記事ID132485のサムネイル画像

【ネットの遅いが解消するかも!】人気のLANケーブルのランキング10選【おすすめの形状なども!】

LANケーブルは見た目はただのケーブルに見えることもあって詳しくない人が見ても全部同じに見えてしまいます。だが実際は同じようなケーブルでも性能に大きな差があることもあります。ここではLANケーブルを選ぶ上で重要なポイントや種類を紹介します!

LANケーブルとは?見た目は同じだけど性能の違いは?

LANケーブルは見た目に大きな差がないこともあり、初心者の方や詳しくない方には違いが分からずにどれを購入していいか分からないことが多い製品でもあります。しかしケーブルの中身を見てみると同じように見えて全く違うケーブルなんてことも珍しくありません。

 

そもそもLANケーブルとは?という方に向けて簡単に説明すると、パソコンをインターネットに繋げるために必要な線です。パソコンをインターネットに接続する場合、無線で繋げるか有線で繋げるかの2種類になりますが、パソコンを有線でインターネットに繋げる際に必要となるケーブルのことをLANケーブルと呼びます。

 

今ではインターネット社会と呼ばれるほどインターネットは身近なものになっており、それだけに多くの種類の関連用品などが多く発売されています。LANケーブルもその1つで、見た目は同じですが性能の違う多くの種類のLANケーブルが発売されています。

LANケーブルの選び方

LANケーブルには多くの種類が発売されており、それぞれにしっかりとした違いもあります。そのため適当に選んだのでは自分の環境と一致せずにケーブルが使用できない事もあります。しっかりと自分の使用する環境も把握しておくことが大事にもなります。

通信速度や周波数はカテゴリと呼ばれる規格に分かれている

LANケーブルの性能で大きな違いといえば通信速度になります。LANケーブルの通信速度や周波数は「カテゴリ」という名前で規格分けされており、数字が大きくなればなるほど通信速度が速い傾向にあり値段も高くなります。

一般家庭などでネットを使用する際はカテゴリ6、または6Aがおすすめ

LANケーブルのカテゴリはCAT〇(〇の部分は主に数字)という風に表されており、大体がLANケーブルのケーブル部分に表記されていることが多く、今はカテゴリ5~8までが販売されています。

 

カテゴリ5の通信速度は100Mbpsで伝送帯域は100MHzとなっており現在の主流である1Gbpsの光回線サービスに契約していても、カテゴリ5のLANケーブルを使用していると通信速度の最大値が100Mbpsまで低下してしまいます。

 

最近では10Gbpsの高速サービスも開始され始めており、そうなってくるとカテゴリ7のLANケーブルでないと通信速度の最大値を下げることになり、もったいないことになってしまいます。ただし現在では1Gbpsがまだまだ主流のため、一般家庭などで動画を視聴したりネットサーフィンするぐらいならカテゴリ6で十分であると言えます。

タイムラグなどが命取りになるゲームをする人にはカテゴリ7以上を

カテゴリの数字が大きければ大きい程に通信速度の最大値が大きくなることは上記でも説明しましたが、カテゴリ7で通信速度の最大値は10Gbpsで伝送帯域は600MHzにもなります。これは一般的にインターネットを使用する上では十分過ぎる程ですが、0.1秒の誤差なども許されないゲームなどを趣味にしている方は例外です。

 

こういったゲームの場合はカテゴリ7や現在ではカテゴリ8のLANケーブルも販売されているので、なるべく数字が大きいLANケーブルが必要になります。もちろんLANケーブルだけではなく、契約しているプロバイダや回線の速度も重要です。

 

カテゴリ8だと通信速度の最大値は40Gbpsにもなりますが、現時点では価格が非常に高く、他にも対応している機器が必要なため現実的ではありません。もし今インターネットが遅いと感じる事があるならLANケーブルのカテゴリを見直してみると改善されるかもしれません!

LANケーブルの長さによって銅線の種類を選ぼう

自宅や会社によってモデムやルーターからパソコンまでの距離は様々です。そのためLANケーブルの長さも人それぞれ違いますが、このパソコンまでの距離によっても向いているLANケーブルがあります。

5m以下の場合などはより線がおすすめ

LANケーブルに使用されている銅線には2種類あり、後述する1本の太い銅線になっているのが「単線」と呼ばれており、7本の細い銅線になっているのが「より線」と言われています。「より線」は細い銅線によって構成されているので、「単線」よりも折り曲げしやすいという特徴があります。

 

そのため「より線」は取り回しが楽ですがノイズなどの影響を受けやすくなってしまうのがデメリットと言えます。またLANケーブルの距離が短い場合は「より線」を選ぶのがおすすめされています。

 

これはLANケーブルの距離が長くなればなるほどノイズの影響を受けやすいからという理由からであり、人によっては20mまでなら「より線」がおすすめとされている場合もあり、明確なおすすめ距離が定められているわけではないようです。

10m以上になるようなら単線がおすすめ

上記でも少し出てきましたが「単線」は1つの太い銅線で構成されているため、取り回しが困難なのがデメリットでもあります。折り曲げたりするのに向いていないので直線的にパソコンまでLANケーブルが繋げられるならおすすめです。

 

「単線」は太い1本の銅線なのでノイズの影響が「より線」よりも受けにくく、長距離でも問題ないのがおすすめのポイントです。またインターネットの安定性という部分でも「単線」は「より線」よりもおすすめされている事が多いのも特徴です。

LANケーブルの形状によっても特徴があります

LANケーブルの形状も大きく分けて3種類あり、それぞれに特徴もあります。見た目にも関わることなので自分の環境と合わせてしっかりとチェックしておくべきポイントの1つです。

一般的なスタンダートタイプ

LANケーブルの形状がスターンダートタイプのものは他の形状のLANケーブルに比べても太い銅線を使用している場合が多く、長距離に向いているとされています。また銅線が太いこともありノイズにも強いのが特徴です。

 

ただし太い銅線なため取り回しが困難であり、細い場所などには向いてないのがデメリットです。そのため比較的に広い場所や、ゆとりのあるスペースで使用することをおすすめします。インターネットの安定性も高く、今でも使用している人が多い人気のタイプでもあります。

ドアの隙間など薄い場所にはフラットタイプが人気

フラットタイプはパスタタイプとも呼ばれており、その薄さが特徴のLANケーブルの形状の1つです。カーペットや絨毯の下に配線しても邪魔にならないのが人気の理由です。踏みつけに強いことも特徴で、人が通る場所に配線しても邪魔にならないのがおすすめです。

 

スタンダードなタイプのLANケーブルよりも引っ張る強度は低くなってしまいますが、部屋の外観を損ないにくいのも魅力の1つで、一般家庭やオフィスなどでもよく見かけるタイプです。

狭い場所などに人気の極細タイプ

極細タイプのLANケーブルは狭い場所などでも配線しやすいのが特徴で、ごちゃごちゃしているような環境でも扱いやすいため人気のある形状です。またフラットタイプよりも太い線を使用しているため安定性も高いのもおすすめのポイントです。

 

スタンダードタイプよりも細いので部屋の外観を損ないにくく、柔らかく折り曲げもしやすいので人気があります。一般家庭でもオフィスなどでも使用しやすいため、非常に人気の高い形状といえます。

おすすめのメーカーから選ぶ

LANケーブルは多くのメーカーから様々な種類が出ています。ここでは、その中でも特に人気の高いおすすめのメーカーを紹介します。しっかりとしたメーカーの商品を選ぶことも大事な選択の1つです。

様々な製品を発売しているサンワサプライ

パソコンやタブレットの周辺機器でも人気のあるサンワサプライ社はLANケーブルも多く発売しているメーカーの1つです。国内でLANケーブルを発売しているメーカーの中でも製品のバリエーションが豊富なことでも人気があります。

 

LANケーブルの形状やコネクタの形状や加工など、多くの種類があるLANケーブルの中でも色々な製品から選びたいのであればサンワサプライ社はおすすめのメーカーと言えます。

コンピューター周辺機器でも有名なエレコム

エレコム社もパソコンなどの周辺機器で有名なメーカーであり、ネットワーク関連の製品に強いことでも有名なメーカーです。そのためLANケーブルにも強く、最近ではカテゴリ8のLANケーブルにも対応しています。

 

他にもUSBケーブルやHDMIケーブルなどのケーブル類の種類が豊富で、サンワサプライ社と同じように多くの種類から選べることもあり、おすすめのメーカーと言えます。

コネクタの加工などもチェックしよう

LANケーブルのコネクタにも様々な加工を施しているタイプがあり、一見しただけでは分かりにくい特徴もあります。そのためしっかりと細かい点までチェックしておく必要もあります。

コネクタにはスリムタイプとショートタイプがあります

コネクタ部分にも種類があり、ショートコネクタとスリムコネクタがあります。ショートコネクタは名前の通り、コネクタの奥行が一般的なものより短いものです。そのためLANケーブルの出っ張りが少なく狭い場所などにもしっかりと差し込めるタイプと言えます。

 

他にもスリムコネクタがあり、こちらの特徴は一般的なLANケーブルよりも幅が小さいので、ハブなどに接続した際に隣接する隣のポートとも干渉することがありません。このように細かい部分にもしっかりと特徴が出るのがLANケーブルなので、自分の環境に合わせて細かい部分までしっかりとチェックしましょう。

金メッキ加工やツメ折れ防止機能が付いているかどうか

LANケーブルのプラグには基本的に取り外す時のためにツメが付いています。ただし長く使用していると、このツメ部分が折れてしまったりすることが多くあります。こうなってしまうとケーブルが取れなくなってしまったりする原因にもなります。

 

そのため最近ではツメ折れしない素材を使用したり、防護カバーが付いているものもあります。またコネクタ部分に金メッキを施して錆びにくくしているものも発売されており、もしもの時のためにも、こういった部分にも注意を払っておくと長く愛用できるようなLANケーブルに出会えます。

 

 

ケーブル内部がシールドで保護されているかどうか

LANケーブルにはUTPケーブルとSTPケーブルといった種類に分けることもできます。これはケーブル内のシールドの有無によって分けられています。例外はありますがカテゴリ6以下のLANケーブルにはUTPが使用されている事が多く、カテゴリ7以降はSTPケーブルが使用されている事が多いです。

 

UTPは内部がシールドに保護されておらず、ノイズにも比較的に弱いとされていますが一般的に使用する場合にはほとんど気にはなりません。STPケーブルは内部がアルミ箔でシールドされており、ノイズに対応しているので安定性が増していますが値段が高くなるのがデメリットと言えます。

LANケーブルの人気ランキング10選

ここから人気のLANケーブルをランキングで10選お伝えします。自分に合った距離やカテゴリなど、間違いやすいこともあるのでしっかりとチェックしておくことで購入に失敗することがなくなります。

10位 サンワサプライ 『カテゴリ6 フラットLANケーブル LA-FL6-15W』

価格:1109円(税込)

ギガビット対応の使いやすいフラットタイプのLANケーブル

薄さが1.5mmしかないフラットタイプのため、カーペットの下やドアの下の隙間なども問題なく通せます。カテゴリ6までに対応しており、ギガビット完全対応のLANケーブルです。

 

ツメ部分にはラッチカバーが採用されており折れにくいので安心して使用できます。カラーも3種類あるので自分の好みの色から選ぶこともでき、長さも15mあるので使いやすいLANケーブルです。同じ種類で他の長さも発売されているので自分の環境に合った長さがあるのもおすすめのポイントです。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:15メートル
芯線の種類 :より線 形状 :フラットタイプ

9位 エレコム 『LANケーブル CAT6準拠 LD-GPY/BU2』

価格:227円(税込)

ツメが折れにくいコネクタ採用で安心して使用できる

ギガビット対応のLANケーブルで、ツメが折れにくいプロテクタ付きのコネクタを採用しているので安心して使用できます。またコネクタはスリムコネクタになっているので隣接するポートにも干渉することがなく使いやすいです。

 

ケーブルはより線なので取り回しがしやすく太さも4.4mmしかないため邪魔になりにくいのもおすすめのポイントです。ケーブルの長さ、色ともに豊富な種類が発売されているので、自分の環境に合ったケーブルを見つけやすいのも人気の理由です。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:2メートル
芯線の種類 :より線 形状 :やわらかタイプ

8位 バッファロー 『iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル カテゴリー6 BSLS6SU20WH2』

価格:427円(税込)

絶対に折れないツメが人気のLANケーブル

カテゴリ6に適合しているためギガビットにも対応している一般家庭などにも使いやすいLANケーブルです。このLANケーブルの特徴は決して折れない素材を使用しているツメで、180度曲げても折れないのでしっかりと固定できます。

 

ケーブルもより線で折り曲げに強く、スリムタイプなので邪魔になりにくいのもおすすめのポイントです。コネクタ部分も厚さを40%カットしたスリムタイプを採用しており、持ちやすくなっているので頻繁に抜き差しする場合でもスムーズに作業ができます。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:2メートル
芯線の種類 :より線 形状 :スリムタイプ

7位 エレコム 『LANケーブル 爪折れ防止コネクタ やわらか CAT6準拠 LD-GPY/BU10』

価格:800円(税込)

しっかり検査された折れにくいツメを採用した人気のLANケーブル

ツメ部分は1000回の屈曲検査に合格した折れにくいツメを採用しており、抜き差しを多くする場合でも安心して使用できるLANケーブルです。値段も非常にお手頃な価格となっており、レビューでもコストパフォーマンスが良いと絶賛されています。

 

カテゴリ6に対応しているのでギガビットやイーサネットの高速通信でも問題なく使用できるのも人気の理由です。スリムコネクタを採用しており、やわらかタイプなので取り回しも楽に出来るためおすすめの製品です。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:10メートル
芯線の種類 :より線 形状 :やわらかタイプ

6位 サンワサプライ 『CAT7ウルトラフラットLANケーブル KB-FLU7-005BK』

価格:706円(税込)

錆びにくい金属メッキ加工のプラグを採用したカテゴリ7対応のLANケーブル

こちらの製品は同じ種類でカラーも2種類から選べ、ケーブルの長さも最大で15mまで発売されているので自分の環境に合ったものを選びやすいです。ラッチカバー付きのコネクタなのでツメが折れにくいのもおすすめのポイントです。

 

金メッキのシールドプラグを採用しており錆びにくく、カテゴリ7に対応しているので10ギガベースでも対応できるのが人気の理由です。現在では10Gbpsのサービスが増えてきているので、カテゴリ7対応のLANケーブルの人気が高くなってきています。

対応カテゴリ:カテゴリ7 サイズ:0.5メートル
芯線の種類 :より線 形状 :フラットタイプ

5位 サンワサプライ 『カテゴリ6AフラットLANケーブル KB-FL6A-01W』

価格:857円(税込)

カテゴリ6A対応の超フラットタイプのLANケーブル

カテゴリ6よりも1つ上のカテゴリ6Aに対応している人気のLANケーブルです。ツメ折れ防止機能が付いているので安心して使用できるのも人気の理由です。ケーブルは人気のフラットタイプであり薄さ1.4mmなため、カーペットの下や絨毯の下に配線しても邪魔になりにくいです。

 

またケーブルには高弾力PVC製のケーブルを採用しています。カラーも2種類から選ぶことができ、長さも種類が多いのも魅力の1つです。

対応カテゴリ:カテゴリ6A サイズ:1メートル
芯線の種類 :より線 形状 :フラットタイプ

4位 バッファロー 『iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a BSLS6AFU20BK』

価格:381円(税込)

UTPケーブルのCAT6Aで一般家庭でも使いやすい人気のLANケーブル

絶対に折れないツメを採用している人気のバッファロー社製のLANケーブルで、カテゴリ6Aに対応している人気の製品です。コネクタ部分は持ちやすくなっており何度も抜き差しするようなことがあってもスムーズに作業ができるのもおすすめのポイントです。

 

厚さ1.5mmのフラットケーブルなので家庭でもオフィスでも邪魔になりにくく、踏みつけにももちろん強いので安心して配線できます。レビューでも一般家庭で使用するならUTPケーブルでカテゴリ6Aで十分すぎる性能だと評価されています。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:2メートル
芯線の種類 :不明 形状 :フラットタイプ

3位 サンワサプライ 『カテゴリ6準拠極細LANケーブル KB-SL6-005BK』

価格:435円(税込)

直径3.2mmでカテゴリ6対応の人気のLANケーブル

カラーは人気の高いブラックとブルーとライトグレーがあり、長さも最大で15mまで発売されており、自由に選べるのが人気のLANケーブルです。カテゴリ6対応なのでギガビット完全対応でありイーサネットの高速通信にも対応できます。

 

より線のケーブルの太さ3.2mmの極細タイプであるため、取り回しが楽で狭い場所の設置にも問題なく使用できます。

対応カテゴリ:カテゴリ6 サイズ:0.5メートル
芯線の種類 :より線 形状 :極細タイプ

2位 エレコム 『LANケーブル CAT5e 爪折れ防止 スタンダードタイプ LD-CTT/BU05』

価格:312円(税込)

十字介在をなくしているので狭い場所にも簡単に敷設できます

カテゴリ5eに対応で通常の使用環境では決して折れないツメを採用している人気のLANケーブルです。十字介在をなくしたより線によって、さらに取り回しが楽になったので狭い場所でも使用しやすいです。

 

隣のポートに干渉しないスリムコネクタを採用しており、パソコンの周辺機器メーカーとしても信頼度の高いエレコムなので安心して使用できるのもおすすめのポイントです。

対応カテゴリ:カテゴリ5e サイズ:0.5メートル
芯線の種類 :より線 形状 :スタンダードタイプ

1位 エレコム 『LANケーブル CAT7 ツメが折れない LD-TWST/BM05』

価格:694円(税込)

燃えにくい素材を使用しているカテゴリ7に対応のLANケーブル

カテゴリ7に対応したノイズにも強いスタンダードタイプのLANケーブルです。十字介在をなくしたより線でスタンダードタイプでありながら取り回しが楽に感じるのもおすすめのポイントです。ケーブルの中に2重シールド加工を施しており、よりノイズに強いです。

 

金メッキ加工を施しており錆びにも強く、ケーブルには燃えにくい素材を使用しているので安心して使用できます。高速にインターネットを使用したいならおすすめの製品です。

対応カテゴリ:カテゴリ7 サイズ:0.5メートル
芯線の種類 :より線 形状 :スタンダードタイプ

まとめ

人気のLANケーブルのランキングを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。LANケーブルは初心者が選ぶには難しい製品ですが、ひとまず対応しているカテゴリを把握して長さを選ぶことから始めれば大きな失敗なく購入できるでしょう。今のネット環境に不安があるならLANケーブルをもう一度確認してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ