記事ID132373のサムネイル画像

【2019年最新】MCTオイルのおすすめランキング10選【最強ダイエット】

バターコーヒーダイエットで注目を集めているMCTオイル。MCTオイルには様々なダイエット効果があり、良質なMCTオイルを選んで正しく実践すれば、痩せることができるのでおすすめです。今回は、おすすめなMCTオイルの選び方や人気ランキングをご紹介していきます。

MCTオイルとは

MCTオイルは、中鎖脂肪酸のことです。では中鎖脂肪酸は何かというと、ココナッツなどヤシ科の植物や母乳、牛乳などに含まれる天然成分のことです。中鎖脂肪酸の特徴として、「吸収が速い・肝臓で素早く分解・蓄積しにくい」という点が挙げられます。

 

一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸は肝臓に運ばれるまでに時間がかかり、余ったエネルギーは皮下脂肪や内蔵脂肪として体内に蓄積されます。一方、中鎖脂肪酸は胃から直接肝臓に入ってエネルギーとして分解します。

 

長鎖脂肪酸よりも約4倍も速く分解されるので、体に溜まらないから太りにくいというわけです。アスリートやダイエッターにおすすめなのは勿論、認知機能改善に効くということから、高齢者にもMCTオイルは注目されています。

MCTオイルの選び方

ダイエットを成功させたいなら、100%ココナッツ由来のMCTオイルを選ぼう

ダイエットにおすすめなMCTオイルは、原材料や生産地が違うと味や価格も変わってきます。安い買い物ではないので、MCTオイルをしっかり見極める目を持ちましょう。

中鎖脂肪酸100%に着目

MCTオイルがダイエットに良いと言われる理由は、原料の油を構成する脂肪酸の一種「中鎖脂肪酸」にあります。ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれているのに対し、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸で構成されています。

 

しかし、MCTオイルとして販売されているものの中には、中鎖脂肪酸100%ではなく、別のオイルが混ざっているものもあります。効率よくダイエットを成功させたいのであれば、不純物の無い中鎖脂肪酸100%のものを選ぶようにしましょう。

 

最近の流行りによって最近出てきたよう思われるMCTオイルですが、実は40年以上前から存在しています。患者さんの栄養補給として医療現場で使用されてきたのですが、それを聞くと、もっとMCTオイルについて知りたくなりますし、中鎖脂肪酸100%が良いのも納得です。

原材料は100%ココナッツ由来がおすすめ

MCTオイルは、主にココナッツとアブラヤシが原材料となります。この中でも、100%ココナッツ由来で作られたMCTオイルがおすすめです。なぜなら、ココナッツオイルのほうが酸化しにくく、180度までの熱なら問題ないからです。

 

封を開けると酸化がはじまります。夏の暑い時期に放っておくのも気になりますよね。なるべく早く消費することをおすすめします。また、中鎖脂肪酸を含んでいる原料にはパーム油もあります。パーム油は、必ずしも食用ではなく産業油としても使用されます。

 

パーム油は、ココナッツに比べて安価なので、安いMCTオイルの中にパーム由来が入っているものもあります。こだわりを持ちすぎると選べるMCTオイルも少なくなってしまいますが、なるべく体に負担がかからないよう100%ココナッツ由来の中鎖脂肪酸をおすすめします。

美容目的なら、ココナッツオイルでも良し

ダイエット目的の方、スポーツをされるアスリートの方は、エネルギー転換の早いMCTオイルが断然おすすめです。MCTオイルは、ケトン体の生成を促進する効果があります。その影響で食欲を抑えることができ、集中力が増す効果もあります。

 

認知症予防が目的な方も、MCTオイルがおすすめです。脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、体内で不足した時はケトン体を利用することがわかっています。そのため、認知症や若年性アルツハイマー病の改善にも効果があると米国人医師が報告しています。

 

ただ、美容目的ならココナッツオイルがおすすめです。必要な主成分である、C12のラウリン酸がココナッツオイルには50%も含まれているからです。MCTオイルとココナッツオイルは何かと比較されがちですが、両方のいいところを把握して体調によって使い分けるのもいいですね。

 

原料であるココナッツの産地にも注目しよう

MCTオイルは中鎖脂肪酸のことで、100%ココナッツ由来がおすすめということは先述で記載した通りですが、だとするのなら原料であるココナッツの品質が気になりますよね。100%ココナッツ由来であっても、生産国はさまざまです。

 

その中でも、国がココナッツ庁を設置して品質管理しているフィリピン産のココナッツは安全性が高く、品質も安定しているとされています。勿論、他の国でもきちんと品質管理されていたり、輸入したときにしっかり検品されていれば問題ありません。

 

ただ、原料の産地が不明だったり複数だったりする場合は、注意が必要です。せっかく高いMCTオイルを購入したのに効果が出ない!ということにならないよう、ココナッツの産地も確認してみましょう。MCTオイルは毎日継続することをおすすめしているので、確かな商品を選びたいですね。

高品質で安いMCTオイルを探してみよう

品質や産地の選び方のほかに気になるのは、そのお値段ですよね。毎日継続して飲むものだからこそ、お財布に優しいと有り難いものです。

迷ったら安いものを

MCTオイルの最初の一本を悩んでいる方、他のMCTオイルを試してみたい方、人それぞれですよね。人気ランキングでご紹介している商品の中にも、高品質なものは沢山あります。でも、高品質だけど値段が高いとなると毎日使うのが難しくなってきてしまいます。

 

品質のよいものを幾つかピックアップしてみて、ご自身が消費できる容量のものを選んでみましょう。一人暮らしの方が大容量を購入してしまうと、せっかくの品質が劣化しかねません。

 

その中から一番安いものを選んでみるのもいいでしょう。細かく計算できる方は、1g当たりの値段が出ると分かりやすいです。高いお金を出して「美味しくなかった」「面倒くさい」となると勿体ないものです。まずは継続!だから質のいい低価格なものを、まずは選んでみましょう。

持ち運びに便利なスティクタイプやサプリも視野に

毎朝、コーヒーやヨーグルトの中にMCTオイルを入れる方、サラダのドレッシングとして使われる方、ダイレクトに口に入れる方、その摂取の仕方も違うことでしょう。ですが、忙しくて出来ない方や液体が苦手な方もいらっしゃいますよね。

 

そんな時におすすめなのが、持ち運びに便利なスティックタイプやサプリです。MCTオイルは液体としてだけではなく、外出先でも摂取できるものが製造されています。旅行先や出張先でも気軽にとれるのがいいですね。こうしたものを活用しながらMCTオイルの良さを体に吸収していきましょう。

MCTオイルはどこで買える?

MCTオイルが手に入る場所

では、MCTオイルはどこで手に入るのでしょうか?MCTオイルが手に入る場所をいくつかご紹介します。

大型のスーパーなどでも販売されているようで、比較的容易に入手可能のようです。

コストコ

コストコで購入できるMCTオイルで話題になっているのが、CocoココナッツMCTオイルです。このMCTオイルはさらさらの無色透明です。

470gも入っていて1398円で、とってもお買い得です!

 

この他にも海外製のMCTオイルが複数販売されているそうなので、ご自身に合うものを選ばれてみてください。

ドン・キホーテ

ドン・キホーテにもMCTオイルはたくさんの種類が置かれています。

 

安いものだと270円のものからあるので、MCTオイルを初めて使用するという方は試しに購入してみるのも良いかもしれません。

 

しかし、安いものだと余計な成分が含まれている場合があり、効果が見られない場合もあるようです。自分自身のお財布と相談しながら商品を選んでみるのも良いかもしれません。

マツモトキヨシ

マツモトキヨシにもMCTオイルは置いてあるようですが、店舗によっては扱っていないところもあるようです。

 

MCTオイルが流行りだしたのもここ最近なので、これからMCTオイルを扱う薬局が増えるかもしれません。

MCTオイルを携帯する方法

MCTオイルダイエットをしたいけれど、仕事や学校があってなかなか摂取できないというあなたにおすすめするのが、携帯できるMCTオイルです。様々な種類の携帯できるMCTオイルがあるので、タイプ別にご紹介します。

粉末タイプ

日清オイリオ

日清 MCTパウダー 250g

価格:1,697円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粉末タイプで持ち運べるMCTオイル

粉末タイプなので持ち運びが便利なことはもちろん、仕事や学校でも粉末を食事に混ぜるだけなので簡単に摂取することができます。

 

もしかばんの中で封が開いてしまっても粉末タイプなので掃除も簡単で持ち物を汚す心配もありません!

スティックタイプ

仙台勝山館

仙台勝山館MCTオイルスティックタイプ3個セット(7g×10袋入り)

価格:2,890円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スティックタイプのMCTオイル

次に紹介するのはスティックタイプのMCTオイルです。粉末ではありませんが、液体なのでどこでも簡単に飲み物に混ぜることができます。また、外出先でサラダを食べる時もこれをかけるだけなので便利です。

 

粉末を溶かす手間が省けるので、飲み物が近くにある時にはスティックタイプの使用をおすすめします。

【おすすめの最強ダイエット!】MCTオイルの人気ランキング10選

それでは、最強ダイエットと言われる人気のMCTオイルをランキング形式でご紹介いたします。おすすめポイントも記載していますので、自分に合ったMCTオイルを探してみてくださいね。

第10位

旭薬品工業

中鎖脂肪酸油100% Fresh MCT Oil

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量だから、家族みんなで健康を目指そう

こちらの商品は天然植物性のパームヤシオイル由来のMCTオイルです。日本国内にて充填・品質検査を行っています。460gと容量が多いので、ご家族の方と一緒に使うのに最適ですよ。

 

また、食用グレードと化粧品グレードの両方を満たしているので安心です。容器がプラスチックなのでビンに比べると処分しやすいのも利点でしょう。

 

注ぎ口が液垂れを起こしにくい作りになっています。使っていくうちに、容器がMCTオイルでヌルヌルして来ると言うこともありません。

原材料パームヤシ容量460g
第9位

ネイチャーズウェイ

MCT Oil From Coconut

価格:2,788円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外の方が絶賛している、おすすめなネイチャーズウェイ製品

ココナッツオイル由来のMCTオイルでは、量が多く値段も安いのが特徴です。こちらの商品もコストパフォーマンスに優れており、MCTオイルにしては大きめサイズが特徴です。海外製品ということもあるかもしれませんね。

 

ネイチャーズウェイはアメリカで有名なブランドで、オーガニック食品やサプリメントを販売しています。ココナッツオイル由来のMCTオイルを探している方は、こちらなら量もたっぷりありますし、低価格で品質の良いおすすめできる商品です。

 

注ぎ口が小さいので容器を押さないと出てきません。そのため不意にこぼれることがなく、コーヒーに入れるとき扱いやすいです。Amazonにも海外で喜びの声が多数あがっています。iHerbでも人気があるので、大容量を探している方にもおすすめです。

原材料ココナッツオイル容量474ml
第8位

CIVGIS

ファンクティア MCTオイル たっぷり250ml

価格:1,198円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ココナッツメーカーが作り出す、ココナッツ100%由来のMCTオイル

ファンクティアは、CIVGISブランドの機能性食品のアライアンスブランドとして生まれました。タイ王国の一流オーガニックココナッツオイルメーカーが、ココナッツオイルを原料として生産しています。

 

ココナッツに精通しているメーカーなので、工業用パーム油やヤシ(アブラヤシ)とは無縁と言えるでしょう。品質に安全性がありますね。成分としては、カプリル酸60にたいしてカプリン酸40です。低価格だけど、中鎖脂肪酸がたっぷり入った高品質を保証しています。

 

MCTオイルのデザインがとてもお洒落でいいですね。ワインボトルと並べて置いても遜色ありません。同じ系列でCIVGISの、オーガニック食品がファンの方もこちらを選んでいるとのこと。他の商品も気になるところです。

原材料ココナッツ容量250ml
第7位

プレミアムマーケティング

MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油とは思えない舌触りでまろやか

マレーシア原産の100%ココナッツからできた、中鎖脂肪酸100%MCTオイルです。中鎖脂肪酸50%~60%含有のココナッツオイルよりも中鎖脂肪酸を効率良く摂取できるので、ダイエットのために始められた方は効率よくサポートしてくれるでしょう。

 

無味無臭のはずなのに、ほのかに味がする!ほのかに香る!という口コミがありますが、ココナッツ100%原料にしているMCTオイルの特徴と言うべきでしょう。また、他のMCTオイルに比べてサラサラしているようです。トロッとしているのが苦手な方におすすめします。

 

1本試して気に入れば、2本セット、3本セット、6本セットと販売しています。家族みんなで健康づくりを目指すのなら、本数が多いほど割引がありますので大口注文も大変便利でしょう。

原材料ココナッツ容量250g
第6位

Coco

MCTオイル 360g

価格:1,598円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

科学的工程や添加物を一切加えない、ナチュラルなMCTオイル

MCTオイルブランドCoCoのMCTオイルは、シンガポール産ココナッツ由来100%です。MCTオイルはグリセリンなどを使用し、科学的工法にて中鎖脂肪酸を抽出するのが一般的です。

 

ですが、CocoのココナッツMCTオイルは、科学的工程や添加物を一切加えない蒸留によるナチュラル製法で脂肪分を抽出しています。また、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルは味や香りがほとんどなく、ココナッツオイルの風味が苦手な方でも使えるんですね。

 

CocoではMCTオイルの他に、ギーを贅沢にブレンドしたMCT&GHEEオイルも販売されています。MCTオイルより少し値段はかかりますが、高い栄養素で知られているGHEEを一緒に摂取できるのも嬉しいですね。ワンランク上の機能性MCTオイルを試してみる価値ありです。

原材料ココナッツ容量360g
第5位

レインフォレストハーブ

ココナッツ由来100% MCTオイル

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機バージンココナッツオイルを5%配合した、ココナッツ風味が特徴

こちらの最大の特徴は、有機バージンココナッツオイルも5%だけ入っていること。ココナッツオイルから取り出したカプリル酸とカプリン酸だけでは無味無臭なので、食品として楽しんでもらえるように、少しだけ有機バージンココナッツオイルを配合してあります。

 

そのため中鎖脂肪酸が98%になっていますが、食品として抵抗のある方は、まろやかなココナッツ風味が食欲をそそるかもしれませんね。また、ココナッオイルが加わったことで、抗菌作用に優れるラウリン酸も摂ることができます。

 

ココナッツ好きにおすすめする、サプリメントのようなMCTオイルです。蓄積しない燃えるチカラ、考えるチカラ、運動のチカラをこれ一本で養っていきましょう。

原材料ココナッツ、ココナッツオイル容量170g
第4位

COCOLAB

MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル 450g

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毎日の食卓に、世界が認めた食べる美容液を

健康&美容研究所のCOCOLABが売り出しているのは、中鎖脂肪酸のみを贅沢に100%抽出した、純度100%のピュアオイルです。GMP適合認定証を取得している安心・安全な日本国内の工場で製造しているので、おすすめできる安心安全なMCTオイルと言えます。

 

体に入れるものだからこそ私たち消費者も品質にこだわりたいですよね。こちらは、原材料の輸入元での品質チェックだけではなく、輸入後に工場にて再度チェックを行い、徹底的に厳しい品質管理を行っていくるので安心です。

 

濃厚オイルで内側からも外側からも綺麗になりましょう。パックをしながら、MCTオイルの入ったバターコーヒーを美容液として飲む。これで完璧です。

原材料ヤシの実容量450g
第3位

LOHAStyle

MCTオイル

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心して続けられる品質と価格が魅力

糖質制限専門店のLOHAStyleから販売しているMCTオイルです。マレーシアで育てられた、ココナッツとアブラヤシのオイルから抽出した中鎖脂肪酸100%のピュアオイル。国際基準を満たした現地工場で抽出され、品質管理と衛生環境が整った工場で生産されています。


オイルの組成には独自のこだわりがあり、成分はカプリル酸55~65%、カプリン酸35~45%の割合を徹底。カプリル酸の方がより短鎖で吸収率が高いと言われているので、糖質制限を行っている人にとったら、すぐにエネルギー源になってくれるのは有難いですよね。

容器も注ぎやすくて手になじむ、8面遮光ビン仕様を採用しています。冷蔵庫内でも転がらず、倒れにくいのが特徴です。続けやすい価格と安定した品質は、MCTオイルを継続していく魅力となります。

原材料ココナッツ油、パーム核油容量450g
第2位

日清オイリオ

MCTオイル 450g

価格:3,998円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

市場でも手に入りやすい、日清が販売するMCTオイル

日清が販売しているこのMCTオイルは、Amazonの介護用カテゴリーでベストセラー1位を獲得した商品です。レビューも150件を超える人気っぷり。大手の会社の製品ということもあり、実際にたくさんの人が使っている商品です。

 

日清のMCTオイルを手にする人の多くは、アルツハイマーや認知症の予防に効果があるとされている理由からです。実際、デイケアの高齢者に食べてみてもらった結果、食後2時間でその効果が実証されています。

 

中鎖脂肪酸100%ですが、ココナッツは使っておらず、パームヤシオイル由来になっています。そのため、ココナッツの香りなどはせず、無臭無味で何にでも使いやすいです。

原材料パームヤシ容量450g
第1位

仙台勝山館

MCTオイル360g <ココナッツベース・中鎖脂肪酸100%>

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MCTオイルの王様!テレビでも紹介されました

様々なMCTオイルをご紹介しましたが、1位に輝いたのは仙台勝山館のMCTオイルです。MCTオイルの王様的存在で、その素晴らしさはダイエットのテレビ番組でも放送されました。

 

この商品の素晴らしい点は、他のMCTオイルと変わらない値段ですが、ココナッツオイル由来100%!中鎖脂肪酸100%!余計なものが入っていないので、安定性が高く酸化も劣化もしにくいんです。

 

そんな良質なMCTオイルなのに、コストパフォーマンスに優れているのには驚きです。Amazonのレビューも400件越えの高評価となっています。テレビで放送されてからは、口コミで人気が広がっているので、自信を持って一番おすすめ出来るMCTオイルです。

原材料ココナッツ容量360g

MCTオイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5007485の画像

    日清オイリオ

  • 1
    アイテムID:4914573の画像

    仙台勝山館

  • 2
    アイテムID:4914549の画像

    日清オイリオ

  • 3
    アイテムID:4914547の画像

    LOHAStyle

  • 4
    アイテムID:4914545の画像

    COCOLAB

  • 5
    アイテムID:4914544の画像

    レインフォレストハーブ

  • 6
    アイテムID:4914543の画像

    Coco

  • 7
    アイテムID:4914541の画像

    プレミアムマーケティング

  • 8
    アイテムID:4914540の画像

    CIVGIS

  • 9
    アイテムID:4914539の画像

    ネイチャーズウェイ

  • 10
    アイテムID:4914538の画像

    旭薬品工業

  • 商品名
  • 日清 MCTパウダー 250g
  • MCTオイル360g <ココナッツベース・中鎖脂肪酸100%>
  • MCTオイル 450g
  • MCTオイル
  • MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル 450g
  • ココナッツ由来100% MCTオイル
  • MCTオイル 360g
  • MCTオイル(中鎖脂肪酸100%) 250g
  • ファンクティア MCTオイル たっぷり250ml
  • MCT Oil From Coconut
  • 中鎖脂肪酸油100% Fresh MCT Oil
  • 特徴
  • 粉末タイプで持ち運べるMCTオイル
  • MCTオイルの王様!テレビでも紹介されました
  • 市場でも手に入りやすい、日清が販売するMCTオイル
  • 安心して続けられる品質と価格が魅力
  • 毎日の食卓に、世界が認めた食べる美容液を
  • 有機バージンココナッツオイルを5%配合した、ココナッツ風味が特徴
  • 科学的工程や添加物を一切加えない、ナチュラルなMCTオイル
  • 油とは思えない舌触りでまろやか
  • ココナッツメーカーが作り出す、ココナッツ100%由来のMCTオイル
  • 海外の方が絶賛している、おすすめなネイチャーズウェイ製品
  • 大容量だから、家族みんなで健康を目指そう
  • 価格
  • 1697円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 3998円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 1598円(税込)
  • 円(税込)
  • 1198円(税込)
  • 2788円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 原材料
  • ココナッツ
  • パームヤシ
  • ココナッツ油、パーム核油
  • ヤシの実
  • ココナッツ、ココナッツオイル
  • ココナッツ
  • ココナッツ
  • ココナッツ
  • ココナッツオイル
  • パームヤシ
  • 容量
  • 360g
  • 450g
  • 450g
  • 450g
  • 170g
  • 360g
  • 250g
  • 250ml
  • 474ml
  • 460g

MCTオイルに1番おすすめなのは、バターコーヒー

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本の中で紹介された、「完全無欠コーヒー」別名バターコーヒーが、MCTオイルダイエットには一番おすすめです。

 

作り方は簡単!ドリップしたコーヒーに、MCTオイル大さじ1~2杯、グラスフェッドバター(牧草だけで育った牛の牛乳から作ったバター)大さじ2杯を加えるだけ。

 

完全無欠コーヒーを朝に飲むことで、空腹感を感じにくくなり、ダイエット効果が期待できると言われています。基本的にMCTオイルは無味無臭なので料理の風味を損なうことなく使えますが、効果抜群なので一度試してみる価値ありです。

 

MCTオイルの使い方

MCTオイルは、料理にかけたり仕上げにかけたりして摂取することができます。注意点は、炒め物や揚げ物などの加熱調理はできないということです。煙が出て泡立ちがおこるなどして危険なため、加熱は控えましょう。

 

MCTオイルのおすすめの摂取方法をご紹介します。

 

スムージー

MCTオイルを簡単に摂取できる方法として一番簡単なのは、スムージーに入れることです。果物の入れすぎは糖分の過剰摂取につながるので、果物を入れすぎず、グリーンスムージーなどに入れると効果的です。

サラダ

サラダを作り、そのドレッシングとしてMCTオイルを使用するのもおすすめです。栄養バランスを気にかけてサラダの食材を選ぶことも重要です。栄養バランスを考えながらダイエットすることを常に頭に入れておきましょう。

スープ

スープなどの液体にMCTオイルを混ぜて摂取する方法もあります。栄養が偏らないようにするメニューとしては、ミネストローネやクリームシチューが挙げられます。コンソメスープなどに混ぜて食間に飲むのはいいですが、それを一食扱いにしないようにしましょう。

栄養が偏ってしまうとせっかくのダイエットもうまくいきません。必要以上に食べる量を減らすことで栄養が偏ってしまうというのはダイエットではよくある話です。まず第一に栄養バランスを考えた食事をとり、そこにMCTオイルを混ぜるようにしましょう。

まとめ

MCTオイルについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?値段が高いイメージがあるMCTオイルですが、品質も良く低価格で購入できる物も沢山ありました。MCTオイルは、おすすめできる最強ダイエットです!これからのダイエットが、少しでも楽しいものになりますように。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ