記事ID132474のサムネイル画像

【高画質!】デジカメ一眼レフのおすすめ人気カメラランキング10選

写真は高画質が良い方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのがデジカメ一眼レフです。軽量の物やリーズナブルな商品も多くお買い求めやすくなっております。今回はデジカメ一眼レフのおすすめ商品をロコミと共にご紹介します。

デジカメ一眼レフとは

デジカメ一眼レフとはレンズを交換するカメラのことを言います。一眼とはカメラに取り付けるレンズが一つという意味です。一つのレンズで鏡の役割と撮影をこなします。

ピントが合わせやすかったり、高画質だったりと機能性が充実し綺麗に映すことができるので初心者の方でも安心して使えます。レンズを取り換えることができるので用途に合わせて使い方を変えれます。カメラ好きの方やこだわりがある方に向いています。

今回はデジカメ一眼レフのおすすめ製品を紹介します。デジカメ一眼レフは便利ですが値段が高いので予算に合わせて選びましょう。より良い買い物ができたら良いですね。

デジカメ一眼レフの選び方

スペックで選ぶ

デジタル一眼レフカメラにおいて画素数やISO感度を把握しておくとより綺麗に映すことができます。知っておくと便利なことも多いですよ。

画素数で選ぶ

画素数は多くの方が気にするポイントとして抑えている方も多いのではないでしょうか?実際にお店に行った際も店員が画素数を推すお店も多いです。この画素数とは画質の細かさつまり高い方が画像を拡大した時に綺麗に映っています。

 

写真にするとこの画素数がより大きい方が良いのですがパソコンやスマートフォンの場合は正直あまり関係ありません。現像したりする方は画素数が高い方がおすすめですが、会社などでパソコン内のみで使用される場合はあまり重視しなくても大丈夫です。

ISO感度で選ぶ

ISO感度とは明るさを意味します。暗い所でも撮影は可能かはこのISO感度によって左右されます。暗い場所と言うと具体的には夜景や室内のことです。室内は博物館などは意外にも暗くなっている場合が多いです。

 

そんな時にISO感度が高いデジカメ一眼レフを選んでおけば安心です。曇の日や陽が差していない場所でもいつでも撮ることができ、特に夜景を撮るのが好きな方にとっては非常に重要になってくるポイントとなります。抑えておくと便利でしょう。

使いやすさで選ぶ

長時間利用したり持ち運ぶことがある方には疲れにくく、移動させやすいデジタル一眼レフがおすすめです。大きく、重い製品も多いので抑えておくと良いでしょう。

大きさで選ぶ

デジタル一眼レフは高機能な商品が多く一台あるととても便利です。サブとしてもよく使われており、持ち運びされる方も多いでしょう。特にサブで使用される方にとって大きさは重要なのではないでしょうか?

 

一眼レフをメインで使われる方はサブとしてはコンパクトサイズを持ちたいもの。デジタル一眼レフは小型化されているモデルも多く自分に適した大きさを選びやすくなっています。収納スペースも必要となってくるので適した大きさを選びましょう。

重さで選ぶ

カメラ全体において重さも重要になってきます。長時間撮影する場合やお子さんの運動会などずっと手にもって構えておかないといけない時に重さがあると大変です。首に掛けて持ち運びされる方も多くより軽量だと身体にも負担がなく良いですよね。

 

デジタル一眼レフは大きさはあっても軽量タイプになっている商品も多く安心です。しかし大きいから重たいと言った印象を持たれてしまうことも多く小さい商品を選んだ際にすごく思たい場合もあるので実際に店舗で持ってみると確実で安心です。

レンズで選ぶ

レンズの種類も重要です。取り換えが可能なので用途に合わせてレンズを持っていると便利ですよ。

中望遠レンズを選ぶ

中望遠レンズは一番バランスが良くレンズの中でも一番人気となっています。写真の歪がなく立体感のある写真が撮れます。レンズの中でも中心に位置するので非常に調節もしやすくベストです。

 

被写体との適度な撮影距離や、背景のボケ具合においても丁度良いバランスを保ち少しアレンジしたいなら微調整も可能なので便利です。カメラが趣味の方やこだわりがある方以外でデジタル一眼レフで撮れたらいい方に関してはこの中望遠レンズにしていると良いでしょう。

望遠レンズを選ぶ

望遠レンズは遠くの物を大きく映すことができます。分かりやすく言うと、遠く離れた被写体をズームし大きく綺麗に撮ることができます。通常のカメラでズームしてしまうとボケてしまうことが多いですよね。なのでそれを解消するにはこの望遠レンズがあると便利です。

 

例えば、逃げてしまうので近づけない鳥などを撮ることも可能です。また、ピントを後ろに合わせ前はぼかすことも可能なので通常のカメラではなかなか撮れない写真が撮れます。

レンズ選びの際はマウントを要チェック

マウントとはカメラと本体を結合する部分を言います。このマウントが合っていないとレンズを装着することができません。プロのカメラマンの方でもよく同じメーカーのレンズやカメラを使用されている方を多く見ませんか?

 

実はこのマウントが合っていないと取り付けることすらもできないのです。基本的にマウントはメーカーごとに違うので例えばキャノンのカメラだとキャノンのレンズしか付けることができないのでレンズを購入する時は注意が必要です。

メーカーで選ぶ

デジタル一眼レフのメーカーで有名なのはCANONNikonと言ったメーカーです。幅広い商品が販売されており機能性などの面でも非常に好評です。機能だけでなくデザインもシンプルな物からおしゃれな物まであり信頼性もあります。

 

デジタル一眼レフと聞くとこの二つのメーカーだと間違いなしと言われる方も多いです。メーカーがはっきりしているとアフターサービスも充実していることが多いので故障などがあった場合でも安心です。

デジカメ一眼レフのおすすめランキング10選

10位 PENTAX  『K100DLK』

価格:9262円(税込)

機能性より使いやすさを重視したいならこれで決まり!

撮像素子シフト方式で手ぶれ補正機構を搭載し、綺麗で見え味の明るいファインダーとなっており、暗い場所や高速シャッターにも対応し、ISO3200相当の高感度、モードパレットで選べる8種のシーンモードが搭載されています。

 

撮りたい被写体が画面の中央から外れていても、カメラが自動的に適切なピント合わせを行う高精度のワイドAFを採用しているのでカメラが苦手な方にもおすすめのデジタル一眼レフです。長時間露出時にノイズを低減するノイズリダクションが機能しています。

 

ロコミではそれほど画質は良いとは言えないが初心者には扱いやすく使いやすいとのことでした。こちらのデジタル一眼レフは機能性というよりかは使いやすさを優先的に選びたい方におすすめとなっているそうです。と言っても、画質は通常なのでものすごく悪いわけではないので安心してください。

サイズ 30.8x15.6x12.2cm 画素数 610万画素
重量 558g 画面サイズ 2.50インチ

9位 Nikon 『D7200』

価格:111900円(税込)

デジタル一眼レフを探しているならこの商品で間違いなし!

高速な画像処理エンジンEXPEED4の採用と内蔵バッファーメモリーの容量拡大により、連続撮影時の撮影可能コマ数が大幅に増大しています。高速連続撮影が可能です。また、ミラー駆動時の衝撃を抑制するミラーバランサーを採用し、動きの速い被写体を高速連続撮影する際にも、常に安定したファインダー像を確保できます。

 

広いフォーカスポイントのカバーエリアとレンズ対応力で、暗い室内から、スポーツ、野生動物の撮影まで幅広い被写体をシャープに捉えることができます。人だけでなく景色など色々な物を撮りたい方におすすめのデジタル一眼レフです。 スマートフォンやタブレット端末などと、ワイヤレス通信ができるWi-Fi機能を内蔵しています。

 

ロコミでは機能性が抜群でデジタル一眼レフを探している方なら一番おすすめだそうです。今までデジタル一眼レフを使っていた方でもこの価格で使い勝手の良いカメラは初めてと喜んでいました。かなり機能性が充実しています。これで間違いなしとずっと使い続けている方もいますよ。

 

サイズ 7.6x13.5x10.6cm 画素数 2416万画素
重量 676g 画面サイズ 3.2インチ

8位 Canon 『KISSX7I-18135ISSTMLK』

価格:129384円(税込)

あなたもこのカメラでデジタル一眼レフデビューしませんか?

高速で画像処理が可能な映像エンジンDIGIC5の搭載により、最高の高速連写高画質の両立を実現しますい。暗いシーンだけでなく動体撮影やストロボ発光禁止エリアでの撮影など、幅広い撮影領域においてノイズや手ブレや被写体ブレを抑えた画像を撮ることができます。

 

ワンタッチでAFと撮影を行うタッチシャッター機能を搭載しています。ライブビューや動画撮影時のオートフォーカスは、ピントを合わせたい位置をタッチするだけで可能です。撮影した画像に特殊効果を加えられる7種のクリエイティブフィルターの効果を、ライブビュー画面で確認しながら撮影できるようになっているのでとても便利です。

 

ロコミでは使い勝手が良く簡単操作で軽量で持ち運びやすいとのことでした。この商品でデジタル一眼レフデビューされた方が非常に多かったです。カメラは機能や操作が複雑な商品が多いですが初めての方でも非常に扱いやすくおすすめです。マニュアルモードに切り替えると自分だけの写真が撮れますよ。

サイズ 7.9x13.3x10cm 画素数 1800万画素
重量 526g 画面サイズ 3インチ

7位 Canon 『KISSX3-LKIT』

価格:44999円(税込)

コストパフォーマンスに優れサブなどに適しています。

優れた解像感、階調性により、美しいボケ味、繊細なディテール、微妙な光の強弱まで忠実に描写できます。こだわりのある写真を撮りたい方にもおすすめのデジタル一眼レフです。明るい所から暗い所まで、ゆとりある階調表現が行えます

 

撮影した被写体の明るさ、コントラストを解析し、暗く写った場合に自動的に適切な明るさ、コントラストになるように調整してくれる機能が付いています。機能が備わっているので便利でおすすめです。液晶モニターを見ながら撮影するライブビュー撮影時などにも快適で、表面には反射防止コーティングを採用しています。

 

ロコミではサブや代用として購入された方が多いようです。コストパフォーマンスが優れているのでズームをしても綺麗に撮れるそうです。連写で撮ることもできますが鉄道などの早い被写体には不向きなので鉄道好きな方などには不向きだそうです。

 

 

サイズ 22x16.6x13.8cm 画素数 1510万画素
重量 481g 画面サイズ 3インチ

6位 パナソニック 『DMC-G1K-K』

価格:69800円(税込)

手が小さめな方でも安心して操作が可能です。

一眼レフの小型化を妨げていたミラーボックスを取り去り、ミラーボックスが担っていた測光、測距ユニットを排し、撮像センサーが受けた情報をダイレクトに読みとります。マイクロフォーサーズマウントの採用により、フランジバックを従来の約1/2にでき、レンズの小型化にできています。

 

高精細な144万ドット相当液晶を採用しており、高速処理により、チラつきをおさえ、快適なフレーミングが可能です。光学ファインダーでは出来ない撮影情報表示、ガイドライン表示も可能なデジカメ一眼レフとなっています。被写体をロックすればカメラが自動で追尾し、ピントと明るさを合わせ続けるのでピントを合わせるのが苦手でも安心でおすすめです。

ロコミでは軽く快適に使えるとのことでした。手が小さい女性の方でも安心して使えます。低コストで予算の兼ね合わせでこちらの商品を購入した方が多いようですが機能性も非常に喜ばれています。

 

サイズ 22x16x14cm 画素数 1210万画素
重量 386g 画面サイズ 3インチ

5位 RICOH  『06495』

価格:30000円(税込)

予算とデザイン重視で画質にこだわりたい方!

本格的な撮影性能を備えながら、先進的なデザインやインターフェースを採用した、小型・軽量デジタル一眼レフカメラです。画質や機能に飽きたらず、カメラに関心をもち始めたお客様にもご利用いただけおすすめです。ガラスペンタプリズム採用で視野率約100%の光学ファインダー、ボディ内手ぶれ補正、ISO感度51200など、性能にこだわっています

 

LEDによるボディライトがカメラの状態を表示します。光が直感的な操作をサポートをします。イルミネーションのように浮かび上がるデザインで一味違う存在を演出します。センサーの微小駆動によりモアレ軽減効果を生むPENTAX独自機能のローパスセレクターも搭載しています。

 

ロコミでは小型で高性能でとにかく画質が良いとのことでした。機能性よりかはデザインやお値段優先の方に適しております。同じメーカーは防塵防滴が多く販売されていますが、こちらのデジカメ一眼レフは防塵防滴ではないので使用の際は注意しましょう。

サイズ 7x12x9.2cm 画素数 2012万画素
重量 555g 画面サイズ 3インチ

4位 PENTAX  『K-xLK』

価格:63700円(税込)

乾電池式で電池の予備を持っていれば安心して使えます!

両手にらくらく収まる小さなボディに高性能を凝縮しています。 軽量キットレンズと合わせて気軽に持ち歩ける軽さを実現し、片手でほとんどの操作ができるボタン配置で操作も簡単にしていただけるデジカメ一眼レフで女性の方にもおすすめです。

 

美しい背景のボケ感や暗いシーンでの自然な描写など、デジタル一眼レフカメラならではの映像表現が可能になっています。魚眼から超望遠まで豊富な交換レンズにより、より多彩な動画撮影が可能です。モノラルマイク内蔵で、音声も録音でき、臨場感あふれる動画を残せます。

 

ロコミではメインのカメラが壊れた時用に予備として購入されている方が多いようです。おしゃれなデザインなのでデザイン重視の方にもおすすめです。電池残量の表示が曖昧なので乾電池の予備を持っておく方が安心だそうです。荷物が少し増えるのがマイナスポイントです。しかし乾電池式のデジカメ一眼レフをお探しの方には良いかもしれません。

サイズ 19.4x17.8x12.2cm 画素数 1240 万画素
重量 581g 画面サイズ 2.7インチ

3位 SONY 『ILCE-6000Y』

価格:102470円(税込)

小型で軽量で高性能!持ち運びも快適です。

追随性と高速性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用し、フォーカスの速度と精度を両立するファストハイブリッドAFが進化しました。画面のほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサーの採用により追随性が向上し、高速性に優れる位相差AFが様々なシーンで対応可能になりました。被写体を瞬時にとらえ、大切なシャッターチャンスを逃しません

 

瞳だけにオートフォーカスする瞳AF機能を搭載し、顔が斜めを向いているときでも高い精度で瞳を検出でき、合焦すると合焦エリアが一定時間表示されるため、意図通りにピントが合っているか事前に確認できます。狙った被写体にピントを合わせ続けるロックオンAF機能を搭載しているので、より最適なポイントでのAFを実現します。

 

ロコミでは小型なのに高性能だとのことです。高画質でシャッターを押して撮れるまでが早くブレも少なくなるそうです。軽量でコンパクトサイズなので持ち運びも楽にしていただけお子さんの運動会などにも適しております。

サイズ 4.5x12x6.7cm 画素数 2430万画素
重量 286g 画面サイズ 3インチ

2位 Nikon 『D5300LK18-55VR2』

価格:102652円(税込)

操作しやすく色々なアングルで撮れます。

取り込まれた光の情報を高速かつ最適に処理します。写真、動画の両方において優れた色再現性を発揮するのでこだわりのある方におすすめのデジタル一眼レフです。処理速度も従来より大きくアップしており、高画素のデータをスピーディーに処理します。ノイズ低減性能を大幅に向上しノイズを感じにくなっています。

 

Wi-Fi機能をカメラ本体に内蔵し、専用アプリケーション使って写真を、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにワイヤレスで転送できます。送りたい写真を送信指定しておけば、選択した写真だけ一括でスマートデバイスに送信可能。送信中でもカメラ側の動作は中断されないため、撮影の妨げにはなりません。

 

ロコミでは色々なアングルで写真を撮ることができ持ち運びにも便利だそうです。本格的に写真を撮ると言うよりは気軽に景色や風景を撮りたい方におすすめです。機能も操作しやすくピントも合わせやすいそう。ただ重量があるので女性の場合、首に掛けていると疲れやすいそうです。

サイズ 7.6x12.5x9.8cm 画素数 2416万画素
重量 481g 画面サイズ 3.2インチ

1位 PENTAX 『16996』

価格:89000円(税込)

オールシーズンカメラを使いたいならこのモデルがおすすめ!

防塵、防滴構造、マイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能を備え、天候に左右されることなく撮影を快適におこなえるようになっています。冬の景色やスキーなどのスポーツを楽しんだ時でも最高の風景を残せるデジカメ一眼レフです。画像処理エンジンと連携した高度なノイズ処理を実現する新開発のアクセラレーターユニットを搭載し、最高ISO感度 102400の超高感度撮影を実現しています。

 

超解像技術のリアルレゾリューションシステム、光学ローパスフィルターと同等の効果が得られるローパスセレクター、視野率約100%の光学ファインダー、シャッタースピード換算で4.5段分に相当するボディ内手ぶれ補正など、上位機並みの本格機能を搭載しています。
リモート撮影や画像の転送に便利な無線LANを搭載し、スマートフォンやタブレットとの連携も可能です。

 

ロコミでは山岳など空気が冷たい場面で使われており、安心安全に使えると安全面でも信頼が高いようです。冬場などはなかなか撮影が難しいですがこのデジカメ一眼レフは寒い時期でも使えるようになっているのでオールシーズンカメラを楽しめます。

サイズ 7.4x12.5x9.3cm 画素数 2424万画素
重量 626g 画面サイズ 3インチ

まとめ

今回はデジタル一眼レフのおすすめを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?一眼レフはカメラ好きの方には外せないぐらい性能が高くなっています。画像も鮮明に映すことができるので一つ持っているととても便利です。是非この機会に検討してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ