記事ID132435のサムネイル画像

【2019年末版】高音質でおすすめなミニコンポの人気ランキング10選

スマホやタブレットで音楽を楽しむ人が増えた時代ですが、やはり音楽はミニコンポで楽しみたいという方も大勢います。最近のミニコンポはスマホやタブレットに保存している音楽も楽しめるってご存知ですか?そんなミニコンポを厳選して集めてみました。

最近のミニコンポの特徴

CDが主流だった音楽ですが、今では楽曲配信によりスマホやタブレットで楽しむ人が増えてきました。それに伴い、ミニコンポもスマホやタブレットに保存してある楽曲を楽しめるようにBluetoothで接続できるものが多くなりました。

 

また、USBメモリーカードやSDカードからの再生や録音にも対応し、多くの楽曲を選べるようになってきました。そのため、CDに対応していないミニコンポまででてきています。

 

音源も「ハイレゾ音源」が主流になりつつあり、音の進化はどんどん進んでいるようです。そんなミニコンポの人気商品を集めてみましたのでどうぞご覧ください。

ミニコンポの選び方

ミニコンポといっても形は色々です。一般的にはチューナー部とスピーカーとが独立しているタイプが多いですが、CDラジオとも言えるような一体型のものもあります。

 

音質や使えるメディアもそれぞれ違いますので、あなたの使いやすさにこだわった商品をみつけてご購入されることをおすすめします。

デザインで選ぶ

一体型ミニコンポやセパレート型、色や形、お部屋のインテリアを重視されるかたはミニコンポのデザインも気になりますね。買ってしまったあとに後悔しないようにどんなタイプをお部屋に置いたらどうなるか、どんな使い方をするかなど想像しながら選んでいきましょう。

 

それぞれの特徴を述べていますので参考になさってください。

一体型ミニコンポ

一体型のミニコンポは薄型のものが多く、場所をとりません。置くスペースが限られている方におすすめします。また、一か所に置き続けないで、部屋を変えて使いたい方なども一体型の方が移動がらくなのでおすすめです。

 

ただし、一体型のタイプはスピーカーが小さいために迫力には欠けます。音楽をガンガンかけて、という方にはちょっと物足りないかもしれません。

セパレート型のミニコンポ

スピーカー独立型のミニコンポでも「ミニコンポ」というくらいですからそんなに場所をとるものではありません。スピーカーが独立している利点はスピーカーのパワーが大きいところが魅力です。また、本体とスピーカーの位置関係を自由に変えられるので、スピーカーを壁に取り付けたり、ふたつのスピーカーを離したりして臨場感あふれる音が得られるかもしれません。

 

このタイプのミニコンポは置き場所を一定のところに決めておく方におすすめです。もち運ぶには本体とスピーカー二個を移動させなければならないのでちょっと大変です。

音質で選ぶ

最近はハイレゾ音源のものが主流になってきています。実は今まで音が良いと思っていたCDには全ての音の情報が入っていないのです。それはCDに情報が入りきらないからだったのです。ハイレゾはCDに入りきらなかった音の情報をたくさん持っています。音の量、つまり「音の太さ、繊細さ、奥行き、圧力、表現力が段違いなのです。

 

しかし、ハイレゾ音源はCDに入りきらない情報なので当然CDで購入することができず、音楽配信に頼るしかありません。

ハイレゾ対応ミニコンポ

最新型の機種のほとんどがハイレゾ音源対応となっています。ハイレゾ音源は音楽配信サイトでしか入手できませんので、その音をミニコンポで聴くためにはUSBメモリーに保存してミニコンポで聴かなければなりません。

 

他にも、パソコンに繋いで聞いたり、HDDに直接ハイレゾ音源をダウンロードして聞くようなシステムもあります。

 

しかし、今まで持っていた音楽はハイレゾ音源ではない場合が多いので、これからハイレゾ音源をどんどん購入して聞きたいという方におすすめします。今までとは全く違った世界を感じられますよ。

ハイレゾ音源がなければ

音楽はCDからのみ、もしくは普通のタイプの音源をダウンロードして聞くだけという方にはハイレゾ音源対応のものは不必要かもしれません。

 

それでも、普通の音源をハイレゾ音源並みに補正して流してくれるミニコンポもありますので、そんな製品ならば買って損はないと思います。

 

いずれにしても、普通の音源も高音質で聴けるタイプを選ぶことをおすすめします。

再生機能で選ぶ

あなたはミニコンポで何をしたいのでしょうか。もちろん音楽を聴くことでしょう。でもそれはCDからですか?それともスマホやタブレットに保存してある音楽を聴きたいですか?メモリーカードに保存してあるものも聞きたくないですか?

 

あなたが利用したいメディアによって適した機種がそれぞれ違いますので、欲しい機能がついているかどうかは要チェックです。

USBメモリーやSDカード

USBメモリーカードやSDカードが使えると、その再生はもちろん、録音もしてくれる機種があります。録音に使うとなるとCDでは50枚、ラジオでも500時間もの録音ができてしまいます。

 

たくさんの楽曲をミニコンポに入れたまま聞きたいという方はメモリカードが使えるかどうかは要チェックです。

Bluetooth

Bluetooth機能がついているとスマホやタブレットに保存してある多くの楽曲をワイヤレスでミニコンポから流すことができます。同じ音楽でもスマホで聴くのとミニコンポで聴くのとでは当然音質も迫力も違ってきます。

 

多くの製品にはBluetoothは備わっていますが、重要視されるかたはしっかり確認をしてご購入ください。

ミニコンポの人気ランキング10選

あれこれ迷ってしまうような最新機能のミニコンポを厳選してランキングにしました。きっとお気に入りのものがみつかるはずですので、最後まで細かくチェックしてください。

10位 パナソニック『SC-HC2000』

価格:18633円(税込)

薄型なのに高音質

こちらはスピーカーと本体が一体型のコンパクトなミニコンポです。しかも薄型で102mmしかありません。置き場所に困る方におすすめのサイズです。

 

ただコンパクトなだけでなく、高音質も兼ね備えています。その秘密は低温を豊かに再生する「ツイステッドボート」&「大口径・大型マグネット搭載スピーカーユニット」。また、雑音や歪みを抑えてクリアな音を再生する機能や、クリアで自然な音場を再現する機能もそなわっています。

 

薄型だけどちゃんとCDが聴けます。しかも5枚も一度に入るCDチェンジャーになっていますので、CDを入れ替える必要がなくてとても便利です。

 

Chromecast buiit-in対応で、豊富な音楽ストリーミングアプリから高音質のままいつでも音楽を楽しめます。もちろん、スマートフォンでワイヤレスに操作することも可能です。これだけの品質でお値段は1万円台。気軽にお求めできる商品です。

ハイレゾ再生 × ワイヤレス Bluetooth Wi-Fi
パソコン接続 × 消費電力 27W

9位 パイオニア『X-HM76』

価格:33731円(税込)

専用スピーカーでハイレゾを楽しむ

こちらのミニコンポはハイレゾ音源を忠実に再現するため、音質を大きく左右するDAC部にはハイクラスオーディオにも使用されているプレミアムタイプを搭載しているので、ハイレゾ音源がさらに高音質で楽しめます。

 

対応フォーマットはDSD11.2MHzをはじめ、FLAC,AIFF,ALAC,WAVなど様々。また、外付けHDD(別売)への接続により、PCを介さずに多くの楽曲を楽しむことができます。

 

Wi-Fiを使っての音楽はもちろん、インターネットラジオなどもいつでも楽しめます。Bluetoothにももちろん対応していますので、Bluetooth経由でも楽しむことができます。

 

専用のスピーカーもハイレゾ音源を忠実に再現する本格派スピーカーです。解像度の高い音を奏でるグラスファイバー振動板を使用してあり、繊細な高域から迫力のある低音までハイレゾ音源ならではの臨場感あふれる音を響かせます。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth Wi-Fi
パソコン接続 × 消費電力 40W

 

8位 パイオニア『X-SMC02』

価格:13770円(税込)

スタイリッシュコンパクト

好きな場所において音楽を心地よく楽しむ、パイオニアのスタイリッシュCDミニコンポのご紹介です。スピーカー一体型のデザインですが、スピーカーが少し外側を向いているため、お部屋いっぱいに大好きな音楽で満たすことが可能です。

 

スマートフォンの音楽もワイヤレス再生できるBluetooth対応、一度ペアリングすれば二度目以降は自動的に接続します。たくさんの音楽を取り入れられるUSBメモリーの音楽も聴けるので、一日中色んな曲を楽しむことができます。

 

カラーはブラックとホワイトの二色。サイズは451mm×215mm×132mm、重さは3kgです。お部屋のインテリアにもなりますね!

ハイレゾ再生 × ワイヤレス Bluetooth
パソコン接続 × 消費電力 15W

7位 ONKYO 『CR-N775』

価格:41800円(税込)

ONKYOテクノロジーの結晶

オンキョーのアンプテクノロジーの結晶である「3-state Bitstream」搭載のネットワークCDレシーバーのご紹介です。歪みやスピーカーからの悪影響を大幅に低減した元の音楽波形に近く、楽器のニュアンスや演奏の空気感まで再現することができます。

 

オンキョーの高音質ノウハウを惜しげもなく投入した商品で、ハイレゾ再生にも最適な業界最高スペックのDAC「VEREITA」シリーズAK4490を搭載しています。ハイレゾを身近にする「e-onkyo」機能搭載。購入したハイレゾ音源をPC等を介さず別売りのHDDに保存し、いつでも高音質で楽しむことができます。

 

音を大切にする方には最高の品質で聴けるこのミニコンポをおすすめします。※スピーカーは別売りです。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth Wi-Fi
パソコン接続 × 消費電力 36W

6位 KENWOOD『K-515』

価格:37000円(税込)

Kenwoodのハイレゾ

ワイヤレスにも対応したケンウッドのスタンダードCDシステム。ハイレゾ音源に対応しており、USBメモリー内にあるハイレゾ音源データを再生することができます。また、USBメモリーにはラジオやCD、外部入力からの録音をすることも可能です。その際のフォーマットはMP3になります。

 

Bluetoothにも対応しており、NFC対応のBluetoothであればワンタッチでペアリングでき、スマートフォンやタブレットに保存してある音楽をお楽しみいただけます。スピーカーはもちろん、ハイレゾ対応。1.5mm厚のMDF剤を使用した四方留め構造を採用しています。

 

ユニットには2.5cmソフトドーム型ピュアシルクツィーター及び高品位ホワイトバルブ製コーン型ウーファーを採用していますので、声の響きや弦楽器のニュアンスを細かに表現し、豊かな低域再生を実現しました。アナログ音声入力端子もついていますので、アナログの再生機からの音も取り入れられます。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth
パソコン接続 × 消費電力 25W

5位 ONKYO『NFR-9TX』

価格:29300円(税込)

ONKYOを代表するミニコンポ

FRシリーズは安心感のある外観、多彩な機能、上級オーディオのノウハウに裏打ちされた音質、それらを兼ね備えたオンキョーを代表するステレオシステムです。FR9モデルは熟練の精密技術を加えられた製品で、アンプの単品使用を前提にオーディオの要素がより凝縮されています。

 

FR9専用のスピーカーD-FNR9TXと組み合わせると最高の能力を発揮しますし、お手持ちのスピーカーと組み合わせることも可能です。USBメモリーに保存してあるハイレゾ音源の再生対応。またUSBメモリーやSDカードにCDなら約50枚分、ラジオなら500時間もの録音ができます。

 

音楽CDはもちろんのこと、MP3,WMA,WAC,FLACと多彩なフォーマットに対応(CD,USBメモリー,SDカードにより異なる)しているため、より多くの音を楽しむことができます。もちろん、Bluetoothにも対応していますので、スマホやタブレットに保存した音楽も楽しめます。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth
パソコン接続 対応 消費電力 55W

4位 SONY『CMT-SX7』

価格:48800円(税込)

遊び心満載

ソニーのCMT-SX7はCDもワイヤレスもハイレゾ相当の高品質で楽しむことのできるスピーカーと本体がセットになったマルチオーディオコンポです。

 

Bluetoothのワイヤレス音楽再生をかつてない高音質で楽しめる「LDAC」。LDACは既存技術に比べ最大三倍の情報量を伝送し、対応機器間ではハイレゾ音源をはじめ、さまざまな音源を高音質で楽しむことができます。

 

またBluetoothはもちろん、Wi-Fiにも対応しており、ワイヤレス環境でも存分にハイレゾ音源が楽しめます。Wi-Fi機能により、家庭内ネットワークを利用し、家じゅうで音楽を楽しむこともできますし、インターネットラジオも視聴できます。

 

パソコンやテレビとも繋ぐことができ、幅広い楽しみ方ができるミニコンポ、好奇心旺盛な音楽好きさんにおすすめです。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth
パソコン接続 対応 消費電力 46W

3位 パイオニア『XC-HM86』

価格:30000円(税込)

ハイレゾを直接ダウンロード

こちらの製品はハイレゾ音源を忠実に再現する高音質技術で設計されており、ハイレゾ音源の細かな音のニュアンスまでも忠実に再現します。また、様々なハイレゾ音源を楽しめるようにDSD11.2MHzをはじめ、FLAC,AIFF,ALAC,WAVなど様々なフォーマットに幅広く対応しています。

 

e-onkyo musicのサイトから購入したハイレゾ音源をPCなどの端末を介さずにHDD(別売り)に直接ダウンロードできる「e-onkyoダウンローダー」搭載。ハイレゾを身近にする先進的な楽しみ方ができます。

 

Bluetoothでスマホやタブレットに保存してある音楽をワイヤレスで楽しめることはもちろん、Wi-Fiを使ってワイヤレスで音楽やネットラジオも楽しめます。また、ヘッドフォンで音楽を聴くときには製品内部の不要な回路を停止させるため、クオリティの高いサウンドを楽しむこともできます。

 

ハイレゾを存分に楽しみたい方にぜひおすすめしたい製品です。

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth Wi-Fi
パソコン接続 × 消費電力 42W

2位 パナソニック『SC-PMX150』

価格:53880円(税込)

スピーカーにもこだわる方に

DSD再生対応、高音質機能が深化したハイレゾ対応ステレオシステム、SC-PMX150をご紹介します。DSDとはスーパーオーディオCDに用いられるDSD形式のこと。またそれによってハイレゾ音源をより忠実に再生できます。

 

パソコンでダウンロードしたハイレゾ音源はUSBケーブルまたはUSBメモリーによってステレオシステムで再生、パナソニックのディーガでダウンロードすればルーターを介してワイヤレスで再生できます。

 

この製品の魅力は本体だけでなく、ワイドな再生帯域でクリアな音を実現するスピーカーシステム!100kHzの広帯域を再生する「スーパーソニックツイーター」、上質な高音を再生する「1.9㎝シルクドームツイーター」、広帯域再生でクリアな音を実現する「14㎝丈ブラントオバールウーハー」の3WAY。ハイレゾ音源をより高音質で楽しめます。

 

音楽の繊細な部分までこだわる方にはぜひおすすめの製品です。

 

 

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth Wi-Fi
パソコン接続 対応 消費電力 45W

1位 ONKYO『X-NFR7FX』

価格:35400円(税込)

最高のクオリティ

FRシリーズはオンキョーを代表するステレオシステムです。上位モデルのFR7は専用の高品質スピーカーもセットになったミニコンポ、足りない所が全くないと言っても過言ではない最高な品質です。より良いものをお求めになりたい方におすすめです。

 

USBメモリーに保存されたハイレゾ音源をより高音質で再生でき、N-OMF振動板を搭載したクオリティの高いスピーカーによってさらに高音質で楽しむことができます。

 

USBメモリー、SDカード、またスマホやタブレットに保存された音楽もBluetooth経由で再生可能。さらにUSBメモリーとSDカードにはCD50枚分、ラジオ500時間分も録音できます。

 

再生、録音フォーマットも多彩で、物足りなさを感じさせません。オンキョーの最高傑作をぜひご自宅でお楽しみください。

 

ハイレゾ再生 対応 ワイヤレス Bluetooth
パソコン接続 対応 消費電力 55W

まとめ

ミニコンポおすすめ10選、いかがでしたでしょうか。きっとお気に入りのものがみつかったと思います。これからどんどん進化していく音楽の世界に対応した商品を手にして最高の音楽を楽しんでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ