記事ID132397のサムネイル画像

【おつまみやおやつに!】おすすめビーフジャーキー人気ランキング10選

牛肉を乾燥させ、肉の旨みをギュッと濃縮したビーフジャーキーは、その濃い味付けから、酒のツマミとして定番ですが、長期保存もできることから、非常食としても注目されています。そんなビーフジャーキーのおすすめを10選で紹介します。

ビーフジャーキーの魅力とは?

ビーフジャーキーと言えば、あのしっかりした噛みごたえに、凝縮された肉の旨みを感じることができる、濃い目の味付けが魅力的な食べ物です。そのため、特にお酒との相性が抜群で、今でもおつまみの中ではトップクラスの人気を誇っています。

 

また、牛肉を乾燥させて作られている食べ物なので、長期保存が可能な上、大抵は脂身の少ないもも肉やタンを使用して作られていることが多いことから、非常食やダイエット等における、貴重なタンパク源としても注目されています。

 

今回の記事では、鉄板の商品から、あまり市場では見かけない珍しい商品まで、幅広くご紹介していきます。ビーフジャーキーの選ぶポイントも詳しく解説しますので、是非お気に入りの一品を探してみてください。

ビーフジャーキーは固い?

おいしくてついつい手が止まらなくなるビーフジャーキー。噛めば噛むほど味が出るから、食べ続けてると顎が痛い……なんてことありますよね。でも、中には食感が柔らかいビーフジャーキーもあるんです。

 

固いビーフジャーキーもような肉肉しさも残しつつ、食べやすいように噛みやすく、しっとりした商品。特にビーフジャーの切れ端は、比較的柔らかくて噛みやすいので、食べやすくておすすめです。また、後ほど紹介する「おすすめ10選」では、商品の食感も比較しているので、そちらもチェックしてみてください

 

ビーフジャーキーの固さは人それぞれ好みがあります。ご自身好みのビーフジャーキーを見つけてみてください。

 

 

ビーフジャーキーのカロリーは高い?

おつまみにぴったりなビーフジャーキーのカロリーは、商品によって若干の異なりはありますが、だいたい100g280kcal。ごはん一杯分(150g)のカロリーが250kcal前後なので、白米よりもカロリーは高めですが、ビーフジャーキー100gは一人で食べるにはかなり多く、50gで一袋程度です。なので、ビーフジャーキーは決して太る食材ではありません

 

しかも、ビーフジャーキーはたんぱく質が高い、低カロリー高たんぱく質食材。筋トレ減量中の方にもおすすめです。また、咀嚼回数が多いので満足感があり、間食としても優秀です。

 

ただ、味の濃さからわかる通り塩分が高いので、食べ過ぎるとむくみやすくなります。太りにくい食材ではありますが、食べ過ぎには注意しましょう

ビーフジャーキーの選び方

ビーフジャーキーの命は「肉」

ビーフジャーキーの全てを決めるのは、ズバリ、メイン素材である牛肉であると言っても過言ではありません。様々な産地や部位によって、その特徴は千差万別です。

部位によって、食感も味わいも違う

ビーフジャーキーで使用される部位で、最も多いのがもも肉です。もも肉は脂身が少なく、肉の味がギュッと詰まっている赤身の味を濃縮させて作られており、噛みごたえも味も、最も肉感を感じることができる部位です。

 

次に多いのが、タンの部分です。タンも比較的肉感の強い部位なので、もも肉に負けない噛みごたえと肉感を感じることができますが、もも肉に比べると取れる量が少ない分、割高になることが多いです。

 

他にも、脂身とのバランスが良いバラ肉や、中にはリアルな高級ステーキをビーフジャーキーで再現したものなど、徹底した肉へのこだわりが見える商品もあります。

産地によっても肉質が変わる

ビーフジャーキーに使われる肉の産地は、外国産のものが多いです。外国産の肉の特徴は、噛みごたえが有り、しっかりとした肉の味を楽しむことができるので、ビーフジャーキーに向いているものが多く、その特徴を十分に活かしています。

 

また、国産の和牛を使用したビーフジャーキーもあり、外国産のものに比べると、肉質が柔らかく、上品な味に仕上がっているものが多いです。ただ、どうしてもコスパの面では外国産のものには劣るので、ワンランク上の贅沢なビーフジャーキーを楽しみたい時にはおすすめです。

味付けで個性を出す

素材によって食感や肉の味が変わってくると言いましたが、その素材を引き立てる味付けも重要です。肉の味が強い分、肉のクセを和らげ、旨みをより引き立てているビーフジャーキーは、多くの方に好まれている傾向にあります。

濃い味付けで、酒のツマミに!

ビーフジャーキーと聞いてイメージするのが、しっかりした噛みごたえに、濃い味付けのものではないでしょうか。肉の味が凝縮されている分、その肉の味を消さないように、実際のステーキに近いような、スパイシーで濃い味付けのものが定番です。

 

中には、より酒のツマミになることを意識し、ピリッとした辛味をつけたり、コショウをより効かせるなど、本格的な味付けをしている商品もあります。様々なお酒との相性を徹底的に追求しているビーフジャーキーもあり、もはやおつまみというより、一品料理に近い感覚となっています。

あえてシンプルな味付けで

和牛のような上質でまろやかな味の肉を使用する場合は、あえてその素材の味を生かすために、シンプルな味付けで勝負しているものもあります。味でごまかしが効かない分、素材には絶対の自信を持っている証拠でもあるので、肉の味をより楽しみたい場合は、こういった味付けのものを選ぶのもアリです。

噛みごたえも千差万別

ビーフジャーキーと言えば、すぐには噛み切れない、しっかりした歯ごたえが定番です。そのハードな食感とは裏腹に、女性や高齢者の方にも美味しくいただけるよう、ホロホロとした食感のビーフジャーキーも出回っています。

 

先ほどご紹介した産地だけでなく、自社独自の製造方法によって、食感にも様々な個性が出ています。

しっかりとした噛みごたえ!

乾燥して作られたビーフジャーキーは、その噛みごたえは抜群です。更に、噛めば噛むほど、その肉の味を楽しむことができるので、あえて厚切りに仕上げ、その肉の味をいつまでの楽しむようにできている商品もあります。

ホロホロと柔らかに仕上げ、幅広いユーザー向けに

ただ、歯やあごの弱い方々にとっては、噛みごたえのあるビーフジャーキーは、食べたくても食べられない食品となってしまいます。そこで、口の中でほどけるような、柔らかな食感に仕上げた商品も登場し、幅広いユーザーにもおすすめできるビーフジャーキーも出回っています。

厚みにも注目

ビーフジャーキーは、その厚みにも色々あります。より肉感をしっかり味わってもらうために、分厚くカットされているものもあれば、極限まで薄くし、誰にでも食べやすく仕上げているものまで色々です。

 

ただ注意して欲しいのが、「分厚いから噛みごたえがある」「薄いから噛みちぎりやすい」とは限らない、という点です。分厚くても噛みちぎりやすく加工されているものもあれば、薄くても噛みごたえ十分に仕上げているものもあるので、厚みだけで噛みごたえを判断しないように気をつけてください。

ビーフジャーキーのおすすめ人気ランキング10選

第10位

秋田オリオンフード

牛タンジャーキー

価格:420円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産牛タンの旨味を感じられる上質な一品

秋田オリオンフードという、あまり聞きなれない会社の開発したビーフジャーキーですが、実はこの会社は国内で初めてビーフジャーキーの製造・販売をしたという、ビーフジャーキーのパイオニアであり、原料は全て国内のモノを使用しているというこだわりを持つ老舗です。

 

今回ご紹介する牛タンジャーキーは、牛タンのしっかりとした歯ごたえを感じながらも、牛タンに含まれている上品な脂の美味さも感じることができるという逸品です。和風醤油という優しい味付けも、幅広いユーザーに人気があります。

 

リピート率の高い商品で、一度手に取って食べていただいた方は、「次も必ず買う!」「もっと買っておけばよかった!」という口コミをよく見かけるほど。量は少ないですが、ハイクオリティなビーフジャーキーを楽しめる、おすすめの商品です。

内容量25g 食感しっかり
製造国内特徴国産牛タンの旨味たっぷり
第9位

マリアニ

ソフトビーフジャーキー

価格:1,590円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外では定番のソフトなビーフジャーキー

コストコでも見かけることがある、大容量がウリの外国産ビーフジャーキーで、マリアニのロングセラー商品となっています。原料の肉は、日本でもお馴染みのオージービーフを使用しており、比較的手に取りやすい商品となっております。

 

味はコショウをやや効かせてはいますが、全体的には甘めの味付けとなっていて、食べやすく仕上がっています。肉は厚めにカットされていながら、ソフトな柔らかさに仕上がっており、肉の味を十分に楽しむことができます。

 

何よりその分量が多いため、コスパの面では他のビーフジャーキーよりも一歩頭が出ています。味付けにやや好みが分かれますが、普段食べるビーフジャーキーを選ぶ際は、コスパ重視のこちらの商品がおすすめです。

内容量255g食感ソフト
製造オーストラリア特徴コスパ重視のソフトタイプ
第8位

ローカルレジェンド

ビーフジャーキーオリジナル

価格:896円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オージービーフの旨味を堪能できる一品

オーストラリアの広大な大地で育てられた牛を使ったビーフジャーキーで、安心安全をウリにしている商品です。もも肉を使用しており、食べごたえは十分ながら、肉の味も楽しむことができるソフトタイプに仕上がっています。

 

味付けは甘めに仕上がっているので、お酒を飲む方にはパンチが足りない味かもしれませんが、普段のおやつ等で食べる際には、手軽に食べられる味となっています。オージービーフの赤身の美味さも、噛めば噛むほど味わうことができます。

 

オーストラリア産のビーフジャーキーは、全体的にソフトに仕上がっているので、肉の味が特に強い外国産の長所を、良く引き出せている一品です。オージービーフの旨味を味わえる、おすすめの一品です。

内容量75g食感ソフト
製造オーストラリア特徴肉の旨味を味わえるソフトタイプ
第7位

天狗ハム

北陸だよりビーフジャーキー

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材の味重視のシンプルなビーフジャーキー

地元石川県では有名なメーカーで、肉本来の素材の味を大切に製造・加工することを重視しているので、味付けはシンプルながら、肉の旨味を十分に味わうことができる絶妙な加減が特徴のビーフジャーキーです。

 

日本人好みの醤油ベースの味付けで、少し甘めに仕上げてはいますが、比較的あっさりとした味付けにしており、肉の味を大切にしています。食感も厚めに仕上げているので、その食べごたえも十分。売り切れることもあるという人気商品です。

 

内容量は少なめですが、肉の味を楽しめる上品な一品に仕上がっているので、ちょっとワンランク上のビーフジャーキーを楽しみたいという方には、おすすめの一品です。また、同社では更に上質な能登牛を使用したビーフジャーキーも売られており、肉へのこだわりは他の追随を許しません。

内容量20g 食感しっかり
製造国内 特徴素材の味重視のあっさり味
第6位

ヤガイ

ヤガイ Nippon Quality 極厚ビーフジャーキー

価格:992円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量たっぷりのワイルド系ビーフジャーキー

安心安全をウリにしている国産メーカーで、スーパー等でも、なとりに並んでよく見かけるメーカーの一つです。Nippon qualityとまで謳っているほど、この商品にかける自信を感じます。

 

肉の大きさは、切りたてのワイルドさをウリにしているせいか、バラつきがあるものの、全体的に厚めにカットされています。ただ、厚みがありながらその食感は比較的ソフトで、誰でも手軽に食べられるようになっています。

 

味はスパイシーな醤油味で、特に酒のおつまみにはピッタリの商品です。容量も100gとたっぷり入っているので、一つ買っておけば、酒の席では一緒にシェアしながら食べることができるので、特に複数人で楽しむ時等でおすすめできる商品です。

内容量100g 食感比較的ソフト
製造国内特徴ガッツリ系のたっぷりジャーキー
第5位

テング

ビーフステーキジャーキー

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビーフジャーキーを代表する王道の一品

ーフジャーキーのブランドとしては人気のある「テング」ですが、そのテングの看板商品が、今回ご紹介するビーフステーキジャーキーです。なんと、発売から40年以上もの歴史を持ちながらも、今でも多くの方から支持されている商品となっています。

 

発売当初からの変わらぬ醤油ベースの味付けを守りながら、厳選された牛もも肉を使用したビーフジャーキーは、パンチのある味わいとしっかりとした噛みごたえで、正しくビーフジャーキーを代表する、王道の商品です。

 

そのしっかりした噛みごたえとパンチのある味わいは、特にお酒との相性が抜群で、醤油ベースの味付けと、厳選された肉の味わいは、様々なお酒とも絶妙にマッチします。お酒のツマミとしては特におすすめしたいビーフジャーキーです。

内容量100g食感しっかり
製造国内特徴王道を行くザ・ビーフジャーキー
第4位

伍魚福

焼肉たむらの肉で作ったジャーキー

価格:595円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まるで焼肉のようなビーフジャーキー

西日本に拠点を構える、珍味をウリにしているメーカーの伍魚福ですが、その伍魚福が、人気焼肉店である「たむら」とコラボして作られたビーフジャーキーが、今回ご紹介する商品です。「たむら」監修のもとで、試行錯誤して作られた一品です。

 

最大の特徴は、「まるで焼肉を食べているかのよう」な食感と味付けです。強めの味付けが多いビーフジャーキーですが、焼肉のたれで味付けされているその味わいは、日本人好みの味付けに仕上がっており、リピーターも多いです。

 

テレビでもおすすめされるほどの人気商品で、食感や炭火焼感まで忠実に再現したこの商品は、かなりのこだわりを感じられます。やや値段が高めなのが欠点ですが、食べたユーザーからは口々に好評をいただいているほどのクオリティーなので、是非一度はご賞味いただいて欲しい、おすすめの一品です。

内容量29g 食感しっかり
製造国内特徴まるで焼肉の新感覚ジャーキー
第3位

石垣食品

ビーフジャーキー 極うす

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に食べられる柔らかジャーキー

「健康な食生活を提供する」をコンセプトとしている石垣食品は、幅広い方々に好んでいただける製品を色々と開発していきています。ビーフジャーキーだけでも多くの種類があり、様々なニーズに応えている商品が数多く並んでいます。

 

石垣食品のビーフジャーキーは、肉特有の臭みを消し、旨味を引き立たせるために、桜材を使用し、2度燻製をして仕上げる「W燻煙(ダブルくんせい)仕立て」という製法により、噛むほどに肉と燻製の風味を味わうことができます。更に、レギュラーサイズのジャーキーを薄く伸ばすことで、誰でも手軽に食べられる、ソフトな食感に仕上がっています。

 

これらの風味を生かすために、味付けはシンプルな醤油味に仕立てています。子供や高齢の方でも気軽に食べられるほどの柔らか食感に仕上がっているので、幅広い方々におすすめできる商品です。

内容量10g食感とても柔らか
製造中国特徴誰でも気軽に食べれるジャーキー
第2位

ジャックリンクス

ビーフジャーキー オリジナル

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界ナンバー1ブランドのジャーキーの王者

世界一のビーフジャーキーブランドとして有名なジャックリンクスは、創業者の祖父が残したレシピに基づいた、伝統的なビーフジャーキーが評判となって、一大ブランドとなりました。安心安全な、ニュージーランド産の牛もも肉を100%使用したビーフジャーキーが特徴です。

 

肉厚ながら醤油ベースのしっかりした味わいは、多くの方々に今も愛され続けています。ヘルシーで高タンパクなそのビーフジャーキーは、大人から子供まで幅広い世代から好評の商品です。

 

もちろん、ビール等のお酒との相性も抜群で、シーンや場所を問わない万能な商品です。昔から愛され続けている王道のビーフジャーキーは、安定した品質を味を守り続け、今でも世界トップクラスのシェアを誇っています。

内容量100g食感しっかり
製造ニュージーランド 特徴ビーフジャーキーを代表する一品
第1位

なとり

THEおつまみBEEF厚切ビーフジャーキー

価格:391円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肉感にこだわった、安定のビーフジャーキー

栄えある第1位は、おつまみメーカーの中では絶対的な安定感を誇る、「なとり」の「The おつまみ BEEF 厚切りビーフジャーキー」です。コンビニでもよく見かける商品で、いつでも手軽に手に入るところも強みです。

 

最大の特徴は、厚みのある肉感を感じながらも、ちぎりやすく食べやすさにこだわった、なとり独自の「スチームロール製法」で仕上げた食感です。その絶妙な食感は、柔らかすぎず、食べごたえを感じながらも、噛みちぎりやすくできているので、ストレスなく食べることができるというこだわりの一品です。

 

とにかく肉感にこだわったこのビーフジャーキーは、食べごたえと食べやすさを両立させた一品として、多くのユーザーからリピートされているほど人気の商品です。ビーフジャーキーの中でも、自信を持っておすすめできる一品です。

内容量41g食感肉厚ながらちぎりやすい
製造国内特徴肉感を重視した食べごたえある一品

ビーフジャーキーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5036202の画像

    なとり

  • 2
    アイテムID:5036198の画像

    ジャックリンクス

  • 3
    アイテムID:5036196の画像

    石垣食品

  • 4
    アイテムID:5036190の画像

    伍魚福

  • 5
    アイテムID:5036187の画像

    テング

  • 6
    アイテムID:5036184の画像

    ヤガイ

  • 7
    アイテムID:5036183の画像

    天狗ハム

  • 8
    アイテムID:5036178の画像

    ローカルレジェンド

  • 9
    アイテムID:5036159の画像

    マリアニ

  • 10
    アイテムID:5036153の画像

    秋田オリオンフード

  • 商品名
  • THEおつまみBEEF厚切ビーフジャーキー
  • ビーフジャーキー オリジナル
  • ビーフジャーキー 極うす
  • 焼肉たむらの肉で作ったジャーキー
  • ビーフステーキジャーキー
  • ヤガイ Nippon Quality 極厚ビーフジャーキー
  • 北陸だよりビーフジャーキー
  • ビーフジャーキーオリジナル
  • ソフトビーフジャーキー
  • 牛タンジャーキー
  • 特徴
  • 肉感にこだわった、安定のビーフジャーキー
  • 世界ナンバー1ブランドのジャーキーの王者
  • 手軽に食べられる柔らかジャーキー
  • まるで焼肉のようなビーフジャーキー
  • ビーフジャーキーを代表する王道の一品
  • 容量たっぷりのワイルド系ビーフジャーキー
  • 素材の味重視のシンプルなビーフジャーキー
  • オージービーフの旨味を堪能できる一品
  • 海外では定番のソフトなビーフジャーキー
  • 国産牛タンの旨味を感じられる上質な一品
  • 価格
  • 391円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 595円(税込)
  • 900円(税込)
  • 992円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 896円(税込)
  • 1590円(税込)
  • 420円(税込)
  • 内容量
  • 41g
  • 100g
  • 10g
  • 29g
  • 100g
  • 100g
  • 20g
  • 75g
  • 255g
  • 25g
  • 食感
  • 肉厚ながらちぎりやすい
  • しっかり
  • とても柔らか
  • しっかり
  • しっかり
  • 比較的ソフト
  • しっかり
  • ソフト
  • ソフト
  • しっかり
  • 製造
  • 国内
  • ニュージーランド
  • 中国
  • 国内
  • 国内
  • 国内
  • 国内
  • オーストラリア
  • オーストラリア
  • 国内
  • 特徴
  • 肉感を重視した食べごたえある一品
  • ビーフジャーキーを代表する一品
  • 誰でも気軽に食べれるジャーキー
  • まるで焼肉の新感覚ジャーキー
  • 王道を行くザ・ビーフジャーキー
  • ガッツリ系のたっぷりジャーキー
  • 素材の味重視のあっさり味
  • 肉の旨味を味わえるソフトタイプ
  • コスパ重視のソフトタイプ
  • 国産牛タンの旨味たっぷり

超簡単!ビーフジャーキーのアレンジレシピ

ビーフジャーキーは味が濃いので、ごはんのおかずになりそう……と思ったことはありませんか?そこで、ビーフジャーキーを使った簡単アレンジ方法をご紹介します。買ったビーフジャーキーが固すぎて食べられない、なんて方はトライしてみてください。

パスタ・炊き込みご飯の具材に!

いちばんおすすめなアレンジは、パスタや炒飯、炊き込みご飯の具材として混ぜる方法。ビーフジャーキーをハサミで好みの大きさに切って混ぜます。味が濃いので、手軽なお肉として大活躍。

 

パスタや炒飯の場合は、フライパンで炒めるときに一緒に炒めましょう。ほどよくしなってちょうどよい食感になります。炊き込みご飯は、一口大に切って炊き込むと、濃い味がお米にしみわたります。

 

野菜炒めとして、もやしやキャベツと炒めてもおいしくなります。いつものレシピにビーフジャーキーを入れて、簡単アレンジレシピを楽しみましょう。

肉じゃが、ジャーマンポテトなど、お芋でアレンジ

味の濃いビーフジャーキーは、ジャガイモ料理と相性抜群です。とくにおすすめはジャーマンポテト。簡単に調理できるので、初心者の方にもおすすめです。

 

ジャガイモを一口大に切ったら、少し水を入れ、ラップをかけて電子レンジで5分程度加熱します。柔らかくなったジャガイモをバターをひいたフライパンに投入し、玉ねぎ、ビーフジャーキーと炒めます。玉ねぎが透明なあめ色になったら、塩コショウで味付けして完成です。

 

他にも、肉じゃがやポテトサラダなど、とにかくジャガイモとビーフジャーキーは相性がいいのでおすすめです。ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事はこちら

まとめ

ビーフジャーキーのおすすめ10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ビーフジャーキーは世界各国でも愛されている食品なので、国内においても、外国産のビーフジャーキーを多く見かけると思います。それぞれに様々な特徴がありますので、シーンや自分の好みに合わせて、この記事を参考にしながら、ピッタリのビーフジャーキーを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ