記事ID132422のサムネイル画像

デバイス敗けしない!人気のゲーミングキーパッド おすすめランキング10選

結果を左右する人気のゲーミングキーパッドをご紹介します。ゲーミングキーパッドの形状や操作性、各種機能はゲームプレイに大きく影響します。デバイス敗けをしないゲーミングキーパッドの選び方も含めてご紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

ゲーミングキーパッドでプレイが変わる!

コンシューマー機やPCの目覚ましいスペックの向上により、よりリアルでスピード感溢れるゲームが続々と登場しています。一度に処理できる情報量が増えたことで操作の難易度が上がったり、フレーム単位のシビアな操作を要求されることもあります

 

コンシューマー機からPCゲームへ移行してきた人が、最初につまずくのはキーボードでの操作です。キーボードでの操作に馴染めず挫折してしまう人もいます。そこで、PCゲームの操作をアシストするゲーミングキーパッドをご紹介します。

 

しかし、ゲーミングキーパッドなら何を使っても同じなのかと言うとそうではありません。残念ながら粗悪品も多く、ポイントを押さえておかないと買ってから後悔をするということもあります。失敗しないためのゲーミングキーパッドの選び方を、ぜひ参考にして下さい。

プレイを変えるゲーミングキーパッドの選び方

ゲーミングキーパッドでゲームの操作性は向上します。実力は互角のはずなのにイマイチ勝てないという方はデバイス敗けの可能性があります。ライバルに打ち勝つには機能を見極めて、自分にピッタリ相性の合うゲーミングキーパッドを見つけることです。

ゲーミングキーパッドのキーの機能で選ぶ

ゲームに特化したゲーミングキーパッドには、操作を快適にするための機能があります。自分がプレイしたいゲームを有利にするための、必要な機能が備わっているかを確認しましょう。

8方向パッド/ホイール付き

コンシューマー機のコントローラーにあるスティックや、その代わりをする8方向パッドが付いているものがあります。キーボードで操作をする場合は「W」「S」「D」「A」キーを使うのが一般的ですが、そのため慣れていないとキャラクターの移動も侭なりません。

 

また、キーボードは本来ゲーム用の操作デバイスではないため、使わないキーも多く慣れを要します。無駄なキーを省きスティックや8方向パッドを備えたゲーミングキーパッドは、ゲームの操作性を快適にしプレイヤースキルの向上にも貢献します

 

また、マウスのようにホイールを装備しているゲーミングキーパッドもあります。マウスのホイールを操作すると左ボタンから指が離れますが、ゲーミングキーパッドに装備されていると攻撃のチャンスを逃さずに操作が可能になります。

 

マクロ機能

マクロとはキー設定を記憶させる機能のことです。特にRPGや対戦型アクションゲームでは多彩なスキルを使用するため、キーの同時押しが必要になってきます。「Shiftキー+Fキー」というような同時押しを一つのキーに記憶させることで、操作ミスを防ぐことができます。

 

マクロには概ね2つの種類があります。一つはアプリケーションで設定をしPCに保存するタイプで、これは外部ツールによるマクロ設定です。もう一つは設定をゲーミングキーパッドのメモリーに保存するタイプです。

 

多くの運営はゲームバランスの崩壊を防ぐため、高速連射など外部ツールの使用によるマクロ設定を禁じています。メーカーは事情を把握しているので、ゲーミングキーパッドに登録できるマクロはゲームバランスを変えるものではなく、操作性の向上に限っています

プロファイル機能

複数のゲームをプレイしている方におすすめなのがプロファイルです。それぞれのゲームで設定は変わってきますが、プロファイルはゲームごとの設定を記憶させることができます。簡単に登録した最適な設定に切り替えることができるので便利です。

 

ゲーミングキーパッドはゲーム以外にペイントソフトなどのショートカットにも便利です。ゲーム用の設定、ペイントソフト用の設定、動画を見るときの設定というように、プロファイルはそれぞれの設定を保存できます。

 

複数のゲームやアプリケーションを使用する方は、プロファイルで多くの設定を保持できるものを選ぶといいでしょう。

メカニカルスイッチの軸で選ぶ

キーのタイプにはメカニカルスイッチ、メンブレン、静電容量無接点方式、パンタグラフという種類がありますが、主にメカニカルスイッチかメンブレンを使用しています。メインとなるメカニカルスイッチは、軸といわれるパーツの色によって操作性が変わってきます。

静かで軽い【赤軸】

打鍵音(だけんおん)が小さく押下する力が一番小さいのが赤軸です。疲れにくく静かなため長時間プレイをしたり、隣室や家族への打鍵音が気になる方は赤軸を候補としてチェックするといいでしょう。しかしキーを強く押下する癖のある方には、打鍵感が物足りなく感じます。

 

打鍵音が大きいとVCを使用しているとき、相手に打鍵音が伝わってしまうことがあります。打鍵音で注意を削がれるという方もいますので、打鍵音は周囲や自分に与える影響ばかりではなく、一緒にプレイをする方へも影響してきます。

 

赤軸は最も静かなメカニカルスイッチなので、深夜にプレイをするときもあまり気を使わなくて済むでしょう。また、ソフトなタイピングをする方にも向いています

 

バランスがいい【茶軸】

茶軸はバランスも良く、初めてゲーミングキーパッドやゲーミングキーボードを使用する方におすすめです。使用感は赤軸と青軸の間くらいで、打鍵感は赤軸より強く打鍵音は青軸より小さくなっています

 

赤軸と青軸の長所を持っているので入門用として使いやすいといえます。茶軸を使用してみてから軽さを求めるか軽快さを求めるかで、赤軸か青軸へと移行するといいでしょう。茶軸の使いやすさから茶軸を使い続ける人も多くいます。

爽快感がある【青軸】

打鍵音と打鍵感が最も大きいのが青軸です。キーを押下したときの反発力が大きいので、しっかりとした手応えと爽快感があります。しかし注意したいのは青軸の打鍵音です。使用する環境によっては周囲の人に迷惑をかけてしまうでしょう。

 

また、VCを使用しているときは青軸の打鍵音で迷惑をかけることもあります。青軸の打鍵音を嫌う方も多いので、使用する環境に関してはしっかりと考慮しましょう。一般的には赤軸、茶軸、青軸となりますが、青軸はその中で一番環境を選ぶといえます。

オリジナルスイッチ

メカニカルスイッチの中には色軸を採用していない、独自開発のオリジナルスイッチもあります。その代表格がLogicool(ロジクール)です。ゲームでも操作性や応答性を徹底的に追求して開発されたスイッチで、このオリジナルスイッチのファンも多くいます。

 

ロジクールのオリジナルスイッチはキーの反応深度が1.5mmと浅めで、赤軸よりも軽く打鍵音も小さいのが特徴です。また、色軸よりもレスポンスがよく、耐久性の向上にも成功しています。

 

色軸も各メーカーが特性しっかり反映させているので、色軸の方がいいとかオリジナルスイッチが良いということではなく、色軸の色と同じで使用する方の好みになります。色軸と合わせてオリジナルスイッチもチェックしてみるといいでしょう。

 

 

その他の軸も見てみよう【黒軸・シルバー軸】

メカニカルスイッチには実にさまざまな軸があります。赤軸、茶軸、青軸の他に黒軸やシルバー軸、ピンク軸や緑軸ながありますので、黒軸とシルバー軸の特徴をご紹介します。黒軸は打鍵音は小さいですが打鍵感は重いのが特徴です。

 

黒軸は高速タイピングをするプロ向けといえる軸で、プロゲーマーの中にも黒軸を愛用している方がいます。キーを叩くというより押し込むという感覚に近く、慣れると高速タイピングが可能ですが、疲れやすい軸でもあります。

 

シルバー軸は浅い押下で反応しますが、慣れないと誤作動が多くなります。打鍵感は赤軸より強めですが、癖のある軸といえます。

メンブレン

PCを購入したときに付いてくるキーボードの多くは、このメンブレン式でメンブレンの特徴は安価なことです。ラバードームといわれるゴム製の小さな袋状のパーツがバネの代わりをしています。

 

打鍵感は頼りないですが安価なので、手始めのゲーミングキーパッドとしては選びやすいといえます。メンブレン式を選ぶときは打鍵感やキーストロークではなく、ゲーミングキーパッドの機能重視で選ぶようにしましょう。

ゲーミングキーパッドおすすめランキング10選

プレイヤースキルを引き出してライバルに差を付けるゲーミングキーパッドを、ランキング形式でご紹介します。ぜひチェックしてください。

10位 GameSir『VX AimSwitch E-sportsコンボ ゲーミングキーボード&マウス ワイヤレス 2.4GHz PS4/PS3/Switch/Xbox One/PC 対応 接続アダプタ 日本語取扱説明付き』

価格:10099円(税込)

DPI調整可能なマウスがセット!PCの他にコンシューマー機にも対応

FPSをプレイするときに有利なマウスがセットです。スナイパー武器を使用するときのAIMとその他の武器を使用するときのAIMはDPIが全く違うので、その設定を切り替えることができるのは大きなメリットになります。

 

ゲーミングキーパッドの方は青軸なので爽快感はありますが、その分打鍵音も大きくなるので環境を考慮する必要があります。WindowsPCの他にPS3、PS4、Switch、XboxOneと、幅広いハードにも対応可能です。

 

 

 

サイズ(約) 70×189×350mm 重量(約) 798g
スイッチ 青軸 主な機能と特徴 ワイヤレス

9位 GameSir『Z1左手用 ゲーミングキーパッド メカニカル青軸 RGB マクロ可能 Win7/8/10/MAC対応』

価格:6399円(税込)

オンボードメモリ搭載!Nキーロールオーバーとマクロ機能実装

青軸なので打鍵音や打鍵感と合わせて軽快なフィーリングを味わえます。Nキーロールオーバー実行可能となっているので、MMORPGなど多彩なスキルを使用するゲームに向いています。バックライト搭載でキーの視認性もよく、見た目のメカニカルな雰囲気もバツグンです。

 

フルプログラミングが可能な34個のメカニカルキーにマクロ設定をすることで、複雑なキー入力を簡易化し操作性の向上を実現します。オンボードメモリ仕様なのでマクロの使い勝手もいいでしょう。

サイズ(約) 重量(約)
対応機器

青軸

主な機能と特徴

フルプログラミング可能キー34個

マクロ設定

Nキーロールオーバー 

8位 Lantoo『ゲーミングキーボード 片手 7色LEDバックライト付き usb有線 29キー 左手キーパッド (一年間保証付き)』

価格:2999円(税込)

入門用に最適!7色のバックライト装備

リーズナブルなので入門用ゲーミングキーパッドとしておすすめです。ゲーミングキーパッドはゲーミングキーボードのように場所を取らないので、マウスエリアが広くなる利点があります。バックライトは7色から選択可能で、見た目の演出も十分です。

 

スペースキーが押しやすい位置にあり、FPSをプレイするために必要なキーを使いやすくまとめたゲーミングキーパッドといえます。これからゲーミングキーパッドを購入しようかどうかと迷っている方は、使い心地を確かめる目的で購入してもいいでしょう。

 

 

サイズ(約) 238×158×39mm 重量(約) 789g
スイッチ

メカニカルスイッチ

主な機能と特徴

LEDバックライト

対応OS:Windows XP/Vista/7/ 8/10

1年保証付き

7位 Razer『Razer Orbweaver 左手用 メカニカル ゲーミングキーパッド 【正規保証品】 RZ07-00740100-R3M1』

価格:36800円(税込)

本物志向!20個のプロファイル 8方向サムパッド フルメカニカルキー

FPSをプレイするならキーボード&マウスが最適ですが、コンシューマーのゲーミングキーパッドに慣れているとキーボードのWSDAキーを使用した移動が難しく感じてしまいます。親指で操作する8方向サムパッドがゲーミングキーパッドのレバーの代わりを果たし、その問題を解決しています。

 

ゲームでの使用意以外に、ペイントソフトを使用するときの左手用デバイスとしても優秀なので実用性は高いでしょう。マクロを組むためのソフトが日本語に対応しているのも、使いやすさの点で評価が高い理由の一つです。

 

左手用デバイスを使う利点として、キーボードでは左手の動きが大きくなりがちですが、左手用のゲーミングキーパッドは集約されているため操作性が向上するメリットがあります

 

 

サイズ(約) 154×202×55mm 重量(約) 300g
スイッチ 青軸 主な機能と特徴

フルプログラム可能キー20個

最大20個のゲームプロファイル

バックライト

8方向サムパッド

6位 ホリ『【PS4 PS3 PC対応】タクティカルアサルトコマンダー M1 for PS4/PS3/PC』

価格:26480円(税込)

FPSにおすすめ!高速入力可能 アナログジョイスティック ウォークボタン装備

アナログジョイスティック装備なのでコンシューマー機から移行してきた人も、操作感覚に馴染みやすいでしょう。セットのマウスはスナイプとクイックの切り替えが可能なので、FPSで使いやすいゲーミングキーパッドとマウスのセットです。

 

パームレストは調整可能なので手の大きさや環境に合わせやすく、自由度の高い設計です。アサインとプロファイル機能が充実しており、キーストロークを25%カットしたことにより反応も向上しています。

サイズ(約) 重量(約)
スイッチ オリジナルスイッチ 主な機能と特徴

スナイプ操作機能

クイック操作機能

ウォークボタン

プロファイル機能

5位 Razer『Tartarus V2 メカメンブレン 左手用キーパッド 【日本正規代理店保証品】 RZ07-02270100-R3M1』

価格:9349円(税込)

操作性良好!8方向サムパッドとホイール、そしてマクロがが操作性を向上

フルアンチゴースト機能で誤動作を軽減できるので、RPGのように多彩なスキルを使用するゲームに向いています。便利な8方向パッドやホイールクリック対応のスクロールホイール実装で操作性も良好です。多彩な機能によりFPSでも真価を発揮するでしょう。

 

ショートカットやマクロにより複雑な操作を簡易化できるので、フレーム単位のシビアなプレイで差が出てきます。メカメンブレンのキーはソフトな打鍵感ながら確かな入力をサポートするので、操作状のストレス軽減にも繋がるでしょう。

 

 

 

 

サイズ(約)  ー 重量(約) 349g
スイッチ メカ・メンブレン機構 主な機能と特徴

フルプログラム可能キー32個

バックライト

フルアンチゴースト機能搭載

プログラム可能な8方向親指パッド&スクロールホイール

4位 Razer『Razer Tartarus Chroma メンブレン左手用キーパッド 【正規保証品】 RZ07-01510100-R3M1』

価格:9500円(税込)

ゲームでもペイントでも!工夫されたキー配置とボタン形状 フルアンチゴースト機能とマクロ機能

8方向パッドが装備されていますがアナログジョイスティックのようなものではなく、8方向設定可能なボタンと考えるといいでしょう。しかしレスポンスが非常にいいためアクション性は高くなっています。キーでの移動が苦手な方は8方向パッドの使用をおすすめします。

 

重すぎず軽すぎない打鍵感や操作性も良好で、どのボタンにも複合ショートカットをアサインできるのが魅力です。小指で使用するキーの位置を下げるなど細かい配慮がされているのも操作性の良さに繋がっていて、ペイントソフトでの作業効率を高めたい方にもおすすめできます。

サイズ(約) 重量(約) 372g
スイッチ  メンブレン 主な機能と特徴

フルプログラム可能キー25個

プログラミング可能な8方向サムパッド

フルアンチゴースト機能搭載

バックライト

3位 Razer『Razer Orbweaver Chroma マルチライティングメカニカル左手用キーパッド 【日本正規代理店保証品】 RZ07-01440100-R3M1』

価格:14362円(税込)

高いカスタマイズ性!8種類のキーマップをワンタッチ切り替え マクロとカスタマイズ可能なキー

Razerらしい拘りが見えるゲーミングキーパッドで、ゲームを快適に操作するための工夫が見られます。手の形状に合わせたボタン配置の他、アナログジョイスティックの代わりにもなる8方向サムパッドなど多くのファンがいます。

 

メカニカルキーの操作性は爽快感があり扱いやすいですが、打鍵音も大きめなのでご使用の環境を考慮する必要もあります。バックライトも1680万色のライティングパターンから選べるので、マクロだけではなく見た目も自分好みのアレンジが可能です。

サイズ(約) 202 x 55mm 重量(約) 395g
スイッチ  メカニカルグリーンスイッチ 主な仕様と特徴

カスタマイズ可能キー30個

8種類のキーマップをワンタッチで切替可能

2位 Razer『Razer Nostromo ゲーミング キーパッド 【正規保証品】 RZ07-00490100-R3M1』

価格:36800円(税込)

高い操作性と高度なコントロール!プログラミング可能キーとマクロ 直感的な操作が可能

高い操作環境を求めている方は要チェックです。人間工学に基づいたデザインは、直感的な操作性を高めています。カスタマイズ可能なキーやバックライト、そして扱いやすい8方向サムパッドはもちろんですが、スクロールホイールも装備されています。

 

ホイールの使い勝手はゲームのみならず、ペイントソフトでも十分な役割を果たします。高度なコントロールを可能にするマクロ機能など、実用性も高くゲームのジャンルに関わらず安定したプレイが可能になるでしょう。

サイズ(約) 184 x 59mm 重量(約) 249g
スイッチ 主な機能と特徴

プログラミング可能キー16個

8種類のキーマップ

プログラム可能な8方向サムパッド

バックライト

スクロールホイール

ゲームプロファイル最大20個

1位 ロジクール『【PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア】LOGICOOL ロジクール アドバンス ゲームボード G13r』

価格:49799円(税込)

オンボードメモリー搭載!高いカスタマイズ性と他を圧倒する情報量 アンチゴースト機能内蔵

オンボードメモリー搭載の本体は、マクロ機能の高いカスタマイズ性を持っています。最大75種類もの機能を割り当てることで、プレイ環境の強化をすることが可能になります。ミニジョイスティックは移動のみならず、マクロ機能でボタンとしての使用も可能です。

 

ゲームステータスやチャットメッセージを表示する機能など、情報量に圧倒的な差ができ有利な展開を広げるのに役立つでしょう。ボタン形状や配置に工夫が見られ、感触でホームポジションを見つけやすい他、手や指の負担を軽減することに貢献しています。

 

スピードと複雑なキー入力が求められる場面ではアンチゴースト機能がサポートしてくれるので、操作性も十分信頼できます。

サイズ(約) 243 x 41mm 重量(約) 1.68kg
スイッチ 主な機能と特徴

アンチゴースト機能

上下左右のボタン割り当て

プログラム可能Gキー25個

最大75種類の機能を割り当て可能

オンボードメモリー搭載

プログラム可能なミニジョイスティック

カスタマイズ可能バックライト

3年間無償保証

まとめ

いかがでしたでしょうか。ゲーミングキーパッドには形や大きさの他に機能もさまざまあり、それはゲームプレイに直結してきます。使用感はとても大切で、結果にも関わってきます。よくプレイするゲームの種類やゲーミングキーパッドの機能を確認しながら選ぶといいでしょう。自分にピッタリのゲーミングキーパッドを見つけて、プレイヤースキルを磨きませんか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ