えることを意識する事を心がけましょう!

【高品質!】クリップボードの選び方のおすすめ人気ランキング10選

クリップボードについての知識はあるけど、実際にどんな商品を買えばいいのか悩んでしまうという方はとても多いです。そんなクリップボードで人気のある商品を「おすすめ人気ランキング10選」と題し、ランキング形式で紹介します!

10位 リヒトラブ『クリップファイル F-2651-24 黒 B5』

価格:749円(税込)

クリップ部分にメリットが多いおすすめのクリップボード

まずおすすめランキング第10位にランクインしたクリップボードは、リヒトラブの『クリップファイル F-2651-24 黒 B5』です。このクリップボードは表紙にプレスシールド加工を施し、傷や汚れに強く筆記も滑らかに行える商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者からは、クリップが空いた状態で保持できてクリップの開け閉めが楽な点やクリップ部分がしっかりしていることで書類も落ちることが無い点で高く評価されているのです。交換用として長年この商品を使用している方もいることから、買い替えでメーカーを探すのが面倒な方等にもおすすめの商品となっています!

ブランド リヒトラブ 寸法(幅×奥行×高さ) 18mm×212mm×296mm
型番 F-2651-24 適正収容枚数 コピー用紙40枚
重量 236g サイズ B5

9位 コクヨ『クリップボード H A4 長辺とじ 青 ヨハ-H73NB』

価格:681円(税込)

水にも強い書きやすさも抜群のおすすめクリップボード

次におすすめランキング第9位にランクインしたクリップボードは、コクヨの『クリップボード H A4 長辺とじ 青 ヨハ-H73NB』です。このクリップボードはクリップ部分にレバーを搭載させることで女性の方などでも力を入れることなく使用でき、紐通し穴の設計上立ったままの状態での使いやすさも向上させた商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、外で使用する際も雨で濡れても大丈夫な点や紙を挟んで書き込む際に滑らかに書くことが出来る点などが高く評価されているのです。雨にも強いことから外仕事で頻繁にクリップボードを使用される方にはかなりおすすめの商品となっています!

ブランド コクヨ 寸法(幅×奥行×高さ) 20mm×319mm×238mm
型番 ヨハ-H73NB 適正収容枚数 1~10枚
重量 181g サイズ A4-S

8位 キングジム『レザフェス クリップボード A4E 1932LF 黒』

価格:1,264円(税込)

高級感のあるデザインと持ち運びに優れたおすすめのクリップボード

次におすすめランキング第8位にランクインしたクリップボードは、キングジムの『レザフェス クリップボード A4E 1932LF 黒』です。このクリップボードは滑り止め効果のあるクリップを採用させ、本体の見た目の質感や色調に大人の雰囲気を感じさせるデザインが施された様々な用途に合わすことが出来る商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、しっかり紙類が挟めて持ち運び時に邪魔にならない点や色合いや肌ざわりがよく高級感があるデザインで気に入っている点などで高い評価を得ているのです。オフィス用としても採用されている方が多いことから、会社専用のクリップボードへの採用や仕事用として常に持ち運ぶ用としてクリップボードを購入されたい方にはおすすめの商品となっています!

ブランド キングジム 寸法(幅×奥行×高さ) 22mm×237mm×338mm
型番 1932LFクロ 適正収容枚数 約30枚
重量 494g サイズ A4

7位 コクヨ『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A4 短辺とじ ヨハ-28』

価格:304円(税込)

錆びにくく折れ曲がりにくい構造をしたおすすめのクリップボード

次におすすめランキング第7位にランクインしたクリップボードは、コクヨの『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A4 短辺とじ ヨハ-28』です。このクリップボードはクリップ部分に便利なペンホルダーを採用させることで使いやすさを向上し、錆びないPP銅板のクリップと各金を搭載させた商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、降り曲がる心配がなくザクザク作業が出来る点や買い替え時期が分かりやすく壊れる前に買い替えれることが便利な点で高く評価されているのです。お値段も高くないことから、初めてクリップボードの購入を考えている方にも安心してお使いいただける商品となっています!

ブランド コクヨ 寸法(幅×奥行×高さ) 18mm×235mm×322mm
型番 ヨハ-28 適正収容枚数 1~20枚
重量 240g サイズ A4-E

6位 コクヨ『クリップボード H A3 長辺とじ 灰 ヨハ-H93NDM』

価格:1,036円(税込)

書きやすく便利性の高いA3タイプのクリップボード

次におすすめランキング第6位にランクインしたクリップボードは、コクヨの『クリップボード H A3 長辺とじ 灰 ヨハ-H93NDM』です。このクリップボードは9位のクリップボードのA3タイプで、同様にクリップ部分にレバーを搭載させることで女性の方などでも力を入れることなく使用でき、紐通し穴の設計上立ったままの状態での使いやすさも向上させた商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、ペンホルダーに様々な筆記類が装着できる便利な点や狭い机などでも別の資料を広げつつ記入できる点などで高く評価されているのです。書きやすさや便利性のあるクリップボードを求めている方には、おすすめの商品となっています!

ブランド コクヨ 寸法(幅×奥行×高さ) 20mm×338mm×443mm
型番 ヨハ-H93NDM 適正収容枚数 1~10枚
重量 458g サイズ A3-S

5位 コクヨ『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A4 長辺とじ ヨハ-23』

価格:269円(税込)

耐久性に優れた書きやすいおすすめのクリップボード

次におすすめランキング第5位にランクインしたクリップボードは、コクヨの『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A4 長辺とじ ヨハ-23』です。このクリップボードは7位のクリップボードのA4サイズで、同様にクリップ部分に便利なペンホルダーを採用させることで使いやすさを向上し、錆びないPP銅板のクリップと各金を搭載させた商品となっています。

 

さらにこのクリップボード購入者から、不注意な取り扱いさえしなければ20年は持つという耐久性の点や書き心地が良くストレスにならない点などで高く評価されているのです。この事から耐久性のあるクリップボードが欲しいと考えている方にはかなりおすすめしたい商品となっています!

ブランド コクヨ 寸法(幅×奥行×高さ) 18mm×322mm×235mm
型番 ヨハ-23 適正収容枚数 1~10枚
重量 245g サイズ A4-S

4位 HIGHTIDE『クリップボード オールドスクール(ペンコ) A4【ゴールドクリップ】DP162』

価格:1,019円(税込)

懐かしいデザインを持った耐久性・強度に優れたおすすめのクリップボード

次におすすめランキング第4位にランクインしたクリップボードは、HIGHTIDEの『クリップボード オールドスクール(ペンコ) A4【ゴールドクリップ】DP162』です。このクリップボードはアメリカ映画に登場しそうなビジュアルを持った昔ながらのスタンダードな形をしていて、メーカーが金属クリップを採用させたことで強度を向上させている商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、土台がしっかりしていて耐久性に優れている点や多い枚数の書類もしっかりと挟めるクリップの強度の点で高く評価されているのです。味のあるデザインで世代を問わずにおすすめしたい商品となっています!

ブランド HIGHTIDE 寸法(幅×奥行×高さ) 23mm×45omm×345mm
型番 DP162 適正収容枚数 約30枚
重量 340g サイズ A4

3位 ソニック『クリップボード A4 タテ型 赤 CB-307-RG 』

価格:310円(税込)

機能性とデザイン性に優れたおすすめのクリップボード

次におすすめランキング第3位にランクインしたクリップボードは、ソニック『クリップボード A4 タテ型 赤 CB-307-RG』です。このクリップボードはお手頃な価格でありながらも様々な性能を持ち、クリップ部分とペンホルダー部分がおしゃれなポップカラーになっているのが特徴的な商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、ペンホルダーが太いペンまで滑ることなく挟める点や規格以上に紙が挟める点で高く評価されているのです。機能性とデザイン性の両方を持ったクリップボードを探されている方にはとてもおすすめの商品となっています!

ブランド ソニック 寸法(幅×奥行×高さ) 14mm×233mm×321mm
型番 CB-307-RG 適正収容枚数 約30枚
重量 191g サイズ A4

2位 コクヨ『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A3 長辺とじ ヨハ-43』

価格:483円(税込)

立ちながらの作業に適した強度抜群のおすすめクリップボード

次におすすめランキング第2位にランクインしたクリップボードは、コクヨの『クリップボード 用箋挟 クロス貼 A3 長辺とじ ヨハ-43』です。このクリップボードは7位と5位のクリップボードのA3サイズで、二つと同様にクリップ部分に便利なペンホルダーを採用させることで使いやすさを向上し、錆びないPP銅板のクリップと各金を搭載させた商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、四隅が角丸になっていて立ちながらの執筆も楽に行える点やボードも使う分には申し分ない硬さである点であることが高く評価されているのです。この事から立ち去業でお使いのクリップボードが使いにくいと思われている方の交換用などにも是非ともおすすめしたい商品となっています!

ブランド コクヨ 寸法(幅×奥行×高さ) 18mm×445mm×322mm
型番 ヨハ-43 適正収容枚数 1~10枚
重量 417g サイズ A3-S

1位 ナカバヤシ『クリップボード A4 E型 バインダー ブラック QB-A401-D』

価格:360円(税込)

そして栄えあるおすすめランキング第1位にランクインしたクリップボードは、ナカバヤシ『クリップボード A4 E型 バインダー ブラック QB-A401-D』です。このクリップボードはメーカーが試行錯誤を重ね、強度・性能性・シンプル性が追求された様々なジャンルで活躍できる商品となっています。

 

さらにこのクリップボードは購入者から、紙を挟むクリップの強度・字体の書きやすさ・軽量で持ち運びに優れている点で多くの方から高く評価されているのです。低価格でコストパフォーマンスにも優れていることから、クリップボードを購入するのであれば是非ともおすすめしたい商品となっています!

ブランド ナカバヤシ 寸法(幅×奥行×高さ) 3mm×225mm×312mm
型番 QB-A401-D 適正収容枚数 約20枚
重量 200g サイズ A4

まとめ

ここまでクリップボードの選び方の紹介やおすすめランキング10選を紹介してきましたが、購入の参考になったでしょうか?我々の身近にあるクリップボードにも、様々な種類や用途に合わせた作りをしているのです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ