記事ID132363のサムネイル画像

【仕事や運動におすすめの10選】人気の地下足袋をランキングで紹介

建築や農業、林業の現場や祭りの時に重宝されている地下足袋。実は近年、普段使いや運動、ファッションアイテムにもおすすめの履物としても幅広く愛用されています。ここでは、その人気の理由を地下足袋の選び方やおすすめの地下足袋のランキングを通じて紹介していきます。

地下足袋で仕事や暮らしを快適に

地下足袋は、農作業や林業、造園業、建築業などの現場でお馴染みの履物です。その作業員たちの姿が割りと見慣れた光景ゆえに、作業するために必要な履物と感じられている方が多いのもうなずけます。

 

実際に地下足袋は、つま先が二股に分かれているため地面を掴む感覚に優れ、普通の靴とは違って軽くて柔らかいため、高所や凸凹、ぬかるんだ場所であってもバランスが取りやすいことが現場で選ばれる理由になっています。

 

これ以外にも祭りの場で見る、神輿を担ぐ時に使用されるという方がいますが、こうした特徴に着目したメーカー各社は、ランニングや登山などに適した地下足袋、普段使いできるスニーカータイプ、ファッションの一つとして楽しめる地下足袋も販売しています。

 

ここでは今挙げたそれぞれの用途に合い、快適に使える地下足袋の選び方、こうした方々に好評な地下足袋をランキング形式で紹介していきます。

地下足袋の選び方

働いている現場に合った地下足袋を選びたい

地下足袋はやはり働く場所に適したものでないと性能が発揮できているとは言えません。使いやすさ、履き心地を考えて選びたいところです。

農作業におすすめの地下足袋

農作業では、水を含んだ泥だらけの田んぼや、耕して柔らかくなった畑といった足下がおぼつかない土の上での作業が大半です。泥の上では粘り気に足を取られ、土の上ならずぶずぶと足が埋まり、地下足袋でなければ作業がはかどらなくて非効率です。

 

地下足袋でなく通常の靴で作業すれば、泥や土が靴の中に侵入し、重くて動けたものではありません。泥や土に埋まった足を抜こうとした時に靴がすっぽり脱げてしまうこともしばしばです。

 

こうしたことを踏まえると、泥や土の上で動きやすく、不安なく歩行できるゴム素材の地下足袋がおすすめです。伸縮性に優れたゴムによって泥や土に負けることなく農作業がスムーズに行えることでしょう。

林業におすすめの地下足袋

林業は舗装がなく、傾斜の厳しい山の中での作業が求められる現場です。地面が硬かったり、柔らかったり、歩く場所によって変化が多いため、どのようなシチュエーションでも足を取られない、踏ん張りの効く地下足袋がおすすめになります。

 

靴底がスパイクになっている登山靴でも代用が効くかもしれませんが、山登りだけが林業の仕事ではありません。ですが地下足袋にはこの登山性能を活かした靴底にスパイク形状を採用したものが登場しています。

 

スパイクが金属になっている地下足袋であれば耐久性にも優れており、すぐに履きつぶしてしまうこともありません。林業だけでなく、山での農作業、山道の舗装工事などにも適した地下足袋としてもおすすめできます。

建築現場におすすめの地下足袋

建築現場には、戸建てやマンション、橋梁のような高所での作業が必要な場所、道路や河川といった土木作業を行う場所など、様々です。

 

作業を円滑に進めるためには、動きやすい軽量の樹脂製で、滑りにくい粘着性のある地下足袋がおすすめです。また怪我に関わるようなものがいつ足下に現れてもおかしくない現場だけに鉄心の入った強度が高い地下足袋も選択肢の一つです。

 

地盤が柔らかく、水気が多い土の上で作業が多い場合には、滑っても足が取られない地下足袋選びは重要ですが、水が足の中に入り込んだり、地下足袋に染み込んでしまったりして、動きが重くならないように防水加工が施されたタイプがおすすめです。

祭りの時におすすめの地下足袋

祭りの華と言えばお神輿ですが、そのお神輿を担いでいる人の足下をよく見ると、ほとんどの方が地下足袋を履いていることに気付きます。そして実際に地下足袋を履いてお神輿を担がれている方も多いでしょう。

 

一日中お神輿を担いで練り歩き、激しい上下運動を繰り返す以上は、すぐに足が疲労してしまうような地下足袋は選びたくないところです。

 

祭りの最後に心地良い疲れを感じたいのなら、エアークッションの入った地下足袋がおすすめです。アスファルトや砂利道、山道など歩く場所に関係なく、足や膝への負担を軽減し、疲労が溜まりにくいという点で多くの方に選ばれています。

普段使いしたいという方にぴったりの地下足袋も

地下足袋が農作業や林業、建築業で使う履物という認識はもう捨てて良いでしょう。普段使いにもオシャレにも運動におすすめの地下足袋が数多く登場しています。

普段履く靴としておすすめできる地下足袋

地下足袋を日常の履物として愛用することに不思議がられる方がいるかもしれませんが、地下足袋を製造する多くのメーカーでは、軽い、滑りにくい、丈夫といった機能性をそのまま活かし、普段使いできる地下足袋に改良したものを販売しています。

 

特にスニーカータイプは、足に疲れが溜まらず、軽やかな歩行をサポートし、運動をする方にとってもランニングやウォーキング、フィットネスにおすすめの地下足袋として選ばれています。

 

地下足袋が地味で色数が少ないイメージを持たれる方もいるようですが、近年は靴にも負けない和装にも洋装にもフィットするオシャレなデザインやカラフルな柄を採用した地下足袋があることも知っておきたいところです。

ファッションコーデの一つとしての地下足袋

今挙げたようにオシャレでカラフルな地下足袋をファッションアイテムの一つとして履いている若い方も多くいます。

 

オシャレやカラフルだけで地下足袋選びをされるのは問題ありませんが、せっかくなら服から足下までのトータルコーディネイトを意識して、地下足袋を上手に履きこなしたいものです。

 

地下足袋の色と、上着とズボンのどちらかの色に合わせるのが、おすすめのコーデと言えます。地下足袋を強調したコーデにしたいということであれば、上着とズボンを少し控えめな色にするのもポイントです。

運動効果が上がるおすすめの地下足袋

2017年に放送されたTVドラマ「陸王」で、地下足袋スニーカーが一躍脚光を浴びました。いかんせんドラマの中の話ですから、想像上のスニーカーと考えていた方が多いでしょう。

 

ですが地下足袋スニーカーは実際に市販されていますし、ランニングやウォーキングに実用性確かな製品として愛用されている方がたくさんいます。

 

公道は言うまでもなく、運動場のトラックをはじめ、トレーニングジムのドレッドミルで使っても、足がすぐに疲れることがなく、快適な走りを実現する地下足袋としておすすめです。

その他にも様々な地下足袋があります

ご存じように靴には様々な用途に適応したものがたくさん販売されていますが、地下足袋も靴に負けず劣らず、いろいろなタイプに最適なものが販売されるようになりました。

 

登山に釣り、狩猟、野球、舞踊、子供の運動靴変わりとして、その他にもシーンや用途に応じた専用の地下足袋が存在しています。

 

専用の靴と同等の機能性を持ちながらも、長時間履いても足の疲れや痛みが軽減される点や安全性を憂慮して、あえて地下足袋をチョイスされる方が多くなったのは事実です。地下足袋の魅力に触れるなら、一度量販店などで履き心地を体感するのがおすすめです。

快適に毎日過ごすために地下足袋を

普段の靴だと足が疲れやすい、痛みやむくみに耐えているといった悩みがあるなら、地下足袋に変えるのも一考です。

一日中靴を履きっぱなしで疲れてしまう

特に外出が多い営業マンにとっては、革靴やヒールを履いたまま動き回っているため、帰社した頃には足の疲労が半端なく、帰宅するまでは脱ぐこともままならず、足のむくみがひどいという方がいるでしょう。

 

そうしたことを考慮に入れて、地下足袋に変えた方がいますが、やはり毎日長時間となると疲労やむくみが少し和らぐ程度で、特に足のむくみがひどい人は、地下足袋の中で足が圧迫されているため、痛みまで伴うということになりかねません。

 

上手に地下足袋を履きこなすなら、自分の足のサイズにぴったりのものではなく、少し大きめのサイズをチョイスすることがおすすめです。

靴を履くことで足の痛みで苦しんでいる

外反母趾は女性の多くが患う症状として有名です。つま先の部分の幅が狭く、足の圧迫に繋がるヒールを履き続けたことが主な要因として挙げられます。

 

足が圧迫されれば、当然血の巡りも悪くなるので、それが足のむくみを誘発し、ひざ痛や腰痛といった症状に悩まされることにもなります。症状改善のために整骨院や整体に通っても足下も見直さなければ、いつまでも痛みとお付き合いすることになってしまいます。

 

ヒールで足が圧迫されることなく、毎日裸足感覚で履ける地下足袋がありますので、痛みの改善のためにも取り入れてみることをおすすめします。

地下足袋人気ランキング10選

10位 MUTEKI(無敵) 『 [無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】[リストバンド付き]伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-r-グレー》』

価格:5,400円(税込)

なかなか手に入りづらい素足感覚で履ける地下足袋

足袋の老舗メーカーとして創業から約100年の歴史を持つ「きねや足袋」がランニング専用に開発した地下足袋スニーカーです。

 

伝統的な製法で仕上げられた地下足袋に、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールが手縫いによって縫い付けられています。このソールにはクッション性の保護材料は一切使われていないため、限りなく素足に近い感覚で走る、歩くことが可能です。

 

一度履き慣れてしまえば、その履き心地の良さから外出用だけでなく、室内用としても利用したいといった口コミが多数で、なかなか手に入りづらい製品としても有名です。

サイズ

24.0cm~32.0cm生地ナイロン
グレー、サックスブルー、黒特徴素足感覚で走る、歩くことができる
ソール天然ゴム用途ランニング、ウォーキングにおすすめ

9位 竹匠(Takesyo) 『竹匠(Takesyo) 濃紺 26cm 貼付ファスナー 12型 クッション入 アメ底 YC-TZ128-26』

価格:3,990円(税込)

工事現場で働く方の安全性を考えた地下足袋

地下足袋には本製品のようにズボンや股下の裾を入れることを考慮して作られたロングタイプのものがあります。くるぶしまでの地下足袋だと裾に何かを引っ掛けて、怪我に繋がる危険性があるため、工事現場で働く方には安全性の高い地下足袋としておすすめです。

 

通常ロングタイプにはコハゼという留め金で装着や締め付けの調整を行いますが、本製品はファスナーを採用しており、装着・脱着の時間を大幅に改善しています。

 

また立体型底で土踏まず部分をアップし、後部・両側部が伸縮自在になっており、甲・足首・ふくらはぎの太さ細さに関わらず、様々な足の形状にフィットすることがポイントです。なおサイズは23.5cm~28.0cmまでラインナップしています。

サイズ

26cm生地綿
濃紺特徴様々な足の形状にフィット
ソール合成ゴム用途建築、農業、林業、造園業などにおすすめ

8位 日本最大級の祭用品専門店橋本屋 『子供用祭地下足袋【白】「マジックテープ短タイプ」 サイズ13cm~23.5cm』

価格:2,220円(税込)

足が疲れにくく、バランス良く歩ける子供用の地下足袋

運動できる場所が学校以外になかったり、学校以外で外出する機会が減少したり、子どもの体力不足が顕著になっている中、普段の靴で体育の授業に参加して怪我をしたというケースが増えているようです。

 

地面にしっかりと足を掴めていないことで、足下からバランスを崩してしまうのが主な怪我の要因の一つと言われており、本製品はきちんと歩くこと、走ることから改善できる地下足袋としておすすめです。

 

厚めのゴム底で、インソールにはエアークッションが入っているため、足が疲れにくい特徴があります。マジックテープ式で脱着・装着も非常に楽です。体育の授業や祭りでお神輿を担ぐ時によく利用されています。

サイズ

13.0cm~23.5cm生地綿
特徴マジックテープ式で開閉が楽
ソールゴム用途お子様の運動用や祭り用におすすめ

7位 MARUGO(マルゴ) 『 [マルゴ] MARUGO 丸五 スパイクマジック足袋2型 足袋 地下足袋 スパイク』

価格:4,280~5,270円(税込)

不安定でもぬかるんでいてもしっかり地面を捉える地下足袋

山道や斜面での農作業や林業をされている方におすすめの地下足袋です。不安定な足場やぬかるんだ路面であっても防滑性の高いスチールスパイクピンと、二股に分かれている足袋仕様により、しっかりと地面を捉えた状態での作業が可能です。

 

またマジックテープによって、装着・脱着が容易な上、足の太さに合わせて調整することができるので、履いた時のフィット感にこだわる方にもおすすめと言えるでしょう。

サイズ

23.0cm~28.0cm生地合成繊維
ブラック特徴ぬかるみや濡れた路面に強い
ソールゴム用途農業や林業におすすめ

6位 NOSACKS(ノサックス) 『 [ノサックス] Nosacks 溶接作業用安全靴 ブーツ 鍛冶鳶』

価格:6,240~10,100 (税込)

耐熱、防滑にこだわる溶接作業の現場に最適

大正13年にゴム長靴・地下足袋メーカーとして創業し、現在はアスファルト舗装専用安全靴や高所作業用安全靴などを開発するメーカーとして、工事現場で働く方々に名が知られており、中でも本製品は評価の高い溶接作業用安全靴です。

 

見た目は地下足袋というよりは、製品名通り靴やブーツといった形状ですが、履物に高度な安全性を求める工事現場の地下足袋代わりとして採用されています。

 

高強度耐熱アラミド糸で縫製された耐熱床革、防滑性の高いソール、靴底全面には強靭なポリエステル積層構造繊維の踏抜防止中敷を採用し、安全性は保証付きです。

サイズ

23.5cm~28.0cm生地耐熱皮革
ブラック特徴滑りにくいため安全性が高い
ソールゴム用途溶接などの工事現場におすすめ

5位 MARUGO(マルゴ) 『 [マルゴ] MARUGO 丸五 スポーツジョグ 祭 トレーニング 足袋 地下足袋 作業』

価格:2,308~27,950円(税込)

高校球児がトレーニングに使って有名になった地下足袋

地下足袋とスニーカーの機能を合体させた運動におすすめの製品です。元々は高校球児が野球のトレーニングで履いたことがきっかけで広まり、地下足袋界に革命を起こした製品として有名になりました。

 

地下足袋の特徴である二股に分かれた仕様により、しっかりと地面を掴むことができ、踏ん張りも効くため、足腰のバランス作りや足裏の筋肉を鍛えるトレーニングをするには最適な地下足袋です。

 

現在はアスリートの御用達の地下足袋として、綱引き、ヨガ、エアロビクス、ボルダリングなど、様々なスポーツのトレーニング用シューズとして愛用されています。

サイズ

22.5cm~28.0cm生地合成皮革
ブラック、ホワイト特徴しっかり地面が掴めて踏ん張りが効く
ソールゴム用途ヨガ、エアロビクス、ボルダリングなどにおすすめ

4位 ATOM(アトム) 『 [アトム] ATOM ゴムタビ ナイロン田植タビ 薄底』

価格:1,940~9,823円(税込)

田んぼや柔らかい土の上でもしっかり踏み込める地下足袋

田植えをはじめ、農業や林業にもおすすめの地下足袋です。二股に分かれているためしっかりと踏み込むことができ、田んぼや柔らかい土に足を取られても優れた伸縮性により、簡単に脱げてしまうことがありません。

 

弾力性や耐久性の高い天然ゴムを採用しているため、すぐに表面が破けて使えなくなるといった心配もありません。また靴底の薄さも特徴で足裏にぴったりとフィットするので、どのような路面でもバランスを保って歩くことができます。

サイズ

22.5cm~26.5cm生地表が天然ゴム、裏はナイロン・ポリエステル
ブラック特徴弾力性と耐久性に優れている
ソールゴム用途田植え、農作業、林業などにおすすめ

3位 RIKIO(リキオウ) 『 [リキオウ] サンダル/安全靴・作業靴 メンズ ACF7』

価格:2,292 ~3,780円(税込)

Amazonの売れ筋でベストセラーになった地下足袋

Amazonの売れ筋ランキングにおいてベストセラーになったことのある地下足袋です。建築や土木の現場で作業する人たちのフットワークを知り尽くした技術者によって開発されている本製品は、メーカー力王の看板製品として、今なおトップクラスの売上を誇っています。

 

足にしっかり適合するフィット感、激しい動きでも衝撃を和らげる吸収力に優れており、建築や土木の現場だけでなく、農業や林業、祭り用にも最適の地下足袋として、幅広い分野から高い評価を得ています。

サイズ

23.0cm~29.0cm生地綿
ブラック、白、ダークネイビー特徴優れたフィット感と衝撃吸収力
ソール合成底用途建築現場や祭りにおすすめ

2位 MARUGO(マルゴ) 『 [マルゴ] MARUGO エアージョグ6枚』

価格:2,913~22,203円(税込)

スニーカーのような履き心地のある地下足袋

マルゴは大正8年創業に地下足袋の生産を開始した老舗メーカーで、現在も地下足袋を軸として、安全スニーカーや作業用シューズ、作業手袋の開発を行っています。

 

特に本製品は、地下足袋=エアージョグと言われるほど、地下足袋の世界に名前を浸透させたもので、祭り用としてはもちろん、スニーカーのような履き心地から、普段使いやウォーキング、登山など、幅広い用途で愛用されています。

 

衝撃を吸収するエアークッションが踵部分に採用されており、足や膝、腰への負担の軽減できる点が特徴で、祭りのような上下運動が激しい場合でも、長距離を歩いた場合でも、痛みや疲れを感じることが少ないと、口コミで評判です。

サイズ

22.5cm~32.0cm生地綿
ブラック、白、藍特徴足、腰、膝の負担を軽減
ソールゴム用途祭り、ウォーキング、登山などにおすすめ

1位 RIKIO(リキオウ) 『 [リキオウ] サンダル/安全靴・作業靴 メンズ ACF5』

価格:2,350~3,510円(税込)

長時間履いたままでも疲れを感じさせない地下足袋

3位で紹介した製品と人気を二分しており、どちらも甲乙つけがたいと言われる地下足袋です。こちらも足へのフィット感、衝撃を和らげる吸収力に優れた製品で、悪路でも地面をしっかりと掴んで、バランスが取れるため、転倒による怪我を防止してくれます。

 

Amazonのレビューが100件を超えているように反響が高く、特に長時間履いたままでも足の疲れを感じないといった評価を得ています。建築や土木の現場のほか、農業や林業、祭り、室内用、トレーニング用など、幅広い用途に使える地下足袋としておすすめです。

サイズ

23.0cm~29.0cm生地綿
ブラック、白特徴優れたフィット感とクッション性
ソール合成底用途建築現場や祭りにおすすめ

まとめ

おすすめの地下足袋の選び方、地下足袋のランキングは参考になりましたか。建築や農業、林業などの履物と考えていた方は、普段使いや運動、オシャレにもおすすめだと知って、地下足袋の印象が大きく変わったことでしょう。興味を持ったのなら、ぜひ一度Amazonや量販店の地下足袋コーナーを覗いてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ