記事ID132473のサムネイル画像

【お酒のおつまみにもおすすめ!】キャンプでも人気の燻製が作れる燻製機のランキング10選【家庭でも使える!?】

燻製はキャンプやアウトドアで作る食べ物だとイメージしている人は多いのではないでしょうか?最近では家庭でも煙をあまり気にせず燻製が作れる燻製機も販売されており、人気が高くなっています。家庭やアウトドアでも使える燻製機の選び方などを紹介します!

燻製とは?燻製にも種類があるって知ってた?

燻製というとチーズやベーコンというイメージが強いですが、そもそも燻製とはどういったものなのか。燻製とは食材を燻煙することによって風味を付加すると共に、煙中の殺菌成分などや燻煙によって食材の水分量を減らしたことで保存に適した状態にする調理法の1つであり、スモークともよばれています。

 

燻煙には香りが良いとされる木材を高温に熱した時に出る煙を使用するため、サクラやブナ、リンゴなどの種類がチップとして売られています。燻製にはやり方によって3つの種類があり熱燻、温燻、冷燻、とあり、それぞれ燻製する際の温度が重要になっています。

 

熱燻は80度以上の熱で燻す方法であり、最も初心者におすすめされる簡単な燻製方法です。温燻は30度~80度で燻する方法であり、冷燻は15度~30度で燻する方法ですが、高温で出た煙を冷やしてから食材を燻すので、非常に難しい燻製方法であると言われています。

 

燻製には香りの良い木材が必須ですが、スモークチップとスモークウッドの2種類に分けられます。チップは木材を細かくしたもので間接的な熱源から高温にすることで発煙させ、ウッドは木くずを固めたもので直接、火をつけて発煙させます。

燻製機の選び方

アウトドアやキャンプのイメージが強い燻製ですが、最近では家庭でも簡単に燻製が出来る燻製機が発売されています。多くの種類が発売されている燻製機からどれを選んでいいか悩んでいる方も多いかもしれません。ここでは、そんな燻製機を選ぶ上で重要なポイントを紹介します!

燻製機は使用する場所を考えてから選ぼう

最近では燻製機でも家庭で簡単に使用できる燻製機が発売されていることもあり、まず自分がどういった場所で使用するのか把握する必要があります。

自宅で使う燻製機で人気なのは鍋タイプ

燻製機を使用する場所がキャンプやアウトドアといった屋外でない場合は家庭でも使用できるタイプの燻製機を購入するようにしましょう。屋内でも使用できるタイプの燻製機では鍋タイプのものが非常に人気が高く種類も多く発売されています。

 

家庭で使用できるタイプの場合は、燻製の際に一番気になる煙がほとんど出ないタイプが多く、煙の心配なく燻製が出来るのもおすすめのポイントです。また家庭で使用するタイプの燻製機はコンパクトな物が多いので、多くの食材を燻製させるには向いてないことが多いので注意が必要です。

キャンプやアウトドアで使うなら大きいサイズを

キャンプやアウトドアで使用することを想定して燻製機を購入するならば、熱燻や温燻にも対応している大きいサイズのものがおすすめです。吊り下げが可能なものもあり、大きな魚や肉などを丸ごと燻製できるタイプも人気があります。

 

また、持ち運ぶことが必然的に多くなるため素材などにも注意が必要です。あまりに重たいものは持ち運ぶ際に手間になってしまうこともあり、どちらかというと耐久性があり比較的に軽いステンレスやアルミといった素材がおすすめです。

燻製機の素材もしっかりとチェックをしよう

燻製機の素材によっても特徴があるため、素材自体もチェックしてから選ぶと自分の好みに合った燻製機に出会えます。それぞれの特徴をチェックして用途にあった燻製機をしっかりと選びましょう。

扱いは難しいが価格が安いものが多い陶器製

素材が陶器製の燻製機は主に家庭用として主流になっている鍋タイプに多く採用されていることが多い素材です。陶器製の特徴としては保温性が高く、遠赤外線の効果によって食材がふっくらと仕上がることです。

 

また陶器製は価格がリーズナブルなものが多く、人気があるのでサイズやデザインなども豊富なのもおすすめのポイントです。ただし陶器製は重量があり、割れやすいという欠点があるので、アウトドアなどには向かない素材と言えます。

 

とはいえ陶器製は家庭で簡単に燻製を作りたいという人には非常におすすめ出来る素材であり、これから燻製作りを始めようとする初心者にもおすすめの素材です。

錆びやすいが耐久性には優れている鉄製

鉄製は錆びやすいというデメリットがありますが、耐久性も高く人気の素材であるため陶器製と同じくサイズやデザインなども豊富です。その耐久性の高さや種類の豊富さからも家庭用としてもキャンプやアウトドア用としても人気があります。

 

鉄製は熱伝導率が高く、強い火力にも負けない耐久性を持っているので燻製機の素材としては特に人気が高いです。使えば使うほどに味が出るとも言われており、気に入った燻製機を長く使用し続けたい方にはおすすめの素材といえます。

 

ただしメンテナンスが非常に大変でもあり、放っておくとすぐに錆びてしまうこともあり、初心者には向かないとされている素材でもあります。しっかりと燻製中でも水分をマメに拭き取ってあげたりすると鉄製の燻製機は錆びるのを防げるようなので水分には特に注意しましょう。

手入れが簡単なものが多いステンレス・アルミ製

ステンレスやアルミといった金属が素材の燻製機は錆びに強いという特徴があります。また使用後のメンテナンスも楽な素材でもあるので、手入れが苦手な人にもおすすめできる素材と言えます。

 

組み立て式のものや折り畳み式の燻製機に多い素材なので、サイズが大きいものが多く家庭用の燻製機にも多いですが、キャンプなどの屋外用の燻製機に多い素材でもあります。ただし焦げ付きやすいというデメリットもあるので、使うとすぐに黒く変色させてしまうこともありますので注意しましょう。

 

とはいえ軽量なこともあり、家庭用としても多く使用され屋外用の場合は持ち運びにも便利なことから今でも人気の高い素材でもあります。ステンレスなどの場合は高級感も出るのも人気の理由でしょう。

燻製機は中の構造や網にも注目しておこう

燻製機は中の燻煙によって味なども変わってくるので、燻製機の中の構造などもチェックしておくと使用した後に後悔するような失敗は少なくなるでしょう。

燻製機は深いものを選び蓋はピッタリと合うものを

燻製された食材は燻煙が燻製機の中でどれだけ循環するかによって美味しさが変わると言われているので、燻製機はなるべく本体と蓋も含めて深いものを選ぶのがおすすめです。製品によってはサイズは大きいのに中の食材を並べる場所が狭かったり底が浅いものもあります。

 

そういった製品を選んでしまうと燻製機の中で燻煙が循環せずに美味しい燻製が出来ないことになります。また土鍋タイプの燻製機は蓋がしっかりと閉まらないものも多く、購入前に蓋がしっかりと閉まるかどうかもチェックが必要です。

 

蓋がずれていると、せっかくの燻煙が外に出ていってしまうので燻製が出来ないだけでなく家庭で燻製をしている場合は煙のせいで近所に迷惑をかけてしまうおそれもあります。

複数枚の網がセットできるか吊り下げバーの有無にも注意しよう

燻製機には必ず網が必要になりますが、どんなタイプの燻製機でも網が複数セットできるものがおすすめです。網の枚数が多いということは、それだけ燻製できる食材も多く並べられるということになります。

 

コンパクトなサイズでも底が深いものであれば2枚や3枚セットできる商品もありますので、明確に燻製したい食材や量が決まっている訳ではないのなら、もしもの時のためにも網は複数枚セットできる燻製機をおすすめします。

 

また食材を吊り下げれるバーが付いているものかどうかもチェックしておきましょう。吊り下げバーはコンパクトサイズの燻製機には難しいですが大型のサイズだと、大きい肉などを吊り下げて燻製させるためにも必須となります。

色々な食材を燻製するなら網目は細かいものを選ぼう

網の枚数は複数枚セットできるのがおすすめと説明しましたが、網の目もチェックしておくと、小さな食材を燻製する際にも、食材の落下などを気にすることなく燻製することができるのでおすすめです。

 

網目が大きいものだとナッツなどの小さい食材が燻製できないこともあり、ガッカリすることになるので、購入前に網目もしっかりチェックしておきましょう。また同じサイズの網などが100円ショップなどにある場合は網だけ別のものに差し替えるのもおすすめです。

その他にもチェックすべきポイント

他にも燻製機を選ぶ上で機能面も含めてチェックしておきたいポイントがあります。ここでまとめて紹介します。

対応している熱源は必ずチェック

燻製機によって対応している熱源が違うことがあるので、自分の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。燻製機によっては直火OKな燻製機や、IHにも対応しているものもあります。特に家庭用で燻製機を購入する方は注意が必要です。

 

最近ではガスコンロではなく完全IHの家庭も増えているので、しっかりと対応している燻製機を選ばないと購入した後に使用ができなくて失敗したなんてことになってしまいます。

大きいサイズの場合は収納方法にも注意が必要

家庭で使用する燻製機ならコンパクトになっており、収納場所に困るようなことはありませんが、アウトドアで使用するような大きいサイズになると使用しない場合の収納場所に困ることになるかもしれません。

 

そういった保管場所に困るようなことがないように、大きいサイズを購入する際は折りたためるタイプの燻製機が販売されているので、そういったタイプの燻製機を選ぶようにしましょう。ただし家に燻製機を保管する場所が確保できる人は気にする必要はありません。

燻製は温度調節が大事なので温度計を差し込めるかどうかは大事

燻製は熱燻、温燻、冷燻という種類があり、どれもが温度が大事になります。そのため燻製機内の温度が分かると燻製に失敗しないようになります。燻製を作るのが初心者の場合は余計に温度が分からなくて困ることも多いです。

 

そんな場合は燻製機に温度計を差し込む穴が開いているタイプの燻製機を選ぶようにしましょう。こういったタイプの燻製機は温度コントロールが容易になるため、燻製に失敗するようなこともなく、難しいとされる燻製にも挑戦しやすいのがおすすめのポイントです。また温度調節がやりやすいように、温度調節用の窓があるタイプの燻製機なんかもおすすめです。

燻製機の人気ランキング10選

ここからは人気の燻製機をランキング形式で紹介します。折りたためるタイプや温度計とセットになった便利なものなど多くの種類があります。どれを購入していいか分からなかった人の参考に必ずなるので、要チェックです!

10位 スノーピーク 『コンパクトスモーカー』

価格:12267円(税込)

コンパクトだが網を2段セットできる

ステンレスなので手入れが楽であり、キャンプなどのアウトドアでも家庭でも使用できる非常に人気のある製品です。コンパクトなのに網を2段セットできるので多くの食材を一気に燻製することができるのも人気の理由です。

 

持ち運びにも便利な折り畳み式のハンドルがついており、煙が漏れにくい設計で、汁が垂れても受け皿があるので問題なく使用できるのもおすすめのポイントです。IHには非対応なので家庭で使う場合は気をつけましょう。

材質 :ステンレス発送重量:2.1kg
サイズ:直径315×220×165mm

9位 ユニフレーム 『フォールディングスモーカー FS?600 665916』

価格:16900円(税込)

使用しない時は折り畳めるアウトドアにピッタリな大きさの燻製機

サイズが大きくアウトドアにピッタリな製品です。食材を吊り下げて燻製も出来る大きさであり、フォールディングタイプの燻製機なので使用しない時は折り畳めるのも人気の理由です。

 

高さがあるのでしっかりと燻煙が循環し、失敗が少なく美味しい燻製が出来上がります。スタンドの取り外しも可能なため熱源を選ばないのも嬉しいポイントで、温度計を差す穴もしっかり付いているのでしっかりと温度調節をしながら燻製ができます!

材質 :ステンレス重量:8.5kg
サイズ:26×25×60(h)cm

8位 長谷製陶 『長谷園 いぶしぎん 燻製 土鍋 CT-43』

価格:8260円(税込)

人気の土鍋タイプで遠赤外線効果でより美味しく燻製を

こちらの製品は燻製機の中でも人気の高い土鍋タイプです。同じ種類でサイズは3種類から選ぶことができるので、自分の用途に合わせた大きさを選べるのも嬉しいポイントです。本体と蓋の間に水を張るシステムで煙を外に逃がしにくいため、煙を気にせず家庭で使用できるのはおすすめのポイントです。

 

金網を2枚セットできるのも人気の理由で、土鍋タイプなので遠赤外線効果で美味しく燻製ができ、手軽に家庭で燻製したい方におすすめの製品です!

材質 :陶器重量:3kg
サイズ:直径23×高さ18cm

7位 ホンマ製作所 『(サンフィールド/SunField) キッチン スモークキュート IH-240P』

価格:4290円(税込)

IH対応で初心者でも簡単に燻製が出来る家庭用

カラーバリエーションが5種類あり、自分好みの色が選べるのも人気の製品です。シンプルなデザインで飽きが来ず、家庭で手軽に燻製を作ることができます。ガスコンロや電気コンロだけでなくIHにも対応しているのも家庭用の燻製機としては非常におすすめできるポイントです。

 

ステンレスで手入れも簡単であり、初心者でも扱いやすいとレビューでもとても人気のある製品で、初心者にはありがたい燻製レシピなども付属している点も人気の理由です。

材質 :ステンレス重量:1.4kg
サイズ:幅24.8×奥行24.8×高さ20.7cm

6位 アデリア 『土鍋 万古焼 燻製ができる鍋 F49482』

価格:3726円(税込)

燻製機にも蒸し鍋にもなる使い勝手の良い燻製機

とんがり蓋が特徴の鍋タイプの燻製機ですが、鍋の底から蓋の頂点まで高さが15cmもあり、しっかりと燻煙が循環することで非常に美味しい燻製が作れのが人気の製品です。蓋は透明なガラスになっているので燻製の途中経過も楽しむことができ、そのまま食卓へ運べるシンプルなデザインなのもおすすめのポイントです。

 

燻製用の網を外せば、蒸し料理鍋としても使用できるので非常に使い勝手の良い燻製機と言えます。キッチンだけでなくベランダや庭などで燻製を楽しむ際にも使用できるおすすめの製品です!

材質 :陶器発送重量:1.8kg
サイズ:鍋/最大径約22.3×高さ5.6cm、フタ/最大径約18.4×高さ10.3cm

5位 ロゴス 『スモーカー LOGOSの森林 スモークタワー 燻煙器 円筒型 』

価格:14580円(税込)

温燻も熱燻も手軽に楽しめる燻製機

こちらの製品の特長は発煙したスモークウッドだけで温燻が楽しめる燻製機であるということです。もちろんカセットコンロのような熱源があれば熱燻も楽しめるので、1台で温燻と熱燻が手軽に楽しめる人気のある製品です。

 

分解可能で手入れは楽で、本体は180度開くので大きい食材も網に置いたり吊るしたりしやすいのもおすすめのポイントです。スモーク材の部分は引き出し式なので簡単に出し入れができます。温度計が取り付けられているので燻製に失敗もしにくいです。

材質 :ステンレス、スチール重量:3.1kg
サイズ:組み立て時 26×25×42cm

4位 イシガキ産業 『鍋・フライパンセット 6199-055』

価格:5903円(税込)

煮込みや焼き物も出来るIH対応の燻製機

コンパクトなサイズながら網が2段セットできるので、多くの食材を一気に燻製に出来る点が人気の鍋型の燻製機です。遠赤外線効果のあるセラミックボールが付属しており、美味しい石焼き芋が作れるのもおすすめできるポイントです。

 

煮込み料理や焼き物料理にも使用できるので、これ1台で色々な調理が出来るとレビューでも絶賛されています。鉄物なので耐久性が高いことも人気の理由です!

材質 :鉄鋳物重量:5.93kg
サイズ:約33×26.5×12cm

3位 コールマン 『スモーカー コンパクトスモーカー 2000031269』

価格:4310円(税込)

見た目が可愛いステンレスの熱燻専用の燻製機

こちらの製品は熱燻専用の燻製機であり、コンロで手軽に燻製ができる家庭でもアウトドアでも使用可能なタイプです。可愛らしいデザインが人気で、煙が漏れにくい設計になっているので安心して家庭でも使用できます。

 

コンパクトなサイズながら網が2枚セットでき、持ち運びにも便利な収納ケースも付属しているので手軽に燻製が作りたい人におすすめできる製品です。ステンレスなので手入れが楽なのも人気がある理由の1つです。

材質 :ステンレス重量:835g
サイズ:約直径23.5×20.5(h)cm

2位 ソト 『いぶし処 お手軽香房 ST-124』

価格:2980円(税込)

折り畳めるので持ち運びにも便利なキャンプにピッタリな燻製機

非常に値段がリーズナブルなキャンプやアウトドアにピッタリな燻製機です。本体の正面がフルオープンするので、大きい食材も問題なく網や吊り下げフックも付属しているので、多くの食材を一気に燻製できるのも人気の理由です。

 

使用しない時は折り畳めるので保管にも困ることがなく持ち運びにも便利です。燻製機として理想な「おかもち」タイプなのもおすすめのポイントで手入れも楽な屋外で使用する燻製機としてはとてもおすすめできる製品です。

材質 :スチール重量:2.0kg
サイズ:幅222×奥行194×高さ415m/m

1位 ベルモント 『H-027 鉄製燻製鍋』

価格:3246円(税込)

少量の燻製ならサイズ的にもおすすめしたい製品

家庭で少量の燻製を楽しむのにおすすめできる製品です。鍋に温度計を差す穴もしっかりと開いているので初心者でも手軽に燻製が作れます。使用した後に油などで拭いたり軽く手入れをするだけで長く愛用できる製品です。

 

レビューではキャンプにでも使用している人もいますので、少量でも問題ないなら屋外でも美味しい燻製が楽しめます。IHには対応していないのでそこだけは注意しておきましょう。

材質 :鉄発送重量:2.2kg
サイズ:直径27cm

まとめ

人気の燻製機をランキング形式でお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。家庭でもアウトドアでも人気の燻製が簡単に作れる燻製機が最近では発売されており、この機会にぜひ美味しい燻製を作ってみてはいかがでしょうか。いつもの食材が高級感溢れる食材に早変わりします!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ