記事ID132049のサムネイル画像

味にこだわる方におすすめ!コーヒードリッパー人気ランキング10選

手軽にコーヒーが作れると人気のコーヒードリッパー。コーヒードリッパーの形や穴の大きさによって、コーヒーの味が変わるのはご存知でしょうか。今回はコーヒードリッパーの選び方や味の違いを比較し、今人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

コーヒードリッパーとは

コーヒードリッパーとは、コーヒーの粉を入れ、お湯を注いでコーヒーを抽出する穴の開いた器具です。ペーパーフィルターを敷いて、コーヒーを抽出するタイプが多いですが、最近はペーパーレスタイプも注目されています。

 

コーヒードリッパーを販売するブランドはそれほど多くはありませんが、形状や素材など種類は豊富にあります。いざ買おうとすると、どれがどう違うのか分からず、迷うかもしれません。今回は初心者でも分かりやすく、それぞれの特徴をご紹介しますね。

コーヒードリッパーの選び方

コーヒードリッパーの形状や穴の大きさ、素材によってどのような味の違いが出るのでしょうか。こだわりの一杯を作るのに役立つ、コーヒードリッパーの選び方をご紹介します。

形状で選ぼう

コーヒードリッパーの形状は主に、台形型と円錐型の2種類です。ポイントとなるのは、お湯の流れ方の違いです。

味わい深い台形【カリタ式・メリタ式】

台形のコーヒードリッパーは、お湯が広範囲にしっかり浸透してから流れていくので、コクが出てコーヒーの深い味を抽出できます。また、じっくりとコーヒー液を出す形状なので、コーヒーが底に溜まっている時間が長いことから、酸味の少ない味わいになります。

 

濃いめが好みの方や、じっくりコーヒー液を出すその時間を楽しみたい方におすすめです。台形は存在感のある、陶器のコーヒードリッパーの種類も多いです。静かに心休まるコーヒータイムの雰囲気を演出してくれるグッドアイテムになりますよ。

すっきり見せる円錐タイプ【ハリオ式・コーノ式】

円錐タイプは、お湯がストレートに流れていくので、すっきりとしたキレのある味わいになる傾向があります。台形に比べるとお湯が流れ落ちるまでの距離が長く、その分コーヒー粉と触れている時間が長いので、成分をしっかり抽出できます。

 

円錐タイプは、見た目もすっきりしていて、可愛いカラーの商品も多いです。コーヒーを淹れている時間だけでなく、飾っている時間も長いので、おしゃれなデザインのコーヒードリッパーを選ぶのもいいですね。

味に差が出る穴の大きさで選ぼう

穴の数と大きさによって、コーヒーの濃さが変わってきます。自分の好きな濃さを引き出すタイプを選んでみましょう。

苦味を楽しむ方は小さめの穴がおすすめ【カリタ式・メリタ式】

穴が小さい方がお湯の出が少なく、ゆっくり抽出されるので濃い味になるというのは想像できますよね。カリタ式は穴が1つ、メリタ式は穴が3つ空いています。また、カリタ式は数回に分けてお湯を注ぐのに対し、メリタ式は杯数分のお湯を一度に注ぐ淹れ方を推奨しています。

 

一つ穴は深煎りの豆には最適ですが、浅焼きのコーヒーの粉は目詰まりしてしまいます。ヨーロッパは硬水なので浅焼きコーヒーは適さないため、一つ穴が主流だそうです。日本は軟水ですので、軽い浅焼きから深煎りまでいろいろ楽しめます。それで、目詰まりを防ぐため三つ穴のタイプが販売されています。

 

酸味や甘味のあるコーヒーには、小さい一つ穴だと目詰まりしやすいため、あまり向いていないようです。カリタ式とメリタ式、見た目は似ていますが、淹れ方が違うので2つ揃えてコーヒーの種類によって使い分けるのもいいですね。

酸味を楽しむ方は大きい穴やリブ入りがおすすめ【ハリオ式・コーノ式】

大きな穴の空いたタイプは、目詰まりの心配がないだけでなく、短時間にしっかりした味を引き出すことができます。酸味は高温で抽出されるため、お湯の流れの速い方がより酸味の強いコーヒーを作れるということになります。苦味より酸味を楽しみたい方には大きい穴のドリッパーがおすすめです。

 

リブとは、内側にある溝のことです。リブがあることにより、ペーパーフィルターが密着するのを防ぎ、お湯がペーパーとドリッパーの間を通ってしまうことを避けられます。また粉が膨らんだときに自由に動けるスペースを確保できるので、コーヒー粉の成分を十分抽出できます。

 

ハリオ式は、ほとんどのドリッパーの内側にスパイラルリブがついており、コーヒーの粉を膨らます蒸らしの時間を考えた設計になっています。コーノ式は、下部に縦のリブが入っているものが多いです。コーヒードリッパーを買うときは、内側もチェックしてみてくださいね。

 

 

フィルターの種類で選ぼう

ペーパーフィルターを使うかどうかによっても、どんな種類のコーヒードリッパーが最適か変わってきます。今後の使用頻度やお手入れの観点からも考慮して選んでみましょう。

手軽なペーパーフィルター

手軽にコーヒーを淹れられて、そのあとの処理も簡単なペーパーフィルター。ほとんどのコーヒードリッパーが、ペーパーフィルターに対応しています。台形や円錐、それぞれのドリッパーの形に合わせて、ペーパーフィルターを用意しなければなりませんが、円錐型のペーパーフィルターを販売していないお店も多いようです。また、値段も円錐型は台形に比べて高いという傾向があるようです。

 

コーヒーの甘みは油分と結びついています。ペーパーフィルターは油分を吸収してしまうので、甘みをしっかりと抽出したい方にはおすすめできません。ただ、簡単にコーヒーを淹れられて、さっと洗えるのは便利ですよね。初心者には、ペーパーフィルターがおすすめです。

エコを考えるならステンレスフィルター

おしゃれで環境にもやさしい、ステンレスフィルター。毎回ペーパーフィルターを使うことを考えると、ステンレスにすることでかなりのゴミを削減できますね。使用後しっかり洗わないと目詰まりしてしまうのが難点ですが、たいていの商品は専用のブラシが付いています。

 

ペーパーフィルターでは出せない、コーヒーのオイルをしっかり抽出できるので、旨味や甘味、香りも存分に味わえます。風味にこだわる中級者には、エコなステンレスフィルターがおすすめです。

 

 

最高の一杯を求めるならネル

ネルと言われる布のフィルターを使う、ネルドリッパー。コーヒー好きには、根強く人気があります。ペーパーフィルターのような独特なにおいもなく、雑味のないまろやかな味を楽しむことができます。注いでいる時の香りも格別です。

 

ペーパーより目が粗いため、コーヒーのオイルや旨味をしっかり抽出できます。また、洗って繰り返し使えることから、エコなフィルターでもあります。丁寧に洗って保管するのに手間がかかるのは難点ですが、その手間こそがコーヒーをおいしくする秘訣でもあります。

 

とにかく手軽にコーヒーを飲みたいという方には不向きですが、コーヒー豆の旨味すべてを最大限引き出す抽出方法です。趣を大切にし、最高の一杯を淹れたい上級者には、ネルドリップがおすすめです。

材質で選ぼう

コーヒーを飲む雰囲気も大事ですよね。自分のスタイルに合った材質で選んでみましょう。

扱いやすい樹脂製

軽量で衝撃に強い樹脂製は、扱いやすく初心者におすすめです。耐久性はありますが、変色しやすいのが難点です。他の材質に比べて安価なので、アウトドアで使うときや来客が多いとき用に予備として複数あっても便利ですね。

毎日使う方におすすめの金属製

コーヒの油脂や旨味をしっかり引き出せる、金属製コーヒードリッパー。使いまわしできるので、環境にもやさしいですね。ただ手入れをしっかりする必要があることと、豆の挽き方によっては目詰まりすることがあるのが、難点です。

 

樹脂製に比べると価格が少し高めですが、ペーパーフィルターを使わないので、長期的にみると節約になります。毎日コーヒーを飲む方には、おすすめです。

雰囲気を大切にしたい方は陶器・ガラス製

ぬくもりとを感じさせる陶器製、清潔感と耐熱性に優れたガラス製は、どちらも非常に人気があります。内側にリブが付いているタイプでも、樹脂製よりもデコボコがなめらかで、洗いやすいのもうれしいですね。

 

重みがあるのと、衝撃に弱いのは難点ですが、変色しないので大事に扱えば長く使うことができます。見た目の高級感も、味に関わる大切なポイントですよね。コーヒーを飲む雰囲気を重視される方には、陶器やガラス製のコーヒードリッパーがおすすめです。

コーヒードリッパーの人気ランキング10選

10位 カリタ 『ウェーブドリッパー155』

価格:1944円(税込)

かっこいいステンレス製

三つ穴で味にムラがでないウェーブゾーンが、特徴的なステンレスドリッパー。抽出スピードが速く、飲みやすいまろやかな味を楽しめます。軽く取り扱いしやすい大きさで、見た目のかっこよさも人気の理由のようです。

 

レビューの中には、やかんでお湯を注いでも適当な速度でドリップされるので、初心者でもおいしくコーヒーを淹れられるという意見がありました。清潔感のある美しいフォルムなので、職場や自宅で活躍してくれそうですね。

サイズ

ツバ部直径/約105mm

高さ/約57mm

素材・材質

ステンレス

取っ手/フェノール樹脂

取っ手枠/真鍮

 

本体重量

 

約82g対応人数1~2人用

 

9位 メリタ 『陶器フィルター』

価格:786円(税込)

毎日使いたくなるかわいい形

陶器のぬくもりと、オフホワイトのかわいらしさが人気の商品。一つ穴タイプなので、蒸らした後はやかんでお湯を入れても、じっくりと抽出してくれます。内側のリブが浅めなので洗いやすく清潔に保てます。

 

陶器ゆえに重みがあることと、割れる心配があるのが難点です。しかし、保温性の高さや見た目のおしゃれなデザインから、女性にも人気があります。コーヒードリッパーに、かわいさを求める方におすすめです。

サイズ

幅117×奥行100×高さ60mm

素材・材質

陶器

 

本体重量

 

269g対応人数1~2人用

 

8位 ハリオ 『V60 02』

価格:319円(税込))

流れが美しい円錐型

スパイラルリブが特徴的な、円錐タイプのコーヒードリッパー。長く底に向かって入っているリブが、ペーパーフィルターを浮かせてネルドリップしたような旨味を抽出します。大きな一つ穴なので、お湯を注ぐ速度によってコーヒーの味を変えることができます。

 

プラスチック製なので割れる心配はいりません。はっきりしたカラーが存在感を出してくれています。レビューを見ると、洗いやすく、陶器のような質感で扱いやすいプラスチックがいいという意見が多くありました。美しい形と使いやすさを求める方におすすめです。

サイズ

幅13.7×奥行11.6×高さ10.2cm、口径11.6cm

素材・材質

ポリプロピレン

 

本体重量

 

85g対応人数1~4人用

 

7位 ハリオ 『ネルドリップDFN-1』

価格:746円(税込)

ネルドリップだから出せるまろやかさ

濃厚で甘味のあるコーヒーを楽しめるネルドリップ。味だけでなく香りも損なわない、コーヒーのすべてを堪能できます。ペーパーレスでエコなだけでなく、長く使えて使うほどなじむ布の感じが、コーヒー愛好家に人気の理由の一つです。

 

ネルドリッパーというと使用後の洗浄や保管が面倒というイメージですよね。でもこちらの商品はネル布が外せるので、洗いやすく煮沸もしやすいので便利ですね。レビューを見ると、普段は樹脂製のタイプをゆっくりコーヒーを味わいたい時はネルタイプと使い分けている方もおられるようです。ペーパードリップと味比べしてみるのはいかがでしょうか。

サイズ

幅180mm×奥行108mm 口径94mm

素材・材質

ネル部:綿、グリップ:天然木

 

本体重量

 

9g対応人数1~2人用

 

6位 メリタ 『アロマフィルターAF-M』

価格:395円(税込)

簡単なのに本格的な味

低価格で高品質と人気の商品。サーバーにのせる部分が大きいので、様々なボトルに対応しており、安定して使えます。扱いやすい樹脂製で、一つ穴なのでしっかり蒸れながらコーヒーが落ちていく形状になっています。コーヒーの粉が膨らみ、ゆっくりとドリップされていくのを楽しめます。

 

色が付いているので、汚れが目立たないという意見がある一方で、マグカップに淹れる際に水位が分かりにくいとの意見もありました。しかし、全体的にみるとコストパフォーマンスの高い優秀な商品です。

サイズ

幅110×奥行95×高さ72mm

素材・材質

AS樹脂(アクリロニトリルスチレン)

 

本体重量

 

51g対応人数1~2人用

 

5位 E-PRANCE  『コーヒードリッパー』

価格:1580円(税込)

環境にも財布にもやさしい

ペーパーレスでエコで節約にもなると、人気のステンレスフィルター。熱伝導がいいので、コーヒーの温度を一定にしてくれる特徴もあります。蜂窩状のフィルター穴のデザインが、かっこいいですね。

 

金属フィルターを使用すると、微粉がコーヒー液に入ってしまうことも多いようです。しかし、こちらの商品はフィルターの目が細かいため、使いやすいという意見もありました。コーヒー豆の挽き方は、中挽きがおすすめのようです。

サイズ

12.5×9.5×12.5cm

素材・材質

ステンレス(304)、ステンレス(316)

 

本体重量

 

164g対応人数1~4人用

 

4位 ハリオ 『V60』

価格:1031円(税込)

その日の気分で味を調節できる

その日の気分によって味を調節できる、円錐型一つ穴タイプ。お湯を素早く注げばすっきりした味、ゆっくり注げばコク深い味を楽しめます。コーヒーの粉の膨らみを妨げない、スパイラルリブが、蒸らしの際に隙間から空気を逃がし、旨味をしっかり抽出できる構造になっています。

 

ガラス製はおしゃれなだけでなく、樹脂製より汚れを落としやすいと人気があります。ホルダーを取り外せるのも、洗う時に便利ですね。使用後の洗いやすさを特に求める方にはおすすめです。

サイズ

幅12.4×奥行11.0×高さ7.8cm 口径:9.7cm

素材・材質

耐熱ガラス

 

本体重量

 

180g対応人数1~2人用

 

3位 ハリオ 『カフェオールドリッパー02』

価格:1050円(税込)

コーヒーアロマを楽しめる

コーヒーアロマをしっかり抽出できる、ステンレスメッシュ。コーヒーの香りには、癒しや集中力を高める効果があります。また、フレンチプレスで淹れたような、コクのある味わいを楽しめます。

 

金属メッシュの難点として、コーヒー液に粉が出てしまうのは仕方ないようです。レビューの中には、オールステンレス製より後処理がしやすく、リピートして購入している方も多いようです。海外在住などペーパーフィルターが手に入りにくい方にもおすすめです。

サイズ

幅121×奥行135×高さ105mm

素材・材質

ドリッパーフレーム/ポリプロピレン

ドリッパーメッシュ部/ステンレス

 

本体重量

 

168g対応人数1~4人用

 

2位 カリタ 『コーヒーメジャー クリア』

価格:225円(税込)

お湯の流れが確認できる、透明ドリッパー。軽くて扱いやすい樹脂製で、重心が低く安定感があると人気の商品です。また、エッジが付いているのでマグカップからはみ出る心配もいりません。

 

レビューの中には、水切りヨーグルトを作るため購入した方もおられました。様々な使い方ができるようですね。どのコーヒードリッパーがいいか分からない方は、扱いやすくお手頃価格の『コーヒーメジャー』がおすすめです。

コストパフォーマンスがいい

サイズ

約幅11(取手含む) ×奥行9×高6cm

素材・材質

材質:AS(アクリロニトリルスチレン)樹脂

 

本体重量

 

90.7g対応人数1~2人用

 

1位 カリタ 『コーヒードリッパー101-ロト』

価格:824円(税込)

日本の職人が作る色合いがおいしさを引き立てる

存在感とぬくもりを感じる、陶器製コーヒードリッパー。中でも人気のブラウンは、日本の職人しか出せない絶妙な色合いです。形状変化や変色に強い特徴を持ち、マグカップに淹れるときも重みがあるおかげで安定感があります。

 

レビューの中には、10年以上使ったという方や、リピート購入されている方もおられました。陶器なので落とすと割れてしまうという難点がありますが、耐久性に優れているので大事に使えば問題ないようです。リブが深くないので洗いやすいという意見もありました。

 

雰囲気のある形と、高級感のある色合いが、コーヒーをよりおいしく感じさせてくれます。自宅でもカフェで飲んでいるような、素敵な時間を演出してくれます。こだわりの一杯は見た目も美しい、コーヒードリッパーで淹れてみてはいかがでしょうか。

サイズ

120mm×110mm×70mm

素材・材質

陶器

 

本体重量

 

297g対応人数1~2人用

 

まとめ

ここまでコーヒードリッパーのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、お好みの商品を見つけられましたでしょうか。コーヒーの世界は奥が深いですね。コーヒードリッパーの種類によって、味の変化を楽しむことができます。おいしい淹れ方を商品とともに紹介していることも多いので、そちらも合わせて見て購入するといいと思います。ぜひ自分好みのこだわりの一杯を淹れて、癒しの時間を楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ