記事ID132595のサムネイル画像

レポート用紙人気おすすめランキング10選【サイズ・メーカーもチェック!】

世代を問わずに学生が学んだ情報をまとめる際に必須アイテムとなっているレポート用紙。多くの種類各メーカがーから発売され、様々なアイディアを持った商品が存在しているのです。今回はそんなレポート用紙の選び方や人気商品のおすすめをランキング形式で紹介します!

レポート用紙とは?

レポート用紙の選び方やおすすめランキングを紹介する前に、レポート用紙とは何なのかを説明します。レポート用紙とは一般的に使われているノートとは違い、ページごとに綺麗にはがすことが出来る紙のことを指します。

 

レポート用紙は普通のノートに採用されている用紙と同様にA4サイズの大きいサイズからB5サイズの小さいサイズの規格まで幅広く販売されており、高校や大学の宿題・課題のレポート提出用として利用されることが多いのです。

 

今回はそんなレポート用紙の選び方の詳細や、人気商品をランキング形式で紹介します。あなたに合うおすすめのレポート用紙が見つかりますよ!

 

 

レポート用紙の選び方

レポート用紙を購入する際に注意しておきたいのは選び方です。レポート用紙は選び方の違いで、よりストレスフリーに近づけた状態での書き込みが出来るので購入する前にどのような商品を購入すればいいのかを知っておきましょう!

紙質で選ぶ

レポート用紙を購入する際に最も知っておくべきなのは、使用するレポート用紙の「紙質」です。各メーカーから販売されている商品には「紙質」が違っていて、自身が書きやすい「紙質」は人それぞれなので購入の前にどの種類が自分に合うおすすめなのかを知っておきましょう!

「紙素材」で選ぶ

まず最初に紹介したいレポート用紙の紙質は「紙素材」です。「紙素材」は一般的に広く知られているスタンダードな紙質であり、複数冊のレポート用紙でセット販売されていることなどが多いことが特徴となっています。

 

さらに「紙素材」のレポート用紙は他の紙質で作られているレポート用紙よりも安価で買えることがメリットとなっているのでコストパフォーマンスが非常に良く、紙質にこだわらず予算を抑えたい方にはかなりおすすめとなっているのです。

 

ですが「紙素材」は他の紙質よりも書き込みの最中などでのストレスが多く発生してしまうため、他の紙質を経験した方からすると気が散って勉強や復習が進めないというデメリットもあるので購入の際には注意しましょう!

「中質紙素材」で選ぶ

次に紹介したいレポート用紙の紙質は「中質紙素材」です。「中質紙素材」は「紙素材」よりも品質が良く、砕木パルプという成分を含有しているため白色度が低く透明度が高いことが特徴の紙質となっています。

 

さらに「中質紙素材」のレポート用紙は一般的な「紙素材」よりも滑りが良く、雑誌のカラーページなどでも採用されていることからノートの滑りを気にされている方にはこの紙質から上のグレードの素材を購入されることがおすすめです。

 

ですが「中質紙素材」は「紙素材」よりも値段設定がやや高く、紙面のはばだちが発生してしまうデメリットがあることが分かっています。現在は「中質紙素材」のレポート用紙にもはばだちを防止する成分が含まれているものも販売され始めてきていますが、デメリットを知ったうえで購入を検討するようにしましょう!

「上質紙素材」で選ぶ

最後に紹介したいレポート用紙の紙質は「上質紙素材」です。「上質紙素材」は「紙素材」のレポート用紙や「中質紙素材」のレポート用紙よりもさらに質が良く、「中質紙素材」と同様に砕木パルプを含有しているのが特徴となっています。

 

さらに「上質紙素材」のレポート用紙は砕木パルプが100%含まれていることから、書き込む際に鉛筆・シャーペン・ボールペンなどのペンの先が引っかかりにくく滑らかで心地の良い書き心地になっているのです。この事から最もストレスフリーな状態での書き込みが可能となっているので、ストレスなく書き込みに臨まれたい方にはかなりおすすめしたい紙質となっています。

 

ですが「上質紙素材」は質の良さから「紙素材」のレポート用紙や「中質紙素材」のレポート用紙に比べてかなり値段が高くなってきてしまうのがデメリットです。予算がある方は、質にこだわらない方でも是非一度試されてみることをおすすめします。

「タイプ」から選ぶ

レポート用紙には我々の使用用途によって二種類のタイプに分かれていて、それぞれに違う特徴を持っています。「タイプ」を知って、自身のおすすめのレポート用紙を選ぶようにしましょう!

「リング綴じタイプ」を選ぶ

まず最初に紹介するレポート用紙のタイプは「リング綴じタイプ」です。「リング綴じタイプ」はノート端に設置されたリング状の螺旋によって用紙が綴られているのが特徴となっていて、立ったまま書き込んだり狭い場所で書き込んだりする際にはおすすめとのタイプとなっています。

 

「リング綴じタイプ」のレポート用紙はページの折り返しで書き込みがしやすくなっていることで前ページからの続きを書く際にも見やすく、切り離す際にもリング状の螺旋がカットの役割を果たしてくれているのでとても切り離しやすいことがメリットです。

 

ですが複数の「リング綴じタイプ」のレポート用紙を持ち運ぶ際に、同じ方向に重ねてしまうとリング同士がかさばって破損してしまう原因になってしまうことがデメリットとなっています。一冊のみでの起用が望ましいので、いっぺんに複数のノートをもっていかない方にはとてもおすすめのタイプです!

「ノート綴じタイプ」を選ぶ

次に紹介するレポート用紙のタイプは「ノート綴じタイプ」です。「ノート綴じタイプ」は学生の方にも多く使われている一般的なスタンダードタイプで、ノート端が張り付いてあるのが特徴となっています。

 

さらに「ノート綴じタイプ」のレポート用紙は「リング綴じタイプ」のレポート用紙と比べて複数冊重ねた場合でもかさばりにくくて安価なものが多く、見開き使用で書き込みやすいのがメリットです。

 

ですが「リング綴じタイプ」のレポート用紙のように、立ったまま書き込むことやノートを切り離す際に綺麗に切り離せないことがデメリットとなっています。予算を抑えてレポート用紙を購入されたい学生の方には、特におすすめです!

「基本サイズ」から選ぶ

レポート用紙には「リング綴じタイプ」と「ノート綴じタイプ」の二種類のタイプに分かれていましたが、一般的に使用されている用紙サイズにも決まりがあって用途で利用しやすいものが変わってきます

「A5~A4サイズ」を選ぶ

まず最初に紹介するレポート用紙のサイズは「A5~A4サイズ」です。「A5~A4サイズ」は一般的に広く知られた大きさで、勉強・アイディア帳など書き込むことが多い際におすすめされているサイズとなっています。

 

「A5~A4サイズ」のレポート用紙は一般的に文房具店にかなりの種類が売られていることから、お値段も安価で買い替えの際も安心して購入できるメリットがあるのです。

 

ですが「A5~A4サイズ」のレポート用紙はサイズが大きいことから、かさばればかさばるほどバッグのスペースも埋まりその分持ち運びに不便してしまうのがデメリットとなっています。そのことから持ち運び用としてレポート用紙を探されている方にはあまりおすすめできないサイズです。

「B6からA6サイズ」を選ぶ

次に紹介するレポート用紙のサイズは「B6からA6サイズ」です。「B6からA6サイズ」は大きさとしては文庫本くらいの大きさとなっているのが特徴で、持込用などで必要な際に多く使われているサイズとなっています。

 

ですが持ち運びに便利な「B6からA6サイズ」のレポート用紙は「A5~A4サイズ」のレポート用紙に比べて情報量を豊富に書き込めるサイズではないことがデメリットです。仕事先での緊急のメモ帳や旅行などでの日記等に用いられていることが多いので、沢山の情報を書きたい方にはあまりおすすめできないサイズとなっています。

「罫線の種類」から選ぶ

レポート用紙には「罫線の種類」があり、罫線の大きさでレポート用紙の使いやすさが左右するくらい重要なものとなっています。自身の使用用途に合った大きさの「罫線の種類」を知ったうえで購入しましょう!

「A罫」を選ぶ

まず最初に紹介するレポート用紙の罫線の種類は「A罫」です。「A罫」は7㎜幅で横向きに線が引かれていることが特徴で、レポート用紙以外にも大学ノートやルーズリーフ等に多く採用されているタイプの罫線として知られていて別名「普通横罫(ふつうよこけい)」とも言われています。

 

さらに「A罫」のレポート用紙は大きな文字で書き込めることができるので、勉強用・メモ書きなどで書き込みやすさを求める方にはかなりおすすめの罫線の種類です。

 

ですが「A罫」のレポート用紙は文字の行間が広く見えてしまうことから、読みづらい文章になってしまう可能性が高いことがデメリットとしてわかっています。

「B罫」を選ぶ

次に紹介するレポート用紙の罫線の種類は「B罫」です。「B罫」は6㎜幅で横向きに線が引かれていることが特徴で、日記やアイディア帳などで多く採用されている罫線の種類で知られています。

 

さらに「B罫」のレポート用紙は書き込み後に文字の間隔が比較的狭く感じることで読みやすくなるのがメリットで、書き込んだものの読み返しを行うことが多い方にはかなりおすすめです。

 

ですが「B罫」のレポート用紙は読み返しができる反面、視力が落ちている方などには見えずらい傾向があるので購入の際には注意しましょう!

「ドット罫」を選ぶ

最後に紹介するレポート用紙の罫線の種類は「ドット罫」です。「ドット罫」は東大学生が書き込んでいた文字を参考に作られた罫線で、罫線上に線ではなくドットが等間隔に並んでいるのが特徴となっています。

 

さらに「ドット罫」のレポート用紙は書き込んだノートが美しく見えることや短い定規などで長い線を引く際にも活用できるのがメリットで、書いた後に見返しやすく能率的に学ぶことが出来るのです。

 

ですが「ドット罫」は、「A罫」のレポート用紙や「B罫」のレポート用紙よりもお値段が高くなってしまうのがデメリットとなっています。

【愛用者続出!】レポート用紙のおすすめ人気ランキング10選

レポート用紙の種類や知識は付いたけど、実際にどのような商品を購入しようか悩まれる方も多いです。そこでそんなレポート用紙の人気商品を「おすすめ人気ランキング10選」と題し、ランキング形式で紹介します!

10位 maruman『ノートパッド&PUホルダー ニーモシネ HN187U-05 5mm方眼罫 70枚』

価格:5,000円(税込)

A4サイズで専用のカバーパットが付属されたおすすめのレポート用紙

まずおすすめランキング第10位にランクインしたレポート用紙は、marumanの『ノートパッド&PUホルダー ニーモシネ HN187U-05 5mm方眼罫 70枚』です。このレポート用紙は「ニーモシネ」のステータス性やデザイン性を付加えたパットホルダーで、手触りが良く高級感のあるデザインをした商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、方眼紙で書きやすい点やサイズの大きいA4サイズのノートのカバーがセットになっていることに魅力を感じる点などで高く評価されているのです。大きなサイズにまとめたい方などにはおすすめの商品となっています!

メーカー maruman ブラック
型番 HN187U-05 サイズ A4
重量 0.89kg 製本 上質紙

9位 maruman『A5 レポートパッド 5ミリ方眼罫 P164』

価格:373円(税込)

高品質の紙で書きやすさを実現したおすすめのレポート用紙

次におすすめランキング第9位にランクインしたレポート用紙は、marumanの『A5 レポートパッド 5ミリ方眼罫 P164』です。このレポート用紙は国産の筆記用紙のMP680を採用させており、加着心地が良くゲルインク・マーカーで書いた際も裏写りや滲みが生じにくい調節が施された商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、用紙の品質や書いた際の滑り出しがいいことで使いやすい点や持ち運びに便利なサイズである点が高く評価されているのです。枚数も程よい40枚であることから、屋外に出た際のまとめ書きなどをしたい方などにもおすすめのレポート用紙となっています!

メーカー maruman 黄色
型番 P164 サイズ A5
重量 110g 製本 上質紙

8位 maruman『ノートパッド ニーモシネライト N169 B4 40枚 無地』

価格:2,980円(税込)

スリムなB4サイズでデザイン性も抜群のおすすめレポート用紙

次におすすめランキング第8位にランクインしたレポート用紙は、marumanの『ノートパッド ニーモシネライト N169 B4 40枚 無地』です。このレポート用紙はワイドな紙面を軽量化させており、ビジネスバッグなどにも入るサイズでオフィスや出張先でも安心して持ち運べる商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、おしゃれな黒を基調にしたデザイン性と紙質も滑りやすく滑らかに書きやすい点で高く評価を得ているのです。ビジネスバックに収まる設計である事から、仕事先や学校などでのレポート用にとてもおすすめの商品となっています!

メーカー maruman ブラック
型番 N169 サイズ B4
重量 360g 製本

7位 レイメイ藤井『レポート用紙 ツァイトベクター A5 ZVP300』

価格: 1,454円(税込)

学校のレポート用として重宝するおすすめのレポート用紙

次におすすめランキング第7位にランクインしたレポート用紙は、レイメイ藤井の『レポート用紙 ツァイトベクター A5 ZVP300』です。このレポート用紙はミシン目切り取りタイプの5㎜方眼シートで、レポートパッド用に最適な50枚入りの商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は非常に滑らかで書きやすく学校で使うレポート用として重宝していると購入者の多くから高い評価を得ているのです。枚数も50枚と充実している事から、購入者のように学校のレポート用として採用しやすいおすすめの商品となっています!

メーカー レイメイ藤井
型番 ZVP300 サイズ A5
重量 150g 製本

6位 maruman『ノートパッド&PUホルダー ニーモシネ HN188U-05 5mm方眼罫 70枚』

価格:5,000円(税込)

書き心地の良い高級感のあるおすすめのレポート用紙

次におすすめランキング第6位にランクインしたレポート用紙は、marumanの『ノートパッド&PUホルダー ニーモシネ HN188U-05 5mm方眼罫 70枚』です。このレポート用紙はステータス性とデザイン性を向上させ、手触りの良い素材表面も傷が付きにくい商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、書き心地が抜群で付属のノートパッドも高級感があって満足している声が多く高い評価を得ているのです。持ち運びに優れたA5サイズなので、多くの幅広い世代におすすめの商品となっています!

メーカー maruman ブラック
型番 HN188U-05 サイズ A5
重量 440g 製本 上質紙

5位 maruman『A5ノートパッド ニーモシネライト方眼罫 N172』

価格:270円(税込)

ストレスのかからない高品質のおすすめレポート用紙

次におすすめランキング第5位にランクインしたレポート用紙は、marumanの『A5ノートパッド ニーモシネライト方眼罫 N172』です。このレポート用紙は耐久性を備えた書き心地の良いメーカー産の筆記用紙を採用し、端から端までスムーズな筆記を行えることを可能にした商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙購入者から、紙が高品質であることからボールペンの滑りが良くストレスなく書きやすい点や次のページに文字跡が付きにくい点などが高く評価されているのです。頻繁にレポートをすることになる学生などにはとてもおすすめの商品となっています!

メーカー maruman ブラック
型番 N172 サイズ A5
重量 140g 製本 上質紙

4位 レイメイ藤井『レポート用紙 ツァイトベクター A4 ZVP350』

価格:300円(税込)

上質紙を採用した書きやすいA4サイズのレポート用紙

次におすすめランキング第4位にランクインしたレポート用紙は、レイメイ藤井の『レポート用紙 ツァイトベクター A4 ZVP350』です。このレポート用紙はサイズの大きいA4サイズのミシン目切り取りタイプで、5㎜方眼シートを採用させた50枚セットの商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、別売りのバインダーと併せての使用の面でかなり重宝する点や滑らかな書き心地でストレスが無い点などで高く評価されているのです。少し大きいサイズであることから、まとめメインで使用される方にはとてもおすすめの商品となっています!

メーカー レイメイ藤井 黄色・青色
型番 ZVP350 サイズ A4
重量 0.286kg 製本 上質紙

3位 レイメイ藤井『レポートパッド ツァイトベクター 再生皮革 A5 ブラック ZVP603B』

価格:3,000円(税込)

仕様も外見もおしゃれなおすすめのレポート用紙

次におすすめランキング第3位にランクインしたレポート用紙は、レイメイ藤井『レポートパッド ツァイトベクター 再生皮革 A5 ブラック ZVP603B』です。このレポート用紙はエグゼクティブビジネスシーンにふさわしい、ミシン目付きの商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、再生皮革でも品質的に実用性が高く書きやすい点や傷に強く持ち運びにも優れている点で高く評価されているのです。デザイン性も高いので仕事用での買い替えなどでレポート用紙の購入に悩まれている方にもおすすめしたい商品となっています!

メーカー レイメイ藤井 ラック
型番 ZVP603B サイズ A5
重量 526g 製本 上質紙

2位 maruman『ノートパッド ニーモシネライト N170 A4 40枚』

価格:485円(税込)

紙質の書き心地が良く軽量のおすすめレポート用紙

次におすすめランキング第2位にランクインしたレポート用紙は、ですmarumanの『ノートパッド ニーモシネライト N170 A4 40枚』。このレポート用紙はワイドな紙面をいつでもどこでも使用できる計量モデルで、スケッチブックのように自由にノートを使うというビジネスノートの新たな可能性を実現させた商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、紙質がつるつるしていて書き心地がいい点や軽量であることから持ち運びに優れている点で高く評価されているのです。メーカーもビジネス用であると謳っていることから、仕事用にレポート用紙の購入を考えている方にはおすすめの商品となっています!

メーカー maruman ブラック
型番 N170 サイズ A4
重量 277g 製本 中質紙

1位 ライフ『レポート用紙 クリッパー B4 G1370』

価格:486円(税込)

性能にかなりの評価を持つ最強のおすすめレポート用紙

そして栄えあるおすすめランキング第1位にランクインしたレポート用紙は、ライフの『レポート用紙 クリッパー B4 G1370』です。このレポート用紙はメーカーが紙・印刷・製本にこだわった書きやすく優しい色合いの紙を使用し、記入した文字がくっきり出る特別色で印刷された手作りの商品となっています。

 

さらにこのレポート用紙は購入者から、滑らかさと乾きやすさのバランスが非常にいい点や少し小さめに設定されたマス目からグラフなどの書き込みが行いやすい点など性能性について多くの高評価を得ているのです。めくりやすい紙質で作られていることから、ジャンル問わず幅広くおすすめできる商品となっています!

メーカー ライフ
型番 G1370 サイズ B4
重量 372g 製本

 

まとめ

ここまでレポート用紙の選び方やおすすめランキング10選の紹介をしてきましたが購入の参考になられたでしょうか?我々の知っている以上にレポート用紙には種類が存在し、より快適に記入できるよう工夫がされているのです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ