記事ID131877のサムネイル画像

冬魔王を撃退!人気の雪かきスコップおすすめ人気ランキング10選

冬の雪国に欠かせないのが雪かきですが、冬の生活は雪かきスコップで決まるとも言えます。冬魔王を撃退する雪かきスコップのおすすめを、ランキング形式でご紹介します。どのうような状況、どのような方におすすめなのかという事にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

雪かきスコップは種類が豊富!どれを選んだらいい?

降雪量は毎日変わりますし、雪質も同じではありません。適切な物を選ばないと雪かきが大変なだけではなく、雪かきスコップを壊してしまうこともあります。雪かきスコップが除雪作業を左右しますから、雪かきは適切な雪かきスコップ選びから始まります。

 

しかし、いざ買おうとすると、その種類の多さにどれを選ぶといいのかわからなくなります。雪かきスコップ一つで除雪作業の快適性が大きく変わりますから、雪かきスコップの選び方を押さえるのはとても重要なことなのです。

雪かきスコップの選び方

雪かきスコップを選ぶ時は、ポイントを抑えることが大切です。選び方を間違えると降雪と排雪のバランスが取れず、一冬の間後悔することになります。後悔をしない雪かきスコップの選び方とは、どのようなものでしょうか。

【雪かきスコップの選び方①】用途で選ぶ

用途に合わせることで利便性が変わってくるのですが、大きく分けて2つの用途があります。

家用は種類が豊富

家用は除雪範囲が広くなるので、一種類の雪かきスコップだけでは間に合いません。雪質や降雪量、そして排雪量に合わせて複数用意することをおすすめします。

 

最低でも軽い雪を投げる雪はねスコップと、湿った重い雪を排雪するスノーショベルが必要になります。また、一度に大量に排雪できるスノーダンプや、雪を押し出すスノーラッセルもあると便利です。

車用には収納性に優れているものがおすすめ

雪道では車がスタックしてしまうことがあります。そのときに雪かきスコップが無いと、脱出するのに苦労を強いられてしまいます。最悪の場合、脱出することができません。雪国ではスタックしたときのことを想定して、車に雪かきスコップを搭載しておくことが大切です。

 

しかし、車の場合は搭載スペースが限られているので、大きな雪かきスコップを搭載するのは面倒です。そこで、車に搭載する雪かきスコップは柄の部分が伸縮可能なタイプや、スコップと柄の部分で折り畳めるタイプがおすすめです。

【雪かきスコップの選び方②】雪質で選ぶ

雪には思っているより多くの雪質があります。大きく分けると重たい雪と軽い雪ですが、雪質に合う雪かきスコップを使用しましょう。雪質に合っていないと効率が悪いばかりではなく、雪かきスコップを破損してしまいます。

軽い灰雪や粉雪には、軽量な雪はねスコップがおすすめ

軽い雪は雪かきスコップで大量にすくって放り投げることができます。小さな雪かきスコップでは効率が悪く雪かきに何時間も要してしまいますので、軽い雪専用の雪はねスコップが大変便利です。

 

軽い雪を排雪する雪はねスコップは大きめで柄が長く、非常に軽くできているのが特徴です。女性でも楽に扱えるので、用意しておきたい雪かきスコップです。しかし、軽量に作られているため、重い雪や硬い雪で使うと壊れてしまうことがありますのでご注意ください。

湿気が多くて重たい牡丹雪やベタ雪には、丈夫なスノーショベルがおすすめ

毎年湿った雪の重さで苦戦させらます。雪の降り始めはこの雪で筋肉痛になるほどの重労働です。雪質が重たい時は、丈夫な雪かきスコップを使用しないと壊れてしまいます。スノーショベルは雪はねスコップほど大量に雪をすくう事はできませんが、そもそも雪が重たいので大量にすくっては放り投げる事ができません。

 

それでも金属製の角スコップや剣先スコップより、はるかに多くの雪を排雪できます。材質はポリカーボネート製のものが一般的です。スコップの先にアルミやステンレス製のブレードが付いているタイプもありますが、この場合少しくらい硬い雪にも対応できます

【雪かきスコップを選ぶポイント③】材質で選ぶ

雪かきスコップの材質は強度や重量に関わってきます使用する方の体力や目的に合わせた材質を選ぶことが大切になります。

ポリカーボネイト製は軽量!女性にもおすすめ

ポリカーボネート製は軽量なため、女性やお年寄りでも扱いやすいのが大きなメリットです。雪かきは体力の消耗も激しいので、軽量であるということは大きなメリットになります。雪はねスコップやスノーダンプ、そしてスノーラッセルなど多くの雪かきスコップに使用されています。

 

金属製と比較すると強度は落ちますが、雪かきをするために十分な強度は確保されています。しかし、目的に沿わない強引な使用をすると破損をしますので、適正な使用が求められます。これは金属製の場合でも同じです。

金属製はとにかく丈夫!頑固な雪にも対応

金属製のメリットは何と言ってもその強度にあります。暖気と寒気が繰り返されて硬く締まった雪にも対応できるので、持っていると心強い味方になります。ポリカーボネート製では刃が立たないといった時に非常に便利です。

 

しかし、金属製は重たいのがデメリットです。メインで使う雪かきスコップとしては不向きと言えるでしょう。また、鉄製のタイプですと錆が深刻な問題になります。錆びつくことで雪が張り付き、全く雪かき作業が進まなくなってしまうからです。

 

その点、ステンレス製やアルミ製なら錆びつかないため安心できます。ステンレスは強度もありますが、やはり重量は重たくなります。また、鉄やステンレス製の場合、無理な力を加えて変形してしまうこともあります。アルミ製は軽いのですが、強度は弱くなります。

どれを選ぶといい?雪かきスコップのタイプと特徴

雪かきスコップにはは非常に多くのタイプがあります。そのため多くの方が悩むのは、どのタイプを選んだらいいのかと言うことです。失敗しないためには、雪かきスコップのタイプ別の特徴を知ることが大切です。

雪をすくって放り投げるタイプの雪かきスコップ

最も基本的なタイプで、降雪量に関わらず使用できるのがポイントです。また、さまざまな場所やシーンで使用することができます。雪かきをする上で非常に重要なタイプなので、最低1本は容易する必要があります。

 

しかし、この雪をすくって放り投げるタイプにも、さまざまな種類が出ています。雪質に合わせたり、素材を吟味して選ぶことがポイントです。どのようなタイプがあるのか、その特徴をご紹介しますので、参考にしてください。

雪はねスコップ

雪はねスコップは軽い雪を雪かきする時に使用します。見た目の特徴は大きくて柄が長いという事です。軽い雪を多くすくって遠くに投げ飛ばす目的で使用されます。雪質が軽くて柔らかい時は、この雪はねスコップが大変強力な助っ人になるのです。

 

持った時の特徴はその軽さにあり、女性やお年寄りでも楽に取り扱うことができます。軽い雪質に特化した雪かきスコップなので、これが有ると無いとでは雪かきの効率が大きく変わります。体力自慢の方でも一本は持っておくといいでしょう。

 

欠点は強度が弱いということです。軽い雪質に特化してますが材質も軽いものを使用し、更に薄くてきています。そして小さな穴が無数に空いているため強度は弱くなっています。湿った重い雪質の時に使用すると破損してしまいますので注意が必要です。

スノーショベル

スノーショベルは、重たい雪質の時に使用する雪かきスコップです。湿った重い雪を雪かきするのは重労働ですが、雪かきスコップ自体にかかる負担もまた大きいのです。そのためそれに耐えられるだけの強度が必要になります。

 

ポリカーボネート製のものでも強度的には十分ですので、女性やお年寄りでも扱いに難儀することは無いのでおすすめです。しかし凍りかかったような硬い雪に使用するに不向きです。先端に金属製のプレートが付いているタイプですとある程度硬い雪にも対応しますが、過度な信頼は控えましょう。

金属製のシャベル

地方によって呼び方は違いますがシャベル、またはスコップです。四角い角型と先が尖った剣先があります。暖気と寒気を繰り返すと雪質がとても固くなってしまうことがありますが、そのような状況で役立つのが金属製のシャベルです

 

特にステンレス製や鉄製のものは丈夫なのでおすすめです。鉄製のものは錆びつくと雪が張り付いてしまう欠点がありますが、そもそも硬い雪を砕いたり適度な大きさに割るのが目的ですので大きな問題にはならないでしょう。

 

ステンレス製のものは錆びつかないので、鉄製の欠点を補いながら丈夫さも兼ね備えています。しかしどちらにしても重たいのが欠点になります。アルミ製の角型スコップの場合は軽いのですが、強度に問題があります。

あると便利な雪かきの道具

雪をすくって放り投げるタイプではなく、雪を押し出したり運ぶことができるタイプです。押出しタイプは積雪量が少なめの時に本領を発揮し、スノーダンプは除雪を運搬に役立ちます

スノーラッセル

スノーラッセルは少し変わったタイプの雪かきスコップになります。一般的な雪かきスコップのように雪をすくって排雪するのではなく、雪を押し出して排雪するのが特徴です。いちいち雪をすくって放り投げるという手間が無いのがメリットになります。

 

雪かきスコップとしての人気も高いタイプで、女性やお年寄りでも扱いやすいためおすすめです。特に10センチから20センチ積もった程度なら、最も楽で効率的と言えるでしょう。また、雪を押し出していくので、地面の仕上がりが平らになるのも嬉しいポイントです。

 

デメリットは大量の雪に対応しきれないことです。スノーラッセルのブレードより高く積もっている場合は、ブレードから溢れてしまうので効率が悪くなります。しかし、積雪量が比較的少なめの時には大変重宝するのでおすすめです。

スノーダンプ

雪を大量にすくって運べるのがスノーダンプで、ママさんダンプとも呼ばれています。ママさんダンプと言われるように、女性でも大雪に対処できるのでおすすめの雪かきスコップです。一般的なものより大きいものをパパさんダンプとも言います。

 

押して雪を大量にすくったあと、そのまま目的地まで押していくか引いて運びます。積雪量が多い時にあると非常に楽ですが、やはり大雪を運ぶため体力的には厳しいものがあります。しかし大雪が降った時は、これが無いと話にならないでしょう

女性でもらくらく!人気の雪かきスコップおすすめランキング10選

雪かきはとにかく重労働です。特に女性やお年寄りにはとても厳しい作業になります。そのためには軽くて丈夫な雪かきスコップを準備することが大切です。人気の雪かきスコップおすすめランキングを、ぜひチェックしてみてください。

10位 アイリスオーヤマ 『雪かき スコップ メタルブレードスコップスリム レッド』

価格:1010円(税込)

スリムタイプで軽量コンパクト、そして何よりリーズナブル!金属プレートが付いているので、硬い雪も安心して削れるのが使いやすさのポイントです。スリムタイプなので狭いところでも使いやすく、軽量なので取り回しも楽になります。

 

共同駐車場のような狭いところでスリムタイプの取り回しの良さを実感できます。一般的なスノーショベルより10cmほど細く作られていますので、大雪に対処するのは大変でしょう。

 

しかし狭いところで標準タイプや大型の物では取り回しに苦労をしますので、このスリムタイプがあると大変便利です。車と車の間の狭いところを雪かきする時に便利ですので、マンション住まいや共同の駐車場を使用している方、そして女性やお年寄りにおすすめです

最大幅(約)245mm皿材質ポリプロピレン
最大長さ(約)1060mm取っ手材質

皿:ポリプロピレン

柄:塩化ビニル樹脂被覆鋼管 ステンレス

ポリプロピレン

9位 いぐち家 【新感覚】雪下ろし道具『らくらく雪すべ〜る』3.6m

価格:21384円(税込)

高い所にも届きます。屋根の雪かき専用タイプ!屋根の雪かきは非常に危険で、屋根の上に登って雪下ろしをすると転落事故の可能性があります。雪国では毎年多くの方が転落事故で怪我をしています。そこで大変便利なのが屋根の雪下ろし専用タイプです。

 

お安いと言える価格ではありませんが、屋根の雪下ろしの危険を減らす工夫がされています。下から屋根の雪を下ろすと落雪が作業者に当たってしまうことがあるのですが、スライサーが付いているのでその危険を軽減しています。

 

特許出願中の、雪が付属シートを滑り落ちる仕様も注目の安全ポイントです。一般的なタイプとは違い、無理に引きずり下ろそうとしている間に突然落雪!ということが減ります。屋根の雪かきの苦労を減らし、楽で安全な作業ができる雪かき道具を探している方におすすめです。

最大幅(約)480mm皿材質アルミ
最大長さ(約)3.6m取っ手材質アルミ

8位 クリスター 『雪ハネ グリップタイプ』

価格:1799円(税込)

収納も便利、握りやすいグリップが負担を軽減!雪はねスコップは全体的に大きいので収納に困りがちですが、柄の部分が取り外せるクリスター雪はね グリップタイプなら収納スペースの節約になります。特に春先から次の冬まで長期保管する時は大変便利です。

 

一般的な雪はねスコップはバランスを取るために強く握る必要がありますが、クリスター 雪はね グリップは柄の部分にグリップが付いているので負担が軽減します。グリップが付いているだけで作業性が大きく変わるので嬉しいポイントです。

 

使いやすくて収納スペースに余裕ができるので、雪はねスコップをお探しの方はチッェックしてみてください。

 

 

 

最大幅(約)425mm皿材質ポリカーボネート
最大長さ(約)1400mm取っ手材質焼付け塗装鋼管

7位 アステージ 『雪かき パイプ柄 オレンジ』

価格:1045円(税込)

リーズナブルで雪かき入門用におすすめ!最もポピュラーなグリップ無しのタイプですが、非常にリーズナブルです。軽い雪というのは自重で締まらないため、雪投げの回数が増えてしまいますが、そのため軽量なものを選ぶこともポイントになります。

 

雪はねスコップは慣れていないと限界がわからず壊してしまう事もありますが、リーズナブルなので初めての雪かきを経験する方の入門用としても十分でしょう。重量も800gと軽量なので、女性やお年寄りにおすすめです

最大幅(約)420mm皿材質ポリエチレン
最大長さ(約)1640mm取っ手材質鉄(メラミン塗装)

6位 コジマ 『ポリカラッセル パイプ曲柄 ステン補強板付<組立式> 』

価格:3950円(税込)

人気のポリカーボネート、幅広タイプで効率抜群!軽量で耐久力のあるポリカーボネートは人気の素材です。曲柄を採用しているので雪押しがとても楽になります。先端にステンレスのプレートが付いているのもポイントが高いです。

 

雪をできるだけずり取りたい時は縦気味に、新雪だけを排除したい時は寝かし気味に使うと上手くいきます。少し積もったら小まめに雪かきをするという方なら、最も効率よく作業できるでしょう。

 

クッショングリップも付いているので雪をはねる時にも便利です。細かい気配りがあるスノーラッセルなので、スノーラッセルをメインに使う方におすすめです。

 

最大幅(約)

550mm皿材質ポリカーボネート
最大長さ(約)1350mm取っ手材質

スチール

5位 BCOM 『折りたたみ式 車載 スコップ 35813 OSS-240』

価格:1500円(税込)

魅力は何と言っても、車載に適したコンパクトサイズ!大きな特徴は収納時のサイズです。収納時は幅245×長さ315×高さ62mmと非常にコンパクトなサイズになるので、車の座席の下にも収まります。特に軽自動車の場合は収納スペースが限られるので重宝します。

 

心配なのは使用したあとに車に積むと車内を汚してしまうことですが、収納袋が付いているのでその心配もありません。組み立て式ではなく折りたたみ式なのもおすすめのポイントです。かじかんだ手で組み立てをするのは難儀ですが、折りたたみなら苦になりません。

 

雪道で車がスタックした時の疲労感は凄まじいものがありますが、重量もわずか680gなので作業の負担も減るでしょう。車載用としての配慮が随所に見られます。非常用におすすめの車載用雪かきスコップです。

最大幅(約)245mm皿材質ポリプロピレン
最大長さ(約)

970mm

取っ手材質

アルミニウム

ナイロン樹脂

4位 Astage(アステージ)  『雪かき用 ラッセル パイプ柄 オレンジ』

価格:3480円(税込)

らくらく作業で仕上がりも平ら、新雪排除ならこれ!雪を押し出すならスノーラッセルが便利です。雪を放り投げる必要が無く、押すだけで雪を排除できるので便利です。押している最中に雪が横からこぼれ落ちないのも嬉しい設計です。

 

横からこぼれてしまうタイプは同じ所を何往復もする必要がありますから、製品に見えるちょっとした工夫が大きな役割を果たします。軽い新雪の場合は、軽く小走りをするように雪かきができるので効率もいいです。

 

耐久性もあるので経済的です。コストパフォーマンスは十分にあります。ぜひ1本は用意しておきたい雪かきスコップです。

最大幅(約)550mm皿材質ポリプロピレン
最大長さ(約)1400mm取っ手材質

グリップ:ポリエチレン

柄:鉄(メラミン塗装)

3位 キャプテンスタッグ 『アルミジョイントスコップ UX-606』

価格:3680円(税込)

雪道でのスタックに頼もしい味方、先が尖っているのがポイントです!車がスタックした時のことを考えると踏み固まった雪を排除する必要があります。先が尖っていることで作業が容易になります。

 

簡単なスタックならコンパクトサイズでも対処できますが、本格的にスタックしてしまった時はこのサイズが必要になります。アルミ製なので強引に抉るような使い方はできませんが、狭い所での作業になるので軽量なのは非常に嬉しいです。

 

スタック用の雪かきスコップとして便利なサイズですが、組み立て式なので収納時にはコンパクトになるのもおすすめのポイントです。収納袋が付いているので収納時に車を汚したり傷つけないのも、車載用として評価したいところです。

 

最大幅(約)210mm皿材質アルミニウム
最大長さ(約)820mm

取っ手材質

アルミニウム

2位 グリーンパル 『ママさんダンプ(特大)』

価格:8999円(税込)

積載量抜群、豪雪地帯の即戦力!特大サイズの積載量は頼もしいですが、その分雪を積んだ時の重量も大きくなります。しかし、小さなスノーダンプでは何往復もする必要があるため、結局は体と作業時間の負担が大きくなります。

 

特大サイズは明らかに雪が減っていくペースが違うので、豪雪地帯でスノーダンプをお求めならこのサイズがおすすめです。また、豪雪地帯じゃないとしても雪かきが早く終わるので、結果的には雪かきが楽になります。

 

積載量が多いので、晴れた日に溜まっている雪を運ぶ時にも大変便利です。雪国での即戦力となって活躍してくれるでしょう。雪かきの時間短縮をしたい方や、豪雪地帯に住んでいる方におすすめです。

 

 

最大幅(約)670mm皿材質ポリエチレン
最大長さ(約)1300mm取っ手材質

柄:スチール

金具:ステンレス 

1位 Astage(アステージ)  こまわりダンプ

価格:5499円(税込)

女性やお年寄りにおすすめ!軽量コンパクトで取り回しが楽なので、女性やお年寄りにおすすめのスノーダンプです。スノーダンプで雪をすくう時に、横のフレームを足で押すことがよくあります。

 

実はこの行動がスノーダンプの寿命を短くしているのです。しかし、アステージ こまわりダンプは蹴り込み用のフレームが入っています。ここを蹴ることで簡単に雪が救えます。また、軽量コンパクトなので、雪をすくって放り投げることもできます。

 

大量の雪をすくうことはできませんが、小回りが利く実用性の高さが魅力です。特に高齢の女性には非常に使いやすいでしょう。

 

 

最大幅(約)幅410mm皿材質ポリエチレン
最大長さ(約)1185mm取っ手材質

先金:ステンレス

柄:鉄

まとめ

負担を減らし女性やお年寄りでも軽量で使いやすい、人気のおすすめ雪かきスコップをランキング形式で紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。雪国にとって雪かきスコップは、相棒と言えるほどのものです。

 

雪かきは足腰を痛める要因にもなり、大変な苦労をします。また、高所の雪かき作業は危険を伴いますので、安全な物をしっかりと選びたいです。少しでも安全で楽な雪かきをするために、雪かきスコップの選び方をぜひ参考にして、いい雪かきスコップを見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ