記事ID132614のサムネイル画像

【特徴別】人気のある地デジアンテナのおすすめランキング10選

常に新商品が発売され続ける地デジアンテナ。テレビがきれいに映るものがいいけど、何がおすすめなのか分からず選べない人もいるのではないでしょうか。今回はそんなお悩みを解決するために、地デジアンテナの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

地デジアンテナとは?

一言でアンテナといってもいくつか種類がありますが、アンテナと聞いて多くの方が思い浮かべるのが、「地デジアンテナ」ではないでしょうか。地デジアンテナとはUHFアンテナという正式名称で、地デジ放送をテレビで見るためのアンテナです。

地デジアンテナはどこの家でも設置させています。地デジアンテナは電波を受信しやすいので、頻繁にテレビが見れなくなるといった恐れはありません。しかし、自分の住んでいる地域によっては電波を上手く受信することができなくなる場合もあるので、電波状況を確認してから選ぶ必要があります。

今回は、地デジアンテナを購入したいという方におすすめの地デジアンテナをランキング形式で紹介していきます。地デジアンテナを購入したい方は、ぜひ検討してみてはいかがですか。

地デジアンテナの選び方

地デジアンテナを選ぶときにはアンテナの性能や電波の強さを確認しなければなりません。そこで、ここでは地デジアンテナの選び方について詳しく紹介していきます。

素子数と動作利得をチェック

素子数と動作利得をチェックしなければ、電波を上手くキャッチすることはできません。そのため、素子数と動作利得をしっかりとチェックするようにしましょう。

素子数を確認

地デジアンテナを選ぶときには、素子数について確認しなければなりません。なぜなら、地デジアンテナによって素子数が違うため、適当に選んでしまうと自分の地域に合っている電波ではない場合があります。そのため、テレビを見ることができないという事態につながってしまいます。

 

素子数が少ない地デジアンテナを選ぶ場合には、自分の住んでいる地域が強電界地域のときに限ります。また、自分の住んでいる地域が弱電界地域の場合には素子数が多めの地デジアンテナを選ばなければなりません。

 

強電界地域で素子数が多い地デジアンテナを選んでも特に影響はないですが、弱電界地域で素子数が少ない地デジアンテナを選んでしまうとテレビを見ることができません。このように地デジアンテナを選ぶときには素子数が非常に大事になります。そのため、自分の地域の電波に合った素子数を選ぶようにしましょう。

動作利得を確認

地デジアンテナを選ぶときには、動作利得について確認しなければなりません。なぜなら、地デジアンテナによって動作利得の大きさが違うため、適当に地デジアンテナを選んでしまうと電波を上手くキャッチすることができません。

 

地デジアンテナの動作利得の確認の仕方は、数値が高いものほど利得が高く、数値が小さいものほど利得が小さくなります。利得が高いと電波をしっかりとキャッチすることができるため、テレビが見れなくなるということが少ないです。また、利得が少ないと電波をキャッチすることがあまりできないため、テレビが見れなくなる場合があります。

 

このように、動作利得は電波をキャッチできるかの判断材料となり、動作利得の大きさによってテレビを見ることができるかが決まります。そのため、事前に動作利得の数値を確認してから選ぶようにしましょう。

電波の強さには三段階あることを理解しよう

電波の強さには三段階あり、自分の住んでいる地域はどの段階なのかを理解する必要があります。段階によって設置するアンテナの種類も変わってくるため、地域の電波の強さを理解しなければなりません。

強電界地域

自分の住んでいる地域が強電界地域の場合には、80dBμV/mとなります。この電波強度だと屋外・屋内でも電波を受信することができます。強電界地域だと屋外・屋内でも電波を受信することができます。電波の強さが80dBμV/m以上あると、どのような地デジアンテナでもテレビを見ることが可能になります。

 

しかし、地デジアンテナの周りに障害となる物体などがあると電波の強さが80dBμV/mよりも下がってしまうため、テレビが見れなくなる場合があります。このように強電界地域はテレビを見るには非常におすすめの場所です。

中電界地域

自分の住んでいる地域が中電界地域の場合には、70dBμV/mとなります。この電波強度だと屋外・屋内でも電波を受信することができます。しかし、70dBμV/mの電波の強さなので、屋外・屋内で使用できるのは一部に限られるので注意してください。

 

また、中電界地域でも障害物が多くあると電波を受信することができない場合も考えられます。屋内で地デジアンテナを設置したい場合には、電波の強さが高い地域に引っ越すという手もあります。このように中電界地域でも屋外・屋内で電波を受信することができます。

弱電界地域

自分の住んでいる地域が弱電界地域の場合には、電波強度目安が60dBμV/mとなります。この電波強度だと電波が弱いため、屋外でないと上手く電波を受信することができません。もし、室内に地デジアンテナと取り付けてしまうとテレビが映らない場合があるので、気を付けるようにしましょう。

 

しかし、電波の強さというのは障害物などによって影響を受けてしまうため、確実にテレビを見ることができるのかというとそうとは限りません。地デジアンテナで受信できるまでは分からないので、目安として考えてください。

地域の電波状況を確認してから選ぼう

地域によって電波の強さに差があり、適当に地デジアンテナを選ぶと失敗するケースが多くあります。そのため、地デジアンテナを選ぶときには地域の電波状況を確認する必要があります。

家電量販店でアンテナを確認

自分の住んでいる地域の電波状況を確認するには家電量販店で確認するという手段があります。大型の家電量販売店であれば、地域の住民からもよく電波状況の質問をされているので、周りの人と同じアンテナを選ぶことができます。そのため、地デジアンテナを購入してもテレビが映らないといった失敗がなくなります。

 

地域の家電量販売店で地域の電波状況を確認するときに注意しなければならないことがあります。それは、地デジアンテナの取り付け工事をするのは委託業者であるということです。委託業者による取り付け工事のため、知識があまりない場合が多いです。

 

そのため、相手からアドバイスをされても、軽いアドバイスだと考えるようにしましょう。以上より、地デジアンテナを選ぶときには事前に家電量販売店に質問をして、地域の住民を同じような地デジアンテナを選ぶことがおすすめです。

周りの家のアンテナを確認

自分の住んでいる地域の電波状況を確認するには周りの家のアンテナを確認するという手段があります。周りの家のアンテナを確認するのは誰でも簡単にできる方法なので、家電量販店にいちいち行かなくても大丈夫です。しかし、自分の目による確認のため、見間違うこともあるので気を付けなければなりません。

 

自分で地域の電波状況を確認するためにはアンテナの種類を理解しておかなければなりません。例えば、電波が強い地域の場合には平面アンテナや非常に小さいアンテナが取り付けてあります。また、電波が弱い地域の場合には大きめのアンテナが取り付けてあります。

 

自分の住んでいる地域の電波状況を確認するためには、このような判断基準があるので参考にしてみてください。

アンテナの性能を調べよう

地デジアンテナでまず気になるのは、性能ですよね。しかし、地域の電波状況に合ったアンテナを選ばないと性能を発揮することができません。地域の電波状況を確認したら、その地域に合ったアンテナを選びましょう。

屋外用の八木アンテナ

屋外用の八木アンテナはどのような家庭でも使われている非常に人気の高い地デジアンテナです。屋外用の八木アンテナは地域の電波状況に関係なく使うことができる高性能の地デジアンテナです。しかし、このような高性能の地デジアンテナだからといって、事前に地域の電波状況を確認しなくてもいいということではないです。

 

また、八木アンテナには様々な大きさがあります。そのため、自分の家の景観と上手く組み合わせないと見栄えが悪くなる可能性もあるので、事前にどのくらいの大きさの地デジアンテナにするのかを決めてから選ぶことが重要です。

 

このように八木アンテナは地域の電波の強さに関係なく使用することができ、様々な大きさのアンテナがあるので、自分の好きなアンテナを見つけることができます。

屋内・室内で使用できる平面アンテナ

屋内・室内でも取り付けることができる平面アンテナは非常に人気の高い地デジアンテナです。平面アンテナを取り付けたいと考えている場合には、事前に地域の電波状況を確認しなければなりません。平面アンテナは電波が弱い地域だと使用することができるため、事前に電波状況を確認しとかなければテレビが見れない可能性があります。

 

平面アンテナには様々な種類のアンテナがあり、あまり大きくないタイプなので、家の景観を損なわずに取り付けることができるという特徴があります。そのため、自分の好きなデザインの平面アンテナを見つけやすいです。さらに、平面アンテナはネジで固定することが可能なので、暴風雨や雪によって壊れる心配がないです。

 

このように平面アンテナは用途に制限がありますが、屋内・室内でも取り付け可能で、自然災害が起きても壊れにくいという特徴があります。そのため、壊れにくさを求めているのならば、ぜひ検討してみてください。

室内用の地デジアンテナ

室内用の地デジアンテナは室内に取り付けるだけなので、屋外に取り付けるような工事費はかかりません。また、室内用の地デジアンテナは値段が非常に安く設定されているため、屋外に取り付ける工事費が高い場合には室内用の地デジアンテナを取り付けることがおすすめです。

 

室内用の地デジアンテナを購入しようと考えている場合には、事前に地域の電波状況を確認しましょう。自分の住んでいる地域が電波が強い地域であればテレビを見ることができます。しかし、自分の住んでいる地域の電波の強さを確認することができないのならば、携帯を使って受信感度を調べてみましょう。

 

このように室内用の地デジアンテナは値段が非常に安く、電波が強い地域にはおすすめのアンテナなので、ぜひ購入してみてください。

地デジアンテナの人気ランキング10選

10位 DXアンテナ 『UA14』

給電部のケーブル接続部はF型座の地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第10位に輝いたのは、DXアンテナの『UA14』です。『UA14』の給電部のケーブル接続部はF型座になっているため、何らかの原因でケーブルが抜かれてしまう心配がないので、安心して接続することができます。また、防水キャップが採用されているので、水に濡れても使うことが可能な優れものです。

 

『UA14』の反射器の組み立ての仕方は非常に簡単で、ワンタッチで完成させることができます。そのため、誰でも容易に作り上げることができる設計となっています。さらに、大気汚染などにより、環境に悪影響を与えてしまう物質や人の体を危険にさらす物質を全く使用していないので安心して使うことができます。

 

このように『UA14』は誰でも簡単に作り上げることができ、安心して使うことができます。

質量 0.85kg 動作取得 8~12.5dB
設置場所 屋外 電波強度 中

9位 マスプロ電工 『LS206』

価格:6976円(税込)

耐久性に優れた地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第9位に輝いたのは、マスプロ電工の『LS206』です。『LS206』は6本の反射器を上下に開くだけで完成するため、誰でも簡単に取り付けができます。また、雪や雨のときでも壊れにくいという特徴があるので、耐久性を求めている人には非常におすすめです。

 

『LS206』は屋外に取り付けるタイプの地デジアンテナですが、重量は軽めなので自分で取り付けることができます。しかし、屋根に取り付けるのは危険も伴うため、専門の人に頼むことをおすすめします。このように『LS206』は耐久性に優れているので、検討してみてはいかがですか。

質量 2.1kg 動作利得 9.6~15.7dB
設置場所 屋外 電波強度 弱

8位 日本アンテナ 『F-PLUSTYLE UDF85』

価格:4168円(税込)

自由に設置可能で軽量な地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第8位に輝いたのは、日本アンテナの『F-PLUSTYLE UDF85』です。『F-PLUSTYLE UDF85』は他の地デジアンテナよりも薄型で設計されているため、普段取り付けることができない場所にも設置することができます。また、マルチ金具で簡単に取り付けることができます。

 

『F-PLUSTYLE UDF85』は屋内・屋外でも取り付けることができます。屋外に取り付ける場合には暴風雨や雪などが降っている日には壊れる可能性があるので注意しましょう。そのため、このような日には屋内に取り付けることがおすすめです。

 

このように『F-PLUSTYLE UDF85』は自由に取り付けができるため、気分に合わせて取り付け場所を変えたい人はぜひ購入してみてください。

質量 1.5kg 動作利得 6.5~8.5dB
設置場所 屋内・屋外 電波強度 強・弱

7位 DXアンテナ 『UH26BA』

価格:7620円(税込)

耐風速が備わった地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第7位に輝いたのは、DXアンテナの『UH26BA』です。『UH26BA』の本体の重さは軽量で、持ち運びがしやすいという特徴があります。そのため、高い壁に取り付けたいと考えている人でも簡単に、安心して取り付けることができます。

 

『UH26BA』には耐風速が備わっています。これまでの製品では、耐風速が40m/sでしたが、改良を重ねたことで50m/sに強度を高めることができました。そのため、雪や暴風などの自然災害が起こったときでも壊れないでテレビを見続けることができます。

 

さらに、ブースターを平面アンテナの後ろ側に取り付けが可能なので、見た目がスッキリとした印象を与えてくれます。このように『UH26BA』は誰でも簡単に取り付け可能で、様々な自然災害が起こっても壊れにくいという特徴があります。

質量 3.6kg 動作取得 26~31dB
設置場所 屋外 電波強度 中・弱

6位 東芝 『DUA-1000』

価格:7246円(税込)

どの地域にも対応した地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第6位に輝いたのは、東芝の『DUA-1000』です。『DUA-1000』は強・中・弱電界地域に対応しているため、事前に自分の住んでいる地域の電波の強さを調べなくても使うことができます。また、屋内・屋外でも取り付けることができるため、電波状態に合わせて移動させることが可能です。

 

屋内に取り付ける場合には壁だけでなく、ベランダなどにも取り付けが可能なので自分の好きな場所に設置することができます。『DUA-1000』はテレビとのバランスを考えて設計されたため、すっきりとした印象を与えてくれるので、ぜひ購入してみてください。

質量 2.1kg 動作利得 8.4~9.8dB
設置場所 屋内・屋外 電波強度 強・中・弱

5位 DXアンテナ 『UA14』

価格:5724円(税込)

給電部のケーブル接続部はF型座の地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第5位に輝いたのは、DXアンテナの『UA14』です。『UA14』の給電部のケーブル接続部はF型座になっているため、何らかの原因でケーブルが抜かれてしまう心配がないので、安心して接続することができます。また、防水キャップが採用されているので、水に濡れても使うことが可能な優れものです。

 

『UA14』の反射器の組み立ての仕方は非常に簡単で、ワンタッチで完成させることができます。そのため、誰でも容易に作り上げることができる設計となっています。さらに、大気汚染などにより、環境に悪影響を与えてしまう物質や人の体を危険にさらす物質を全く使用していないので安心して使うことができます。

 

このように『UA14』は誰でも簡単に作り上げることができ、安心して使うことができます。

質量 0.85kg 動作利得 8~12.5dB
設置場所 屋外 電波強度 中

4位 マスプロ電工 『U206』

価格:4290円(税込)

高い利得性能を実現している地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第4位に輝いたのは、マスプロ電工の『U206』です。『U206』は屋外に取り付けるタイプの地デジアンテナで、『U206』を組み立てるときには親切にも水平・垂直となるように線が入っています。その線に従って組み立てていき、最後に蝶ネジを締めれば完成なので、誰でも組み立てをすることができます。

 

また、『U206』は素子が20もあるため、電波を受信しやすいです。そのため、テレビが見れなくなるという事態を防ぐことができます。さらに、6本の反射器が備わっていたり、ビームダイポールの低損失化などによって、利得性能を高めています。

 

このように『U206』はアンテナを組み立てる時間を短縮してくれるような設計です。また、電波をしっかりと受信してくれるため、受信状態が良好となりやすいので、ぜひ購入してみてください。

質量 1.1kg 動作利得 8.5~13.7dB
設置場所 屋外 電波強度 弱

3位 マスプロ電工 『U206』

価格:4290円(税込)

高い利得性能を実現している地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第3位に輝いたのは、マスプロ電工の『U206』です。『U206』は屋外に取り付けるタイプの地デジアンテナで、『U206』を組み立てるときには親切にも水平・垂直となるように線が入っています。その線に従って組み立てていき、最後に蝶ネジを締めれば完成なので、誰でも組み立てをすることができます。

 

また、『U206』は素子が20もあるため、電波を受信しやすいです。そのため、テレビが見れなくなるという事態を防ぐことができます。さらに、6本の反射器が備わっていたり、ビームダイポールの低損失化などによって、利得性能を高めています。

 

このように『U206』はアンテナを組み立てる時間を短縮してくれるような設計です。また、電波をしっかりと受信してくれるため、受信状態が良好となりやすいので、ぜひ購入してみてください。

質量 1.1kg 動作利得 8.5~13.7dB
設置場所 屋外 電波強度 弱

2位 Tasaisk 『地デジペーパーアンテナ』

価格:4280円(税込)

様々な周波数帯域に対応した地デジアンテナ

地デジアンテナ人気おすすめランキング第2位に輝いたのは、Tasaiskの『地デジペーパーアンテナ』です。『地デジペーパーアンテナ』は室内に取り付けが可能です。『地デジペーパーアンテナ』は屋内に設置可能なため、災害などによって壊れる心配がありません。

 

『地デジペーパーアンテナ』は軽量の薄型で設計されているため、家の窓の近くに取り付けることで目立たなくなります。デザインもおしゃれなので、インテリアとしても使うことができます。また、従来の地デジアンテナよりも電波をキャッチしやすいです。屋外に取り付けるときの設置工事費用がかからないので、非常におすすめです。

 

このように『地デジペーパーアンテナ』は従来の地デジアンテナよりも様々な帯域のテレビ電波をキャッチすることができ、目立ちにくい設計となっているので、ぜひ購入してみてください。

質量 動作利得
設置場所 電波強度 強・中・弱

1位 DXアンテナ 『UAH261(W)』

価格:6812円(税込)

誰でも容易に取り付け可能な地デジアンテナ

堂々1位に選ばれたのは、DXアンテナの地デジアンテナ『UAH261(W)』です。『UAH261(W)』はUHF平面なので、壁に取り付けることが可能なアンテナです。壁に取り付けることができるタイプのため、暴風雨や雪によって壊れる心配がないので安心することができます。

 

『UAH261(W)』は軽量で小さく設計されているため、高い場所に取り付ける場合でも簡単に設置することができます。アンテナを取り付けるときには取付金具に装着して、ボルトを締めるだけなので容易に設置可能です。

 

このように『UAH261(W)』は取り付けやすさに優れていて、誰でも簡単に取り付けることができます。また、『UAH261(W)』は中・弱電界地で有効なアンテナなので、自分の住んでいる地域の電波が弱い場合には、ぜひ検討してみてください。

 

質量 2.0kg 動作利得 8.4~10.2dB
設置場所 屋外 電波強度 中・弱

まとめ

ここまで地デジアンテナのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。地デジアンテナといっても、取り付けが楽なものや、電波をよくキャッチするものなど様々なものがあります。より高性能の地デジアンテナを選ぶために、事前に特徴や値段などを調べてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ