記事ID132083のサムネイル画像

【調理に最適!】主婦にも大人気!キッチンバサミのおすすめランキング10選

調理の際に1本あるだけで便利なキッチンバサミ。最近では多機能な物も新しく発売されており、注目度が高くなっているキッチンバサミですが、種類が多く何がおすすめなのか分からない人も多いはず。そこで今回はおすすめのキッチンバサミを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

キッチンバサミで調理の時間を短縮

料理というのは意外と時間のかかる作業です。最近では手軽にコンビニで済ませる人や、ジャンクフードに頼ってしまう人も多いかもしれませんが、やっぱり手作りの料理が1番美味しいのは言うまでもありません。

 

そんな料理に掛かる時間はキッチンバサミ1つで大きく解消できることをご存知でしょうか。料理の下ごしらえなど、いつも包丁とまな板を出していては時間がかかってしまいます。しかしキッチンバサミがあれば、下ごしらえや、ちょっとした食材を切る時にも、キッチンバサミ1つで全て片付けることが出来ます。

キッチンバサミの選び方

いざキッチンバサミを購入しようと考えても、種類や機能が豊富すぎて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここではそんな悩みを抱える方にキッチンバサミを購入する上でのおすすめや注意すべきポイントを紹介します。

切れ味を重視するなら材質をしっかり確認しよう

キッチンバサミの主要な目的は切るということです。ここでは切る上でチェックしておきたい刃の材質についてお伝えします。

人気が高いステンレス製

キッチンバサミの材質は、大きく分けてステンレスとセラミックに分かれる事が多いです。ここで紹介するステンレスは、キッチンバサミだけでなく様々な用途で使われるハサミに多く使われています。

 

そのステンレスの特徴は、耐久性がある、錆びにくい、そして鋭い切れ味です。まさにキッチンバサミ含むハサミに最適な材質とされています。また毎日の料理で使う事もあるので耐久性が高いというのもステンレスが人気の理由の1つです。

 

キッチンバサミは水周り等で使う事が多く、知らない間に水に濡れやすいこともあるので、ステンレスの特徴である錆びにくいは非常におすすめできるポイントです。またキッチンバサミにとって重要な切れ味の良さもステンレスなら問題ありません

サビないセラミック製

セラミック製とステンレス製の大きな違いは、セラミックは非金属であるため、錆びることがないということです。ステンレスは錆びにくいのであって、長く使用したり手入れを怠ると錆びますが、その点セラミックは全く錆びないのでズボラな人や面倒くさがりの人にもおすすめできます。

 

そしてセラミックは非金属であるために非常に軽いというのも特徴です。多くの場合は女性が料理をするはずなので、男性に比べて力が無い女性には非常に嬉しいポイントとなるでしょう。

 

しかしセラミック製は非常に軽いという特徴から力が必要な食材を切るのには向いていないとされています。そして非金属なので耐久性も低いというデメリットがあります。固い物を切ろうとして刃先が欠けてしまうこともあるかもしれません。

キッチンバサミはグリップ部分も大事

キッチンバサミは切る部分である刃が重要と考える人も多いですが、実際に使うとグリップ部分も重要であることに気づきます。

グリップ部分の材質にも注目

グリップ部分とはキッチンバサミを持つ部分で、主に指を入れる部分のことです。このグリップ部分が自分に合わないと、長時間使っていて指が痛くなってしまったりすることがあります。それを解消するにはグリップ部分の材質にも注目しましょう。

 

グリップ部分には主に樹脂やゴムが使われる事が多いです。これは滑りにくく、柔らかい上に力を入れても指を痛めないように設計されているからです。しかし商品の中には刃部分からグリップ部分までステンレスのような金属を使用しているキッチンバサミもあります。

 

短時間しか使わないのなら問題ありませんが、長時間使用する場合や、力を入れる作業をする場合は気をつけましょう。キッチンバサミを購入する際は刃部分だけでなくグリップ部分もチェックすれば失敗する可能性は低くなります。

自分の手のサイズに合った商品を選ぶように

どれだけグリップ部分の材質に気をつけていても、サイズが合っていなければ元も子もありません。サイズが合っていない場合も指を痛める危険や、全く力が入らない事もあります。これは使用する方の手のサイズによるので、難しい問題でもあります。

 

少しでも失敗を防ぐためにも、現在使っているキッチンバサミや普通のハサミのサイズを測って比較すると失敗を防げるでしょう。または実際に店舗で買う場合は、1度握らせてもらってからの購入をおすすめします。

 

手のサイズだけでなく指の太さも考慮しておくと、いざ使う時に指が入らないなんて事態を防げます。

最近では多機能なキッチンバサミも発売されている

キッチンバサミの主な目的は食材などを切ることですが、最近では他にも使える用途を備えているキッチンバサミも多く発売されています。

自分に必要な機能を事前に把握すること

多機能なキッチンバサミを購入したものの、全く使ってない機能があったのではもったいないです。どうせなら自分のニーズに合ったキッチンバサミを購入したいと考える人もいるでしょう。そんな時は購入する前に自分が何を欲しているか把握しておくことが重要です。

 

最近の多機能なキッチンバサミには栓抜き、缶開け、ナッツクラッカー、魚の鱗取りまで出来るタイプも存在します。自分が実際に料理する際に必要だと感じる機能だけを選べば、自分のニーズに合ったキッチンバサミがきっと見つかります。

今でもシンプルなキッチンバサミは人気

多機能なタイプのキッチンバサミが多く発売されている中でも、シンプルに食材を切るという機能だけを追求したタイプも人気は健在です。このシンプルなキッチンバサミは多機能なタイプと比べて値段が安くなっている事が多いのもおすすめのポイントです。

 

機能がシンプルなキッチンバサミは見た目もシンプルな事も多いので、収納場所に困るようなこともなく、また洗う時もシンプルなために洗いやすいので主婦には人気の理由です。

 

家庭にちゃんとした栓抜きやナッツクラッカーなどがある場合は無理に多機能なキッチンバサミを買うよりもシンプルなタイプのキッチンバサミをおすすめします。

刃部分のギザギザの需要とは

様々なキッチンバサミが発売されている中でも刃部分がギザギザしている物とそうでない物があります。これは一体どういった意味があるのでしょうか。

調理に使うならギザギザは必要

普段、何気なく使っているキッチンバサミでもしっかり見ると刃部分にギザギザが付いていたりする物があります。これは調理の際に、食材が滑らないようにしっかりと刃を食い込ませるために施されています。

 

肉や魚には必ず脂があります。ギザギザが無い場合は、この脂で刃が滑ってしまい上手く切ることができないのです。ですので、よく肉や魚などをキッチンバサミで切る方にはギザギザが付いているキッチンバサミがおすすめです。

 

最近では、この刃のギザギザが、よく見ないと分からないぐらい小さいマイクロエッジング加工と呼ばれる加工を施している商品もあります。このマイクロエッジング加工されているキッチンバサミの場合は脂物じゃなくても切れ味が良く長持ちします。

衛生面を考えるならギザギザは無い方がいい

刃にギザギザが無いタイプのキッチンバサミでも、もちろん肉や魚が切れないなんてことはありません。元々、食材を切るために作られたキッチンバサミですから、しっかりと切ることはできます。

 

ギザギザが無いタイプのキッチンバサミはギザギザがあるタイプと比べて衛生的であるといえます。これはギザギザの部分に肉や魚の脂が入り込むことで、洗っても落ちないことがあるためです。

 

料理をする人ならよく分かると思いますが、脂というのは洗っても中々落ちていないことがよくあります。特に細かいギザギザ部分に入り込んだ脂は余計に洗いにくいともいえます。そのため衛生面で不安を感じたくない人にはギザギザが無いタイプが人気です。

調理器具として洗い方はチェックしておきたいポイント

キッチンバサミは主に食材に使うので衛生面には注意したいポイントです。そのため洗い方も購入する上で重要なポイントとなります。

分解できるかどうかは洗う上で重要

元々ハサミは2つの刃をくっ付けて造られています。最近のキッチンバサミでは簡単に2つに分解できる商品も発売されています。2つに分解できることで、1つ1つをしっかりと洗うことができ、いつまでも清潔に使い続けることができます。

 

特にキッチンバサミは2つの刃が交わる中心部分まで汚れてしまうことが多くあり、分解できないタイプだと、その交わる部分から菌に侵される心配もあります。また2つの刃が交わる部分の水気をしっかりと拭き取ることができなくて錆びてしまい、結果的にキッチンバサミが使えなくなってしまう事もあります。

 

いつまでもキッチンバサミをキレイに使う為にも、分解して洗えるかどうかはチェックするべきポイントの1つといえるでしょう。

食洗器で洗えるかどうかも気にしておこう

最近発売されている多くのキッチンバサミは水洗いが出来るタイプの物が多くなっていますが、家庭によっては食器洗い機を使っている家庭も増えてきています。そんな家庭の方はキッチンバサミが食器洗い機にも対応しているかもチェックが必要になります。

 

意外と水洗いは可能でも食器洗い機は不可という商品は多く存在します。間違えて食器洗い機で洗うことが不可の商品を食器洗い機に入れて洗ってしまうと、すぐにキッチンバサミが使えない物になってしまうことも考えられます。自分の家庭の洗い方を事前に確認しておくことで失敗しないようにしましょう。

キッチンバサミの人気ランキング10選

ここでは人気の高いキッチンバサミ10選をランキング形式でお届けします。きっと気に入ったキッチンバサミが見つかるはずです。

10位 貝印 『KAI キッチンバサミ セパレートタイプ』

価格:1316円(税込)

女性にピッタリなサイズで食器洗い乾燥機にも対応

メーカーが貝印というだけあって、切れ味は抜群に良いです。キッチンバサミが2つに別れるタイプのセパレートタイプのため、衛生面での問題もありません。また主婦には嬉しい食器洗い乾燥機にも対応しているので非常に使いやすい製品となっています。他にも銀杏も割れる部分も付いていて、この1本で料理の幅が広がります。

 

刃部分はギザギザ付きなため、肉や魚もしっかりと逃がさず切れることもおすすめできるポイントです。レビューでも10年使えると評判も良く、まさに人気のキッチンバサミです。

全長   19.3cm重量   87g
刃の材質 ステンレス柄の材質 ABS樹脂

9位 鳥部製作所 『カニチョキ キッチンばさみ』

価格:922円(税込)

カニやエビの殻も剥けて水洗い出来るキッチンバサミ

この製品の特長はなんといっても錆びに強いハイカーボンステンレスを刃の材質に使っている部分です。キッチンバサミと水気は切っても切れない縁でもあります。錆びに強いことで長く使える商品になっています。そして名前の通りこの製品はカニやエビの殻を剥くことに向いています。もちろん他にも食品パックやビニールなどにも使用できるのも人気の理由です。

 

グリップ部分も樹脂になっており握りやすく、水洗いも出来るので衛生面でも心配ありません。また刃先が少し丸くなっているので安全面でも安心できるキッチンバサミです。

全長   18.5cm重量   90g
刃の材質 ハイカーボンステンレス柄の材質 ミラストマー樹脂

8位 Basa 『キッチンバサミ』

価格:1299円(税込)

料理のプロが使い勝手を追求した究極の1本

この製品の素晴らしいポイントは多機能であるということです。栓抜きや缶開けはもちろん、ナッツクラッカーにもなります。そして使う側には嬉しいグリップ部分のサイズが余裕のある大き目のサイズということもオススメポイントです。そのため力も入れやすく固い食材なども無理なく切ることができます。

 

刃部分もギザギザが付いており、こちらもしっかりと食材を逃がすことなく切ることが出来るのも人気の理由です。料理のプロたちが厳しくチェックし、とことん使い勝手を追求した商品です。

全長   18.5cm重量   発送重量は168g
刃の材質 ステンレス柄の材質 エラストマー樹脂

7位 貝印 『キッチンはさみ』

価格:1480円(税込)

食器洗い機にも対応で主婦から大人気のキッチンバサミ

この製品の特長は刃部分が着脱可能であるということです。そのためグリップ部分との接合部もしっかりとキレイに洗うことができ衛生的なことも人気の理由です。また食器洗い機にも対応しているので手軽に洗えるのも主婦には嬉しいポイントです。

 

刃は小さな凹凸が付いているセレーション刃となっており、肉や魚を逃がさずしっかり切れます。グリップ部分も樹脂になっており、柔らかく指が痛くならないのでおすすめです。

全長   21.3cm重量   発送重量は136g
刃の材質 ステンレス柄の材質 不明

6位 プラス 『はさみ フィットカットカーブ』

価格:1045円(税込)

チタニウムコーティングで耐久性も抜群の優秀な1本

この製品の特長は刃が歪みにくい「ワイドシェイプ刃」になっていることです。一目見て少し他とは異なる刃なのですぐに分かるでしょう。さらに刃はハイカーボンステンレス製でありながらチタニウムでコーティングも施されており、より耐久性が強化されているのも人気の理由です。

 

肉や魚などの柔らかく滑りやすいものまで刃に施されたマイクロギザ加工でしっかり切れるので、料理の下ごしらえから仕上げまでこの1本で解決できる優秀なキッチンバサミとなっています。まさにどんな方にもおすすめできる1本です!

全長   20cm重量   発送重量は145g
刃の材質 ハイカーボンステンレス鋼柄の材質 PP

5位 鳥部製作所 『キッチンスパッター』

価格:3240円(税込)

高級感あるシンプルなデザインのキッチンバサミ

こちらの製品は何と言っても、そのシンプルな見た目が多くの方から評価されている商品です。刃部分からグリップ部分まで、すべてがステンレス製のためヒビ割れや塗装が剥がれる心配もありません。

 

また業務用含む全ての食器洗い機にも対応しているため、どんな家庭にもおすすめできる1本です。キッチンバサミ全体がステンレス特有の美しい光沢で仕上げられているため、贈り物としても人気があります。

全長   20.3cm重量   発送重量は120g
刃の材質 ハイカーボンステンレス柄の材質 ステンレス

4位 パール金属 『キッチン バサミ シンプルベーシック』

価格:496円(税込)

取り外し可能で食器洗い機にも対応

こちらの製品は取り外し可能なセパレートタイプでもあり、なお食器洗い機にも対応しているので非常に衛生的でいつまでも清潔に使い続けることができます。刃部分にはギザギザ加工も施されており、肉や魚はもちろん、袋の開封など多岐に渡って使用することが出来るおすすめの1本です。

 

またペットボトルのキャップを開けることも出来るので、少し力の弱い女性にも人気があります。グリップ部分は樹脂のためしっかりと握ることも出来るのも魅力的です。

全長   21cm重量   80g
刃の材質 ステンレス鋼柄の材質 ポリプロピレン・エラストマー樹脂

3位 木屋 『エーデルワイス料理バサミ』

価格:4644円(税込)

長く愛用できる切れ味抜群のキッチンバサミ

この製品の1番の特徴は切れ味が素晴らしいという一言に尽きます。あまりの切れ味に驚くこと間違いない商品です。まるで紙を切っているかのように抵抗なくスッと切れるのは、この商品の1番のオススメポイントといえます。

 

また持ち手の部分に栓抜きも付いているので、使い勝手も非常に良いです。お値段は他の商品に比べて少し高いかもしれませんが、それだけに長く愛用できる1本として人気の高い商品です。

全長   21cm重量   130g
刃の材質 エーデルワイスステンレス鋼柄の材質 樹脂

2位 KAKNG 『キッチンバサミ』

価格:1399円(税込)

セパレートタイプで衛生的に使い続けられる1本

こちらの製品は刃の厚さが3mmもあるため、他の製品と比較しても非常に長持ちします。またセパレートタイプであることから、丸洗いも可能なので、見えない部分もしっかりと洗えるのでいつまでも清潔に使えるところが人気の理由でもあります。

 

考え抜かれたデザインで見た目も非常に人気があり、まさにおすすめの1本です。刃にはしっかりとギザギザが施されており、グリップ部分も樹脂なのでどんな食材でも滑らずにしっかりと切れるのも魅力的です。

全長   21.9cm重量   167g
刃の材質 ステンレス柄の材質 不明

1位 Henckels 『ケルン 料理ばさみ』

価格:1191円(税込)

ドイツの伝統と技術力が詰め込まれた至高に1本

おすすめランキング1位に輝いたのは、Henckels(ヘンケルス)のキッチンバサミです。Hencklesはドイツのメーカーで創立200年以上の伝統を持ちます。刃物に関しては非常に高い技術力を誇っており、まさに最高の1本とも呼べる商品です。

 

特徴としてはビンの蓋開けが付いていることも人気の理由ですが、シンプルなデザインと刃先に施された細かいギザギザのマイクロエッジ加工で滑りやすい食材もしっかり切れる事が最も人気のある理由です。

全長   20.6cm重量   発送重量は132g
刃の材質 ステンレス柄の材質 ABS樹脂

まとめ

キッチンバサミのおすすめランキングを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。毎日使うキッチンバサミだからこそ、妥協せずに自分のニーズに合った商品を使用すれば、毎日の料理も楽しくなるでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ