記事ID132269のサムネイル画像

【これで決まり】人気のエアコン室外機カバーおすすめランキング10選

汚れ防止や、省エネ対策としてだけでなく、立派なエクステリアの一つとして室外機カバーを設置している方が増えています。今回は室外機カバーの選び方や、人気のおすすめ室外機カバーをランキング形式でまとめました。どれがいいのか分からないという方は、ぜひ参考にして下さい。

室外機カバーはどれがいい?

エアコン室外機を汚れや劣化から守る「室外機カバー」。最近では室外機の保護をするだけでなく、おしゃれなエクステリアのひとつとして使えるものまで幅広く販売されています。

 

素材やデザイン、省エネ性など選ぶ基準がたくさんあってどれを選んでいいかわからないという方も多いことでしょう。

 

今回は室外機カバーの選び方や、人気のおすすめ室外機カバーをランキング形式でまとめました。どれがいいのか分からないという方は、ぜひ参考にして下さい。

エアコン室外機カバーの選び方

ここでは室外機カバーの選び方について解説していきます。どんな種類の室外機カバーがあるのか、そして、自分がどのような目的で室外機カバーを探しているのか、その中で素材サイズに注意して選んでみましょう。

 

それぞれ、ひとつひとつ解説していきますので、参考にして選んでみてください。

室外機の種類で選ぶ

そもそもエアコンの室外機カバーにはどんな種類があるのかを解説していきます。主に発売されているほとんどの室外機カバーはこの3種類に分類することができます。

 

それぞれに特徴がありますので、買ってから後悔しないためにも、室外機カバーを選ぶ際にはその特徴をよく理解してから選ぶとよいでしょう。

上部カバータイプ

上部カバータイプは、その名の通りエアコンの室外機の上部を覆うような形でカバーしてくれるタイプの商品です。取り付けも室外機の上にのせてバンドで固定するだけの物が多く、取り付けが簡単なので、女性1人でも取り付けることが可能です。

 

上面だけのカバーなので比較的価格は安く手に入るものが多いのが特徴ですが、上部のみのカバーなので前後左右からの汚れなどには弱いです。吹きさらしの場所に設置する際は特性を理解して設置しましょう。

 

特に夏場の強い日射から室外機を守ったり、冬場の簡易的な積雪対策として効果を発揮する室外機カバーと言えるでしょう。

箱型カバータイプ

箱型カバータイプは、エアコン室外機の上部・前面・左右をカバーしてくれるタイプの商品です。エアコンの室外機を汚れや劣化から守るだけでなく、収納付きのものや、見た目がおしゃれなものなど様々です。

 

省エネ効果も期待できたりと良いことづくめなのが四面カバータイプの特徴です。材質も木製金属製のものがあり、使用環境に合わせて選択するとよいでしょう。

 

室外機カバーの中でも一番商品数が多くあり、選択肢が幅広いので、どんな目的で室外機カバーを必要としているかによって買う商品を選ぶことをおすすめします。

 

全面カバータイプ

全面カバータイプは、エアコン室外機をすっぽりと覆うような形のカバーになります。汚れや劣化の防止に特化したカバーと言えるでしょう。

 

こちらのタイプのカバーは上部や箱型カバータイプと使用目的が少し異なります。こちらのタイプは底部以外の全面を覆うので、排気口なども全て塞いでしまいます。そのためカバーをつけたままエアコンを使用することはできません。

 

3つのタイプの中で一番安く手に入れることが出来るので、劣化したらすぐ交換するといった形で運用している方も多いようです。別荘の室外機やオフシーズンに室外機に使用するのがおすすめのカバーです。

目的に合わせて室外機カバーを選ぶ

そもそもなぜ室外機カバーが必要なのかを考えてみましょう。家庭により室外機カバーを必要とする目的はさまざまですが、室外機を隠すためだけではなく、省エネ効果や室外機の劣化防止などが期待できます。デッドスペースを収納スペースに変えることも可能です。

 

ここでは目的に合わせた室外機カバーの選び方のポイントをみていきましょう。

汚れ・劣化を防ぎたい

まず最初に室外機カバーを汚れや劣化の防止目的として利用するパターンです。基本的に室外機は屋外に設置しますので、どうしてもホコリや雨風、紫外線により汚れがついてしまったり、次第に劣化していくことを避けることができません。

 

場合によっては室外機の故障に繋がる可能性もあります。スペースによってはどうしても目立つところに室外機を設置せざるを得ないご家庭もあることでしょう。

 

室外機カバーを使用することで、汚れや劣化を防ぐことが可能になるので、見た目はもちろん、室外機の劣化も防ぎ寿命を伸ばすことができます。

省エネ効果に期待したい

次に室外機カバーを使うことによる省エネ効果目的です。室外機カバーを利用することで、冷暖房効率を上げ、節電に繋げることができます。

 

夏場は紫外線や気温などから室外機を守り、室外機の温度の上昇を抑えることで効率よく室内を冷やすことができるようになります。 冬場は積雪から室外機を守り、雪が排気口を塞ぐことや、雪解け水が排気口に侵入してしまうことを防ぐ役割があります。

 

ただし気をつけなければならないのが、室外機カバーの排気口や前後左右のデザインによっては排気効率が悪くなり、逆に冷暖房効率が落ちてしまうので、注意が必要です。選ぶ際はどのくらい排気スペースが設けてあるのか確認しましょう。

エクステリア・収納スペースとして活用したい

エアコンの室外機は見た目もよくない上に、意外とスペースを潰してしまいます。 どうせなら、エクステリアの一部として魅せる空間を演出したり、室外機の空間を無駄なく利用したいところですよね。

 

置くだけで立派なエクステリアになるおしゃれな室外機カバーが多数販売されているので心配はする必要はありません。選択肢も多いので、自分の好みやご自宅のテイストに合わせて選んでみるのがおすすめです。

 

また、見た目がおしゃれなだけでなく、収納棚付きのカバーも発売しているので、掃除道具やガーデニング用品などそのまま置いておきたくないものを入れることができるので一石二鳥です。収納付きの室外機カバーを購入することで、魅せる収納スペースとしてうまく活用することも可能になります。

素材・サイズで選ぶ

続いては室外機カバーの素材やサイズで選ぶ方法をお伝えします。デザインや機能性だけでなく素材やサイズも豊富にありますが、室外機カバーを選ぶうえでもっとも後悔や失敗しやすいポイントなので十分注意して選びましょう。

 

見た目に関しては基本的には好みで選んでよいでしょう。素材によってそれぞれメリット・デメリットがあるので、よく特徴を把握した上で自分にあった素材を選ぶと後々後悔することもなく選ぶことができます。

 

アルミ製室外機カバーの特徴

メリット:軽く耐久性があり、手入れがしやすい省エネ効率もよい。

デメリット:軽いので、設置場所によっては風で動いてしまう可能性がある。

 

軽くて耐久力のあるアルミ製の室外機カバーは、とても人気のある素材です。サビや腐食などを気にする必要もなく、お手入れがしやすいのがポイント。アルミ自体が放熱性に優れており、省エネ対策にもなります。雨ざらしの場所に室外機があるという方におすすめです。

 

 

プラスチック製室外機カバーの特徴

メリット:軽く耐久性があり、手入れがしやすいコストパフォーマンスに優れる。

デメリット:プラスチック製室外機カバーの種類が少ないため、選択肢が限られる。

 

プラスチック製は軽くて耐久力がありシンプルなデザインのカバーが多いです。一番のポイントはコストパフォーマンスに優れている点でしょう。比較的に安価で手に入るので人気です。デメリットは種類が少ない点でしょう。上部カバータイプのものがほとんどなので、選択肢が限られます。見た目をあまり気にせず、コストパフォーマンスを求める方におすすめの素材です。

鉄製室外機カバーの特徴

メリット:エクステリアとして存在感がある。置くだけで流行りのスタイルに。

デメリット:サビに弱い。重たい。

 

鉄製の室外機カバーは重厚で存在感のあるデザインのものが多いのが特徴です。置くだけでヴィンテージスタイルに様変わり。汚れや劣化の防止、省エネなどにはあまり期待できないので、室外機周辺をおしゃれな空間を演出し、エクステリアの一部として生かしたい方におすすめの素材です。

木製室外機カバーの特徴

メリット:ナチュラルでどんなスタイルにもマッチしやすい。

デメリット:腐食経年劣化が現れやすい。事前の防水処理や定期的な手入れが必要

 

木製の室外機カバーは、ぬくもりを感じるナチュラルな素材で人気です。どんなスタイルのご自宅でもマッチしやすいのが特徴。種類が豊富で選択肢が多いのも嬉しいポイントです。デメリットは定期的な手入れが必要となる点。木製なので腐食や経年劣化をから逃れることができません。主に屋根下で利用する方におすすめの素材です。

ガルバリウム製室外機カバーの特徴

メリット:非常に丈夫な素材で耐久力があり、サビに強い。手入れが楽。

デメリット:価格が相対的に高い

 

非常に高い耐久性が魅力的なガルガリウム素材の室外機カバー。サビにも強く手入れが楽なのが特徴です。相対的に価格が高い商品が多いですが、長く同じ室外機カバーを使っていたいという方や、あまり手入れをしたくない方、雨ざらしの場所に室外機があるという方におすすめの素材です。

サイズの選び方

室外機カバーを購入する上で、一番失敗しやすいポイントとして、サイズを間違えたことによって設置できなくなってしまうケースが挙げられます。

 

室外機カバーの購入を失敗しないためにも、購入する前に設置場所と室外機のサイズを必ず確認しておきましょう。商品によっては、室外機の形状や、ホースの位置が邪魔になることで、うまく設置できないことケースがあります。ですので、説明書などのサイズだけではなく実際にメジャーで測った上で購入することをおすすめします。

 

場所的に余裕がある場合は大きめサイズを買っておくと安心です。

人気の室外機カバーおすすめランキング

10位 dinos 『ガルバ製逆ルーバー室外機カバー 収納庫付き』 

価格:30,755円(税込)

室外機周りを上手く生かして、見た目や収納にこだわりたい方におすすめ。

収納庫が付いている室外機カバーです。モダンなデザインでしっかりとエアコンの室外機を隠してくれるだけでなく、収納も確保できるスグレもの。そのまま置いておきたくないものもうまく収納して魅せる空間にしてみてはいかがでしょうか。

ルーバーは通常向きも逆向きも両方に対応しているので近くに植物があっても上手く風向きを調整できます。また、素材はガルバリウム鋼板でサビにも強く、屋根のない屋外での利用でも耐久力に期待ができます。

タイプ箱型タイプカラーホワイト・ダークブラウン
素材アルミサイズ(cm)91×38×162

9位 ガーデンガーデン 『モダンエアコン室外機カバー』

価格:12,900円(税込)

和・洋テイストどちらにも映えるスタイリッシュなデザイン

横ルーバーが多い中、珍しい縦ルーバーデザインの室外機カバー。和・洋どちらの建物にもマッチしやすいスタイリッシュなデザインで人気があります。縦ルーバーのデザインが高級感を演出してくれるので縦ルーバーデザインの方が好きな方はおすすめです。

日光をカバーし遮熱することで省エネ・節電効果はもちろんのこと、通気を確保した作りなので熱風の排気を効率よく逃すことが可能。色違いのウォッシュホワイト色や、横ボーダーストライプタイプ、大型室外機対応モデルもあるので、選択肢も多いのが嬉しいポイントです。

タイプ箱型カラーダークブラウン・ウォッシュホワイト
素材木製サイズ(cm)93.5×42.5×90

8位 ガーデンガーデン 『ボーダーエアコン室外機カバー ジャンボ ポタジェ』

価格:30,000円(税込)

室外機周りがステキな収納スペースに

木製収納庫付きのおしゃれなエアコン室外機カバー。木のぬくもりを感じる、細部までこだわったレトロなデザインが特徴です。室外機があるのを忘れてしまうほどのデザインなので、室外機周りがステキな収納スペースに変身します。

ルーバーもしっかりしているので排熱性もよく、省エネ性能も問題ありません。スペースに余裕があり、見た目と実用性を重視したい方に是非おすすめです。木製なので風雨の劣化が木になる方は、ニスなどを塗って防水処理を施すと長持ちしますよ。

タイプ箱型タイプ(収納付き)カラーホワイト
素材木製サイズ(cm)112×43×163.5

7位 ガーデンガーデン 『アイアンエアコン室外機カバー』

価格:13,900円(税込)

男前なアイアン室外機カバーが欲しい人におすすめ

置くだけで、男前スタイルに早変わり。おしゃれなアイアン製エアコン室外機カバーです。
花や雑貨、造花などを飾って装飾すれば、庭やベランダなどの室外機周りを素敵に演出するエクステリアの一部として活用できます。

そのまま置いても様になりますし、アイデア次第ではかなりおしゃれな空間へ返信させることができます。また、ちょっとした収納スペースとして活用してもいいでしょう。

とにかく見た目にこだわりたい、エクステリアとして室外機カバーを使いたい方におすすめの室外機カバーです。

タイプ箱型タイプカラーブラック
素材スチール製サイズ(cm)

90×36.5×81

6位 Everteco 『エアコン室外機カバー』

価格:1,671円(税込)

全ての汚れや劣化の原因をシャットアウト

全面カバータイプのエアコン室外機カバーがランクイン。雨・雪・ホコリ・日光など全ての汚れや劣化の原因から室外機を守ります。

工具不要で、かぶせるだけの簡単設計。価格は今回の室外機カバーのランキングの中で一番安い商品になります。使用しない際は畳んで保管しておくこともできるので便利な室外機カバーです。ただし、このカバーをつけたままではエアコンは使用できないので注意が必要です。

別荘のエアコンやエアコンを使用しないシーズンでの利用や別荘などのエアコン室外機に使用するのがおすすめ。

タイプ全面カバータイプカラーシルバー
素材レーザーアルミ箔・PE複合綿サイズ(cm)80×30×55

5位 伊勢藤 『エアコン室外機用カバー』

価格:2,663円(税込)

耐久力と省エネにこだわりたい方におすすめ

雨、雪、直射日光から室外機を守る上面カバータイプの商品です。夏は室外機にカバーするだけで日差しからガードし、クーラーをより効果的に。冬は雪どけ水が室外機に入り込むのを防ぎます。

付属品のバンド2本で取り付けるだけで風などに飛ばされる心配もありません。75から80cmのサイズに合わせて伸縮、幅調整ができます。

上部のみカバーするものなので、狭い空間で利用する方や、見た目よりも、とにかく省エネ性能にこだわりたい方におすすめの室外機カバーです。

タイプ上面カバータイプカラーホワイト
素材ポリプロピレンサイズ(cm)75-80x35x8.2

4位 山善(YAMAZEN)  『ガーデンマスター 棚付きアルミエアコンカバー』

価格:14,990円(税込)

スタイリッシュな棚付き室外機カバーが欲しい方におすすめ

さまざまな室外機カバーを販売する山善(YAMAZEN)の雨風に強いアルミ製のエアコン室外機カバー。スタイリッシュなデザインでおしゃれに目隠しでき、夏場は直射日光から、冬場は降雪から室外機を守ることが可能です。

棚付きなので室外機カバー上部のデッドスペースを有効活用できるのが特徴。アルミ製なのでお手入れも簡単なのが嬉しいポイントです。

棚部分はアイデア次第でおしゃれに活用できます。
花や雑貨などを使っておしゃれを演出してみてはいかがでしょうか。

タイプ箱型タイプカラーグレー・ダークブラウン
素材アルミサイズ(cm)90×38×73

3位 dinos 『欧風室外機カバー』

価格:11,772円(税込)

ブリティッシュガーデン風のお庭の最適解

珍しいグリーンカラーのエアコン室外機カバーです。グリーンなのでガーデニングとの相性抜群。同系色にまとめればお庭に統一感を生み出し、とても見栄えがよくなること間違いなしの室外機カバーです。これ以上溶け込むデザインはないと言えるでしょう。

見た目だけではなく、機能性も十分。汚れや劣化から室外機を守ってくれるのはもちろん、ルーバーで風向きを変えられるので近くに植物があっても安心です。素材も鋼板とスチールなので耐久性も問題なく、見た目・機能・耐久性の三拍子揃った室外機カバーです。

タイプ箱型タイプカラーセージグリーン
素材ボンデ鋼板・スチールサイズ(cm)91×38×73

2位 山善(YAMAZEN)  『ガーデンマスター エアコン室外機カバー』

価格:6,927円(税込)

大人気の定番木製室外機カバー

山善(YAMAZEN)の代表作の室外機カバーがランクイン。木のぬくもりを感じる自然なデザインなので庭やベランダに溶け込みやすいのが特徴。

設置場所によっては劣化しやすいので、屋根がある場所での利用がおすすめ。屋外で使用する際は寿命を伸ばす為にニスなどを塗って防水処理を施すとよいでしょう。

デザイン・コスパ・省エネに優れた、どの家庭にも合わせやすい非常に人気の高い室外機カバーです。

タイプ箱型タイプカラーオイルブラウン
素材木製サイズ(cm)90×35.5×80

1位 アルマックス 『アルミ室外機カバー』

コスパ・耐久性・デザインの三拍子揃った「おすすめNo.1」室外機カバー

価格:7,890円(税込)

タイプ箱型タイプカラーシルバー・木目調・ホワイト
素材アルミサイズ(cm)90×38×73

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はエアコン室外機カバーの選び方とおすすめランキング10選を紹介しました。気になったエアコン室外機カバーはあったでしょうか。室外機カバーといってもさまざまなタイプやデザイン、素材があります。せっかく置くのであれば、素材や省エネ性能だけでなく、見た目などにもこだわって選んでみることをおすすめします。 この記事がエアコン室外機カバーを選ぶのに参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ