記事ID132564のサムネイル画像

これで失敗しない!iPhoneXのおすすめフィルム人気ランキング10選

iPhoneXを使う際にかかせない液晶保護フィルム。フィルムは、つけることで画面を守ってくれる優れものです。しかしフィルムを買おうと思ってもどれがおすすめなのか解らなく迷うことも。今回はiphoneXフィルムの中からおすすめの商品や選び方をご紹介します

iPhoneXに使うフィルムとは?

iPhoneXやAndroidなど全てのスマートフォンを使用する際にかかせないフィルム。フィルムを貼っていることで、画面を保護してくれるという優れものです。

 

しかし、最近ではただ単に液晶を保護するというだけでなく、様々な機能を備えたフィルムがたくさん販売されており、価格も安価なものから数千円するような高価なものまで、数え切れないほどの種類のフィルムが販売されています。

 

いざiPhoneX用のフィルムを買おうと思っても、選び方を間違えるとまた買いなおししなければならない、なんてことにもなりかねません。そのようなことにならないためには、フィルムの種類や用語を知っておくことが大事になります。

iPhoneX用フィルムの選び方

保護フィルムかガラスフィルムかを選ぶ

iPhoneX用のフィルムを購入する際にまずチェックしなければならないのが、素材です。フィルムは大きくわけて保護フィルムガラスフィルムの2種類があります。一見それほど違いがないように思えてしまいますが、この2種類はまったくの別物なんです。

 

なので、フィルムを購入する前にそれらの違いをきちんと知った上で、自分の用途に合わせたフィルムを選ぶことが大事になります。

保護フィルムは感度が落ちない

保護フィルムは、ペットボトルにも使用されているポリエチレンテレフタレート素材でできています。ガラスフィルムよりも薄い素材でできているため、フィルムを貼っても違和感なく使用することができます。薄い素材なのでフィルムの上からでも感度が落ちてしまう心配もありません

ケースと干渉しないのも保護フィルムの利点です。価格も安価で手に入れることができます。

 

ただし、衝撃には弱いため、うっかりiPhoneXを落としてしまった!などと言う時に、衝撃から本体を守れないことがあります。また、保護フィルムを装着する際に気泡が入りやすいのが注意点です。

 

ガラスフィルムは衝撃から画面を保護する

ガラスフィルムは、ガラス素材を用いて作られており、保護フィルムと比べると分厚さがあります。保護フィルムよりは少し高価にはなりますが、その分を傷や衝撃から画面を守る役割をしてくれますので、うっかり落としてしまっても傷がつきにくいです。

また、ガラスフィルムを貼る際も気泡が入りにくいので失敗なく貼ることができます。

 

ただし、フィルム自体が分厚いのでケースによっては干渉してしまう恐れや、画面の感度が鈍る可能性もあります。

フィルムの機能を知ること

保護フィルムは様々なタイプのものが発売されています。指紋がつきにくいタイプのものや覗き見防止フィルムブルーライトカット衝撃吸収タイプ、全面保護フィルム気泡レスなど様々です。どんなシーンでよくiPhoneXを使うのかによってもおすすめのフィルムが違いますので、そのあたりも合わせてご紹介します。

画面の汚れが気になる方向けの指紋防止フィルム

フィルムを購入した際に、画面を触るたびに指紋がついてしまって気になる!という方も多いのではないでしょうか。そういう時におすすめなのが指紋防止フィルムです。この指紋防止フィルムはその名のとおり、スマートフォンの表面に指紋がつきにくくなるフィルムです。

 

光沢タイプ・非光沢タイプどちらのフィルムにも指紋防止フィルムは販売されていますので、お好みのものを選ぶといいでしょう。

 

指紋だけでなく、通話をしたあとの化粧汚れなども残りにくくなるため、画面に化粧品がついてしまって嫌だ!という方にもおすすめですよ。

画面から発する青ブルーライトをカット

iPhoneXに限らず、どのスマートフォンの画面からもブルーライトと呼ばれる青い色をした光が発せられています。この青い光をずっと見続けていると、体内時計がリセットされてしまうと言われており、寝ないといけない時間なのに目が覚めてしまってなかなか眠れないという現象に陥ってしまいます。

 

そのような事態を防いでくれるのがブルーライトカットフィルムです。夜寝る前にスマホを長時間触るという方におすすめですよ。目にとって優しいのがこのブルーライトカットフィルムです。

横から覗かれるのが嫌な方向け覗き見防止フィルム

電車やバスを利用して通勤や通学をしている方におすすめのフィルムが覗き見防止フィルムです。公共交通機関での移動の際に、スマートフォンを使っていると回りの方からの視線を感じてしまって画面が見づらい、といった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。自分がどんなものを見ているのか他人に見られるというのは気分がいいものではありませんよね。

 

この覗き見防止フィルムは、上下左右多方向からの覗き見を防ぐことができますので、堂々とスマートフォンを使用することができます。ただし、どうしても正面から見てもフィルム装着前と比べますと、画面が暗くなってしまうのが難点です。

大きな衝撃から画面を守る衝撃吸収フィルム

iPhoneXを使っていて、うっかりよく落としてしまう!という方や現場作業などが多いという方におすすめなのが衝撃吸収ガラスフィルムです。衝撃吸収ガラスフィルムは、フィルムが衝撃を吸収してくれるので、強い衝撃を受けても画面が割れてしまうことがありません。

 

ただし、この衝撃吸収ガラスフィルムは、正面からの衝撃に強いフィルムなので、水平方向での衝撃を受けた場合には画面が割れてしまう可能性もあります。どうしても傷をつけたくない場合には、衝撃吸収ガラスフィルムと耐衝撃ケースをうまく利用してスマートフォンを守るといいでしょう。

液晶画面全体を保護してくれる

通常の液晶保護フィルムは、画面の上下左右に少し余り幅があり画面全体を保護することができませんが、全面保護フィルムは画面全体を覆ってくれますので液晶画面すべてを保護することができます。ただし、スマートフォンの画面ぴったりのサイズでできていますので、貼るのがなかなか難しいです。

フィルム装着時の気泡も消してくれる

液晶保護フィルムを貼るときにいちばん気になるのが、フィルム装着時にできてしまう気泡。入念にホコリやごみを取り除いてからフィルムを装着してもどうしても気泡ができてしまいます。そこでおすすめなのが気泡レスフィルムです。気泡レスフィルムは、フィルムを貼った時に多少気泡ができてしまっても、時間が経つと気泡が消えるという優れものです。

 

 

表面硬度で選ぶ

フィルムのパッケージでよく見かけるのが表面硬度9Hという表記です。では9Hとはどれくらいの硬さなのかと言いますと、9Hの芯の鉛筆を使ってひっかいても大丈夫だというものです。とは言っても実際どれくらいの硬さなのか想像つきませんよね。

 

硬さを表す硬度には、もう1種類モース硬度と呼ばれる表し方があります。モース硬度とはナイフの刃や車のフロントガラス、ダイヤモンドなどの硬さを表す際に用いられ、人のつめがモース硬度2.5、鉛筆硬度9Hの物がモース硬度ですと硬度5になります。

 

ナイフの刃の硬度が5.5ですので、9Hのフィルムですとナイフの刃より少し軟らかいものということになります。

自分のiPhoneX使用頻度にあったフィルムを選ぶ

自分がスマートフォンをどのようなシーンでよく利用するかによっても、選ぶフィルムが異なってきます。たとえば、よくゲームをする人や動画をよく見る人などそれぞれのスマートフォンの使い方や頻度によって、ふさわしいフィルムが違いますので、それぞれタイプ別にあわせて適したフィルムの選び方をご紹介します。

スマホゲームをよくする方向け

スマートフォンでよくゲームをすると言う方におすすめのフィルムは、スムースタッチ・指紋防止フィルム・非光沢フィルムです。パズルゲームやアクションゲームなどをする際に、スムーズに画面が動かないのは困りものですよね。なので、スムーズに画面が動いて、指紋がつきにくい、画面の光りが抑えられるものを選ぶといいでしょう。

動画をよく見る人におすすめ

最近流行りの動画アプリなどをよく見る人や、スマートフォンで漫画を読んだりする人には気泡が入らないタイプのフィルム・指紋防止フィルム・光沢フィルムがおすすめです。せっかく動画を見て楽しんでいるのに、指紋の汚れや気泡が目に入ってしまってはせっかくの動画が楽しめませんね。

 

光沢フィルムは、まるでフィルムをつけているのが気にならないほど透明感が強いものが多く販売されていますのでそちらをチョイスするのがおすすめですよ。

iPhoneXのおすすめフィルムランキング10選

10位 OAproda 『iPhone X/iPhone XS 全面保護フィルム 』

価格:1,099円(税込)

位置決めガイドで簡単装着!失敗なし!

衝撃から画面を守ってくれるiPhone X/iPhone XS 全面保護フィルム 。このフィルムは、iPhoneXの構造にあわせたフィルムになっていますので、画面全体を覆ってくれます。ノッチ部分まで保護してくれるため、ほこりも防げます。

 

さらに、このフィルムには位置決めガードがついていますので、それに従って貼り付ければ気泡は入ってしまうこともありません。また自動吸着なのでフィルムを貼るのが苦手という方でも失敗なく貼ることができますよ。また、99パーセント以上のケースと相性がいいので、ケースと干渉してしまう心配もありません。

色    梱包サイズ16.4 x 9.4 x 1.8 cm  
発送重量  18.1 g フィルムの種類 全面保護フィルム

9位 Anker 『KARAPAX GlassGuard 』

価格:635円(税込)

ケースとの干渉なしで浮き上がりを防ぐ

フィルムを貼った時に、フィルムの端部分がスマートフォンのケースと干渉して浮き上がるのが嫌だという人も多いのではないでしょうか。AnkerKARAPAX GlassGuardは、通常のフィルムよりもひとまわり小さく作られていますので、フィルムとケースが干渉して浮いてしまうということがありません

 

また、表面硬度9Hを採用しているため、カッターナイフで切り込んでも傷がつかないという頑丈なフィルムになっています。簡単貼り付けガイドフレームもついていますので、失敗なくフィルムを貼ることができますよ。

色 透明 梱包サイズ 13.6 x 6.3 x 0.3 cm 
発送重量  99.8 g フィルムの種類 ガラスフィルム

8位 RANVOO 『全面保護フィルム』

価格:1,380円(税込)

5.5Dラウンドエッジ採用で割れにくい

5.5Dラウンドエッジ加工を用いたRANVOO 全面保護フィルム。こちらのフィルムは、PET樹脂と日本旭硝子を用いて作られており、万が一スマートフォンを落としてしまったり衝撃を与えてしまったときでも衝撃を最大限まで緩和してくれます。表面硬度9Hを採用しているのにもかかわらず、ケースとの干渉もなくFace IDや3D Touchとの干渉もありません。

 

自動吸着を採用しているため、気泡も入りにくく装着時の失敗なく貼ることができます。

色    梱包サイズ 13.9 x 6.7 x 0.3 cm 
発送重量  81.6 g フィルムの種類 全面保護フィルム

7位 EURPMASK 『反射防止ガラスフィルム』

価格:966円(税込)

光からの反射を防いでくれる

屋外や夜に室内でスマートフォンを使用している時に、光が移りこむのを防止してくれるEURPMASK反射防止ガラスフィルム。屋外で画面を見ていてぎらぎらと光って見えにくい、という煩わしさを防いでくれます。また、表面硬度9Hを採用しているため、衝撃からも守ってくれますよ。

 

そして、画面用のフィルムだけでなく背面用保護フィルム付きなのもうれしいですね。反射防止フィルムならではのさらさらした手触りも好評です。

色  透明 梱包サイズ 13.6 x 6.3 x 0.3 cm 
発送重量  99.8 g フィルムの種類  ガラスフィルム

6位 KuGi 『ガラス保護フィルム』

価格:700円(税込)

フィルムカラーが選べるのでおしゃれ!

KuGiから発売されているガラス保護フィルムは、液晶画面だけでなく背面に貼ることができるフィルムと2枚セットになって販売されています。ケースはできるだけつけずにiPhoneXそのまま使いたいという方におすすめです。フィルムというと透明のイメージが強いですが、こちらのフィルムは、透明・黒・白からお好みの色が選べます。

 

iPhoneX本体の色に合わせてフィルムの色を選ぶのもいいですね。

色  透明・黒・白 梱包サイズ  17.9 x 12.5 x 1.2 cm
発送重量  81.6 g フィルムの種類 ガラスフィルム

5位 G-Color 『3D全面ガラスフィルム』

価格:1,599円(税込)

フィルムとケースがセットに!

G-Colorの3D全面ガラスフィルムは、液晶画面を全面保護してくれるタイプのガラスフィルムになっており、表面硬度9Hを採用しています。3Dラウンドエッジ加工になっているので、湾曲部が浮いてしまう恐れもなくきれいに装着できます。また、こちらのガラスフィルムには、クリアケースがセットになっていますので、フィルムとケースの干渉を心配する必要がありません。

   黒 梱包サイズ 15.2 x 1.3 x 7.6 cm
発送重量 132 g フィルムの種類 ガラスフィルム

4位 Spigen 『塗るだけ液体保護フィルム』

価格:1,192円(税込)

塗るだけで画面を保護してくれる

フィルムを貼ると感度が鈍ったり、汚れや気泡が気になってしまって嫌だという方におすすめなのが新スタイルのフィルム塗るだけ液体保護フィルムです。画面に塗るだけでほこりや傷からガードしてくれるという優れものなんですよ。フィルムが苦手な方にもってこいの商品です。

   透明 梱包サイズ10.2 x 0.6 x 20.3 cm 
発送重量 81.6 g フィルムの種類 コーティング剤

3位 Farfalla 『ブルーライトカットガラスフィルム』

価格:1,339円(税込)

目の疲れを感じる人におすすめ!

スマートフォンから発する青い光りを遮断してくれるブルーライトカットガラスフィルム。ブルーライトを92パーセントカットしてくれるので、長時間画面を見ていても目が疲れる心配がありません。また、画面全体よりもひとまわり小さなサイズに作られているため、ケースと干渉してしまうこともありません。

 

それに加えて、表面硬度9Hのガラスフィルムを使用しているので、衝撃から画面を保護してくれますよ。

色  透明 梱包サイズ 17.2 x 8.4 x 1.2 cm
発送重量 49.9 g

フィルムの種類 ブルーライトカットガラスフィルム

 

2位 ラスタバナナ 『反射防止TPU保護フィルム』

価格:873円(税込)

ジョイントマーカー使用で装着失敗なし!

こちらのフィルムは、自分の手持ちのケーブルを使って位置合わせができるジョイントマーカーがついていますので、失敗することなくフィルムを装着できます。また、反射防止タイプのフィルムなので屋外の太陽の光りや、室内の電気の光の反射を防いでくれます。

 

TPU素材を用いた柔らかなフィルムですので、フィルム装着時の違和感などが一切なくケースとの干渉もありません。

 

色  透明 梱包サイズ  19 x 9.2 x 0.5 cm 
商品重量  18.1 g フィルムの種類 反射防止液晶保護フィルム

1位 エレコム 『ゴリラガラス PM-A17XFLGGGO』

価格:1,240円(税込)

水洗いすれば吸着力回復!

iPhoneXのおすすめフィルム第1位は、エレコムのゴリラガラス PM-A17XFLGGGOです。このフィルムには、スマートフォンの液晶に使われているゴリラガラスが使われています。自己吸着してくれるので、貼る際の失敗などがなく簡単に装着することができます。

 

また、万が一失敗してしまった時や、ホコリが入ってしまったときでも水洗いすれば吸着力が回復してくれますので、何度もを買いなおししなければいけないなどという無駄を省くことができますよ。表面硬度は9Hを採用しているので、画面を衝撃から守る役割もしてくれる優れものです。

色    透明 梱包サイズ  19 x 9 x 2 cm
発送重量  40.8 g フィルムの種類  ガラスフィルム

まとめ

ここまでiPhoneXのおすすめフィルムランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。iPhoneXのフィルムには、本当にたくさんの種類のフィルムが発売されているということがわかりました。iPhoneXのフィルム購入を検討されている方は、自分がどのようなシーンでよくiPhoneXを使用するのか、どのようなフィルムを求めているのかを考え、目的にあったフィルムを選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ