記事ID132419のサムネイル画像

おすすめの焼き鳥のたれ人気ランキング12選【焼き鳥以外にも使える】

焼き鳥のたれは、甘辛で焼き鳥にはなくてはならない存在ですよね。焼き鳥のたれの味でお店の味もかなり違うのではないでしょうか。そんな焼き鳥のたれは、自宅でも楽しむことができます。今回は、おすすめの焼き鳥のたれをランキング形式にして紹介します。

焼き鳥のたれの魅力は?

焼き鳥に必用不可欠なのは、焼き鳥のたれですよね。もし、焼き鳥を自宅で美味しく作りたいなら、欠かせないですね。焼いた鶏肉に絡めるだけで、お店で売っているような美味しい焼き鳥の味を簡単に味わえます。定番の醤油味だけでなく、塩味や香ばしい味噌味もいいですね。焼き鳥に限らず、様々なレシピにも使え便利です。今回は、おすすめの人気の焼き鳥のたれをランキング形式に紹介します。参考にしてみて下さいね。

焼き鳥のたれの選び方

では、さっそく焼き鳥のたれについて紹介していきます。自宅で楽しめるサイズから、お店で使うような業務用のサイズまで様々です。自分の気に入った味のたれがみつかるといいですね。

何味が好き?ベースの味で、まずは選んでみよう。

焼き鳥のたれには、様々な味があります。どれを買ったらいいのか迷った時には、自分が醤油の甘辛系が好きなのか、塩のさっぱり系がいいのか、みそのコクがあるものを楽しみたいのかによって、選んでみたらいいです。まずは好きな物を見つけてから、他の物も試してみましょう。

定番の醤油系

「焼き鳥のたれ」と聞いて、一番に思い浮かべるのが、醤油の甘辛い味ではないでしょうか。焼き鳥屋さんの、甘辛だれは絶品ですよね。焼き鳥のたれを購入する時に、どれにしようか迷った時には、醤油系を選ぶと間違いありません。

 

そして、焼き鳥だけではなく、お肉や魚の照り焼きなんかにも、使えてレシピも増えて、お手軽に楽しめます。醤油系は1つはお家においておきたいですね。

さっぱり塩味の焼き鳥のたれ

塩味は、お店では「通」な食べ方で、醤油と同じように人気がありますよね。塩だれでたのしむと、焼き鳥の本来の味がグット引き立ち、それでいてあっさりと食べられるので、ついつい沢山食べてしましますね。市販の塩だれがすくないのが、残念ですね。自分で作れるといいですね。自宅で食べる時には、ちょっと高級な岩塩などにつけて食べるのもおすすめですよ。

めずらしい味噌味

焼き鳥のたれで、みそ味は、なかなか見ないのではないでしょうか。なので、お店でみかけた時は嬉しくなってつい購入してしまいますね。味噌味は、深いコクが味わえるので、焼き鳥との相性を楽しみたい人には向いています。

 

ですが、少し飽きてしまう場合もあるので、他の味のたれも用意しておくことを、おすすめします。醤油ベースで沢山たべて、たまに味噌味で変化をつけるという食べ方ですと、飽きずに沢山食べられますよ。

使えるレシピで選ぶ

焼き鳥のたれは、焼き鳥以外のも色々な料理に使えます。たれを上手に活用したレシピを見て、どんなたれを購入するか考えてみましょう。例えば、市販の醤油ベースの焼き鳥のたれを水で薄めてすき焼き風の鍋料理もできます。

 

薄めためた時に味が薄子感じれば醤油を足して、甘みが欲しければさらに焼き鳥のたれを足しましょう。野菜や厚揚げなどの炒め物にも手軽に使えて便利です。また、肉まき野菜のたれにしたり、豚丼のたれにしたり、様々な料理に使えます。

 

やはり相性がいいのは、鶏肉やネギ類です。丼などのご飯ものにも合うので、チャーハンの味付けにも使えて、いつもと違った味のチャーハンが味わえます。

使うサイズで選ぶ

焼き鳥のたれは焼き鳥が1本に対し、だいたい10g程度の分量が目安となっています。大人1人前を5本程度なら、およそ50gの焼き鳥のたれが必要です。5人家族の場合で計算すると1回で250g以上のタレが必要ですね。

 

 

少量で楽しみたい方

こうした使い切りの小さいタイプですと、必用な分だけ使えますし、味見をしたい時にはぴったりですよね。また、いろんな味も楽しめるのでおすすめです。1つ1つ包装されているので、傷む事などに気にしなくてもいいですね。

沢山使いたい方には

パーティーや、キャンプなどで焼き鳥を作る方は、沢山必用ですよね。そんな時には、このような業務用の大きなタイプがおすすめです。沢山入っているので、お得ですし、使いやすいですね。大きなたれを使う前には軽く容器を振って、たれを混ぜておきましょう。

 

この大きなたれを購入する前には、できたら小さいサイズのたれを購入して、味見をしてから大きいものを購入する事をおすすめします。失敗しないで、好きな味がみつかるといいですね。

賞味期限も確認しよう

焼き鳥は、お酒のおつまみにも最適ですよね。焼き鳥のたれをストックしておくと、急な来客時にもさっと作れるのでおすすめです。焼き鳥のたれには常温保存できる商品が多く、賞味期限が長いものもあるのでストックしておく事をおすすめします。

 

中には1ヶ月程度しか期限がない商品もあるので注意して下さいね。賞味期限がきれてしまうと、折角のおいしいたれが美味しく頂けない場合があります。ストックしておくのなら、あらかじめ賞味期限を確認して、期日をすぎてしまわないように気を付けましょう。

甘口か辛口で選ぼう

何を選んだらいいのか迷った時には、自分が甘口がすきなのか、辛口がすきなのかで選びましょう。ニンニクをきかせているものなどは、辛口のものもありますので、確認して下さい。お子様が食べるのであれば、甘口のほうが食べやすいです。

 

大人も一緒に食べる時には、たれを使い分けるか、山椒やトウガラシを振りかけて、味を調整してみるのもおすすめです。たれは、賞味期限も考えて使用しないといけないので、色々購入するより、家であるものを使い、工夫しながら使用するといいですね。

 

また、家で焼き鳥を作るのであれば、魚焼きグリルでの調理をおすすめします。予熱をして、途中で手前と奥の場所を入れ替えながら焼くと、お店ででてくるような感じになります。クシにはアルミホイルをして、焦げないようにしましょう。

おすすめ!人気の焼き鳥のたれ12選

12位 KNK『焼き鳥のたれ』

価格:595円(税込)

リピート続出!KNKのたれ

自社醸造の醤油は大豆も小麦もニンニクも青森県産のものを使用しており、本格的なやき鳥のたれです。うなぎの蒲焼や焼きおにぎり等にもおすすめです。焼き鳥なら約100本分も使えてコスパもいいです。手軽に楽しみたい方は、鶏肉をたれと炒めるだけでも美味しく頂けます。おいしさがギュッとつまったパックです。

 

原材料は、醤油(小麦を含みます)・砂糖、・果糖ブドウ糖液糖です。レビューを参考にさせていただきますと、この値段と容量で焼いたモノにか絡めるだけで美味しい料理になるのですごい!と、リピートしている方が多数います。


東北地方では普通にスーパーで売られているものの東京などでは入手が難しいタレですが、Amazonなら全国どこからでも注文でき、この味をどこでも味わえるのは凄い!と、高評価です。一度は試してみたいですね。

内容量550g
産地青森県

11位 兵庫ブランド『焼き鳥のたれ塩こうじ』

価格:2460円(税込)

美容にも良い塩麹で、焼き鳥も柔らかく美味しい!

塩麹を使用した焼き鳥のタレです。漬け込むと旨みが増し、柔らかいお肉になります。 綺麗な焼き色もつき、照りも加わる万能ダレです。こうじの香りが食欲をそそりますよ。使用方法は、肉200gを本品50gで1~2時間ほど付け込んでから焼くと、柔らかく仕上がります。

 

焼いたあと、又は焼きながらたれをつけて食べると、こうじの良い香りがして、なお美味しく感じられます。塩麹には、酵素がふくまれているので、ダイエットにも効果があります。美容にもいい塩麹で、体によく美味しく調理できるなんて嬉しいですよね。

 

気を付けたい事は、塩分が含まれているので、食べ過ぎには注意して下さい。原材料は、蛋白加水分解物・砂糖・塩こうじ・清酒・醸造酢・食塩・香辛料・調味料(アミノ酸)・増粘剤(加工でんぷん・増粘多糖類)などです。

内容量1000ml×2
産地日本

10位 丸正醸造 『特選美味だれ』

価格:1380円(税込)

にんにくが効いてる美味だれ

昔から信州上田地方では、なじみ深いご当地グルメのたれです。焼き鳥にかける、にんにくが入った醤油ベースのたれで、信州産丸大豆醤油に刻みにんにくをたっぷり効かしています。にんにくの風味が効いていて、お酒のおつまみにもぴったりです。焼き鳥にかけると、ついつい沢山食べたくなってしまう美味しさです。

 


レビューを参考にさせていただきますと、甘めのたれで、ニンニクが好きな方にはお勧めのようです。鶏肉、豚肉、牛肉、ラム肉など、お肉によく合うようです。焼き鳥だけではなく、他のお肉にも美味しく使えるので、おすすめですね。

内容量200ml
産地長野県

9位 エバラ『焼き鳥のたれ業務用』

価格:1598円(税込)

エバラのおいしい焼き鳥のたれ

鶏肉に絡み易く、照りがつきやすいので、見栄えの良いおいしい焼き鳥ができます。
原材料は、醤油・砂糖・アミノ酸液・発酵調味料・コーンスターチ・りんご・食塩・カラメル色素・増粘剤(キサンタンガム) です。


レビューを参考にさせていただきますと、食べだすと止まらないく、美味しいですという声が多いです。また、スーパーで売っている240gの約7倍入っていて、値段は約3倍なので、お得に使えるようです。家でおいしい焼き鳥を楽しめたら、外食代も浮くのでいいですね。

内容量1650g
産地神奈川県

8位 ヒガシマル『たれ落ちにくい焼き鳥のたれ』

価格:1350円(税込)

醤油だけではないヒガシマル

生肉はもちろん解凍肉でも美味しく、しっかりとした味つけができます。たれが肉によくからみ、保湿性に優れ、照りよく仕上がります。本醸造淡口しょうゆを使い、焼き色がしっかりとつく光沢のある仕上がりになります。

 

また、焼いた後の上だれとしても利用できます。原材料は、ぶどう糖果糖液糖・しょうゆ(本醸造)・還元水飴・砂糖・食塩・醸造酢・チキンオイル・ 食用油脂・酵母エキス・香辛料・増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)・アルコール・ カラメル色素・結晶セルロース・香料です。

内容量2.1kg
産地不明

7位 宝醤油『宝印おいしい焼き鳥のたれ』

価格:780円(税込)

甘めで人気の味

醤油をメインとした商品開発を手掛ける宝醤油の焼き鳥のたれは、本醸造醤油を使用しています。とろみがるので、肉と絡みやすく、艶のある照りで食材をコーティングしてくれます。高い粘度で照明に映える色艶を長時間維持してくれます。

 

冷めても艶を持続してくれるので作り置きはもちろん、お弁当にも使えておすすめです。お子様からご年配の方まで、幅広い世代から好まれる甘めの味なのもおすすめです。

内容量1ℓ
産地日本

6位 盛田『イチミツボシ焼き鳥のたれ』

価格:546円(税込)

少量で使いやすい

本醸造こいくちしょうゆにたまりしょうゆをブレンドしてあり、コクのあるしっかりとした、うまみのある焼鳥のたれです。色照り良く仕上がり、たれがしっかりと絡むので、焼鳥をおいしく食べられます。120gの小瓶タイプなので、邪魔にならない使い切りサイズで、余ってしまって使い道に困るということがありません。

 

一人暮らしの方や、少量だけ使いたい方におすすめです。甘みが強いのでご飯との相性も抜群です。焼き鳥丼にもおすすめです。そのままでも十分とろみがありますが、仕上げにもう一度火を通すことでさらに艶と照りが増すのでぜひ試してみて下さい。

 

原材料はしょうゆ・砂糖混合ぶどう糖果糖液糖・砂糖・たんぱく加水分解物・米発酵調味料・水あめ・でん粉・増粘剤(加工デンプン)・調味料(アミノ酸等)・カラメル色素などです。

内容量120g×4
産地不明

5位 日本食研究『焼き鳥のたれ』

価格:970円(税込)

子供も喜ぶ焼き鳥のたれ

日本食研から発売されています「焼き鳥のたれ」は、本みりんを使用していて、自然な艶と照りが出るので焼き上がりの見栄えが良く、まろやかな甘さとコクのある美味しい焼き鳥ができるのでおすすめです。

 

オーブンや魚焼きグリルなどを使えば、炙り焼きや照り焼きチキンにも活用でき、様々なレシピに活用できます。使いやすい容器と、無駄が出にくい容量もおすすめです。原材料は、醤油・砂糖・水飴・本味醂・食塩・醸造酢・酵母エキス・増粘剤(加工澱粉)・調味料(アミノ酸等)・カラメル色素などです。

 

フライパンで焼くときは、焼き鳥を焼いたあとにフタを取って強火にし、鳥串に本品をからめて軽く煮詰めれば完成です。レビューを参考にさせていただきますと、忙しいときには手間がかからず、簡単に料理でき、子供が好きな味のようです。

内容量210g×3
産地日本

4位 しげいち『みそキング』

価格:1150円(税込)

辛味がいい!味噌味

福岡の味噌にゴマ油、ニンニク、唐辛子をミックスした辛味噌調味料です。焼肉のたれ、野菜のディップソース、焼き鳥、炒め物全般などに良く合います。使える料理は沢山あり、焼肉のもみダレミンチと一緒に炒めた、そぼろや、鶏モモ肉と味噌王を混ぜてソテー、焼きおにぎりにしたり、美味しく楽しめます。

 

レビューを参考にさせていただきますと、野菜のディップ、炒め、焼き飯などなんにでもあうようです。プレゼントされても喜ばれるようです。夏バテぎみの時でも、辛味が効いていて、食欲がそそられるようです。容量も使い切れる量で、無駄なく使用できますね。

内容量150g×2
産地福岡

3位 モランボン『フライパンで焼き鳥のたれ』

価格:1944円(税込)

コスパもいい焼き鳥のたれ

モランボンの「フライパンでやきとりのたれ」は、ネギの風味と黒砂糖のコクが特徴です。唐辛子を使用しているのでキリッとした味で、おつまみに最適な焼き鳥を作れるのでおすすめです。使いきれる程よいサイズ感も、無駄が無いので購入しやすく、コストパフォーマンス的に良いので、リピーターが多いです。

 

家庭で手軽にやきとりが作れる、ねぎの風味と黒胡椒のコクが味わえる焼き鳥のたれは、一度は試してみたいですね。原材料は醤油・糖類(異性化液糖、砂糖)・醗酵調味料・食塩・チキンエキス・唐辛子・増粘剤(加工澱粉)・カラメル色素・調味料(アミノ酸等)です。

内容量180g×10本
産地不明

2位 ダイショー『やきとりのたれ』

価格:3520円(税込)

隠し味に味噌が入ってる

醤油ベースにざらめ糖を使用しており、コクのある焼き鳥の味に仕上がります。照りの良さはもちろんですが、炭火で焼いたような香ばしさを感じることができ、本格的な味になります。隠し味として味噌が入っているため、深みのある味でおすすめです。

 

おつまみに困ったとき、手軽に串に刺さなくても鶏肉をサッと炒めて絡めるだけで一品作る事もでき便利ですね。鶏肉と長ネギに本品をからめて炒めるだけで手軽におつまみが出来上がり。よく混ぜてから使いましょう。使いやすい量で20本入りと、お得ですね。

 

原材料は、しょうゆ・果糖ぶどう糖液糖・ざらめ糖・発酵調味液・みそ・食塩・香辛料・酒精・増粘剤(加工デンプン、キサンタン)・調味料(アミノ酸)・カラメル色素・甘味料(ステビア)です。

内容量180g×20本
産地不明

1位 エバラ『焼き鳥のたれ』

価格:650円(税込)

焼き肉だけじゃない、エバラの焼き鳥のたれ

スーパーなどの調味料売り場で見かけることが多い「エバラのやきとりのたれ」ですが、焼き肉のたれだけではなく、焼き鳥のたれも美味しいのです。ざらめ糖を使ってコクのある味に仕上がっていて、甘すぎずお酒のおつまみにぴったりの焼き鳥が作れるので、おすすめです。

 

鶏肉とネギを痛めてご飯に乗せれば簡単に焼き鳥丼ができ、忙しい主婦にはぴったりですね。野菜炒めのたれとして使用したり、お弁当のおかずにもおすすめです。アレンジしやすい味付けですので、砂糖や料理酒などの調味料を足したりして、魚の照り焼きや、照り焼きハンバーグのたれなど幅広いレシピに活用できます。

 

コンパクトなので、使い切りやすく、無駄がでないですね。。原材料は砂糖・アミノ酸液・醤油・ざらめ糖・発酵調味料・醸造酢・食塩・レモン果汁・増粘剤(加工でん粉・キサンタンガム)・カラメル色・香料(原材料の一部に小麦を含みます。)。

内容量240g
産地日本

まとめ

焼き鳥のたれは、美味しい焼き鳥を家で楽しむには必用不可欠です。定番の醤油から、珍しい味噌味も紹介しましたが、気になるものは見つかりましたか?お家で、焼き鳥を手軽に楽しめたら、外食の費用も抑えられますよね。気になる焼き鳥のたれは、少量から試してみましょう。自分でも気に入ったら業務用などのお得に沢山使えるものを購入してもいいですね。また、余ったたれも使い切れるように、レシピも考えておきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ