記事ID132057のサムネイル画像

上手に焼けるコンベクションオーブンの選び方とおすすめ人気10選

電子レンジでもなく、オーブントースターでもないコンベクションオーブンが注目を集めています。ケーキもパンもピザも上手に焼けると人気なのです。料理上手を目指し購入を考えている人のためにコンベクションオーブンの特徴や機能、人気のおすすめ商品10選をまとめました。

コンベクションオーブンとは?

今注目を集めているコンベクションオーブンですが、いったいどういうことができるものなのでしょうか?従来の電気オーブンや電子レンジ、オーブントースターとは違う新しい調理器具です。

従来の電気オーブンは電気によるヒーターの熱で調理をするというものです。電子レンジはマイクロ波で分子を振動させることで加熱します。オーブントースターは電気オーブンと同じく電気のヒーターの熱で加熱します。コンベクションオーブンはヒーターの熱に加えて、ファンを回し熱風を対流させることで、調理ができるという仕組みになります。

 

つまり、熱だけではなく、熱風をコンベクション(対流)させることにより、従来の熱だけの調理とは仕上がりが違ってくるのです。熱風が対流することにより、従来のオーブンのように時々焼く向きを入れ替える必要がないところが最大の特徴です。肉はよりジューシーにケーキなどのお菓子はふんわりと焼きあがります。

2020年最新版の電子レンジおすすめ記事は下記のリンクから

コンベクションオーブンのおすすめの選び方は?

コンベクションオーブンを購入するときには気を付けるべき選び方があります。コンベクションオーブンは、なにを基準に選べばいいのでしょうか?

コンベクションオーブンを作る料理で選ぶ

コンベクションオーブンを使って、素材は何を、どういう風に調理したり、焼くのか?という目的によっておすすめのコンベクションオーブンの選び方の違いがでてきます。

パンやピザを焼くためのおすすめの選び方は?

コンベクションオーブンでパンやピザを焼く場合は庫内のサイズを重要視して選ぶ必要があります。パンは生地を発酵させて焼くことにより、焼いている間に膨らみますのである程度の高さが必要です。コンベクションオーブンの機種によっては発酵までできるものがありますので、発酵から焼き上がりまで1台で完了できるものがおすすめです。

 

ピザは円の大きさにもよりますが、丸い生地をそのまま庫内に入れて焼けるくらいの広さのコンベクションオーブンがおすすめです。また、大人数でピザを楽しむためには一度に2枚くらい焼ける機能が付いていた方が断然便利です。2段にラックを設置できるタイプがおすすめです。

 

トーストをするときにスチーム機能が付いているとトーストが表面パリッと中がふっくらと焼きあがります。トーストを焼くことを目的とするなら、スチーム機能が付いているものをおすすめします。

ケーキやお菓子を焼くためのおすすめの選び方は?

コンベクションオーブンでケーキやお菓子を焼く場合はオーブン機能とスローべーク機能があれば上手に焼くことができます。スローべーク機能は中までじっくり火を通したいときに便利な機能で、ケーキをふんわり焼き上げる時に重要な役割を果たしてくれます。特にシフォンケーキをふんわり焼くときに便利なのでスローベーク機能が付いているものを選ぶことをおすすめします。

 

シフォンケーキは高さがありますので、庫内の高さも選ぶときの重要なポイントになります。シフォンケーキの場合、型が17cmの物が多いので庫内の高さが17cmより高いものを選ぶことをおすすめします。

コンベクションオーブンを機能で選ぶおすすめポイント

コンベクションオーブンは基本的に4つの機能を持っていますが、機種によっては+αの機能がついているもや、付いてないものがあります。+αの機能によって値段や大きさが変わってくる場合があるので、どういう使い方をするかによって機能が付いているのかついていないのかを選ぶのがポイントです。

コンベクションオーブンの基本的機能とは?

コンベクションオーブンの基本的機能は、コンベクション機能、オーブン機能、グリル機能、スローベーク機能です。

①コンベクション機能・・・熱風を対流させて調理する機能

②オーブン機能・・・従来のオーブン機能と同じく電気のヒーターで調理をする機能

③グリル機能・・・上からの電気ヒーターで焼き目を付ける機能

④スローべーク機能・・・じっくりと中まで火を通したいときの為の機能

この4つの機能を使い分けることにより料理の幅が広がっていきます。

 

スローベーク機能が付いていることにより、オーブン料理だけでなく、煮物を作ることもできます。電気で温度調節とタイマーをかけることができるのでガス調理の時のようにちょっと目を離したすきに焦げ付いた!ということがなくなり、おすすめな機能です。

コンベクションオーブン便利な機能2段調理ができる

庫内の広さや高さに寄りますが、ラックを2段設置できるようになっているコンベクションオーブンなら、一度にたくさんの量を調理できたり、上下で違う種類の料理を作ることができるので時短になり、おすすめです。ピザを一度に2枚焼くこともできるので大変便利です。

コンベクションオーブン便利な解凍機能

コンベクションオーブンには冷凍した肉や魚の解凍機能が付いているものがあります。電子レンジのように時短での解凍ではなく、ファンを回してゆっくりと解凍します。電子レンジのようにすぐに解凍できるわけではありませんが、自然解凍に近い形で解凍ができるので、素材のうまみを損なわずに解凍することができます。

 

自然解凍に近い形で解凍するので、電子レンジでの解凍の時のように水っぽくなることがなく、おすすめな機能です。

コンベクションオーブンをサイズで選ぶときのおすすめポイントは?

コンベクションオーブンは大小さまざまな大きさやサイズがあります。メーカーによっても大きさはまちまちです。さらに本体は熱を発しますので、周りにはものをおかないことをおすすめします。置き場所の空間がどのくらいの大きさかをあらかじめ測るなどしてコンベクションオーブンの大きさをきめることをおすすめします。

 

また、調理中はコンベクションオーブンの本体はとても熱くなるので、壁や棚などから少し離しておく必要がありますので、その距離なども考えて置く位置を決めるようにしましょう。

置く場所や庫内のサイズが大事

コンベクションオーブンを選ぶときのポイントとして大事なことのひとつに外観のサイズの大きさと庫内の大きさがあります。フライパンや鍋といった調理器具とは違ってオーブンや電レンジなどと同様、一度場所を決めたらそこから 動かさずに置いたまま使用することが一般出来な調理用家電です。キッチンのどこに置くのか、スペースはどのくらい取れるのか?といったことをあらかじめ計っておいて選ぶ必要があります。

 

また、外観の大きさと庫内の大きさは比例しませんので、どんな調理をしたいかによって庫内の大きさを選ぶ必要があります。家族の人数が多ければ庫内の大きさを重視して選ぶ必要がありますし、一度にあまりたくさんの量を作る必要がなければ小さめのサイズもおすすめです。

周りの環境も考えることをおすすめ

コンベクションオーブンを使うときは本体自体が熱を発してかなりな高温になります。サイズを計り、棚の中にきちんと納まるように収納できても、棚の壁や周辺に置いている小物などが近すぎると高温になり危険です。

 

コンベクションオーブンが高温になっても周りに影響を与えないかどうかを考慮し、十分な余裕が持てるようなところに設置することをおすすめします。

コンベクションオーブンを価格で選ぶときのおすすめポイントは?

コンベクションオーブンは大きさも様々ですが、価格も1万円以下の物から10万円を超えるものという価格の差も激しい商品になります。

価格と機能のバランスが大事

予算の関係で安いものを、という人も多いかもしれませんが、どういう料理を中心に作るのか?ということを考えたうえで、どんな機能が付いているのか、その機能を付けることによっての価格とのバランスを考慮して選ぶことをおすすめします。

 

基本的な機能だけでよいという場合は、比較的安い値段で購入することができます。+αの機能がついていたり、付属品がたくさんある場合は値段が高くなっていく可能性があります。便利な機能でも使うことがあるかどうかをしっかりと考えて購入するようにしましょう。

デザインをどこまで重視するのか

調理家電というものは機能も大事ですが、インテリアとしてのデザインを重視して選びたいという人もいるはずです。デザインを重視するあまりに価格が上がってしまう場合もあります。機能だけで選ぶのか、インテリアとしてのデザインも重視するのかも考えて選ぶことをおすすめします。

コンベクションオーブンのおすすめ人気ランキング10選

コンベクションオーブンの中でも比較的価格が安めでも使える機能がしっかりしている人気ランキング10選を紹介します。

10位 TWINBIRD 『コンベクションオーブン ブラック』

価格 8,447円(税込)

簡単操作と手ごろな価格が魅力的なコンベクションオーブン

1万円以下の手ごろな価格で購入できるので、コンベクションオーブン初心者にはおすすめです。タイマーの使い方も覚えやすく簡単です。庫内は17cmのシフォンケーキが楽に焼けるくらい広めなので、ケーキやお菓子作りにも最適なコンベクションオーブンです。

 

もちろん、お肉などを焼く時もコンベクション機能で食材を包み込むように焼き上げるので焼きムラがなく全体を均一に焼いてくれます

サイズ 幅440mm×奥行350mm×高さ300mm 消費電力 1300W
庫内サイズ 幅270mm×奥行270mm×高さ200mm 特徴 基本機能、操作が簡単
重量 約5.4kg    

9位 SANYO『 スチームコンベクションオーブン プレミアムホワイト SOB-VS10(W)』

価格 34,000円(税込)

トーストも魚もおいしく焼けるコンベクションオーブン

上下ヒーター1段式のコンベクションオーブンです。焼く・煮る・蒸すと豊富な料理ができるのが人気の理由です。スチーム機能を使うことによってしっとり焼きあがります。またトーストは外はカリっと中はしっとり焼けるので毎日遣いにとても重宝します。

 

魚も表面パリッと中はふんわり焼くことができます。引き出し式ダストトレーが付いているのでお手入れも簡単なので忙しい人におもすすめです。

サイズ 幅400mm×奥行375mm×高さ250mm 消費電力 1400W 
庫内サイズ 幅275mm×奥行282mm×高さ130mm 特徴 家族の好みによってトーストの焼き上がりを変えることができる
重量 7.5kg    

8位ハミルトンビーチ 『カウンタートップ コンベクションオーブン』

価格 23,999円(税込)

ロティサリーが付いて鶏の丸焼きが楽々なコンベクションオーブン

アメリカ製のコンベクションオーブンですが、日本でも十分に使えます。上下ヒーターが使えて切り替えができたり、上下2段にできるのでピザが一度に2枚焼けます。またロティサリーが付いているので、鶏の丸焼きができるのでクリスマスなどのホームパーティー等をする人にはおすすめです。

 

モード切替が上ヒーターのみ、上下ヒーター、上下ヒーター+FANと使い分けることができるので料理の幅が広がります。

サイズ 幅525mm×奥行き435mm×高さ330mm 消費電力 1500w
庫内サイズ 幅350mm×奥行35030mm×高235mm 特徴 ロティサリー付き
重量 11.6kg 便利機能 上下ヒーター切り替え付き

7位siroca 『ノンフライオーブン SCO-401』

価格 7,980円(税込)

コンパクトなのに庫内広々で一度にたくさん調理ができるコンベクションオーブン

コンパクトな外見に比べ庫内が広いのがsiroca ノンフライオーブン SCO-401の人気の秘密です。食パンなら4枚が一度に焼け、グラタンは丸型の物が2つ同時に焼け、ピザなら直径25cmがそのまま焼けます。

 

コンベクション機能を使うことにより、揚げ物を油を使わずに調理できるのでヘルシーな料理ができるので、油の後処理の手間も省けます。また油を使わないので健康管理などに気を遣う方にもおすすめです。

 

サイズ 幅398mm×奥行346mm×高さ235mm 消費電力 1200W
庫内サイズ 幅280mm×奥行273mm×高さ110mm 特徴 庫内が広いので大人数の料理に対応
重量 4.2kg    

6位 日立 『コンベクションオーブントースター HMO-F100 R』

価格 11,153円(税込)

パンの発酵から焼き上げまでこれ1台で簡単なコンベクションオーブン

手作りパンやスイーツ作りをしたい人におすすめのコンベクションオーブンです。この1台でパンの1次発酵、2次発酵、焼き上げまでできる優れものです。スイーツづくりにはケーキはもちろん、チョコフォンデュの為のチョコレートも焦がさずに溶かすことができます。チーズフォンデュやバターもちょうどよいくらいに溶かすことができます。

 

もちろんおかず作りにも大活躍です。例えば唐揚げは網の下にオーブン皿をスライドインすることによって無駄な油分をキャッチしてくれるので後片付けがとっても楽なので油の後処理が苦手な人にもおすすめです。

サイズ 幅249mm×奥行376mm×高さ413mm 消費電力 1300w 
庫内サイズ 幅322mm×高さ101mm×奥行324mm 特徴 パンの発酵も楽々です。
重量 5.7kg    

5位 デロンギ『 スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン EO14902J-W』

価格 26,200円(税込)

赤いダイヤルがおしゃれなコンベクションオーブン

デロンギのコンベクションオーブンの特徴のひとつは赤いダイヤル式のつまみです。キッチンでこの赤いダイヤルがとてもおしゃれに映えます。操作はダイヤル式の為とても簡単です。難しい組み合わせなどもないため誰でも簡単に使う事ができるので機械が苦手な人にもおすすめです。

 

予熱時間が少ないので調理時間も短くなります。ケーキやピザ、ローストビーフといったオーブン料理以外にも煮物料理ができたりと調理の幅が広がります。

 

 

サイズ 幅500mm×奥行400mm×高さ255mm 消費電力  1400W
庫内サイズ 幅305mm×奥行300mm×高さ140mm 特徴 操作が簡単、予熱短い
重量 7kg    

4位 siroca 『ノンフライオーブン SCO-501』

価格 8,380円(税込)

ピザプレートとレシピ付きが嬉しいコンベクションオーブン

網の位置が料理によって3段階、高さを変えることができます。また、ピザ用のピザプレートが付いているので、ピザ生地の水分を上手に飛ばしてくれてべたつかずサクッとした焼き上がりになります。

 

オリジナルレシピブック付きなのでコンベクションオーブン初心者でもいろんな種類の料理を作ることができて毎日の食事の幅が広がり、おすすめです。

サイズ 幅398mm×奥行346mm×高さ235mm 消費電力 1200W
庫内サイズ 幅280mm ×奥行273mm ×高さ110mm 特徴 網の位置が3段
重量 4.1kg 便利機能 ピザプレート付き

3位 TWINBIRD『 コンベクションオーブン TS-4118B』

価格 7,834円(税込)

幅も高さも広い庫内とヒーターの切り替え機能が便利

庫内が広く、ピザ専用プレート付きです。ピザは23cmのピザがそのまま焼ける庫内の広さです。食パン一斤がそのまま入るくらいの高さがあるので、食パンやシフォンケーキを焼くのにも適しています。

 

上下についているヒーターは、上だけ、下だけ、両方と切り替えることができるので、調理方法によって使い分けが可能です。60分のタイマー付きなので、コンベクションオーブンの中に入れたら出来上がりを待つだけです。

サイズ 幅440mm×奥行350mm×高300mm 消費電力 1300W
庫内サイズ 幅270mm×奥行270mm×高200mm 特徴 高さ20cmなので食パン1斤が楽々入ります。
重量 5.4kg    

2位 アイリスオーヤマ 『コンベクションオーブンFVC-D15B-S』

価格 6,780円(税込)

スチーム機能でふっくらトーストが簡単に焼けるコンベクションオーブン

トーストをふっくら仕上げるためのスチーム機能が搭載されています。広々とした庫内に網の取り付け位置が3段階あるので料理によって使い分けることができます。スチーム機能を使うときの水の受け皿も出し入れ簡単なのでいつもきれいな水でトーストできます。

 

上下ヒーター切り替え可能なので、本格的んオーブン料理やグリル料理が簡単です。スローベーク機能を使えば煮物料理もできるのでロールキャベツといった料理も簡単にできます。

サイズ 幅417mm×奥行329mm×高さ285mm 消費電力 1300W
庫内サイズ 幅290mm×奥行270mm×高さ145mm 特徴 取り外し簡単な水受けトレー、上下ヒーター切り替え機能
重量 5kg    

1位 アイリスオーヤマ『 コンベクションオーブン 15L PFC-D15A-W』

価格 6,980円(税込)

価格も機能も大満足なコンベクションオーブン

この価格でコンベクションオーブン機能の基本的なコンベクション機能、オーブン機能、グリル機能、スローベーク機能のすべてが備わっているのですからまず申し分ないといっていいでしょう。庫内の広さも、トーストが一度に4枚焼ける広さなので家族が多い家庭にはおすすめです。

 

高さもローストチキンが焼けるくらいですので十分といえます。コンベクションオーブンの購入を迷っているなら、まずはこのコンベクションオーブンを使ってみることをおすすめします。

サイズ 幅417mm×奥行329mm×高さ285mm 消費電力 1300W
庫内サイズ 幅290mm×奥行270mm×高さ195mm

特徴

コンベクションオーブンの基本機能をすべて搭載しているのに低価格
重量 5.5kg    

まとめ

コンベクションオーブンの選び方とおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?コンベクションオーブンは大変便利な機能を持つ家電として人気があります。1台あれば難しいオーブン料理やグリル料理からパンやピザ、お菓子作りにといろいろな料理が家庭で簡単に楽しめます。コンベクションオーブン、おすすめですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ