記事ID132662のサムネイル画像

【簡単で強力!】人気の裾上げテープおすすめランキング10選

ジーンズやスカートの裾上げに使える便利な「裾上げテープ」。ただ、失敗したり洗濯ではがれたりするかと思うと、どれを選んでいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。そんな悩みを解決するために、裾上げテープの選び方や、簡単で強力な商品をランキング形式でご紹介します。

裾上げテープは強力でもはがせる?

最近は、100均などのアイロン不要の裾上げの接着剤も人気です。生地に塗るだけなので、簡単で強力です。ただ、接着剤タイプは、一度付けるとはがすことができないものが多く、細かい注意点を読まないと失敗しても元に戻せなくなる可能性があります。

 

その点、裾上げテープは洗濯にも強く強力なのに、失敗したらアイロンの熱さをドライにして温めると簡単にはがせるものです。さらに、がっちり貼り付いた裾上げテープの接着剤も、適当な布を敷いてアイロンをあてればはがせます。

 

ズボンやスカートの裾は、目立つ部分なのでシワを作らずきれいに仕上げたいもの。裾上げテープは、アイロンで圧縮するように押し付けて温めていけばヨレずにうまく付きます。アイロンを滑らせないことがコツです。

 

今回は、簡単できれいな仕上がりになる、強力な人気の裾上げテープのおすすめランキングをご紹介しますので、ご自分に合う裾上げテープを探してみてください。

裾上げテープの選び方

裾上げテープには、様々なタイプがあります。タイプ別に選ばないと、洗濯ではがれたり足の指がひっかかっただけで取れる場合もあるので、選ぶポイントをおさえておきましょう。

片面か両面を選ぶ

裾上げテープには、テープが見える「片面」と見えない「両面」があります。用途に合わせて選ばないと、上手に付かないことがあるのでそれぞれの特徴を知って選びましょう。

細かい作業が苦手な方や初めての方なら「片面」

裾上げテープの「片面」は、テープが見えるタイプで生地の外側に付けるものです。仕上がった後も、外からテープが丸見えですが、目で見ながらアイロンで付けていけるものなので、シワや裾とテープの位置のズレなどの失敗を避けられます。
 
また、片面タイプは、付けている途中ではがれてきても、その場ですぐに修正しながら貼り直すことができます。そして、もっとも大きなメリットは、片面タイプは洗濯してもはがれにくいということです。耐久性があるタイプなので、洗濯機にかけてもそうそうはがれません。
 
まめに、洗濯をする服の裾上げに適していますが、細かい作業などが苦手な方や、初めて裾上げテープを使う方には位置を調整しながら貼り付けられるのでおすすめ。

テープを隠してすっきり見せるなら「両面」

裾上げテープの「両面」タイプは、生地と裾の間にテープを挟んで貼り付けるものです。内側にテープを付けるものなので、外から裾上げテープが見えずすっきりした見た目になります。
 
ただ、両面タイプの場合は、濡らしてから接着効果を引き出すものが多く、うまく生地に挟んでいく必要があり手間がかかります。洋服の生地によっては、表側からテープの形が浮いて見える可能性もあります。さらに、両面タイプは、片面よりもやや耐久性には劣る面もあります。
 
それでも、テープが丸見えしないというメリットと、生地を選べば表側からも見えずきれいに仕上がります。裾上げテープは、内側に隠してすっきり見せたいという方にはおすすめです。

幅と長さを選ぶ

裾上げテープには、幅や長さが様々です。適当な幅や長さで選ぶと、実際貼り付けた時に足りなくなってしまうこともあります。幅と長さもしっかり選んで購入しましょう。

付けやすいテープならダンゼン「幅広」

裾上げテープには、幅が色々あります。あまり幅があると、見た目なども気になってきますが、テープを貼り付けやすいのはダンゼン幅広タイプです。幅が広いと、貼り付ける位置の調整がしやすくズレなどの失敗が少ないです。
 
さらに、幅が広い分、接着面も大きくなるのではがれにくいというメリットもあります。片面で幅広タイプにした場合、裏返すと目立ってしまう難点はありますが、ひるがえるようなスカートでなければそれほど気にせず使えます。
 
幅広タイプは、しっかり裾上げしてはがれないようにしたいという方から、初めて裾上げテープを使う方まで、付けやすい裾上げテープとしておすすめです。

余裕をもつなら「長め」

裾上げテープの長さを選ぶ時は、スカートやズボンの裾を調べてから購入する方がほとんどでしょう。ただ、多少長さが余ってしまっても、実際の裾の長さよりも余裕があるぐらい長めのテープを用意しておくと安心です。
 
例えば、伸び縮するような生地だったりすると、途中で長さが変わる可能性もあります。また、ズボンなら両足分のテープが必要になります。いざ、貼り付けてみたら、途中で長さが足りなくなってしまう場合もあります。それを考えると長めで用意するのがおすすめです。
 
また、余った裾上げテープは、はがれたときの予備に使うこともできますが、切れ端を寸法よりも3~4cmほど残せばしっかりテープで留められます。

色と素材で選ぶ

裾上げテープは、色や素材がかなり重要です。間違ったタイプを選ぶと、透けて見えたりはがれてしまうこともあります。生地の素材に合わせた商品を選びましょう。

スカートやシャツなど透けやすい生地なら「同じ色のテープ」

裾上げテープは、黒やグレーから明るい色まで、様々な色の商品があります。あえて生地とは違う色の裾上げテープを使って、洋服のワンポイントとしておしゃれに使うことも可能です。
 
ただし、薄い生地で、白や淡い色の生地の裾上げの場合は、注意しておきたい点が一つあります。それは、裾上げテープの色によっては、透けて洋服の表面から見えてしまう可能性があることです。
 
透けやすい服の場合、裏側の作りが表に見えやすいという欠点があるので十分注意してください。透けやすい生地の裾上げをするなら、生地と同じ系統の色にするのがおすすめです。

ジーンズなど厚手の生地なら「接着強度が強力なタイプ」

裾上げテープには、生地の素材によっても種類があります。特に、注意したいのが厚手の生地の裾上げです。
 
厚手の生地の場合は、そもそも裾の折り目がつきにくく、生地の特徴によってはアイロンを長く押し当ててもすぐに戻ってしまい、折り目がしっかりついてくれない生地もあります。その為、厚手の生地は、通常の裾上げテープでははがれてしまう可能性があります。
 
そこで、注目したいのが、接着力が強力な裾上げテープです。接着力が強力なタイプは、洗濯をしてもはがれにくくしっかり貼り付きます。裾上げテープは、生地との相性もありますが、厚手の生地の裾上げなら、接着強度が強力なタイプがおすすめです。

ジャージなどストレッチ製の生地なら「伸縮性の素材」

裾上げテープを、お子さんの体操着やジャージの裾に使う方もいるでしょう。体操着といえば、ストレッチ製の素材であることが多いです。ストレッチの生地は、伸び縮みする特徴があるので、こちらも通常の裾上げテープでは、貼り付ける時点ですぐにはがれてしまう可能性があります。
 
仮に付いたとしても、一時的なもので動いているうちにはがれてきます。ストレッチ製の伸縮素材には、裾上げテープも伸縮性素材のテープを使うのがおすすめです。
 
伸縮性タイプの裾上げテープは、厚みがあるので余ってしまった分は引っ掛けて開いてしまった穴や、タバコで開いた穴などの修復にも使えます。穴の裏側から貼るだけですが、生地とテープが同じ色なら目立ちにくいです。

薄い生地なら「薄地用」・厚い生地なら「厚地用」

夏場スカートなど薄手の衣服には同色で「薄地用」裾上げテープを使用しましょう。のりやテープなど接着面の色が響かないので、薄手の生地でも裾上げしたことが分かりにくくなります。

 

また、ジーンズや作業着など厚い生地で作られた衣服には「厚地用」裾上げテープがおすすめ。薄地用のテープよりも強力な粘着力があるため、しっかりと留めることができます。

 

またこれらの中間には「普通地用」もあるので、どちらが良いかわからない人は普通地用を使ってみましょう。「薄地用・普通地用・厚地用」と記載してあるパッケージを見て、裾上げしたい衣服に合ったテープを選びましょう。

節約家には100均の裾上げテープもおすすめ!

ダイソー・セリアなど、100均でも売っている裾上げテープ。意外にも薄地用・厚地用と幅広いラインナップが展開されており、使い方も簡単なので節約したい方にはおすすめです。

 

ダイソーの裾上げテープは幅23mmで長さ2.4m。黒や白に加えて、グレーやベージュなども販売されています。一方、セリアの裾上げテープは幅34mmで長さが1.2mと、ダイソーの半分程度の短さなので注意しましょう。(店舗によって取扱商品に違いがあります)

 

また、100均では裾上げ用の生地接着剤も販売しています。ボンドのように粘着力が強いので、はがれにくさが抜群です。

裾上げテープの人気ランキング10選

第10位

サンアミカ

強力すそあげテープ

価格:526円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

失敗のリスクを避けられる幅3cm

通の生地から、厚手の生地まで幅広く使える裾上げテープです。特に、幅が3cmもあるので、接着する面が広く位置の調整もしやすいので失敗のリスクを避けられます。また、編み目状の裾上げテープなので、多少曲がってもごまかしが効きやすいです。
 
接着力は、接着糸を2倍にしてより強力に接着する仕様になっています。注意するのは、洋服に「アイロン(低)」の表示があるものには使わないようにすることです。これを守れば、裾上げをするのが初めての方や、失敗しそうで不安な方には扱いやすいのでおすすめです。
サイズ幅34mm×長さ1.2m材質ポリエステル・ナイロン
タイプ両面厚さ普通地・厚地
第9位

KAWAGUCHI(カワグチ)

普通地~厚地用 強力両面接着テープ

価格:520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラなく貼れて目立ちにくくセロテープのように極薄

普通の生地から厚手の生地まで使える、両面接着タイプの裾上げテープです。極薄のフィルムのような作りなので、ムラなく貼り付けることができ生地の表から見ても目立ちにくいのが特徴です。カギサキや、虫食いなどの穴にも使えるようです。
 
購入した方のレビューにも、裁縫が苦手でもセロテープのような切り口で使いやすいと好評です。接着力も、芯が入ったようにしっかり付いて、成功率が高く仕上がりがいいことにも高い評価がついています。
 
かなり薄いタイプの裾上げテープなので、見えにくいテープを使いたい方にはおすすめです。接着力は、アイロンのかけ方が甘いと力が発揮できないのでよく押し当てるようにしましょう。
サイズ幅12mm×長さ12m材質ナイロン系接着樹脂
タイプ両面厚さ普通地・厚地
第8位

ニトムズ(Nitoms)

すそあげテープ

価格:184円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番の商品でも一度貼り付けばかなり強力

に取れば、一見何でもない定番の裾上げテープです。でも、この裾上げテープがおすすめなのは、薄手で頼りなさそうなのに、一度貼り付ければかなり強力にくっつくことです。購入している方の中には、何度もリピートしている方もいます。
 
さらに、洗濯した後も、簡単にははがれません。さすが、日用品を扱うメーカーの商品だけあります。テープの端が編み目状で、真ん中が黒になっているので、どちらかの線に合わせてまっすぐ付けていけばうまく貼り付けられます。
 
もし曲がっても、まだ生地が熱いうちは修正もしやすいです。手軽で、シンプルな裾上げテープで仕上げたい方にはおすすめです。
サイズ幅2.3cm×長さ1.2m材質ポリエステル・ナイロン
タイプ厚さ
第7位

レオニス

衣類の寸法直しテープ

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯してもはがれない接着力!長さ9mで色が選べる

一度テープを濡らして、アイロンで固定する裾上げテープです。水で濡らして、アイロンで乾かすことで粘着性が高まります。レビューでも貼り付いたら洗濯してもはがれない接着力と、仮にはがれても、長さが9mもあるので貼り直しや修正にも使えると好評です。
 
また、裾上げテープの色を選びたい方は、この商品を必ずチェックしておきましょう。このシリーズには、ベージュ・ピンク・白・グレー・黒がありますが、特に、明るめの色の裾上げテープで、9mもある商品は、身近なお店ではなかなか見つけにくいかもしれません。
 
長めの裾上げテープが欲しい方で、色を選びたい方にはおすすめです。
サイズ幅20mm×長さ9m材質
タイプ厚さ薄地
第6位

手作り工房 MY mama

両面アイロン接着テープ

価格:598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たっぷり80m。針に接着剤も付かずまつり縫いもOK!

幅が2cmで、長さが80mもあるのでたっぷりと使える裾上げテープです。普通の布地に使うタイプですが、これだけの長さがあれば、裾上げだけではなくほつれ防止などにも使えます。
 
ジーパンの裾上げで使った方によると、しっかり貼り付き接着力も高いようです。何よりこの安さで、この接着力と耐久性なら十分というレビューもあります。そして、この商品がおすすめなのが針が通る接着面であることです。
 
その特徴を生かして、しつけ糸代わりに使っている方もいます。裾上げテープは、乾いた後に固くなり針に接着剤がつくものも多いです。その点、このテープは、針に接着剤が付くわずらわしさがないので、裾上げテープの仕上げに糸でまつり縫いをする方にはおすすめです。
サイズ幅2cm×長さ80m材質
タイプ両面厚さ薄地
第5位

ニトムズ(Nitoms)

すそあげテープ

価格:184円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄地で乾いても固くならずしなやか。ドライクリーニングも可能

が選べる、ニトムズの片面タイプの薄地の裾上げテープです。裾上げテープとしては、定番のタイプと思いきや、裾上げテープにありがちな乾いた後の固さがなく、しなやかな仕上がりになる特徴があります。
 
使っている糸に、熱で溶ける接着剤を染み込ませているポリエステルレースなので、乾いても固くならずにやわらかさはそのままです。使っている方のレビューにも、ニトムズらしく、そんな機能性の良さに高い評価をつけています。また、水洗いもドライクリーニングも可能です。
 
色は、ベージュを始め、ホワイト・ダークグレー・ブラウン・ライトグレーがあります。やわらかい仕上げにしたい方や、薄地なのでスカートなどの裾上げにもおすすめです。
サイズ幅23mm×長さ1.2m材質ポリエステル80%・ナイロン20%/製造国:日本
タイプ片面厚さ薄地
第4位

CAPTAIN88

銀静電除去すそあげテープ

価格:250円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静電気防止機能付き!接着後もソフトな仕上がり

こちらの裾上げテープは、ありそうでなさそうな静電気防止機能がついた商品です。静電気加工の裾上げテープは、一般のお店であまり見かけることがない商品なので、気になる方は要チェックです。

 

実は、裾上げテープには、洋服の生地との相性で裾上げテープ自体も静電気が起きてしまうものもあります。それが、この裾上げテープの場合、静電気防止素材を使っているので極力静電気が起こりにくく、静電気対策の商品としては掘り出し物かもしれません。

 

接着力も強く、接着後はソフトな仕上がりになるのもポイントが高いです。スカートの裾が静電気で足にまとわりつくのをおさえたい方にはおすすめです。

サイズ幅23mm×長さ1.5m材質ポリエステル75%・ナイロン25%/制電材:繊維素材エックスエイジ/接着剤:東レ エルダー
タイプ厚さ薄地
第3位

Leonis(レオニス)

アイロンで簡単に美しく仕上げられる すそ上げテープ Dグレー(25mm×5m)[78025]

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

接着力・耐久性も高い、男性でも簡単に付けられる

裾上げテープの価格は、一般的に数百円程度が多いのでこの商品はスルーしてしまう方も多いでしょう。ただ、高いのは価格だけではありません。この裾上げテープは、接着効果も耐久性も高い商品です。
 
それに加えて、レビューを参考にすると、男性でも問題なく簡単に付けられると、複数の方が高い評価をつけています。裾上げテープは、失敗を考えると大胆に付けられないところもあります。まずは、誰もが簡単に貼り付けられる使い勝手の良さも大切なポイントです。
 
扱いやすく、簡単に付けられる裾上げテープを探している方にはおすすめです。
サイズ幅25mm×長さ5m材質ポリエステル100%/接着糸:ポリアミド繊維
タイプ厚さ
第2位

クロバー(Clover)

ストレッチすそ上げテープ 黒

価格:340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレッチ素材で修繕などにも使える

伸縮性のある、ストレッチ素材の裾上げテープです。このテープは、かなり好評を得ている商品なので、ジャージなどの裾上げをするなら必ずチェックすべき商品です。色も、黒を始め白、ベージュ、グレーなど選びやすいですが、好評なのは接着力にあります。
 
レビューを参考にすると、ストレッチ製の生地にしっかり貼り付いて、半年しても一切はがれる気配がないという優れものです。さらに、ズボンの修繕などにも使えたことと、裾上げがこんなに簡単だとは知らなかった!という、使い方が簡単なのも高い評価につながっています。
 
もともと、手芸品などを扱っている老舗メーカーの商品なので、生地の特徴には精通しています。ジャージなどの伸縮性のある裾上げにはかなりおすすめです。
サイズ幅30mm×長さ1.2m材質ナイロン・ポリウレタン・ポリアミド系樹脂
タイプ厚さ
第1位

八商商事株式会社

簡単すそあげ 男のハガレンダー

価格:270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単で接着力と耐久力もあり!リピーターに愛される商品

この裾上げテープは、ひょっとすると、自分に合う裾上げテープを見つけられなかった方の救世主になるかもしれません。簡単に使えて接着力と耐久力があり、高い評価を得ている商品です。
 
ユーモアのあるネーミング通り、洗濯をしてもはがれる気配がないとリピーターに愛用されています。中には、剣道の分厚い面布団に使った方もいますが、それでもはがれなかったようです。
 
裾上げテープは、貼り付ける生地との相性や、アイロンのかけ方などで接着力がうまく活用されないこともあります。そんな裾上げテープの特徴からも、これだけ接着力が発揮される商品なら価値があります。
 
薄手の生地から、厚みのある生地まできっちり裾上げしたい方には、究極のおすすめ商品です。
サイズ幅3cm×長さ120cm材質ポリエステル100%
タイプ厚さ

裾上げテープおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5081620の画像

    八商商事株式会社

  • 2
    アイテムID:5081617の画像

    クロバー(Clover)

  • 3
    アイテムID:5081612の画像

    Leonis(レオニス)

  • 4
    アイテムID:5081602の画像

    CAPTAIN88

  • 5
    アイテムID:5081600の画像

    ニトムズ(Nitoms)

  • 6
    アイテムID:5081598の画像

    手作り工房 MY mama

  • 7
    アイテムID:5081590の画像

    レオニス

  • 8
    アイテムID:5081585の画像

    ニトムズ(Nitoms)

  • 9
    アイテムID:5081580の画像

    KAWAGUCHI(カワグチ)

  • 10
    アイテムID:5081577の画像

    サンアミカ

  • 商品名
  • 簡単すそあげ 男のハガレンダー
  • ストレッチすそ上げテープ 黒
  • アイロンで簡単に美しく仕上げられる すそ上げテープ Dグレー(25mm×5m)[78025]
  • 銀静電除去すそあげテープ
  • すそあげテープ
  • 両面アイロン接着テープ
  • 衣類の寸法直しテープ
  • すそあげテープ
  • 普通地~厚地用 強力両面接着テープ
  • 強力すそあげテープ
  • 特徴
  • 簡単で接着力と耐久力もあり!リピーターに愛される商品
  • ストレッチ素材で修繕などにも使える
  • 接着力・耐久性も高い、男性でも簡単に付けられる
  • 静電気防止機能付き!接着後もソフトな仕上がり
  • 薄地で乾いても固くならずしなやか。ドライクリーニングも可能
  • たっぷり80m。針に接着剤も付かずまつり縫いもOK!
  • 洗濯してもはがれない接着力!長さ9mで色が選べる
  • 定番の商品でも一度貼り付けばかなり強力
  • ムラなく貼れて目立ちにくくセロテープのように極薄
  • 失敗のリスクを避けられる幅3cm
  • 価格
  • 270円(税込)
  • 340円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 250円(税込)
  • 184円(税込)
  • 598円(税込)
  • 756円(税込)
  • 184円(税込)
  • 520円(税込)
  • 526円(税込)
  • サイズ
  • 幅3cm×長さ120cm
  • 幅30mm×長さ1.2m
  • 幅25mm×長さ5m
  • 幅23mm×長さ1.5m
  • 幅23mm×長さ1.2m
  • 幅2cm×長さ80m
  • 幅20mm×長さ9m
  • 幅2.3cm×長さ1.2m
  • 幅12mm×長さ12m
  • 幅34mm×長さ1.2m
  • 材質
  • ポリエステル100%
  • ナイロン・ポリウレタン・ポリアミド系樹脂
  • ポリエステル100%/接着糸:ポリアミド繊維
  • ポリエステル75%・ナイロン25%/制電材:繊維素材エックスエイジ/接着剤:東レ エルダー
  • ポリエステル80%・ナイロン20%/製造国:日本
  • ポリエステル・ナイロン
  • ナイロン系接着樹脂
  • ポリエステル・ナイロン
  • タイプ
  • 片面
  • 両面
  • 両面
  • 両面
  • 厚さ
  • 薄地
  • 薄地
  • 薄地
  • 薄地
  • 普通地・厚地
  • 普通地・厚地

裾上げテープの使い方と注意点

裾上げテープの使用方法

裾上げテープを使用するときは「アイロン」「ハサミ」「あて布(ハンカチなどで代用可能)」「まち針」「裾上げテープ」「裾上げしたい衣服」を用意しましょう。まず、裾上げしたいところで折り、状態維持できるようまち針で留めます。ズボンの場合は両足の長さが揃うように、スカートやカーテンの場合は一直線に折るように注意してください。

 

衣服の裾上げしたい部分(まち針で留めた裾)にテープを当てぐるっと一周します。裾上げテープがはみ出る場合は、はみ出た分をカットします。アイロンを当てると裾上げテープが縮むので、少し長めに余してカットしてください

 

裾上げテープを丁度良い長さにカットしたら、水に浸して粘着力を上げます。アイロンを当てるときは、必ず接着面をズボンの生地に当てましょう。そのままアイロンで強く押し当てれば完成です。

洗濯しても大丈夫!はがしたいときは?

裾上げテープは基本的には洗濯しても取れてしまうことはありません。何度か使用したり洗濯したりしているうちにはがれてしまったときは、アイロンがけが弱いか、水に十分に浸していなかった可能性があります。また、安い裾上げテープだと粘着力が弱いこともあるので、心配な方は値段で選ばず丈夫なものを選びましょう。

 

一度貼るとはがれない裾上げテープですが、失敗したときや長さを変えたいときは、はがすこともできます。裾上げテープは熱を加えることで接着剤が溶けます。アイロンを当てたり40°のお湯に2~3分当てたりすると取れます。

 

ただ、基本的にははがれないよう強い粘着力をもっています。いきなりびりっとはがすと生地が痛むので、ゆっくりとはがしてください。

 

 

しっかり裾上げしたい人にはミシンがおすすめ

まとめ

ここまで裾上げテープのおすすめランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。裾上げテープは、どれも似たような商品に見えますが、それぞれ使い勝手や粘着性に違いがあります。ただ、簡単に貼り付けられるものが多いので、一度経験すれば、カーテンの裾上げやアップリケなど、他の貼り付けに使えて楽しめますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ