記事ID131883のサムネイル画像

【初心者から上級者まで】縄跳びのおすすめ人気ランキング10選

効率的にカロリー消費をできるため、運動をしたい方に人気の縄跳びエクササイズ。しかし、選び方を知らないために失敗する人も多いです。今回は利用目的に合わせた選び方や、人気のおすすめ商品をランキングを形式でまとめました。これから縄跳びを買う方は要チェックです!

縄跳びにはどんな効果がある?

縄跳びは、有酸素運動の中でも特に優秀なエクササイズです。ジョギングを30分行った消費カロリーと、縄跳びを10分跳び続けた消費カロリーは同じになるため、短時間でも予想以上の運動効果を得ることができます。

 

なぜなら、太もも・ふくらはぎを中心とした下半身の基礎代謝アップや、まっすぐ跳ぶことによる体幹トレーニング、縄を回す際に腕の筋肉を使うなど、縄跳びをするだけで全身を鍛えることができるからです。

 

それに伴って、心肺機能も向上します。血流がよくなるため冷え性の改善も期待できますし、酸欠を防ぐので体も疲れにくくなります。また、リズムよく跳ぶことで自律神経も鍛えられ、便秘の解消にも効果があると言われています。

 

縄跳びは、スペースがあればすぐに始められる・1日何回など目標を設定しやすい・道具もコンパクトで持ち運びやすいなど、毎日続けるためのハードルが低いです。朝活として10分間跳んでみるなど、楽しみながら健康を手に入れることができるでしょう。

目的に合わせた縄跳びの選び方

豊富なカラーバリエーションからお洒落なデザインの縄跳びを選ぼう

縄跳びの質や機能ももちろん大事ですが、見た目がお洒落だとよりいっそう気分もあがります。ですので、自分好みのデザインやカラーを選び、目でも楽しむことを意識しましょう。iphoneやお気に入りのスポーツウェアなどと色味を合わせてもお洒落です。

 

7色展開をしている縄跳び、ネオンカラーで可愛い縄跳び、持ち手にキャラクターデザインのある縄跳び、持ち手と縄の部分で色が違う縄跳び、シンプルで洗練されたデザインの縄跳びなど、様々な縄跳びがありますので、ぜひピンとくるものを選んでみてください。

 

 

利用目的に合わせてロープの種類別に縄跳びを選ぼう

縄跳びと聞くと、100円均一にあるようなビニール製の縄跳びを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、縄跳びは意外にも種類が多く、「効率よく筋肉を鍛えたい」「技を身につけて友達に自慢したい」「運動不足を解消したい」など、利用目的によって最適な縄跳びがあるのです。今回は6パターンの利用シーンを想定して、紹介させていただきます。

長く使い続けたいなら耐久性のある縄跳びを選ぼう

1度購入するからには長く使いたいという方は、『ビニール製の縄跳び』がおすすめです。ビニールでできているため、伸縮性が高く長持ちします。乱暴な使い方をしない限りは、長期的に使うことも十分可能です。

 

また、長く使いたいということは、いろいろな跳び方をして楽しみたいという気持ちもあると思います。ビニール製であれば、スピードもありますので、二重跳びやはやぶさ、あやとびなどの交差跳びもできます。純粋に縄跳びを楽しみたい方は、ビニール製の縄跳びがぴったりです。

有酸素運動の効率を高めるなら重い縄跳びを選ぼう

有酸素運動と筋力トレーニングを同時に行う場合は、縄跳びの重量が大きいものを選ぶと良いでしょう。通常の縄跳びの重さは150gほどですが、500g、1Kg、1.5kgと重量を選べる『チューブロープの縄跳び』もあります。最初は500gのものからはじめていき、慣れてきた段階でレベルアップすると、怪我の心配も少なくて良いですね。

 

通常の縄跳びと比べると、重量が増えるにつれ、縄跳びのチューブが太くなっていきます。数分跳び続けるのも一苦労ですが、辛ければ辛いほど筋肉に刺激を与えられるので、短時間で鍛えたい人におすすめです。

モチベーションを維持するなら計測付きの縄跳びを選ぼう

縄跳びをしたいという人の中には、運動不足を解消したい方もいると思います。しかし、1度跳んで満足してしまい、継続できなければ意味がありません。そこでおすすめしたいのが、跳んだ回数を計測できる・消費カロリーを教えてくれる縄跳びです。

 

持ち手にジャンプカウンターや液晶画面が埋め込まれているので、跳んだ回数をすぐに把握することができます。努力が数字で見えるので、モチベーションを維持することができるでしょう。また、消費カロリーを教えてくれる縄跳びもありますので、食べ過ぎたから○○kcalになるまで跳んでみよう、など自分のライフスタイルを振り返りながら、1日の目標を決めて跳べるのも嬉しいポイントです。

外で跳ぶ時間がない・人に見られたくないなら縄のない縄跳びを選ぼう

「運動をしている姿を人に見られるのが恥ずかしい」「縄跳びをしたいけど家の中でできたらもっと嬉しい」といった声に応えくれるのが、縄のない縄跳びである『エア縄跳び』です。

 

縄がなくても、縄跳びの効果はありますので安心してください。持ち手の先に錘が付いており、通常の縄跳びと同様に回している感覚を再現できているため、しっかり跳ぶことができます。家の中で気軽に有酸素運動ができるようになるので、隙間時間で健康的になりたい人や自分だけのスペースで集中して跳びたい人におすすめです。

 

2way仕様になっているタイプも多く、縄をつけたりはずしたりすることも可能です。家の中で物足りなくなってきた方は、縄をつけて外で跳んでみるなど選択肢があります。

 

運動が苦手だけど縄跳びに挑戦したいひとは音のなる縄跳びを選ぼう

縄跳びの効果に惹かれたけれど、運動が苦手なために躊躇してしまう方もいると思います。全身を使ったりリズム感覚が必要ということもあり、初心者の方には少々ハードルが高いと感じてしまう面もあるかもしれません。そういう方でも気軽に跳べるのが、『ビーズロープの縄跳び』です。

 

こちらの縄跳びは、名前の通り縄にビーズを通しているため、回した時に音や重さが丁度良くあるのが特徴です。通常の細い縄跳びでは感じにくい「縄跳びを回している感覚」を五感で感じられるので、楽しみながら跳ぶことができます。ただ、ビーズは耐久性があまりないため長く使うことは難しいです。慣れるために購入するくらいの気軽さで試してみるのが良いでしょう。

 

また『布製ロープの縄跳び』もおすすめです。理由は、太くて大きいため回しやすいからです。ビーズロープの縄跳びとの違いは、当たった時の痛みです。布で編み込んでできている縄なので、ビーズやビニールの縄跳びと比べて痛みは軽減されます。痛いのが苦手な方は、布製ロープの縄跳びが良いです。

ワンランク上の技を身につけたいひとは細い縄跳びを選ぼう

縄跳びを運動目的にするのではなく、他の人に魅せるような技を身につけたい人は、『ワイヤーロープの縄跳び』がおすすめです。通常の縄跳びに比べて、縄がワイヤーでとても細く軽いため、その分コントロールも難しいです。

 

しかしスピードが出やすいので、努力次第では、5重跳び6重跳びといったハイレベルな技も習得可能です。縄跳びを競技として目指している方の多くは、このワイヤーロープを使用しています。普通の縄跳びを使って飽きてきた人は、技術として身につける楽しさを味わうのも良いですね。

ダイエットに最適な縄跳びの人気ランキング10選

10位 ALINCO 『エア縄跳び』

価格:3,990円(税込)

気になる部位をシェイプアップするのに有効なエア縄跳び

10位は、ALINCOのエア縄跳びです。室内でできることを考慮して、マットがついています。2wayタイプで長縄でも短縄でも楽しむことが可能です。短縄では、ツイストジャンプ、片足跳び、サイドステップジャンプ、バックステップジャンプ、肩回しなど豊富なバリエーションで飽きることなく続けられます。ウエスト・脚・ウエスト・ヒップ・太ももの裏・上半身など鍛えたい部分や痩せたい部分を中心に、跳び方を工夫できるのが嬉しいところです。

 

目標時間を設定すると、終了時にアラームで知らせてくれる設定機能がついている他、時間・回数や消費カロリー等が確認できるメーターもあります。必要最低限の機能のおかげで、縄跳び1本を持ってふらっとトレーニングすることもできます。

ハンドルサイズ18×3.2cm重量

グリップ:200g/長縄:70g/短縄:140g

長縄/短縄3.0m/20cm
ハンドルの材質PP/EVAロープの材質PVC

9位 LINWELL 『トレーニング用縄跳び』

価格:999円(税込)

1年間の安心保障サービス付きの重厚感のある縄跳び

9位は、LINWELLのトレーニング縄跳びです。こちらは通常よりも重たい縄跳びなので、意識の高い初心者や運動好きの中級者に向いています。長さ調整が簡単にでき、絡まりにくく、縄跳びの重さで遠心力も適度にかかるため、跳ぶことに集中できます。

 

LINWELLの特徴は1年間の安心保障サービスです。縄跳びではなかなか見かけない充実したサービスからは、高品質を提供しているという自信が伝わってきます。口コミを見ても縄跳びに満足したコメントが非常に多く、縄が切れたといったような故障は見られませんでした。

ハンドルサイズ15×3.5cm重量

300g

縄の長さ2.8m※調整可能
ハンドルの材質記載なしロープの材質記載なし

8位 adidas hardware 『スキッピングロープ縄跳び』

価格:2,173円(税込)

有名スポーツブランドのadidasによる二重跳びに最適な縄跳び

スポーツの有名ブランドadidasの縄跳びです。ミニマルなデザインでadidasのロゴが際立つ、美しくかっこよく仕上がっています。グリップの先が縄と一緒に回ることや、少し重みのあるグリップにより、二重跳びをするのにちょうど良い手応えです。

 

ロープは軽くて早く回せるので、早く回すために上半身を鍛える必要はありません。足元の速さに集中することができるため、高強度と低強度のトレーニングをすることができます。快適なグリップは16cmと余裕のある長さで、長時間速く跳ぶことも可能です。

 

気軽に縄跳びを楽しみたい方から、貪欲に縄跳びで自身を追い込みたい方まで幅広い利用目的で活躍することができます。

ハンドルサイズ16cm重量

300g

縄の長さ3.0m※調整可能
ハンドルの材質記載なしロープの材質記載なし

7位 Win.Max 『ジャンプロープ縄跳び』

価格:799円(税込)

3段階でグリップの重さを調整できるジャンプロープな縄跳び

7位は、Win.Maxのジャンプロープ縄跳びです。気軽にダイエットやトレーニングをしたい人に重宝されています。持ち手にウレタンカバーがついているので、通気性・滑り止め機能ともに良好です。そして、グリップに125gの錘が2つずつ入っており、3段階で重さの調整をすることができます。錘を全てはずすと170gになり、普通の縄跳びとしても使用可能です。トレーニングを続けていると物足りなくなってくる人も多いのですが、3段階でレベルアップできる機能があれば、飽きることなく楽しめるでしょう。

 

ベアリング式で回転しやすいため、グリップの重さが程よい遠心力を演出し、心地よく飛べるのでおすすめです。

ハンドルサイズ14.5×3.3cm重量

670g

縄の長さ2.75mブルー
ハンドルの材質PPロープの材質PVC

6位 JUMP Yuedong 『ビーズロープ縄跳び』

価格:1,050円(税込)

可愛いデザインで初心者にも優しいビーズロープ縄跳び

6位は、JUMP Yuedongのビーズロープ縄跳びです。緑、紫、ピンク、青と4色展開され、お洒落で可愛らしいです。どの色も白いビーズを間に挟んでいるため、爽やかな印象を抱きます。

 

TPUビーズは竹のデザインで抵抗を効果的に減らしているため、耐久性も優れています。ビーズが地面に当たる時に音がするので、ジャンプのリズムを掴みやすく初心者でも回しやすいのが特徴です。持ち手は人間工学に基づいて設計されており、握りやすく滑りにくいです。

 

ロープスキッピングやフリースタイル縄跳びなど、大会が開催されているようなパフォーマンスにも向いているので、練習をして発表するのも楽しそうです。

ハンドルサイズ16.5×2.2cm重量

115g

縄の長さ2.6mグリーン・パープル・ピンク・ブルー
ハンドルの材質プラスチックロープの材質ナイロンロープ・TPUビーズ

5位 LINDSPORTS 『ウェイトジャンプロープ縄跳び』

価格:2,420円(税込)

筋トレ効果抜群の重量感のある縄跳び

5位は、LINDSPORTSのウェイトジャンプロープ縄跳びです。通常の縄跳びよりも重量があるので、筋トレ効果が抜群です。0.5、1.0、1.5Kgの重量から選ぶことができるので、鍛えたいレベルを自分で考えて購入しましょう。

 

重ければ重いほどロープも太くなるので、その分1回跳ぶのも大変ですが、確実にカロリー消費と筋力アップができます。同じ時間・回数を跳ぶなら、大変でも効率良く鍛えたい方に、おすすめです。

ハンドルサイズ18×3.5cm重量

オレンジ:1.5Kg/緑:1.0Kg/赤:0.5Kg

縄の長さ2.7mオレンジ・緑・赤
ハンドルの材質PPロープの材質PVC

4位 RAYSTYLE 『PVCロープの縄跳び』

価格:699円(税込)

高品質で長期間使用できるビニール製の縄跳び

4位は、RAYSTYLEのPVCロープの縄跳びです。ビニール製で伸縮もよく、跳ぶ時にヒュンヒュンなるので気持ち良く跳ぶことができます。高品質で長期間使用できるので、愛着をもって使用することができるでしょう。

 

持ち手の中に金属製ベアリングを採用しているので、ロープも絡まりにくくなっています。しかし、長さ調整の際には、持ち手内に余ったロープを切らないと絡まってしまうのが注意点です。

 

持ち手部分はスポンジになっており、握り心地も良いです。値段も質も良いため、コスパ良好で購入者から人気の縄跳びです。

ハンドルサイズ15.5×2.5cm重量約150g
縄の長さ2.7m※調整可能黒・オレンジ
ハンドルの材質記載なしロープの材質PVC

 

3位 beastoo sports 『ベアリングワイヤー式縄跳び』

価格:548円(税込)

金属製ベアリングで跳びやすいシックでお洒落な縄跳び

3位は、beastoos portsのベアリングワイヤー式縄跳びです。高級感のあるデザインと跳びやすさに人気があります。跳びやすさの秘訣は、持ち手とロープを結ぶ部分に、ステンレスボールを使用した金属製のベアリングを採用しているところです。プラスチック製が多い中金属製を使用しているので、耐久性が高く長く使うことができます。回転もスムーズに行うことができるので、リズム良く跳ぶことができると好評です。

 

持ち手の重量感も良く、ワイヤーロープの軽さも程よいため、二重跳びも軽々とできるでしょう。また、数ある縄跳びの中でも洗練されたデザインで、気分もが上がります。これだけ質の高い縄跳びが、500円代で買えるのも魅力的ですね。

ハンドルサイズ15×1.6cm重量160g
縄の長さ2.8m※調整可能
ハンドルの材質記載なしロープの材質ワイヤー

 

2位 beastoo sports 『ジャンプカウンター付きトレーニング縄跳び 』

価格:1,098円(税込)

999回のカウンター付きでモチベーションを維持できる縄跳び

2位に選ばれたのは、beastoo sportsのジャンプカウンター付きトレーニング縄跳びです。持ち手には、跳んだ回数を999回まで計測できるカウンターがついています。自分の努力が数字でわかるため、夫婦や親子で競い合うなど楽しく続けられると評判です。

 

持ち手部分はスポンジ素材で汗を吸収してくれるので、安全に使用することができます。カラーバリエーションは赤・青・黒から選ぶことができ、家族やお友達と色違いで購入するのもおすすめです。

 

お値段も1,098円とお手頃価格で、コストパフォーマンスにも大変満足いただいております。

 

ハンドルサイズ17×2.6cm重量140g
縄の長さ2.7m※調整可能赤・青・黒
ハンドルの材質スポンジグリップ仕様ロープの材質記載なし

1位 Himart『エア縄跳び』

価格:1,299円(税込)

消費カロリーが把握できる2Way式のエア縄跳び

堂々の1位に選ばれたのは、Himartのエア縄跳びです!縄のない縄跳びのため、室外だけでなく室内でも楽しむことができます。縄が地面に当たる騒音もなく、人の目を気にせずに跳ぶことができるので、自分のペースで気軽に運動したい方から良い評価を得ています。

 

持ち手にある運動表示も優秀で、タイマー、消費カロリー、体重、跳んだ回数が一目瞭然です。自分のトレーニング状況が把握できるので、モチベーションを維持しながら運動に集中することができます。

 

縄を取り付けることもできる2way式なので、公園などで思い切り跳ぶこともできます。利用シーンや目的に合わせて選べるのは、Himatのエア縄跳びの良いところです。場所や天気に左右されずに好きな時に好きな場所で、トレーニング記録を確認しながら縄跳びを継続できます。

ハンドルサイズ15.7×2.9cm重量0.25kg
長縄/短縄3m/24cm
ハンドルの材質滑り止めTPE素材ロープの材質ハードPVC

まとめ

ここまで、縄跳びのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、欲しいアイテムを見つけることはできましたでしょうか。縄跳びと言っても、利用目的によって使い分ける必要がありますので、まずは「痩せたいから」「筋力アップしたいから」「趣味として大会に出てみたいから」など、自分の目的を明確にしてみましょう。毎日の生活に縄跳びを取り入れることで、今よりも健康的になり楽しむことができるので、ぜひお気に入りのデザインを見つけて跳んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ