酢のおすすめ人気ランキング10選【酸っぱくない酢も】

調味料としてはもちろん、直接飲むこともある「酢」。酢は健康に良くダイエットなどにも効果的と言われています。色んな酢を試そうにも種類があまりにも多く、選べない方もいるのではないでしょうか。今回はそんな酢の人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します!

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

知られざる酢の魅力

「酢」と一口に言ってもその種類は様々で、基本的に無添加のものや、調味酢や酢の独特な酸味が苦手な方でも飲みやすく加工されたものなどいろいろあります。

 

そしてお酢は昔から体にとても良いとされ、心筋梗塞や動脈硬化といった大きな病気を予防するという素晴らしい効果も持ち合わせています。

 

今回はそんな魅力溢れるお酢を定番の製品から、あまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます、。自分にぴったりの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

酢の選び方

酢の種類で選ぼう

酢には大きく分けて4種類あり、原料や製造方法などによって大まかに、醸造酢・穀物酢・果実酢・合成酢があります。まずはそれらの特徴を知り、自分に適したものを選びましょう。

無添加で安心して摂取できる「醸造酢」

まず醸造酢ですが名前の通り醸造を必要とし、製造工程で用いられるアルコールなどを除き、基本的に無添加です。そのため、お年寄りや小さなお子様、妊娠中の方などの添加物や栄養に敏感な方にも安心して摂取できるので、そういった方々におすすめの酢です。

 

さらに酢の中でも醸造酢の持つ栄養価は非常に高く、本来身体が持っている修復機能を助ける働きがあるので、疲労回復や高血圧の改善、食欲増進と胃腸の修復などに大変効果があります。

 

薬などに頼らず、醸造酢とほかの食べ物とを組み合わせた食事から自然に栄養を摂取することができるので、健康志向が強い方にとてもおすすめです。

 

 

 

 

どんな料理にも使える万能な「穀物酢」

穀物酢はでんぷん質の豊富な穀物を原料としており、さっぱりとした酸味と、すっきりとした味わいが特徴です。濃厚な風味と色が黒いのが特徴で有名な黒酢もこの穀物酢の仲間に含まれます。

 

どんな料理にも使える万能なタイプであり、酢の中でも最も一般的で、他の酢と比べても酸味があまりきつくなく、クセもあまりないので様々な料理に使える万能調味料です。

 

ほとんど全てのスーパーやコンビニに置いてあるので、今現在もご使用になられている方も多いのではないでしょうか。価格も安く設定されており、幅広い料理シーンで使用されている穀物酢は日本人の食卓に最も身近な酢であると言えるので様々な方におすすめのタイプです。

 

 

 

美容と健康に良く飲みやすい「果実酢」

果実酢は果実がベースになっているので、爽やかな酸味とフルーティーな香りと甘みがあり、クセがないので飲む酢として大変人気があります。もちろん調味料としても使え、ドレッシングやマリネなどによく使われています。

 

とにかく飲みやすいお酢を探している方におすすめで、そのままでも飲めますが、それでも酸味がきついという方には、りんご酢を水で割ってはちみつを加えるなどすれば、より飲みやすくなるのでおすすめです。

 

果実の搾汁が含まれているので、美容と健康に良い栄養成分が豊富であるところも特徴です。健康を考え、お酢を摂取したいけれど独特な酸味が苦手という方は、是非一度果実酢を試してみてはいかがでしょうか。

非常に安価で製造過程の短い「合成酢」

合成酢とは醸造を必要とせず、酢酸や氷酢酸を水で薄めて砂糖や酸味料、醸造酢などを加えたものや、それらに化学調味料などが添加されたものです。そのため醸造酢などと比較して製造過程が短く、低価格であるという特徴があります。

 

しかし、醸造酢のような効能がなく味わいに大きな差があることから現在はほとんど生産されず、代わりに香辛料や調味料を加えた加工酢と呼ばれるものが広く流通しています。お馴染みのポン酢すし酢などがそれにあたります。

 

化学調味料や添加物が多く含まれている製品もあるので摂りすぎには注意が必要ですが、非常に安価であり、味付けもされているので味わい豊です。

記載されている情報をチェックしよう

気になる製品を見つけたら、購入する前に商品概要欄も必ずチェックしましょう。購入後に自分の求めているもの違った、なんてことがないようにしっかりと事前確認を忘れずに!

重要な酸味の目安となる酸度

酢といえば当然酸っぱいですよね。そのお酢に含まれる酸の割合を表したものを酸度と言います。お酢に含まれる酸は酢酸が最も多いので酢酸量とも言います。酢酸の他にはグルコン酸、クエン酸等の各種有機酸が含まれています。

 

これらの全ての酸を酢酸に換算し、お酢に含まれる酸の割合を表わしたものです。ここで重要なことは、酸度の高さは必ずしも「すっぱさ」の強さを表わすものではないということです。

 

原料がもともと持っている甘み・うまみ・コク・香りなどでお酢の酸味、味わいが決まってくるので注意が必要です。ある程度の目安と考えておきましょう。

アミノ酸量とエキス分も忘れずにチェック

酸度の他にはアミノ酸量があり、体を構成する重要な働きをするアミノ酸をどれくらい含んでいるかを示しています。黒酢、もろみ酢、香酢に比較的多く含んでいます。本醸造の黒酢でも発酵技術によってアミノ酸の多いものと少ないものがありますので、健康を重要視されている方はこちらもチェックすると良いです。

 

そしてもう一つエキス分ですが、こちらは水分を蒸発させたときに、蒸発せずに残る成分のことで、お酢に含まれるクエン酸や糖分などお酢のおいしさを決める成分です。甘みや旨みが強い方が「エキス分」が高くなります。酢の味を決める際の目安にしましょう。

味と栄養面重視の方は「純」醸造酢を選ぼう

酢には名前に「」とつくものがあります。純米酢純りんご酢などが有名ですね。では、この純がつくものとつかないものの違いは何なのか。それは、アルコールが含まれているかということと、原材料の割合です。
 
 
純のつく酢にはアルコールが入っておらず、純がつかない通常の醸造酢と比べて純醸造酢にはなんと、約5倍の原料が使われているのです。これにより味の良さはもちろん栄養面でも非常に効果が高いです。その分価格が少し高くなりますが、健康第一な方にはとてもおすすめです。

 

酢を目的別に選び分けよう

これだけのお酢の種類ですと、やはりそれぞれに得意・不得意があります。用途に合わせて適したお酢を選びましょう。

酢の味を楽しみたい人は「米酢」がおすすめ

煮物や中華料理、ドレッシングなど様々な料理のワンポイントに酢を使いたい人には、定番である穀物酢がおすすめですが、酢の味を前面に出して楽しみたい人には米酢が大変おすすめです。

 

すっきりとした味わいできつい酸味がなく、その中にコクと深い味わいを感じることができる米酢は、寿司や酢の物などの酢が料理の味のメインとなるような料理にとても適しています。

 

火を通さずに、そのまま使用することによって、より米酢のまろやかな酸味を楽しむことができます。是非一度試してみてはいかがでしょうか。

お酢を飲みたい方には果実酢と黒酢がおすすめ

調味料としてではなく、酢を直接飲みたい方には果実酢がおすすめです。果実の搾汁が入っているので、普通の酢に比べて大変飲みやすく、クセがありません。そのまま飲んでも問題ありませんが、まだ酸味がきついという方には炭酸水や水で薄めるとさらに飲みやすくなります。

 

そして忘れてはいけないのが果実酢にはビタミンやポリフェノールなどの美容と健康に良い栄養成分が豊富に含まれているので女性にも特におすすめです。

 

また、果実酢にはりんごやぶどう、ブルーベリーなどの様々な種類の果実を幅広く使っているので、自分の好みに合わせて味を選ぶことができるのも嬉しいですね。

 

魚や肉類には独特な香りとコクの黒酢がおすすめ

肉類の料理には黒酢が相性抜群です。油を使った肉料理や魚料理に黒酢をかけると味がまろやかになり、後味もすっきりとします。そして入れるだけで食材をさっぱりヘルシーにしてくれます。黒酢あんかけなどのソースとして使用することにも適しています。

 

そして黒酢は飲む酢としても適しています。こちらは果実酢と比べると飲みにくさはありますが、アミノ酸が豊富に含まれているので健康にとてもよく、酸味がそこまできつくないです。はちみつや水に薄めるとさらに飲みやすくなります。

酢のおすすめ人気ランキング10選

10位 内堀醸造 『純麦の酢』

ツンとした酸味がなく口当たりもやわらかな純麦酢

お酢の中でも珍しい100%小麦が原料の純麦酢です。そして使用されている麦全てが国産全粒小麦という希少な純麦酢です。多く生産されている純米酢とは少し違ったまろやかさと、あっさりとしていて、口当たりもやわらかです。そして麦の独特な香りがします。

 

100%麦原料のためアルコールが含まれておらず、酸味もそこまで強くありませんので、砂糖などと混ぜてドレッシング作りなどにも適しています。価格もかなり安く、米酢などの一般的なお酢に飽きてきた方は、是非一度お試しになられてはいかがでしょうか。

種類 穀物酢 酸度 4.2%
原材料 小麦 内容量 500ml

9位 ムソー 『有機アップルビネガー』

りんごの果汁のみを使用した飲むお酢としても最適な果実酢

こちらは有機栽培りんごの果汁のみを原料とし、昔ながらの静置発酵法で作った純りんご酢です。有機栽培りんごから搾汁した果汁のみを使用しているので、アルコールなどは一切添加されていません。

 

そのため酸味がまろやかでクセがなく、お酢の独特の匂いもほとんどないので料理だけでなく、飲むお酢としても適しています。そしてオーガニックでこのお値段はかなりお手頃価格というのもあって口コミでもとても評価が高いです。

 

そのまま飲んでも良し、炭酸水や蜂蜜などで割って飲むのも良しなので、果実の飲むお酢をお探しの方に大変おすすめの商品です。

種類 果実酢 酸度 4.5%
原材料 有機りんご果汁 内容量 360ml

8位 内堀醸造 『やわらか酸味の穀物酢』

いろんな料理に使える汎用性抜群な一品

お酢の有名メーカー「内堀醸造」の中央アルプスの伏流水を使用して米と酒粕を主原料に醸造した穀物酢です。こちらはやわらかな酸味とすっきりした香りとコクが特長です。

 

調味料として非常に汎用性が高く、様々な料理のワンポイントとして使用したり、酸味調整が楽なので酢の物などにも使いやすいのが嬉しいですね。ドレッシングや餃子のタレなどのソース作りにもとても適しています。

 

内容量も900mlとかなり多めなので、頻繁にお酢を使われる方や、本来の熟成酢のような酸味をお求めの方にとてもおすすめです。

種類 穀物酢 酸度 4.2%
原材料 米・アルコール・酒粕 内容量 900ml

7位 坂元のくろず 『坂元のくろず 1000ml』

自然の太陽光のエネルギーで発酵させた美味しく健康にも大変良い黒酢

お酢の中でも特に時間と手間をかけた高級ブランドはお酢でありながら1000円をかるく超えていきます。しかし、その値段に見合った美味しさや価値は間違いなくあります。こちらの坂元のくろずもその中の1つであり、仕込みから1年以上の発酵と熟成でまろやかで風味豊かに造り上げられています。

 

口コミでもやはりその美味しさに対する評価の高さが際立っており、高額にも関わらずかなりの人気があります。料理全般に入れると素晴らしい風味を出してくれ、身体にも大変良いので野菜ジュースなどに混ぜてそのまま飲むのも良いです。

 

高額なためあまり一般的ではありませんが、それでもこだわり抜かれた美味しさをお求めの方にはおすすめの商品です。

種類 穀物酢 酸度 4.2%
原材料 内容量 1000ml

6位 ミツカン 『純米酢金封 900ml』

大手メーカー「ミツカン」の国産米を100%使用した純米酢

有名ブランド「ミツカン」の国産米だけを使ってじっくりと造られた香り高くまろやかで、豊かなコクのある純米酢です。お寿司や酢のものに適しており、まろやかさが加わり、上品な甘みもあります。

 

瓶自体がスリムでかさばらないので、他の調味料と場所の取り合いにならないところも、地味ですがポイントが高いです。こちらは内容量が900mlと多いですが、もうすこし少ないほうが扱いやすいという方には、500mlのものもあるので、そちらがおすすめです。

 

酸味があまり尖っていなく、クセのない、とても評判の良いおすすめの純米酢です。

 

種類 穀物酢 酸度 4.5%
原材料 内容量 900ml

5位 オリヒロ 『純玄米黒酢 720ml』

匠の技で玄米独特の深い味わいがする純玄米黒酢

瀬戸内の自然の中で育まれた玄米と水を原料に作られた純玄米黒酢です。こちらは独特なクセの強い黒酢の中でも特にクセがなく飲みやすいと定評があります。そして、独自の技術と熟成醗酵段階を細やかに管理することで玄米黒酢ならではの旨みがしっかりとあります。

 

純玄米なので保存料やアルコールなどの添加物を一切使用しておらず、黒酢の中でもかなり低価格でありながら内容量も多いところもポイントが高いです。健康にも大変良く、口コミにおいても、水や蜂蜜などで薄めて飲んでいる方が多く見受けられ、そして効果があったとの声が多いです。

種類 穀物酢 酸度 4.5%
原材料 玄米 内容量 720ml

4位 内堀醸造 『まろやか酸味の米酢 900ml』

ネーミングに偽り無し!とにかく「まろやか」な米酢

米を主原料にして丁寧に醸造し、酸味を風味まろやかに仕上げた米酢です。酸味がツンとこず、酸味に角が無いので何にでも使えます。そして米酢の中でもかなりリーズナブルなところも素晴らしいです。

 

そして、この商品の口コミに特に多く目にするのが、この商品の名前にもある「まろやか」という言葉です。とにかくまろやかで美味しく、優しい味という口コミがかなり多く見受けられます。そのまろやかさの秘密には中央アルプスの豊かな環境に工場を置き、その自然の恵みを十分に得て造られているところにあります。

 

素材の旨味を引き出してくれるので、酢の物や寿司飯などに大変適しています。クセのない基本のお酢としてとてもおすすめです。

種類 穀物酢 酸度 4.5%
原材料 米・アルコール 内容量 900ml

3位 マルピーギ 『サポローゾ100ml 6年熟成バルサミコ』

そのお値段も納得の信じられない美味しさ!本格的なバルサミコ酢

イタリア産のブドウを数種類の木樽に移しかえながら熟成させ、自然に酢酸化させた本格的なバルサミコのお酢です。原材料が煮詰めたブドウのみで、ブドウ液や酸化剤などは一切使用されていません。そのため100mlと少量ながらかなり高額です。

 

しかし、それも口コミでは納得のいくお値段という声が数多く見受けられます。信じられない驚きの美味しさ!や一度この商品を使ってしまえば、もう他のお酢には戻れないなど絶賛されています。

 

酸味だけでなく甘みも強く、サラダにお肉、バニラアイスなどにも相性抜群です。値段が気にならず、本格的でこだわり抜かれたお酢をお求めの方に是非おすすめです。

種類 果実酢 酸度 6.0%
原材料 ぶどう 内容量 100ml

2位 村山造酢 『千鳥酢 900ml』

様々な名店でも使用されている上品な味わいの米酢

まろやかな口当たりの手作りの米酢です。有名な料亭や寿司店、料理教室など、幅広く愛されて重宝されています。京料理に適した酢で、京料理の素材の持ち味・色を生かします。上品でまろやかな味わいで、こちら使用すると料理の出来が数段あがります。

 

口コミにおいても、とても美味しい!最高級!などととても評価が高いですが、そこまで高額というわけでもないので一般のご家庭での普段使いにも十分です。料理に使用するにはもちろん、水などで薄めて飲むこともできます。

 

普段使っているものよりワンランク上の味に挑戦したい方は是非一度お試しください。

 

種類 穀物酢 酸度 4.2%
原材料 米、酒かす 内容量 900ml

1位 ミツカン 『穀物酢 900ml』

圧倒的な万能さと親しみ深さで人気No.1の穀物酢

さて、今回最もおすすめしたい商品がこちらの「ミツカン」の穀物酢です!特徴はなんと言ってもそのお手軽さです。小麦・酒粕・米・コーンをバランスよくブレンドして醸造した、日本で最もポピュラーな醸造酢と言えます。

 

価格もとても安く、そして品質には定評があります。さっぱりとしたさわやかな味が特徴で、あらゆる料理によく合うので一般のご家庭においても大活躍してくれます。加熱調理にも向いていて、料理の仕上げに少し使うとサッパリ、ヘルシーにしてくれます。

 

口コミでもやはりミツカンは親しみ深さがあり、お酢といえばミツカン!というほどみなさんの認知度が高いようです。オールマイティに使えるので様々な方におすすめの商品です!

種類 穀物酢 酸度 4.2%
原材料 穀類、アルコールなど 内容量 900ml

知られざる酢の魅力

ここまで酢のおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。酢と一口に言っても、本当にたくさんの種類があることがお分かり頂けたかと思います。ご家庭に1つあるだけで料理の幅ががグッと広がるのでどの酢を使うのかはこだわりたいところ。料理がお手軽に、そしてもっと好きになるように自分にぴったりのお酢に出会えるといいですね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

人気のおすすめ柿酢ランキング10選!その選び方を紹介します【高血圧防止】

人気のおすすめ柿酢ランキング10選!その選び方を紹介します【高血圧防止】

調味料・タレ・ドレッシング
【美容にも嬉しい⁉︎】人気のバルサミコ酢おすすめランキング10選

【美容にも嬉しい⁉︎】人気のバルサミコ酢おすすめランキング10選

調味料・タレ・ドレッシング
【2021年最新版】コチュジャンの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】コチュジャンの人気おすすめランキング15選

調味料・タレ・ドレッシング
【深い味わい】おすすめの人気ウスターソースランキング10選

【深い味わい】おすすめの人気ウスターソースランキング10選

調味料・タレ・ドレッシング
【プレゼントにもおすすめ】フルーティーな味わいが楽しい人気の果実酒おすすめランキング10選

【プレゼントにもおすすめ】フルーティーな味わいが楽しい人気の果実酒おすすめランキング10選

アルコール飲料
【痺れる辛みが美味しい!】人気の山椒おすすめランキング10選

【痺れる辛みが美味しい!】人気の山椒おすすめランキング10選

調味料・タレ・ドレッシング