【健康&美容効果】全世代に人気!おすすめのきな粉ランキング10選

きな粉は、健康や美容に欠かせない栄養素を多く含んだ食材です。国産の有機栽培大豆を使い、小分けで売られているきな粉は、赤ちゃんや子どものおやつにおすすめです。美容効果が気になる方には、黒豆から作られ、アーモンド等がブレンドされた砂糖無添加のきな粉がおすすめです。

きなこの健康&美容効果とは?

「畑の肉」とも呼ばれる大豆から作られるきな粉は、人間の体を作る必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。肉類や魚介類、牛乳等と比べても良質なたんぱく質をとることができます。それだけでなく、カルシウムやマグネシウムといったミネラルや葉酸などの栄養素も豊富です。これらは、骨粗鬆症の予防や疲労回復、免疫力の向上に有効だと言われています。

 

また、きな粉には食物繊維や、女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」という物質が含まれています。便秘の解消や肌荒れの改善など、女性にとって嬉しい効果が期待されている栄養素です。

 

そして、きな粉は粉状に加工されているため、大豆そのものを食べるより栄養が吸収されやすいという利点があります。赤ちゃんの離乳食や、子どものおやつはもちろん、ダイエット中の女性やアンチエイジングが気になっている方まで、全世代の食事にも取り入れたい食材と言えます。

目的別・きなこの選び方

赤ちゃんや子どもにおすすめ!健康に良いきな粉の選び方

きな粉には筋肉を作るたんぱく質細胞の生まれ変わりを促進する葉酸血液を構成する鉄分など、子どもにとって重要な栄養素が多く含まれています。しかし、どんな食材もそうですが、素材が悪いものを選んでしまっては健康によくありません。まだ成長段階にある赤ちゃんや子どもが食べる場合、三つのポイントに注意して選びましょう。

国産のものを選ぶ

きな粉の原料である大豆の主な産地は、アメリカやブラジル、アルゼンチンといった海外の国々です。日本の自給率は低く、食品用で約25%しかありません。

 

輸入された大豆を使った商品は安価ですが、どのように生産されたかが分からないため、日本では許可されていない農薬などが使われている可能性もあります。生産者の顔が見え、安全基準もクリアしている国内産を選びましょう。

 

日本における大豆の作付面積のトップは北海道となっており、東北地方や九州地方、北陸地方が続きます。これらの地域で作られたきな粉を特におすすめします。

有機栽培のものを選ぶ

日本の法律では、農林水産省が設けた基準をクリアした商品でないと、「有機栽培」という表示ができないと決まっています。その基準は、大きく分けて三つです。

 

まず、化学的に合成された肥料を使用していないこと。植物や動物の有機物を原料にした肥料しか、有機栽培と認められません。次に、遺伝子組み換え技術を利用しないこと。健康被害の心配のない、自然に交配された種子から育てられた作物です。

 

最後に、2年以上の間、有機肥料のみを使用した田畑で生産されていること。これは、化学肥料で汚染されていない土で作られたことを意味します。

 

こういった厳しい基準を達成し、国の有機JAS制度で認められたきな粉を選べば、大いに安心できるでしょう。

小分けされているものを選ぶ

きな粉は、新鮮さが命です。出荷時は密封されていますが、開封して時間がたつと、含まれている油分が酸化してしまいます。酸化すると風味が落ちるだけでなく、変質した油分がアレルギーの原因となることがあります。

 

また、きな粉は湿気やすい食材でもあります。空気や水分に触れると劣化が早まり、腐ってしまう危険性すらあります。さらに、きな粉は香りが強いため、ダニが寄ってきやすいです。ダニは死骸もアレルゲンとなります。開封したきな粉はジップロック等で密封し、冷蔵庫や冷凍庫で保存して、一ヶ月以内に食べきりましょう。

 

とはいえ、赤ちゃんや子どもは一度に多くを食べることはできません。あらかじめ小分けされた商品を選ぶことで、最後まで新鮮さを保ったきな粉を食べることができます。

女性におすすめ!美容効果の高いきな粉の選び方

きな粉にたっぷり含まれている食物繊維は、便秘の解消はもちろん、大豆オリゴ糖とあわせて、体内の血糖値の上昇を抑える効果があります。また大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、更年期などの女性特有のトラブルを予防してくれます。きな粉の美容効果をより高めるために、次の三つのポイントに気をつけましょう。

ブレンドきな粉を選ぶ

大豆を原料としているきな粉ですが、他の食材を混ぜて作られるものがあります。それらをブレンドきな粉と呼びます。

 

たとえば、肌荒れの解消に欠かせないビタミンEや、抗酸化作用の強いオレイン酸を含むアーモンドを混ぜたものがあります。同じく美肌に役立ち、アンチエイジング効果もあるセサミンを含む黒ゴマをブレンドしたきな粉もあります。

 

美白効果が高く、シミ・シワを消す力もあると言われているハトムギを混ぜたものや、食物繊維の多い青汁を混ぜたきな粉もあります。

 

せっかくの食事なら、一度に多くの栄養素をとれたほうがいいですよね。自分の求める効果を考えつつ、最適なものを選びましょう。

黒豆が原料のものを選ぶ

きな粉は、大豆を炒って粉末状に加工したもので、原料によって色が変わります。よく見かけるのは、黄大豆を原料にした黄褐色のものです。淡緑色で「青きな粉」や「うぐいすきな粉」と呼ばれるものは、青大豆を原料にしています。

 

以上の2つのきな粉は、色が違うだけで、栄養成分はほぼ同じです。しかしもう一つ、黒豆を原料にしたものがあります。こちらが美容におすすめです。

 

黒豆に多く含まれるアントシアニンや、サポニンは、内臓脂肪の吸収を抑える作用があります。また、抗酸化作用に優れ、顔のシミやたるみ、身体の老化を防いでくれるポリフェノールも含まれています。ぜひ、黒豆を原料にしたきな粉を選びましょう。

砂糖が含まれていないものを選ぶ

糖質は体とって必要な栄養素ですが、肥満の原因になってしまうともいわれています。糖分を分解するために分泌されたインスリンが、脂肪に変わってしまうのです。そこで最近は、炭水化物などの糖質の摂取量を抑えるダイエットが流行しています。

 

特に白砂糖は、血糖値を急激に上げるだけでなく、食欲を増進させてしまいます。他にも細胞が老化して肌荒れ等を引き起こしたり、カルシウムやビタミンなどを過剰に消費して精神不安定を引き起こしたりします。

 

きな粉には、砂糖を混ぜている商品もあります。甘みは増しますが、せっかくの美容効果が台無しになってしまいます。無添加の商品を選び、きな粉の自然な甘さを楽しみましょう。

健康志向!おすすめのきな粉ランキング5選

5位 自然健康社 『北海道産・黒豆粉末』

口どけのよい、優しいきな粉

日本における大豆の一大産地、北海道で作られた黒豆を原料としたきな粉です。黒豆には、大豆本来の栄養素に加えて、表皮に天然色素のポリフェノール「アントシアニン」が含まれています。とても健康効果の高い食材です。

 

自然健康社では、原料だけにこだわるだけでなく、大豆を粉砕するパウダー製造工程の質にも力を入れています。加工時の摩擦熱で大豆が劣化しないように工夫されているので、大豆本来の美味しさと栄養が損なわれることはありません。

 

また、粉砕後の粉をメッシュに通して選別しているので、サラサラで口当たりがよくなっています。牛乳などにもすぐ溶けるので、赤ちゃんの離乳食にもおすすめです。

ブランド 自然健康社
内容量 100g
生産地 北海道
メーカー名 自然健康社

4位 有限会社渡辺商店 『きな粉』

赤ちゃんや子どもも安心の無農薬きな粉

熊本にある渡辺商店は、安心・安全を追求した米や野菜、肉などを販売している、知る人ぞ知るお店です。無農薬かつ自然な栽培にこだわる生産者の集まり「自然派きくち村」を運営しており、このきな粉に使われている大豆も、農薬不使用で栽培されています。

 

大豆の品種は、九州地方を中心として育てられているフクユタカです。味が濃く、タンパク質の含有量も多いため、加工食品に適しているとされています。特に豆乳や豆腐の生産によく利用されており、名前の通り栄養豊富な大豆です。

 

選び抜かれた大豆を自家焙煎して作られたきな粉は、滋養たっぷり。熊本の大地でのびのび育った自然の恵みを感じられます。子どものおやつにもぴったりです。

ブランド 自然派きくち村
内容量 150 g
生産地 熊本県
メーカー名 有限会社 渡辺商店

3位 中村食品 『感動の北海道 全粒きな粉』

シンプルで濃いきな粉の味が楽しめる

北海道産にこだわる食品会社として有名な中村食品が手がけた商品です。札幌に本社がある地域密着の企業のため、生産者との距離が近く、安心できます。お茶や漬物の販売などで培われた技術が、このきな粉にも生きています。

 

原料の大豆は、もちろん100%北海道産です。遺伝子組み換えのものは使用されていません。じっくり焙煎されており、濃い味と強い香りが特徴です。パッケージは保存に便利なチャック付きであることも、使いやすさの一つです。

 

インターネット通販はもちろん、スーパーなどでもよく売られています。Amazonのレビューも高評価です。子どもから大人まで、幅広く人気のあるきな粉です。一度は食べてみることをおすすめします。

ブランド 中村食品
内容量 175 g ×5袋
生産地 北海道
メーカー名 中村食品

2位 東 博己 『濃厚きなこ』

JAS有機認定の大豆きな粉

農林水産省による有機食品の検査認証制度に合格しているきな粉です。シンプルなパッケージに有機JASマークが光ります。原料には熊本県産の有機大豆を100%使用しており、安心・安全は保証済みです。

 

大豆の生産からきな粉の加工、そして袋詰めまで全て熊本県内で行われています。そもそもの畑の土づくりに使う肥料にもこだわり、家畜の糞や穀物のヌカなどで作っています。限りなく化学的・人工的な要素を取り除いて栽培されています。

 

味は濃厚で、本当に美味しいと評判です。生産地だけでなく生産者の名前まで分かっているため、安心・安全にこだわる方におすすめしたいきな粉です。

ブランド えと菜園
内容量 200 g
生産地 熊本県
メーカー名 東 博己

1位 金沢大地 『有機きな粉』

力強い甘みと旨みを凝縮したきな粉

石川県金沢市の豊かな大地で育まれた大豆から作られたきな粉です。冬の間に自家製堆肥を使用して土づくりを行い、種を蒔いた後は一切の肥料を与えません。大豆本来の「育つ力」にこだわった、有機栽培の中の有機栽培といえるでしょう。

 

また、きな粉は粉末状に加工する関係上、質の悪い大豆を使ってしまう業者もいるなかで、こちらはちゃんと選別した大豆のみを使用しています。大豆本来の甘みと旨味が凝縮したきな粉です。

 

内容量は80gと使いやすく、密閉に便利なチャックもついています。最後まで新鮮なまま、香り高く、味の濃いきな粉を楽しむことができます。本当に品質のいいきな粉を探している方に、おすすめしたい商品です。

ブランド 金沢大地
内容量 80 g
生産地 石川県
メーカー名 金沢大地

美容に効く!おすすめのきな粉ランキング5選

5位 幸田商店 『青汁きなこ』

手軽に美味しく青汁の栄養も摂れる

美容に効く成分が多く含まれた青汁粉末と、きな粉をブレンドした商品です。なかなか聞かない組み合わせなので「きな粉に青汁って合うの?」と思われるかもしれません。これがとても美味しく、栄養もたっぷりなのです。

 

青汁には、食物繊維やビタミンはもちろん、カルシウムやカリウムといったミネラルが多く含まれています。野菜を食べるのが面倒だという方も、必要な栄養素を手軽に摂取することができます。原料には大麦若葉を使用しており、シンプルでさっぱりとした味わいです。

 

ブレンドしているきな粉は、国産の大豆を丁寧に炒って作られています。甘さと風味が抜群です。二つの良いところが合わさって、青汁が苦手な方にも食べやすく仕上がっていますヨーグルトやアイスにふりかけたり、牛乳に混ぜたり、様々な食べ方を楽しめます。野菜の美容効果は分かっているけれど、どうしても普段の食生活では不足しがちだという方におすすめです。

ブランド 幸田商店
内容量 150 g ×5袋
生産地 日本
メーカー名 幸田商店

4位 OSK 『黒ごま入りはと麦きな粉』

ハトムギ+きな粉で美白・美肌効果

きな粉に黒ゴマとハトムギの粉末をブレンドした、あまり知られていない商品です。美容に良い食材が三つもブレンドされており、カルシウム・鉄分・大豆・サポニン・ビタミンE・レシチンなど、美容に欠かせない栄養素を一度に摂取できます。

 

ハトムギは古くから薬やお茶の原料として親しまれている素材です。身体機能の代謝を促進したり、胃腸を整えたり、肌荒れ・シミ・ソバカスなどを改善したりする効能があります。独特な風味があって少し食べづらいのですが、この商品では、ブレンドされたきな粉がマイルドな味わいにしています。

 

黒ゴマに含まれるセサミンには抗酸化作用があります。また、きな粉の原料には遺伝子組み換えでない大豆が使われており、安心です。日々の美容と健康を両立させたい方におすすめします。

ブランド OSK(オーエスケー)
内容量 300 g
生産地 日本
メーカー名 小谷穀粉

3位 つけもと 『黒ごまきな粉と米ぬか』

米ぬかを美味しく食べられる

米ぬかは、玄米を精米する際にできる外皮や胚の粉です。ビタミンや鉄分、セラミドを豊富に含んでおり、肌へ塗ると美白効果があります。肥満の解消や、アンチエイジングにも効き目があると言われています。

 

しかし米ぬかの味は好き嫌いが分かれるため、そのままでは食べづらいという方も多いです。炒ったり、ぬか漬けを作ったりと、美味しく食べるには手間暇をかけなければいけません。そんな米ぬかを、きな粉に混ぜることで摂取しやすくしたのがこの商品です。

 

もちろん、一緒に配合されている黒ゴマも栄養たっぷりです。お餅やおはぎにかけるのはもちろん、トーストに塗る食べ方もおすすめです。豊かな自然の味をお楽しみください。

ブランド つけもと
内容量 200 g
生産地 日本
メーカー名 つけもと

2位 デルタインターナショナル 『黒ごまきな粉アーモンド』

きな粉とアーモンドの合わせ技

抗酸化作用のあるオレイン酸や、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいるアーモンドは、美容食材としてよく知られています。日々の食事にアーモンドを加えるだけというダイエット方法もあります。そんなアーモンドは、実はきな粉との相性が抜群です。

 

きな粉の原料である大豆は良質なたんぱく質を多く含んでいます。このたんぱく質を分解するためには、ビタミンが多く必要になります。きな粉とアーモンドを合わせて摂取することで、美容効果は倍増します。

 

こちらの商品では、黒ゴマの風味と香りを加えることで、さらに美味しさを高めています。ぜひ毎日食べてほしいきな粉です。

ブランド デルタインターナショナル
内容量 220 g
生産地 茨城県
メーカー名 デルタインターナショナル

 

1位 タクセイ 『くるみ黒ごまきな粉』

最強の美容効果があるきな粉

コンビニなどで売られている小分けパックのおやつとして、くるみにきな粉をまぶしたものをよく見かけます。同じ組み合わせですが、こちらは全てを粉末にして、さらに黒ゴマを混ぜた商品です。砂糖が加えられていないため、ずっとヘルシーに栄養素だけを摂ることができます。

 

健康と美容に良いと注目を浴びているオメガ3脂肪酸が最も多く含まれているナッツが、くるみです。ポリフェノールやミネラルも豊富です。毎日ひとつかみのくるみを食べるべきだと言われるくらい万能な食材です。

 

大豆と黒ゴマの相性の良さも存分に引き出されています。きな粉としてはマイナーな商品ですが、ぜひ一度お試しください。やみつきになること間違いなしです。

ブランド タクセイ
内容量 140 g
生産地 愛知県
メーカー名 タクセイ

まとめ

きな粉は、健康と美容によい成分を豊富に含んでいます。粉末状になっているため、大豆そのものよりも栄養を吸収しやすいのが利点です。国内では北海道や九州を中心に、有機栽培にこだわった大豆から作られた美味しいきな粉がたくさんあります。また、黒ゴマなど他の食材ともブレンドしやすく、様々な商品が売られています。ヨーグルトにきな粉をかけて朝食にしたり、昼食前にきな粉入りの牛乳を飲んだりと、ダイエットにも役立ちます。きな粉を上手に生活に取り入れて、より健康で美しい自分を手に入れましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【美容健康効果あり!】人気おからパウダーのおすすめランキング10選

【美容健康効果あり!】人気おからパウダーのおすすめランキング10選

その他食品
【健康】ご飯と混ぜて栄養価UP!人気の押し麦おすすめランキング10選

【健康】ご飯と混ぜて栄養価UP!人気の押し麦おすすめランキング10選

コーヒー・紅茶・お茶
【美容としても人気!】デトックスにおすすめの玄米茶ランキング10選

【美容としても人気!】デトックスにおすすめの玄米茶ランキング10選

コーヒー・紅茶・お茶
【ミネラル栄養たっぷり!】麦茶のおすすめ人気ランキング10選

【ミネラル栄養たっぷり!】麦茶のおすすめ人気ランキング10選

コーヒー・紅茶・お茶
【美容とダイエットに】女性におすすめのプロテインランキング10選

【美容とダイエットに】女性におすすめのプロテインランキング10選

医薬品・サプリメント
【美容】おすすめの人気ノニジュースランキング10選【健康】

【美容】おすすめの人気ノニジュースランキング10選【健康】

その他飲料