記事ID131999のサムネイル画像

【最新版】Bluetoothトランスミッターおすすめ人気ランキング10選

次々に新しいBluetoothの機器が出てきて、選び方がわからない方もいるでしょう。今ではテレビや有線スピーカーもBluetoothで繋ぐことができるアイテムがあります。今回は、そんなBluetoothトランスミッターの選び方とランキング10選をまとめました。

なんでもBluetooth対応機器に大変身。Bluetoothトランスミッター

Bluetoothトランスミッターという単語を聞いたことありますか?まだ聞いたことがない方もいるでしょう。そんな方のためにBluetoothトランスミッターについての説明をしていきます。

Bluetoothトランスミッターとは、Bluetoothで接続することができないテレビやスピーカーと接続することで、テレビもスピーカーもBluetooth接続が可能になるというアイテムです。

今回はそんな便利なBluetoothトランスミッターの選び方とおすすめ人気ランキング10選を詳しく紹介していきます。

Bluetoothトランスミッターの選び方

対応機種に着目する

何に対応していれば快適にBluetoothトランスミッターを使用できるのかを紹介していきます。

有線でも使用できるものが良い

BluetoothトランスミッターにはAUXという端子が使用できるかが有線の機器を使用している方には非常に重要になってきます。

 

AUXとはイヤホンジャックの形をした端子のことです。少し前で言えば、IPhone6sまで使用できたイヤホンの先の形と言えばわかりやすいでしょうか?その形のコードがついている、有線機器をお持ちの方は、ちゃんとAUXが対応しているのかを確認してください。

付属のケーブルの種類が多いものにする

対応機種を確認する中で、昔の機器で対応機種の欄に乗っていないという状況になったときに重要になってくるのは、ケーブルの種類です

 

今お使いの機器がどの種類のケーブルを使用するのかの確認が必須になってきます。また、色々な種類の機種をお持ちの方は、ケーブルの種類が豊富な方が、別途でケーブルを用意することもなく手間が省けます。出来るだけケーブルの種類が多いものを選びましょう。

便利な機能がついているものを選ぼう

Bluetoothトランスミッターにはメインの機能だけではなく、便利な機能がいくつかあります。それを紹介していきます。

低遅延とノイズ軽減機能

Bluetoothトランスミッターには低遅延機能と低ノイズ機能があります。これは、どのBluetoothトランスミッターにも絶対ついているわけではありません。低遅延だけという場合もありますし、低ノイズだけという場合もあります。なるべく両方あるものを選ぶことをおすすめします。

 

通勤時などにイヤホンで音楽を聞くとき、急に音がずれたり、ノイズが入ったいたりしたら嫌ですよね。もちろん快適な通勤ができた方がいいですよね?

二台同時接続機能

Bluetoothトランスミッターには2つのヘッドホンなどを同時に接続する事ができます。友達が家に来て2人で映画を見ることになっても、2人ともヘッドホンで映画を見る事ができます。

 

よく周りの人と2人で映画を観たり、イヤホンを半分半分にして音楽を聞いたりしているという方には非常におすすめの機能です。

連続再生時間は長い方が良い

スマートフォンやBluetoothスピーカー、Bluetoothイヤホンを使っていると音楽の良い所で充電が切れたりすると気分が落ちますよね?Bluetoothトランスミッターも充電して使うタイプなので、こういう事がありそうに思えますが、実は違うんです。

 

Bluetoothのイヤホンなどの連続再生時間はが約3〜5時間なのに対して、Bluetoothトランスミッターはだいたいですが10〜20時間持ちます。AUX端子付きのイヤホンをBluetoothトランスミッターと接続させた方がおすすめです。

高音質にこだわるなら

より高音質を求める方のためにどうしたら良いのかということを紹介していきます。

Bluetoothのバージョンにも注意しよう

Bluetooth機能が搭載されているものにはそれぞれBluetoothのバージョンが存在します。今お持ちのBluetooth機能が搭載されたスピーカーやヘッドホンなどの機器とBluetoothトランスミッターのBluetoothのバージョンが同じ方が音は綺麗になり、よりお高音質な状態で聴くことができます。

 

なので、今お持ちのBlutooth搭載機器のバージョンが4.1な方はバージョン5.0だからといって無理してそっちを選ぶ必要はありません。今持っている機器のBluetoothのバージョンに合わせることをおすすめします。

同じコーデック対応なものを選ぶ

コーデックについて説明していきます。Bluetoothトランスミッターというのは、Bluetoothで音を伝達させながら、圧縮を行なっています。圧縮方法にはいくつかの種類があり、それらを総称してコーデックと言います。

 

コーデックの中でも高音質を極めるなら、apt-X、apt-X LL、apt-X HD がおすすめです。親機も子機も共にapt-X、apt-X LL、apt-X HD であれば非常に高音質なものになります。もちろんこれ以外のコーデックである、SBC、AACでも同様な事が言えます。

Bluetoothトランスミッターの人気ランキング10選

10位 Agedate 『Bluetoothトランスミッター』

価格:2850(税込)

薄型なのに2台同時接続可能。

10位はAgedateのBluetoothトランスミッターです。IPhoneやAndroidスマホやテレビにPC、車内スピーカーなどのAUX端子を差し込む場所があれば、どこでも使えます。さらに軽くて、小さくて、薄いので、旅行とか出張の時も持ち運びが簡単です。それなのに2850円という価格です。初めて買う方にはおすすめのアイテムです。

 

Bluetoothのバージョンは4.1で輸入されたチップを使用しています。apt-xに対応していて、AACやAPTXにも対応しているので、高音質には問題ありません。さらに低遅延とノイズを非常に少ないものになっているので、聞き心地にも安心して使用できます。連続再生時間もこの薄さで8~10時間使用し続けることができます。TX(送信モード)とRX(受信モード)を切り替えることができ、自分の環境に合わせることができます。

連続再生時間8~10時間重量約20g
コーデック

A2DP,AVRCP,AAC,CRS,APTX

伝送距離10M(障害物がない場合)

9位 Anker 『Bluetoothトランスミッター』

価格:3999(税込)

未来感溢れるデザイン。充実した付属品。

9位はAnkerのBluetoothのトランスミッターです。複数のケーブルが付属しており、有線のスピーカーなどもBluetooth機器に変換することが可能です。Bluetoothのバージョンも5.0なので、最新のテレビやヘッドホンとも相性抜群です。なんといっても、長時間再生機能を可能にしたリチウムポリマーバッテリが搭載されているので,音量などによって変わりますが17時間〜20時間持ちます。寝る前に充電するだけで大丈夫なので使っている時に心配する必要がないです。

 

AUXのケーブルRCAケーブルOpticalケーブル(光ケーブル)Micro USBケーブルの4本が付属しているので、多種多様な機器と接続することができます。AVアンプなどとも繋ぐことができるので、AVアンプなどを持っている方にはおすすめです。

連続再生時間17~20時間重量約51.5g
コーデック不明

伝送距離

最大10M

8位 Tao Tronics 『Bluetoothトランスミッター』

価格:3999(税込)

マイク内蔵だから運転中のハンズフリーが可能。

8位はTao TronicsのBluetoothトランスミッターです。apt-X LLにも対応されていて、最新バージョンの音声コーデックが搭載されています。apt-X LLが搭載されているイヤホンやヘッドホンをお持ちの方にはかなりおすすめです。さらに車内で使用しても薄くて邪魔になりません。ハンズフリーで運転できるので、快適に車内で過すことができます。連続再生時間は8時間と少し短いですが、マイク内蔵なのでいろんなシチュエーションで使用できます。

 

TELECというテストもクリアしていて長期の安心保証もついているので、安心してしようできます。故障などが起きず、問題なく使えれば良いという方におすすめです。接続機器との接続が切断されてから約5分程度で、電源が自動でOFFになるので、充電が無駄に減ることはありません。

連続再生時間8時間重量13g
コーデック

(TX時)apt-X LL,apt-X,SBC

(RX時)SBC,CVSD

伝送距離20M

7位 KDator 『Bluetoothトランスミッター』

価格:2660(税込)

軽量なのに高音質。なんといってもコスパが良い。

7位はKDatorのBluetoothのトランスミッターです。まず驚くのはこの値段ですよね?こんな安い値段なのに、3本のケーブルが付属しており、多様な機器に接続可能です。さらに音の遅れもなく、映画やテレビを観ていてイライラすることがありません。CDで聞く音質に近い高音質なので、家で映画鑑賞してもかなり楽しめそうですね。

 

小さくてボタンも少ないので、電子機器が苦手という方におすすめです。バッテリーがなくなってもランプが点滅して教えてくれるので、わかりやすいです。充電時にも使うことができるので、家の中で充電している状態24時間使うこともできます。この小ささで、送信範囲が10Mまで届くので、家の中で歩きながら音楽を聴くこともできます。

連続再生時間5時間以上重量不明
コーデックapt-X伝送距離10M以内(障害物なし)

6位 Tao Tronics 『Bluetoothトランスミッター』

価格:3499(税込)

超高音質で音ズレも一切ない。

6位はTao TronicsのBluetoothのトランスミッターです。Bluetoothのバージョンが4.1なので消費電力を抑えており、15時間という連続再生時間を可能にしました。充電時間も2時間でフル充電になります。起きている時間はかなり使うという方におすすめです。二台同時接続も可能で、高音質です。高音質を求める方にもおすすめです。前に1回でも接続した機器とは自動でペアリングするので、手間が省けて快適間違いなしです。

 

昔から使っている機器や有線の機器でも使うことができ、さらにワイヤレスでも音が綺麗に出て、音の遅れなどもかなり抑えてくれます。コーデックはapt-Xにも対応しており、それだけではなくapt-X LLにも対応していて、多く機種に向いている商品です。

連続再生時間15時間重量38g
コーデック

(TX時)apt-X LL,Faststream,apt-x,SBC

(RX時)SBC

伝送距離最大10M

5位 TBOYA  『Bluetoothトランスミッター』

価格:4999(税込)

ノイズも少なく aptX HD にも対応。

5位はTBOYAのBluetoothトランスミッターです。他の商品と比べるとやや値段は高いです。ですが、Bluetoothのバージョンは5.0で、同時接続も可能で、apt-X HDにも対応しています。車に対応しているのに始め、IPhoneやAndroidなどのスマートフォンにも対応しています。充電と同時でも使用ができます。小型軽量化もされていてかなりバランスが良い商品となっていますので、最近今まで使っていたBluetoothトランスミッターが壊れて、買い替えを考えている方にはおすすめです。

 

バッテリーもリチウムイオンを使っているので、連続再生時間も12~15時間の長さを可能にしています。またBluetoothトランスミッター側からの充電などの支持はLEDランプでの指示なので覚えることも少なく、わかりやすくなっています。Amazon's Choiceにも選ばれており、ユーザーの方達からの評価も星5なので、非常におすすめできる商品です。

連続再生時間12~15時間重量38.6g
コーデックapt-X HD,aptX LL,apt-X,SBC,AAC,A2DP,AVRCP伝送距離10M(使用環境によって異なります)

4位 CASAFE 『Bluetoothトランスミッター』

価格:4999(税込)

キレのあるデザインで低消費電力で使用可能。

4位はCASAFEのBluetoothトランスミッターです。こちらも少し相場を上回る値段になっています。apt-X HDに対応していて高音質です。ボタンが送受信と光デジタルかAUXかを切り替えるボタンしかないので、ボタンが多すぎて「このボタンがなんのボタンか」と頭がごちゃごちゃにならないので、電子機器が苦手な方にも使いやすいです。なので、初めて買う方や音にこだわる方にもおすすめです。

 

デザイン性に関しても、このくっきりとしたデザインは家に置いておいても1つのインテリアになります。音も途切れにくく、ノイズも除去されます。聴き心地はとても良い商品です。一度使ってしまうと病みつきになってしまうかもしれませんね?

連続再生時間12~15時間重量約38.6g
コーデックapt-X伝送距離最大10M

3位 JPRiDE 『Bluetoothトランスミッター』

価格:3999(税込)

たった1分ですぐに使用可能。充電しながらでも使える。

3位はJPRiDEのBluetoothトランスミッターです。セットアップにかかる時間がわずか1分なので、ワイヤレス環境を作るのがとても簡単です。音の遅れもかなり抑えているので、音楽を聴くときやテレビを見ている時も快適で楽しい時間にできます。さらに連続再生時間が22時間という長さなので、フル充電から約1日受電しなくても使えます。

 

過去のほとんどのIPhoneやAndroidの様々な機種に対応しているので、家族が使っているスマートフォンの種類が違う方などにおすすめです。重量も44gと軽めです。使用可能な環境の気温も-10℃〜55℃まで大丈夫なので、ほとんどの場所で使用することができます。

連続再生時間約22時間重量44g
コーデックapt-X LL,apt-X,AAC,SBC伝送距離最大10M

2位 TBOYA 『Bluetoothトランスミッター』

価格:3499(税込)

音ズレでノイズも削除。22時間連続作動のトランスミッター。

2位はTBOYAのBluetoothトランスミッターです。こちらの商品は先程紹介したTBOYAのBluetoothトランスミッターよりも少し安くなっています。もちろん、こちらもapt-X HDにも対応していて、apt-X LL、apt-Xにも対応しています。そして、Bluetoothイヤホンなどを近づければ勝手にペアリングしてくれます。テレビやPCやプロジェクターまでも接続を可能にします。

 

チップもCSR8675というチップを使っているので、音声などの高速転送が可能になっています。家の中で、自由に動いても大丈夫です。料理などの作業中にヘッドホンやイヤホンをBluetoothで接続して録画した音楽番組などを聴きたい方におすすめです。

連続再生時間最大18時間~22時間重量約47g

コーデック

(TX時)apt-X HD,aptX LL,apt-X,SBC

(RX時)apt-X HD,apt-X LL,apt-X,SBC,ACC

伝送距離10M

1位 CASAFE 『Bluetoothトランスミッター』

価格:4499(税込)

対応機種も多く高級感溢れる商品。

お待たせしました。第1位はCASAFEのBluetoothトランスミッターです。こちらは4位にランクインしているものを創っている会社が創っているものです。1位に選ばれた理由ですが、なんといっても超高音質で音が遅れたりすることはありません。ボタンが付いているのですが、大事なものばかりで音量調節や再生、停止、早送り、巻き戻しなどの操作が行えるボタンで非常に使い勝手が良いです。

 

音にこだわる方や使い勝手にこだわる方には非常におすすめのアイテムです。さらにケーブルが4本も付属されているので、買ってから目当てのケーブルがなかったということもありません。Amazonのレビューでもかなりの高評価なので、みなさんも1度見てみてください。

連続再生時間18時間~22時間重量約47g
コーデックapt-x HD,apt-X LL,apt-X,AAC,SBC伝送距離10M

まとめ

今回はBluetoothトランスミッターがどんなものということと、おすすめの商品を紹介していきました。やはりBluetoothトランスミッターで大事になってくるところは、自分が持っている機器との相性が良いものを判断することです。なので、自分が持っている機器とBluetoothトランスミッターについて調べてから買うようにしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ