災害時などに1つは持っていると便利な人気のガソリン携行缶ランキング10選【おすすめの種類も!】

ガソリン携行缶とは名前の通りガソリンをガソリンを持ち運ぶための容器ですが、消防法によって細かく規格が定められていることはご存知でしょうか?ガソリンは非常に危険な液体なため扱いを間違うと大事故を起こしかねません。ここではガソリン携行缶の選び方などを紹介します。

ガソリン携行缶は消防法によって規格が定められている

最近では日曜大工やDIYなどで庭などでガソリンや混合燃料を使う機会も増えてきています。そのため予備燃料を携行しておきたいと考える人も多いようですが、どんな容器でも大丈夫という訳ではなく、しっかりと規格を守ったガソリン携行缶が必要になります。

 

ガソリン携行缶は容器の素材や容量などが消防法によって厳しく規定されています。そのため普段使っているようなポリタンクなどでガソリンを携行することは出来ません。また大量のガソリンを携行することも一般的には不可能で40リットルを超える保管などは消防機関に申し出が必要にもなっています。

 

主にガソリン携行缶として多い素材は金属製の容器や金属製のドラム缶などが一般的ではあり、また規定に沿ったプラスチックもガソリン携行缶として認められています。ただし素材によってもガソリンの容量が規定されているのでガソリンを保管、携行する際はしっかりと確認するようにしましょう。

ガソリン携行缶の選び方

ガソリン携行缶を選ぶ上での大前提は消防法適合マークの入っている物であるということです。日本規格であるKHKマークと国連規格のUNマークの2種類があり、このどちらかのマークがないとガソリンを入れてもらえない可能性もあります。そのためガソリン携行缶を選ぶ際は、まずこの消防法適合マークの入ったものを選びましょう。

ガソリン携行缶には大きく分けて4つの種類がある

ガソリン携行缶の形状は大きく分けて4つに分けられます。それぞれ特徴が違うので自分の環境に合わせて形状を選ぶ必要があります。

ボトルタイプを選ぶ

少量のガソリンを携行するのであれば、このボトルタイプがおすすめです。少ないものは500ccから大きいものだと1リットルを超える容量のものが販売されており、庭でDIYをやる方やバイクに乗る方などに非常に人気のタイプとなっています。

 

バイクの場合は車などと違って載せられる大きさがどうしても制限されてしまうため、このボトルタイプは非常に重宝します。ただしバイクにガソリン携行缶を保管しておく場合は高熱になりやすいシートの下などはとても危険なので、しっかりとガソリン携行缶ホルダーを取り付けるようにしましょう。

 

DIYや日曜大工の他にも芝刈り機などの容量をそんなに使わない場合に使用する際もボトルタイプのガソリン携行缶はおすすめできるタイプです。

ガソリン用ポリタンクを選ぶ

ガソリン携行缶と言えば金属のイメージが強いですが、ガソリン携行缶の中にはガソリン用のポリタンクも販売されています。ただし灯油や軽油を入れる一般的なポリタンクとは違うので注意が必要です。

 

ただしガソリン用のポリタンクとはいえ、携行できる容量は10リットルまでとされていることもしっかりと覚えておかなければなりません。一般のポリタンクとの違いは素材が強化されていることです。

 

そのためガソリン用のポリタンクは灯油や軽油を入れることは出来ますが、逆に灯油や軽油用のポリタンクにガソリンを入れて保管、携行することは認められていません。もしガソリン用のポリタンクに灯油などを入れて使用する際は、灯油とガソリンが混ざらないようにしっかりと注意する必要があります。

金属缶を選ぶ

ガソリン携行缶といえば金属缶が1番にイメージされるでしょう。人気も高く様々なバリエーションのものが販売されており、中には非常にお洒落なものもあるため選ぶ楽しさがあるのも金属缶の特徴と言えます。

 

縦長のものから横長のものまであり、自分の環境に合わせて選べるのもおすすめのポイントです。容量も2~3リットルのものから20リットルを超える大きいものまで販売されているため環境に合わせやすいです。また金属缶は総じて頑丈なのも人気の理由です。

ミニドラム缶を選ぶ

ガソリン携行缶としてミニドラム缶タイプも非常に人気があります。重ねて保管、携行が出来るので場所を取らないのもおすすめのポイントです。一般のドラム缶よりはコンパクトですが、それでも小さいミニドラム缶でも10リットルは容量があります。

 

大きい物は20リットルサイズもあるので大量のガソリンを保管、携行したい場合には特におすすめできるタイプです。ただし上記でも説明したように40リットルを超える場合はしっかりと届け出をするように注意しましょう。

 

大人数でキャンプする際やアウトドアを楽しむ際に、ガソリンを燃料とする場合もあるので、そういった場合には特に重宝します。

保管や携行する容量で選ぶ

ガソリン携行缶を選ぶ上で容量というのは非常に大事なポイントです。ガソリンはガソリン携行缶に入れておいても永遠に保管ができるものではありません。だからこそガソリン携行缶の容量は自分の環境に合わせる必要があります。

5リットル以下を選ぶ

5リットル以下の場合はボトルタイプなどにも多いように、どんな方でも手軽に持ち運びが出来るというメリットがあります。特に力のない女性やご年配の方などは20リットルの金属製のガソリン携行缶があったとしても扱えない事が多くあります。

 

そのためご年配の方の場合などにはボトルタイプではないタイプの5リットル以下のガソリン携行缶がおすすめです。容量が少ないという不安はありますが5リットルでもガソリンがあるとないとでは雲泥の差があります。

 

緊急のガソリン補給や明かりにも使えるので使う人の性別や年齢などを考慮して、5リットル以下の方がいい場合は迷わず5リットル以下のタイプを購入しましょう。また5リットル以下のガソリン携行缶を複数購入するのもおすすめです。

10リットルを選ぶ

ガソリン携行缶として最もおすすめされている容量は10リットルだと言われています。理由としてはボトルタイプを除く多くのタイプで販売されているため、豊富な種類から自分の用途に合うタイプのガソリン携行缶を選ぶことができるのが1つです。

 

また10リットルという容量は何をするにしても安心感のある容量で重すぎないので、ご年配の方や子供を除く大人の人が扱いやすいと感じる容量でもあります。そのためガソリン携行缶を選ぶ際は特に決まった用途がないのなら10リットルのガソリン携行缶が人気です。

 

ちなみにガソリン10リットルの場合、一般的なガソリン車でも100キロは軽く走ることもあり、災害時などにもガソリンが10リットルあると安心感が全然違います。

20リットル以上を選ぶ

ガソリンは非常に便利な燃料であると同時に危険な燃料でもあります。そのため20リットルを超えるガソリン携行缶の場合は安心と同時に不安な気持ちになることがあります。そもそも20リットルをガソリン携行缶に入れる場合はプラスチックの素材は使えません。

 

そのため金属製になりますが、20リットル以上の金属製のガソリン携行缶はガソリンが入っていなくても重たいものです。それに20リットルものガソリンが入ったのでは大人1人では持ち運ぶのにさえ苦労してしまいます。

 

せっかくの大量のガソリンも扱いにくければ意味がないことになってしまうこともあります。車に載せたりする場合は問題ありませんが、それでも20リットルを超える場合は扱いなどに注意が必要です。

ガソリン携行缶の素材もチェック

ガソリン携行缶は消防法によって素材も規定されています。そのため自由な素材は使えないものの、いくつかの種類があります。それぞれに特徴があるのでガソリン携行缶を選ぶ際に素材から選ぶのも選択肢の1つです。

プラスチックを選ぶ

主にガソリン用のポリタンクに使われている事が多いプラスチックですが、プラスチックのメリットは錆びることがないということです。金属製の場合は錆びてしまうことがあり、そこから燃料が漏れたりする危険がありますが、プラスチックにはその心配はありません。

 

また金属製と違い非常に軽量なため力のない方でも簡単に扱えるのも嬉しいポイントです。ただし消防法により10リットルまでしかプラスチックの場合はガソリン携行缶として認められないため大量のガソリンを携行した場合にはプラスチックは諦めるしかありません。

 

また金属製と比べても耐久性や衝撃に弱いということもあり、保管する場合には問題ありませんが、車に載せたりしている場合は気が付くと破損していることもあるので注意が必要です。値段は安価な物が多いため、値段を気にする方にもおすすめの素材と言えます。

ステンレスを選ぶ

錆びに強い金属と言えばステンレスをイメーズする人が多いでしょう。ガソリン携行缶の素材としてもステンレスは非常に人気があります。耐久性、錆びに強いとガソリン携行缶の素材としては非常におすすめの素材です。

 

ステンレスは見た目に高級感もあるので、その高級感やデザインに惹かれて選ぶ人も多いですが他の金属に比べて値段が高くなってしまいやすいという傾向があります。ガソリン携行缶は一生使えるものではないため値段が高いと手を出しにくいと感じる人も多いです。

 

しかし値段に見合った性能なのも事実であり、値段が高いとはいえ安全面を考慮してもステンレス製のガソリン携行缶は人気が高いです。

ステンレス以外の金属を選ぶ

ガソリン携行缶の素材は金属が多いですが、ステンレス以外だとどうしても錆びが気になってしまうものです。ステンレス以外で錆びに強いのは亜鉛メッキなどを施したものもありますが、スチールなどの錆びに弱い金属も多いため注意が必要です。

 

ガソリン携行缶を使用していてガソリンに錆びが混じってしまうというのは、よくある問題でもあり、一度錆びてしまったガソリン携行缶は安全面も考慮してすぐに新品と交換することがおすすめされています。

 

値段が安価で耐久性もある一般的な金属素材のガソリン携行缶は値段と性能のバランスが良いため非常に人気があります。

番外編としてガソリン携行缶の注意点

ここからはガソリン携行缶の選び方ではなく扱い方を説明します。ガソリンは非常に危険な燃料のため雑に扱ってしまうと非常に危険です。特に給油時や保管時などの扱いには十分に気を付けるようにしないと思わぬ大事故に繋がるおそれもあります。

給油時の注意点

ガソリン携行缶への給油方法は事前にしっかりと勉強しておかないと、いざという時に困惑してしまう事になります。まず大事なのはガソリン携行缶はセルフサービスのガソリンスタンドでは行えません。セルフサービスのガソリンスタンドだとしても必ず店員に給油をお願いする必要があります。

 

また補給する際にガソリン携行缶が熱をもってないかも大事な確認事項になります。熱をもっている状態で蓋を開けると中のガソリンが一気に噴き出すおそれもあります。そしてエア調整ネジが付いている場合は、ゆっくりとエア調整ネジを開けて中の空気を抜いていくことも重要です。

 

このように給油の際は細心の注意を払いながら作業を行うようにしましょう。これでもかというぐらい気を付けても足りないのがガソリンの取り扱いです。しっかりと事前に給油について勉強しておきましょう。また当然ですがタバコのような火気がないかも事前に注意しておきましょう。

保管時の注意点

ガソリン携行缶の中のガソリンは、出来る限り使わない時は空で使う時だけガソリンを入れるようにすると安心です。しかしどうしても入れたまま保管する必要がある場合はしっかりとガソリンを満タンまで入れて、直射日光の当たらない温度変化の少ない場所に保管しておきましょう。

 

ガソリンは腐ってしまう燃料のため、2か月~3か月を目安に入れ替えるようにしましょう。どんだけ長くても半年以上たったものは危険なので使用は控えるように。また車の中などに長期間保管しておくのも良くありません。

 

車の中というのは温度が40度を超えることも珍しくありません。もし車の中などの密閉された場所で、ガソリン携行缶が劣化し燃料が漏れていた場合は簡単に引火する場合もあります。車の中での保管は危険です。必ず平たい安全な場所で保管しましょう。

ガソリン携行缶の人気ランキング10選

ここからは人気のガソリン携行缶をランキング形式でお伝えします。容量や素材などが多く悩みやすいですが、必ず自分の環境に合ったものが見つかるのでしっかりとチェックしてみてください!

10位 エマーソン 『ガソリン携行缶 アルミボトル EMERSON EM-134』

給油ノズル付きで使いやすい1リットルサイズのボトルタイプ

1リットル入るボトルタイプのガソリン携行缶であり、収納袋もついているので非常に持ち運びに便利な人気の製品です。素材はアルミですがしっかりと給油ノズルも付いており給油する際にも使いやすいのがおすすめのポイントです。

 

150gと超軽量なこともあり、持ち運びが楽でいざという時の補給に最適なガソリン携行缶です。値段も安価なのでコストパフォーマンスにも優れており人気の製品です。

材質:アルミ 容量:1000cc

9位 矢澤産業 『ガソリン携帯缶 ミニタンク MT3』

握りやすい取っ手付きが特徴のガソリン携行缶

2.5リットルの容量なのでご年配の方や女性のような力のない方でも手軽に給油ができる人気のガソリン携行缶です。握りやすい取っ手も付いているので持ち運びが楽なのもおすすめのポイントです。芝刈り機やスクーターなどの小型エンジンの給油に向いているガソリン携行缶です。

材質 容量:2.5リットル

8位 マッキンリー 『ミニドラムガソリン携行缶 GX-20』

底部が劣化しづらいミニドラム缶タイプ

20リットルの大容量のミニドラム缶タイプのガソリン携行缶です。ミニドラム缶タイプは重ねて保管も出来るので場所を取らないことからとても人気がある形状です。最大で4つまで積み重ねることが出来るのも人気の理由です。

 

レビューでも安定性があり底部も劣化しづらいという声もあり非常におすすめされているガソリン携行缶です。

材質:0.6mmクロムメッキ鋼板(JIS規格品) 容量:20リットル

7位 ガレージゼロ 『ガソリン携行缶 (GZKK01)』

女性にも扱いやすい5リットルの錆びに強い素材のガソリン携行缶

素材に電気亜鉛メッキ鋼板を使用しているので金属でありながら錆びに強いのが人気のガソリン携行缶です。扱いやすいとされる5リットルタイプなので、災害時などでも安心の容量です。レビューでも非常にコストパフォーマンスに優れていると評判も良い人気の製品です。

材質:電気亜鉛メッキ鋼板 容量:5リットル

6位 ガレージゼロ 『ガソリン携行缶 』

安全面に優れているステンレス製

こちらの製品は安全面に優れているステンレス製のガソリン携行缶です。3リットルタイプで持ち運びにも便利です。値段は他の製品に比べて高価になってしまいますが、安全面も考慮すると決して損したとはなりません。

 

ノズルにこし網が付いているので補給時に異物やゴミが入ることもないので安心して使用できるのもおすすめのポイントです。

材質:ステンレス 容量:3リットル

5位 大自工業/メルテック  『ガソリン携行缶 SK-675』

マリンスポーツにもおすすめのステンレス製のガソリン携行缶

20リットルの大容量タイプなのでステンレス製なのは非常に安心して使用できる人気のガソリン携行缶です。災害時はもちろんですが、アウトドアやキャンプに使用する方も多く、様々な場面で活躍しています。

 

重さ3.6kgと、それなりの重量がありますが安心して使用できるためとても人気が高く、どんな方にもおすすめしたい製品ですが値段が少し高くなってしまうのだけは注意です。

材質:ステンレス 容量:20リットル

4位 矢澤産業 『ガソリン携帯缶 ガソリンボトル M70』

ツーリングなどに便利なボトルタイプのガソリン携行缶

容量が700ccのガソリン携行缶です。全長も25cm前後なので邪魔になることもあまりなく、キャップにノズルが付いているタイプなので非常にスマートです。そのため持ち運びにも非常に便利で、布袋も付いているので人気のガソリン携行缶です。

 

小型エンジンに給油するなら容量が丁度いいと考える購入者も多く、ツーリングや芝刈り機などにおすすめのガソリン携行缶です。

材質 容量:700cc

3位 BMO JAPAN(ビーエムオージャパン) 『ポリ燃料タンク ゴリッタ  BM-PT5』

扱いやすい5リットルでプラスチックなので軽いのも嬉しい

高密度ポリエチレンを使用したガソリン用のポリタンクです。プラスチックなので非常に軽く扱いやすいのでどんな方にもおすすめできるガソリン携行缶です。容量も5リットルタイプなのもおすすめのポイントです。

 

プラスチックなので錆びることもなくノズルも湾曲しており使いやすいので、レビューでも人気の高いガソリン携行缶です。

材質:HDPE高密度ポリエチレン 容量:5リットル

2位 ガレージゼロ 『ガソリン携行缶 GZKK39 [UN規格・消防法適合品]』

錆びに強い素材で中型や大型エンジンの予備燃料にも最適

亜鉛メッキ鋼板を使用したガソリン携行缶で20リットルと大容量なのに値段が安価なので非常に人気が高い製品です。アウトドアやキャンプなどにも使えます。亜鉛メッキ鋼板なので錆びにも強く安心して使用できるのもおすすめのポイントです。

 

エア調整ネジもあるので給油時にガソリンが一気に飛び出す心配もなく、20リットルと大容量なので車やバイクなどの予備燃料としてもおすすめです。

材質:電気亜鉛メッキ鋼板 容量:20リットル

1位 大自工業/メルテック (meltec) 『ガソリン携行缶 G-CAN 消防法適合品 KHK FX-510』

シンプルなデザインで10リットルの容量で扱いやすい人気のガソリン携行缶

ガソリン携行缶としてはよくおすすめされている10リットルの容量で亜鉛メッキ鋼板なので錆びに強いのもおすすめのポイントです。10リットルの容量なので車や大型のバイク、または除雪機などのエンジンの予備燃料としてもおすすめのサイズです。

 

また同じ製品でサイズ違いが4種類あるのでデザインが気に入った方などはサイズ別に購入している方もいらっしゃいます。

材質:亜鉛メッキ鋼板 (日本製・JIS規格)  容量:10リットル

まとめ

人気のガソリン携行缶をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。ガソリン携行缶は非常に便利ですが一歩間違えると危ないものでもあります。そのためしっかりと素材や容量を考えて選ぶ必要があります。災害時などに1つでもあると非常に便利なので、この機会にぜひ購入してみてはいかがでしょうか!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

人気の電気ひざ掛けのおすすめランキング10選【メーカー別】

人気の電気ひざ掛けのおすすめランキング10選【メーカー別】

布団・寝具
【一家に1本】ピンセットの人気ランキング10選【電子工作や医療時にもおすすめ】

【一家に1本】ピンセットの人気ランキング10選【電子工作や医療時にもおすすめ】

その他生活雑貨
車用ワイパーブレードの選び方とおすすめ人気ランキング10選を紹介!

車用ワイパーブレードの選び方とおすすめ人気ランキング10選を紹介!

カー用品
大容量USBメモリの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

大容量USBメモリの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

AV・情報家電
【安全とお洒落を両立!】おすすめの包丁スタンドのランキング10選【インテリアにも人気!】

【安全とお洒落を両立!】おすすめの包丁スタンドのランキング10選【インテリアにも人気!】

キッチン用品
【衣類だけじゃない】一人暮らしの方にも人気のポールハンガーのランキング10選【キッズにもおすすめ】

【衣類だけじゃない】一人暮らしの方にも人気のポールハンガーのランキング10選【キッズにもおすすめ】

収納家具・収納用品