記事ID132342のサムネイル画像

【手軽に印刷!】人気のお手軽印刷フォトプリンタおすすめランキング10選

手持ちのスマートフォンなどの中にある思い出の詰まった写真の数々を印刷できる便利なフォトプリンタ。現像しなくてもデータで写真を見れる現代において、いかに手軽に写真を印刷できるかがポイントとなってきます。今回はフォトプリンタの選び方と、手軽に印刷ができる人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します!

とっておきの1枚を手軽に印刷できるフォトプリンタ

昨今、スマートフォンやデジタルカメラが普及し、手軽に写真撮影することが出来るようになり、「カメラ女子」や「インスタ映え」という言葉が流行するほど、日々の生活の中で写真を撮ることが増えました。しかし、フィルムカメラと違い、現像しなくても撮ったデータを端末で見れるため、写真を印刷することは減少しています。

 

データとして手軽に見れることは便利ですが、大事な写真を見れなくなったことがある人も少なくないと思います。写真を印刷し残しておけば、万が一データが破損してしまったときも安心です!スマートフォンやデシタルカメラに入っている写真の印刷を手軽に行うのに便利なアイテムがフォトプリンタです!

 

フォトプリンタとは、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真を、パソコンを経由しなくても印刷でき、その気軽に使える手軽さと使いやすさが人気です。メーカーや種類によってスペックも様々なタイプがあるフォトプリンタ。今回はフォトプリンタの選び方と、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します!

フォトプリンタの選び方

印刷方式の違いで選ぼう!

フォトプリンタの印刷方式は「ZINK方式」「昇華型熱転写方式」「インクジェット方式」の3タイプに分けられます。それぞれの特徴と選び方のポイントをチェックしてみましょう!

インク不要で小型なZINK方式

ZINK(ゼロインク)方式とは、ZINK imaging社が開発したフルカラー印刷ができる感熱式プリンターです。専用用紙に予め結晶化した染料が備えられており、それを熱で溶かして印刷する仕組みになっています。印刷するためには専用用紙の購入が必要です。

 

ZINK方式の1番のメリットは、インクが不要で、小型で軽量ということです!ZINK方式の商品は豊富に展開されています。デメリットとしては、画質が粗くなってしまうことです。よく言えばポラロイド風のレトロな風合いの写真に仕上がります。近年レトロに仕上がるフィルムカメラがひそかにブームになっていますが、その風合いも楽しめる人にはZINK方式はおすすめです!

きれいな仕上がりの昇華型熱転写方式

昇華式熱転写方式は、熱でインクを気化させて用紙に印刷する仕組みです。昇華型は、滑らかな画質でより完成度が高い写真印刷が可能です!インクジェット方式よりもさらに繊細な仕上がりで、印刷のきれいさを求める人には昇華型がおすすめです!カートリッジが小型なのでコンパクトなモデルが多く販売されています。

 

染料インクが使用されているので、耐水性や耐候性には劣ります。しかし近年では用紙の表面に特殊な加工をすることで、耐水性・耐候性が高まってきています!印刷には専用用紙とカートリッジが必要なのでコストがかかることと、印刷に時間がかかるといったことがデメリットとしてあげられますが、仕上がりのきれいさでいうと圧倒的です!

低ランニングコストならインクジェット方式

インクジェット方式とは、液体インクを用紙に吹きかけて印刷するタイプです。耳にしたことがある人は多いと思います。専用用紙を必要とせず、印刷媒体を選ばないので写真用紙だけでなく、年賀状などの作成も可能です!技術はどんどん進化し、昇華型にはやや劣りますが、繊細な印刷が可能になりました!

 

専用のインクが必要ですが、低ランニングコストで印刷することが出来ます。小型化が難しく、コンパクトモデルのフォトプリンタで多く採用されている方式がインクジェット方式です。インク切れに注意が必要です。

利用シーンに合わせて選ぼう!

フォトプリンタは、持ち運びに便利な「モバイルモデル」と、基本は家で使用することを考えて作られている「コンパクトモデル」に分けられます。どこでどのように使用したいかによってフォトプリンタのモデルタイプを選びましょう!

レジャーや旅行などに持ち運んで使う!

レジャーや旅行などの旅先や外出先で、撮った写真をすぐ印刷したい人は、モバイルモデルを選びましょう!モバイルモデルはコンパクトで持ち運びに優れています。

 

充電を完了させてから持ち運べば、コンセントやパソコンを必要としないので、撮影した写真をその場で印刷できます!すぐに印刷し人に配ることもできるので、結婚式や二次会などで活用するのもおすすめです!ただし印刷可能枚数がそれほど多くないので注意が必要です。モバイルモデルのほとんどが専用用紙を必要とするのでコストがかかります。

家に据え置いて使用する!

基本は家の中に据え置いて使用する人は、コンパクトモデルがおすすめです。パソコンとの接続も可能で高スペックなものが多く展開されています。SDカードやUSBメモリから写真を取り込んだりできるタイプもあります。

 

家庭用プリンターよりはコンパクトではありますが、モバイルモデルと比較すると大型なものが多く、持ち運びには不向きです。写真用紙だけでなく、もっと大きなサイズの用紙への印刷もできるのも魅力的です!

印刷枚数で選ぼう!

大量印刷したい人にはモバイルモデルは不向きです。なぜなら一般的にモバイルモデルの多くは、フル充電状態での印刷枚数が平均して10~30枚程度で、印刷できる枚数が限られてくるからです。

 

その半面、インクジェット方式が採用されているコンパクトモデルのフォトプリンタであれば、インクがある限り印刷が可能です。また専用用紙が必要な昇華型熱転写方式やZINK方式のものは、大量印刷すると高コストになってしまいます。専用用紙を必要とせず、印刷媒体を選ばないインクジェット方式は低ランニングコストで大量印刷することが可能です!

 

モバイルモデルであっても、それぞれ印刷枚数が違います。10枚しか印刷できないものから100枚印刷できるものまで幅広くあります。購入するときには印刷枚数も要チェックです!

フォトプリンタの人気ランキング10選

10位 ポミニ(pomini) 『スマホ専用ポータブルプリンター』

価格:12,819円(税込)

写真に音声やメッセージが埋め込める!

ポミニ(pomini) は本体重量186gと軽量で持ち運びに優れるスマートフォン専用のポータブルプリンターです。専用用紙は汚れや湿気に強く、さらにシールになっているので、ノートやスケジュール帳への貼り付けも可能です!もちろん台紙をはがさずに写真としての保存もできるので、楽しみ方が無限に広がります。

 

AndroidにもiOSにも対応しているので、pominiとスマートフォンさえあればどこでも誰でもその場で撮影した印刷が可能です!専用アプリを使用すればフレームやアイテムで自由に撮影した写真をデコレーションでき、それに加えて1枚の用紙に複数の写真をコラージュして印刷できるのも魅力的です。

 

さらに、アプリを使ってメッセージや音声をQRコードに変換し写真をプリントすると、専用アプリでQRコードを取り込むだけで、そのメッセージや音声を確認することが出来る機能もあります!誕生日のサプライズメッセージとしてや、名刺としての利用など、使い道は様々で、渡す人ももらう人も楽しめておすすめです!

サイズ 74mm×120mm×厚さ22.8mm 重量 186g(本体のみ)
通信方式 Bluetooth 印刷可能枚数 25枚(常温25℃基準)

9位 LifePrint『Photo and Video Printer』

価格:17,071円(税込)

ÅRムービーが楽しめるフォトプリンタ!

ライフプリント(LifePrint)は、AndroidにもiOSにも対応する無料の専用アプリで画像と動画を組み合わせたAR写真をつくることができるモバイルプリンターです!アプリ上で「Hyperphoto」プリントを選択し、印刷したい画像と紐づけたい動画を選んで印刷するだけで、アプリを使って写真をのぞくと魔法のように写真が動き出します。

 

見た目は普通の写真ですが、ライフプリントのアプリでのぞいて初めてその写真に隠された動画やメッセージを確認することができるので、サプライズメッセージとしても活用するのもおすすめです!もちろん普通の写真としても印刷できます。

 

手のひらサイズのモバイルモデルのフォトプリンタで本体重量は200g。レジャーやアウトドアの思い出をその場で印刷して仲間に渡すと喜ばれること間違いありません!FacebookやInstagramなどのSNSにも投稿できます!

サイズ 12.7×7.6×2.5 cm 重量 200g
通信方法 Bluetooth 印刷可能枚数 10~15枚(フル充電時)

8位 Polaroid『Polaroid ZIP Mobile Printer』

価格:9,600円(税込)

インク不使用!ZINK方式で軽量フォトプリンタ!

Polaroid ZIPは、インクやカートリッジを必要とせず、手が汚れる心配のないZINK方式を採用しているフォトプリンタです。本体は186gと軽量でコンパクトな設計です!スタイリッシュでシンプルなデザインでカラーバリエーションは4色で展開されています。

 

専用アプリを使用すれば簡単なデコレーションやコラージュが可能です!またメッセージや絵文字、URLや音声などをQRコードに印刷することで、専用アプリのシークレットビューでQRコードを読み込むと内容を見ることが出来ます!また名刺用のテンプレートも用意されているので、簡単に写真入りの名刺を作成することもできてしまいます!アプリはAndroid・iOSどちらにも対応しています。

 

印刷には専用用紙が必要です。にじみにくく鮮やかな色彩で、水や汚れにも強い用紙になっています。専用用紙はシールになっているので、手紙やスケジュール帳に貼り付けて使用するのもおすすめです!

サイズ  7.4cm x 12cm x2.3cm 重量 186g
通信方法 Bluetooth 印刷可能枚数

25~30枚(フル充電状態)

7位 ELECOM『モバイルプリンター eprie』

価格:7,998円(税込)

ラミネート加工で水濡れにも強い仕上がり

エプリー(eprie)は、高画質な印刷が可能な昇華型熱転写方式を採用したモバイルモデルのフォトプリンタです。印刷には専用カートリッジが必要で、写真用紙(光沢)とフォトシール用のカートリッジがあります。カートリッジの追加購入の際は、印刷用紙が写真用紙かフォトシールどちらにするかを選んで、カートリッジを選択してください。

 

カラープリント後にラミネート加工される仕組みになっているので、仕上がった写真は水濡れや汚れに強い仕上がりで、いつまでもきれいな状態を保存しておきたい人におすすめです!コンパクトなフォトプリンタなので、もちろん旅先や外出先でも活躍します!

サイズ 幅76.1×奥行152.8×高さ24.0mm 重量 248g(専用カートリッジを含まない)
通信方法 Wi-Fi または NFC 印刷可能枚数 15~20枚(満充電状態)

6位 エプソン『コンパクトプリンター カラリオミー』

価格:13,777円(税込)

高スペックで多彩な活用方法が可能!

カラリオミーはスマートフォンからもデジタルカメラからも簡単に印刷できるコンパクトモデルのフォトプリンタです。一般的に馴染みが深いインクジェット方式です。オートファイン機能が搭載されているので、逆光で失敗してしまった写真や夜景の写真も、自動補正してくれるので、明るくきれいに印刷できます!

 

SDカードやUSBケーブル、Wi-Fi、赤外線通信、メールプリントなど、様々な通信・送信方法があり、簡単に印刷することが可能です。縦置きもできるので収納場所にも困らないのもうれしいポイントです!

 

名刺などのカードサイズからA5サイズまで印刷できます。写真印刷だけでなく、ワードやエクセルで作成した書類などの印刷もできるので、幅広い用途で活躍します!また専用のスマートフォンアプリを使用すればシールやラベル印刷もできたり、専用ロール紙を使用すればパノラマ写真も印刷できたりと、豊富な印刷の楽しみ方があるのでおすすめです!

サイズ 幅249×高さ85×奥行176mm 重量 1.8kg
通信方法 Wi-Fi、高速赤外線通信、USB 印刷可能枚数 インクがある限り

 

5位 PHOTOBEE『PHOTOBEE ポータブルフォトプリンタ』

価格:12,900円(税込)

45秒のハイスピード印刷!

PHOTOBEEは、データ転送から45秒で印刷が可能なモバイルモデルのフォトプリンタです。昇華型熱転写方式が用いられており、高画質できれいな写真がハイスピード印刷することができます。

 

印刷時に写真をコーティングするので、色褪せや変色しにくい仕上がりになります。防水加工で水にも強く、また指紋防止のコーティングが施されるので、いつまでもそのままの状態で保存することができます。

 

カートリッジと専用用紙が一体になっているので、カートリッジ交換も簡単です!専用アプリを使用すれば写真にフレームを入れたり、スタンプをはったりと様々な加工が可能です!写真に日付を入れれば、アルバム作りにも活用できるのでおすすめです!

 

 

サイズ 96x147x25mm 重量 360g
通信方法 Wi-Fi 印刷可能枚数 20~25枚

 

4位 タカラトミー『スマートフォン用プリンター プリントス』

価格:3,407(税込)

アプリも電源も不要なプリントトイ!

プリントスは、電池や電源、専用アプリも必要がない完全アナログのフォトプリンタです!必要なのはプリントスとスマートフォンだけです。持ち運び時にはコンパクトに折りたたみ、使用する時には組み立てて使用します!スマートフォンに印刷したい写真(画面)を表示させ、プリントスにセットし、手動で撮影・フィルム出しを行うことで印刷が可能です!

 

スマートフォンの画面をそのまま撮影し印刷するので、写真だけでなく、レシピを印刷しレシピブック作成に活用するのもおすすめです!デジタルな写真が見事にアナログ風の写真となり、そのレトロな風合いも楽しめます。

 

様々なフォトプリンタが販売されている中、あえてアナログなタイプはこのプリントスだけです。それが話題となり人気爆発の商品です!印刷する際にはスマートフォンの明るさと撮影される範囲をしっかりと確認してから使用してください。

サイズ 14.3x13x5.5cm 重量 350g
通信方法 通信不要 印刷可能枚数 セットフィルム枚数分

3位 Canon『SELPHY』

価格:12,800円

写真が確認しやすい大型液晶!

SELPHYは、昇華型熱転写方式のコンパクトモデルのフォトプリンタです。Wi-Fiで簡単接続でき、スマートフォンのみならず、パソコンやデジタルカメラからもダイレクト転送が可能で、手軽に印刷できます!

 

バッテリー(別売り)を本体に直付けすることで、電源がない野外でも撮影した写真をその場で印刷することが可能です。本体モニターは3.2型の大型液晶で画像の確認も快適に行えます!販売されている専用用紙は、一般的な写真用紙のLサイズのほかに、正方形シールや名刺サイズがあり、好みのサイズに合わせて印刷することができるのも人気のポイントです。

 

レイアウトも自由に行うことができ、証明写真印刷も可能です!昇華式熱転写方式が用いられ、高画質で、さらに濃淡を温度で調整するので、インクの粒が残らずグラデーションが滑らかな仕上がりです!プリント時に、表面はラミネート加工され、水や汚れにも強く光沢のある写真を長年保ることができるのも安心です。

サイズ 幅180.6×奥行135.9×高さ63.3mm 重量 860g(インクカセット/ペーパーカセット除く)
通信方法 Wi-Fi 印刷可能枚数 70枚

2位 Canon『スマホプリンター iNSPiC』

価格:15,435円(税込)

最軽量!160gのフォトプリンタ!

iNSPiCは、ZINK方式が採用されているスマートフォン専用のフォトプリンタです!重さはわずか160gで手のひらサイズのモバイルモデルのフォトプリンタで、持ち運びは楽々です!

 

本体ボディはかわいらしいデザインで、女性ユーザーからの人気が抜群です。ピンク、ブルー、ゴールドの3カラーから選ぶことができます。Bluetoothで簡単接続でき、データ送信から45秒で印刷が可能です!

 

専用アプリを使用し、オリジナルデコレーションもできます。印刷した写真に手書きでコメントを書いて卒業アルバムに活用したり、好きな形に切ってお部屋を飾ったり、楽しく写真印刷できます!台紙がシール仕様になっているので、オリジナルボトルやグラスを作るのもおすすめです!

サイズ W118×D82×H19mm 重量 160g
通信方法 Bluetooth 印刷可能枚数 20枚(フル充電状態)

1位 FUJIFILM『スマートフォン用プリンター スマホdeチェキ』

価格:17,483円

おしゃれなスクエアプリント!最速13秒印刷!

堂々1位に輝いたのは富士フィルムの「スマホdeチェキ」です!スマホdeチェキは、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真や、SNSにアップされている画像を、おしゃれなスクエアチェキプリントできるモバイルモデルのフォトプリンタです。

 

その印刷速度は13秒という高速スピードです!さらにフル充電状態で160枚も印刷できます。販売されているモバイルモデルの中でも圧倒的な多さで人気です。専用アプリを使用すれば、フィルターをかけたり、多彩なテンプレートを利用し、オリジナルチェキを作成することが可能です!

 

チェキ独特の風合いは残しつつも、高画質で高精彩な写真が仕上がります!印刷された写真は経年劣化が起こりにくく、きれいが長持ちします!お部屋に飾るのもよし、アルバムにするのもよし!印刷の手軽さ、仕上がったおしゃれさがユーザーから人気で、おすすめ度もナンバーワンのフォトプリンタです!

サイズ 116mm×130.5mm×44.4mm(突起部除く) 重量 312g(バッテリー、フィルム別)
通信方法 Wi-Fi 印刷可能枚数 160g(フル充電状態)

まとめ

手軽に印刷できるフォトプリンタの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがだったでしょう?フォトプリンタは、ただ写真を印刷するだけではなく、貼ったり飾ったり秘密のメッセージを隠したり、多彩な機能が備わっているのもが多く展開されています!ぜひ思い出のたくさん詰まった大事なとっておきの1枚を印刷してみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ