記事ID132512のサムネイル画像

【快適に書ける!】人気がある下敷きとは?おすすめランキング10選

小学生の頃は必需品だった下敷き。最近は、おしゃれでかわいいものや、機能性の高いものなど大人向けに開発されている下敷きが増えています。小学生へのプレゼントとしてだけでなく、中学生・高校生・社会人でも満足して使えるおすすめの下敷きをランキング形式で紹介します!

下敷きの効果とは?

小学生の頃に必ず使ったであろう下敷き。キャラクターものやアイドルものだったりと、思い出がある方も多いのではないでしょうか。ですが大人になるにつれて次第に使わなくなったという方もいらっしゃるはず。そもそも下敷きにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

下敷きの最大の特徴は、ノートの次のページに書いた文字の筆記の跡が残らないことです。また机がデコボコしている際にも使うとキレイに書くことができます。下敷きは、「文字が使用していないページに跡として残らないように」「文字が書きやすいように」「美しい文字がかけるように」という効果があるんですね。

 

そんな縁の下の力持ち的な下敷きですが、実はいろいろ種類があることはご存知でしょうか。目的や用途に合わせて使い分けることで美しい文字を書くことができるんですよ。そのため今回は、下敷きのおすすめランキングを紹介していきます。ぜひ下敷きの良さを改めて実感してみましょう。

下敷きの選び方

下敷きの種類と特徴

下敷きは大きく分けて「ハード下敷き」「ソフト下敷き」の2種類あります。それぞれの特徴を知りましょう。

ハード下敷き

速記などで早く文字を書きたい場合には、ツルツルした滑る感じの書き心地が特徴のハードタイプがおすすめです。プラスチックなどからできており、ペン先が沈み込まず滑りながら文字を書くことができます。紙の裏面に筆跡も残らないので、ノートをキレイに使うことができます。

 

デメリットとしては、硬いのでペン先が滑りやすく字が安定しにくいです。キレイな字を書きたい場合には少しやりずらいかもしれません。ですがテーブルに手首をしっかりと押し付けて書けるときは、ハード下敷きであってもそれなりにキレイな文字を書くことができるでしょう。

ソフト下敷き

ラバーやレザー素材からなる厚みがある下敷きです。柔軟性のある素材が筆圧を程よく吸収してくれるので、指先が疲れにくいです。ペン先が少し沈み込みながら文字が書けるので、線がかすれにくくしっかりと安定して書くことができます。下敷きが筆圧調整の肩代わりをしてくれるのです。

 

さらに重厚感を感じる線が書けるため、読みやすさを感じる字を書くことができます。ですが柔軟性がある分、紙裏にデコボコが残りやすいかもしれません。ソフトタイプの下敷きは素材の弾力性が高まるほど、ノートや手帳のようなページの両面に筆記する用途には向かなくなるので注意が必要です。

 

例外として手帳を手にもってボールペンを使用する場合は、ソフト下敷きを使用すると落ちにくくかなり書きやすくなります。用途によってメリットデメリットを使い分けると良いでしょう。

下敷きの素材

素材によって見た目や書きやすさも変わってきます。自分の用途にあった素材の物を選びましょう。

ビニール素材

ソフト下敷きの定番と言えばビニール素材です。柔らかい質感のおかげで文字を書いていても疲れにくく、しっかりとした安定感がある字が書けるようサポートしてくれます。比較的サイズが大きめの物が低価格で手に入るのが特徴です。A4サイズのノート等をよく使用する方や、A4サイズでそろえたい方におすすめです。

 

またサイズに合わせてカッターで切断することができるのも魅力の1つ。メモ帳や手帳など自分が使いやすいサイズにすることができるので便利ですね。自分だけのオリジナルの下敷きを作ることができ、楽しく使うことができそうです。

レザー素材

ビジネスマンに人気が高いのがレザー素材の下敷きでしょう。高級感がありビジネスシーンでも使いやすいです。スーツスタイルでも違和感がないデザインが特に注目を集めているようですよ。また、さらに上をいきたい方は手帳とシリーズでそろえたり、便利なペンホルダーが付いている物を選んでいるようです。

 

レザーは使えば使うほど味が出るため、長く愛用することができます。見た目が高価なので、他の人と差を付けられるのも良いですね。使い心地としては、柔らかいですが沈み込み過ぎず、一般的なソフト下敷きよりも沈み込みが少なめです。そのため美しい文字が書きやすいでしょう。

 

天然革のように反ったり曲がったりすることがない再生革は、フォルムを維持しやすく使いやすい特徴があります。さらに0.5~0.7㎜程度のボールペンであれば筆跡も付きにくく、ノートの裏面がデコボコしにくいです。

 

プラスチック素材

ハード下敷きの定番といえばプラスチック製のものでしょう。プラスチック製の下敷きは安価で購入することができ、コスパ抜群です。最近は一般的なPP(ポリプロピレン素材)以外にも、環境に優しい素材のオレフィン樹脂で出来ているものもあるようです。安全性が高く、リサイクルできるので地球に優しい素材と言えますね。

 

また特徴としてはツルツルとした書き心地なので、水性ボールペンをよく使用する方にピッタリの下敷きと言えます。デスクの上での筆記や速記がとてもしやすくなりますよよ。サイズは自分の使用したい大きさのものを選ぶようにしましょう。

 

もしカッター等でサイズを変更しようとしても、角が立ってしまい危険です。どうしても切りたいという方は、ヤスリ等を使って面取りするようにしましょう。

下敷きの用途で選ぶ

下敷きは文字を書くとき以外にも使うことができます。例えばペン色に合わせたカラー下敷きを使えば、暗記学習をする時に便利です。文字を隠してくれるので、単語を覚えたい場合などに役立ちます。

 

ボールペンでの記入や捺印をしたい場合は、レザータイプやソフトタイプを使うとはっきり記すことができます。文字が紙の裏から透けないようにしたい場合は、黒い下敷きが良いでしょう。またノート等に真っすぐ斜めにならないように文字を書きたい場合は、方眼目盛り付きの下敷きを使うと便利です。

 

工夫次第でいろいろな使い方ができるので、自分の用途をしっかり考えてから購入しましょう。

下敷きのデザインで選ぶ

いろいろなデザインの下敷きがあるのも魅力の1つです。使うだけで楽しくなるようなデザインの物を選ぶと仕事や勉強もはかどりそうですね。キャラクターなどの可愛い女の子向けの物からカッコイイ男の子向けのものまで探すとたくさんの種類があります。

 

自分の好きな映画やアイドルなどの下敷きもあり、グッズとして集める方もいることでしょう。ぜひ自分のテンションが上がるような一品を探してみてくださいね。

 

最近では、自分だけのオリジナル下敷きを作ることが出来ます。自分のスマホにある写真から、簡単に世界に一つだけの下敷きを作ってもらえるのです。興味のある方は、是非以下のリンクをチェックしてみてください。

下敷きのサイズで選ぶ

下敷きにも様々なサイズのものがあり、小さすぎたり大きすぎたりするととても使いずらいです。そのため自分が使いやすいサイズの物をよく考えてから購入するようにしましょう。

 

サイズの目安としては

・A6 文庫本サイズ      105×148㎜

・B6 単行本サイズ      128×182㎜

・A5 教科書サイズ      148×210㎜

・B5 一般的なノートのサイズ 182×257㎜

・A4 ルーズリーフサイズ   210×297㎜

 

自分が使いたいサイズを見極めて選ぶと使いやすいです。ぜひ参考にしてみてください。

下敷きの人気ランキング10選

第10位

東京カートグラフィック

新版 下敷き (世界)

価格:280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学習に役立つ世界地図デザインの下敷き

世界地図がデザインされた、A4サイズ下敷きです。ハードタイプのプラスチック製となっています。表面はメルカトル図法による世界地図。裏面は各国の国旗を掲載し、地図面に記載されている番号と対応しているため、学習に役立てることができる優れものです。

 

なんと緯度・経度と日付変更線や、時差早見表や回帰線、北極圏・南極圏まで細かく記されている驚きの徹底ぶり。さらに他の地図ではあまり見かけないプレートの境界や、北極点・南極点を中心とした地図、細かくて見ずらいヨーロッパの拡大図、北極付近の海洋名まで表記されていて抜け目がありません。

 

これだけの要素が詰まっているにも関わらず、1枚の地図にすっきり収まっているのがまた驚かされます。また裏面は、国旗の下に国名と首都名がデザインされています。首都の位置も赤点で記されているのでとても分かりやすくなっています。

 

レビューを参考にすると、下敷きの書き心地はツルツル過ぎずザラザラでもなくちょうど良い表面のようです。丈夫でコーティングもはがれなさそうとのことなので長く使うことができそうですね。他の人と差を付けられそうな下敷きと言えます。

第9位

共栄プラスチック

共栄プラスチック 下敷き オリオンズ 硬筆用 ソフト A4 透明 NO.1204

価格:415円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボールペンで書くときに便利なソフト下敷き

すりガラスのようなマットな質感が特徴ソフト下敷きです。色は半透明で薄緑色をしており、オレフィン系樹脂で環境に優しい素材となっています。ソフトタイプですが、縦置きしても形が崩れない程度の剛性なので使いやすいです。

 

この下敷きは裏表で手触りの質感が違います。すりガラスのような面と、丁寧にヤスリがけしたような手触りのスベスベした面の2つに分かれています。レビューを参考にすると、どちら側を使っても大した違いはなく書きやすいようです。

 

値段も安くコスパも抜群。使い心地も、さらっとした質感のおかげで下敷き部分に手を置いても動きをさえぎることなく書くことができます。レビューを見ると、ボールペンや万年筆で書く際とても書きやすいそうです。

 

程よい硬さでボールペンの先が紙にフィットし、気持ちよく文字が書けるようですね。中には印鑑を押すのに便利という方もいらっしゃいました。

第8位

クツワ

クツワ STAD 下敷 B5サイズ 硬筆書写用ソフト VS013

価格:112円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで使いやすい

環境に優しい再生PET樹脂を使用したプラスチック製の下敷きです。B5サイズなので、一般的なノートに使いやすい大きさとなっています。カラーもクリア・スモーク・ブルーの3種類あり、お好みで選ぶことができるのが嬉しいですね。

 

レビューを参考にすると、割れにくく小学生の子が使っても丈夫で安心のようです。柔らかいので硬い机の上でも書きやすく、ツルツル滑る感じもないのでちょうど良いと気に入る方が多いです。シンプルなデザインなので広い世代で長く使えそうなアイテムですね。

第7位

共栄プラスチック

共栄プラスチック 下敷き オリオンズ 硬筆用 ソフト A4 透明

価格:415円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑らかさ、書きやすさ、丈夫さを全て兼ね備えた新感覚下敷き

ソフトタッチで弾力性があり、書きやすさ満点の下敷きです。滑らかなタッチなのに丈夫で割れにくいという特徴があります。さらに地球に優しいオレフィン樹脂を使用しているため、焼却しても有害物質を出しません。使えなくなったとしても気軽に捨てることができます。

 

カラーはグリーン半透明。ノートの白い紙に対して少し際立ち扱いやすいです。シンプルなデザインのため、幅広い年代の方が扱いやすいのも嬉しいポイント。また1.2ミリと少し厚みがあるのも特徴です。厚みがあるにも関わらず、柔らかいソフトタッチの要素が使いやすさに繋がっています。

 

重量は113g。この厚みと適度な重みが安定感となり、ペンや鉛筆が紙に吸い付くように馴染むのです。レビューを参考にすると、ゴム系よりは沈まないが普通の下敷きよりは沈みが欲しい、また少し大きめがいいといった方にピッタリの商品のようです。

 

ですが素材がシリコンのような感じなため、猫の毛やホコリが付きやすい、裏面に傷や跡が残りやすいという意見もありました。文字は非常に書きやすいというコメントが多かったので、使いやすさに個人差が出そうです。

第6位

株式会社日本パール加工

暗記シリーズ B6シート 2枚 (1袋)

価格:110円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

暗記用下敷き2枚セット

持ち運びしやすいB6サイズの下敷きです。プラスチック製なのでハードタイプと言えるでしょう。便利な暗記用の下敷きなので、単語を覚えたりするときに大変便利です。お得な赤と緑の2枚組セットなのも嬉しいですね。

 

レビューを参考にすると、硬さもちょうど良く使いやすいとのこと。使い勝手も良く、丈夫で折れ曲がりの心配もないので、安心して使うことができそうです。ただお得な2枚セットが嬉しい反面、それが逆に購入しずらかったという意見もありました。緑色もカラー的に使いにくいようなので、よく考えて購入した方が良さそうです。

第5位

共栄プラスチック

共栄プラスチック PET下敷 A5 クリア

価格:80円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

貴重なA5サイズ下敷き!

プラスチック製のハードタイプ下敷きです。サイズ展開が豊富で、A5以外にもB5・A6・伝票用とあり、お好みで選ぶことができます。

 

レビューを参考にすると「A5」サイズの下敷きは、一般的なお店にあまり置いていないようなので、大変嬉しいというコメントが多かったです。確かに良く見る下敷きはB5サイズが多いかもしれません。そのためA5サイズを探しているという方にはおすすめの商品と言えます。

 

手帳に使っている方が多いようです。手帳にピッタリのサイズのようですね。また硬さもバッチリとのことで書きやすそうです。立ったままメモを取るときにも便利とのことでした。大きすぎず小さすぎず、持ち運びもしやすそうです。

第4位

クラウングループ

下敷【黒】 A4サイズ CR-ST83-B

価格:141円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

意外と売っていない貴重なカラー「黒」

プラスチック製のハードタイプ下敷きです。B5サイズなので、一般的なノートにピッタリで使いやすいです。また黒色は汚れが目立ちにくく、シンプルなデザインのため好まれる方が多いようです。黒色の下敷きは意外とお店に売られていないようなので、貴重なカラーなのかもしれません。

 

そのため黒を探していた方からは、かなり喜ばれているようです。しかしレビューを参考にすると、黒は汚れは目立たないが傷がすごく目立つとのこと。使っているうちにどうしても傷はついてしまう物なので、そこがどうしても気になる方は注意が必要ですね。

 

それ以外は価格、厚み、硬さと高評価でした。驚いたのは意外と物書き意外に使用している方が多かったこと。カバンの型崩れや車いじりの母材、コピー機での裏写り防止としてなどアイデア次第でいろいろ使えるみたいです。ちなみに本当に真っ黒のようで、太陽にかざしても透けないようです。

第3位

共栄プラスチック

共栄プラスチック 単位 早わかり 下じき B5判

価格:300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単位を見て!書いて!覚える!デザイン下敷き

使いやすいB5サイズの下敷きです。単位が表記されたデザインになっており、単位の勉強が書いて・見て・感覚的に学べる画期的な下敷きと言えます。またさらに、下敷きに直接書き込んで消しゴムで消せる「書き消し機能付き」となっているのもおすすめポイント。

 

何度書いても消せばまた初めから書くことができるので、繰り返し使うことができます。小学校2年生から6年生で習う単位の一覧早わかり表と名前記入欄が付いているので、小学生にピッタリの商品です。

 

下敷きの表面には「かさ・液量」「長さ」「重さ」の単位書き込み欄。裏面は「面積」「体積と容積」の単位書き込み欄と単位早わかり表が載っています。いつの間にか学ぶことができるので楽しく覚えられそうですね。

第2位

共栄プラスチック

共栄プラスチック 下敷き オリオンズ 硬筆用 ソフト A4 透明 NO.1204

価格:415円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鉛筆が良くなじむ書き心地!

字が書きやすくなるソフト下敷きです。カラーは透明と黒の2種類展開しています。暑さが2ミリと一般的なプラスチックの下敷きよりも厚みがあり、柔軟性があるのが特徴です。そのため文字を書く際に鉛筆やシャーペンが程よく沈み、しっかりとした書き心地を味わうことができます。

 

下敷きが力を吸収してくれるので、漢字の「とめ」「払い」がしやすく、快適に美しい文字を目指すことができます。滑らかなタッチで無理なく強弱を出すことができ、適度な重みと厚みが安定感を高めてくれるでしょう。

 

またソフトタッチで書きやすさに定評がある下敷きなため、学校での漢字の書き取りなどにも適しています。名前シールも付いているので、小学生に嬉しいですね。シンプルなデザインのため幅広い年代で使うことができます。

第1位

クツワ

クツワ STAD 暗記下敷 B5サイズ VS005R レッド

価格:280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

B5サイズで使いやすい!暗記下敷き

B5サイズの暗記下敷きです。覚えたい箇所に重ねて使用することができます。一般的なノートと同じ大きさなので、広い範囲を覚える際にもとても便利です。環境にも優しく、再生PET樹脂から作られています。

 

コスパも最高で手軽に手に入れられるのが嬉しいですね。シンプルなデザインなので、年代問わず長く使うことができます。レビューを参考にすると、厚みもあり丈夫でしっかりとしているそうです。学生の方にはピッタリの商品ではないでしょうか。

下敷きを活かして作業を効率的に

小学生から使っている方も多い下敷き。調べるとなかなか奥が深く、いろいろな特徴があることに驚いた方もいたのではないでしょうか。美しい文字を書きたい方。ボールペンで字を書くことが多い方など、自分の用途に合った下敷きをこの機会にぜひ検討されてはいかがでしょうか。

 

また、下敷きの代わりとして使える「クリップボード」の記事や、この際自分の文房具を一新したいという方におすすめの記事をご用意しましたので、是非ご覧ください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ