記事ID132054のサムネイル画像

【どこでも清潔!】携帯ウォシュレットのおすすめ人気ランキング10選

海外旅行や出張先、アウトドアキャンプ、赤ちゃんのおむつ替え、そして災害で停電になった時など1台あれば活躍する携帯ウォシュレット。数ある商品の中からあなたに最適な携帯ウォシュレットの選び方、そして人気ランキング10選をご紹介します。

携帯ウォシュレットが1台あると便利な理由は?

最近ではウォシュレットがついている公衆トイレも増えましたが、衛生面が気になって使いたくないな、という方も多いようです。そんな時自分専用の携帯用ウォシュレットを持ち歩いていれば、どこでも安心して清潔にトイレを利用できます。

 

また海外では日本と違ってまず温水洗浄便座はついていません。トイレットペーパーも固いことが多く、楽しいはずの旅行がおしりが痛くて台無し、なんていうことにもなりかねません。スーツケースに携帯用を1つ入れておけば、トイレ事情を気にせずに旅行が楽しめるでしょう。

 

また赤ちゃんのおむつ替え、介護、停電時、アウトドアレジャーの際、痔で悩んでいる方も携帯できるウォシュレットがあれば毎日の生活がより便利にそして快適になること間違いなしです。

携帯ウォシュレットの選び方

携帯ウォシュレットは水圧が強いものからやさしいもの、電源タイプや手動タイプ、価格も300円程から1万円くらいまでと様々です。色々な角度からポイントをチェックしてあなたにぴったりの商品を選んでくださいね。

電動タイプか手動タイプで選ぶ

携帯ウォシュレットは大きく分けると電動式と手動式の2つがあります。電動式は乾電池や充電池のタイプ、手動式は手で押すものやバネ式、加圧式があるので詳しく見てみましょう。

電動タイプ

電動タイプは乾電池や充電池で動くタイプです。乾電池がきれた時はコンビニなどで買えますし、海外でも手に入るので安心です。中にはUSBで内蔵バッテリーに充電できる便利なタイプもありますよ。

 

電動タイプの携帯ウォシュレットの一番のメリットは家庭用の洗浄機と変わらないほどのパワーがある点です。また安定した強度で水が出て、ボタン一つでオン・オフが操作でき、強さの切り替えができるタイプが多いのも魅力です。簡単にパワフルで安定した洗浄力が欲しい方にぴったりです。

 

デメリットはモーターの音が若干するので、静かなトイレでは目立ってしまうかもしれません。また電池が入っている分、手動タイプより重くなります。そして作りが手動式より複雑なのでお掃除が楽にできるように、防水タイプを選ぶと良いでしょう。

手動タイプ

手動タイプは3つに分けられ、タンクの部分を手で押して水を出すタイプ、本体についたポンプを10~20回押して加圧し、ボタンを押すとその圧力で水が押し出されるタイプ、そして本体の一部を回してバネをギューッと引き寄せ、バネが少しずつ戻る力で水を出すタイプがあります。

 

手動タイプのメリットは電池がいらないので小さく軽いところです。毎日バッグに入れて携帯するにはぴったり、またモーター音もしないので使用中も静か。価格もリーズナブルな商品が多く、シンプルな作りで電池も無いので、丸洗いして清潔を保つことができるのもうれしい点です。

 

デメリットは電動式に比べて水の勢いが弱く、水流の調節も難しい点です。パワフルさや安定したシャワー効果が欲しい方には物足りないかもしれません。また価格が安いのは良いのですが、やわらかいプラスチック製は電動式に比べて一般的に耐久性が低いでしょう。

水圧の強さで選ぶ

携帯ウォシュレットを購入する際に気になるのは「どれくらいの水圧があるの?」という点ではないでしょうか。パワフルタイプからお尻にやさしい弱タイプまでご紹介します。

パワフルな高い水圧のタイプ

携帯ウォシュレットの中で最も水圧が高いのは電動タイプです。パワフルな水流なので便秘がちでお尻に刺激を与える必要がある方にも最適です。ボタン1つで弱から強に切り替えることができるタイプも多いのが電動タイプの特徴です。

 

電動タイプの中でもノズルの部分をスライドさせることで水が出る穴の数を変更できるものを選べば、強いけどやわらかな洗浄ピンポイントの強い洗浄と好みに合わせて使用できます。

 

冬の間は真水だと冷たすぎるので、ぬるま湯を入れたり、お水を入れて最後にお湯を少し足すととても快適ですよ。

中くらいの水圧のタイプ

電池が必要ない手動式の中でも加圧式とバネ式は比較的安定した水流を出すことができ、強さも満足できるものが多いでしょう。特に加圧式は説明書にある回数しっかりポンプを押して加圧することで十分な洗浄力を感じることができます。

 

携帯ウォシュレットは女性は前方から使用するのがベストです。男性は前から使うのが難しければ、後方の斜めから使いましょう。落ちたお水が本体や手にかからないように、いずれも真下ではなく、角度をつけて使うのがポイントです。

 

最初は慣れずに上手く当たらないかもしれませんが、数回使用すれば思った場所にシャワーできるようになりますよ。

お尻にやさしい低い水圧のタイプ

お尻をやさしく洗いたい方には、手動式の中の手で押すタイプが最もおすすめです。本体のタンク部分ができるだけやわらかいものを選ぶと押す際に微妙な調節ができるので、商品の詳細や口コミで確認してみて下さいね。

 

痔の手術の後は紙で拭けない上に、据え付け型の強くて細いウォシュレットは痛みを感じますよね。手動式の携帯ウォシュレットはゆっくり押し出してやさしく洗えるので最適です。また赤ちゃんのおしめ交換の際も強い水流はびっくりさせてしまうので、手動タイプがおすすめですよ。

タンクのタイプで選ぶ

携帯ウォシュレットはお水を入れるタンクが内蔵されているタイプと、ペットボトルをつけて使うタイプがあります。違いを比べてみてみましょう。

タンク内蔵型

タンク内蔵型は電動タイプと手動タイプの加圧式やバネ式に多く、本体に水やぬるま湯を入れて使用します。簡単に使えるのがメリットですが、商品によってはタンクが小さくて十分ではなく途中で再度給水する必要がある場合があります。

 

タンク内蔵型を選ぶ際は、どれくらいのお水を入れることができるのか商品の詳細でチェックし、口コミで「タンクが小さすぎる」というコメントがないかを確認してみましょう。

 

タンク内蔵型の中にはランキング2位でご紹介しているパナソニックのハンディ・トワレのように、ペットボトル用のアタッチメントが付いている商品があります。公衆トイレが混んでいて蛇口で給水するのが恥ずかしい時には、持参のペットボトルで使用できる両用タイプで便利です。

ペットボトル型

ペットボトルのタイプは、手もちのペットボトルの口の部分にノズルを装着して使います。価格がとても安く、ノズルの部分だけなら携帯ウォシュレットの中で最も小さく、持ち運びにとても便利です。

 

また内蔵タイプに比べてお水をたくさん入れることができるのもメリットです。海外旅行の際は現地のペットボトルを使用することができますが、もし大きさが合うか不安な場合は空のボトルを日本から持って行っても、電動タイプに比べたらとても軽いものです。

 

使用するボトルは炭酸系のペットボトルがおすすめですよ。なぜなら容器が円の筒状でボコボコがなく、押しやすいからです。両手でゆっくり水を押し出すようにしましょう。デメリットはボトルを押す際に音がする点、あまりやわらかすぎるボトルは避けたほうが良いでしょう。

価格で選ぶ

携帯ウォシュレットは安いもので1000円以下、高価なものでは1万円程と様々です。予算によってどのようなタイプが購入できるのかをご紹介します。

1000円くらいまで

この後のランキングでご紹介していますが、ペットボトルに取り付けるノズルのタイプであれば、なんと100円台からでも携帯ウォシュレットが購入できますよ!

 

1000円以下で買えるお手軽タイプは、手動の中の手で押すタイプがほとんどです。日常的には使わないけど海外旅行やキャンプ、合宿などに行く時にあったら便利だな、という方におすすめです。

 

また災害の停電時に備えて複数個買っておけば、家族1人ずつ自分専用のものが使えて清潔に過ごすことができるでしょう。

3000円くらいまで

3000円程の予算があれば、作りがしっかりした手動タイプ、そしてブランドによっては電動タイプも購入が可能です。最も種類が多いのが1000円~3000円の間です。

 

勤務先に洗浄便座がない場合、赤ちゃんの日々のおむつ替え、介護でのお尻洗い、痔の手術の後など頻繁に使う場合は目安として1000円以上の商品を選ぶと品質的に安心できます。

 

有名ブランドの携帯ウォシュレットが欲しい場合は価格が高くなり、次にご紹介するような6000円~1万円の商品となります。

1万円くらいまで

TOTOとパナソニックの携帯ウォシュレットは6000円から1万くらいまでの価格になっています。有名ブランドというだけでなく、電動タイプで据え置き型のウォシュレットにも負けないほどの水流の強さと微妙な調節など機能も充実しています。

 

作りもしっかりしているので壊れにくく耐久性が良いのも安心な点です。見た目もスタイリッシュでおしゃれです。

 

本格的な携帯ウォシュレットが欲しい方、お家が賃貸でトイレにコンセントがない、温水洗浄便座が取り付けられないという場合には少々高めでも、ボタン1つでオン・オフができる上にパワフルな水流でシャワーができるものがおすすめです。

 

 

携帯ウォシュレットの人気ランキング10選

10位 富士パックス販売 『すっきりエコウォッシュ』

価格:1,368円(税込)

ノズルが長く、赤ちゃんや介護にぴったり

価格がリーズナブルな手動式の携帯ウォシュレット。使い方は、ふたを外してお水やぬるま湯を入れ、ふたを閉めてノズルの穴の位置を確認してふたに差し込みます。後は本体のタンク部分を押すだけ、とても簡単です。

 

本体がやわらかくて女性でも押しやすく、ノズルが長く角度も自由に変えられるので、赤ちゃんのおしめ替え介護でのおしり洗いでの使用に最適です。逆に自分で使用する場合は狙いがちょっと定めずらいかもしれません。

 

タンクの大きさは180ml、お水が足らない場合は市販のペットボトルにも取り付けられるので350mlや500mlでの使用も可能です。電池不要のタイプでシンプルな作り、部品も分解して洗えるので常に衛生的に保つことができます。

タイプ 手で押す手動タイプ 大きさ 31.5×3.5×7.5cm
タンクの大きさ 180cc 重さ 44g

9位 シュピューラージャパン 『シュピューラー』

価格:1,700円(税込)

キリモミ水流で洗浄力が高く、日本製の高品質

シュピューラーは手で押す手動式、特許「キリモミ水流」で2つの穴からねじれた形で回転して水が出てきて、当てたい場所に一直線に狙い撃ちできます。お水を無駄にすることなく効率的に洗浄できる画期的なシステムです。

 

水圧は電動タイプに比べると低いですが、手で押すタイプの中ではパワフルです。サイズが少し大きめなので携帯よりはトイレにおいて使う方が向いているでしょう。

 

25年以上も売れているロングセラー商品、価格もお手頃ですよ。本体にはコップが付いていて、つぎ足しながら600mlもの大容量のお水で洗浄することができます。部品は日本で作られていて、ありがちな水漏れやふたのゆるみなどが起こりにくい高品質なので耐久性もばっちり。

タイプ 手で押す手動タイプ 大きさ 6.5×12cm
タンクの大きさ 200cc 重さ 118g

8位 小久保工業所 『BotLLet』

価格:180円 (税込)

シンプルイズベスト!

価格が200円以下!携帯ウォシュレットがどんな使い心地か、一度試してみたい方にぴったりです。ペットボトルに取り付けるだけで快適なトイレ環境となりますよ。

 

ペットボトルはやわらすぎるとつぶれる音が大きくなるので、おすすめは炭酸飲料の丸みがあり、程よく固いタイプです。350ml、500mlなど必要な水量によって大きさを変えられるのもおすすめポイントです。使用していない時はノズルが中に収納できるようになっているので衛生的ですよ。

 

電池もいらない、場所も取らない、価格も安いという点から災害時で停電になった時のために複数買っておくと安心です。また旅行で、できるだけ荷物を小さくしたい時や、旅行が終わったら使い捨てできる価格も魅力的です。

タイプ 手で押す手動タイプ 大きさ 7.8×3×11.7cm
タンクの大きさ - 重さ 13g

7位 WorldLI Home Product 『携帯おしり洗浄機』

価格:3,280円(税込)

USBでどこでも充電できて便利

電動タイプの携帯ウォシュレットは乾電池式が多いのですが、こちらはUSBで充電できるタイプです。パソコンの使用中にUSBケーブルでつないだり、海外旅行なら飛行機の中でUSBポートに接続してフル充電することができます。乾電池を買う必要もありません。

 

タンクが大きいのですが、その割には利用できる時間が比較的短いのがデメリット。強弱は2段階の切り替えができますが、強にするとお水の減りが早いので、再度給水するか予備のペットボトルから水を足す必要があるかもしれません。

 

本体は大きめなので少し持ちにくいですが、作りはしっかりしています。説明書は英語ですが、使用には特に問題はないでしょう。

 

タイプ 電動タイプ 大きさ 6.3×6.3×15cm
タンクの大きさ 230ml 重さ 260g

6位 miyoshi co.,ltd 『携帯用トラベルトイレシャワー』

価格:4050円(税込)

リーズナブル、バネの力で水の勢い合格!

手動式の中でちょっと珍しい「バネ式」の携帯ウォシュレットです。本体にバネが内蔵されていて、外側のポンプダイヤルを回すとバネが縮みます。内部に空間ができたところにぬるま湯かお水を入れてスイッチを動かすとバネが徐々に伸び、水を押し出す仕組みです。

 

電池が不要なので本体が軽くて携帯に便利な上、水圧も手で押すタイプより強力です。ポンプダイヤルの使い方はすぐに慣れるので心配はいりません。価格もリーズナブル、「電動式はちょっと高いな」という方におすすめです。

 

唯一のデメリットは耐久性。毎日使うとバネが効かなくなったり、ふたが不安定になったりするという口コミが多いので、頻繁に使わない方に向いているでしょう。

タイプ バネ式手動タイプ 大きさ 6×13.5×5cm
タンクの大きさ 140ml 重さ 150g

5位 富士商 (Fujisho) 『シャワーウォッシュ』

価格:1,382円(税込)

エコでパワフルな携帯ウォシュレット!

手動タイプの中でも水圧が強力な「加圧式」のウォシュレット。まず水を本体に入れて、その後ポンプを10回~20回ほど動かして加圧します。最初は圧の調節に手間取るかもしれませんが、慣れれば好きな圧力で使うことができるので便利です。

 

ポンピングができたらスイッチを押すだけ!とてもシンプルで使い勝手が良いです。作りもしっかりしていて丈夫なので耐久性も問題ありません。パワフルですが電動タイプに比べて軽いので持ち運びにもぴったりです。

 

お得な価格でかなり良い商品ですが、デメリットはタンクが100mlと小さいのでお水が出る時間が短い点があげられます。口コミでは10秒ほどと書かれているので再度蛇口からお水を入れるか、別のペットボトルを用意しておくといいでしょう。

タイプ 加圧式手動タイプ 大きさ 5×5×16.5cm
タンクの大きさ 100ml 重さ 160g

4位 ライフテースト 『携帯用おしり洗浄機』

価格:860円(税込)

価格、使い勝手共に手で押すタイプのNO1!

重さがたったの30グラム、電動式と比べると約10分の1の重量で携帯にとても便利なウォシュレットです。海外旅行やハイキングなど、荷物を軽くしたい時にも重宝します。電池切れや交換の心配も入りません。また価格が1000円以下でとてもリーズナブル、停電時に備えて家族分買っておくのもいいですね。

 

使い方は水やぬるま湯を本体に入れ、キャップを閉め、ノズルをカチッと音がするまで引き出してタンクの部分を手で押せばOK!とても簡単に使うことができます。

 

痔の手術の後は電動式で急に強い水流が当たると痛いことがありますが、こちらは手動式なので自分のタイミングでゆっくりと、やさしい水量を加減して洗うことができるので最適ですよ。

タイプ 手で押す手動タイプ 大きさ 5.3×3.6×15.1cm
タンクの大きさ 150ml 重さ 30g

3位 TOTO 『携帯ウォシュレット』

価格:6,199円(税込)

パワフルで安心のTOTOブランド

ウォシュレットといえばTOTOですよね!有名ブランドで圧倒的な安心感、電動タイプで水流もとてもパワフルです。乾電池単3が1本必要なだけ、電池の持ちが良いので使用中のコスパは合格。ただ本体の価格は携帯ウォシュレットの中でも高価なのがデメリット。

 

携帯時はコンパクト、使用の際は中身を引き出して長細い形になります。ボタンワンタッチでオン・オフが可能。またノズルの先をスライドすることで、標準の3つ穴とソフトに洗える5つ穴に切り替えられ、好みの強さで使用することができますよ。

 

こちらのYEW350は旧型ですが新型のYEW4W3と機能は変わらず、価格が少し安くなっているので最新型にこだわらないのであればYEW350がおすすめです。その上、新型にはついていない携帯ポーチが付属しているので、お得感がありますよ。

タイプ 電動タイプ 大きさ 6.7×13×4.6cm
タンクの大きさ 180ml 重さ 250g

2位 パナソニック  『ハンディ・トワレ』

価格:7,190円(税込)

おしゃれ!ペットボトルでも使える電動タイプ

パナソニックの携帯ウォシュレットは電動タイプなのに軽くて細型なのがまず良い点です。 色がおしゃれでブルー、レッド、ブラックなど6色から選ぶことができます。 アルカリ単4乾電池2個で作動、100回は使えるので1日1回使うなら3か月以上はもって経済的です。

 

3位のTOTOと価格は同じくらいですが、違うところは洗浄の強さをボタン一つで切り替えられるところ、そして内蔵タンクの大きさは小さめですが、ペットボトルでも使えて便利なところです。

 

ノズルは標準の5つ穴と、柔らかく洗いたい場合に便利な7つ穴のノズルの2つが付いてくるので、お尻の手術の後や女性がビデとして使う時はソフトノズルがおすすめです。

タイプ 電動タイプ 大きさ 15.4×4.5×4.5cm
タンクの大きさ 130ml 重さ 230g

1位 Viaes(ビアエス) 『携帯 おしり洗浄器』

価格:2,680円(税込)

機能は有名ブランド並み、価格はお手頃!

ビアエスの携帯ウォシュレットは改良が重ねられて新型は3代目、電動式の中でも静かさはNo1と言って良いでしょう。静かなトイレで恥ずかしい思いをすることもありません。単4の乾電池2個で作動する電動タイプで、水圧は強にすると十分な勢いです。

 

デザインがとてもスタイリッシュで色はブルー、レッド、ホワイトから選べます。ポーチ付きなので、バッグに入れていても水が垂れる心配がなく、中身が見えず携帯ウォシュレットとわからないのもうれしいです。防水加工でお手入れも楽!

 

日本国内で検品されているので品質も安心、その上1年間の保証がついているのもおすすめポイントです。有名ブランドと違わない品質で価格がリーズナブルなので堂々の1位、あなたもビアエスのウォシュレットでトイレの時間を快適に変えてみませんか?

タイプ 電動タイプ 大きさ 20.4x9.7x6cm
タンクの大きさ 140ml 重さ 330g

まとめ

ウォシュレットが普及して当たり前になると、海外で無かった時、停電で使えなくなった時にとても不快に感じるでしょう。ご紹介したポイントとランキングを参考にして、いつでも快適、清潔でいられるような携帯ウォシュレットを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ