記事ID132386のサムネイル画像

人気天井スピーカーおすすめランキング10選!多機能搭載したものも

天井スピーカーは設置スペースを気にする必要がありません。光、音楽、プロジェクターなど様々な機能を搭載したスピーカーも多くあり使用用途によって選び方が変わります。ここではおすすめする天井スピーカーをランキング形式で特徴ごとに紹介しています。

天井スピーカーとは?

天井スピーカーはその名の通り天井に設置が可能なスピーカーです。スピーカーはイヤホンより迫力があるので音楽や映画を音から楽しみたい人におすすめです。通常のスピーカーであれば場所を取ってしまうので置き場所に困ってしまうでしょう。天井スピーカーは天井に設置することになるので置く場所に困るということがなくなります。部屋のスペースを気にしなくていいので気にせず導入できるのです。

 

スピーカとしての役割を果たすだけでなく、様々な色の光で楽しませてくれるものであったり、プロジェクターを搭載した画期的な天井スピーカーがあったりと豊富な機能が搭載しているものもあります。今回は、天井スピーカーの人気おすすめランキングを紹介し、それぞれの特徴や選び方のポイントを紹介していきます。

天井スピーカーの選び方

アンプが必要なタイプや取り付けが容易な天井スピーカーなど、選ぶポイントはいくつかあります。他にも吊り下げ設置型や埋め込み型、そしてBluetooth対応のシーリングライト一体型と多様なタイプが存在します。

アンプが別途必要なタイプもある

天井スピーカーにはスピーカーが内蔵されているものと別途必要なものと2種類あります。そのため、アンプを用意しておかなければ音が出ないという事態になるので必要かどうか確認しておきましょう。

別途アンプが必要なパッシブスピーカー

別途アンプがないと音を鳴らすことができないスピーカーをパッシブスピーカーと呼びます。そのため、音楽再生機器であるスマホなどを接続しても使用することができないのです。別途アンプを用意しなければいけないという点は面倒かもしれませんが、音質や迫力などといった性能面が優れています。アンプの性能にも大きく左右されますが、安価なアンプであっても相性次第で味のある音楽を鳴らすことが可能なのです。

 

パッシブスピーカーはパソコンなどで使用するより、リビングでゆったりとしたい際に使用するといいでしょう。なぜなら、迫力ある音楽を表現することに特化しているのでパソコン周りでは有効に活用できないからです。不向きではありますが、パソコン周りに設置することを目的にしたアンプを選ぶことで迫力を抑え、パソコン用途に最適なものにすることもできてしまいます。自分好みの音を再現したい人はこのパッシブスピーカーを選ぶといいでしょう。

アンプ内蔵のアクティブスピーカー

一方のアクティブスピーカーは、すでにアンプが内蔵されているので別途アンプを用意する必要がありません。アンプを用意する必要がないので設置場所に困らないうえ、用意する手間もかからないので簡単に使用することができることが特徴となっています。

 

USB給電のみで動作するタイプのアクティブスピーカーが多いイメージがあるかもしれませんが、本格的になるとコンセントの電力を必要とするスピーカーもあるので注意が必要です。パッシブスピーカーは音楽や映画を楽しむ際におすすめでしたが、アクティブスピーカーはその反対でパソコン周りに特化しています。迫力を楽しむというよりは、小さな音でも聞きやすくクリアな音質となっているのです。

 

最近のアクティブスピーカーはBluetoothスピーカーであることが多いです。バッテリー駆動式で使用できるタイプも多いのでモバイル対応の天井スピーカーは増え始めています。手軽に利用したい時に素早く使用できますよ。

取り付けが容易か困難か

見落としがちなポイントは取り付け作業の容易さです。天井スピーカーを選ぶ際のポイントは音質、価格、見た目などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、そもそも設置できないなんて場合もあるのです。

天井吊り下げが可能か

天井スピーカーを設置する場合におすすめする方法は天井吊り下げです。どうしても天井に設置したいけど天井にどうやって設置すればよいか迷っている人におすすめです。天井吊り下げは天井に大きな穴を空けることがないのでトラブルなく設置することができるのです。

 

設置の際には専用の金具などが必要になるので、本体を購入する際にセットで購入してしまいましょう。設置自体は難しくありませんが不安なら電気屋さんなどの業者に依頼すると安心ですよ。また、細かいこだわりがある人は要望を伝えてから依頼するようにしましょう。

穴を空ける必要な場合もある

天井吊り下げをしたくないという人に残された選択肢は諦めて床に置くか、天井埋め込み型にするかになります。天井埋め込み型は、名前の通り天井に埋め込んで設置するので見栄えが良く圧迫感がないので部屋の印象は非常に良いものとなります。注意してほしい点は、天井に大きな穴を空ける必要があるということです。

 

大きな穴を空けて設置するので確実に業者に依頼する形になりますが、大変なのは故障したなどのトラブルが起こった場合です。天井スピーカー本体に異常が発生したら自分の力で修理することはまずできません。故障するたびに業者を呼んでみてもらうことになるということを頭に入れておいてください。

一体型とステレオ分離型で選ぼう

一般的なオーディオは左右別々にあるスピーカーから音を鳴らし立体的に表現することができます。これらのスピーカーが同じ機器にあるか分離しているかでタイプがあります。

一体型とは

一体型は1つの機器に左右のスピーカーが内蔵されていることを指します。左右のスピーカーを内蔵していることからサイズが大きいイメージがあるかもしれませんが、パソコン周りに置くことが可能なコンパクトサイズの一体型スピーカーもあります。左右のスピーカーが近いと立体的に響かせることが難しいですが、スペースを取らないという利点があります。

 

左右のスピーカーに、間隔が1m以上あると効果的に音が広がるため、音質面ではステレオ分離型に劣ってしまうでしょう。見た目がコンパクトなものがよく、音質をそこまで重視していない人にとっては一体型のスピーカーを選ぶといいでしょう

ステレオ分離型とは

ステレオ分離型とは、左右のスピーカーをそれぞれ他の機器に分離したスピーカーを指します。スピーカーを分離することで音が広がるようになり、より立体的な音を響かせることができるのです。左右に分けているので一体型よりサイズ感はありますが音の聞こえ方はステレオ分離型が優れています。

 

ただ、ステレオ分離型は設置作業に手間がかかってしまいます。スピーカーが完全ワイヤレスであればなおさらです。それぞれのスピーカーを1つ1つ設置しなければいけないので一体型の倍以上の労力と時間を費やします。設置は簡単な方がいいと考えている人は一体型を選んでおくと間違いありません。

搭載機能に注目

音楽として役割を果たすスピーカーですが、音楽だけにとどまらず多彩な機能を搭載した天井スピーカーが多くあります。

音だけでなく光も楽しめる

天井スピーカーは音楽を聴くためだけに設置するイメージが強いと思います。しかし、最近では音と光の両方を楽しむことができるようになった天井スピーカーも多くあります。スマホから自由に音楽を流し、さらに好みの光の色を簡単に変え、雰囲気をよくさせてくれるものもあるのです。

 

音楽だけを重視する人にとっては不要な機能ではありますが、自宅でゆっくりとしたい人にとっては多機能だとより楽しむことができるのです。使用環境に合わせて天井スピーカーを選んでいきましょう。

プロジェクター搭載で動画を楽しむ

音と光、さらに動画を壁に映し出すプロジェクター搭載の天井スピーカーもあります。頻繁に映画や動画を見る人にとって大画面で見れるというのは夢のような機能ではないでしょうか。

 

音と映像を一緒に楽しみたいという人向けになります。大画面で動画を見たいという人は天井スピーカーでプロジェクター内蔵されたものがおすすめですよ。

天井スピーカーの人気ランキング10選

10位 THlighting 『TX-B40422M3』

価格:1,849円(税込)

LED照明付き。スマホ1つで音楽も楽しむことができます。

「2in1多機能スピーカー」 ひとつで二役をこなすLED電球が付いた天井スピーカーです。さらに、スピーカーはBluetoothなのでスマホから手軽に音楽を響かせることができます。いつもの空間をそのままに、音と光が降り注ぐ新体験LED電球スピーカーとなっています。

 

「調光・調色 制御簡単」ソフトで光色を自由に変換できる無料アプリをダウンロードすると様々な機能が使用できます。音楽の再生や停止、音量調節なども簡単です。高音質というほどではありませんが、聴いていて違和感を覚えるようなほどではありませんのでインテリアを重視したい人におすすめです。

 

 

タイプ 吊り下げ型 オーディオ 一体型

9位 Bose 『DS40SEW-CMB』

価格:31,668円(税込)

スタイリッシュな外観。容易に設置できる点も特徴。

ハイとロー、そしてインピーダンス兼用の全天候型の天井スピーカーです。天井吊り下げ型なので設置が容易で、さらにブラケットも付属されています。清潔感を与える真っ白なデザインなので、カフェや会議室などあらゆる場所で利用しやすいですよ。

 

DS40SE-CMBは、FreeSpace DSシリーズの統一された音質・デザイン・機能性を採用した、ミディアムクラスのスピーカーになっています。小音量のバックグラウンド再生や中程度のフォアグラウンドミュージック再生も可能なので高品質な音楽を提供してくれます。インテリアとしても良く高音質で、さらに価格も安価なので購入しやすくおすすめですよ。

タイプ 吊り下げ型 オーディオ 一体型

8位 TOA 『PC-1861』

価格:4,780(税込)

音質重視のスピーカー。埋め込み型なのに取り付けが容易。

スピーカーユニットと前面ネット、取付金具が付属されたの金属製天井埋込型スピーカーです。外観よりも音楽を楽しんでもらえるよう音質を重視した設計にっており、スーパーなどでBGMを流すという場面で大活躍してくれます。

 

スプリングクランプ方式をとっているのでスピーカーを簡単に天井に取付けることができる点も嬉しいですね。入力変更はトランスタップを差し換えるだけなので容易であることも特徴です。また、ローインピーダンスにも対応しており、機能面でも優れています。音質だけを重視したい人には最適な天井スピーカーでおすすめです。

タイプ 埋め込み型 オーディオ 一体型

7位 Bose 『DS16FW』

価格:12,960円(税込)

商業施設に最適。大音量でも問題なく運用可能。

ハイインピーダンス・ローインピーダンス兼用の天井埋め込み型スピーカーです。商業施設向けスピーカーに求められる多様なニーズを満たしているので商業関係には最適なスピーカーと言えます。高音質設計と高耐久性を実現しているので長期運用が可能なのでコストパフォーマンスの良い商品です。

 

音量をかなり上げても音割れすることがありません。小音量で鳴らしたい場合は1台では足りませんので、広さにもよりますが4台程度あると均等に響くでしょう。配線はスピーカーコードとなっているため、プレイヤーではなくアンプとつなぐ必要があります。カスタマーサービスも充実しているため疑問点があっても心配いりません。

タイプ 埋め込み型 オーディオ 一体型

6位 JBL 『Control 1 PRO』

価格:18,144円(税込)

信頼のおける天井スピーカー。広範囲に響かせてくれる優れもの。

心地よい空間を生み出す上質なサウンドを響かせてくれる吊り下げ型の天井スピーカーです。CONTROL 1 PROはコンパクトなスタイルではありますが、そこからは想像もできない繊細な響きとダイナミックなサウンドを奏でてくれます。

 

世界中のエンジニアから絶大な支持を得ている、JBL PROFESSIONALの先進のスピーカ設計技術を応用し、レコーディングスタジオ用スピーカに迫る卓越した音質を実現しているため信頼性と音質面は申し分ありません。ステレオ分離型なので広い範囲に音を響かせることができるため商業施設の導入にもおすすめですよ。

タイプ 吊り下げ型 オーディオ ステレオ分離型

5位 Bose 『DS16SB』

価格:17,820円(税込)

コンパクトで高音質を実現。設置も容易な天井スピーカー。

Boseのスピーカーは表現力豊かなメリハリのあるサウンドを響かせてくれることやポジショニングが自由自在という点が特徴です。特に、天井に設置するスピーカーはBoseは得意であるため優れた製品が数多くあります。

 

一体型のスピーカーなので設置は容易に取り付けることができます。非常にコンパクトですが高品質な音楽を再生してくれるため、設置スペースを気にしている人にとっては嬉しいですね。屋外・屋内兼用モデルのDS16SEと使い分けることで、屋内と屋外で境目のないサウンド環境を実現することができますよ。

タイプ 吊り下げ型 オーディオ 一体型

4位 TOA 『F-1300B』

価格:14,830円(税込)

小型で耐久性抜群。自宅用としてもおすすめです。

業務機器を数多く取り扱ってきた老舗メーカーTOAの天井スピーカーです。天井用としてだけでなく壁掛け用としてのパーツも幅広く扱っています。商業施設用に向いていますが、コンパクトサイズなので自宅用でも問題なく使用することができます

 

サイズが小さいのですぐに壊れてしまうと思いますが、意外にも耐久性が高く長期間の運用に向いています。クリアな音質を響かせ、音楽ではウーハーのサブシステムで低音を補うとうよりよくなるのでおすすめですよ。

タイプ 一体型 オーディオ 吊り下げ型

3位 パナソニック 『SC-LT205-W』

価格:33,500円(税込)

見た目がスピーカーとはわからない。自宅用に特化したスピーカー。

シーリングライトと一緒に利用することでインテリアとして溶け込む天井スピーカーです。ライトに隠れるのでスピーカーがあると分からない外観になっています。サウンドは天井から全体に広がるため聴いていて心地よくしてくれます。

 

嬉しい機能として、Bluetooth接続に対応しています。スマホやパソコンから手軽に音楽の再生をすることが可能なのです。どこでも好きな音楽を聴くことができるので場所に限定されることがありません。自宅でゆっくりと過ごしたい人はいかがでしょうか。

タイプ 埋め込み型 オーディオ 一体型

2位 ソニー 『LSPX-103E26』

価格:23,043円(税込)

音と光を楽しめる。今使っている電球と交換するだけ。

LED電球と一緒になった新しいタイプのスピーカーです。ペンダントライトでの利用に最適で、寝室や小さな部屋で利用したいという人にはとくにおすすめですよ。好みの音と光で空間を演出でき、さらにはbluetooth対応となっているので自由に操作することができます。

 

ペンダントライトやデスクライトなど一般的なE26口金のソケットに装着ができてしまうので簡単です。また、ケーブルいらずでインテリアに自然に溶けこみ音と光でリラックス空間を演出してくれますよ。現在使用している電球と交換するだけなので使用できないと心配する必要はありません。優しい明るさを求めている人、音楽を聴きたい人、もしくはその両方を希望している人におすすめです。

タイプ 吊り下げ型 オーディオ 一体型

1位 popIn 『PA18U02VN』

価格:79,800円(税込)

プロジェクター搭載。動画と音楽の両方を楽しめます。

0インチ〜120インチ以上のスクリーンを投影できる高品質プロジェクターを搭載しているため、寝室などで動画を楽しむこともできてしまいます。他にもテレビ番組の投影も可能で、専用アプリで自宅のレコーダーと連携すれば、放送中のテレビ番組や録画した番組も大画面で視聴できますよ。

 

世界中の音楽ファンが愛するHarman Kardonのスピーカーを搭載しているので高音質です。心地よい音楽を響かせてくれるうえ、スマホとpopIn Aladdinで接続すればスマホに搭載してる音楽も自由に再生できます。工事不要で簡単に取り付けることができるので動画を頻繁に閲覧する人は特におすすめです。

タイプ 引っ掛けシーリング オーディオ 一体型

まとめ

天井スピーカーの人気おすすめランキングを紹介してきましたがいかがでしたか。音質に特化した天井スピーカーもあれば搭載機能を重視した天井スピーカもあり、使用目的によって選び方が異なります。設置が困難か容易かという点も選ぶ際の重要なポイントなるでしょう。今回紹介したポイントを押さえ、目的に合わせた天井スピーカーを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ