記事ID132015のサムネイル画像

【2019年版】おすすめHDMIセレクター(切替器)人気ランキング10選

DVDレコーダーやゲーム機など、複数のHDMI機器をお持ちの方には、差し替えの手間を省くためにHDMIセレクターをお求めの方も多いはず。そんな方におすすめのHDMIセレクター10選をご紹介します。人気の4Kセレクターもあるので、ぜひ参考にしてください。

HDMIセレクターとは?

HDMIは映像と音声を同時に信号として送ることができる規格の一種です。DVDレコーダーやパソコン、ゲーム機などをHDMIケーブルでテレビのモニターと接続すれば、それらの映像がテレビ画面に映し出されます。

 

しかし、これらをテレビ画面に表示するために、いちいちケーブルを差し替えるのは手間がかかって面倒ですよね。テレビのモニターにHDMIの入力端子がいくつも付いていれば別ですが、1つしかない場合はその都度ケーブルを変えなければいけません。

 

HDMIセレクター(切換器)があれば、複数の機器とテレビのモニターを同時につないで、スイッチひとつで切り替えることができます。自動切替と手動切替の2つのタイプがありますが、いずれにしてもケーブルをつなぎ変える必要はありません。

 

そんな便利なHDMIセレクターの中から、おすすめの商品を10個選んでみました。

セレクターと分配器の違いは?

混同されやすいHDMIセレクター(切替器)とHDMI分配器ですが、その機能は全く逆のものです。HDMIセレクター(切替器)は、複数の映像機器(DVDレコーダー、ゲーム機、パソコンなど)の映像を1台のモニター(テレビなど)で切り替えるためのものです。逆に、HDMI分配器は、1つの映像を2台以上のモニターに映すためのものです。たとえば、パソコンに保存した動画をテレビとプロジェクターに同時に映したい、というようなときに使います。

 

また、HDMIセレクターの中には、切替器と分配器両方の機能を持つものもあります。これを双方向型といいます。

HDMIセレクターの選び方

使い方で選ぶ

一言でHDMIセレクターといっても、製品によっていろいろな機能があります。まずは自分がどのように使いたいのか、そのためにはどのような機能が必要なのかを知ることが重要です。

ポートの数は十分か

HDMIセレクターを選ぶ際に重要なのは、入力ポートの数です。必要なポート数は、当然HDMIセレクターに接続したい映像機器がいくつあるのかで決まります。たとえばDVDレコーダー1台とゲーム機が2台であれば、入力ポートは3つ必要です。

 

しかし、たとえば将来ゲーム機を増やすとか、アマゾンTVスティックを購入するとかいった可能性があるなら、現在必要なポート数よりも余裕を持って1~2つ多いものを選ぶとよいでしょう。「とにかくポートが多いものを選べばいいだろう」と思われるかもしれませんが、ポート数に応じて価格も変わってきますのでよく検討されることをおすすめします。

解像度で選ぶ

画質にどの程度こだわるかは人それぞれです。「だいたい見えればいい」という人もいますが、動きの激しいゲームをテレビ画面で楽しみたいという人にとっては、画質が悪かったりコマ送りがなめらかでなかったりすると残念ですよね。

映像を高解像度で楽しむには

映像の美しさは、近年急速に進化しています。2K、フルハイビジョンがもてはやされた時代は終わり、現在では4K、フルHDが主流になりつつあります。しかし、せっかく高解像度のテレビを買っても、HDMIセレクターがそれに対応していなければ何にもなりません。

 

特にPS4のような高解像度のゲーム機を快適に楽しむためには、4Kに対応したセレクターで、できればリフレッシュレートが60Hz以上のものを選ぶ必要があります。また、HDMIケーブルもそれに合ったものを選んだ方がよいでしょう。

リフレッシュレートとは

4K対応と一口に言っても、高価なものと低価格のものではリフレッシュレートに違いがあります。リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面が更新されるかを示す数値で、動画の場合は60Hz、つまり1秒間に60回更新されればなめらかに表示されると言われています。一般的なパソコンのディスプレイは60Hzです。また、地上デジタル放送も、60Hzで放映されています。

 

しかし、4K対応といっても、低価格の製品ではこのリフレッシュレートが30Hzのものがほとんどです。30Hzの場合、動きがなめらかでなく、カクカクして見える場合があります。画質にこだわりたい方は、60Hz以上のものを選ぶのがおすすめです。

切り替え方式で選ぶ

HDMIセレクターには、自動と手動、2つの切り替え方式があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の好みに合わせて選びましょう。

自動切替のメリットとデメリット

自動切替方式は、たとえばゲーム機の電源を入れると、何も操作しなくても画面がゲーム機に切り替わるというものです。見たい映像機器の電源を入れるだけなので、手間もかからず大変便利です。

 

反面、HDレコーダーでテレビ番組の予約をしていて、予約時間になったとたんに画面が勝手に切り替わってしまう、という事態も起こります。このような時のために、ほとんどの機種では本体にボタンがついていて、このボタンを押すことで手動でも切り替えることができるようになっています。また、リモコンが付属している機種も多くあります。

手動切替のメリットとデメリット

自動切替の誤作動を嫌う方には、手動切替方式がおすすめです。手動切替の場合は、自分自身が変更しない限り映像が切り替わることもないので、安心して視聴できます。

 

ただし、いちいちHDMIセレクター本体のボタンを押しに行くという不便さはあります。リモコンが付属していたとしても、「HDMIを切り替えるためだけに、これ以上リモコンを増やしたくない」という方もいるでしょう。

 

機種によっては、自動と手動の選択ができるものもあります。どちらかを選ぶ場合は、簡便さをとるか確実さをとるか、よく考えて自分に合った方を選びましょう。

HDMIセレクターの人気ランキング10選

第10位

BOSCHENG

HDMI切り替え 切替器

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単操作で優れた安定性。日本語説明書付き。

Olycismは海外のメーカーですが、日本語の説明書も付属しているので安心です。本製品には5つの入力ポートと1つの出力ポートがあり、本体のボタンで簡単に映像の切り替えができます。また、リモコンも付属しています。

 

USBケーブルで給電することができるので、コンセントを割り当てなくても電気を安定して供給することができ、映像が乱れることを防ぎます。レビューでも「操作がしやすい」「動作が安定している」と高評価が付けられています。」

 

PS3、PS4などのゲーム機、Blu-Ray/DVDプレーヤーなどはもちろん、3D映像や4Kハイビジョンなどの高解像度にも対応しています。9メートルまでの範囲で入出力でき、高機能でリーズナブルな価格の製品をお探しの方におすすめです。

入力ポート数5切替手動、リモコン
出力ポート数1電源USB
対応3D映像、4K/2K/480p/576p/720p/1080Pサイズ20 x 15 x 3.4 cm

口コミはこちら

便利性:★★★★★
各ポートが正常に機能しています。PS4、Switch、BluRay、JCOMもちゃんと切り替えでき、スッキリしました。
入力不足の悩みが解消され、大変気になります。
軽量性:★★★★★
重量がただ118 g、20 x 13.4 x 2.2 cm、コンパクトで便利に使用します。
見えない場所に置いておいてもきちんと動作、作動してくれます。
総評:★★★★★
この製品は5つ入力あり、切り替えもリモコンで簡単に出来ます。
今も問題無く使用しております。"

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

DIZA100

HDMI切替器 HA-H04

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セレクター(切替機)と分配器の機能をあわせ持ち

セレクター(切替機)と分配器の機能をあわせ持ち、2入力→1出力、1出力→2入力の切り替えができる双方向タイプ3D映像や4K/2Kなどの高解像度映像に対応しています。HDMI1.4対応で、大画面でも画質が落ちません。

 

ポートは金メッキ加工されているため、長期にわたって高い品質を保てます。切り替えは本体の中央にあるボタンを押すだけという簡単操作です。電源不要のバスパワー方式。手のひらにおさまるコンパクトサイズで、場所も取りません。

 

自動切替方式は「勝手に画面が切り替わって困る」という声をよく聞きますが、本製品は手動切替方式なのでその心配はなく、本体のボタンを押すことで簡単に切り替えることができます。

 

また、この価格で分配器としても使えるという機能性の高さは驚きです。テレビ画面でゲーム機とDVDレコーダーを切り替えるだけでなく、パソコンの映像をテレビとプロジェクターなどに分配して映したいという方におすすめです。

入力ポート数1(2)切替手動、リモコン
出力ポート数2(1)電源HDMIバスパワー
対応4K×2K@30Hz/480p/ 576p/720p/1080pサイズ5.2×2×4.8cm

口コミはこちら

入力側にHDMIを2本、出力にHDMI1本というシンプル構成のHDMIセレクターです。
ニンテンドースイッチとPS4を同じモニターで使用する目的で購入しました。
他の類似商品は電源を必要とするものもあったり、価格も少し高めになっていましたのでこちらは総合的に良い商品だと思います。
使用の際もスイッチを押すだけで切り替えと快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

サンワサプライ

SW-HD31

価格:1,927円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格で3台のHDMI機器に接続。

サンワサプライは、岡山市に本社をおくパソコン周辺機器メーカーです。マウスやキーボードなど、さまざまな製品を作っている大手メーカーですよね。サンワサプライには、HDMIセレクターだけでも何種類もあります。

 

本製品には3つの入力ポートと1つの出力ポートが装備されていて、すべての端子が同一方向に配置されているためケーブルもきれいにおさまります。HDMI機器から給電するため、専用の電源も不要

 

自動切替機能が搭載されていますが、本体のボタンで端子を選択することもできます。通常は本体のボタンが1つしかなく、3番目や4番目を選択するためには何度もそのボタンを押す必要がありますが、本製品のボタンは入力端子ごとに割り当てられていて、見たい映像を一発で選択できます。また、それぞれのボタンに青いLEDランプがついているので、現在選択中の端子がひと目でわかります。

 

3D映像・フルハイビジョンの高画質映像に対応しています。レビューを読むと、PS3の接続はほとんど問題ないようですが、PS4では動作が不安定との意見も散見されます。パソコンやDVDレコーダー、Switchなどは問題ないようです。

入力ポート数3切替自動
出力ポート数1電源不要
対応3D/2Kサイズ6 x 19.6 x 1.8 cm

口コミはこちら

モニターをパソコンとps4で両立していたので毎回付け替えるのがめんどくさかったです。
しかしこの商品を使うとボタンで入力するところをボタンで切り替えられるのでとても楽になりました。
ボタンの音がカチッと少し音が大きいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

エレコム

DH-SWP31BK

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MHL機能も搭載!電子式切り替えで抜群の安定感。

エレコムは大阪市に本社をおく、パソコン周辺機器などの製造・販売会社。

本製品には3つの入力ポートと1つの出力ポートがあります。自動切替ですが、本体のボタンや付属のリモコンで切り替えることもできます。入力機器すべての画像一覧を表示でき、画像を見ながらの切り替えも可能。サブディスプレイも表示できるので、見たいシーンだけ切り替えるような使い方もできます。

 

HDMI機器から電力を供給できまるので、電源は必要ありません。USB端子もついているので、電力の供給を安定させたいときにはUSBケーブルをつないで給電することも可能です。

 

HDMI端子はすべて同じ方向についており、場所を取らないコンパクトサイズ。フルハイビジョン、WUXGA解像度に対応した高機能セレクターです。

入力ポート数3切替自動
出力ポート数1電源不要
対応3D/4K×2K/1080pサイズ7.8 x 11.3 x 2.1 cm

口コミはこちら

テレビにHDMI端子が1つしかなかったので購入しました。
fire TVスティックとPS4とブルーレイレコーダを繋いでいます。
簡単で直ぐに使えて、リモコンで切り替えも出来るし、便利です。
必需品となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

BUFFALO

BSAK202

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高画質、かつ必要最小限の機能に絞ったシンプルなセレクター。

バッファローは名古屋市に本社をおく、パソコン周辺機器メーカー。外付けHDなどで有名ですね。HDMI切替器は入力ポートが2つのBSAK202(本製品)と、ポートが3つのBSAK302があります。

 

BSAK202には入力ポートが2つと出力ポートが1つあります。切り替えは手動式で、本体のボタンを押すだけ。シンプルな作りで、誰にでも操作が直感的、かつ簡単にできます。ICを使用しないパッシブタイプを採用しており、ACアダプタは不要です。

 

リーズナブルな価格ですが、3D映像や4Kなどの高解像度にも対応しています。コンパクトサイズのセレクターと比較すると本体はやや大きめですが、とにかく画質を落とさずに2台の映像機器を1台のテレビに映したい、という方にはおすすめです。

口コミはこちら

第5位

グリーンハウス

GH-HSWB5

価格:4,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5系統の入力端子を備えた高解像度対応のセレクター。

グリーンハウスは東京都に本社をおく電子機器の総合メーカー。HDMIセレクターだけでも7種類もの機種を作っています。

 

本製品には入力ポートが5つ出力ポートが1つありますが、接続端子はすべて背面に並んでおり、すっきりしたデザインとなっています。電源はACアダプタを使用しているため、安定して給電できます。

 

切り替えは手動なので、勝手に画面が切り替わったりするわずらわしさもありません。切り替えは本体のボタンはもちろん、リモコンでも操作が可能です。機能、デザイン、動作の安定性、全ての面で高評価がついていますが、唯一気になるのが「LEDランプが明るすぎる」ということ。

 

4K(2160p)の高解像度に対応。HDMI機器がたくさんあって、現在のセレクターでは端子が足らないという方におすすめです。

入力ポート数5切替手動
出力ポート数1電源ACアダプタ(5V/1A)
対応4K×2K/480p/720p/ 1080p/2160pサイズ5.89 x 17.8 x 2.4 cm

口コミはこちら

自動切換え機能の無い5入力以上で選択した中で、接続機器が確実にリンクできる商品です。機器としては保証外の使用方法であろうが、接続機器が多いためHDMIセレクターを3段接続しており、2段目の接続で使用。過去に1万円以下の物を5種類以上使用したが確実にリンクできるものは初めてで良い商品です。よって性能・信頼性は高いと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ラトック

RS-HDSW42-4K

価格:13,078円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分配器としても使用できる高機能セレクター。

ラトックシステム株式会社は大阪市に本社をおくコンピュータ周辺機器メーカーです。本製品は2018年11月に発売されたばかりなのでまだ知名度は高くありませんが、HDMIセレクターに現在求められている性能をほぼ網羅していると言っていいでしょう。(6つの入力ポートがある上位機種のRS-HDSW62-4Kも販売されています)

 

本製品には4つの入力ポートと2つの出力ポートがあり、セレクター(切替機)としてはもちろん、分配器としても使用できます。たとえば映画をプロジェクターに投影しながら、同時にゲームをテレビに出力したり、一つの映像を別々のディスプレイに分配させるなど、いろいろな使い方が可能です。

 

誤作動が起きない手動切替方式で、もちろんリモコンも付属しています。4K、フルHD、HDR10、12bit Deep color、ドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオに対応。また、HDCP機器の入力にも対応しています。

 

また、4K対応といっても、格安の製品はほとんどがリフレッシュレート30Hzですが、本製品は60Hz。動きの多い映像(ゲームなど)ではそのなめらかさに格段の差が出ます。

入力ポート数4切替手動
出力ポート数2電源ACアダプタ(5V 1A)
対応4K@60Hz/フルHDサイズ7.8 x 15 x 2 cm

口コミはこちら

言うことなし!
リモコンも使いやすいし、4入力2出力なのでいちいちコード付け替えないですむのが最高に楽。
私は2台のPCと2台のモニターと‪PS4‬を付けてます。
メインPCをデュアルモニターで繋げてます。
ホントに買って良かった!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

玄人志向

KRSW-HDR318RA

価格:4,008円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の安定性を備えたシンプルかつ高品質なセレクター。

玄人志向はCFD販売が展開するPC周辺機器メーカーです。ブランド名が示す通り、もともとPC関連の知識がある人向けの製品が多かったのですが、それだけに製品の性能の高さには定評があります。

 

本製品には3つの入力ポートと1つの出力ポートがあり、4K(2160p)HDR映像に対応。PS4 Pro, Nintendo Switch, Xbox One S, FireTV, Chromecastについては動作が確認されています。手動切替方式で誤作動もほとんどなく、本体のボタンの他、付属のリモコンを使って手元で操作することもできます。ACアダプタによる給電で動作が安定しています。また、タバコの箱ほどのコンパクトサイズで場所も取りません。

 

現在のHDMIセレクターの中では間違いなく最も性能が高い機種の一つでしょう。高解像度にこだわり、専用の電源を割り当ててでも動作を安定させたい、そんな方におすすめの製品です。

入力ポート数3切替手動
出力ポート数1電源ACアダプタ(5V/1A)
対応4K/2160pサイズ5.2 x 8 x 2.2 cm

口コミはこちら

4k60pまで対応の自動切換えがないスイッチャーということで購入しました。
3つまでのHDMI機器が接続できます。
当方はxbox one x、パナソニックのUHD BDプレーヤー、ps3と接続していますが、どれも問題なく切り替え使用できています。
リモコンも付属してきますが、私としては本体で操作できればと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

GANA

HDMI切替器 HDMI-SWITCH-BLA-FBA

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的なコスパで4Kにも対応。

本製品には3つの入力ポートと1つの出力ポートがあり、Chromecast stick、Xbox One、Amazon Fire Stick、DVDレコーダー、パソコンなどを3台接続することができます。USBケーブルをつないで給電するため電源は不要です。

 

切り替え方式は自動で、もちろん本体のスイッチや付属のリモコンで切り替えることも可能。さらにこの価格で3D映像、フルHD1080p、4K×2Kの高解像度に対応しています。また、全てのHDMIポートに金メッキ加工を施し、サビなどによる劣化を防いでいます。

 

デザインもシンプルで、延長コード程度の大きさです。レビューを見ると初期不良も多いようですが、サポート体制がしっかりしていて返品や交換にも迅速に対応してくれるようです。安くて基本的な機能がしっかりしている製品をお探しの方におすすめです。

入力ポート数3切替自動
出力ポート数1電源不要
対応4K×2K/3D/1080pサイズ20.5 x 14.9 x 2.7 cm

口コミはこちら

まず、この商品は本体からOUTのHDMIが伸びている訳でも、付属している訳でもないのでOUT用に1本必要です。PCとPS4の切り替えはきちんと動作しました。自動切り替えなのも便利です。電源ケーブルがややネックだなあと思っていたのですがHDMIのバスパワーで動作したので今はその状態で使用しています。しかし、説明書ではAC電源接続が推奨されているのでその辺はご自身で判断されるしかないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ゲームテック

3ポートHDMIセレクタ4K

価格:2,267円(税込)

Amazonで詳細を見る公式ストアで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した高画質で3台のHDMI機器に接続。

ゲームテックは福岡市に本社をおく家庭用ゲーム機の周辺機器メーカーです。

 

本製品には3つの入力ポートと、1つの出力ポートがあり、電源不要で3台のHDMI機器を接続することができます。また、付属のUSBケーブルを用いて給電することもできます。PS4、Switchなどの4K画質を高画質で出力できるため、Switch、PS4、WiiUなどのゲーム機と接続して使うのに最適です。

 

自動切替と手動切替の両方が可能で、スイッチ1つで切り替え方式を選ぶことができます。出入力端子はすべて同じ面についていて、複数のケーブルをつないでも見た目もスッキリ。HDMIケーブルは付属していないため、別途用意する必要があります。

 

リーズナブルな価格で高画質な映像を楽しみたい方におすすめです。

入力ポート数3切替自動・手動
出力ポート数1電源不要
対応4K/2K/3Dサイズ-

口コミはこちら

Amazon fire TV Stick4K の購入を機に、HDM切替器を購入することにしました。
色々と検索して、迷って悩んだ結果、こちらの商品を選択しました。
コスト的にもお得だったと思います。

現在、2本のHDMI機器を差し込んでの使用となりますが、
電力補助用USBケーブルを使用することなく、全く問題なく機能してくれています。
買ってよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

HDMIセレクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4914850の画像

    ゲームテック

  • 2
    アイテムID:4914849の画像

    GANA

  • 3
    アイテムID:4914847の画像

    玄人志向

  • 4
    アイテムID:4914846の画像

    ラトック

  • 5
    アイテムID:4914843の画像

    グリーンハウス

  • 6
    アイテムID:4914822の画像

    BUFFALO

  • 7
    アイテムID:4914812の画像

    エレコム

  • 8
    アイテムID:4914799の画像

    サンワサプライ

  • 9
    アイテムID:4914791の画像

    DIZA100

  • 10
    アイテムID:4914787の画像

    BOSCHENG

  • 商品名
  • 3ポートHDMIセレクタ4K
  • HDMI切替器 HDMI-SWITCH-BLA-FBA
  • KRSW-HDR318RA
  • RS-HDSW42-4K
  • GH-HSWB5
  • BSAK202
  • DH-SWP31BK
  • SW-HD31
  • HDMI切替器 HA-H04
  • HDMI切り替え 切替器
  • 特徴
  • 安定した高画質で3台のHDMI機器に接続。
  • 圧倒的なコスパで4Kにも対応。
  • 抜群の安定性を備えたシンプルかつ高品質なセレクター。
  • 分配器としても使用できる高機能セレクター。
  • 5系統の入力端子を備えた高解像度対応のセレクター。
  • 高画質、かつ必要最小限の機能に絞ったシンプルなセレクター。
  • MHL機能も搭載!電子式切り替えで抜群の安定感。
  • リーズナブルな価格で3台のHDMI機器に接続。
  • セレクター(切替機)と分配器の機能をあわせ持ち
  • 簡単操作で優れた安定性。日本語説明書付き。
  • 価格
  • 2267円(税込)
  • 998円(税込)
  • 4008円(税込)
  • 13078円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 4380円(税込)
  • 1927円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 入力ポート数
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
  • 1(2)
  • 5
  • 切替
  • 自動・手動
  • 自動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 自動
  • 自動
  • 手動、リモコン
  • 手動、リモコン
  • 出力ポート数
  • 1
  • 1
  • 1
  • 2
  • 1
  • 1
  • 1
  • 2(1)
  • 1
  • 電源
  • 不要
  • 不要
  • ACアダプタ(5V/1A)
  • ACアダプタ(5V 1A)
  • ACアダプタ(5V/1A)
  • 不要
  • 不要
  • HDMIバスパワー
  • USB
  • 対応
  • 4K/2K/3D
  • 4K×2K/3D/1080p
  • 4K/2160p
  • 4K@60Hz/フルHD
  • 4K×2K/480p/720p/ 1080p/2160p
  • 3D/4K×2K/1080p
  • 3D/2K
  • 4K×2K@30Hz/480p/ 576p/720p/1080p
  • 3D映像、4K/2K/480p/576p/720p/1080P
  • サイズ
  • -
  • 20.5 x 14.9 x 2.7 cm
  • 5.2 x 8 x 2.2 cm
  • 7.8 x 15 x 2 cm
  • 5.89 x 17.8 x 2.4 cm
  • 7.8 x 11.3 x 2.1 cm
  • 6 x 19.6 x 1.8 cm
  • 5.2×2×4.8cm
  • 20 x 15 x 3.4 cm

古いテレビを再活用!HDMIコンポジット変換機もおすすめ

現在では使用できないブラウン管テレビ。処分するタイミングを逃し、家に眠っているという方もいるのではないでしょうか。中には、なんとかして再活用したいとお考えの方もいるはず。

 

そんな方におすすめなのが、HDMIコンポジット変換機です。出力がコンポジットの商品なら、ブラウン管テレビを使ってPS4などのゲームをプレイすることも可能です。興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめのHDMIセレクターでゲームもテレビも楽しもう

価格も機能もいろいろなものがあって迷ってしまうHDMIセレクター(切替機)。2019年版おすすめランキング10選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。HDMI機器がどんどん増えて、頻繁にケーブルの差し替えをしなくてはならないという方は、セレクターを導入してみてはいかがでしょうか。きっとあなたのデジタルライフを快適にしてくれますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ