記事ID132217のサムネイル画像

【お料理の幅が広がる】人気のフライパンの蓋おすすめランキング10選

炒めたり、焼いたり、蒸したり、煮込んだり…。フライパンは料理の必需品ですよね。フライパン蓋は、厚みのあるものを焼いたり、蒸し物や煮込みを作る際におすすめです。今回は、フライパン蓋のおすすめランキングをご紹介したいと思います。

【機能いろいろ】フライパン蓋を上手に選ぼう

お料理をする上で、フライパンは欠かせませんよね。炒め物、焼き物、蒸し物、煮物と、毎日大活躍していることと思います。そして、フライパン蓋を使うことで、火の通りが早くなるので時短になりますし、蒸し物や煮物を作るときには、水の蒸発も防いで、煮詰めすぎてしまう失敗がなくなります。

 

フライパン蓋をせずに調理をすると、ハンバーグや厚みのあるお肉、スパニッシュオムレツを焼いたときに、外は真っ黒焦げなのに、中は生焼け、ということもあるかもしれません。また、焼き魚も、蓋をして焼くことで、身をふっくらさせて焼くことができます。

 

また、餃子や目玉焼きのような蒸し焼き料理にはフライパン蓋は欠かせません。

 

フライパン蓋の選び方

フライパン蓋を使っているときに、気になること、心配なことがあると思います。素材スタンド機能がついているか、色々なサイズに対応しているか…。そこで、色々な選び方を紹介しましょう。

どこに置くか

調理中にフライパン蓋を開けて作業をすることは多いですよね。そんなときに蓋を置く場所があるかないか、また、使わないときにどのように収納するかで、蓋を選ぶときに重視するポイントかが変わってくると思います。

調理中に立てて置きたい

味付けをしたり、火の通り具合を確認したり、お皿を用意したりするときに、フライパン蓋を置いておく場所がほしいですよね。鍋蓋スタンドをお持ちなら必要ないかもしれませんが、そうでない場合は、スタンド付のものをおすすめします。

 

スタンドがついていると、蓋を開けたまま味付けなどをしているときに、伏せて置いたりするのに比べて、少ないスペースで置くことができるだけでなく、水滴が縦に落ちるので、キッチンが広範囲に汚れることがありません。また、水滴がついた面を上向きにひっくり返して置かなくてすむのは、とても使い勝手がいいです。

 

また、シンクに置いた場合、ガラス製の蓋だとうっかり水がかかって割れてしまうこともあるかもしれません。スタンドがあれば、調理台のちょっとしたスペースに置くことができるので、安心です。

 

スタンド付きのフライパンの蓋は、一度使うとその便利さに驚く人が多いようです。

スッキリと収納したい

スタンド式のハンドルが付いているフライパン蓋はとても便利ですが、ハンドルが大きいと、収納するときに邪魔だと感じる人もいるかもしれません。フライパンの上に重ねて収納する分には問題ありませんが、ラックに立てて収納したい、または吊り下げて収納したい人もいるでしょう。

 

立てて収納したい人におすすめなのが、フラットなフライパン蓋です。厚みが無く、平たくて薄いので、立てて収納するときにかさばりません。

 

吊り下げて収納したい人にはフック付きのものがおすすめです。簡単に吊り下げることができるので、スッキリ収納できます。

重さとサイズ

フライパン蓋を使うときに、蒸し物や煮物に使いたい方は、あまり軽いものだと頼りなく感じるかもしれません。また、色々なサイズのフライパンやお鍋で兼用したい人は、数サイズに対応できるものが便利です。

素材ごとに重さが違う

調理中、フライパン蓋がカタカタ鳴ったり、蓋が浮いてしまうのが気になる人は、重みのあるガラス製のものを選ぶといいでしょう。ガラス製のフライパンの蓋で、蒸気穴が空いているものは、程よく蒸気が抜け、蒸気の勢いでフタが開くことはありません。

 

反対に、穴がない場合には、圧力が逃げず、加熱効率が良いので、しっかりと火を通すことが出来ます。

 

また、ドーム型のものを選ぶと、水滴が流れ落ちていくので、蒸気で曇ってフライパンの中の様子が見えにくい、ということもありません。

 

逆に、重たいと手首に負担がかかって扱いにくい、という人には、アルミ製の軽量のものがおすすめです。アルミ製だと中身が見えなくて心配、という方には、一部がガラスになったものがあるので、そちらを選ぶといいでしょう。

サイズの選び方

色々なサイズのフライパンを持っているけど、フライパン蓋はなるべく少なくしたい、という人には、1つで数サイズに対応したフライパン蓋を選ぶといいでしょう。数サイズに対応したものは、ガラス製のものはないので、アルミ製やステンレス製か、アルミやステンレスにガラス窓がついたタイプのものになります。

 

逆に、いつも同じサイズのものを使っているので、ピッタリあったサイズのものを選びたい、といった人には1サイズのみに対応したもので十分でしょう。その際は、しっかりとフライパンのサイズを測りましょう。フライパンのサイズは、底の直径ではなく、縁の内側の直径になります。

 

色々な機能

フライパン蓋には、ただ蓋をするだけでなく、便利な機能がついたものが増えてきています。色々な機能を見比べて見ましょう。

水が差せる

目玉焼きや餃子、ハンバーグは、焼いている途中で水を差しますよね。そんなときに、水が跳ねてやけどをしたり、コンロの周りに油やソースが飛び散って汚れてしまう、といったことがよくあるかと思います。

 

そんなときには、蓋を開けずに水を差すことができる商品がおすすめです。フライパン蓋の上部に水差し口が付いていて、簡単に開けることが出来るので、やけどや油跳ねの心配がなく、水を差すことが出来ます。

 

思ったより煮詰まってしまって、ちょっと水を追加したくなったときにも、蓋を開けて温度が下がるのを防ぐことが出来るので、美味しく仕上げることが出来ます。また、水差し口を開けて蒸気を逃がすこともできるので、煮物が煮崩れしないように蓋をずらさずに使えます。

 

傾斜があって水滴が落ちやすい

調理中の料理の様子が見たくてガラス製のフライパン蓋を使っているのに、曇ってしまって料理が見えにくい、という人にはドーム型や、蓋の上部が傾斜しているものがおすすめです。水滴がフライパンの中に流れていくので、蒸気でガラスが曇るのを防ぎ、料理が見やすくなっています。

 

蓋を開けて調理台に置くときにも、滴る水が少ないので、調理台のお掃除が楽になります。また、スタンド式の蓋を立てたり、ひっくり返して調理台に置くときも、手にお湯が垂れにくく、やけどの心配を減らすことができるのもおすすめです。

お玉や菜箸が置ける

調理中、フライパン蓋を閉めて、調味料を用意したり、お皿を出したりしているとき、お玉や菜箸の置き場所に困りますよね。ちょっと手を放したいだけなのに、わざわざお皿を出すのも…ということもよくあると思います。

 

そんなときに便利なのが、フライパンの蓋の取っ手にくぼみがついているものです。そのくぼみにお玉や菜箸を置くことができるので、そういったフライパン蓋を選ぶと調理台やお皿を汚さずにお玉や菜箸を置くことができるので便利です。洗い物が少なくなるのはうれしいですよね。

 

フライパン蓋の人気ランキング10選

10位 和平フレイズ『窓付きフライパンカバー24・26・28cm用 エブリック』

傾斜窓で中が見やすい

汚れがつきにくい、フッ素樹脂加工のフライパン蓋です。最大の特徴は、傾斜がついている窓です。傾斜が付いていることで、ガラスに付いた水滴が落ちるので、曇って中の様子が見えないという心配が少なくなります。

 

また、3サイズのフライパンに対応しているので、色々なサイズのフライパンを使い分けている人には便利です。スタンド式ではありませんが、大きなハンドルが斜め上に向かってついているので、扱い安くなっています。蓋の上部にツマミがついているタイプだと、熱くて持ちにくい、という人におすすめです。

サイズ24,26,28cm対応
重量440g
素材鉄(フッ素樹脂加工)、強化ガラス
サイズバリエーションワンサイズ

9位 パール金属『水差しできるガラス蓋 26cm』

水差し口が使いやすい

蓋を閉めたまま水を差すことが出来るフライパン蓋です。水差し口は、取っ手を引くだけで開くことができるワンタッチ式になっています。蓋を閉めたまま水を差せるので、油跳ねの心配がありません。

 

思ったより煮詰まってしまって、水を追加したいというときにも、蓋を開けずに作業できるので、蓋を開けてせっかく温まっていたフライパンの温度が下がってしまう、ということがなく、美味しく仕上げることができます。

 

この水差し口からは蒸気を逃がすことも出来るので、煮物などの吹きこぼれの心配もありません。ハンドルはスタンド式になっているので、調理中に省スペースで立てられるので、置き場所に困りません。

 

サイズのバリエーションはありませんが、お手持ちのフライパンや鍋と合うならおすすめです。

サイズ26cm
重量660g
素材強化ガラス、ステンレス、ナイロン、シリコンゴム
サイズバリエーションワンサイズ

8位 和平フレイズ『立つ兼用パンカバー24・26・28cm リーンズ』

シンプルなのに機能的

3サイズ兼用の鍋・フライパンに使える蓋です。フッ素樹脂加工を施してあるので、汚れがこびりつきにくく、落ちやすくなっています。

 

フック式のスタンドは可動式で、収納時にはフックに掛けられ、調理中には台に当ててパッと開けることができるので、片手で簡単に自立させることが出来ます。

 

このスタンドは小ぶりになっているので、掛けて収納する人はもちろん、立てても、フライパンやお鍋に重ねても、収納するのにかさばらず、邪魔になりません。機能的ですが、シンプルな構造で収納場所を選ばないので、おすすめです。

サイズ24,26,28cm
重量251g
素材鉄(フッ素樹脂加工)、ステンレス鋼
サイズバリエーション16,18,20cm用、24,26,28cm用、26,28,30cm用

7位 貝印『フライパンカバー 斜面タイプスタンド付18・20・22・24cm』

軽くて錆びにくい

フライパン蓋の上部に向かってハンドルが付いているので、取っ手の高さがあるフライパンと使っても、取っ手とハンドルが当たらない作りになっている、斜面タイプのスタンド付きのフライパン蓋です。

 

軽くて錆びにくいアルミ製で、調理中に中身が見える強化ガラスの窓がついています。調理中に自立させられるスタンドが付いているので、調理中の置き場所に困りません。また、上部にはフックが付いているので、掛けて収納することが出来ます。

 

4サイズのフライパンに対応しており、それぞれに合わせた段差が付いているので、ピッタリとフィットします。とても軽く、取り扱いが楽なので、密着させて、圧力をかける必要がなければ、とてもおすすめです。

サイズ18,20,22,24cm
重量550g
素材アルミニウム合金、強化ガラス、ナイロン、シリコンゴム
サイズバリエーションワンサイズ

6位 パール金属『サティーナ ステンレス製窓付スタンドパンカバー24~26cm用』

安心の日本製

ものづくりのまち、新潟県燕三条産のフライパン蓋です。錆びにくく、丈夫なステンレス製です。光沢を抑えた、落ち着きのあるサテン仕上げが人気です。

 

テフロンやフッ素などのコーティング加工のフライパン蓋のコーティング剥がれが気になる方には、コーティングのない、こちらのフライパン蓋がおすすめです。油汚れがつきにくく、美しさが長持ちします。

 

立て置きできるハンドルスタンド付きなので、調理中の置き場所に困ることはありません。このスタンドは安定していて、自立させたときにグラつくこともありません。調理中に中が見えるガラス窓付きになっているのも便利です。

 

やっぱり日本製が安心、という人に特におすすめします。

サイズ24~26cm対応
重量381g
素材ステンレス鋼、フェノール樹脂、強化ガラス
サイズバリエーション18~22cm用、24~cm用、26~30cm用

5位 藤田金属『スイトステンレス ハーティークックカバー Lサイズ』

オールステンレス製で清潔

フライパンやお鍋の蓋、落し蓋としても使えるステンレス製のフライパン蓋です。1枚のステンレスで出来ているので、油かすや汚れが溜まりにくい、シンプルな形状です。食洗機にもかけられるので、とても清潔に使うことが出来ます。

 

溶接してあるのは、ツマミの部分だけなので、色々な素材を組み合わせて作っているフライパンの蓋は、溝に汚れが入り込んでしまって気になる、という人には、とてもおすすめ出来ます。

 

ハート型のツマミにはお玉や菜箸が置けて、お料理に便利に使うことが出来ます。本当にシンプルな作りなので、お手入れのしやすさは抜群です。

 

サイズ22~26cm
重量250g
素材ステンレス
サイズバリエーションS(14~16cm)、L(22~26cm)、LL(26~30cm)

4位 京セラ『フライパンカバー 20~24、26、28cm対応』

便利な機能がぎっしり

20cm~28cmまで対応しているので、これひとつでほとんどのサイズのフライパンに対応出来ます。スタンド式の取っ手がついていますが、吊るすことが出来る穴も付いているので、調理中にも、収納にも便利な作りになっています。

 

本体はアルミ製で軽く、両面にフッ素コーティングがしてあるので、汚れがこびりつきにくくなっています。ガラス窓付きで中身が見えるのも、便利です。また、蒸気口つきで適度に蒸気を逃がすので、吹きこぼれの心配もありません。

 

スタンドにもなる取っ手は、ラバー式で手に馴染みます。

サイズ20~28cm
重量449g
素材アルミニウム合金、ポリアミド、強化ガラス
サイズバリエーションワンサイズ

3位 北陸アルミ『ルックインスタンドカバー L(26~30cm)』

スタンド式の取っ手が使いやすい

丈夫で錆びにくい、ステンレス製のフライパン蓋です。スタンド式の取っ手で、調理台で場所を取りません。この取っ手は、フライパンの取っ手とぶつからないように出来ているので、調理中に邪魔になりません。

 

一つのフライパンの蓋で数サイズに対応しているので、いくつかのフライパンやお鍋と兼用することが出来ます。また、数サイズに対応しているフライパン蓋にありがちなフライパンへの沈み込みがないので、お料理に蓋が当たらず、料理スペースを広く保つことが出来ます。

サイズ26~30cm
重量700g
素材ステンレス・強化ガラス・フェノール樹脂
サイズバリエーションS(18~22cm)、M(22~26cm)、L(26~30cm)

2位 パール金属『ワコートレーディング COOK LIFE 26cm』

シンプルでお値打ち

蒸気穴がないタイプの強化ガラス製のフライパンの蓋です。そのため、内部の圧力が逃げにくく、加熱効率が良くなっています。蒸気漏れがないので、蒸し焼きが上手に出来ると評判です。

 

とてもシンプルな作りで、価格は1,000円を切っており、お値打ちです。「フライパンとセットになっている純正のものはちょっとお高い…」という人に選ばれています。

 

余計な機能がない、シンプルなものをお好みの人におすすめです。また、サイズは14cm~32cmまで2cm刻みと、豊富です。

サイズ26cm
重量650g
素材ガラス・樹脂・ナイロン・ステンレス
サイズバリエーション14,16,18,20,22,24,26,28,30,32cm

1位 ティファール『インジニオ・ネオ バタフライガラスぶた』

バタフライ式でスッキリ収納

取っ手が取れるシリーズで有名なティファールから出ているフライパンの蓋です。蓋のツマミが折り畳めるバタフライ式になっています。

 

蓋を開閉するときはツマミを上にあげて、収納するときはフラットになるので、重ねられて、コンパクトに収納できます。

 

上部はガラスで出来ており、調理中にフライパンの中身を確認することが出来ます。

 

縁は、シリコンで出来ているので、ピッタリとフライパンに密着させることが出来ます。

 

サイズ26cm
重量605g
素材ガラス・シリコン
サイズバリエーション16,18,20,22,24,26,28cm

まとめ

人気のフライパンの蓋ランキングはいかがでしたか?機能が豊富なものから、シンプルな構造のものまで、様々なフライパンの蓋があります。フライパン本体に比べると傷みにくいので、お気に入りのものを見つけて、長く付き合っていけるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ