記事ID132472のサムネイル画像

【写真などの保管!】おすすめの魅力的なスクラップブック人気ランキング10選

スクラップブックは雑誌や新聞などの切り抜きや、思い出の写真をキレイに保管できる便利なアイテムです。今回は用途に合わせたおすすめのスクラップブックの選び方や、人気のおすすめのスクラップブックをランキング形式で紹介しますので必見です!

スクラップブックの魅力とは?

スクラップブックは写真やイラストなどを貼り付けている一般的なアルバムとは異なり、メッセージや思い出の品などを添えることで、自分なりのアレンジを楽しめるのが魅力です。最近はスマートフォンなどに保存した写真などの画像をプリントアウトして整理することが流行っていますが、その写真が多くてなかなか片付けることができないことが悩みになっています。

 

しかしスクラップブックであれば楽しみながら整理をすることができますし、一冊の魅力的な作品集に仕上げられるので、何回見ても飽きることができないアルバムを作ることも可能です。旅行や結婚式などテーマを決めてから整理をすることで思い出をキレイに残すことができます。

 

またスクラップブックは当然ではありますが、新聞や雑誌などの切り抜きなどを整理して残すのにも向いています。今回はおすすめのスクラップブックをランキング形式紹介していくので、スクラップブックを選ぶ時の参考にしてみてください。

スクラップブックの選び方

サイズはスクラップする素材によって選ぶのがおすすめ

まずスクラップブックを選ぶ時にポイントとなるのがサイズです。スクラップする素材がはみ出すことがなかったり、中紙が余白だらけにならないレイアウトになるサイズのスクラップブックを選ぶのがおすすめです。

「A4サイズ」はスクラップブックの定番のサイズ

A4サイズはスクラップブックでは定番のサイズになっています。新聞や雑誌の切り抜きを貼りやすいサイズになっていますし、パソコンのプリンターなどでプリントアウトした資料を貼ることもしやすい、汎用性の高さがA4サイズのスクラップブックの魅力です。

「B4・A3サイズ」は少し大きい素材をスクラップしやすい

A4サイズのスクラップブックでは窮屈になってしまいそうなのをスクラップするのであれば、一回り大きいサイズになっているB4サイズやA3サイズのスクラップブックを選ぶのがおすすめです。

 

しかしA4サイズのスクラップブックと比較をすると、高さや幅があるサイズになっているので、スクラップブックの収納場所を事前に確保しておく必要があることがデメリットです。

チケットを保管するなら「A5・B5サイズ」がおすすめ

スクラップブックを使って、映画のチケットやコンサートやライブのチケットなど、小ぶりなのを保管したいのであればA4サイズのスクラップブックよりも一回り小さいA5サイズやB5サイズのスクラップブックが使いやすいのでおすすめです。

スクラップブックは台紙によって特徴が異なる

スクラップブックを選ぶ時には台紙も重要なポイントです。スクラップブックの台紙に使われている素材によって、向いているスクラップブックの使い方が変わってきます。

「クラフト紙」はスクラップブックでは定番

クラフト紙はスクラップブックでは定番の台紙です。クラフト紙は主にクラフトパルプかか作られていますが、リサイクルペーパーが用いられていることもあります。クラフト紙は他の紙と比較をすると強度が高いので破れにくいことが特徴になっています。

 

その特徴により台紙がクラフト紙のスクラップブックはマスキングテープやシールなどを貼り付けやすいので、クラフト紙が使われているスクラップブックはデコレーションをするのに適しています。

 

またインクの吸収力が高いことで乾きも早くなっているので、ペンやスタンプとの相性もクラフト紙が台紙のスクラップブックは高くなっていて、素朴な質感によりデザインや色使いを工夫することで自由に表現をすることができるのもクラフト紙のメリットです。

「弱粘着フィルム」は写真の枚数を多く整理するのに向いている

弱粘着フィルムタイプのスクラップブックは写真の枚数を多く整理したい方におすすめです。糊を使わないで写真やデコレーション素材を貼り付けることができますし、弱粘着性の台紙になっているので、貼り直しやレイアウトの変更も簡単に行うことができます。

 

また弱粘着フィルムタイプのスクラップブックは透明のフィルム付きなので、写真をキレイな状態のまま長く保存することができます、フィルムの上から装飾をしたり油性ペンなどを使って書き込みをすることで、自分なりのカスタマイズをすることができるのも魅力です。

「厚紙」は好きな形状に切り抜ける

厚紙は一般的な紙と比較をすると厚くてコシがあるので、切ったり貼ったりすることがしやすい特徴があります。なので厚紙が台紙になっているスクラップブックは好きな形状に切り抜くことで、自分だけの飾りを作ってみたり、立体的にデコレーションをするのに向いています。

 

厚紙が使われているスクラップブックは糊を使ってもヨレにくい特徴もあるのでキレイに仕上げることができますし、カラーバリエーションが多いので、スクラップブックをカラフルにしてい方に向いている台紙になっています。

 

しかし厚紙なので当然ではありますが厚みがあるので、枚数が多いスクラップブッキングに使うのには向いていません。なのでページ数が少なめのカラフルなスクラップブックを作成したい方におすすめです。

中紙にガイド機能があるのかどうかも重要

スクラップブックの台紙の素材のことではありませんが、スクラップブックを選ぶ時には中紙にガイド機能があるのかどうかも重要なポイントです。

 

スクラップブックの中紙は無地タイプが多くなっていますが、スクラップブックの中には貼る位置の目安となるドットや罫線が付いているのもあります。中紙にガイド機能が付いているスクラップブックであれば、切り抜きなどを正確でキレイに貼れるメリットがあります。

 

不規則に文字を書き込んだり、あちらこちらにシールを貼ってデコレーションしたいのであれば、罫線などが邪魔になることもあるので無地タイプのスクラップブックがおすすめです。

スクラップブックの容量は素材の量によって選ぶのがおすすめ

スクラップブックを選ぶ時には容量も重要な要素です。おすすめのスクラップブックの容量はスクラップしたい素材の量によって変わってきます。

台紙の枚数は20~40枚くらいが多い

スクラップブックを選ぶ時には容量がどのくらいなのかを購入する前に確認しておくことも重要です。スクラップブックの台紙の枚数は20~40枚くらいであることが多くなっていて、ページ数だと40~80ページ程になります。

台紙の枚数が80枚くらいのスクラップブックもある

スクラップブックの中には台紙の枚数が80枚くらいのスクラップブックもあるので、スクラップしたい素材の量を見極めておいてからスクラップブックを選ぶことで、過不足なくスクラップブックに素材を収納することができます。

スクラップブックは「とじ方」も重要なポイント

スクラップブックを選ぶ時には中紙がどのようにとじられているのかを確認することも重要です。スクラップブックのとじ方は、主に背表紙が付いていて中紙がまとめて固定されているのと、リングノートのようにリングやスパイラル状の留め具でとじられているのがあります。

背表紙がしっかりとじられているのは保管性に優れる

素材の保管性に優れているのは背表紙がしっかりとじられているスクラップブックです。このタイプのスクラップブックであれば引っ張ったりしても取れにくくなっていますし、留め具がないので見開きの状態で大きい切り抜きを貼ったりすることも可能です。

「リングタイプ」はページ数を増減できるので便利

リングタイプのスクラップブックはページ数を簡単に増減できることが魅力です。好きな場所に好きな枚数を追加できるので、ページの編集もとても簡単ですし、ページが足りなくなってきたとしても、簡単に追加できるのでとても便利です。

 

リングタイプのスクラップブックを購入する時には、事前に台紙を買い足すことができるのかを事前に調べておくと安心なのでおすすめです。

 

また、リングタイプのスクラップブックは本体から台紙を取り外せるので、レイアウトやデコレーションをしやすいというメリットもありますし、180度開くことが可能なので閲覧性にも優れているのも魅力です。

スクラップブックの人気ランキング10選

10位 LABCLIP 『スクラップブック ハート』

価格:972円 (税込)

ハート型が特徴的でプレゼントにもおすすめ

コンパクトサイズなのでプレゼントにも最適なハート型のスクラップブックです。形が可愛いので女性からの人気が高い商品になっています。

 

台紙に厚みがあるので写真を貼ったり文字を書き込んでも滲まないことも人気の理由になっているスクラップブックです。思い出の写真などと一緒にプレゼントとして送ったりするような使い方もおすすめです。

サイズ 横224mm×縦190mm 台紙数 15枚

 

9位 DEAR 『カラースクラップ ブック』

価格:A5-Mサイズ 1,620円 (税込) B5-Lサイズ 1,944円 (税込)

8色のカラー厚紙とホワイトペーパーが交互に使われているのがオシャレ

このスクラップブックは8色のカラー厚紙とホワイトペーパーが交互に使われているのが特徴的なオシャレなスクラップブックです。カラー厚紙は各5枚になっていて、ホワイトペーパーは40枚で合計すると80枚(160ページ分)と大容量になっていて、サイズはA5サイズとB5サイズから選ぶことができます。

 

2穴のリング留めタイプになっていますが、それとは別に丸ゴム留めが付けられているので、大量の中紙をしっかりとまとめておくことができるので便利です。表紙に貼っておくことができるラベルが付属しているのでタイトル付けもしやすいスクラップブックです。

 

仕切りにもなるペーパーポケットが付いていて、カラフルな台紙になっているのでポップな感じの楽しいアルバムを作ったりしたい方には特におすすめすることができるスクラップブックになっています。

サイズ A5:150×210mm B5:約185×257mm 台紙数 合計80枚

 

8位 LABCLIP 『スクラップブック/スクエア』

価格:1,296円 (税込)

リボン付きの可愛いスクラップブック

リボンが付いている可愛いスクエア型のスクラップブックです。表紙には窓が付いていてタイトルにしたい写真などを入れることができます。シンプルなデザインになっていて表紙を自分好みにデコレーションすることができるのが魅力のスクラップブックです。

 

またカラーバリエーションが豊富なスクラップブックなので、用途や好みに合わせてカラーを選ぶことができます。台紙はオフホワイト・うす茶・ブラックの3種類があり、表紙の色によって異なっています。自分用に使ったりプレゼント用としても適している、おすすめのスクラップブックです。

サイズ W162×H162mm 台紙数 30枚

7位 エトランジェ・ディ・コスタリカ 『A3 スクラップブック BASIS』

価格:864円 (税込)

シンプルでありながらスタイリッシュなデザインのスクラップブック

シンプルなデザインになっていますが、スタイリッシュさも感じられるスクラップブックです。大きな切り抜きを貼りたい時に使いやすいA3サイズの中紙が20枚付いていて、見開いた状態での閲覧がしやすいリングタイプのとじ方になっていますが、リングは上部と下部に部分的に使われているので見た目がスマートになっています。

 

カラーは黒と茶と白の3色がラインナップされているので、用途に合わせて色を使い分けられます。それぞれ異なる紙質になっていて、黒は色上質紙、茶はクラフト紙、白は上質紙が使われています。中は無地になっているので書き込みをしたい方にもおすすめです。

サイズ 297Wx420H(mm) 台紙数 20枚

6位 サンノート 『スクラップブック 914 A4サイズ 10冊セット』

価格:1,491円 (税込)

10冊入りで価格が安いのが魅力

A4サイズのスクラップブックが10冊入っているお得感があるセット商品です。見開いた状態をキープすることがしやすいスパイラルとじタイプのスクラップブックになっていて、中紙は30枚付いています。

 

中紙の材質は素朴で扱いやすいのが特徴の両更クラフト紙になっていて、表紙にはクラフトボール紙が使われているので、肌触りが良いですし見た目にも温かみが感じられるスクラップブックです。

 

10冊入りであることを考えると価格が安いことも魅力です。たっぷりと使うことができるので、大量の切り抜きを整理したいのであれば、まとめ買いをするのがおすすめです。

サイズ 29.7cmx22.5cm 台紙数 30枚

5位 ライオン事務器 『スクラップブック A4S No.550 クラフト』

価格:278円 (税込)

シンプルで使い勝手に優れているのが魅力

クラフトボードの表紙にクラフト台紙が28枚付属しているシンプルなスクラップブックです。台紙は4つに分けて背面に留められていて、たくさん貼っても厚みが出ることがないようにゆとりがある設計になっているスクラップブックです。

 

サイズはA3S・A4S・B4S・B5Sと豊富なサイズ展開がされているので、素材の大きさや量やスクラップブックを収納する場所に合うように選ぶことができるのも魅力です。シンプルで使い勝手に優れているスクラップブックを探している方には特におすすめです。

サイズ ・A3S・A4S・B4S・B5Sの4サイズ 台紙数 28枚

4位 コクヨ 『スクラップブック D ドットガイド入』

価格:A4 314円 (税込) B4 527円 (税込)

ドットガイドが便利なスクラップブック

中紙にドットガイドが入っているスクラップブックになっていて、保存性に優れているとじ込みタイプです。中紙は28枚付いていて、中紙に1cm感覚でドットが打たれていることで、小さな切り抜きから大きな資料までキレイに貼ることができます。

 

サイズはA4とB4サイズから選ぶことができます。ドットガイドは書き込みをするのにも便利になっていて、見やすく書き込みをすることができます。背表紙の幅がしっかりあることで、たくさん貼ったとしても膨らんで収納をしにくくなることもありません。

 

領収書や切り抜きなどをキレイに貼って保管しておきたい方には、特におすすめできるスクラップブックです。

サイズ A4:302x236x25mm B4:365×281×25mm 台紙数 30枚

3位 DEAR 『クリエイティブカラースクラップブック』

価格:1.944円 (税込)

持ち歩きしやすいサイズなので旅行先に持っていくのに便利

旅行先などでスクラップブックを持ち歩きたい方におすすめの商品です。カナダやアメリカのペーパーが使われていて、色のムラにより独特な風合いになっているのも魅力です。

 

厚紙とホワイトペーパーが交互に挟まれているので色移りがしにくくなっているので、大切な旅先の記録などをしっかりとほかんすることができますし、丸ゴム留めが付いているのでスクラップブックがカバンの中で開いたりしないように押さえることもできます。

 

またカラーバリエーションが豊富なスクラップブックなので、お気に入りのカラーを選べるのも嬉しい特徴です。

サイズ 約185×257mm 台紙数 60枚 (表紙色の厚紙30枚 ホワイトペーパー30枚)

2位 コクヨ 『スクラップブック スパイラルとじ 固定式』

価格:323円 (税込)

コストパフォーマンス抜群のスクラップブック

300円くらいで購入することができる、コストパフォーマンス抜群のスクラップブックです。リングタイプになっているので両ページがフラットに開くので、スクラップしたいものを貼ることがしやすい構造になっています。

 

台紙はクラフト用紙になっているので、書き込みをしたり写真や切り抜きなどを貼ってもへたることがないので、耐久性を気にせずにスクラップを貼ることができます。

 

シンプルなデザインになっているスクラップブックなので、幅広いシーンで活用することができるのも魅力です。

サイズ 20×242×310 台紙数 40枚

1位 SEKISEI 『ふうあいスクラップブック』

価格:767円 (税込)

旅行などの思い出を華やかに飾れるのが魅力

風合いがあるクラフト紙が使われている、クラシカルな雰囲気が魅力的なスクラップブックです。シンプルなベーシックタイプになっているのでアレンジをしやすく、自分の思い通りの表現をすることができます。

 

厚みがある台紙になっているので、素材をたくさん貼ったり文字を書いたりするのに適していますし、ポケットが付いているので素材などを収納するのにも便利です。

 

また厚口黒クラフトや薄口クラフトが使われているラインナップもあるので、イメージする雰囲気に合わせて選ぶこともできます。旅行などの思い出を華やかに飾れるおすすめのスクラップブックです。

サイズ 縦210×横220背幅13mm 台紙数 10枚

まとめ

ここまでおすすめのスクラップブックをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?スクラップブックは使用する用途によって向き不向きが異なるので一概にどれが最適ということはできませんが、ここで紹介したおすすめのスクラップブックはどれも便利なので、使用する用途に合わせて選べば便利に使えるスクラップブックです。スクラップブックを活用して切り抜きや思い出の写真などをキレイに保管しましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ