記事ID132312のサムネイル画像

【最強の使い勝手】大人気の封筒型寝袋のおすすめランキング10選

寝袋はマミー型と封筒型の2種類がありますが、キャンプだけではなく突然の来客用として、または防災用として複数繋げて家族で大きく使える最強の使い勝手が特徴の封筒型寝袋は正に最強の寝袋といえます。ここでは大人気の封筒型寝袋のおすすめランキング10選を紹介します。

封筒型寝袋とは

封筒型寝袋は、人型(マミータイプ)寝袋と比べて密着度が低い分、保温性に劣りますが、小型軽量の布団として優れた寝心地が得られ、複数を連結して家族や友人など複数人で一緒に使える、使い勝手が良いという特徴があります。

 

登山やキャンプではもちろん、突然の来客用としてもすぐに出して活躍します。寒い冬の季節にはチャックを広げて大きなひざ掛けとしても使用することができ、赤ちゃんの布団としても便利に使うことができます。

 

今回は、一人暮らしを始めるけど布団を買うより寝袋の購入を考えている方や、突然の災害時の防災グッズとして、来客用の布団として、冬のひざ掛けとして最強の使い勝手のおすすめ封筒型寝袋をランキング形式で紹介してしていきます。

 

使わない時には簡単に折りたたんで収納することができるので、ご家庭に一つ検討してみてはいかがでしょうか。

封筒型寝袋の選び方

寝袋を使う季節で選ぶ

封筒型寝袋を選ぶ上で重要なポイントは使用する季節に適した寝袋を選ぶことがあげれます。そこで使用温度目安をチェックしながら、同時に中綿素材を確認しましょう。

冬の季節には使用温度目安に注意して選ぶ

封筒型寝袋を選ぶ際には、使用温度目安または耐久温度が記載されているので、この使用温度目安をチェックします。特に冬の季節に使う場合には、この使用温度目安を見誤ると、寒い思いをしてしまいます。

 

冬の季節に使用する寝袋の場合は、使用温度目安は、10℃以下の寝袋を選ぶことをおすすめします。この使用温度が10℃以上で、さらに使用温度目安が高ければ高いほど冬のキャンプでは寒い思いをしなければならないということになります。

 

一般的には記載温度プラス5℃程度が目安とされているため、例えば使用温度目安が10℃の場合、15℃前後のキャンプ場で使用できるということになります。つまり、使用目安温度が低ければ低いほど冬の季節に適した封筒型寝袋ということがいえます。

夏の季節には使用温度目安10℃以上もしくは3シーズン用がおすすめ

夏の季節には使用温度目安が10℃以上の封筒型寝袋が基本的に夏用の扱いになっています。保温性が高い寝袋は、中綿がそれなりに使用されているので、ダウンを使っていればまだしも、化学繊維を使っていればそれだけ重量も重くなりかさばります。保温性を必要としない夏に使用するのであれば、冬用は逆に使いづらい寝袋になります。

 

また、冬の季節に使用しないのであれば、3シーズン用もおすすめです。本格的な登山キャンプではなく、国内の一般的なキャンプ場を使用するだけの場合であれば、3シーズン用でも対応可能です。3シーズン用の封筒型寝袋は、厚い場合にはジッパーを閉めず、敷布団や掛布団として使え、冬にはジッパーを全部閉めるだけで対応できます。

中綿の素材で選ぶ

封筒型寝袋に保温効果をもたらす素材が中綿です。その中綿は「ダウン」と「化学繊維」に分かれており、封筒型寝袋を選ぶ上ではそれぞれの中綿の特徴を抑えておきましょう。

ダウンの特徴で選ぶ

封筒型寝袋に使われている中綿素材のダウンは保温性が高いため、特に冬の季節におすすめの寝袋素材です。最低使用温度が低く、優れた保温性を発揮し、ふかふかの感触を得ることができる人気の素材です。多少価格は上がっても保温性を追求したい方にはおすすめです。

 

ダウンを使った寝袋のメリットは、非常に軽く小さく収納することができ保温性が高く快適な寝心地があげられます。軽量でコンパクトに収納できるため、キャンプなどアウトドアにも持ち運びが便利なため、屋外での利用を念頭に入れている方にもおすすめです。

 

ダウンを使った寝袋のデメリットは、化学繊維に比べて価格が高く水に弱いという点があげられます。また、洗う際にも専用洗剤が必要で、カビの発生ををおさえるために保管状態に気を使う必要がある点もデメリットといえます。

 

ダウン素材は軽量でコンパクトに持ち運びができ、優れた保温効果をもたらす一方、高機能なために非常にデリケートな素材で、洗濯や保管方法に一苦労するかもしれないといった点を考慮して選ぶ必要があります。

化学繊維の特徴で選ぶ

封筒型寝袋の中綿に化学繊維を使用したタイプの寝袋は、価格が安く、多くの種類の寝袋が展開しており、人気を集めています。コストパフォーマンスにも優れており、初めて封筒型寝袋の購入を考えている方には比較的選びやすい寝袋といえます。

 

化学繊維のメリットは、価格が安く水に強く丸洗いが可能で保管が簡単な点があげられます。価格が安く、水に強いといった優れた耐久性を発揮する抜群のコストパフォーマンスを発揮する化学繊維は多くの支持を集めています。

 

化学繊維のデメリットは、ダウンに比べて重くて保温性が低く収納サイズが大きくなってしまう点です。使う季節が真冬ではなく、本格的なキャンプで使う予定がないというエントリーユーザーにはおすすめの素材といえます。

便利な機能で選ぶ

各メーカーから様々な機能性を備えた封筒型寝袋が展開しています。便利な機能は多ければ多いほど快適に使うことができるの、購入前にはチェックしておきましょう。

家族には連結機能がおすすめ

家族やカップルでのキャンプを予定している方には連結機能が付いた封筒型寝袋がおすすめです。連結機能はマミー型にはない、封筒型にのみ備わった便利機能です。封筒型寝袋を連結させることで大人2人と子供1~2人がすっぽり入る大きさになります。

 

さらにミニバンの後部シートをフルフラットにし、連結した封筒型寝袋を敷くことでミニバン内で暖かくして寝ることもできます。実際に東日本大震災などの災害時に、この封筒型寝袋がとても役立ったことで話題にもなりました。

 

初めてのキャンプでは小さなお子さんは薄暗い中で少なからず不安をおぼえるかもしれません。そんなときに封筒型寝袋を連結して、家族3人で川の字になって寝ることで安心して寝ることができ、良い思い出にもなること間違いありません。

封筒型寝袋のおすすめ10選

10位 コールマン 『アドベンチャーSB』

価格:8,180円(税込)

キャンプの車中泊におすすめ

コールマン アドベンチャーSBは、ミニバンサイズにピッタリな封筒型寝袋で、キャンプの車中泊や家使いなど様々なシチュエーションで使える使い勝手の良い、とても便利なおすすめの封筒型寝袋です。

 

サイズは150×190cmと大き目のため複数人で使えるサイズになっており、掛布団にも敷布団にも対応することができます。収納サイズは31×31×43cmで長方形のサイズで持ちやすく、持ち運びも苦になりません。

 

表地と裏地はポリエステル素材を使用しているので、寝ている間の汗も素早く吸収して寝袋外に発散する優れた吸汗速乾機能を備えています。中綿にもポリエステル素材を使用しており保温性もそれなりに確保した人気の封筒型寝袋です。

中綿素材 ポリエステル サイズ 150×190cm
重量 4kg 使用目安温度 0℃
収納時サイズ 31×31×43 表地 ポリエステル

9位:SAMCAMEL 『封筒型 高級ダウン 寝袋』

価格:7,399円(税込)

高級ダックダウンを使った本格派

SAMCAMELの封筒型寝袋は、1000gのダックダウンを敷き詰めた抜群の保温性を発揮する人気の封筒型寝袋です。使用目安温度は-10℃なので冬の季節におすすめの寝袋です。本格的なアウトドアにも対応できるスキルを備えています。

 

寒い夜に冷えやすいとされる肩と首の部分には保温材が入ったショルダーウォーマーが設計されており、首元と肩を優しく包み込み、寒冷時でも寝袋内部の温まった空気を閉じ込める効果を発揮します。

 

使う際には袋から寝袋を取り出せば自然に空気が充填されて使用サイズにふくらみます。また、収納時には空気を十分に排出してから丸めて袋に収納するだけで簡単に収納することができます。丸洗いもできてとても便利な本格的な封筒型寝袋です。

中綿素材 ダックダウン サイズ 210×80cm
重量 1.7kg 使用目安温度 -10℃
収納時サイズ 25×44cm 表地 ナイロン

 

8位 キャプテンスタッグ 『封筒型シュラフ フォルノ 800』

価格:1,963円(税込)

オーソドックスで初心者におすすめ

キャプテンスタッグの封筒型寝袋は、寝袋を初めて購入しようと考えている方におすすめの最もオーソドックスで使い勝手の良いおすすめの封筒型寝袋です。

 

表地にも裏地にもポリエステルを採用し、中綿にはホローファイバーを採用したことで価格も非常に低価格になっており、重さも1.2kgと軽くて保湿力も抜群です。多少の水濡れでもロフトが失われることなく保温力の低下を防ぎます。

 

ポリエステルを採用しているため、水濡れや汗による湿気も、吸汗速乾機能が働くためいつでも快適な状態に保つことができます。裏地には木綿のように優れた肌ざわりを発揮し、保温性と速乾性に優れたポリエステルマイクロファイバーを使用した、優れたコストパフォーマンスを発揮する人気の寝袋です。

中綿素材 ホローファイバー サイズ 185×75cm
重量 1.2kg 使用目的温度 12℃
収納時サイズ 22×38cm 表地 ポリエステル

7位 WhiteSeek 『封筒型 コンパクト収納 抗菌仕様タイプ』

価格:3,600円(税込)

優れたコストパフォーマンスで抗菌仕様

WhiteSeekの封筒型寝袋で抗菌仕様タイプで使用目安温度0℃、最低使用温度-15度のキャンプなどのアウトドアにおすすめの人気の寝袋です。抗菌・防水加工を施した素材を使用している点が最大の特徴です。

 

使用サイズは205×140cmと大き目で、大柄の男性にも使用することができ、さらに破れにくい素材を使用しているので優れた耐久性を兼ね備えた人気の封筒型寝袋です。重量は1800gと軽く、持ち運びにも便利です。

 

封筒型なので広げてレジャークッションにもなり、掛布団や敷布団としても活躍する大きさで、アウトドアだけではなく、防災用や突然の来客用としても幅広く使うことができます。価格のわりには軽くて保温性がある優れたコストパフォーマンスを発揮するおすすめの寝袋です。

中綿素材 ホローファイバー サイズ 205×140cm
重量 1.8kg 使用目安温度 5℃
収納時サイズ 40×24cm 表地 ポリエステル

6位 Norsens 『封筒型 コンパクト シュラフ』

価格:3,800円(税込)

寝返りがうてる大型サイズ

Norsensの封筒型寝袋は、柔らかいフランネルの裏地付きで快適に眠りにつくことができるおすすめの封筒型寝袋です。中空コットン繊維とハイロフトの断熱素材を使用し、暖かさを保ちます。

 

サイズは230×83cmと大き目のゆったりサイズの封筒型寝袋で、圧迫感がなく、家で掛布団をかけて寝ている錯覚するら覚える快適さが特徴です。膝を折り曲げることもできる空間が確保され、寝返りをうつことも可能です。

 

同じタイプの封筒型寝袋を連結して使うことも可能で、ファスナーが勝手に開くことを防止するファスナーガード付きで、使わない時には簡単に圧縮して折りたたみ、持ち運びに便利な機能性抜群の人気な封筒型寝袋です。

中綿素材 化学繊維 サイズ 230×83cm
重量 2kg 使用目的温度 -5℃
収納時サイズ 30×26cm 表地 ナイロン+ポリエステル

5位 Naturehike 『超軽量 コンタクト収納シュラフ』

価格:10,900円(税込)

高級ダチョウ羽毛を使用した超軽量寝袋

Naturehikeの高級ダウン封筒型寝袋は、重さなんと570gという超軽量な封筒型寝袋です。中綿には高級ダチョウ羽毛を280g使用して、表面素材と断面素材に400T撥水加工して外部湿気の侵入を防止し、いつもふわふわで暖かい空間を維持することができます。

 

片側のジッパーを外して2枚に広げることができ、複数人で並んで使うこともできるため、登山やキャンプ、バーベキューなどのアウトドアで、または夜勤時の仮眠用、来客用、そして災害時の防災時用として様々なシチュエーションで使うことができます。

 

軽量で暖かいだけではなく、表面には強力な撥水加工を施したナイロン素材を使用し、縫製も丁寧でしっかりしているため、耐摩耗性、耐久性にも優れたおすすめの封筒型寝袋です。

中綿素材 ダウン サイズ 190×72cm
重量 570g 使用目的温度 5℃
収納時サイズ  12×26cm 表地 ナイロン

4位 KingCamp 『寝袋 封筒型 枕付き 2人用』

価格:6,280円(税込)

2in1タイプの大きめサイズ

King Campのこちらの封筒型寝袋は、2人用の大きいサイズの寝袋です。サイズは220×150cmと大きく、大人2人でもゆったりと寝ることができる十分サイズです。また、中央のファスナーで切り離してシングルとしても使うことができる人気タイプです。

 

King Campの2人用封筒型寝袋の最大の特徴は、寝袋内の暖かさを外に逃がさない点です。中空繊維を立体的に編み込んだ3D中空綿を使用し、一般的な寝袋よりも空気含有量が増え、熱損失は41%減らすことに成功し、抜群の保温力を可能にしています。

 

使用目安温度は-3℃で冬でも使うことができ、また、ファスナーで自由に開閉ができるので通気性がよく、ほどよく体温調節が可能なため、オールシーズンでも使える便利な封筒型寝袋です。撥水加工も施されているので、耐水性と耐久性を兼ね備えた機能性抜群のカップルにおすすめな封筒型寝袋です。

中綿素材 3D中空綿 サイズ 220×150cm
重量 2.8kg 使用目安温度 -3℃
収納時サイズ 51×30×30cm 表地 ポリエステル

3位 パラディニア 『 寝袋 封筒型』

価格:3,750円(税込)

手足が出せるオールシーズン対応型

パラディニアの封筒型寝袋は、丸洗いが可能でコンパクトに持ち運びできるおすすめの封筒型寝袋です。通常使用時は175×67cmですが、大きく広げれば横幅は135cmまで広がりゆったりと使うことができます。

 

パラディニアの封筒型寝袋の最大の特徴は、封筒型では珍しい手足が出せる点です。マミー型ではよく見られる機能ですが、パラディニアの封筒型寝袋は手足が出る設計になっているので、暑いときには手足を出すことで優れた通気性を発揮し、快適に寝ることができます。

 

使用目安温度は-10℃ですが、ジッパーを開けてフルオープンでも使うことができるので、春・夏・秋・冬とオールシーズンで対応することができる便利な封筒型寝袋なため、使用範囲は幅広く、防災用としても一つあるととても安心な封筒型寝袋です。

 

オールシーズン使用可能で、コンパクト収納で持ち運びにも便利、使用後はそのまま丸洗いできていつでも清潔、快適に使用できる人気でおすすめのパラディニアの封筒型寝袋は家庭に一つあるととても便利です。

中綿素材 3Dファイバー サイズ 175×67cm
重量 1.65kg 使用目安温度 -10℃
収納時サイズ 24×34cm 表地 ナイロン+ポリエステル

2位 LICLI 『丸洗いできる 封筒型 シュラフ 』

価格:2,490円(税込)

丸洗い可能で簡単お手入れ

LICLIの丸洗いできる封筒型シュラフは、まさにネーミング通りに丸洗いできる常に衛生的に清潔に使用することが可能な洗える寝袋です。コンパクトに持ち運びと簡単収納もでき、ダウンと違って驚くほどにお手入れが簡単な人気の封筒型寝袋です。

 

LICLIの封筒型寝袋の特徴は、重さ約900gという抜群の軽量性で、わをかけて収納サイズは35×18cmなのでキャンプなどのアウトドアへの持ち運びにも全く邪魔になりません。

 

ファスナーガードとトンネルフード、ドローコードの3要素が寒さから身を守り快適な寝心地を提供し、ジッパーを広げてゆったりサイズで2人用フルオープンにして自宅での敷布団や掛布団としても活躍する多機能の封筒型寝袋です。

中綿素材 中空綿 サイズ 210×75cm
重量 900g 使用目安温度 5℃
収納時サイズ 35×18cm 表地 ポリエステル

1位 YOTECE 『寝袋 封筒型』

価格:3,580円(税込)

布団のような暖かさで収納力抜群の封筒型寝袋

YOTECEから発売されている封筒型寝袋は、布団のような暖かさで快適に寝ることができる人気の封筒型寝袋です。最大の特徴は高級ダウンのような暖かさで、使用目安温度が0℃に設定されており、冬のキャンプにも対応する保温力を備えている点です。

 

収納時は直径23cm×高さ39cmまでコンパクトにまとまり、重さ1.6kgと持ち運びにも便利なサイズに収納可能な点も魅力的です。使用時のサイズは220cm×85cmと比較的大き目のサイズのため、布団のように暖かく包まれているような感覚で安心して寝ることができます。

 

登山からキャンプなどアウトドアから、災害時の避難用封筒型寝袋として幅広く活躍することができ、使用後は丸洗いが可能なハイスペックな封筒型寝袋です。

中綿素材 ホローファイバー サイズ 220×85cm
重量 1.6kg 使用目安温度 0℃
収納時サイズ 23×39cm 表地 ナイロン

まとめ

封筒型寝袋の選び方とおすすめランキング10選を紹介してきました。選び方のポイントとなるのはアウトドアで使う場合には使う季節によって保温性をチェックすること、それには中綿の種類の特徴をおさえることが重要です。また、アウトドアだけではなく、防災用として家庭に1つあるととても便利なアイテムです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ