のこぎりの選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

我々が木などを切断する際に頻繁に目にするのこぎり。実はそんな『のこぎり』にも様々な用途に合うものがあるのです。そこで今回はそんな『のこぎり】の選び方の詳細や、おすすめの『のこぎり』の商品を人気順でランキング形式にして紹介します!

のこぎりとは?

選び方や正しい使い方を紹介する前に、のこぎりとは何かを説明します。のこぎりは薄くした銅板のふちに沢山の歯が付いていて、主に木材などの切断に使われている工具のことです。

 

のこぎりの文化は日本だけでなく世界的にも浸透していて、文明が栄えたエジプトでは4千年も前から使われていたことが明らかになっています。それだけ我々人間にとって、のこぎりは生活に無くてはならない工具の一つなのです。今回はそんな長い歴史があるのこぎりの選び方やおすすめののこぎりをランキング形式で紹介します!

のこぎりの選び方

のこぎりを購入する際の注意点は、選び方です。木材をカットできるのこぎりは様々な用途によって微妙に違い、使い方を間違えるとすぐ刃こぼれや切れ味が落ちてしまう原因となってしまいます。

 

のこぎりの詳細を詳しく知ったうえで、その中からあなたが必要なおすすめを購入するように考えることが重要なのです。

のこぎりはタイプからおすすめを選ぶ

のこぎりを購入する際に知っておきたいのはタイプです。のこぎりのタイプを知っておかないと、購入したのこぎりの刃をすぐにダメにしてしまう可能性が非常に高くなるのでしっかりとのこぎりのタイプの知識を付けてからおすすめを購入するようにしましょう!

「横挽き」のタイプののこぎりを選ぶ

のこぎりには「横挽き」のタイプの刃があり、刃の上部・裏部の表面が鋭く削れて木の繊維を切断できる作りになっています。「横挽き」のタイプののこぎりは一つ一つの刃が左右交互に向かい合って並んでおり、刃の振動で木材が挟みこまれるのを防ぐ構造になっているのです。この刃の作りがのこぎりで切断する際に横向きになった状態で引いて押してを繰り返すことで、のこぎりと木材の切断面で摩擦が起こって木材が削れていくことになります。

 

ですが「横挽き」のタイプののこぎりの角度を縦向きになった状態で切断してしまうと、本来横向きで使われる構造でできた刃にかなりの負荷がかかっていまい切れ味が悪くなるケースが多いので角度に注意が必要です。

「縦挽き」のタイプののこぎりを選ぶ

のこぎりには「横挽き」のタイプ以外にも「縦挽き」のタイプもあり、のこぎりの刃先で木を削るような作りになっています。「縦挽き」のタイプののこぎりは「横挽き」のタイプとは違って、裏刃と上刃の角度と刃先の線が切断する材質の硬さによって切り込み角度が異なるのです。

 

「縦挽き」のタイプののこぎりは硬い材質を切断する際には切り込み角度を鈍角にして、柔らかい材質を切断する際には切り込み角度を鋭角にします。ですがこのタイプののこぎりで間違って横向きにしながら切ってしまうと、作業効率が悪くなるだけでなく切れ味が悪くなる原因になってしまうので注意が必要です。

 

「縦挽き」のタイプは「横挽き」のタイプの刃よりも、一つ一つ大きいことが特徴的ですので見分け方も一目でわかるようになっています。

のこぎりのアサリ幅で選ぶ

のこぎりには「横挽き」のタイプと「縦挽き」のタイプの2種類がありますが、この2種類のタイプののこぎりでも刃のアサリ幅がメーカーごとで違うのでしっかりと確認することが大事です。

 

アサリ幅はのこぎりで材料を切断する際の摩擦を少なくする働きを持っていて、水分を多く含む材料にはアサリ幅を小さく。そしてそれ以外のものはアサリ幅の大きいのこぎりを使用することこそが、のこぎりの切れ味を長持ちさせるポイントにつながります。

 

この2種類のタイプとアサリ幅をしっかりと把握すれば、切れ味が長続きして作業効率のいいおすすめののこぎりに巡り合うことが出来るのです。

のこぎりは用途別の種類でおすすめを選べる

木材をカットする際に使われているのこぎりですが、様々な種類が用途別に分かれています。自身の使用用途に合ったおすすめののこぎりを選ぶようにしましょう!

木の繊維に合わせて真っ直ぐ切れる「両刃のこぎり」を選ぶ

まず一つ目に紹介するのこぎりは「両刃のこぎり」です。この種類ののこぎりは「縦挽き」と「横挽き」の両方が備わっていて、「大工のこぎり」という別名もあります。

 

「両刃のこぎり」は一般的な木材をカットする際に使われているのこぎりで、自分の使いやすい角度を2パターン兼ね備えた効率よく木材をカットすることが出来る優れものなのです!さらに木材を切断した際に出る切りくずも外に出る仕組みが施されており、とても切りやすく作業中に切断ラインが見えやすいのこぎりとしても「両刃のこぎり」は広く知られています。

 

ですが現在は『縦挽き』ののこぎりの普及が少なく、「両刃のこぎり」を販売している量販店も減ってきていることで徐々に使われる機会がなくなってきているのこぎりでもあります。『縦挽き』と『横挽き』の両方で切断を望まれる方にはおすすめののこぎりです。

切断後にやすりが要らない「胴付きのこぎり」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「胴付きのこぎり」です。この種類ののこぎりは補強板が付いているのこぎりで、刃が細かく切り口が滑らかになるような作りをしています。このことから「胴付きのこぎり」を使用する際はやすりを使わなくて済み、やすりをかけにくい木材の細部の切断におすすめののこぎりなのです。

 

さらにこの種類ののこぎりはのこ身がとても薄く、精密な切断の適していてミリ単位幅の切断が可能な優れものとなっています。

 

ですが「胴付きのこぎり」は補強板が付いているため、太い木材などを切断する際に切り口にあたることからのこ身よりも切り口の面積が小さい物の切断しか向いていないというデメリットもあるのです。

木材の切り始めを選ばない「アゼ挽きノコギリ」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「アゼ挽きノコギリ」です。この種類ののこぎりは木材の溝を切るために作られていることで刃が丸い形になっているのが特徴となっています。

 

そして「アゼ挽きノコギリ」は木材の切り始めを選ばず、切り穴も不要なので材料の切り抜きをしたい特殊な切り方を望まれている方にはおすすめののこぎりです。さらに「アゼ挽きノコギリ」は「両刃のこぎり」と同様に『縦挽き』と『横挽き』の目が付いているので、自分の切りやすい角度で切ることが出来る優れものとなっています。

 

ですがこの種類ののこぎりはのこ身の面積が狭いため、切り抜き以外の作業には向いておらず切断用と使い分ける必要があることがデメリットです。購入の際は切断用も同時に購入しましょう。

持ち運びもできる安全な「折り込みのこぎり」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「折り込みのこぎり」です。この種類ののこぎりは携帯用ののこぎりとして広く知られ、ご家庭などのお庭にある植木等の「剪定用のこぎり」に多いことが分かっています。

 

さらに「折り込みのこぎり」は庭木などの生木と木材のカットの両方にも適応種類があり、のこぎり部分のリーチも長く携帯もできるので高所作業等の切断作業をされる方にはとても重宝するおすすめののこぎりです。

 

ですが「折り込みのこぎり」は携帯用であるためのこ身の面積が狭く、一般的な木材にも適していますが切断には少々体力がいることがデメリットとなっています。

刃の取り換えが可能な「替え刃のこぎり」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「替え刃のこぎり」です。この種類ののこぎりは様々なタイプののこぎりを付け替え可能で、切れ味が悪くなっても一からのこぎりを買い直さなくていいメリットがあります。「替え刃のこぎり」は一般的に最も多く使われているのこぎりで、メーカーごとに設けられている付け替えの規格範囲であればオールマイティに使用できるためおすすめです。

 

ですが「替え刃のこぎり」のデメリットとして規格範囲の替え刃しか対応しておらず、必要なタイプののこぎりの刃が市販で売り切れると使用できないことが挙げられます。さらにこの種類ののこぎりは片刃の『横挽き』が多く、「両刃のこぎり」にある『縦挽き』の刃が無いことが多いのでデメリットを把握したうえでの購入を考えましょう。

大きな丸太などの木材を切断する「がんどのこぎり」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「がんどのこぎり」です。この種類ののこぎりは『横挽き』専用で刃の目がとても粗く、太い丸太などの面積が大きい木材を切断する際にとても重宝するため植木をされている方には持っていて損はなくおすすめします。

 

また近年は電動チェーンソーなどの普及により「がんどのこぎり」の普及は減りつつありますが、電動チェーンソーが買えない方が多く騒音もないことから現在も多くの一般家庭で使われていることが多いのこぎりなのです。

 

ですが面積が広い丸太などの切断は「がんどのこぎり」等の対応のこぎりでもかなり体力がいるため、連続での作業には不向きとなっているデメリットもあります。

曲線に切断できる「回し挽きノコギリ」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「回し挽きノコギリ」です。この種類ののこぎりは材料を真っ直ぐではなく曲線状や丸い形に切断できることから、真っ直ぐではない切断を望まれている方にはかなりおすすめとなっています。

 

また「回し挽きノコギリ」はコンパクトで体力もあまり使うことなく切断できることや、木材だけでなく電気工事・配管工事などでの切断作業や石膏ボード類・プラモデルなどのプラスチック製のものなどの切断にも対応できる種類があり携帯できる優れものです。

 

さらに「回し挽きノコギリ」は他の手のこぎりとは違って『引いた際に切れるもの』だけでなく『押した際に切れるもの』の種類もあり、切りくずも散らばりが少ないので室内での作業にも向いているのこぎりとなっています。

木材ではなくパイプ類を切断するときに使う「パイプのこぎり」を選ぶ

次に紹介するのこぎりは「パイプのこぎり」です。この種類ののこぎりは「スーパーソー」という別名もあり、木材ではなくビニール製やアルミ製などのパイプ切断専用でDIYなどを趣味にもたれている方にはとても重宝します。

 

さらに「パイプのこぎり」は替え刃式であるため、刃こぼれで使用できなくなっても刃だけを付け替えれば使用可能であるメリットも持っているのです。

 

ですが「パイプのこぎり」はのこ身の面積が狭くあまり大きなパイプなどは切断出来ないデメリットがあるので購入を考えている方は、切りたいパイプが「パイプのこぎり」で切れるのかどうかを確認してから購入すると失敗がありません!

鉄類を切断するときに使う「鉄切りのこぎり」を選ぶ

最後に紹介するのこぎりは「鉄切りのこぎり」です。この種類ののこぎりは「ハンディ―ソー」という別名があり、木材ではなく鉄製のものやアルミ製のものの切断する際に使われることで知られています。

 

さらに「鉄切りのこぎり」は大体が替え刃可能なものが多く、のこ身の面積が小さいことで素早く切断できるメリットもあるので鉄製やアルミ製で手早く切断したいものがある方にはおすすめののこぎりです。

 

ですが「鉄切りのこぎり」は細いのこ身の刃を固定する板が付いており、刃から固定板までのスペース内で切断できるもの以外は角度を変えても切断できない可能性もあるので注意しましょう!

【切れ味抜群!】のこぎりのおすすめ人気ランキング10選

のこぎりのタイプや種類についての知識はあるものの、どののこぎりを買えばいいのか分からないという方も多いです。そこでそんなのこぎりの中から人気のある商品を「おすすめ人気ランキング10選」と題し、ランキング形式で紹介します!

10位 SK11『替刃式折込鋸 刃渡り 120mm 引き廻し用 S120-H』

低価格で錆びにくい切れ味抜群ののこぎり

まずおすすめランキング第10位にランクインしたは、SK11の『替刃式折込鋸 刃渡り 120mm 引き廻し用 S120-H』です。このタイプののこぎりは刃の角度を二段階に分けることが出来る「回し挽きのこぎり」で、すべりにくいエラストマ樹脂を採用したグリップと錆びにくい作りになっている商品となっています。

 

さらにこののこぎりは低価格で切れ味の持続性もいいことが購入者の間で高い評価を得ているのです。錆びにくいため、屋外で作業される方や水回りで作業される方にはとても重宝できるおすすめののこぎりとなっています!

メーカー SK11 タイプ 回し挽き
型番 S120-H 刃渡り 120mm
重量 136g 厚さ 0.9mm

9位 長谷川刃物『ダンボールのこ ダンちゃん DC-190』

次におすすめランキング第9位にランクインしたは、長谷川刃物の『ダンボールのこ ダンちゃん DC-190』です。このタイプののこぎりは段ボール専用で、切れ味がすぐに落ちるカッターなどよりも遥かに持続性に優れた「両刃のこぎり」となっています。

 

さらにこののこぎりは購入者からも段ボールがサクサク切れて、カッターを使うよりも遥かに切れ味が長持ちすると高評価を得ているのです。ビニール製の専用ケースも付いているので、段ボールを普段から多くカットされる方には節約できてお買い求めをおすすめしたいのこぎりとなっています!

メーカー 長谷川刃物 タイプ 両刃のこぎり
型番 DC-190 刃渡り 7.5cm
重量 20g 厚さ 0.9mm

8位 神沢精工株式会社『神沢精工(サムライ) 騎士 240mm FC-240-LH』

木材のカットに適した便利な携帯用の「折り込みのこぎり」

次におすすめランキング第8位にランクインしたは、神沢精工株式会社の『神沢精工(サムライ) 騎士 240mm FC-240-LH』です。このタイプののこぎりはメーカーが日本刀の切れ味を継承して100年続く技法で作り上げた、キャンプなどのアウトドアなどでもおすすめの「折り込みタイプ」の商品となっています。

 

さらにこののこぎりは木材だけでなく、生木やキャンプなどにも使われる薪のカットに最適であることが購入者から高く評価されているのです。摩擦抵抗が少なく木屑も綺麗に排出できることから、庭木の手入れやアウトドアのシーン等でで活躍できるおすすめののこぎりとなっています!

メーカー 神沢精工株式会社 タイプ 折り込みのこぎり
型番 FC-241-LH 刃渡り 240mm
重量 295g 厚さ 0.9mm

7位 ゼット販売『Z ライフソークラフト 145』

アサリが無くても綺麗な切断が出来るおすすめののこぎり

次におすすめランキング第7位にランクインしたは、ゼット販売の『Z ライフソークラフト 145』です。このタイプののこぎりは刃にアサリが存在せず、板面に傷が付かない商品となっています。

 

さらにこののこぎりは「替刃のこぎり」でありながら付け替え時に取り付ける方向の指定が無いのでとてもおすすめののこぎりで、アサリなしでも綺麗な切断が出来ることに感動を覚える購入者がとても多いようです。持ち運びにも便利で低価格なので、「替刃のこぎり」の購入に悩まれている方はぜひ一度購入していただきたいおすすめの商品となっています!

メーカー ゼット販売 タイプ 替刃のこぎり
型番 No.30023 刃渡り 150mm
重量 4.54g 厚さ 0.40mm

6位 角利産業『プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付 No.7260』

木材だけでなく、様々なジャンルに対応したおすすめの替刃のこぎり

次におすすめランキング第6位にランクインしたは、角利産業の『プロメイト 糸鋸デラックス 焼入刃付 No.7260』です。このタイプののこぎりは日曜大工やDIYなどの作業におすすめの「替刃タイプ」ののこぎりで、フレームの深さが160㎜あるので2×4の木材のカットにも対応している優れものとなっています。

 

さらにこののこぎりは木材だけでなくプラスチック用や金属用のメーカー規定の替刃も販売しており、様々なジャンルの切断に対応している「替刃のこぎり」なのです。購入者からも木材用の替刃だけでなく、付属品としてプラスチック用・金属用の替刃もセットになっていることでこの商品一つで作業ができると高評価を得ています。「替刃のこぎり」で様々なタイプを揃えるのが面倒という方にはおすすめの商品です!

メーカー 角利産業 タイプ 替刃のこぎり
型番 No.7260 刃渡り 130mm
重量 236g  厚さ 0.9mm

5位 角利産業『スーパー技工 替刃式のこぎり 塩ビ・アクリル用 210mm プラスチックケース付』

プラスチック製の切断に長けている切れ味のいいおすすめの替刃のこぎり

次におすすめランキング第5位にランクインしたは、角利産業『スーパー技工 替刃式のこぎり 塩ビ・アクリル用 210mm プラスチックケース付』です。このタイプののこぎりは木材用ではなく塩ビ素材やアクリル素材を切断する専用の商品となっていて、付属品としてプラスチック製のケースが付いています。

 

さらにこののこぎりは購入者から切れ味やプラスチックの切断に長けたのこぎりであると高く評価されているのです。仮に切れ味が悪くなっても「替刃のこぎり」なので刃を変えれば再び使用でき、プラスチック・アクリル・塩ビ素材の切断に困っている方にはおすすめの商品となっています!

メーカー 角利産業 タイプ 替刃のこぎり
型番 41144-2140 刃渡り 210mm
重量 168g 厚さ 0.6mm

4位 ユーエム工業『シルキー ゴムボーイ 万能目 210mm 121-21』

切れ味が良くてやすり要らずのおすすめの万能のこぎり

次におすすめランキング第4位にランクインしたは、ユーエム工業『シルキー ゴムボーイ 万能目 210mm 121-21』です。このタイプののこぎりは剪定作業や仮枠作業まで幅広く活躍できる商品で、スチームゴム製のグリップを搭載していることで切断面の振動を抑えることができる「折り込みのこぎり」となっています。

 

さらにこののこぎりは椅子の足などの硬い素材であっても驚くぐらいの切れ味であることが購入者から高く評価されているのです。さらに切断面も滑らかでやすりが必要なく、バリもないことから幅広い作業に役立てるおすすめの万能のこぎりとなっています!

メーカー ユーエム工業 タイプ 折り込みのこぎり
型番 No.121-21 刃渡り 210mm
重量 230g 厚さ 1.2mm

3位 MOSSY OAK『替え刃式折込鋸 折り畳み式 刃渡り190mm 万能目 木工用 硬質プラスチック用替え刃 鉄工用替刃付き【専用収納ケース付き】』

折りたためて様々な場面で使える万能のこぎり

次におすすめランキング第3位にランクインしたは、MOSSY OAK『替え刃式折込鋸 折り畳み式 刃渡り190mm 万能目 木工用 硬質プラスチック用替え刃 鉄工用替刃付き【専用収納ケース付き】』です。このタイプののこぎりはキャンプやガーデニングなどのアウトドアや日曜大工等の様々な分野で活躍できる商品で、滑り止めのついたグリップを搭載した万能な「折り込みのこぎり」となっています。

 

さらにこののこぎりは重厚感のある見た目や、鉄なども切ることが出来るほどの切れ味を持っていることから購入者にとても評価が高いのです。持ち運びの際に使っていたのこぎりで中々切ることが出来ないとお困りの方には是非ともおすすめしたいのこぎりとなっています!

メーカー MOSSY OAK タイプ 折り込みのこぎり
型番 替え刃式折込鋸 折り畳み式1 刃渡り 190mm
重量 508g 厚さ 0.9mm

2位 SK11『替刃式折込鋸 刃渡り 120mm 木工用 S120-M』

低価格で軽量のコストパフォーマンス以上の切れ味を持つのこぎり

次におすすめランキング第2位にランクインしたは、SK11『替刃式折込鋸 刃渡り 120mm 木工用 S120-M』です。このタイプののこぎりは軽量でポケットに入るぐらいのコンパクトさを持つ商品で、錆びにくい刃に握りやすいグリップが特徴的な「替刃のこぎり」となっています。

 

さらにこののこぎりは低価格でありながらアウトドアや伐採など多方面で活躍できて、切れ味がとてもいいと購入者の多くが高く評価しているのです。コストパフォーマンス以上の活躍をするのにコンパクトな軽量タイプであることから、腕に負担をかけたくない方や工具がかさばりたくない方にはおすすめの商品となっています!

メーカー SK11 タイプ 替刃のこぎり
型番 S120-M 刃渡り 120mm
重量 159g 厚さ 0.6mm

1位 ゼット販売『Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸 08104』

どんなものも切れる最強の万能のこぎり

そして栄えあるおすすめランキング第1位にランクインしたは、ゼット販売『Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸 08104』です。このタイプののこぎりはコバルトスイス銅製で作らており、耐久性にとても優れていてフレームもないことから狭い場所での切断も可能にしている商品となっています。

 

さらにこののこぎりは切れ味がとてもよく、購入者からも鉄製の切断に評価が高いです。また、細かく刻めることで粗大ごみとして出さなくて済んだと喜ばれている方も多くいます。さらにこの「鉄製のこぎり」は金属だけでなくどんな材質のものも切ることが出来る万能のこぎりとしても知られており、のこぎりの購入を考えている方にはおすすめの商品です。

メーカー ゼット販売 タイプ 鉄切りのこぎり
型番 08104 刃渡り 225mm
重量 9.07g 厚さ 0.7mm

まとめ

ここまでのこぎりの選び方やおすすめキング10選の紹介をしてきましたが、参考になられたでしょうか?のこぎりについての知識を知るだけで切れ味の持続性や作業効率に大きな違いが生まれ、少しの理解で無駄な出費を大幅に防ぐことも可能となります。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

手軽で安心!段ボールカッターの人気おすすめランキング10選

手軽で安心!段ボールカッターの人気おすすめランキング10選

工具
【どんな用途にも対応!】人気の軍手のおすすめランキング10選

【どんな用途にも対応!】人気の軍手のおすすめランキング10選

作業服・装備品
【切れ味抜群でおすすめ!】グローバル包丁の人気ランキング10選

【切れ味抜群でおすすめ!】グローバル包丁の人気ランキング10選

キッチン用品
【ワイン好きの憧れ】人気のソムリエナイフのおすすめランキング10選

【ワイン好きの憧れ】人気のソムリエナイフのおすすめランキング10選

キッチン用品
工具セットの人気おすすめランキング11選【プロも使用するものやアストロプロダクツの商品も】

工具セットの人気おすすめランキング11選【プロも使用するものやアストロプロダクツの商品も】

工具
【サビもワックスも落とす】人気のスクレーパーおすすめランキング

【サビもワックスも落とす】人気のスクレーパーおすすめランキング

工具