記事ID132241のサムネイル画像

【2019年最新】人気猫よけのおすすめランキング11選【超音波式も】

猫よけには薬品や超音波式など、さまざまな種類があります。水入りペットボトルは効果があるのか、どの猫よけを選べば野良猫を駆除できるのか分からないという方も多いでしょう。そこで、今回は庭や花壇、室内でも使えるおすすめの猫よけを特徴と一緒に紹介します。

猫よけとは?

庭の糞などで困っているという人は、猫が原因である可能性が高いです。そうとわかっても、常に注意を払うこともできずどう対処したらよいか分からないかと思います。そこで役に立つのが猫よけグッズというわけです。

 

猫よけグッズにはニオイのするスプレータイプやセンサーを利用した超音波装置、塀やポストの上などに設置する置き型と種類は様々です。猫を傷つけることなく退散させることができるので猫に困っているという人は試してみる価値があります。

 

今回は、猫退治に有効な猫よけを選ぶときのポイントや特徴をおすすめランキング形式で紹介していきます。あなたにピッタリな猫よけを見つけられるように、まずは選ぶときのポイントを見ていきましょう。

水入りペットボトルで火災

「水の入ったペットボトルを置いておけば猫よけになる」と聞いたことがある方もいるでしょう。しかし、水入りのペットボトルは猫よけとして効果がありません。太陽の光が反射するのを嫌うといわれているようですが、太陽の出ていない夜には全く効果がないといえます。

 

この水入りペットボトルが原因で火災が起きたという事例があります。水の入ったペットボトルが凸レンズのように太陽光を集束させてしまったことが発火の原因となっています。大変危険なので、絶対にやめましょう。

 

事件についての詳しい情報は下記のホームページをご覧ください。

猫よけの選び方

ポイントとなる点はいくつかありますが、何より大切なことは周囲に害を与えないということです。人間にももちろんですが、植物や動物に害を与えない猫よけグッズを選びましょう。では、猫よけを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

猫よけのタイプで選ぶ

猫よけには主に「忌避剤」「シートタイプ」「超音波」の3つがあります。忌避剤は薬の臭いで猫を遠ざけるタイプで、安く手に入り、人が通る道でも使用できます。広範囲にわたって効果を発揮しますが、臭いで撃退するため猫によっては効かないこともあります。

 

「シートタイプ」はとげとげしたマットで物理的に猫を追い払うタイプの猫よけです。猫がおのずと避けてくれるため効果は絶大ですが、人の通る道には不向きです。

 

昨今人気なのが見えない超音波を出して猫を避ける「超音波タイプ」です。人には聞こえない高い超音波を出して猫を撃退してくれます。ただ、まれに超音波が聞こえてしまうお子さまもいるため、お子さまのいるご家庭には注意が必要です。

人の生活に影響を与えないか

人間の生活に影響を与えてしまう猫よけを選んではいけません。せっかく猫を追い払うことができても普段通りの生活ができなくなってしまっては本末転倒です。

人が通れるか確認

たとえば、とげマットを置いた場所は基本的に人間が通ることができません。そのため、いくら猫が通る道だからといって、人の通りが多い場所に設置することは避けましょう。乗ってほしくない場所や塀の上といった猫だけが通るような道に設置することをおすすめします。

 

猫よけネットは安価で購入でき、広範囲に設置できるのでコストフォーマンスに優れています。70cm程度なら、大人は跨いで通ることができます。人間が跨ぐことができる高さは、猫も飛び越えることができますが、意外にも猫はジャンプで飛び越えようとはしません。

 

網で絡まってしまったり、足場にするには柔らかすぎたり、飛び越える動作が大変という理由から、猫にはネットが効果的なのです。効果がないという声も多く聞きますが、それは設置の仕方を間違えている人が多いからです。正しい設置方法で猫の侵入をしっかり防ぎましょう。

ニオイがある猫よけも

ニオイで猫よけ対策をするのは最終手段として考えるべきです。とげマットやネットの設置は、手間もかかり場所的に難しいこともあるでしょう。その場合には超音波タイプの猫除けグッズが役に立ちます。

 

ただし、ガレージなどの屋内や日陰で使う場合は、ソーラー式だと充電されずに起動できないこともあります。コンセントなどで電源が確保できる場所なら、コードタイプを選ぶ購入してください。場所にあった猫よけを購入しましょう。

                                                

どの方法も不可能な場合には、ニオイで猫除け対策をすることも可能です。しかし、人間にとってきついニオイの場合もあり、屋内やガレージに液体の忌避剤を撒くことができないので注意しましょう。ニオイが薄れていくと猫よけ効果が薄れていきます。効果が切れるまえにまた撒かなければいけません。

人や動物、植物に害を与えないか

動物や植物に害を与える猫よけグッズも存在します。そのことを頭に入れて猫よけグッズを慎重に選んでいきましょう。

動物・植物に悪影響がないこと

忌避剤タイプの猫よけグッズには、大きく分けて化学物質と天然系の2種類があります。どちらの場合でも強力なタイプである場合は、動物や植物に害を及ぼす可能性があります。

 

忌避剤は基本的に庭にまくことが多いですが、その分周囲の環境に影響を与えてしまうでしょう。できるだけ周囲に影響を与えない忌避剤を選ぶようにしてください。天然物質を使用した忌避剤だからといっても、全部が動物や植物に害を与えないとは限りません。

 

天然物質だと安心して使用してみたら植物が枯れたり、動物の体調が悪くなったりと害を与えてしまいます。化学物質、天然物質の確認もそうですが、強力な忌避剤かどうかをしっかりと確認をしてください。

ネット上では天然の忌避剤でも効果があるという書き込みも見られますが、
根拠が示されたものではないので、ご自身での判断で選ぶようにしましょう。

超音波タイプには注意

超音波タイプは、猫にだけ聞こえる超音波を出して猫を寄せ付けないようにします。しかし、子どもだと稀に聞こえることもあり、不快に感じてしまうことがあります。大人では聞こえない周波数でも、子どもだと幅広い周波数を聞き取ることができてしまうからです。

                         

超音波タイプは比較的デリケートに作られているので、ちょっと風が強いだけでも壊れてしまうものが多くあります。高価なグッズなのにすぐ壊れてしまっては元も子もありません。猫よけの超音波タイプは猫が落ち着けなくなる空間を作ることに特化しています。耳の良い猫にとって超音波は大音量でスピーカーを鳴らされているようなものです。

 

効果が期待できる分、価格が高くなりますが耐久性について考えなければいけません。多少高くなっても壊れにくい猫よけグッズを選ぶべきでしょう。効果がなければ返金をしてくれるグッズもあるので、保証がしっかりしているものがおすすめです。

広い範囲を猫よけにするか

広範囲の猫よけには使用できるものが限定されてしまいます。では、どのような猫よけが効果的なのか見ていきましょう。

広範囲に特化した猫よけもある

広範囲に使用したい場合は、猫よけ超音波器や動物撃退スプリンクラー、フェンスなどがおすすめです。猫よけ超音波器と動物撃退スプリンクラーはセンサー式になっており、センサーが動物を感知したら作動するような仕組みとなっています。そのため、センサーの範囲内であれば猫を除けることが可能です。

 

フェンスの特徴は、センサー式とは反対に物理的に侵入を阻むことです。超音波器などを設置しても効果が見られない場合、フェンスの設置をしてみてはどうでしょうか。物理的に侵入を阻止できる場合が多いので、効果がみられる可能性があります。

 

予算に合わせて猫よけグッズを設置したい場合はその限りではないでしょう。初期費用を多くかけるか、ランニングコストを見据えるかで選び方は異なります。自分に合った猫よけグッズを選ぶことが必要です。

予算と相談しよう

予算を1万円以内で済ませたいのであれば、超音波器か動物撃退スプリンクラーを購入しましょう。1台で広範囲の猫よけを実現することができます。忌避剤などを撒いてもいいのですが、使用できる場所が限定されてしまうのでおすすめできません。どこにでも使用できる猫よけグッズであれば間違いありません。

                                

予算が1万円以上あるなら、猫除け超音波器2台とフェンスの両方を設置することをおすすめします。超音波器とフェンスの設置を両方することで相乗効果が生まれます。超音波器で猫の嫌がる音を出すことで寄せ付けなくし、物理的に侵入を防ぐことでさらなる効果が期待できます。

 

同時に忌避剤を使用するとコストが大幅に増えてしまいます。忌避剤は消耗品なので初期費用は少なくなりますが、長期的に見るとどうしても高くなってしまうのです。そのため、予算を意識するのであれば忌避剤を避けましょう。

車に関係する場所ではないか

人間や植物、動物に目が行きがちですが車の通り道であるかどうかも確認しておく必要があります。どのような場所に設置することが適切なのでしょうか。

車の近くは破損の可能性あり

車が近くにある場合は、何らかの理由によって猫よけグッズが破損してしまう可能性があります。車が通ることはないであろう場所に設置したとしても、風で飛ばされてしまうなどの理由で車と接触してしまうかもしれません。

 

破損しにくい猫よけグッズや、接触することがないものを設置するのがおすすめです。破損しないという点で、おすすめの猫よけグッズは忌避剤です。接触しても壊れるということが無いので何も心配する必要がありません。

車周辺で使用できる猫よけは限定される

車との接触で猫よけグッズを破損してしまう可能性を考えると、超音波器や忌避剤が有効です。広範囲の猫よけを実現するためにも、これらの猫よけグッズがある良いでしょう。予算で選ぶ場合は、長期的な目で見ると超音波器がいいでしょう。

                  

他のとげマットやフェンスといった猫除けグッズは効果がありませんので、忌避剤や超音波器を使用しましょう。予算や効果範囲をしっかりと確認してから選びましょう。車の猫よけには基本的に超音波器を使用することになります。

室内で使える猫よけ

キッチンや寝室など、飼い猫に入ってほしくない部屋もあると思います。室内で臭いのするスプレータイプを使いたくないという方や、インテリアにこだわっている方なら超音波式の装置を置きたくないとお考えなのではないでしょうか。ここでは、室内で使える猫よけをご紹介します。

物理的に入れないようにする

猫を部屋に入れたくないのであれば、物理的に部屋を遮ってしまうことが一番です。バリケードやつっかえ棒、ドアストッパーを使って空間を遮ってみましょう。

 

バリケードは、ドアや間仕切りがない部屋でも空間を仕切ることができます。バリケードは、猫がとび越えることのできない大型のものを購入する必要があるので購入する前に大きさを確認しておきましょう。インテリアにこだわっている方だと、かなり景観を崩すことになるので気に入らないかもしれません。

 

ドアストッパーやつっかえ棒は、猫がドアを開けられないようにするためのものです。こちらはドアに装着できる小型のものも販売しているため、お部屋の雰囲気を壊してしまうことはないでしょう。

臭いで入れないようにする

物理的に遮る方法以外には、臭いで入れないようにする方法があります。猫は嗅覚が鋭い動物です。猫は強い臭いを嫌うため、何か臭いを発するものを室内に置いておくとよいでしょう。

 

とはいえ、人間にとっても不快だと思う臭いが部屋に充満しているのは困りますよ。そこでおすすめするのが芳香剤です。猫は柑橘類の香りを嫌うので、シトラスの芳香剤を購入するとよいでしょう。

 

アロマオイルを使って猫よけスプレーを使うという手段もあります。100均などで購入したスプレーボトルに水を2/3程度、アロマオイルを1/3程度入れてください。ただし、成分には注意が必要です。ティートゥリー・フェノール類・ケトン類・モノテルピン炭化水素類は、猫に中毒症状が出ることがあるので使用しないでください。

猫よけの人気ランキング5選

第5位

第一ビニール

ここダメシート 10枚パック

価格:712円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猫の排泄・いたずらを防止するとげマット

マットにちくちくのとげが付いており、物理的に猫をよけるここダメシート。ハサミでカットすることもできるため広い場所から狭い場所まで幅広く設置できます。

 

車の上や塀の上、植木鉢の周りなどに広げておくだけ。マットを連結させて広く使用することもできます。猫の糞や植木鉢の掘り起こし、いたずら防止におすすめです。

タイプとげマット内容量10枚
第4位

中島商事

トヨチュー 熟成木酢原液 1500ML

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力な消臭効果。植物活性化にもつながる。

大容量で安く、植物をも活性化させる効果をもつ木酢液ですが忌避剤として効果をもたらしてくれます。猫よけグッズではありませんが猫やその他のに十分な効果が期待できます。頻繁におしっこされるポイントを中心に振りかけると効果が高まります。

 

高い消臭効果を発揮するため猫よけに効果があるのです。一度使用した際の持続時間は1週間程度と長く効果を発揮します。庭などの植物の多い環境でも使用できる点が特におすすめの理由ですね。

タイプ忌避剤内容量1500ml
第3位

第一ビニール

ここダメシート 2m巻 スリム12cm

価格:620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猫の糞にお困りの人必見。猫以外の動物にも効果てきめんです。

猫がいたずらする植物などを守ってくれるとげシートです。何度追い払ってもやってくる猫に手を焼いている人でも、これを使えば来ることはほとんどありません。猫の糞に困っているという人は、「ここダメシート」の上には乗ることがないのでそういった人に特におすすめです。

 

また、猫以外にも絶大な効果を誇り、雀ですら寄せ付けません。シートが長いので敷きやすく、さらに猫で動かされづらいので使用していてストレスがありません。猫以外にも困っているのであれば、この「ここダメシート」をぜひ使用してみてはいかがですか。

タイプとげシート内容量2m巻
第2位

フマキラー

猫まわれ右 強力猫よけ 粒タイプ 900g

価格:770円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨に流されにくく、持続時間の長い粒剤タイプの猫よけ。

猫が嫌がる刺激成分を配合した「猫まわれ右」は、メントールの刺激が猫に警戒心を抱かせるので忌避効果に優れています。さらに、糞尿被害や侵入を防止する役割もあります。

 

粒剤なので持続時間が限られていますが、雨に流されにくいようになっているので他の類似商品と比べると長い効果があります。花壇まわり、駐車場、芝生など様々な場所で使用することができますよ。

タイプ粒剤内容量900g
第1位

フマキラー

猫まわれ右 猫よけセンサースプレー

価格:2,740円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤外線センサーで自動感知。嫌なニオイを出さずに撃退可能。

赤外線センサーによって猫を自動で感知し、びっくり噴射で猫を驚かせて侵入を防いでくれます。猫の聴覚、視覚、触覚を強烈に刺激し、驚かせて追い払ってくれますが嫌なニオイを出さないので安心して使用できます。

 

一時停止モードが採用されており、停止をすると3分間センサーの感知とスプレーの噴射が一時的に停止します。また、どこでも置くことができる防滴設計なので屋外でも問題なく使用できますよ。

タイプスプレー内容量50スプレー分

猫よけおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5082691の画像

    フマキラー

  • 2
    アイテムID:5082686の画像

    フマキラー

  • 3
    アイテムID:5082677の画像

    第一ビニール

  • 4
    アイテムID:5082674の画像

    中島商事

  • 5
    アイテムID:5139666の画像

    第一ビニール

  • 商品名
  • 猫まわれ右 猫よけセンサースプレー
  • 猫まわれ右 強力猫よけ 粒タイプ 900g
  • ここダメシート 2m巻 スリム12cm
  • トヨチュー 熟成木酢原液 1500ML
  • ここダメシート 10枚パック
  • 特徴
  • 赤外線センサーで自動感知。嫌なニオイを出さずに撃退可能。
  • 雨に流されにくく、持続時間の長い粒剤タイプの猫よけ。
  • 猫の糞にお困りの人必見。猫以外の動物にも効果てきめんです。
  • 強力な消臭効果。植物活性化にもつながる。
  • 猫の排泄・いたずらを防止するとげマット
  • 価格
  • 2740円(税込)
  • 770円(税込)
  • 620円(税込)
  • 498円(税込)
  • 712円(税込)
  • タイプ
  • スプレー
  • 粒剤
  • とげシート
  • 忌避剤
  • とげマット
  • 内容量
  • 50スプレー分
  • 900g
  • 2m巻
  • 1500ml
  • 10枚

【超音波タイプ】猫よけのおすすめランキング6選

第6位

OMMANI

アニマルバリア 超音波 ソーラー式

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おくだけでお庭をガード。防水設計なので屋外でも安心して使用可能。

猫の騒音や糞などで困っている人にとっておすすめの猫よけグッズです。おくだけでお庭を守ってくれるので手間も必要ありません。音波や光で猫をしっかりと撃退してくれます。感知範囲は赤外線センサー平角度110度、上下角度55度、直進最大約8~9m、広さは約85mまでカバーが可能ですよ。

 

充電はソーラーパネルとなっているので常に稼働することができます。防水設計なので屋外でも不自由なく使用することができます。電源コードが不要な点も嬉しい点ですね。

タイプ超音波重量390g
第5位

パナソニック(Panasonic)

超音波ねこフン害軽減器 ねこちゃんしないで EC801G

価格:6,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超音波タイプの猫よけ。距離が近いと確実に猫を寄せ付けません。

超音波で猫の糞による被害を減らすことに特化した猫除けです。単一乾電池を2本使用することで動作し、電池の寿命は約半年とかなり長持ちします。検知距離が約7mと外で使用する分には問題ありません。

 

使用温度が0度以上40度以下なので雪の降る日に外に置いておくと故障の原因になるので気を付けましょう。近くになるほど効果があるので、狭い空間であるとより強い効果を発揮してくれます。

タイプ超音波重量581g
第4位

ユタカメイク(Yutaka Meiku)

GDX-M ガーデンバリア ミニ

価格:4,581円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猫の動きを自動で感知。自発的に退散させる独自のシステムを採用。

1~2週間で野良猫の糞害やイタズラを根本から解消する電子機器であるGDX-M。赤外線センサーでネコの動きをキャッチし、その動きにあわせて不快な変動超音波を放射することにより、感知エリア内から遠ざけてくれます。

 

数日間かけて学習させて、猫に自発的に立ち退いてもらう仕組みなので、猫にも人にも害はありません。防滴構造で雨に強く、野良猫禍にお悩みのご家庭には最適な猫よけなのでおすすめです。

タイプ超音波重量522g
第3位

AngLink

アニマルバリア 動物撃退器 超音波 ソーラー式

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太陽光発電付きの超音波タイプ。周波数を変更することで対象に合わせた動物を撃退。

ネズミ・犬・狐・猫・鳥・コウモリなどの動物に対する周波数の範囲は5つのモードで調整可能な超音波タイプの猫よけです。感知範囲は最大8~9m、約85平方メートル、距離調整も可能、誤傷害を防いでくれます。

 

太陽光充電機能が付いているので日照りが足りる場所に置けば充電できて電池交換の必要はありません。Micro USBケーブルでの充電もできるのすぐに充電することも可能です。雨に耐えられる設計なので雨の日も回収せずに機能してくれます。畑・芝生・庭・壁・木・ポストなどと好きな場所に設置することが可能です。

タイプ超音波重量236 g

口コミをご紹介!

何かが近づくとセンサーに反応して昼間でも眩しいフラッシュが
数回点滅し、人には聞こえませんが超音波も発しているようで
設置して以来車に全く猫の足跡がつかなくなりました。凄いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Hacheey

ソーラー&USB充電可能の動物撃退器

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猫による被害を根本から解決。高性能ソーラー充電を搭載した超音波タイプ。

従来より強化された点は、充電表示ランプを搭載し、電池の残量があるかを簡単に確認できるようになっています。曇りの日でもソーラー充電が可能と高性能です。通常よりも電力利用率が高いのでフル充電までかかる時間も8時間程度と2倍の速さを誇ります。

 

撃退効果も優れており、3週間ぐらいで野良猫の糞害やイタズラを根本から解消することができるのでおすすめです。きにあわせて不快な超音波を放射することにより、動物にとって不快な環境を作り出すことができるのでおすすめの猫よけですよ。

タイプ超音波重量331g

口コミをご紹介!

最初は、ドアに向けて設置すると、感知範囲を外れた場所に排尿され、失敗でした。
侵入経路に向けたら、猫の排尿はなくなりました。
この値段で、多種動物に対応し、電池交換の心配なくソーラーでUSB充電ができるものは、他にないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LOFTER

動物撃退器 日本語取扱説明書 2019最新改良版

価格:3,217円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

変動超音波で的確に撃退可能。強力フラッシュライトと併せて相乗効果が期待できます。

従来品の単一の超音波と違い、変動超音波と強光フラッシュライトで駆除効果がより一層強力になっています。PIRセンサーで野良猫などをしっかり感知し、猫撃退や猫よけを可能にしています。超音波の周波数とセンサー感度が5モード調節でき、目的の害獣が嫌がる周波数の設定次第で幅広い動物に対応できる動物撃退器です。

 

ソーラー充電と省エネの両方を兼ね揃えているので日光が当たる場所であればずっと使用し続けることができます。感知距離は最大で約10mとなっているので範囲も広い点も特徴です。IP44の防水設計の為、雨などで多少の水がかかっても大丈夫な防滴防水機能を備えているので安心して使用できるのでひじょうにおすすめの猫よけです。

タイプ超音波重量372g

口コミをご紹介!

試しに5のモードで、設置してみると近くに干していた洗濯物にも反応していました。
日中は猫対策で3のモードにして様子を見ています。
わたしにも、キーンという音が聞こえかなり不快な音です。
今の所設置して3日程経ちますが、猫の姿は見ていません。
尿被害もなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【超音波タイプ】猫よけおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5082716の画像

    LOFTER

  • 2
    アイテムID:5082708の画像

    Hacheey

  • 3
    アイテムID:5082701の画像

    AngLink

  • 4
    アイテムID:5082694の画像

    ユタカメイク(Yutaka Meiku)

  • 5
    アイテムID:5082683の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:5082682の画像

    OMMANI

  • 商品名
  • 動物撃退器 日本語取扱説明書 2019最新改良版
  • ソーラー&USB充電可能の動物撃退器
  • アニマルバリア 動物撃退器 超音波 ソーラー式
  • GDX-M ガーデンバリア ミニ
  • 超音波ねこフン害軽減器 ねこちゃんしないで EC801G
  • アニマルバリア 超音波 ソーラー式
  • 特徴
  • 変動超音波で的確に撃退可能。強力フラッシュライトと併せて相乗効果が期待できます。
  • 猫による被害を根本から解決。高性能ソーラー充電を搭載した超音波タイプ。
  • 太陽光発電付きの超音波タイプ。周波数を変更することで対象に合わせた動物を撃退。
  • 猫の動きを自動で感知。自発的に退散させる独自のシステムを採用。
  • 超音波タイプの猫よけ。距離が近いと確実に猫を寄せ付けません。
  • おくだけでお庭をガード。防水設計なので屋外でも安心して使用可能。
  • 価格
  • 3217円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 4581円(税込)
  • 6500円(税込)
  • 2780円(税込)
  • タイプ
  • 超音波
  • 超音波
  • 超音波
  • 超音波
  • 超音波
  • 超音波
  • 重量
  • 372g
  • 331g
  • 236 g
  • 522g
  • 581g
  • 390g

身近にあるものをで猫よけする方法

猫の糞害に悩んでいる方でも、猫よけを購入するほどではないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。100均や身近にあるものを利用して、簡単に作れる猫よけグッズをご紹介します。

身近にあるものを利用する

猫は嗅覚の鋭い動物なので、刺激臭を嫌います。お酢や柑橘類、香辛料、コーヒーなどの臭いを嫌う傾向にあることを覚えておきましょう。お酢は、水で薄めたものを100均などで買えるスプレーボトルに入れて射出してください。猫に直接吹きかけるのではなく、近付かれたくない場所に射出してください。

 

お酢以外だと、お米の研ぎ汁も効果があります。研ぎ始めの濃い汁を、スプレーボトルに入れて、猫が糞尿をする場所に吹きかけてください。スプレーで吹きかけておくものは、簡単に用意できますが、雨が降っていると効果が薄れてしまうので注意が必要です。

 

柑橘類を利用する場合は、皮だけで効果があります。コーヒーを使用する場合はインスタントでも問題ありません。出がらしを猫が糞尿をする場所に置いておくとよいでしょう。重層を地面に撒いたり、土に混ぜるという方法もあります。重層の場合は、消臭効果もあるので、試してみてください。

猫が嫌う植物を育てる

花壇に野良猫などがやってくる場合、薬品を使うと植物に影響が出る恐れがあるので注意しましょう。猫が嫌う植物といえば、ハーブが有名です。「ミント」や「タンジー」、「ローズマリー」、「ルー」が猫が嫌うハーブの代表格でしょう。

 

「ルー」は別名「ヘンルーダー」と呼ばれるハーブです。日本では「ネコヨラズ」という名前で売られていることもあるので、猫よけとして期待できます。ハーブは基本的に繁殖力の強い植物なので、他の植物の栄養を奪ってしまうことが場合があります。植える場所を考える必要があるので注意してください。

関連記事はこちら

猫よけグッズで退散!

ここまで猫よけのおすすめ人気ランキングを紹介してきましたがいかがでしたか。猫よけには超音波タイプやとげシート、忌避剤など様々ですが手間がかからず効果が望めるのは超音波タイプです。とげシートや忌避剤はニオイや通行の邪魔になってしまうので利便性を考えても超音波タイプの猫よけがおすすめですよ。使用する環境に合わせて猫よけを選ばなければ効果を発揮しない場合があるので慎重に選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ