記事ID132460のサムネイル画像

【運動会やBBQにおすすめ】ワンタッチタープの人気ランキング10選

運動会やバーベキューにおすすめなのがワンタッチタープ。紫外線が強い夏も、風が強い冬もアウトドアで大活躍します。様々なメーカーからサイズ感の違うものや人気の軽量タイプが販売されていますので、おすすめのワンタッチタープを人気ランキングでご紹介します。

ワンタッチタープとは

ワンタッチタープとは、簡単に設営することができるタープのことです。テントとは違い、「フレームを開く」「シートを被せる」「支柱の脚を伸ばす」たったこれだけの3ステップ!設営作業は4人がベストですが、2人いればあっという間に組み立てられ、日差しや雨から身を守る空間が手に入ります。

 

バーベキューや運動会だけでなく、ワンタッチタープはファミリーキャンプや部活動の応援席用にもおすすめです。メーカーによって価格やサイズも様々で、最近では風にも強いタイプも増えているとか!でも、簡単に買い替えるものではないので、じっくり慎重に選びたいですよね。

 

そこで今回は、ワンタッチタープを選ぶポイントと、おすすめモデルをランキング形式でご紹介いたします。手軽さが人気のワンタッチタープ、まずは選ぶ際のポイントをおさえていきましょう。

ワンタッチタープの選び方

使用する人数によってワンタッチタープのサイズを選ぼう

まず、選ぶ際に重要なのはサイズ感です。使用する人数によってワンタッチタープのサイズが変わってきますので、ポイントとなる目安を解説します。

人数によって変わるサイズ感

ワンタッチタープを選ぶ際に最も大事なのが、ワンタッチタープのサイズです。日差しを遮り、快適な日陰を作ること。冷たい雨風から守り、空間を確保すること。これがワンタッチタープの役割です。ワンタッチタープの下で食事をするなら、テーブルやチェアを置ける広さが必要です。チェアに腰かけた時に、足が伸ばせるか、背中がはみ出さないか確認しましょう。

 

大きさが十分にあるとタープとしての役割を果たしてくれるのですが、大きければそのぶん持ち運びは大変になります。十分な広さで、なおかつコンパクトに折りたためるものを選ぶことをおすすめします。

使用人数に適したサイズの目安

     200×200      3~4人 運動会、フリーマーケットに
サイズ  250×250使用人数  4~5人 一般的なサイズ
     300×300      5~6人 BBQ、サッカーや野球の休憩用に

200~300cm四方が一般的なサイズです。あくまで目安なので、購入前に何人くらいで使用するのかをシミュレーションしておくと、必要なサイズが見えてくると思います。購入後、テーブルやチェアをセッティングしてみると少し小さかった!ということはよくある話です。購入前に座ったときの大きさを実際に測っておくことをおすすめします。

使用する場所によってワンタッチタープの材質を選ぼう

次に、選ぶ際に必要なのは材質です。使用する場所によってアルミかスチールかを選ぶのですが、軽量タイプがいいというような好みもあるでしょう。重量も価格も違いますので、その違いを解説します。

風が強い場所で使うなら、しっかりした「スチール」がおすすめ

手軽で便利なワンタッチタープですが、唯一のデメリットは重さ。ポールとフレームが一体になっているので、ある程度の重さと大きさがあります。ワンタッチタープのフレームには耐久性に優れたスチールを使用するモデルが多く、どうしても重くなってしまいます。

 

ですが、スチールは雨風に強く、少々のことなら倒れたり飛ばされたりはしません。お子様のサッカーや野球の休憩用として購入される方、多少重くても耐久性と強度を求められる方は、こちらのスチールをおすすめします。

 

しかし、スチールは錆びやすいという特性があるため、雨風に打たれた際には後日天日干しをしてくださいね。また、長時間持ち歩くには重くかさばるので、ピクニックや駐車場が近くにない場所での使用には向いていません。力持ちの男性がいれば全く問題ないでしょう!

駐車場から遠い場所で使うなら、軽量な「アルミ」がおすすめ

ワンタッチタープのネックとなる重量をカバーするのが、アルミ製の商品です。携帯性を高めるためフレームにアルミニウム合金を採用しており、かなり軽量化されています。何かと荷物が多い運動会やキャンプには、アルミを選ぶのがおすすめです。

 

スチールに比べると強度は劣りますが、アルミは軽くて錆びにくいという特性があります。また、比較的高価なものが多いです。雨風の強い日に使用する予定はなく、多少お値段が高くても軽量で使い勝手のいいものを求められる方は、こちらのアルミをおすすめします。

 

高価なものを買ったのに使用頻度が少ない!となると勿体ないものです。ご自分の用途と頻度を考慮しながら、なるべく軽量で予算とのバランスが良いワンタッチタープを選んでくださいね。

アルミとスチールの重量の目安

      200×200       12㎏            7㎏
 サイズ  250×250 スチール  13㎏       アルミ  8㎏
      300×300       14㎏            9㎏

ワンタッチタープの重量は、軽量なものだと2~3kgぐらいのものから、サイズが大きいものだと15kgを越えるものまで販売されています。支柱のフレーム自体がしっかりしているものが多いので、やはり重さが出てしまいます。タープを持って長時間移動することは向いていないので、ご自身やご家族が持ち運べるものを吟味することをおすすめします。

使用する用途によってオプションパーツを選ぼう

ワンタッチタープの中には、オプションパーツが始めから付属されている場合と、後から付けたして購入できる場合があるので必ずチェックしてください。あると便利なのが、夏場のキャンプで虫から身を守るメッシュパネル。雨風の吹き込みを防ぐサイドパネルです。

 

また、その他の機能として、UVコーティングが施された生地、耐水性の高い生地を使用しているワンタッチタープがおすすめです。フライシートの内側に荷物を置ける、インナーネットなどが付属されているものもありますよ。値段だけではなく、手軽さに加えある程度の機能性を考慮するのがポイントです。

 

ワンタッチタープは付属品で必ず固定しよう

ワンタッチタープの固定具はオプションパーツではなく、付属品として付いています。風の影響を受けやすいので、必ずペグダウンして使用しましょう。

 

ワンタッチタープを設置する場所はほぼ土や芝だとは思いますが、もし地面がコンクリートだったり、小石が多い河原だったりする場合は、2Lのペットボトルなどに水を詰めて重りにすることをおすすめします。ロープで固定すると安全です。

 

突風や強風にあおられると、飛ばされてしまうこともあり危険です。 アウトドアをより楽しむために、安全面は怠らないようにしましょうね。

【運動会やBBQにおすすめ】ワンタッチタープの人気ランキング10選

それでは、ワンタッチタープの人気ランキングを10位から見ていきましょう。運動会やバーベキューなど、アウトドアに大活躍するおすすめばかり揃っています。

10位 カンタンタープ 『【有名メーカー製造工場】 タープ カンタンタープ240』

価格:9,990円(税込)

アメリカ生まれ日本育ちのワンタッチタープ

1997年の発売以来、国内販売数300万張りを突破しているカンタンタープの誇る、ワンタッチタープです。240サイズを300万張り並べたら、なんと7,200kmに!テント屋として品質の追求を続けてきた結果の集結作ですね。組み立て簡単60秒、おすすめの商品です。

 

陽光の強弱で、繊細に美しく表情を変える中間色をPANTONEの流行色から採用。ネット販売限定カラーの繊細な美しさはぜひ太陽の下で広げて実感して下さい。さらに、ワンタッチタープの天幕は、プロテクト・ファブリックを採用。内側にはシルバーコーティングを施し、UVカット90〜99%を実現しています。

サイズ(㎝) 240x240x215/230収納サイズ(㎝) 18×22×130
重量     約12㎏  フレーム材質   スチール

9位 Sekey 『ワンタッチタープテント スチールフレーム』

価格:8,400円(税込)

お値段以上の品質、コストパフォーマンスが最高

強度と耐久性のあるスチールフレームを採用している、こちらのワンタッチタープ。必要十分な重さで安定性が期待できます。さらに、生地の裏側には紫外線を防ぐためのシルバーコーティングを施しています。組み立ては大人2人で持ち上げて広げ、脚を伸ばすだけ。簡単ですね!

 

高さが3段階調節できるので、使う場面によって高さを調節することができます。キャンプやバーベキューはもちろん、学園祭や運動会、ビーチやピクニックなどにもおすすめです。

サイズ(㎝) 300×300×173/165/156収納サイズ(㎝) ー
重量     約14㎏  フレーム材質   スチール

8位 コールマン 『シェード インスタントバイザーシェード M』

価格:6,275円(税込)

毎日使っても苦にならない!組み立ては5分で完成

アウトドアの定番ブランドである、コールマンのワンタッチタープ。こちらのワンタッチタープは、フレームサイズ220×220cm、フライシート270×270cm。フライシートの外周がひさし型のため、風に強く雨や日差しが入りにくいことが魅力です。

 

また、別売りのサイドパネルを組み合わせることで、強い日差しや風をよりさえぎることが可能です。キャンプや野外でバーベキューを楽しむ方にはコールマンの根強いファンが多く、アウトドア用品をコールマンで揃えている人も少なくありません。

 

キャンプや運動会におすすめなサイズ感なので、コールマンを手にしたことのない方は是非、その魅力を実感してみてください。

サイズ(㎝) 220×220×250収納サイズ(㎝) 18×118
重量     約13㎏ フレーム材質   スチール

7位 タンスのゲン 『ワンタッチ タープテント ENDLESS BASE』

価格:10,800円(税込)

紫外線に負けずにアウトドアを楽しみたい方におすすめ

こちらのワンタッチタープは300×300㎝という大きなサイズにも関わらず、アルミフレームによって女性でも比較的持ち運びやすい重量(約12kg)となっています。アルミのメリットである軽量さを残しつつ、強度を高めるためにフレームに補強リブを付けています。

 

生地裏面に施したシルバーコーティングが最大の特徴で、紫外線をしっかりカットしてくれます。テント内の温度の上昇を和らげ、熱中症対策にもなります。UV遮蔽率検査を実施したところ、UV遮蔽率は驚愕の99%以上!アウトドアは楽しいけれど、絶対日に焼けたくない人におすすめです。

 

付属のサイドシートは安心設計のフック式。高い耐水性を誇り、縫い目からの雨漏りを防ぐシーム加工でテント内に水が入るのを防ぎます。さらに、破れにくい二重生地使用しているので、夏でも冬でも快適なキャンプを楽しむ人におすすめです。

サイズ(㎝) 300×300×265収納サイズ(㎝) 116×22×22
重量     約12kgフレーム材質   アルミニウム

6位 山善 『キャンパーズコレクション UVクールトップタープ』

価格:12,052円(税込)

紫外線カットが特徴の軽量モデルは、女性におすすめ

山善が販売されているワンタッチタープのアルミフレームがランクインしました。材質はアルミなので軽量タイプだということは勿論、一番の特徴は紫外線90%以上カットしてくれるUVコーティング生地を使用しているという点です。

 

特殊シルバーコーティングの遮熱フライシートを採用しているので、厳しい太陽光を大幅にカットでき、心地いい光だけを取り入れます。高い遮熱性のおかげで、夏は涼しい日影が手に入る、おすすめなワンタッチタープです。

 

押しやすいフレームボタン、広げるだけの簡単設営で高さは2段階調節できます。日よけシートも1枚付いているので更に安心ですね。脚部は3段階に折りたためるのでコンパクト収納が可能になりました。

サイズ(㎝) 220×220×220~240収納サイズ(㎝) 89×20×22
重量     約8.7kgフレーム材質   アルミニウム

5位 コールマン 『タープ イージーキャノピーST2/220』

価格:17,000円(税込)

一人でも簡単に設営可能!その時間はわずか数分!

アウトドア用品で人気のコールマンからランクインしたこちらのワンタッチタープは、スチールフレームは組み立て式ですが、誰でも簡単に設営できるのが特徴です。サイズは220×220cmで、4人家族にちょうどいいのではないでしょうか。

 

紫外線遮へい率は96~98%と高性能!紫外線対策もバッチリなので、運動会やキャンプにもおすすめです。ファミリーキャンプのエントリーモデルに最適なタープと言えるでしょう。

 

口コミを見ると、なんとこちらのワンタッチタープ、女性一人でも簡単に組み立てられるようです。片付けも楽でいいですね。持ち運びも一人で無理なくできる重さです。雨風の強い日でも使える、とにかく頑丈なのが欲しいという人には不向きですが、少しの風なら十分耐えられる強度となっています。

サイズ(㎝) 220×220×227収納サイズ(㎝) 20×115
重量     約8.4㎏フレーム材質   スチール

4位 キャプテンスタッグ 『サンシェルター オルディナ ヘキサ タープ セット』

価格:6,070円(税込)

別売りのオプションで、更に広がる多彩なセッティングが魅力

キャプテンスタッグから販売されているこちらのワンタッチタープは、4~6人対応のスタンダードなサイズです。設営が簡単で手間がかかりません。ウィング部のグルメットとループを使用することによって、多彩なセッティングが可能なのが魅力です。

 

別売りポール4本あれば、広いリビングのようなスペースが確保でき、2本で効果的な日除けや風除け、開放的な気分が味わえる張り方が可能となっています。ループベルトと三角巾で補強することによって、引張り強度を高めることができます。

 

紫外線95%カットのUV-PROTECTIONコーティング生地を使用しており、縫い目から雨の侵入を防ぐシームレス加工も施されています。お値段も現在はお手頃価格となっていますので、少し大きめのサイズを探している方におすすめします。

サイズ(㎝) 400×420収納サイズ(㎝) 70×14×14
重量     約3kgフレーム材質   スチール

3位 BUNDOK 『イージーセットタープ200』

価格:7,900円(税込)

少人数にぴったりな、くつろぎ空間を演出

コストパフォーマンスに優れたギアで人気の、バンドックのワンタッチタープ。サイズが200×200cm、少人数で使用するのに最適なファミリーキャンプ用です。高さが、ロー・ミドル・ハイの3段階に調節可能です。耐水圧は800mm、撥水加工が施されています。

 

また、UVカット加工で強い紫外線もカットしてくれます。設営も簡単なので、キャンプやバーベキュー、運動会などのイベントにいかがでしょうか。日陰がほしい時や地面に直接座るときにあると便利です。

 

折りたためばコンパクトに収納できるので、海やレジャーにもいいですね。価格もお手ごろなので、使用する人数が少人数の方におすすめのワンタッチタープです。

サイズ(㎝) 200×200×177/207/237収納サイズ(㎝) 20×117×20
重量     約9.7kgフレーム材質   スチール

2位 FIELDOOR 『組立て簡単!! ワンタッチタープテント G03 アルミフレーム』

価格:12,300円(税込)

フィールドアの定番商品。高品質で軽いのが人気。

高品質なワンタッチタープで定評があるフィールドアの定番モデルです。2位にランクインしたのはアルミ製の軽量タイプ。スチール製フレームのワンタッチタープと比べて、アルミフレームは軽いのが特徴です。

 

女性一人でもラクラクと持ち運びすることができる重さです。 また、丈夫で錆びにくいのでアウトドア・レジャーを長く楽しみたい方に最適なワンタッチタープと言えるでしょう。

 

耐水圧2,000mm以上の高耐水加工を施したポリエステル生地を採用し、トップカバー上部には、風抜けのベンチレーションを装備しています。タープ内側にたまる空気が通り抜け、風によってワンタッチタープが倒れる事故にも効果的です。安心の定番商品、軽量モデルを探している人におすすめします。

サイズ(㎝) 200×200×135~237収納サイズ(㎝) 22×22×92
重量     約7.4kgフレーム材質   アルミニウム

1位 FIELDOOR 『組立て簡単!! ワンタッチタープテント G03 スチールフレーム』

価格:10,500円(税込)

新色の総柄5色が加わって、更にパワーアップ!

2位にアルミ製、1位がスチール製とフィールドアのワンタッチタープが独走した結果となりました!付属品としてロープ4本、ペグ12本、サイドシート1枚、収納ケースが付いています。耐久性のあるスチールフレームを採用し、優れたUVカットと高耐水加工が施されている高いスペックが特徴です。

 

サイドシートやメッシュ素材のバグガードなど別売りのオプションパーツも揃っているので、自分好みにカスタマイズできます。カラーバレエーションも豊富で、全13色から選ぶことが可能。サイズ展開もあるので、こちらが小さいと感じる方は一つ上のサイズをおすすめします。

 

スチール製フレームはアルミ製のフレームと比べて重量はありますが、安定感がありますので、しっかりと設置することができます。少しコンディションが悪い場所での使用をお考えの方におすすめです。価格もお手頃でエントリーモデルとしてもうってつけのワンタッチタープと言えるでしょう。

サイズ(㎝) 250×250×165/237/245収納サイズ(㎝) 22×22×114
重量(㎏)  約12kgフレーム材質   スチール

まとめ

便利でおすすめなワンタッチタープ。各メーカーから、様々な特性を持つワンタッチタープが販売されていましたが、気になる商品はありましたか?運動会やキャンプをより楽しむために、しっかり雨風対策をして、安全なアウトドアライフを満喫してください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ