【美容にも嬉しい⁉︎】人気のバルサミコ酢おすすめランキング10選

イタリアの人気のある調味料『バルサミコ酢』。でもなかなか使い方がわかりませんよね。しかし実は女性におすすめの効果がたくさんあるんです。料理を美味しくするだけではないバルサミコ酢の効果や使い方を説明しながら人気のおすすめランキング10選として紹介していきます。

美容にも嬉しいバルサミコ酢の使い方

イタリア料理には欠かせない調味料の一つ『バルサミコ酢』。レストランに行くとバルサミコ酢ドレシングやバルサミコソースといったメニューを見る方も多いのではないでしょうか?そんなバルサミコ酢には女性におすすめの嬉しい効果がたくさんあります。

 

しかし買ったのはいいけど使い方がわからずに調味料棚の奥に眠っているという方も多いと思います。今回はそんなバルサミコ酢の使い方や効果をご紹介します。嬉しい効果がたくさんあるので、これを機会にバルサミコ酢を活用していきましょう!

バルサミコ酢の選び方

人気のバルサミコ酢には意外と知られていない、様々な健康効果や、使い方があります。これを知ることで、ご家庭での料理がより一層美味しく、健康にもなれる素敵な調味料です。そんなバルサミコ酢の選び方を紹介していきます。

バルサミコ酢の種類で選ぶ

イタリア、モデナ地方の特産のバルサミコ酢ですが、バルサミコ酢には主に2種類あります。使うシチュエーションに合わせて種類を選ぶと、よりバルサミコ酢を楽しめます。

本格派におすすめな『トラディツィオナーレ』

本格的で良質な物を求める方におすすめなのが『アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレ』と名乗れるバルサミコ酢です。イタリアのモデナまたエミリア地方でのみ製造され伝統的な製法に基づき、ぶどうの生産国、品種などイタリアの法律で決まった物のみを使用して作らるものです。

 

添加物が一切認められず、最低でも12年の熟成期間が必要で、完成後も厳しい審査を通ったものしか『Tradizionale(トラディツィオナーレ)』と名乗れません。そのため大変高価で100mlで3万円を超えるものまであります。本格的な料理に使いたい方や、特別な日の贈り物としておすすめです。

 

また本格的なバルサミコ酢を使いたいけどトラディツィオナーレは高すぎるという方には、トラディツィオナーレとほとんど変わらない製造方法、材料を使用し、熟成期間を6年や8年と短くして作られた『アチャート・バルサミコ』がおすすめです。トラディツィオナーレとは名乗れないものの、伝統的な製法で作られているのでバルサミコ酢本来の深いコクやまろやかな酸味を楽しめます。

 

 

 

毎日の食卓には近代製法のバルサミコ酢

普段使いや大量使いにおすすめなのが近代製法で作られたバルサミコ酢です。アチェート・バルサミコやトラディツィオナーレとは製造方法が異なり、熟成期間を短くし、カラメルなどの添加物を加え、高級品に近くように作られたバルサミコ酢です。また生産地も限定されていないので、イタリア産以外にも日本産の物などもあります。大量生産が可能なため価格が抑えられているのがポイントです。

 

安いからと味が落ちるわけではなく、熟成の浅い強い酸味を生かしてサラダやあっさりとした料理を引き立てます。また弱火で煮詰めることによってアチェート・バルサミコやトラディツィオナーレのような濃厚でまろやかなコクに近づけることもできます。普段から気軽に使いたい方はこの近代製法によって作られるバルサミコ酢を選ぶようにすると、リーズナブルに楽しめます。

 

 

 

特徴をラベルで見分ける

バルサミコ酢にはAIBマークと呼ばれる、マークがついたラベルがあります。これはバルサミコ酢の製造団体か作ったラベルで、一般の人でもラベルの色とぶどうの葉のマークを見るだけで風味や品質がわかるように4つの表示で表しています。

 

・ぶどうの葉1枚で赤いラベルは、爽やかな甘さで軽い風味を持つものでドレッシングなどに 向いた物

・ぶどうの葉2枚でシルバーのラベルは、シロップのような風味が特徴で、グリルしたお肉やマリネに向いた物

・ぶどうの葉3枚でゴールドのラベルは、滑らかなコクと樽や熟成度合いによるスパイシーな風味が特徴で、魚料理や肉料理のソース、チーズやフルーツとの相性の良い物

・ぶどうの葉4枚で黒いラベルは、もっとも濃厚でとろみがあり、香りが良いもので、高級料理やスイーツなのと相性が良い物

 

というようにカテゴリー分けされています。全てのバルサミコ酢に付いているわけではありませんが、このラベルの表示を見るだけで、どのようなバルサミコ酢なのかわかるので、ご自身の作りたい料理や使い方に合わせて選んでみてください。

 

 

 

使い方で選ぶ

イタリア料理には欠かせないバルサミコ酢ですが、意外と使い方が分からないですよね。そんなバルサミコ酢の美味しい使い方を紹介していきます。普段の料理からちょっとしたパーティーまで幅広く使える人気のバルサミコ酢を美味しく楽しく活用していきましょう。

ドレッシングとして使う

フルーティーでまろやかな酸味を持つバルサミコ酢は、ドレッシングとしてサラダや、イタリアンのアンティパスト(前菜)などによく使われています火を入れる前のバルサミコ酢は、フレッシュな野菜との相性が良く、オリーブオイルに塩とコショウを入れ、バルサミコ酢を少々入れるだけで、簡単に本格的なドレッシングの出来上がりです。

 

ドレッシングに使うバルサミコ酢は、熟成期間の長い濃厚な物よりもAlBマークのぶどうの葉1枚で赤いラベルの物など、軽い風味を持つものを選ぶことで爽やかなバルサミコ酢の風味を楽しめます。

 

またぶどうからできた酢なので、フルーツとの相性も良いので、サラダにオレンジやグレープフルーツなどの果物を加えた物などにサッと垂らすのもおすすめです。普段とは違ったレストランのような味わいをご家庭でも簡単に楽しめるのでぜひ試してみてください!体に気を使いたい方には有機バルサミコ酢、オーガニックバルサミコ酢もあるのでおすすめです。

 

 

 

ソースとして使う

おしゃれなレストランで〇〇のバルサミコソース掛け、などというというメニューを見たことのある人も多いのではないでしょうか?バルサミコ酢は鶏肉や牛肉などお肉はもちろん、魚とも相性が良いので、ソースとしてもよく使われます。バルサミコ酢は臭みを取り、脂っこさも抑えるなど、料理にも嬉しい効果を持っています。

 

醤油との相性も抜群で、いつもの照り焼きに少しバルサミコ酢を垂らすだけでも普段とは違った味わいになるのでおすすめです。またデミグラスソースやフルーツ系のソースの隠し味として加えても、コクのある美味しいソースに仕上がります。

 

濃厚なバルサミコ酢のコクや旨味を味わいたい方はとろみのあるものや、アチェート・バルサミコを選ぶといいでしょう。しかし熟成期間の長いものは火を通すと香りや酸味が飛んでしまうこともあるので、仕上げとして後からかけたり、火を止めてから加える事をおすすめします。

 

 

ドリンクとして使う

使い方が難しそうに思えるバルサミコ酢ですが、リンゴ酢やブルーベリー酢のようにフルーツ酢のようにも楽しめます。炭酸水にバルサミコ酢を割って飲むだけでもさっぱりとした美味しいドリンクが出来上がってしまいます。蜂蜜とも相性がいいので甘さが欲しい方は蜂蜜も加えて飲むのもおすすめです。

 

先ほども紹介しましたが、フルーツとの相性も非常にいいので、スムージーに加えても楽しめます。またトラディツィオナーレは濃厚な風味とコクがあるため果物にそのままかけて食べるのもおすすめです。

 

ドリンクとしてバルサミコ酢を使いたい場合は、熟成期間の長い濃厚な物よりもあっさりとした物の方が爽やかなドリンクに仕上がります。スパークリングワインに垂らしても美味しいので、フルーツを浮かべてパーティなどのウェルカムドリンクとしてもおしゃれで華やかに演出してくれます。

健康効果を意識して選ぶ

バルサミコ酢は料理を美味しくするだけでなく、女性には嬉しい美容効果や、健康効果がたくさんあります。ここからはその効果をご紹介します。

女性に嬉しい美容効果

年を取るごとに気になってくるお肌のしみやしわ、バルサミコ酢にはこれを防いでくれる効果があります。ぶどうに含まれているポリフェノールによりお肌のしみ、しわ、たるみなどの予防が期待できます。これは『プロアントシアニジン』と言われる成分によるもので、抗酸化作用があり、細胞を活性化し老化を防いでくれます。

 

またポリフェノールの効果は3から4時間持続するので、毎日のサラダや料理に使うことで効率よくバルサミコ酢の美容効果を得ることができるので、無理なく続けられて老化を防いでくてるおすすめの調味料になっています。

血液サラサラ

先ほど述べたポリフェノールには美容だけでなく、健康にも嬉しい効果があります。ポリフェノールは体内の血液をサラサラにし、循環させやすくしてくれる効果もあります。これにより、高血圧の予防、資質代謝改善となり、脳卒中や心筋梗塞などの、成人病の予防にのなります。

 

また過去には薬用として消炎効果があるとし、使われてきたバルサミコ酢ですので、慢性的な炎症がある方など、体内の炎症のある所に働き、その炎症を抑えようとする効果もあります。

 

バルサミコ酢には活性酸素を取り除く効果もあり、肩こり、眼精疲労といった症状の改善を促し、ストレスの軽減にも活躍してくれます。

 

 

ダイエットにも効果的

バルサミコ酢にはコレステロールを抑える効果もあります。これもポリフェノールによるもので、不規則な生活や食生活や、コレステロール値が気になる方は食べるだけで、予防となるので積極的に取り入れたい調味料です。

 

またバルサミコ酢は、運動前に摂取することで代謝を高めてくれます。普段から運動する方にはもちろん、ダイエット中の方はより効果的、効率的に脂肪の燃焼を助けてくれるます。運動前にバルサミコ酢を摂取したいという方には、ドリンクとしてバルサミコ酢を取るのがおすすめです。

 

人気のバルサミコ酢おすすめランキング10選

10位 MAILLE 『バルサミコビネガー500ml』

ヨーロッパ各国の皇室御用達ブランド

バルサミコ酢の産地モデナ地方で、伝統的な製法で作られている最高級のバルサミコ酢。5種類の異なる木樽で熟成されたこのバルサミコ酢は、酸味と甘さの絶妙なバランスで、サラダからソースまで、どんな料理にも合うこと間違いなしです。

 

また、1700年代からあるメーカーで、ヨーロッパ各国の皇室御用達として伝統と歴史のあるブランドなので、品質はもちろん、味も信頼できるバルサミコ酢です。口コミでの評判も高く、いろんなバルサミコ酢を使い、巡り巡ってこのバルサミコ酢に戻ってきた方やバルサミコ酢はこれで無くては嫌だという方までいるほどで、人気の高い、おすすめの商品となっています。

 

 

 

容量 500ml 原材料 ワイン、ぶどう果汁、カラメル色素、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類

9位 Aグロソリ 『アチェート・バルサミコ IGP 1L』

普段使いに嬉しい大容量でリーズナブル

バルサミコ酢の定番!といってもいいほど人気も高いこちらは、モデナ地区とレッジョ・エミリア地区でのみ作られた物につけられる、『アチェート・バルサミコ』の名をもつバルサミコ酢です。本格的なバルサミコ酢ながらリーズナブルに手に入れらて、1000mlと大容量なのもおすすめの一つです。毎日使いたい方や美容、ダイエットにとい入れたい方からも人気の高いバルサミコ酢となっています。

 

もちろんリーズナブルなだけでは無く、味もよく、芳香なアロマと濃厚な味わいを持ち、いつもの料理に垂らすだけでも、味わいのある一品へと変えてくれます。また大容量でリーズナブルなので、ドリンクなどにして毎日飲むのもおすすめです。

 

 

容量 1000ml 原材料 葡萄酢、葡萄果汁、カラメル色素、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類

8位 Aグロソリ 『有機アチェート・バルサミコ・ディ・モデナI.G.P 250ml』

侯爵の酢とも称されるオーガニックバルサミコ酢

こちらは先ほど紹介した『アチェート・バルサミコ IGP 1L』と同じメーカーのオーガニックバージョンです。イタリアの有機栽培協会から認可を受けていて、原材料から生産過程まで厳しくチェックを受けて一本一本丁寧に作られています。有機ながらモデナ産の決められた品種のぶどうを使い、熟成、使用する樽の木の種類など、厳しい規格をクリアし、I.G.P.(イタリア保護指定地域表示)認証を受けたバルサミコ酢となっています。

 

またこのアチェート・バルサミコは世界の酢の中でももっとも気品があると言われていて、侯爵の酢とも称されています。そんなバルサミコ酢がオーガニックで味わえるこちらの商品は健康に気を遣う方でも、味に妥協したくない方でも満足のいくおすすめのバルサミコ酢となっています。

 

 

容量 250ml 原材料 有機葡萄果汁、有機葡萄酢、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類

7位 MALPIGHI(マルピーギ) 『サポローゾ100ml 6年熟成バルサミコ』

特別な時のプチ贅沢

多くの人に伝統的なバルサミコ酢を味わってほしいと生まれたこちらのバルサミコ酢は、伝統的なモデナ産のぶどうのみを使いを使い、熟成期間と煮詰める時間を変えて作られています。また添加物の、酸化防止剤、カラメルなどを一切使っていないので、健康に気を遣う方にもおすすめです。

 

アチェート・バルサミコ・トラディツィオナーレと比較すると安いのですが、100mlで約3600 円と高価なバルサミコ酢です。しかしながらその芳香な香りや、濃厚ながらまろやかな味わいは、料理を本格的に、より一層深みを与えてくれます。

 

数滴だけでも非常に香り豊かで味わいがあるので、生ハムやアイスに少し垂らすだけでも非常に美味しく満足のいく味へと変えてくれます。本格的な味わいを求める人やちょっと特別な日の料理などに活躍してくれる事間違いないしです。

 

 

 

容量 100ml 原材料 ぶどう
生産国 イタリア 容器の種類

6位 BELLEI 『バルサミコ酢 スイートラベル(12年) 250ml』

時間をかけて作られる濃縮された香りと甘味

魔法の調味料とも称されるこちらのバルサミコ酢は、何世紀の前から受け継がれた伝統製法により作られます。モデナ産のぶどうを35時間もの時間をかけて煮詰め、作られる濃縮されたぶどうの果汁を、12年間毎年異なる木樽の中で自然発酵と熟成。これによりぶどうと樽に使用される材質の香りが移り、芳醇な香りと濃厚か甘味、こくを生み出します。

 

甘味と濃縮されたとろみが特徴的で、ソースなど肉料理などとの相性が抜群なだけでなく、濃厚な甘味を持ち合わせているので、アイスやスイーツ、チーズに蜂蜜のように垂らしての使用もおすすめです。

 

 

 

容量 250ml 原材料 ぶどう酢、ぶどう果汁、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類

5位 味の素『 信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢 500ml』

日本産で日本人好みに作られたバルサミコ酢

日本の内堀醸造㈱信州アルプス工場で作られる、日本産のバルサミコ酢です。内堀醸造は135年以上の長い歴史を持つ老舗の酢メーカーで、日本人の好みに合わせて作られて作られた豊かな香りとまろやかな味わいのバルサミコ酢になっています。

 

日本人の好みに合わせて作られていることもあり、豆腐や醤油といった和の食材とも相性が良く、イタリアンより和食をよく食べるという方にもおすすめです。また程よい甘さとサラサラとしたバルサミコ酢なので、普通のお酢のように手軽に使えて、ドリンクやドレッシングへの使用もおすすめです。

 

容量 500ml 原材料 濃縮ぶどう果汁、カラメル色素
生産国 日本 容器の種類

4位 サンテラモ 『バルサミコ 250ml』

醤油など日本の長に量とも相性の良いバルサミコ酢

ぶどうの持つフルーティーで上品な香りとコクのあるまろやかな酸味が美味しいモデナ産のバルサミコ酢。熟成期間は5年で樽にはウイスキーなどにも使われるオークを使用しています。料理本などでもよく紹介され人気のあるこちらは、程よい酸味とまろやかな甘味が料理をより一層引き立てます。

 

また着色料やカラメル色素を使用していないつやのある黒褐色が食欲をそそります。そのフルーティーさを生かしてドリンクやデザートなどにもおすすめです。醤油や日本酒など日本の調味料とも相性がいいので、あると便利なバルサミコ酢となっています。

 

 

 

 

容量 250ml 原材料 ぶどう果汁、ワインビネガー、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類

3位 Aグロソリ 『バルサミコ・クリーム 250ml』

バルサミコ酢の香りや酸味を余すことなく堪能

こちらもAグロソリのバルサミコ酢です。しかし先ほど紹介したバルサミコ酢との違いはとろみ!この『バルサミコ・クリーム』はバルサミコ酢に、濃縮葡萄果汁、ワインヴィネガー、葡萄果汁、砂糖などを加えて煮詰めてとろみをつけた物になっていて、いわばソースとして作られています。

 

自分でバルサミコ酢を煮詰めてソースを作ろうとすると、香りが飛び、酸味も抜けてしまって意外と難しいのですが、こちらを使うと煮詰める必要がないため、バルサミコ酢のフルーティーな香りや、上品な酸味を余す事なく堪能できるようになっています。また注ぎ口が細くなっていて、そのままお皿へのデコレーションや盛り付けもできるので、レストラン顔負けに仕上げることが可能です。

 

容量 250ml 原材料 バルサミコ酢、濃縮葡萄果汁、ワインヴィネガー、葡萄果汁、砂糖、増粘剤、カラメル色素、酸化防止剤
生産国 イタリア 容器の種類 ペットボトル

2位 ALCE NERO(アルチェネロ) 『有機バルサミコ・ビネガー 250ml』

酸化防止剤不使用!イタリアNo1オーガニックブランドの有機バルサミコ酢

容量 250ml 原材料 有機ワインビネガー、有機ぶどう果汁
生産国 イタリア 容器の種類

1位 ジュゼッペ ジュスティ アチェート 『バルサミコ 銀 6年熟成 250ml』

最高級バルサミコ酢と同じ材料や工程で作られた6年物

バルサミコ酢の産地モデナの老舗メーカー『ジュセッペ・ジュスティ』は、1605年に創業し、今では最古の伝統的なブランドです。プロも使うバルサミコ酢をご家庭でも楽しめます。

 

こちらはトラディツィオナーレではありませんが、熟成期間に6年を費やし、最高級バルサミコ酢『トラディツィオナーレ』と同じ材料や工程で、作られたバルサミコ酢です。バルサミコらしい、酸味と上品な芳香が、どんな料理にも合い、角が取れたまろやかな味わいは、オリーブオイルと一緒にサラダにかけるだけでも、レストランさながらの一品に仕上げてくれます。

 

健康や美容にはこだわりたいけど、味には妥協したくない!という方にもおすすめで人気のある本格的なバルサミコ酢となっています。またここで紹介するのは6年ものですが、8年熟成を煮詰めて濃縮させたもの、12年熟成の『トラディチョナーレ』を名乗れる本物のバルサミコ酢もラインナップされています。

 

 

容量 250ml 原材料 ぶどう(トレッビアーノ種)
生産国

イタリア 

容器の種類

まとめ

いかがだったでしょうか?ドレッシングにソース、ドリンクまで様々な料理に活躍するバルサミコ酢。美容効果からダイエット効果までありそれでいて美味しい!女性に嬉しい要素がいっぱい詰まってます。ぜひご自身のお気に入りを見つけて料理を美味しく食べながら、綺麗に健康になってしまいましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

酢のおすすめ人気ランキング10選【酸っぱくない酢も】

酢のおすすめ人気ランキング10選【酸っぱくない酢も】

調味料・タレ・ドレッシング
【深い味わい】おすすめの人気ウスターソースランキング10選

【深い味わい】おすすめの人気ウスターソースランキング10選

調味料・タレ・ドレッシング
【おつまみから料理まで】人気のサラミおすすめランキング10選

【おつまみから料理まで】人気のサラミおすすめランキング10選

加工食品
【リラックス効果!】人気のカモミールティーおすすめランキング10選

【リラックス効果!】人気のカモミールティーおすすめランキング10選

コーヒー・紅茶・お茶
【痺れる辛みが美味しい!】人気の山椒おすすめランキング10選

【痺れる辛みが美味しい!】人気の山椒おすすめランキング10選

調味料・タレ・ドレッシング
【カクテルから料理まで】人気のシェリー酒おすすめランキング10選

【カクテルから料理まで】人気のシェリー酒おすすめランキング10選

アルコール飲料